クルマを買い換えることにした。

クルマを買い換えることにした。

いま乗ってるのはスズキのスイフト3代目。それまで乗ってたプジョー308(2009年式)がもう17万kmも乗ってて、イグニッションコイルがイカれたのを機に、もうそろそろ潮時かな、と思い。

プジョーくんが不調を訴えたのが10/19。で、その日は市川のディーラーが休みで。すっかりパニクってしまい、もう外車なんか乗ってちゃダメだ、日本車に限る!と思い込み、「自社ローン」が利用できるお店を探したら、市川のサンキョウとかいう中古車屋を見つけ。電話でアレしたら、たぶん大丈夫だと思いますよ、ということでトントン拍子にスイフト購入の話が進み。11月の上旬にはスイフトに乗り始めてた。

そのへんの経緯は以下にまとめてあります。

Getしたスイフトは2010年式で、11年落ちなのにピカピカ。24,000kmしか走ってない。おお、これはいい掘り出し物をした、とルンルン気分で乗り始め。カーオーディオを換えた話も、前に書いたよね。

で、スイフトはすごーくいいクルマなんだけど、乗ってるうちに少しずつ違和感を覚え始め。

言葉にするのはなかなか難しいんだけど、一言でいうと、軽すぎる。そんな感じ。

座席の位置がプジョー308よりも少し高くて。あと、ドアの開閉とかも軽い。ペコンって感じ。

あと、うしろの荷物室がイヨーに小さくて。あたしは親友のMが車イスなので、車イスがゆうゆう入るスペースがないとツラい。まあ、あたしのクルマに3人以上乗ることはほとんどないので、後部座席をつねに倒した状態で運用してるけど。

あと、うしろのハッチバックに腰かけて靴下を履くんだけど、車高?が高いせいか、腰かけづらい。

それから、これはけっこう決定的なんだけど、プジョー308は6速MTだったのよ。スイフトは5速。まあ日本の高速道路を走る分には6速なんてほとんど必要ないんだけど、いままで6速に入れてたシーンで5速のままエンジンを噴かすというのがちと残念で。

そんなとこかな。あとは、そうねぇ、やっぱりデザイン面も大きいかな。フロントの両側の曲線、ヘッドライトの形状も含めて、あまりにもスイフトは芸がないというか、コミカルだよね。曲線が単調すぎるというか。リアも頑張ってはいるけど、両側のランプの白と赤のコンビネーションがまったくもって美しくない。たまに街で見かける先代は赤一色で。それと差別化を図ろうとしたのはよくわかるんだけど、変えればいいってもんじゃないし。デザイナーあるあるだよね。自分のいいところを見せようとするあまり、先代のいいところも否定して、結果的に改悪になっちゃうっていう。

なんかスイフトをdisってますか、あたし。いや、そういうつもりはないんだけど。

あえていえば、フロントの空気を取り込むフロントグリルっていうの? あそこのイボイボ?ザラザラはとてもナイスだと思う。プラスチッキーだけど黒くてざらざらしてて、ちゃんと役割を果たしてる。

あと、キーレスエントリー?って初めてだったんだけど、便利だね。ただ、古い人間のあたしにとっては、ちょっとトリッキーでうまく馴染めなかった。ふつうにカギをハンドルの付け根に差し込んで回すほうがシンプルでよくね?

あ、そうそう、そんなわけで、またプジョー308に戻ることにしました。笑

たまたまカーセンサーじゃなくてGoo-netを見てたら、掘り出し物を見つけたから。

前に乗ってたプジョー308が2009年式、いま乗ってるスイフトが2010年式、そしてもうすぐやってくるプジョー308が2011年式。

あ、そうそう、中古車は年式も大事だけど、走行距離がいちばん大事、って中古車屋のおじさんに、教えてもらった。こんどのヤツは、いま現在、8万キロくらいだったかな。あたしがいま1年で1.5万キロくらい走るので、たぶん7年か8年くらいは付き合ってくれるだろう。

買ったのは、滋賀県のクルマ屋さん。なので前のプジョー308を買ったときと同様、新幹線で迎えに行って、帰りは東名か新東名で帰ってくる。

ひとつアレしたのが、滋賀のクルマ屋さんに千葉のナンバープレートをつけて購入するとなると、その手数料は数万円になるだろうなあ、ということは学習した。なので、こっちのナンバープレート取得イコール名義変更は自分でやらせてくれ、とお願いした。いいですよ、ってことだったんだけど、あとからあとから疑問が湧いてきて。滋賀でクルマを受け取って帰ってくるときの任意保険はどうなるんだろう。さすがに任意保険なしで何百キロも高速を飛ばしてくる勇気は僕にはない。なんか、スイフトに乗り換えるときに、それまでの等級も含めて任意保険を別の保険会社に引き継いだんだけど、けっこうな手間で。当たり前だけど二重に保険に入ってる状態というのは保険会社としてはNGなわけで。一斉のせ、で保険を乗り換えなきゃいけない。

それを考えると、スイフトを手放して、新しいプジョー308を取りに行くまでに間が開いたら、どうなるんだろ? なんか前にWebで読んだのに、間が開くと等級は引き継げない、みたいなことが書いてあり。

で、またいろいろ調べると「中断証明書」というのを取得すると、全然OKだということがわかった。

ただ、名義変更する前のクルマだと、たぶんそのクルマ屋さんの名義になっていると思われ。だったら、その段階では僕名義の任意保険を引き継げないんじゃね?と思い、一日保険を調べてみたら、会社名義のクルマには掛けれないんだって。

それをクルマ屋さんに尋ねたら、うちの代表名義なので、個人名義ですよ、って。

重ねて、いまスイフトの任意保険でお世話になっているAIG損保に電話して聞いてみた。

そしたら、名義変更を前提としてるのであれば、他人名義のクルマでも任意保険の引き継ぎはできますよ、って。

それを聞いて、すべて安心。All is OK. All is well.

そうだ、さっき書くの忘れたんだけど、スイフトの不満がもうひとつあった。なんと船橋ナンバーなんですねぇ〜。なんかニセモノ臭くね?笑 あたしは物心ついた頃からずっと習志野ナンバーに慣れ親しんできたので、船橋ナンバーって、なんかインチキくさくて、嫌だ。誰にも理解されないかもしれないけど。あと、もうひとつ、いま乗ってるスイフト、アルミホイールじゃなくスチールにホイールカバーで。なんかそれも微妙に嫌でねぇ。別に走りにはほとんど影響しないのはよくわかるんだけどさ。

で、買ってそうそう、ヤフオクかメルカリあたりで古い中古のアルミホイールをGetして、どっかで取り付けてもらいたい、とずーっと思ってたんだけど、メルカリとかヤフオクとかネットの解説ページとか見てても、どのホイールが僕の乗ってるスイフトに合うか、さっぱりわからなくて。

で、困ったときのなんとやらで、自宅からいちばん近いと思われるスズキのディーラーに電話して聞いてみたのよ。そしたら、なんか、すごい冷たい対応で。少なくとも自社のユーザーに少しでも気持ちよく自社のクルマに乗ってもらいたい、というハートは、まったく伝わってこなかったかな。たまたまかもしれないけど。

まあ、そういうことがすべて積み重なり、こういう結論に至りました。

あ、そうそう、スイフト、見える範囲に時計がないのもツラかったんだけど、それは中国製のナイスなヤツを購入してダッシュボードに貼り付けました。1,900円もしたんだけど、ソーラーパネルで充電してくれるのでケーブル要らずで、ホントに最高。電波時計だったらもっとよかったんだけど、届いたときは中国の時刻を示してたけど、取扱説明書をほとんど見ずに、1時間早めることができたので、スグレモノじゃ。これは記念に貼り付けたまま、次のユーザーさんにプレゼントしようと思う。

そんなとこかな。1月は若い女子ふたりを乗せてクルマで移動する新年会がある予定なので、それに間に合うといいけどなぁ。滋賀の彦根は雪は大丈夫なんだろうか。笑

なんか思い出したら、また書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください