フジX-T2とレンズ数本を売却します

現着なう。今日は東総方面の県立高校で欠席撮影。そのあと成田の県立高校に転戦して、同じく欠席撮影。

それはそれとして、フジのX-T2とレンズ数本を売却することにした。持ってても使わないことがハッキリしたから。かわりにニコンのD750を買い直す。

今日さっそくYouTube動画を撮ろうと思うんだけど、不満はいろいろあって、やっぱりニコンのフルサイズに慣れちゃってるからAPS-Cの画質に我慢がならない。昼間とかならいいんだろうけど、あたしはよく飲み屋とかで撮るのでニコンのD810とかだとすげー綺麗なのにフジX-T2だとノイズまみれで。

というのは言い過ぎかもしれないけど。

あと、フジのXシリーズは銀塩ライクなダイヤル操作が売りだと思うけど、あたしには無用の長物で。シャッター速度とか絞りとかISO感度とかにそれほど執着はない。銀塩時代のしきたりをデジタルに持ち込まれても違和感しかない。単なる懐古趣味でしょっていう。あたしがニコンのDfを認めないのとまったく同じ理由。ぶっちゃけ綺麗に写ってればシャッター速度や絞りやISO感度なんてどうでもいい。デジタルなら、いちばん大事な絵をその場で確認できるわけだし。

いままではフジのダイヤル操作へのこだわりをひとつの見識だと思ってたけど、たぶんおそらく声のやたらデカいトップの鶴の一声に支配されてただけなんじゃないかって気がする。

フジのXシリーズはむかし買って使ってたPro1とこないだ売却したX-E2、そしてX-T2しか使ったことがないので二桁シリーズの操作性とかは知らないけど、もうちょっとふつうにデジタルライクだといいなあ。

そうそう、なんであたしがX-T2に見切りをつけたかっていうと、いままではUSBでパソコンとつないでウェブカメラとして利用できるかなって期待してたんだけど、一昨日かな、フジのアプリをインストールしてケーブルでノートPCとつないでみたところ、ちーとも認識されず。あたしの設定がどっか間違ってるのかもしれないけど、いつも使ってるUSBのウェブカメラをノートPCにつないでみたら、当然のようにソッコー認識され。ズームはないけど、別にこれでなんの問題もなくね?と思った。AFついてるしね。よく人気YouTuberとかがソニーのα7とか9とかをこれ見よがしにYouTube動画の収録に使って、瞬時にピントが合うのをこれ見よがしに自慢してるけど、なんかどうでもいい。おっさんの顔なんか少しぼやけてるほうが好印象だし。笑

ということで、明後日あたり、一式を抱きかかえて西新宿に行ってきますわ。人身御供?はニコンD600。卒業、入学シーズンはサブのサブとしてクルマの後部座席の足もとに小型バックに入れて転がしてあったけど、無事にお役御免となったので、フジのみなさんと一緒にリリース。新しい飼い主に可愛がってもらってください。

けど、フジのX-T2の買い取り価格、あっという間に下がったね。3万ちょっと。ニコンのD600も3万。ニコンの一眼レフのほうが陳腐化のスピードが遅いってことかな。まあ発売からの年月が違うから価格下落のカーブが緩やかになってるともいえるけど。

そんなとこかな。
現着したものの、さすがにちょっと早すぎなので、久しぶりにiPhoneで長文を認めました。

現地入り時刻まで、まだ1時間半もある!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください