クラッシュ解決。。

そういえばこの話、書いてなかったね。

いまそんなに「書きたい欲」があるわけじゃないけど、忘れないうちに書いておこう。同じことで悩んでる人がひとりでもこれを読んで、そうだったのか!と気づくように。

1か月くらい前にWindowsマシンを購入して。あたしはauのひかり5Gbpsに加入してるんだけど、いままではマシンのオンボードLANで1Gpbsしか出てなかった。それが悔しくて。で、1年くらい前にASUSの10Gbps対応のLANカード「XG-C100C」ってヤツを買ったんだけど、それがPCI Express x4対応で。前のマシンはx16がビデオカードで埋まってて、あとは全部x1のスロットしかなくて。うー、新しいLANカード、挿せないじゃん、と思ってた。

新しいPCを購入したのは、半分くらいはそれが理由かも。ネットで慎重に調べて、DELLのちょい高めのxps 8930ってヤツだったら、ちゃんとPCI Express x4のスロットがついてることを確認して購入した。

で、ASUSの10Gpbs対応LANカード「XG-C100C」をさっそく挿したら、下りが3Gbspとか出てさ。わお、と思った。まあ、実際にどのくらい実利があるのかは別の話なんだけど。笑

で、新しいマシンを使い始めてから、ずっと悩み続けたことがあり。それは、なんと、マシンを使ってると、いきなりブルースクリーンが現れて、そのまま再起動しちゃうのよ。ひどいときなんかは、マシンが起動した直後にブルースクリーンが現れてそのまま再起動なんてことも。

買ったばかりのマシンでブルースクリーンが頻発するなんて、いままで経験がなかったから、マシンを疑ってみたりして。そういえばこれ、一日でも早く手に入れたいから即納マシンをGetしたんだけど、即納ってことは初期不良で返ってきたヤツをリファービッシュして販売してるんじゃないか、とか。マザーボードかメモリーあたりに不具合があるんじゃないか、とか。

で、ずっと悩んで、時間があれば、ブルースクリーンの原因をネットでいろいろ検索してて。まあ、周辺機器が怪しい、ということに思い至って、最初に疑ったのが、ASUSのLANカード。

で、ASUSのサイトに行って、最新のドライバに更新しようとしたら、すでに最新のモノが使われてます、みたいな。たしか当たってるドライバはWindowsが自動的に見つけてきたヤツで。うーん、そうなのかー、と思って、当該製品のAmazonのレビューを見てたら、なんかドライバはASUSじゃなくてチップの開発元のAquantia(現Marvell)のサイトからAQC107用の最新のドライバを落としてくるといい、なんていう有益そうな情報が。

さっそく行ってみた。ドライバ、落としてみたんだけど、やっぱりWindowsが見つけてきたヤツが最適だよ、と言われて、入れ替えはされなかったような気が。

で、もっといろいろ調べてたら、ASUSのLANカードのチップの開発元Aquantia(現Marvell)が出してる、チップをファームアップするツールがあることを知った。

そんなのASUSのサイトにはなかったよ!と思いながらも、ツールを落として、新しいファームウェアをアレしてみた。

そうそう、ここのページの記述が全面的に参考になった。というか、ここのページを見つけなければ、ファームアップなんかできなかったよ。

Aquantiaのファームアップのツールは、自社製カードしか対応してないのよ。ASUSのヤツは継子扱いで対象外。それをなんとかファームアップのツールを騙して?ファームアップをしちゃおう、という話ですね。

もちろん、ファームアップは一定の危険を伴いますので、自己責任でお願いします。メーカー(ASUS)が認めてないツールを使ってLANカードが壊れたとしたら、保証の対象外になる可能性が高いです。

いまの時代、コマンドラインから使うツールって珍しいけどねえ。でも、やってみたら、あっさり上手くいきました!

それからは便秘も解消。じゃなくて、ブルースクリーンとは無縁の夫婦生活が♪ じゃなくて快適なWindows生活が。笑

うーん、なんかすっきり。やっぱり祈ると違うな。DELLのxps8930くん、疑ってゴメンね。さすがにいま売られてるASUS XG-C100Cはすでにファームアップされて無問題だと思いますが。あと、僕の環境で不具合が発生したというだけで、この不具合が別の環境(マザーボードとか、OSとか)で発生するとは限りませんもんね。

同じことをキュッとまとめてAmazonのレビューに書いてきます。

何度でも書くけど、半分は自己満足だけど、もう半分は、同じことで悩んでる人を、ひとりでも救えたらいいな、という素朴な気持ちから。ネットはお互い様で成り立ってるからね。

追記★
GoogleのSPEEDTESTをfirefoxでやってみたら、下りは3000Mbpsとかふつうに出るんだけど、上りが200Mbpsとかお話にならない遅さで。ちと待て。iPhone XS Maxでも、上りは500Mbpsとか出てるぞ、おいコラ。と思って、またいろいろ調べてみたら、デバイスドライバのプロパティの「詳細設定」でジャンボパケットの項目をdisableから9014Bytesにしろという日経なんちゃら様のありがたいご託宣が。auのルーターBL1000HWにも同じ設定を見つけてONにした。んだけど、上りの遅さは変わらず。ブラウザをマイクロソフトのEdgeに替えてみたら、少しは速くなるんだけど、あんまり改善せず。

うーん、やっぱ安物のLANカードはダメってことなのかな。LANカードで13,000円くらいしたから、けっこういい値段だと思ったんだけどねぇ。かなすぃねぇ。。笑

たしかに他の10Gbps対応LANカードを見ると、ふつうに3万とかしてて。けどLANカードごときに3万も出さないよねぇ。企業ユーザーじゃあるまいし。撮影データのアップロードだって、せいぜいDVD何枚か分、数ギガバイトなわけで、上りがそんなに速くなくちゃいけないという必要性は、まったくないんだよな。単なるスペックオタク、数の話なので、まあ大人になりますかね。

まあけど、マシンがクラッシュしなくなったのは本当にありがたい。っていうか、そんなの当然とも言えるけど。でも、まあ、これだけ快適に仕事をさせてもらえてるんだから、感謝しなきゃね。自分の周りのすべてのモノに深く感謝しなきゃ。

Displayportって。。

奥さん! 知ってました!?

ディスプレイ(モニター)のDisplayportって、PC側(出力側)が同じくDisplayportじゃないと、うんともすんとも言わないって!

僕はそのことをまったく知らず、Mac miniのHDMI出力でもずーっと悩んでしまったし、Windows PCからサブディスプレイにつなぐケーブルを、ムダに使えないヤツを購入してしまったよ。とほほ。。

全部、事細かに書く元気は(シラフというのもあって)ないけど、結局は、いま使ってるDELL xps 8930のオンボードビデオ出力のDisplayportとサブディスプレイたるEIZO 2436のDisplayportをEIZO 2736に付属してたDisplayportケーブルで接続して、なんとかデュアルモニターを復活させましたよ。

ネットで調べたら、ビデオカードを挿してる場合はオンボードのビデオがBIOSでdisableになってるのがふつうだから、BIOSの設定を変更せよ、とあって。

起動時にF2を押してBIOSを起動するモノの、「Intel Multi-Display」みたいな設定は見当たらず。

で、ケーブルを接続して、Windowsを起動した状態でデバイスドライバの一覧画面を確認したら、オンボードのビデオが無効になってて。それを有効にしたら、ただちにサブモニターに光が灯り。なーんだ、こんなに簡単に解決するのか~と。ひざかっくん。

サブのモニターは1920×1200のFull HDなので、とくに解像度とかを意識することもなく。というか、前から思ってることだけど、あたしのやる作業って、オンボードビデオでも十分なんだよなあ。ビデオカード、要らなくね? メルカリに売りに出す? とかも思ってるんだけど、いまのところ入力と出力の難しい組み合わせが落ち着いてるので、またケーブルを買い足すのは勘弁してほしい、ということで、このままにしときます。ビデオカードをドナドナするのは経済的にもっと逼迫してからのほうがいいかなと。

今日は久しぶりに大雨の中を聖教新聞の代配。朝4時に起きて、4時半に家を出て、新聞が届いている小屋へ。そこで戸別に配る新聞をビニール袋に詰めて。聖教新聞1部のお宅と、ほかの新聞もいっしょに配るお宅と、などなどバリエーションが数種類あって。前にも書いたけど、聖教新聞1部のお宅の分は、友人の清水さんから譲っていただいたロープロの肩掛けカメラバッグに詰め。それ以外は、聖教新聞からいただいた完全防水のビニールバッグに詰め。中国製のポンチョで完全防備して、いざ出陣。足もとは短パン、サンダルだけど。笑

夢にまで見た。。

夢にまで見た、Macでのデュアルディスプレイが、先ほどようやく実現!

やっぱ、祈りの力は、すごいな。

先日メルカリで購入したのはMac mini(late 2012)ってヤツ。で、mini displayportからはメインのEIZO 27インチにつないんだんだけど、サブのほうにhdmiでつなごうと思い、Amazonのhdmi-displayportケーブルを購入してつないだのだが、うんともすんともいわない。で、ネットで検索すると、どうもmac miniのHDMIポートはMacOS10.15 Catalinaとイヨーに相性が悪いということで。すごいショック。

で、どうしよう、どうしよう、とずっと悩んでた。

さっき、Windowsのビデオカードにつながってるdviケーブルを、mac側にhdmi-dvi変換アダプタを介してつないだら、見事にサブたるeizo 24インチからも出力しましたよ。例の半島?の画面が出て。

んで、ソッコーamazonでdvi-displayportケーブルを購入。1,430円。まあ、こうやって貧しい労働者はますます貧しくなっていくんだろうけど。

ここ数日で、ずっと悩んでたことが、いくつも氷解。そう、氷解としか、言いようがない感じで、解決に向かい。すごい幸せ。と同時に、自分も幸せになろう、地域の方々にも、みなさん、幸せになっていただこう、と改めて決意を固めることができた。

例の「コイケユリコの唄」、ご覧になりましたか?
僕が初めて作ってYouTubeにアップした曲ですよ。

知り合いの方々は、いいね、っていってくれたんだけど、親友のMだけは、さすがに辛辣で。「全編、こわいよ」「おぐちぃらしさが出てないよ」って酷評を数秒ごとに投げつけてきて。さすがに僕も病む寸前まで行った。千葉北警察に電話しようかと思ったよ。

それはそれとして。

あと、部分的にはtwitterに書いたけど、これもずっと悩んでたこと。Windows PCを新調して、Cドライブ(起動ドライブ)がSSD 240GBとかで、僕はデスクトップに撮影してきた画像を置いておくクセがあるので、240gbじゃすぐにいっぱいになっちゃうな、だったらデスクトップフォルダをDドライブに置くか、と思って、そうした。そしたら、フォルダ(のウィンドウ)を開くたびに左に出てくる「ナビゲーションウィンドウ」(っていうらしい。要するにツリー構造とかの表示ね)で、いま自分が開いたフォルダのツリー構造が開かない! そのたびに「デスクトップ」(いくつかある)のいずれかを開いて、いま開いたフォルダを開いて、って二重作業を余儀なくされてた。なんじゃこりゃ、って思いながら。

で。こんなことが続くのであれば、デスクトップフォルダをCドライブに戻すか。だとしたら、SSDをより容量の大きいモノに換装するか、というところまで思い詰め。

で、さっき、いろいろ検索してみた。そしたら、フォルダのウィンドウを開いて、「表示」をクリックして、上の列のいちばん左にある「ペイン」の「ナビゲーションウィンドウ」をクリックして、出てくる「開いているフォルダまで展開」にチェックを入れる。これだけで、ちゃんとツリーも追随してくれる!

いままでずいぶん長くWindowsを使ってきたけど、こんなことで悩んだのは初めて。デスクトップフォルダをCドライブから移動させると、こういう仕打ちが待ってるわけですね。笑

それはそれとして。

あ、あと、ナビゲーションウィンドウのいちばん上にある「クイックアクセス」、うざいことこのうえないので、消したいと思い。検索したら、レジストリをいじればOK!とあったので、さっそくやってみた。なんとレジストリのパーミッションも変更しなきゃいけないって。あーめんど。で、レジストリエディタで当該か所を書き換えて、マシンを再起動してみたら、みごとにクイックアクセスが消えてる! 感動!

と思ったのもつかのま、なぜかフォルダのウィンドウのメインの場所からナビゲーションウィンドウにフォルダをコピーとか移動とかしようとしても「進入禁止」の標識が出て、作業ができず。なんじゃこりゃ。と思って調べてみたら、クイックアクセスを消すと、こうなるんだと。バカじゃん?笑 単なるバグだと思うけどマイクロソフトの嫌がらせという可能性も否定できない。笑

これだと作業にならないので、ソッコー元に戻した。あーあ。

なんの話だっけ。

これね。一発目としては、悪くないと思うんだけど、親友Mのいうことも、すごーくよくわかる。笑

ま、付き合いの長い、あたしのいいところを母親以上に知ってるであろう彼女としては、ぶっちゃけ「モノ足りない」と思ったんだろうね。

ふふふのふ。

ちかぢか作戦会議を開く予定で、2曲目の「アベシンゾーの唄」に可能な限り、反映させるつもり。

いやー、Mac mini、すぐに熱暴走を始めるから、次に儲かったら、もっとちゃんとしたMacを買うだね。中古で十分だよ。1発目はノートじゃなくて、ちゃんとしたタワー型やな。中古でいい。5、6万で、ないかなぁ。。

作曲の続き

参考にしてる「作りながら覚える3日で作曲入門」、後半のコード進行の話になると、いきなり駆け足になり、完全初心者はやや置いてけぼりな感じがするので、ネットでいろいろ調べてみた。知ってた!?いまの時代、インターネットっていうのがあって、知らないことはgoogleっていうので検索すると、誰かが何でも教えてくれるんだよ。笑

で、コード進行について書かれたページをいろいろ見てみた。まあコード進行にもいっぱいあって、何をアレしたらいいのか迷うばかりなんだけど、救いの神のようなページがあって、簡単なコード進行でできてる曲、っていうページ、そこを見ると、スピッツのいくつかの名曲とか、中島みゆきとか、ちょっと古いけどレベッカとか、桜坂とか、僕の好きな曲がいっぱいある。コード進行というのは背景みたいなもんだと書かれたページもあったので、まあ最初はありきたりの?コード進行を借りて?作曲にいそしんでみようかなと思ってる。

ここですね。すばらしい!

ちゃんとツイート埋め込めたかな。コードを選ぶだけで自動的にコードを演奏してくれるツール。あたしは最初は簡単なヤツしか使う気がしないので、フリーのこちらで十分かと。もっといろいろやりたくなってきたら、有料版を買えばいい。

あ、あと、「カノンコード」という気になるワードも発見! 何百年も前にパッヘルベルという作曲家がカノンていう曲で使ったコード、シンプルでいまもポップスとかに普通にいっぱい使われてるんだって! これでいいじゃん!!! まさに初心者向けにして普遍性のあるコード進行ですね。これを使い倒して、飽きてきたら、というか、もっと違うことがやりたくなってきたら、少しずつ冒険すればいいと思われ。

ネットはいろんな情報がいっぱい落ちててありがたいんだけど、自分から見たら、全部フラットに見えるので、いま自分にとって必要な情報はどれなのか、自分で取捨選択するセンスが必要だよね。読んでる本もそうだけど、コード進行にはこんなにいろいろあってね、という話は、教える側からしたら、したくてしょうがないのかもしれないけど、少なくともいまの僕には必要ない。僕はそんな気がしてる。

カノンコード。C→G→Am→Em→F→C→F→G

いまChordPulse Liteに入力して聴いてるけど安心して聴ける軽快なポップスという感じですね。さ、ここから作曲という山登りが始まるわけで。どうもイントロ、Aメロ、Bメロ、サビ、アウトロというのを作らなきゃいけないらしい。

これもずっと前からの疑問なんだけど、一曲の全体的な統合性?というのは、どうやって実現するもんなんだろう。なにが最初から最後までを「一曲」として統べるものなんだろう。さっぱりわからん。いくつかいいフレーズが思い浮かんだとして、それを適宜並べれば一曲が自然に誕生する、というもんでもないような気がするんだけど。

これもまた、ネットの密林に分け入らないといけないのかしらね。

なんか、このへんのことがじっくり詳しく書いてある(書いてありそうな)書籍を見つけてAmazonで購入しようと思ったんだけど絶版らしく18,800円とか中古でとんでもない値段がついてたから断念。図書館で探して借りて読むしかない。出版元は懐かしきリットーミュージック。絶版ならサクッと電子書籍で出せばいいのにね。得られるはずの利益を盛大に失ってるよ。もったいない。それはそれとして。

この投稿をInstagramで見る

カノンコード

ogurayuichi(@yuicog)がシェアした投稿 –

なんでいろいろ埋め込んでるのかというと、埋め込みにすると自分の借りてるサーバーの領域を減らさずに済むからですね。まあそんな大人の事情はどうでもいいのですが。

とりあえず、このへんでいっぺんアップします。

作曲2日目

昨日、酔っ払ってMacで作曲を始めた~なんてfbに書いたら、思いがけず「いいね」をいっぱいもらってしまったのだが、そんなたいそうなことではない。遠足に行くのに、集合場所の学校に向かうのに玄関を出た、という感じ。しかも読んでる本「作りながら覚える3日で作曲入門」がWindows版のフリーソフトを中心に解説してるので、どうしてもWindowsでの作業が中心になり。同じことをあとでMacのgaragebandでもやろうと思ってるけどね。

いま本の解説通りにベースとコードとメロディを16小節ぶん作って、2日目のコード進行の話に入ったところだけど、とたんにさっぱり。コードって和音だよね、コードのつながり、流れによって曲が出来ていくことはわかるのだが、具体的に何がどうなのかというのがピンとこない。まあこのへんは経験というか場数を踏まないとピンとこないところだよなあ。

あたしは編集者を長いことやってて、あと塾の講師のバイトもずっと続けてるけど、どっちも「わからない人にわからないことをわかるようにする」というのが一大テーマで。いや、人間が生きていると職業に関係なく、こういうことって付いて回るよね。人類の歴史そのものといってもいい。ちと大げさかもしれないけど。いま正午の鐘が鳴ったので、ここいらで原稿書きをMacに変更しますね。まったく意味はありませんが、なんとなく。笑

一旦保存します。笑

いま閉じてなかったgaragebandをちょいと触ってみたけど、まったく違うんだよね、Windowsのフリーソフトと。感触が。びっくりするくらい。僕はどっちかというと感性で生きてる弱い人間なので、同じことができるからといってソフトの雰囲気はなんでもいい、というわけではない。どんな人でもボールペンの書き味を選ぶでしょ。スマホのカバーだって気に入ったものを使うじゃない? で、あんまり言い訳にもならないけど、カネもないのにmacのキーボード、bluetoothのペコペコのヤツをメルカリで見つけて落としてしまいました。メルカリはオークションじゃないので「落とす」という言い方はそぐわないと思うけど、それでもヤフオクからの流れ?で使っちゃうよね。まあ、ずっとメルカリの店頭に並んでいた1点モノのヤツをクリックして購入するわけで、落とすといっても問題はなかろう。

不思議なもんで、Wordpressの真っ白い画面でブログの文章を認めるんだって、Windowsとmacだと気分が変わる。たとえていえば、ホテルの部屋にこもって作業するんだって、そこが茨城の水戸かベトナムのサイゴンかで気分が変わるのに似てるかな。ちょっと喩えが大げさな気がしますが。まあ自分は自分なんだけどね。その誤差の範囲で、という感じか。今日はご飯を食べるかうどんを食うか、というくらいの違いかも。

それはそれとして。明日は朝から水戸なので、常磐道を飛ばして、行ってこないと。さいわい撮影は昼過ぎには終わるので、夕方からの教育系バイトにはまったく差し支えず。今日もあるんだよ。18時過ぎから。週4日はたいへんだけど、生活にリズムが生じるという意味ではありがたい。

明日の水戸。撮影をいただけるのは本当にありがたいのだが、水戸は遠い。いつもgoogle mapで尋ねると外環道を通って常磐道へ、というルートを指示されるんだけど、それだと高速代がうんと高くなるんだよな。なので少し時間がかかっても16号を行って柏から常磐道に入るルートを選択してる。朝は空いてるからいいけど、帰りはけっこう混むんだよな。

いいや。最近なんとなく仕事でミスが頻発してる気がする。たぶん祈りがまったく足りてないんだと思う。今日はこれからがっつり祈って福運をチャージしなければ。いつまでもボーッとしてると8月のスケジュールもすっからかんのまま、8月を迎えそうで怖い。応募した市内の某個別指導塾からは連絡がない。ということはNGってことなんだよな、たぶん。けっこうそういうところ多いよな。まあ学生とかをイメージしてて、いきなり50過ぎのおっさんが募集してきてもピンとこないってことなんだろうけど。

このまま8月すっからかんだと自動的にガテン系でペットボトルの飲料水をひたすら運ぶ仕事が待ってるので、いや、世の中には絶対に必要な仕事だとは思うんだけど50過ぎに非力なおっさんがやると漏れなく腰に来て余命を縮めるので、ちょっと遠慮したい。

とはいえ、今年はアマチュアスポーツ中心の写真屋さんからも撮影以来は来ないだろうから、なんとか生きるすべを自分で見つけなきゃ。

いずれにしても、がっつり祈って知恵を湧かそう。それしかないもんな。

というか、それでいいのだ。

今日はmac miniちゃん、熱暴走しなくて偉いな。なんでWindowsだとちゃんと動いて当たり前なのにmacだといたわってもらえるんだろ。不思議不思議。笑

日常など。

尊敬している写真家の大先輩が、最近銀塩カメラにハマっていて。僕は銀塩カメラにはまったく興味がないのだが、その方は新しいカメラを買うとうれしそうに報告してくださる。僕は銀塩カメラにはまったく興味がないのだが。

「興味ない」とだけいうのは、あるいは問題かも。興味ないわけじゃない。家にあったOLYMPUSの小型カメラを持って小3の頃から上野駅に特急を撮りに行ってた。大学4年の夏に船橋駅前の長崎屋でEOS 650を購入してからは写真一筋で。と書いてるとあっという間に夜が明けて明日の聖教新聞の代配に差し支えるので、このへんにしとく。

なんつーか、ものすごく大好きで、一緒になろうと約束した相手と、どうしても別れなきゃいけない理由があって別々になった、その相手の話をされてる気分になるのよね。

なんつて。そんなにたいしたもんじゃないけど。銀塩カメラの佇まいは好きだけど、写真を撮るために、そのつどフィルムを詰めて、暗箱の中で感光させて、巻き戻して、現像に出して、という一連の動作が、どうも19世紀くさくて、たまらない。たとえていえば、ベトナムに行くのに、東海道を歩いて行って、長崎や福岡あたりからボートに乗って、台湾で乗り換え、という感じに思えるのだ。まったくもって、まどろっこしい。

もうすこしだけいうと、僕にとって「写真を撮る」という行為は、たぶん、被写体と良好な関係を結び、その成果物としての写真を手に入れる、ということがほとんどで。たぶん銀塩カメラに耽溺してる人たちはそうではない。写真を撮る、という行為は、カメラを操作して、から始まって…めんどくさいから書かないけど。

ここで一気に話は変わる。いままでさんざん銀塩カメラをdisってきたけど、デジイチを使うようになってから、ずっと変わらぬ不満がある。それはいうまでもないことだけど、ボディの厚み。ボテッとした。お前はボテジュウのお好み焼きか!と思わず突っ込みたくなる。僕も昔はプライベートで京セラCONTAXの167MTとか、159MMとか、137MDとかを好んで使ってたから。159MMとか、いま思い出してもしびれるよね。なにあの哲学的な佇まい。それはそれとして。

なんの話だっけ。あ、そうそう、デジイチがボテジューって話。カネのないオグラさんが、それでも卒業、入学の撮影を依頼されたとき、メインのカメラもサブのカメラも万が一にも止まったとしたら、どうしよう。式に参列されている保護者の皆様、ニコンマウントの一眼レフをお持ちの方はいらっしゃいませんか、と司会をしてる教頭先生のマイクを奪い取って体育館中に響き渡るくらい厳かな声でアナウンスしてもいいんだけど、それだとめんどい。D3000系とか渡されても、あたしのプアな目だと、ピントが合ってるかどうか、光学ファインダーで確認できないし。あ、そうか、別にニコンじゃなくてもいいのか!? キヤノンでも、なんでも。ストロボがつかないけどな。

無理矢理ストロボの延長ケーブルを装着して、マニュアル発光すればいいんだな。

なーんだ、3台目の予備カメラ、要らないじゃん。笑笑

ここでいきなりmac miniが熱暴走を始めたので20分くらい失われた。笑

それはいいとして。何が書きたかったのか、すっかり忘れた。あ、そうそう、サブのサブとして3台目のカメラを買ったのはいいけど、D600、まったく使ってあげられてなくて。ちょっと自分でも申し訳ないと思うほどで。んで、考えたのは、ずっと前にヤフオクで購入して防湿庫の肥やしになってるAi-S 35mm F2.8をつけてスナップカメラにしようかなと。いや、そんなの誰かに言わなくても、さっさとすりゃあいいんだけど、最近、仕事以外で写真を撮ることってホントに減ったわけで。しかもさっき書いたように最近のデジイチはボテッとしてどうも僕の美学にそぐわない。一眼レフ用って、レンズもでかいし。

で、思ったのですが、僕もいよいよミラーレスでびう、しようかなと。いや、ずっと昔パナソニックやオリンパスのミラーレスのムックを何冊か作ったことがあるから、何台かは所有したことがある。実はいまも防湿庫にPanasonic GF2が眠ってる。ちなみに純正レンズは1本も残ってない。なんでボディだけ残ってるのかというと、勝田台の忘年会の帰り道に、落っことしてけっこう派手なキズがついてるのよね。ジャンクまっしぐらという感じの。なのでヤフオクとかにも出さずに(出せずに)ずっと眠ってる。ごめんね。けどGF2はファインダーがなくて、背面液晶モニターだけなので、ちょっと。やっぱり僕は小さな小窓を覗くのが好きで。いままでずっとそうやってきたからね。

そう考えると、いまをときめくソニーかなぁ、やっぱりずっと使ってるニコンかなぁ、とか考えてはみるものの、いまさら今世ではソニーユーザーになるつもりは、さらさらなく。ニコンのZ系もまだまだけっこう高いしね。いや、ソニーでもニコンでもどっちでもいいんだけど、ボディとレンズと一式、広報の方が、オグラさん、どうぞお使いください、と持ってきてくれたら喜んで使うんだけど、そういうこともたぶんないと思われ。

フジはどうかなと思った。ずっと昔、X Pro1を所有してたことがあったけど、あの光学ファインダーとEVFの切り替えのギミックとか、とにかく僕に言わせれば操作系がまったく整理されておらず、これを写真機とは呼びたくない、と思ってソッコー叩き売った。けど、あれから早数十年、きっといろいろ揉まれて大人になっただろうと思われ。あと、ミラーレスの歴史が長いだけに、昔のボディとかがけっこう底値で出てたりするのよね。あと純正レンズは高いけど、中国とか?いろんなサードパーティがけっこう楽しげなスペックのレンズを出してたりして。

フジも、大先輩の写真家の方が愛用されていると聞いたので、ちょっと勉強させてもらおうかなぁと思って。フジはたしかAPS-Cだから、僕の好きな35mmは23mmだよね。なんか写りとかはそんなにこだわらない。どっちかというと軽量でスタイリッシュで気持ちよく使えるレンズがいいな。ボディももちろんだけど。X-E1とか激安なので、こんどギャラが入ったら、買っちゃおうかなぁ、なんて思ってる。いや、持続化給付金の第2弾が出たら、間違いなく最新のライカを買うんだけど、そんなことはたぶんないと思われ。笑

いいオチだね。あしたも気持ちよく新聞くばれそう。macも落ち着いたみたいだし。

ATOK Passport 登録できた

ジャストシステムの名誉のために、これは書いておかないといけないと思った。ATOK Passport、登録できましたよ。デビットカードで。

えっと、JustMyShopのほうは、僕が持ってるデビットカードの情報を入れても、片っ端から弾かれたんだけど、別の、ATOK Passportの登録ページだと、デビットカードでふつうに登録が通りました。ちなみに使ったのはジャパンネット銀行のVISAデビット。

ちなみにJustMyShopのほうで弾かれたデビットカードは、上に書いた、ATOK Passportの登録に使えたジャパンネット銀行のVISAデビットのほか、三菱UFJ銀行のVISAデビット、あとセブン銀行のJCBデビット、イオン銀行のJCBデビット、au walletのマスターデビット、そんなところかな。三井住友銀行のVISAデビットも、でした。

とっても不思議なのは、ジャストシステムのサポートの方からのメールでは、JustMyShopのクレジットカード登録ではデビットカードを弾いたりはしてません、と断言してるのに、結果的にはこれだけのカードが拒否られてる。逆に、ATOK Passportはクレジットカード払いのみです、っていってるのに、ふつうにジャパンネット銀行のVISAデビットで登録できた。謎すぎ。たぶんサポートの方々に、最新の正しい情報が伝わってないんだろうね。まあ、「クレジットカードのみ」と言ったときに、そのなかにデビットカードが入るかどうかって微妙だよな。どっちにも取れる。

なんでこんなことをチマチマ書いてるかというと、僕もそうだったけど、情報に飢えた人がgoogle検索でここに辿り着くのよ。で、なるほどそうか、と救われる。お互い様ってやつだね。インターネットは最初から、互助の精神で成り立ってるからね。

そうそう。今日mini displayport-displayportケーブルが届き、Mac miniをEIZO 2736につないでブログを書いてます。このwordpressの清潔感漂う白い画面、日本語の明朝体、英数字の適切なフォントの雰囲気は、Macならでこそ、という感じがするよね。Macに入れたATOK、単語登録とかは一切してない、Windowsの登録単語の移行とかもまったくしてないけど、めちゃめちゃ効率がいいゎ。このまま仕事の原稿書きにも使えそうな。昔からの糠味噌みたいな登録単語、自動登録もゴチャッと入ってるから、逆に何も移行しないでプレーンな状態のほうがいい、というのもあるかも。ATOKもつねに進化を遂げてるからね。

fbで友だち限定で仕事の愚痴を書いたけど、なんかそのあといろいろあって、立ち直った。笑 ひとつは、夕方、教育系バイトに出かける前に、一昨日だったかに買ったアジの刺身を食ったんだけど、アジは何があっても美味い。そのことに感動した。あと、教育系バイトの会場に、書道の大きな額が飾ってあって。「書道の大きな額」って言い方変かな。なんていえばいいんだ? まあいいや。なんて書いてあるのかな、と思って横の説明を見たら「福庭」だって。幸せを受ける場所。ってわざわざ解説がついてる。

ちょっと感動した。いや、ちょっとじゃないな。ものすごく。どういうことか。

僕らが毎日朝晩読誦してる法華経の自我偈に衆生所遊楽ってあって。僕らはこの世に、遊楽するために来た。遊楽っていうのは、僕の解釈だけど、人を幸せにすることで自分もめちゃめちゃ楽しい人生を送れる、ってこと。福庭と同じことじゃん! なんか感動したんだよ。それなのに凡夫である僕らはいろいろ悩んで、苦しんで、わざわざ人生を台なしにしてる。自分がこの星に生まれてきた意味を考えたら、いちいち落ち込んでなんていられないじゃん。よく人に、僕らのやってるのは、現金のつかみ取りだよって。コインじゃない。1万円札のね。ちょっと卑近な喩えかもしれないけど。でも。

何度でも同じことを書くけど、しあわせってひとそれぞれにカタチが違うと思うけど、結局のところ、使命を果たすってことが幸せを感じるってことなんだと思う。我々がこの世に生まれてきた意味。つまり使命。それを果たしゆくなかにしか、本当の幸せはない。だから、こういったらアレかもしれないけど、誰かを好きになるとか、好きな相手と一緒になる、というのは、まだまだ序の口というか。そんなのを人生の目的にしてたら、なんかつまんないというか。啄木が詠ってたよね。

ひとひとり得るに過ぎざることをもて 大願とせし若き過ち

って。いや、好きな人と一緒になるのは大切なことだと思いますけどね、世間で言われてるほど、人生において、そう重要じゃないのかな、と強がってみたりして。笑

そんなことはどうでもいいのですが、Mac miniと一緒に送られてきたApple純正のキーボード、最近のペコペコのやつじゃなく、透明なプラスチックで縁取りされた、けっこうしっかりしたタッチのキーボード、ふつうにAのキーの左がcontrolなのね。なんか感動。いや、いまのペコペコしたヤツも同じかもしれないけど。controlとCaps Lockを入れ替える必要ないじゃん! こいつは便利だ! なんか期待してなかったので、すごいトクした気分。何を言ってるんだ、このおっさん、と思ってる人もいるかもしれないけど、controlキーと英字キーを組み合わせるといろんなことができるのよ。control+Hでバックスペースとか、control+iでカタカナ変換とか。まあ、いろいろ。キーボードのタッチが変わると、気分が変わるよね。なんかいつもと違うおねえさんとカラオケにきてる気分。歌う歌も若干変わったりして。ってわかりづらい喩えでしたね。笑

別の喩えを使うと、Windowsが自宅だとするとMacは別荘みたいな。ちょっと不便なんだけど気分が変わってなんかいい、みたいな。

あしたは印西のほうの幼稚園の水遊び系の撮影。もちろん雨だと中止なんだけど、天気はどうかな。やってほしいとは思うけど、少し休みたいと思ってる自分もいる。まあ、土日にいっぱい休めばいいんだけどさ。そろそろ8月の予定をしっかりと埋めないとなあ。ま、最終的にはガテン系でいっぱい汗を流せばいいんだけどさ。船橋市は8/1から2週間半くらい夏休みみたいだけど、いま行ってる教育系バイト、お盆の期間を中心に10日くらい休みがあって。そこをどうにか別の教育系バイトとかで埋められないかなと思ってる。

いやー、快適だなあ。MacとATOKとWordpress。数日前から思ってることだけど、Windowsってもともと事務系の機械だから、どうしてもOSの存在感が目立つ。それに比べてMacってOSはユーザーフレンドリーで、なるべく難しいことはユーザーに求めないで、それよりもユーザーのしたい作業に集中できるようにしてくれてるというか。まあ本当になんかやらなきゃいけないときはそれなりにOSをいじる必要もあるんだろうけど、気持ち的に、なるべくOSは黒子に徹して、という開発者の気分というか設計哲学が伝わってくるよね。WindowsはMS-DOSにカバーをかけていった経緯もあって、ちょっとそのへんがソフィスティケートされてないよね。Windowsは角が取れてなくて角張ってる感じ。Macはちゃんと角が丸くなってて痛くない感じ。

いまMac miniでブログを書いてて、いちばん気になるのはキーボードのキーの引っかかりもそうなんだけど、矢印キーを押してカーソルを移動したときに移動スピード。Windowsでも新しいマシンを購入すると最初にここをいじる。キーを押したときの反応を瞬時にして、しかもずっと押してるとだんだん速くなる、という設定、Macにもあるよね。あると信じて、わざとじらしてみよう。って書いてて変態入ってるけど。まあいいけど。

いつまで書いててもキリがないので、そろそろ閉じますね。キーボードの設定、確認してみよう。どこにあるかわかんないけど、僕にはgoogleという強い味方がいるんだ。

ありました。一応、たぶんこうかな、という感じにしてみたけど、狙い通りになったかな。うん、たぶん大丈夫だと思う。

けど、この世の中にWindows以外にMacがあってよかったよね。酔っ払ってポチっただけだけど、今回Mac miniを数年ぶりに購入してホントによかった。

そういえばMacってiPhoneと連携してSMSをMacで送受信できるのね。めちゃめちゃ感動したんだけど。これってApple同士だからだよねぇ。どうしてWindows PCだとできないんだろう。前からすごい不満なんだけど。って実はできたりして。skypeを使うとかっていう裏技じゃなく、自分のいま使ってる携帯番号をそのまま使いたいのよ。SMSってめんどくさいじゃん。スマホで打つの。PCに向かってるときはPCで操作できたらナンボかマシか。まあいいけど。

ちょっと検索したら、やっぱりiPhoneとだと、できないんだって。たぶんだけど、Appleが底意地悪いんだと思う。笑

そのページでは近くにあるiPhoneと連携してiPadやMacでSMSの送受信ができることを「キモチワルイ」って書いてた。たしかに。すごいわかる。ちょっとずるいというか。まあけど、そういうことをしないと、ユーザーの繋ぎ止めもできないしね。たまにはWindowsを出し抜く、みたいなことがあってもいいよね。

もう23時20分なので、少し祈って寝ます。おやすみなさい。

Mac mini、きた

Macminiがきました。一昨日の夜中だったかに、いつもどおり酔っ払ってメルカリで購入したヤツ。8年落ち。i5。前に持ってたヤツと、たぶん同じ時期の、ひとつランクが下のヤツ。

購入して、発送連絡が届いてからわかったんだけど、このMac miniは、北海道の留萌から届くんだ。留萌だよ留萌。なんか嬉しくね?

イミフだけど。で、さっきちょこっとだけ火を入れて、セットアップを軽く済ませ。改めて思ったのは、最近のパソコンって、もう進化はとっくに止まってるよね、ということ。いや、進化は止まってないと思うんだけど、一個人が必要とする、いわゆるマシンパワーって、8年落ちでも全然OK。だんだんクルマに近づいてきたね。

いまあたしが使ってるのは、メインがEIZOの2736。27型。サブがこないだまでメインだった24xx。24型。メインのほうはHDMIとDisplayport(だっけ? DVIだったかも)の2系統。24xxのほうはD-SubとHDMIとDisplayportの3系統。

で、Mac miniはmini DisplayportとHDMIの2系統。EIZOの2736についてたDisplayportケーブルがやっと使える!と喜んだのも束の間、Mac miniのmini Displayportを通常のDisplayportに変換するアダプタは同梱されておらず。orz…

そんなことはどうでもいいのだが、Macを導入したとなると、真っ先に必要になるのが、ATOK Passportで。これはWindowsとMacと、あとアンドロ、10のアレまでインストール可能で月300円というATOKマニア垂涎のサービスなわけで。以前にMac miniを所有してたときも、当然のようにこのサービスに加入し、月々300円のお布施を徳島のジャストシステムにせっせと送っていたわけさ。創業者の社長がいまどこで何をしてるか、よー知らんけど。それはそれとして。

で、あたしはご存じの通り、クレジットカードを作れないカラダで。だもんで、ふだんはネットの買い物とかにデビットカードを使ってる。メインバンクである三菱UFJ銀行が発行してるVISAデビットをメインでね。前にATOK Passportを契約してたときも、当然このカードから毎月300円引かれてた。

今回も同様に、と思ってアレしたら、なんかうまくいかない。

おっかしいな、と思って、手もとにあるさまざまなデビットカードを片っ端から登録を試みるも、どれもこれもNGで。

で、ジャストシステムのサポートにメールしたさー。

そしたら、当方としては一律にデビットカードを排除しているわけではありません、みたいな、心を入れ替えた小池百合子みたいなことをいう。でも明らかに、デビットカード、どいつもこいつも弾かれるわけで。

まあ、クレジットカードとデビットカードの業界団体に出入りしてたわけじゃないから、よくわかんないけど、店側としたら、クレジットカードのほうが、使い勝手はいいよね。ユーザーの支払いのアレとかをカード会社にアレできるしね。

ジャストシステムのサポートからのメールに、三菱UFJ銀行が発行してるVISAデビットは、うちは加盟店じゃねーし、みたいなことが書いてあり。ありゃりゃ、前はこのカードでふつうに支払いしてたんだけどねぇ。もしかしたら、支払いをせずにトンズラした不心得者がいて、ジャストシステムがブチ切れたのかな。ほかのデビットも、あるいは…なんて思ったり。

ま、そんなところだろうと思ったよ、あばよ、と柳沢慎吾みたいなことをいうつもりはないのだが、だって、あたしは物心ついた頃からずっとATOKだし、なんかこないだたまたまスタパ齋藤がATOKを捨ててGoogle日本語入力に乗り換えたって話をたまたま読んだけど、基本的にあたしあの人あんまり好きじゃないし、業界の人だから、まあ基本ポジショントークばっかりだろうし、彼のポジションでいえば、ジャストシステムをヨイショするよりGoogle日本語入力を褒めたほうが、きっと数百万円のレベルで得するだろうし。あるいはもっとか。それは言い過ぎかも知らんけど。

何が言いたいかというと、ATOK、たいがいにせぇよ。

サブスクリプションの旨味を覚えたのか、ソフトウェア各社、サブスクに走ってるけど、ジャストシステムも例外に非ず。

何年か前まで、ATOK単体商品を販売してたんだけど、いまは一切やってなくて、MacでATOKを使いたければATOK Passportを契約してね、という感じで。そのあおりをくって、なんと過去に販売されてたATOK単体商品は超高騰してて。ATOK 2017 for Macだったっけ、3万円以上の値段を付けてる。

アホか。

もしかしたら、マイクロソフトやAdobeみたいにアコギじゃなくてジャストシステムは基本的にユーザーを信じてるから、ATOKのパッケージがひとつあれば、何十台でも何百台でもMacにATOKをインストールできるのかも。それにさすがに業を煮やして、パッケージ売りをやめたのかも。というか、きっとそうだな、きっと。

結論から言うと、ATOKが使えないと、あたしのなかではパソコンとして終わりなので、もしもATOKがデビットカード払いを拒否るのであれば、何年分前払いとか、あるいは携帯キャリア支払い(auなんちゃらみたいな。携帯料金といっしょに引き落とされる)を認めてほしいな。じゃないと死ぬ。ATOK単体商品を3万も出して買う気には、さすがになれん。かといって、Google日本語入力は使いたくないんだよな。Googleのモットーとして、Don’t be evil.(邪悪になるな)というのがあるらしいけど、もう変わったという話も聞いた気がするけど、あまりにも手を広げすぎるのって十分にevilだと思うのよね。日本語入力くらい、日本のメーカーに担当させてよ、Googleさん。と思わないでもない。もちろんシメジも使いません。笑

なんかうまく(?)まとまったような、まとまってないような。

brother の競合

なんか図らずもいまふうの見出しになったね。

人種差別の話とかでは、まったくなく。

1か月ほど前にDELLのデスクトップを購入して、ずっと悩まされてきたことを書こうと思い。

その矢先に、マシンがクラッシュ。

そのことはあとでおいおい書くこととして。

あたしはずっとbrotherのモノクロレーザー複合機を使ってきた。7820Nっていうやつ。ずっと昔から。もう10年以上は使ってると思う。レーザーなのでモノクロ印刷はバッチグー。ネットワークにつながるので、遠くにあってもいいし。FAXもついてるので、ずっと1階の仏間に固定電話と一緒に置いてた。プリントアウトするたびに、取りに階段を降りたり。

FAXも、パソコンで作成した書類をネットワーク経由でプリントする感じでFAXできるので、とても便利。月に一回の市内特殊任務の着任連絡とか、あとは某信濃町への報告とか。

スキャナ機能、コピー機能もついてて、ずっと重宝してた。

で。こっちは3年くらい前かなぁ。同じbrotherの6490CNっていう、A3インクジェット複合機をGetした。中古で、Amazonで。1.3万とかだったので、ものすごーくいい買い物をしたと思ってる。brotherの4色カラーインクって互換品が激安で売ってて、まあ色味とか気にしなきゃランニングコストを限りなく抑えられる。

で、なんでA3複合機を買ったかというと、A3スキャナが欲しかったのよ。理由は簡単で、聖教新聞の記事をスキャンして、それをメールとかに添付して友人に送りたかったから。A3プリントもできるんだけど、どうもA3用紙をセットしてもイマイチ給送の機構がイカれてて2枚に1枚は失敗する。まあそんなことはどうでもいいんだけど。

こっちもネットワークにつながるので、超便利。ピュッとジョブを投げるとプリンタが自動的に立ち上がって、よいしょよいしょと印刷してくれる。すごくイイコ。

ちなみにA4インクジェットはキヤノンのiP2700っていう、一時期は同梱のインクを買うよりも安く売られてて、みんなインク目当てで買って、インクを抜かれたプリンタがAmazonやヤフオクで叩き売られてたという。いまはどうも落ち着いたみたいだけど。

なんの話だっけ。そうそう、前のマシンでは、ずっと前に使い始めた7290と、あとから追加した6490がうまいこと同居してた。ドライバ、制御ソフトの話ね。7290を導入したころは、OSはWin7か8じゃなかったかなぁ。とにかく、なんかトラブルになることって、いままで一度もなかった。

けど、新しいDELLのxpsくんがきてからというものの、ふたりの間に険悪なムードが漂い。ってムダに擬人化するつもりはないんだけど。ほら、同じメーカーの、同じような複合機なので、二重にソフトをインストールすると、微妙にいろいろ競合とか、するんですよね。どっちか片一方だけだったら、ぜんぜんイイコなのよ。

あたしはいまのところ、あとからきた6490のほうを贔屓してるので、DELLのxpsにも、6490から先にドライバソフトをインストールした。で、そのあとに7290のドライバを。そうすると、なんかうまくいかないのよね。ちょっと前の話なので記憶が定かじゃないんだけど、どっちかのプリンタを認識しなかったり。認識しててもジョブを送ってもうんともすんとも言わなかったり。

どっちも古いプリンタなので、brotherのサイトでOSを勝手にWindows10 64bitを選んでくれても、適したドライバはこれですよ、って言われるのがやや微妙だったり。コンプリート版、とにかくなんでもかんでも入ってて、初心者の人にはピッタリ、とかいうヤツだと、むだに衝突する。そらそーだよ、田舎の狭い道を意味もなくバカでかいヤンキー向けワンボックスがすれ違おうとして、そっちが悪いだなんの、ってやってるんだもん。うまくいくはずがない。笑

で、どっちかのドライバをWin8対応のコンプリート版じゃないヤツにしてみたり、インストールする順番を逆にしたりと、いろいろ試してみた。そしたら、いまのところなんとか落ち着いてるみたい。

ネットワークプリンタも、けっこうめんどくさいよね。設定が。TCP/IPだとうまくいかなかったり。もうさっぱりわからん。

で、もうすっかりオチだけど、最近kdcom.dllとかいうのが原因でクラッシュすることがやたら多く。調べてみたけど、いまひとつ原因はわからない。このファイルが壊れてるのなら、ほかのマシンから拾ってきて移植するのがいいのかな、でもなんか違う気がする、と思って、悶々としてた。

で、さっきふと思い立って、Windowsのエラーログを見てみた。そしたらbrother関連と思しき名称のツール?のエラーがイヨーに多くて。あ、こりゃbrotherの2兄弟がケンカを続けてるのね、とようやく気づいた。

で、たぶんうまくいくとおもうけど、いまのところの解決方法は、6490のほうをネットワーク経由じゃなくUSB接続に替えた。笑

なんか微妙にカッコ悪いけど、紛争解決ってそんなもんよ。

iP2700に刺さったたUSBケーブルを強制徴用したので、iP2700には、またどっかからUSBケーブルを探してこなきゃ。

たぶん、数本はゴロゴロしてると思う。1階の仏間の押し入れあたりに。問題は長さなんだよなぁ。いざとなったらiP2700ごと、PCの近くに移動してもいいし。

あ、ちなみに最近のiP2700の活躍の場は、カラー用紙への印刷。

前にも書いたと思うけど、WorldSeikyoっていう創価学会の冊子を30冊買って、親しい友人に読んでもらおうと、送ってるんだけど、最初は手書きの手紙を入れてたんだけど、それだとすごいブレーキがかかるので、やむをえず、パソコンで文面を打ったモノをカラーの少し厚手の用紙にプリントして冊子WorldSeikyoに同封してる。iP2700は用紙のセットが手差しなので、こういう場合にはバッチグーなのよね。まあ7290の手前から差し込んでもいいんだけど、それはいま気づいたことなので。笑