終わった感アリ

終わった感アリ、です。まだ週明けにわずかにやることを残してるけど、あとはまなんとかなるだろうというところで。

いや、やまない雨はない、ってこないだ書いたけど、本当だったなあ。この稼業、終わってしまうとつらいこと全部とんじゃって、完成の喜びばかりが残るんだよね。やってるときは、こんなんもう二度とやらん!とずっと思うんだけど。

喉元すぎれば、ってやつかな。

次はどんなエサに食らいつこうかなあ。いつもカリカリ系のエサばっかりだと、さすがに飽きるよな。ノドも渇くし。

最近、本を読んでないから、しばらく読書週間にしよう。無意識に校正しなくても済む、ちゃんと出来上がってる本が読みたい。

写真も撮りたいし、クルマでどっかも行きたい。温泉とかもいいなあ。

なんか長い浪人時代を乗り越えた受験生みたいな気分。瞬間、どっか行けないかな。五島列島とか。八丈島とか。なるべくだったら島がいいなあ。ああ台湾もいいかもなあ。田舎のほうとか。やっぱりいちばんいま行きたいのはタヒチなんだよなー。ハネムーンカップルが泊まるようなコテージにカメラマンさんと二人で泊まるとか。いいかもなあ。笑

まだみぬムイネーとかも行きたい。。

行きたいとこだらけだなあ。困ったもんだ。麗江にも行きたいけど、パイロットがストしてて、ユーターンしてくるらしいので、それは困るなあ。

しかし終わってよかったなあ。発売日を延ばすか、という可能性もなかったわけではなかったろう。

あ、またベトナム縦断したいな。インドシナ一周とか。とにかく旅を住みかとしたい気分だなあ。mixiに毎日書き込みとかせずに。笑

イースター島もやっぱり行きたい。たぶん一年以内に行くと思う。

おおづめ

はこづめではなく。

ここへきて、ようやく五日の発売日の差が浮き彫りになり。あるいは、顕在化し。

今日、たぶんD60マスターガイドは校了する予定。いっぽう、30日発売のX2マスターガイドは昨日、ほとんどのページがデザイン事務所から出来上がってきて、今日それを大量に処理するわけで。ふつうだったら、それぞれ単独で一日以上を費やす重要な局面。まとめてやっちまおうっていうんだから、なんというか、剛毅で。

たけしたけし。
まさに。

なんかかなり心がすさんでるなあ、われ。

仕事に喜びをもたらす秘訣って、なんだろう。

前にも書いたかもしれないけど、最近、食事のあととかに、ものすごく胸焼けがして。どうも、逆流性食道炎ってやつみたい。間違いなく仕事のストレスからきてるんだと思う。
去年の今ごろは、よく考えたら、腱鞘炎にかかった。キーボード打ちすぎで。春は仕事のしすぎでカラダのあちこちが悲鳴を上げる時期なんだなあ。
しばらくしたら、治ると思うけど。

フリーやってると、仕事を適量こなす、というのがなんと難しいことか、と思う。エサがあるときにあるだけ食う、というのが野良猫界の掟の第一条だからね。おまけにオレが好んで食ってるエサというのが、保存がまったく効かないタイプのエサだからな。始末に負えない。

そんな能書きはどうでもよく。

今日ふとんのなかで来たるべき戦いに備え、複数のInDesignファイルを一括して全文検索できるソフトってないかなあ、と思った。

それがあれば、すこしは作業が楽になるのに。

死ぬかと思った

というのは大げさにしても。

ようやくX2マスターガイドのデザイン入れも、ほぼすべてのページが終了。

いやあきつかった。なんつーか、いままででいちばんきつかったんじゃん?

微妙に逃げたらどうなるかな、とか脳内シミュレーションしたけど、逃げてもひとつもいいことないから、やめて仕事することにした。

しかし手間かかるよな。本作りって。デザイン入れひとつにしたって、もっと直感的に、できないもんかね。材料をマウスで並べていくだけで自動的にラフができて、それをデザイナーさんに送れば、そのままページ作りの作業を続けられるような。
まあ狭い業界だから、需要が少ないところは、ソフトも進化しないよね。mixiみたいに一千万人もユーザーがいれば事情はまったく違うんだろうけど。

アタマに思い描くことはできるんだけど、それを手を使って実際のカタチにするのが死ぬほど苦手なのだな。ワタシは。

まあ頭に思い描いたことをパソコンの画面上に反映させられるようなソフトはそんなに遠くない将来、必ず実現するだろうから、それを待てばいいか。

マスターガイドとかって雛形があるのに毎回、微妙にカスタマイズしなければならないのが面倒なんだよな、と書きながら、だけど版元たる出版社はそこの部分にこそ金を出してくれるわけで、もっと自動化されたら、おれお払い箱になっちゃうな。よく考えたら。笑

そういう意味では、いまの状態もまあまあ幸せなことなのかもしれない、と前向きに考えられるのは、二冊のマスターガイドのデザイン入れが、とりあえず終わりつつあるからだな。それにしてもきつかった。うまくいえないけど。

そうだ、非マイミクの赤城耕一さんが新しく出る日本カメラに、写真がデジタルになる日、の書評が載ってたって教えてくれた。本当に有り難いことだ。
そろそろ次の単行本の制作も再開したいところ。まずは取材テープを聞き返すところから始めないと。
落ち着いて作業するには、転地療法がいちばんなんだよな。取材テープを聞き返す作業に1か月くらい没頭したいところなんだけど。なかなか贅沢な夢で。それだけの価値は絶対にあると思うんだけど。

がんばりませう>じぶん

徹夜回避

して津田沼行きの各駅停車に乗っており。

明日は早起きしたい。たとえば六時半に起きて七時半に家を出れば、九時前には会社に着く訳で。そこから鬼のようにデザイン入れすれば、昼前にはある程度、先が見えてくると思われ。
六面と
すなつぷと
すごい

ひとつひとつは何も難しいことはない。すがすがしい気持ちで取り組めれば、さくっと終わると思われ。

昼というか、夕方に食べたペンネゴルゴンゾーラ、美味しかったけど、ちょっと量が少なかったかな。

明日はさすがに泊まりになるのだろう。問題は土曜日の何時まで拘束されてるか、だね。まあいいや。ここまできたら、つべこべ言わずに、終わるまで仕事に身を任せよう。仕事たのしいなあ。アタマのネジがバカになってしまったみたい。せっかくお金を稼ぐんだったら、楽しくて、自分がやりたい仕事、そして読者が喜ぶ、読者が幸せになる仕事をやりたい。せっかく会社やめたんだから、そのあたりもっと貪欲になってもいいよね。GWはさすがに仕事に忙殺されることはないだろうから、そのあたりのことをゆっくり考える時間をもちたいかな。ふだんなかなか会えない友人たちとも会いたいし。

今日、もっともっと速いマシンがほしいと思った。編集ソフトのInDesignが瞬時に起動するような、pdfの作成があっという間に終わるような、圧縮ファイルの解凍がたちどころに済むような。

あるのかな、そんな高速マシン。百万円だしても惜しくない。そう思った。ないけど。笑

テツヤカ

いよいよマスターガイド二冊の編集作業が最終盤。片付けなきゃいけないページが山積みで。

やはり今日のテーマはずばりテツヤカ、でしょう。

明日の夕方、やむを得ざる事情でいったん地元に戻らなければならないという引け目があるので、今日という日はやれることをひとつでも残すわけには、いかないわけで。
やらなければならない仕事の全体量はだいたいつかんでいる。40Dのときみたいな不確定要素はほぼないから、まあある意味、事務作業を淡々と正確にこなしていくだけだ。ただそこにそこはかとなくの判断というモノが入るので、人にお願いしてやっていただくことはできないわけで。

むかし村上春樹がいってた文化的雪かきっていうやつだね。まさに。

浅草橋まできた。

障害物競走

前にも書いたけど、もともと障害物競走が好きだった。ふつうの徒競走より。
あの網をどうくぐろうか、とか、あの平行棒をどうやってすり抜けようとか、
そういうことを考えながら走るの、楽しくてしょうがなかった。

だからといっても、同んなじような内容のムックを、ほぼ同時の発売日にめがけて
作ってると、アタマがおかしくなってくる。

まあでも、今日おもいっきり明確に、山を越えたね。先週からいろんなこと、いってるけど。

今日のロケのモデルさんも死ぬほど可愛かった。
どうしてこの人はこんなに目が大きいんだろう、っていう。
まあけど、きっと人は、その人なりにいいところがあるんだろう。
固くそう思った。もちろんオレにも。(笑)

そろそろ終わった後のことを考えられる余裕が出てきたよ。
なんか、氷河の溶けたヒマラヤ山脈みたいに、のびのびできるんだろうな。
(いみふめ)

だめですね。パソコンで打つと、いくらでも早く打てるから、ほとんど思考を
経なくて、だらだら書いてしまう。自動筆記みたいなもんか。

つかれた。電車がなくなるので、帰ります。(笑)

ロケ終了

マスターガイド二冊の最後のロケ、終了。
これから大急ぎで編集部に戻って、がっつり深夜まで編集作業。帰れたら帰って、明日も一日がっつり編集作業。明後日も。土曜日も。日曜日の夜からもずっと?
あはははは…、っていいながら地の果てまで走っていったら、楽しいだろうなあ。
イースター島いきたい。モアイ見ながらビール飲みたい。。

今日もふらふら

今日もふらふらです。終電まぢかの電車に揺られて遠い津田沼まで帰ります。明日は早起きして撮影ロケ。東京の反対まで出かけてきます。

今日も鬼のようにたくさんのページを触ったような気がするけどあんまりよく覚えてない。帰る少し前に進行担当のSさんと、こういうことは二度とないでしょうね、って話してた。そうだよな。二度とあるはずがない。フリーだからって仕事をかかえ過ぎないで、自分の健康のことも少しは考えないとな。地元の友人たちにも多大な迷惑をかけてるし。

金曜の夕方は地元に帰るけど、たぶん会社にとんぼ返りして、土曜はがっつり仕事。日曜日もたぶん夜には出社することになりそう。まあいいや。明けない夜はないし、永遠に降り続ける雨もない。

ゴールデンウイークは久しぶりにカメラを持って街を歩こうと思う。自分へのご褒美に、レンズを一本くらい買っても罰は当たらないと思う。いま気になってるのが、ニコンの35mm 1.4、あとはツァイスの50mm 1.4も手に入れておきたいなあ。噂によるとツァイスも電気接点がついてレンズ情報がカメラにいくようになるとか。ある意味、純正を超えることになるわけで、いいのか、ニッコール!?

編集マシーン

いやまぢで、編集マシーンだわ。おれ。

昼前からメシのとき以外ずっと休まずパソコンに向かってる。
InDesignという編集ソフトを操って、あとはメールソフトのbeckyだとかブラウザのIEだとか
ACDSeeっていう画像ソフトだとか、Photoshopとか、CaptureNXとかViewNXとかを
駆使して、デザイン事務所に本の材料を送り込み。

で、上がってきたデザインを、やはりInDesignなどを使い倒して、
印刷所に入れられる完成形に近づけていく作業。

なんか耳から脳味噌が垂れてきそうな勢いで。

つかれた~。死ぬわ、マジで。

外の空気

デザイン入れで煮詰まったので、外の空気を吸いに、会社の並びの中華屋にきた。おひさまにあたるだけで、気分転換になるなあ。ここで校正作業をしたら、さぞかしはかどるだろうなあ。

ここがお茶屋だったらいいのに。