螢雑想171031

きょうの午前中、所用で市川のほうまで行き、帰りのクルマのなかだったか、いつものように、ボーッと考えごとをしてた。なんでおれは金がないのだろうなあ、って。笑

前にも、同じことを考えたことがあるんだけど、カネがない、仕事がない、ってことは、たぶん、まだ自分の果たすべき責務?を果たしてないんだろうな、だからカネがない、仕事がない、という状況を通して、天がそれを気づかせてくれてるんだろう、と思うわけで。そのことを今日はさらに強く思った。

そのあと、ご飯を食べたり、祈ったり、すこし寝たり、撮影の仕事を探したり、してたんだけど、そのどっかで思ったこと。ちょっと飛躍するかもしれないけど。

よく生物の種族が生き残ってる理由として、強いからとかじゃなく、環境の変化に適応したから、みたいなことがいわれるけど、その応用編(?)。

いまこの世に生き残ってる生物(種族)って、たぶんだけど、自分たちの種族が生き延びるだけじゃなく、まわりの他の種族(生物)たちにも、なにかしら、分け与えてきた、そういう種族こそが、生き延びているんだと思われ。誰かから聞いたことではないし、いままで自分でも考えたこと、なかった。でも、たぶんきっとそうに違いないと思われ。

なんでそう思ったかというと、柿とか梨とかって、よくいわれるのが、タネを鳥とかに食べてもらって、遠くに自分の子孫が芽を出して…みたいなことをいうけど、それだけだったら、あんなにいっぱい実をつける必要ないんじゃないかな、って。

あと、これもずっと自分のなかで疑問だったこと。世界的な仏法指導者、僕の人生の師匠に、池田大作という人物がいらっしゃるのだが、池田先生は、なぜ過去世から仏法の指導者として、何度も何度も地球上に生まれてきて、ありとあらゆることを知り尽くしているはずなのに、わざわざまたこの日本に生まれてきて、戸田城聖という師匠をいただいて、一から学問を修めたのだろうか。

その結論の第一歩が、きょう閃いた。考えてみたら、簡単なこと。

人間が母親のお腹のなかで、地球上の生物の進化をおさらいするように、世界的な仏法指導者も、新しく生を受けるたびに、最初から学び直す、おさらいをするんだね。
思い出す、といってもいいかもしれない。たぶん、DNAには全部、刻まれてる。

そうやって考えると、師匠というのは、思い出すための、手伝いをしてくれる存在、なんだね。
考えてみたら、とっても簡単なこと。

さっきの生物の進化の話、よく飲み友だちの石川恵と話すんだけど、なんでニワトリは、無精卵を産むのだろう。
いや、ほかの鳥がどうなのか知らないんだけど、卵というのが自分たちの子孫を残すための手段だとしたら、それだけの理由でニワトリが卵を産むんだとしたら、無精卵って、殻を作らずに流しちゃってもいいよね。けどニワトリは、そうはしない。いや、人間の行った過酷な品種改良とかで、ニワトリが毎日のように無精卵を産まされるようにアレされてるとしたら、ひとこともないんだけどさ。

なにがいいたいかというと、話は最初に戻るんだけど、ひとは、あるいは生き物は、誰かを幸せにするために生きてる、誰かを幸せにするために、生まれてきた。間違いなく。

あと、最近、死にたい、っていう話を中学生から聞いたんだけど、自分が死んでも誰も悲しまない、っていうから、おれは悲しいよ、悲しいのと同時に、いや、それ以上に寂しいよ、っていった。そう、悲しいというのは、そのうち忘れる。けど、生きてる限り、寂しいという気持ちは続く。たとえば3年か4年くらい前に死んだ、うちのネコ、クロ。いまもひとりで台所にいるとき、ニャーン!ってクロを呼ぶもん。たぶん、次にネコを飼うまで、ずっとそうやってクロを呼ぶんだろうな。

なんの話だっけ。そう、死にたいと思う中学生に言いたいのは(いや、中学生だけじゃないな、大人も、ね、死にたいと思うのは、あなたの脳味噌だけなんだよ。あと、残りのカラダ全体は、生きたい、生きたい、死ぬまで生きたい!と全力で思ってるんだよ。だって、あなたが食べたモノ、時間が経つと、茶色くなって、出てくるでしょ。笑 あれは全身の臓器という臓器が協力し合って生み出した藝術作品だよ。俺は心の底から、そう思うけどな。黄金色の液体だって、そう。だから、脳味噌だけで勝手に死にたい、と思っても、ほかの臓器たちに断りもなく、勝手に死んじゃダメだ。俺はそう思うけどな。たぶん、たぶんだけど、地球上のどこかに、あなたを待ってる人がいるから。もし万が一、死ぬまでそういう人が見つからなかったとしても、あなたが死ぬまでしてきたお仕事で、ずいぶんたくさんの人たちが、幸せになってると思うよ。うん、たぶん間違いなく、そうだと思うよ。

前にも書いたと思うけど、仏法に説かれる一念三千って、僕はものすごく多くの目的地に飛行機を飛ばしてる世界的なハブ空港を思う。いや、空間的なだけじゃなく、時間的にも、ね。一念三千って、時間的にも空間的にも融通無碍なことをいうんだと思うんだけど、仏法の修行が進むにつれて、この一念三千を実感できるようになっていくと思う。

あしたは市川のほうで、保育園の入園式の撮影。なので死ぬほど苦手なスーツ着用。でもたぶん、あしたも、前に会ったことがある人たちと、たくさん、再会できると思うんだ。
この確信が、仏法なんだよ。これも何度も書いてるけど、仏法上は、縁と恩は、ほとんど同じ場所にあるんだよ。「えん」と「おん」、五十音でも隣だけど。

そろそろ寝るね。
あしたも村上だ。11月、チョー楽しみ!!!

結婚式の前撮りとか

最近、たまに七五三の撮影をさせていただいているのだが、七五三の撮影をさせていただけるなら、結婚式の前撮りの撮影もさせていただけるのではないか、と思って、いろいろ探してみた。結婚式当日の撮影は非常にタイトだし集中力も体力も要るので、BMIの数値が素晴らしいオグラさんとしては無理というか、無理。笑

だけど、前撮りだったら、カメラマンはスーツを着なくてもいいし、ビジネス用の硬い革靴を履かなくてもいいし、そこまでバタバタしなくてもよさそうだし、七五三と違って被写体が途中で機嫌が悪くなって撮影が中断してしまうという危険性もそう高くはないと思われるので、やれるんじゃね?と気がつき。

で、昨日か今日、応募してみた。某求人サイトで見つけた結婚式の前撮りの会社に。そしたら、お返事がいただけましたよ~。なんかすごいうれしいんですけど。最初は覚えることいっぱいで大変だと思うけど、でも頑張る。あ、もしうまくいったらの話ね。ほら、スクールフォトの撮影って季節ごとの変動要因がものすごく大きくて、なかなか夏とか冬とか泣きそうになるけど、結婚式の前撮りも多少は季節による上下はあるだろうけど、スクールフォトほどではないんじゃないかな、と。わかりませんが。夏はやっぱりないのかな。うーん、そんな気もしてきた。まあいいや。

けど思うのは僕という人間はとことん追いつめられないとスイッチが入らないということ。いままでずっとそれできちゃってるから、すっかりそれが身についてというか、習い性になっちゃってる。いいのか悪いのかわかんないけど、そういう星の下で生まれたということで。あ、長野か石垣に星を撮りに行きたいなあ。僕の人生に足りないものは彼女とか家族とかじゃなく(それもだけどw、天の川なんじゃないかという気がかなりする。やっぱり人間は星を見つめながら生きないと大切なところで道を間違える気がするんだよな。とはいえ、僕は敬虔な仏教徒だから、毎日、毎朝毎晩、自分のなかの小宇宙を見つめながら生きてるけどな。

昨日の画像整理も終わったことだし、これからがっつり祈るとするよ。新しい仕事がうまく成就できるように。そういえば、テキスト系の仕事にもいくつか応募した気がするし、デジカメ関連の仕事が再開するという話もあるし、ベトナムの求人にも山ほど応募した気がするけど、いいんだよ。できるやつから順番に受けていけば。若い頃にこの理屈が分かってればなあ。いちばん好きな娘にしか告白しちゃいけないって思い込んでたから、いまだに独り身だよ。ま、そんなことはどうでもいいんだけどさ。笑

うん。がっつり祈るよ。がっつりって何時間くらい?という無粋なつっこみはやめてね。祈り切る、というのがいちばん大事なんだよ。明日も撮影があるし、早くワインでも飲んで寝なくちゃね~。笑

ひさしぶりのガテン系

今日は予定されてた撮影が雨で中止になってヒマだったので、ひさしぶりにガテン系の仕事に行ってきた。夏に通った某流通センター。いやー、久しぶりだったからか、キツかった。8時間が長かった。途中、しみじみ思ったのは、この仕事はオレには向いてないや、ということ。別にガテン系の仕事を下に見てるわけでもないし、世の中に必要な仕事だというのは重々、承知しているが、ひ弱な私には向いてない。あたしはもっと別の分野で自分の得意な能力を活かせる仕事があるような気がする。そう、知的雪かきみたいな仕事。幸い、仕事を選ばなければ在宅でテキスト系の仕事はいっぱい見つかるから、片っ端から応募して、引っかかったヤツを地味にしこしこやろう。そのほうが自分のためだし、世の中のためにもなる気がする。たぶん。というわけで、ガテン系の仕事は今日が最後、といいたいところだけど、諸般の事情であと1、2回は行かないといけないかも。でもそれできっぱりと足を洗いたい。

あしたは某幼稚園のお芋掘りの撮影だけど、台風も去ったことだし、中止じゃないといいな。

iPhoneX、16時06分50秒に予約完了のメールが届いたけど、いつごろ手に入るんだろう。いまから待ち遠しい。ケースは透明なヤツがいいかなあと思うけど、それだと必然的にプラスチック系になるよな。プラスチックのツルツルした感じが好きじゃないんだよなあ。まあ、好きにしろって感じだけど。笑

明日も早いので、寝ます。
おやすみなさい。

あ、そういえばお世話になってる写真屋さんから、来年2月3月の撮影依頼がまとめて届き、ついOKを押してしまったよ。ベトナムに移住できないじゃん。笑

例のブツを予約w

昨日は佐倉市の小中学生のリレー大会の撮影をしたあと、村上ふたコマだったんだけど、なんとか時間がありそう、ということでいっぺん帰宅した。カメラバッグを置いて、軽くごはんを食べて。

あ、その前に、一緒だったカメラマンさんを京成佐倉駅前で降ろして、Googleマップが指し示すとおり京成本線の線路脇の田園地帯をクルマで爆走しながら、16時を迎えるのをじっと待ってた。その数分前に、クルマを脇道に止めて。auのサイトに接続し。

過去何回かはauのオンラインショップで機種変更の手続きを完了させ、自宅に届けてもらってたんだけど、そのシークエンス?は人気が殺到して、サイトがうんともすんとも言わない。仕方がないので目先を変えて、近所のお店で受け取ることにした。それだと、面倒くさいパラメーターの指定、料金プランがどうとか下取りがどうとか、っていうのを全部後回しにできるから、超スムース。やっぱり多くのヘビーユーザーは自宅受け取りを希望するのだろうな。

受け取りの店舗、習志野台にあるクルマのディーラーに付設されてる弱小携帯ショップにしたけど、あとでよく見てみたら近所のヤマダ電機とかコジマも選べたのね。まあ、クルマが止められればどこでもいいんだけど。

そのあと村上ふたコマ。中3の男女とか、中1の男の子たちとか。村上に来てから半年が過ぎて、最初は、誰だよ、こいつ、って顔をしてた子たちも、だんだん笑顔を向けてくれるようになり。彼らの苦手な英語とか数学とかを一緒に勉強しつつ、彼らの生活の愚痴とか不満とかを渾然一体としたカタチで聴きながら、眠気防止に時折キレッキレのオヤジギャグも炸裂させながら、オレが彼らを癒やしてるのかな、それともオレが彼らに癒やされてるのかな、とわからなくなる。たぶん、どっちもなんだろう。

同じブースにあたしより少しおねえさんのI先生がいらして。落ち着いたモスグリーンのお召しものがとても似合ってて、美しかった。

帰りにはいつものようにスーパーのカスミとマルエツで、お刺身の救出活動を敢行。とても幸せな気持ち。最近マイブームの、キリンの濃いめの缶チューハイ500を飲んで。iPhoneでfbのメッセンジャーを眺めて、古いやりとりを削除したりアーカイブしたり、してた。

近所の保育園の徒歩遠足

きょうはうちからクルマで5分の保育園の徒歩遠足の撮影。目的地の公園も、うちからものすごく近い。カメラバッグを担いで往復するのはキツかったけど、みんな人なつこい子たちで、撮影を楽しく終わらせることが出来た。そのあと、ご飯を食べて、すこし寝てから昨日の画像整理。起きるとき、本当に辛かった。画像整理を8割方終わらせてから勝田台2コマ。勉強を教えるという名目で中学生の人生相談に乗ってた。俺ってば、最近流行っているというおじさんを1時間いくらで貸します、みたいなのを地で行ってるよな、と思いながらも。帰ってきてから、昨日の画像整理の残りを。で、いま終わらせてアップしたところ。明日は4時半起きで佐倉の陸上大会。初めて一緒に現場に入るカメラマンさんとなので、不安もあるけど、まあ頑張ろう。基本、リレー大会なので、走ってるところを撮ればいいわけで、何も難しいことはない。集合写真も小学生なので、あっち向いたりこっち向いたりはしないだろう。そのあと村上2コマ。シャツが汗臭くなると、また嫌われてしまうので、着替えを車に積んでいこう。えらいな、おれ。とかってくだらないことを書いてないで、キリンの濃い味チューハイ350でも飲んで寝よう。あー、睡眠時間がほしい。と書きながら、先週は雨でことごとく撮影が中止になったことを思い出した。今週末も不安だなあ。。ま、睡眠時間が確保できることは喜ばしいけど。

昨日は船橋で石川恵と密会。1カ月半ぶりくらいかな。いやー、何を話したか忘れたけど、楽しかった。ホントにこの人と会って話すとすっきりする。こういう存在って貴重だよな。僕はお金もないし妻も子どももいないけど、たまに飲みましょうって言ってくれる友だちが何人かいて、本当に有り難いことだよなあ、としみじみ思う。

朋あり遠方より来たる

なんですか、それ、って村上の中学生に言われた(ぜんぜん杜甫じゃないですね。論語でした、ロンゴ!)。むかしは飛行機とか新幹線とかなくてね、中国は広いから、何百キロも離れたところから、船とか馬とか、徒歩とかで友だちに会いに行くの。ラインとかネットとかもないし。手紙も届いたり届かなかったり。だから、会うのもすごくひさしぶり。会ったらもちろん飲むんだけど、再会できたことを喜び合うのよ。ものすごく。そしてしばらく一緒にいて、またの再会を誓い合って別れゆく。

いまはいろいろ便利になったけど、それでも根本のハートは変わらないよな。そしてどこまでも人は孤独であることも。

月曜の朝に焼酎を飲んで大量に応募したベトナムの求人、ひとつも返事がこないんだけど、どれもこれも不採用だろうなあ。まあ、来年の合宿とか勝田台の祭に行けるから、いいっちゃあいいんだけどさ。笑

おやすみなさい。