すごい日

いやあ、今日は、すごい日だった。

朝早起きして、東銀座のブライダル撮影をやってる会社に出向き。

約束は10時半で、ジョルダンの乗換案内だと津田沼発9時50分の
総武線快速に乗って、馬喰町で都営浅草線に乗り換えれば余裕で
着く。

はずだった。

結論からすると、15分ほど遅刻。ほんっとうに、あり得ないことなのだが。
仕事の現場に遅刻したことって、記憶にないくらい、ずっと、ない。

津田沼駅行きのバスも、えらい遅れたのよ。津田沼の交差点で、なんか
工事してて。こんな時間に工事をしてるのもあり得ないんだけど、イヨーに
クルマさばきが悪くて。言葉を失った。

それはそれとして。
打ち合わせというか、面接はいい感じで終わり。いや、わかんない。
なごやかに面接が済んで、じゃあ連絡しますね~とか言われてそれっきり
ということって、最近けっこう多くて。たぶん、仕事がない人が多いから、
いまは買い手市場なんだろうね。ものすごーく。

で。東銀座を昼前にあとにして、次なる目的地は新橋の某社に1時。
天気もいいので、歩くことにした。

きもちよかった。

すぐなんだね。銀座と新橋って。

時間があったのでヤマダ電機をひやかしたり、SLをグルグル走らせたり、
桜田公園でお茶したり、して、いざや某社へ。

お会いした敏腕編集者のI氏とは、けっこうひさしぶりで。もしかしたら、
ことし初めてかも。

いくつかお仕事のお話をいただき、近所の喫茶店で、またいろいろお話しした。

その後、小川町の某社に行き、いろいろカメラの相談に乗っていただき。
カメラマンのKさんに同行していただいた。お忙しいのに、いつも本当に
申し訳ない限りで。

その後、Kさんと恵比寿のプロントで軽くビールをなめた。にがかった。(笑)

いやあ、今日は本当にいい日だった。今年一年でいちばんいい日かもしれない。

それとともに、祈ることがいくつか増えた。
たぶんこれから、あちこちからいろんなカメラが出てくるだろうけど、
新橋の某社で全部ムックを受注して、ガンガン売れる本ができますように、と。

~できますように、って、個人的には祈る姿勢として好きではない。というか、
まったくありえないと思っている。いや、小惑星が地球に衝突しませんように
とか、自分の努力とかがまったく役に立たないような、そういう祈りの項目なら
ありかもしれないけど、自分がいろいろ頑張れば、それだけ祈りが叶う(?)
可能性が飛躍的にアップするようなことだったら、相乗効果として、ガンガン祈り、
ガンガン努力する、っていうのが、とても正しいし、とても美しい、と思う。

なにがいいたいかわかんなくなってきたけど、去年は仕事がほとんどなかったから
そのぶん寝だめした。たぶん一年で5000時間くらい。

なので、今年は少しくらい睡眠時間が減っても、死んだりはしないかなあと思う。

働けば働くほど、ベトナムが近くなってくるしね。

まあ、僕の祈りを全部アウフヘーベンすれば、つまりはそういうことだ。

YSK_0463

写真は銀座の画廊で見つけた、せんとくん。

半裸婚。。

いやぁ、感動したなぁ。中国の若者の間に「裸婚」「半裸婚」がはやって
るんだって。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20100215/212790/?P=1

さすが生きる力の固まりの中華民族。尊敬するなぁ。

極東の島国の人民も、国が衰退していくのを指をくわえて見てないで
どんどん裸婚、半裸婚を、奨励すればいいんだよ。
結婚式の費用は300万円まで無利子で貸し付けて、20年払いにするとか。
結婚したら税金を割り引くとかね。

いまの日本の病弊の最大のものは、持てる者と持たざる者との格差が
どうしようもないほどに開いてしまったこと。高度成長期は、全体のパイが
拡大してたから、持たざる者にもそれなりに配分があって、なんとなくみんな
不満を持たずにいられた。けど、パイがどんどん縮小して干からびていくような
いまの時代、持てる者は蓄えがあるからOKなものの、持たざる者は、次々と
生存競争から脱落していかざるをえないのであり。

政治の世界がその典型だよね。親やその親の代から代々政治家を家業として
やってる連中ばかりが財産を蓄え、自分の息子に政治家を簡単にボロ儲け
できる職業として、継がせてる。

ふつうだったらいまごろ、徳政令が敷かれて、借金とか、ちゃらになるんだろう
けどねえ。地主の土地や大金持ちの財産を全部没収して。

それくらい、革命のマグマはたまってると思うよ。この日本に。
だって、威張ってる連中は、えらそうなことばかりいってるけど、全然
平等じゃないもん。いまのこの日本ていう社会。

iPhoneアプリのネタ

を某ソフトベンダーに送った。メールで。

iPhoneのアプリって、安ければ50万円くらいから、開発してもらえるらしい。

最初にケチって、取り分をいっぱい持って行かれるくらいだったら、しっかりと
開発費を負担して、がっつり儲けたほうがいいよな。

リスク分散というか、そのアプリがどのくらい売れるか、ひとつの賭けだけど。

僕が株とかをやらないのは、お金がないからというのが第一の理由なんだけど
人の事業に投資するよりも、自分でなんかやって一発当てるほうが、自分の
性分に合ってる気がするんだよね。人がやることって、基本的にあてにならない
じゃない? けっして自分の思い通りにいかないし。まあ、自分のやることも、
そんなにあてになるわけじゃあ、ないんだけどね。(笑)

いつごろお返事いただけるかな。
一度企画書をまとめてしまえば、もしひとつのソフトベンダーがダメでも
同じモノを、あるいは少しブラッシュアップしたモノを、次々と違うソフト
ベンダーに送ればいいから、楽ちん。

なんかいろいろ思うところがあって、というか、逡巡の気持ちというか、
平たくいえば、もしダメだったらどうしようという焦りの気持ちからなんだけど
ずっと企画書を書くのに迷ってた。

けど、しっかり心を定めて、ことに臨むと、けっこうすんなりと運ぶもの
なんだよね。

なんでもそうだよね。結局は自分の決意ひとつ。

続報は随時、こちらでお知らせいたします。(笑)

Amazonあふぃり。。

ということで、友人MのブログへのAmazonアフィリエイトのリンク設置、
無事完了しました。

これからは、アマゾンで買い物をするときは、必ず彼のブログ経由で
買うようにいたしましょう。わずか3%だけど、還元されるから。

すっかりAmazonの術中にハマってる気がするけど、これが商売がうまいという
ことなんだろうね。

客に得した、いい買い物ができた、満足した、と思わせるのが大事。
たとえ、結果的に同じものがよそより高くても、ね。

けど、Amazonのフンドシで相撲を取ってる限りは、自分の買い物代金の
たった3%を取り戻すのでやっと。

前から言ってるとおり、商売は仕組みを作ったもんが勝ちだよね。

明日はいよいよ、iPhoneのアプリのネタを、某ソフトベンダーに提出する。
そのための資料?として今日は信濃町まで行って、駅前の売店で、
ちょっと小道具を買い込んできた。1050円。

さあ、うまくいくかな。

そういえば今日の打ち合わせで、外部編集の方が、もしこの本が某i社から
出なかったら……ということを口走った。

すぐに僕は告げた。べつにi社がダメでもノープロブレムですよ。
そうしたら、この本の価値を理解してくれる出版社を必ず見つけ出して
必ず出版しますから。と。

脳内ニューヨーク

今日は友人のMと、千葉で映画を見てきた。

脳内ニューヨーク。

急に僕が映画でも見ようと言ったので、時間の合うのを探して。

見た感想。

ちょっとハイブローすぎて、僕にはちょっと……。
もうすこしベタなストーリーのほうが向いてるみたい。

なんつーか、難解すぎて感情移入がまったくできないというか。

けど、ぴあがやってるサイト映画生活を見たら、泣けてきた、って書いてる人がいて
すごいなあ、ってびっくりした。

まあ、僕は映画のヘビーウォッチャー?じゃないからなあ。一年に何本も見ないし。
外すのが嫌なので、事前調査みたいなのは、ぬかりなく行うし。

やっぱ、映画って、いい悪いもあるけど、合う合わないのほうが大きい気が
するから。

まあ、世間でいい映画だといわれてる映画を見て、感動できなければ非国民
扱いされることもないと思うので、まあ、いいでしょ。

それにしても、寒いですね。。

あきれた。。

某出版社というか古巣だけど、僕が3年前に考えたデジタルコンテンツ提供の方法、
がっつりホームページで書籍の販促方法として勝手に無断で使っておきながら
利益が出ていないので使用料は払えませんときた。
「弊社の開発コストと運用コストだけがかかっている状態です」だと。
効果がないと思うんなら、利用を停止すればよいのではと思うのだが。

なかなかいい根性してるな。。

どのように反撃するか、手ぐすねを引いて、検討中。

とりいそぎ、ちかぢか、特許事務所か法律事務所にでも相談に行こうかしら。

許せないのは、著作権やアイディアというモノを大事にしなければならない
出版社が、平気で人のアイディアを盗用しておきながら、開き直っている点。

続報を待て。(笑)

相手の立場

お世話になっているカメラマンのらおぶりさんが、ブログで「パラレル思考」って
ことを書かれてた。

http://laoburi.at.webry.info/201002/article_7.html

手動トラックバック。(?)

それに関連して、最近、相手の立場で物事を考える、ということをよく考える。

僕はむかしいじめられっ子だった名残だと思うんだけど、人から高圧的に
モノをいわれると、すぐにカチンときて、その相手を叩き潰すことを生きがいに
してた。それが上司であろうとも。それで何度会社を辞めたことか。(笑)
←いや、これは単なるジョークです。

まあでも40過ぎて、昔いじめられっ子だったからって、高圧的な相手に
いちいちカチンカチンきてたら身が持たないし、そのうち動脈硬化と脳卒中で
死んでしまうので、いかんなと。あらためないとなあ、といつしか思うようになった。

相手は自分とは違う人間なのだ、ということに、気づいた。
もちろん自分も含めて完璧な人間なんていないし、そういう
どこか欠点を持った人間が集まって、仕事をしたりしながら
人間社会って、成り立ってるんだな、と遅ればせながら気づいた。

不遜に聞こえたら申し訳ないし本意ではないんだけど、我々フリーランスの
人間は、そういう不完全な人間の集まりである人間社会のなかで生きてる
わけだし、完璧な方ばっかりだったら、きっと僕らのところへは仕事なんか
回ってこないかもしれない、と思うようになった。思えるようになった。かな。

そう思うと、相手の方の悲哀みたいなモノも、なんとなく感じられるように
なってきたというか。人間って、いろんな制限のなかで、なんとかもがいて
自分の夢や理想を実現しようとしてる。家族を養うのだって立派な目的だし。
そう考えたら、愛すべき人ばかりだなと。

まあ、生き仏ではないので、感情を完全に滅却することはできませんが。
たいてい、断定的で高圧的な人って、自分に自信がないんだということに
だんだん気づいてきた。べつに、みんなが納得する普遍的な真実は、
声高に叫ぶ必要は、ひとつもないもんな。

あとはオグラはどこから見ても100%草食系で争いを好まない、御しやすい
タイプに見えるようなので、仕事とかをしてても、まあ、なめられることがよくある。

そういうときは、仕事の大事な判断をすべき時、仕事相手が逡巡してるときとかに
ひとつふたつ、少し大きめの声で、自分の意見をハッキリいうと、認識が一変する
みたい。

ほりえもんがこないだtwitterに、わからないヤツには理解されなくてもいいんだと
ずっと思ってたけど、って書いてたけど、同じことを思う。でも、世界は広いわけで
わからない人に、理解させてあげる努力も、もしかしたら必要なのかなぁ、とも
思うようになってきた。

あんまり勉強が得意じゃない中学生に、やさしく考え方の基本を教えてあげるのと
なんにもかわらないんだなあと、ようやく思えるようになってきた。相手は年を食ってる
だけあって、アタマが固くなってるから、それだけ手ごわいとも言えるんだけど。。(笑)

まあ、山奥にひとりで生きてるわけでもないし、世渡りがうまい人と仕事ができる人は
ほとんどの場合、一致しないことが多いのでね。(笑)

そふばんもば

今日も塾のアルバイト…。

なんか夜中にそふとばんくもばいるというところから、メールが届いてた。

おれ昨日夢のなかでなんかしたかなあ…。

仕事しなきゃ。

最近SOHO系のお仕事サイトを毎日見ていろいろ応募してる。

世の中には仕事ってあるところにはあるんだなあ。

ギャラが安いとか高いとか、贅沢なことは言っていられないよな。正直なところ。

がんばろ~。(笑)

最近、体がコーヒーを

最近、体がコーヒーを欲するようになってきた。

いったいなにがどうしてしまったんだろう。

いままで僕はずっと紅茶党で、コーヒーは一週間に一杯とかで
よかったんだけど、最近は毎日マクドナルドのコーヒーが飲みたく
なる。塾にクルマで行くのに、ドライブスルーのマックが途中に
あるからだろうか。いや、どうもそればかりではないようだ。

いままでは体内で合成してた物質が、なんかの理由で生成できなく
なって、不足してるんだろうか。ちょっと調べてみよう。。

そういえば、昨日も結婚式の夢を見た。
ふたりで下見に来て、誰もいない薄暗い式場で
ふたりでたたずんでるという絵。

今日は短かった。そんなに結婚したいのか?>おれ