当社の撮影がなかったら、他社の撮影を許可する

いやー、神奈川のほうの写真屋さんに面接に行き、研修撮影も終えて、仕上がりOKをもらって、契約書が届いたので、住所と名前を書いて印鑑を押し、念のため、と思って内容を読んでみたら、こんな一節が。

土日、もし他社から仕事が入りそうになったら、当社に問い合わせるべし。当社の撮影がなかったら、他社の撮影を許可する

だとさ。倒れそうになった。というか、実際に卒倒したさー

こりゃあかんゎ。どんだけギャラがよくても(いや、少なくとも最初はそんなによくないんだけどww)、僕は自由を愛してフリーのカメラマンをやってるのに、なんだこの条文。奴隷かよ。束縛したいんだったら、社員として雇えばいいじゃん。この条文が文字どおり厳密に実行されなきゃいけないのだったら、契約は白紙だわ。武士は食わねど高楊枝。ちょっと違うかw

まあけど、そんなところ。

フリーのよさは、仕事をしたくないところとは、仕事をしなくても済むところ。上司に命令とかされないしね。

人間は犬に食われるほど自由だ、という藤原新也の言葉を、ここで反芻してみる。意味もなく誰かに傅くなら犬に食われるほうがまだマシだね。

あの条文はどういう意味ですか?ってLINEで聞いたら、不明な点があったら電話ください、っていうので、電話した。話してみたけど、完全に平行線。向こうはWin-Winの関係っていうけど、ここまで従属的な契約を受け入れて、われわれのメリットって何? そこまでして仕事はしたくないね。だいいち、「許可する」ってなに? 何様のつもりなんだ。1か月50万か100万、保証するっていうんだったら魂売ることも考えるけど、あまりにもバランス悪いと思われ。だからいつも求人サイトで募集してるんだろうな。たぶんカメラマンが定着しないんだろう。アレじゃあ、ダメだわ。ワンマンすぎる。いつになったら気づくのだろう。。

 

カメラマンとクライアントを結ぶ、登録制のサイトに

明日は某写真屋さんの「研修撮影」だったんだけど、雨の予報で中止に。ちょっとだけホッとしてる。できれば早起きして、今日の画像整理をまったりやろう。

カメラマンとクライアントを結ぶサイトに、あんまり期待せずに、登録しておいたんだけど、あるクライアント?個人の方から、ご指名でお仕事の依頼が舞い込み。成就するといいなあ。SOHO系、フリーランス系のお仕事サイトにありがちなコンペ(競争入札?)って僕はとても好きじゃないので、指名とかだといい感じだなあ。ギャラは少しくらい安くても、なんか競争入札にありがちなギスギスした感じがないのがいいよね。とかって、ひとを蹴落とさないと生きていけないのがフリーの世界なんですよね。たぶん。

いままでは、複数のカメラマンが入る現場とかでも、いいですよ、どうぞ、どうぞ、って、写真がいっぱい売れそうなポジションは、なんとなく人に譲ってたけど、それじゃあダメだよな、もう少しだけガツガツしなきゃ、と最近は心を入れ替えてる。(笑) といっても、揉めたら引くけどね。そんなことで人と争うのは、性に合わない。劣勢を覆すくらいじゃないと、フリーとしてやっていけないと思っているので。笑

最近知ったんだけど、あんまり関係ないけど、僕のずっと愛用している日本語変換ソフトATOK、最近iOSでも使い始めて、もうすっかり手放せない存在になってるんだけど、このATOK、「笑」という漢字一文字を出すのに、「わら」って入れると出るのね。便利なんだけど、なんだかとっても嫌。文末に「笑」って入れるけど、「ワラ」とは読んでない。どうでもいい昭和生まれの古い人間のこだわりでしょうか。笑

現場で会った研修カメラマンの方

今日の撮影は、僕も含めてカメラマン3人だったんだけど、そのうちのひとりが「研修」ということで。

話を聞いてみたら、むかしは現像所で仕事してたり、中国やシンガポールの旅行会社で働いてたり、で、いまも就職活動中なんだけど、カメラマンになる夢を捨てられなくて、某写真屋さんの門を叩いた、ということで。年齢は40代前半。

ひとの写真が撮りたいんですよね、と彼が言う。ブライダルとかもやってみたいんですけど、どこも経験者のみ募集とかで。求められる機材の水準も高くて、なかなか。。

そんなことを言っていたので、つい励ましてしまった。柄にもなく。

いちばん大事なのは、やる気ですよ。絶対に人を撮るカメラマンになるんだ!と決めることですよ。その気持ちで面接に臨んだら、絶対に道は拓けますから、って。

無責任なことしたかな? いや、でも、自分の人生、やりたいことをやって、もし万が一、後悔することがあったとしても、やらなくてする後悔よりも、ずっと心地いいと思うんですよね。あ、失敗しちゃったなw みたいな。いいと思うんですよ。一度きりの人生じゃないですか。最後はボロボロになって、独りで、というのでも、楽しかった思い出を抱きしめて、生きていける気がするんだよね。少なくとも、僕はそう思って生きてる。

最後に彼が改まって、今日はありがとうございました、なんていうから、つい握手なんかしちゃったよ。「また会いましょう。こんどは研修じゃなく」なんていいながら。オレもクサいね。(笑)

でも、また会えるといいな。そのうち飲みたい。
 

10年ほど使ってるプリンタが目詰まり。。

10年ほど使ってるキヤノンのA3インクジェットプリンタ、久しぶりにカラー印刷してみたら、目詰まりを起こしてるみたいで、結果がとっても変。うわ、これはヤバい、と思って、何度も強力クリーニングをしてみたものの、改善されず。修理に出すのも面倒いので、新しいのを買うか~と思って、Amazonを見てみたら、なんかイヨーに安いのね。一番人気とかいうA4インクジェットのエントリー機は、なんと2727円。(笑)  なんだそれ。コメントをいろいろ見てみたら、もう7年も前に発売された機種なのね。あと、いまの機種は、インクカートリッジとヘッドが一体化?されてるとか。目詰まりとか起こさないってことなのかな。

笑えるのが、って、知ってる人にとっては常識なんだろうけど、付属のインク(カラー3色+ブラック)を抜かれた「新品」が1000円とかで売ってること。どうも付属のインクだけでも、4000円以上?するとか。いやー、資本主義の鬼っ子?みたいな存在ですね。

メーカーとしたら、もちろんプリンタを安く売って、あとはインクで儲けるビジネスモデルなんだろうけど、コメントを見てみると、最近は互換インクもよくできてて、高い純正を使う必要性はない、って声も。まあ、工作員の可能性もあるけど、値段の差が極端だったら互換インク、試してみる価値はあるかもね。

あ、ちなみに僕はいちおう写真を撮る人ですが、自分で写真プリントとかは、ほぼまったくやりません。たまに新しい写真屋さんの面接に行くときに、過去の作品をサムネイルで出すくらい。それも最近はiPad miniに入れて行くことのほうが多いかも。

せっかくデジタルなのに、プリントしようって気持ちが起こらない。写真展とかをやるなら別なんだろうけど。プリントってモノだから、どうしたってかさばるじゃない? ただでさえモノが溢れてる我が家、これ以上ものを増やしてどうするのだ!? あ、でもずっと前にA3で出したインドシナの写真、何枚か玄関先に貼ってあるけど、ものすごく色あせちゃって、あれらは貼り替えたいところだなあ。でも、それだけのためにA3プリンタを買うのも微妙だよねえ。やっぱ、2727円の魅力には抗しがたい。。笑

 

Ai Nikkor 35mm F2.8s 試し撮り

昨日の勝田台の研修の2次会、いや3次会で、清掃からあがってきたばかりのAi Nikkor 35mm F2.8sをD810につけて使ってみたけど、やっぱり写りは「ふつう」だったなあ。愛機ThinkPad X1の液晶で見ても、おお、という驚きはなく。 ずっと昔のフィルム時代のレンズだから、当たり前といえば、そうなんだけど。ドナドナするかな。。やっぱりSIGMA 35mm F1.4 Artを使ってしまうと、ほかのレンズはちょっとアレだよね。

デジタル時代って、つねに液晶モニターとかで大きく写すことが当たり前になってしまっているから、レンズに過度の性能を要求してしまっているわけで。なんだかなあと思わないではないけど、でももうあとに戻ることもできないわけで。

SIGMA 35mm F1.4 Artも、不満がないわけじゃない。階調性っていうのかな、おおっ、っていう感動的な階調再現が見られない、やや平板な絵に見えてしまうのが、不満といえば不満。たぶん、ツアイスの35mm F1.4あたりを使えばゾクゾクするような絵が見られるんだろうけど、ちょっと現実味がね。

SIGMA 35mm F1.4 Art、重くてデカイからふだん使いには絶対にしたくないけど、ここぞ、っていうときは使いたい一本。3月の祝賀会と追いコンには持参しますゆえ、楽しみにしててください。(x x)☆\バキッ

しかし、蛍光灯のもとで撮った写真をみて、レンズの実力を云々しちゃいかんよな。あしたは撮影の仕事がないので、午前中は母親の見舞いに行って、午後からは海に行ってみようかな。海に写真を撮りに行くなんて、何年ぶりだろう。例の海浜幕張の橋のたもとに無料の駐車場ができたよね。あそこを利用してみよう。

死ぬまで写真を撮ってたい

写真が撮りたい。撮影の仕事がしたい。人が撮りたい。今日はひさしぶりにお仕事をいただいた写真屋さんの撮影で、モノブロックじゃなく、ジェネレーター?を使った2灯の撮影。いやー、緊張した(そうでもないか?w)

撮影が撮影なだけに、ピピピピピの音を消して撮影に臨んだら、間隔が分からなくて、ずいぶん真っ黒な写真を量産してしまった。それと、ピーっていいますよね、エラー音なのかな。モノブロックの場合、テスト発光ボタンあたりを押さないとピー音が収まらないですけど、今日のヤツは、知らんぷりしてシャッターを切ると、ピー音が収まって。

うーん、ライティング機材のことを何も知らない私。
でも、ああいう大型ストロボを颯爽と使いこなすと、なんかカッコイイですよね。今日使ったストロボのセットをヤフオクで調べてみたら、けっこう安い値段で出てるんですね。

ジェネレーターの、モノブロックに対しての優位点っていっぱいあるんでしょうけど、僕が今日感じたのは、シンクロコードを2つつなげて、同時に2台のカメラに刺せるところ、あとは2台のストロボのシンクロコードを1つにまとめなくていいところ。そらそーだよね。重いのが難点かな。発光部は小型なのに、ジェネレーターはオニのように重い。あれは担いで歩くのはキツイよなあ。どっちかというと、スタジオとかに据え置きで使うモノなのかな。

でも、人を撮るのは楽しい。
星野道夫さんは、アラスカにずっといたくて写真を始めたという。篠山紀信はNHKの番組で、そのことを称して、写真を始めた動機が不純、と(冗談めかして)いっていたが、撮影対象が決まらずに、とりあえず表現手段として写真をやる、というほうが、不純な気がする。そうでもないか。撮影対象があって、これが撮りたいから、って写真を始める人のほうが、なんか健全な気がする。って書けば、問題ないのかな。

なんか微妙に殺風景だったので、勝田台にクリスマスツリーを買っていったら、好評みたいで、よかった。
前から買おう、買おうと思っていて、大和田新田あたりにドン・キホーテがオープンしたから、きっとあるだろう、と思って昨日行ったんだけど、なんと昨日がオープンで。八千代じゅうの女子高生が詰めかけてて、なんかすごい大混雑だった。もともとは流行らない家具屋だったところだけど、入るテナントによって、こんなに人出が違うのかとしみじみ感じたことでございます。ただ、駐車場が狭いのが致命的かな。まわりに増設できるスペースがあるといいけど。

ホントはクリスマスツリーといっしょに、ポインセチアも買っていこうと思ってたんだけど、ツリーを先に買っていって飾ったら、ポインセチアはちょっとやりすぎかな、と思ったりもする。

でも、植物っていいよね。なんか癒される。そんなことを思うのも、この歳になったからなのかもしれないけど。そしてそんなことを、家の庭木をずっと切らずにいることの理由にはできないことは重々承知だけどね。

いつものようにオチはありませんが。
明日も撮影。夜は数字系の寄り合い。そのあと遅れて勝田台の研修。
来週も撮影がいっぱいあって、うれしい。
死ぬまで人の写真を撮ってたい。浅田次郎の小説に出てくるような、じいさんになっても。

 

画像整理が嫌いなんじゃなく

昨日の画像整理、そうだなあ、半分弱、終了。メインコンテンツが残ってるけど、明日の朝、元気なときにやることにする。締切は明日の正午。ひさしぶりに母の見舞いにも行きたいので、早めに終わらせよう。8時に起きれば、なんとかなるかな。

なんか、明日早起きして画像整理できるってことが、とてもうれしく思う。なんつーか、画像整理、嫌いなわけじゃなくて、すこしでもいい結果を残したい、いいセレクトをしたい、と思うと、すこしでも心身のすこやかなときに、やりたいわけで。決して言い訳じゃない。それほど写真が好きってことで。

写真は芸術にはしちゃダメだと思う。アートとしての写真には僕はあんまり興味がない。写真はもともと消費される性質を帯びて生まれてきてる気がする。生まれては消えていく写真、そのなかのわずかなひっかかりみたいなところに、写真の本質って宿ってる気がする。

最近、仕事の撮影現場で、撮る写真が自分で変わってきたって、思う。すこし前にInstagramに、歌うように、風のように写真を撮りたい、って書いたけど、そんな感じに。その心は、なんつーか、あんまり構図とかタイミングとかをカッチリ決めないで、流れのなかで、写真に収めるというか。

ヘタウマって、上手いように見える、下手なヤツ、だと思ってたけど、逆なのね。下手に見せて、じつはめっちゃ上手いという。僕はそういう写真に憧れる。というか、そういう写真を目指してる。すこしずつ理想に近づいてる気がする。まだ遠いけども。

あんまり関係ない話。
10L用のポカリスエットの粉を買って、2Lぶんずつ計量カップで量って作ってる。ほんの少しでも溶かす粉の量が違うと、味にしっかり反映されて、そのことをすごいなあ、って思ってたんだけど、そうじゃないと気づいた。少しの粉の量の違いで味が変わることがすごいんじゃなくて、そのわずかな味の違いに気づく人間の味覚がすごいんだと。

以上、オチなし。おやすみなさい。
 

ライカの記事を読んでいたら…

ライカの記事を読んでたら、ライカMが無性にほしくなってきた。新製品はもちろん買えないけど、マップカメラでM9が40万円前後で売ってるね。これなら買えるかな。ライカの純正レンズは買えないから、コシナのフォクトレンダーあたりをつけて。

といってもいますぐは無理だから、来年ガッツリ稼いだら買おうかね。といっても貧乏性かつ酔っ払いの私は、泥酔して、どこかに忘れてきちゃうのが怖いんですけどねw

ライカと私、ということでいえば、ずっと昔、福岡にいたころ、M2を買ったんだよね。ズミクロンの35mm F2といっしょに。宿直の帰りに天神から室見まで歩いて帰って、街とか女の子とかを撮ってた気がする。

ただ、当時撮った写真がいろいろ残ってるけど、Exif情報がないので、どれがライカで撮った写真か、わかんないんだよねえ。(笑)

そのあと、M4-2とかも買った気がする。それは千葉に戻ってきてからかな。

いまどっちも手もとに残ってないってことは、僕にはライカは向いてないのかなあ、という気がしないでもないけど、でもあるていど歳を食って、体力勝負よりも技巧派?変化球投手??として生きていくためには、ライカもアリなのかな、と思ったりもする。むかしからMF(マニュアルフォーカス)好きだし。

ま、当面は、まもなく修理から上がってくるであろうAi Nikkor 35mm F2.8sをD810あたりにつけて、ライカだと思い込んで、写真を撮ろうかね。(笑)