求職の日々。。

7月の撮影の仕事も徐々に入りつつあるのですが、でも例年のようにびっしり埋まるということはきっとないと思われ。8月もそうだろうし、9月もどうかわかんないので、空いた時間を埋めるべく、求職の日々を開始しました。

人の目に触れるところに書くことで自分へのプレッシャーにもなるし、「文章を書く」ということ自体が知的作業の爪とぎにもなるので、ブログに書くことにしましたよ。

いま考えてるのは、大きく分けてふたつ。どっかの写真館にバイトで潜り込むこと。もうひとつは、できれば在宅で編集とか原稿書きとかの仕事が出来れば、と。あたしが大学を卒業してからやってきたことって、だいたいこの2つに集約されるし。

あ、そう、毎週月火木金は船橋市内2か所で教育系の仕事を18時過ぎからやることになったので、新しく見つける仕事は、場所にもよるんだけど、17時前には終わってないといけない。

それを考えると都内でオフィス系の日雇いとかは難しいかなと。

写真館も、いろいろみたところ、それなりに制約が大きく。制約とかいうと、怒られそうだけど。まあこっちの年齢から始まって、曜日とか(土日はなるべく出ろとか)、時間とか、仕事内容とか。家族向けの写真館とかだと、小さな子どもをあやすのも仕事のうちだから、キモいおっさんよりはやさしいおねえさんのほうがいいとか。

なのでいまは気持ちは在宅で編集・ライティングのほうに大きく傾いてます。在宅で、となると、二束三文の素人に毛が生えたような仕事しかないのかな、とも思っていたのですが、いまはそうでもないみたいですね。時給制のところもけっこうあるし。在宅で時給制というのが、まだいまひとつ理解できてないのですが。

主婦向けの在宅ワーク中心の求人サイトって、けっこういっぱいあるんですよね。見てみたら。主婦向けってことは、曜日とか時間とか融通を利かしてくれるということで。僕は主婦でもなければ女性でもないけど、時間に融通が利くとすごく嬉しい、というところでは共通の事情というか願いを持っているわけで、こういう世の中の流れはとてもありがたい。

とか書いてたら、メインの写真屋さんから撮影の依頼が舞い込んできた! しかも午前中で終わるヤツ! 最高やぁ~。この調子で7月もびっしり埋まれば、在宅ワークを探す必要もなくなるんだけどな。いや、けど、フリーってどこでなにがあるかわからないから、収入のチャンネルは複線化しておくに越したことはない。

別に、いくつかの在宅ワークを掛け持ちしたっていいわけだし。

スクールフォトの仕事を始めたばかりの頃は、まだひとつしか写真屋さんと契約してなかったりで。そうすると、そこの写真屋さんに頼り切りになるわけで、今月はなんで仕事をくれないんだよぉ、みたいに思いがち。けどそれは完全に誤り。だってフリーなんだもん(エースをねらえっぽく)。

なんの話かわかんなくなってきたところで、そろそろこのくらいにして、アップします。まだ朝ご飯もちゃんと食べてないの。

さっき3つくらいの在宅ワークとひとつの写真館に応募したので、午前中はこれで打ち止め。ご飯を食べて、またガッツリ祈って、午後も求職活動の続きをします。

攻撃は最大の防御、ですからね。

あー、早く梅雨あけないかな。こないだ買った17-35を持って九十九里に早く天の川を撮りに行きたい。

fixしつつある夏

予告どおり、西船まで、教育系?のバイトの面接に行ってきた。結果は明後日メールで届くということだが、ほぼ大丈夫、ということなので、来週から働くことになりそう。「オンライン個別補習塾じゃがばたオンライン」にも来てくれている生徒さんが何人かいらっしゃるので、うまいことスケジューリングしながら、同時並行で進めたいと思う。

そうそう、夏休み期間中は?って確認したら、通常時期と変わらず夕方からなんだそうだ。なるほど、そうか。ということは、それまでの時間、オフィスワーク系日雇いを入れるか、あるいは撮影が少しでも多く入ることを祈るしかない。

昨日、そういえば、センバツのチームを集めて甲子園で大会が開かれるってニュースを見た。野球以外の競技でも、地方大会とか、やらないかなあ。そしたら撮影の仕事がそこそこきそうな気もするんだけど。わかんないけどね。

ということで、土曜日に予定してた集団塾の説明会は電話でキャンセルした。ギャラで考えたら集団塾のほうがアレだろうけど、こっちのほうは、前もって予定があるときはお休みできるっていう点。兼業中年フリーターには、何よりありがたい。やっぱりあたしは集団塾には縁がないのかなぁと思うことでございますよ。

面接が終わってスマホを見たら、メインの写真屋さんから7月の撮影依頼が届いていた(しかも2泊3日の行事!)のだが、初日が別の写真屋さんの予備日?と重なっており、泣く泣くお断りする。幼稚園とかも、徐々に行事が再開されていく感じだなと実感。

本当は明日からオフィスワーク系の日雇いにガッツリ行くことにしてたんだけど、思い立ってニコンプロサービスに電話。D4sを点検修理に出すのにお借りできる代替機があるのかどうか尋ねてみた。そしたら、ありますよ、ってことだったので、キープしておいてもらって、明日の朝イチで銀座まで行くことにした。

電話で聞いたら再開初日の今週月曜はオープン前から並んでる方もいらっしゃったみたいだけど、もうそうでもないって。

ただ、整理券方式なんだよね。いつももそうだけど、たぶんもっとがっちりした方式なのだろう。

ちょっとおカネがなくなってきたので、いますぐD5とリプレースするのは難しそうだけど、すこし先を見据えて、いつでも下取りに出せるくらいの状態には、しておかなくては。

来週の月曜日は求人広告の取材があるので、火水は原稿書きに当てるとして、来週の木曜日あたりからオフィスワーク系日雇いを入れましょうかねぇ。例年なら6月といえば高校の卒業アルバムのスクールライフの撮影が花盛りな頃だけど、そういう依頼もそろそろこないかなぁ。祈って仕事を引き寄せよう。

水星金星火星にもきっと使命が…

仏法って、この宇宙を生成し、星々の運行を司っている宇宙のリズムなんだ、といわれて、へー、そうなんだー、と思う人はたくさんいるけど、本当にそのとおりだと命の底から本気で信じてる、あるいは理解してる人って、実はとても少ないんじゃないか、みたいなことをぼんやりと思ってる。

今週の初めあたりから、さすがにこのまま仕事がないのはまずいと思い、真剣に祈り始めたんだけど、

湿れる木より火を出し 乾ける土より水を儲けんが如く 強盛に申すなり

太陽が地球の生物にとって絶対に必要不可欠であることは論を待たないけど、調べてみたら、実は月もそうなんだよね。あと、木星も。

そうやって考えたら、たぶん、水星も金星も火星も、それぞれに必要な役割を果たしているに違いないと確信した。科学が進めば、そのあたりも明らかになってくることだろう。

水星や金星や火星の正確な位置関係や公転軌道、それらを規定しているモノと同じものが、我々の肉体と精神に宿っている。そのことを強く自覚すれば、仕事がないとかっていう嘆きが、いかにちっぽけなモノかということを痛感する。

大悪おこれば大善きたる

今回のコロナ禍を奇貨として、人生を大きく切り拓くのだ。

そう自分に言い聞かせてるところ。

きょうは10時から西船で教育系の面接。
決まるといいな。夏休みの運気も含めて波乱含みなんだけど…
でも必ず最高にいい結論に落ち着くように祈って勝ち取りますことよ。

明日は飲み友だちの石川とチョーひさしぶりの飲み。
もうすっごい楽しみ。
また仏法の話を2歩も3歩も進められることだろう

カメラも持っていこうかなあD600+50/1.4かな…
もちろんオズポケもね〜