仕事で、背水の陣を敷くということ。

ああ、何週間ぶりだろう。布団にくるまりながらの朝ツイ。しあわせ。
11月も順調に撮影の予定が入って、この調子でいけば、なんとか年は越せるかも、というところ。テトにベトナムに行きたいなあ(とほいめ

それはそうと、ネットニュースの仕事をキッパリ辞めて、撮影の仕事一本で頑張り始めて、1年が経ったんだけど、やっぱり人間、背水の陣を敷くことって大事だよね。本当に大事だと思う。

ネットニュースをやってたときは、それで稼げてたので、撮影の仕事は、どことなく自分のなかで、サブというか、余技というか、趣味の延長というか、どこか本気じゃないという気持ちがあったんだと思う。無意識のうちで。

そういうのって、仕事への姿勢とかに、出るよね。間違いなく。そしてこれも間違いなく、撮影現場において、被写体側の方々にも伝わる。きっとそうなんだと思う。当時はそこまで意識してなかったけど。

なので、ちょっとした態度とか行動とかに、その気持ちが出てしまい、ネガティブな評価をいただくことも、あるいは、あったかもしれない。そういうのって、長い目で見ると、どんどん仕事に悪影響を与えていくわけで。

自分では一所懸命にやってるつもりでも、根本の一念に、どこか浮ついたモノがあると、それってやっぱり全部に反映するわけで。ほんのちょっとしたことなのかもしれないけど。けど、そのほんのちょっとしたことが、仕事の成否を大きく分けるわけで。

いまはぜんぜんちがう。撮影の仕事がなくなったら、本当に食っていけないし、生活できないし、それこそクビでもつらなきゃいけないから、真剣そのものですよ。この1年、仕事ないですか~って営業かけた写真屋さん、たぶん余裕で100軒とか、超えてると思う。真剣にいっぱい祈ったしねえ。

だもんで、いまは撮影の仕事が楽しくて仕方がない。以前は、いままで経験のない撮影とかは、そんなの無理~、って簡単に断ってたけど、いまは、やれるかどうか分かんない仕事は「やる!」って決めてる。まあ、ビジネスマン?としては当然の姿勢なんだと思うけど、僕は根っから消極的な男でねえ、自分が絶対に自信をもってできる、という仕事しか、受けてこなかったのですよ。だから、まあ、仕事の広がりも小さいというか。

でも、世の社長とかをやってる人種の方々は、そうじゃないよね。僕に言わせれば、悪いクスリでもやってるんじゃないか、っていうくらい前向きだし、ハッタリもかますし、自信たっぷりだし。それって実力の有無もあるんだろうけど、それ以上に、バイタリティの差だよね。言っちゃった以上はやるしかない、みたいな。それがあたしには圧倒的に欠けてた。絶対的に不足してた。絶望的に足りなかった。

でも、1年前の自分が、直感的に、あ、ここは撮影の仕事一本で勝負するときじゃないか、ネットニュースの編集は、そろそろ潮時じゃないか、って思うことができたから、いまがあるわけで。本当によかった。

今日は夕方の勝田台まで予定はないんだけど、久しぶりにガッツリ祈って、久しぶりに『法華経の智慧』を読み返そうと思ってる。久しぶりに読み返すと、ページをめくるごとに目からウロコで。。

そろそろ老眼も欲しいんですけどね。(^^;

神奈川の撮影に、クルマで。。

6時ちょい過ぎに家を出るときにGoogleマップを見たら、なんとか余裕をもって行けそうだったので、やっぱクルマで行こう、と思い、湾岸と首都高、そのあと横浜の有料道路を乗り継いで、戸塚まで行ってきた。途中、道を間違えて、変なところで降りちゃったりもしたけど。
ふだんは千葉の田舎道を行くのに、Googleマップのカーナビを愛用してるけど、首都高や横浜の有料道路みたいに頻繁に分岐と合流を繰り返す複雑な道には、Googleマップのカーナビは、やや非力に思えた。

撮影でカメラバッグを背負って3時間も歩いたけど、けっこう大丈夫だった。夏に日光で鍛えたのが効いてるみたい。(笑)

帰りは、修理に出してたストロボが直ったということで、銀座のニコンに寄ってきた。駐車場がどこもいっぱいで、キーってなったけど、三井ホテル?の地下駐車場に止めさせてもらって、30分300円っていうので、急いで三菱Bankでお金を下ろし、ニコンに行ってストロボを受け取り、ズームのゴムが緩くなってた24-120のゴムを換えてもらって、大急ぎで地下駐車場に戻り。自動精算機に駐車券を通すと、なんと0円。は?と思い、係のおじさんに聞いたら、30分以内は無料なんです、って。なんじゃそりゃ。まあ、いいや。ラッキー。

そのあとまた首都高の入り口に迷いながら、なんとか有明から湾岸に乗って、谷津船橋で降りて京成津田沼を通って帰ってきた。

つかれたび~。古。

明日は朝から中学校の文化祭の撮影。日曜はマラソン。月曜は卒業アルバムの撮影で学校を3つもハシゴ。火曜は卒業アルバムの個人写真と集合写真。水曜は体育大会だっけ。。

毎日、疲れるけど、人の写真を撮れるのは本当に楽しい。
たぶん天職って、こういうのをいうんだろうな、と思う。

米国で大人気のネットメディア編集部員に応募するもw

そういえば、米国で大人気のネットメディアが日本進出して編集部員を募集してたので、ダメ元で応募したら、やっぱり落ちた。笑

けど、応募してからのこの数日、もし万が一、通ってしまったら、いまやってるスクールフォトの仕事はどうするんだ!?勝田台は辞められるのか!?と独りで悩んでた。

どっちもめちゃめちゃ楽しいし、意義深い仕事なので、辞めたくない、続けたい。

もちろん、魅力的なコンテンツを数多く発信し、ものすごくたくさんの読者を獲得しているネットメディアは素晴らしいと思うけど、都心のビルで仕事して、世間の動向を高いところからウォッチしてるよりは、地べたをかけずり回って子供たちの写真を撮ったり、一緒に勉強したり、というほうが、僕には合ってる気がするんだよね。

こないだは天職なんて、気恥ずかしい言葉を、つい使っちゃったけど。

まあ、でも、よかった。笑

どっちもクビにならないように、しっかりいい仕事をしなくては。
\(^o^)/

あれ?仕事お願いしてましたっけ?

明後日もまた別の新しい写真屋さんの初の撮影の仕事だったんだけど、連絡がこないので嫌な予感がして、こちらから連絡してみたら、「あれ?お仕事お願いしてましたっけ?」みたいな感じで。あとから電話がかかってきて、撮影が中止になったとか。

は?なんでカメラマンにすぐに連絡しない?

挙げ句の果てに、雨で撮影が中止になったような場合、3000円をお支払いしてますので、って。

こんな会社と仕事をしていたら自分がダメになると思って「いいです」といって電話を切った。

新しい写真屋さん

今日は新しい写真屋さんの撮影で、とっても緊張した。そちらの写真屋さんは経営者が女性で、ふわっとしたイメージの写真を望まれ。

だもんで、めずらしく今日はストロボをいっさい炊かずに撮った。思いっきり露出を開けて。僕個人としても、正直言ってストロボをバシャバシャ炊いて撮る写真って好きじゃないけど(プライベートだと、ストロボはまず使わない)、でも仕事だとそうするのが常なので、なかなか戸惑った。

それと、何人かのカメラマンで手分けして撮影したんだけど、僕は望遠で自然な表情を撮る係に。いつもは広角でグッと寄って、声をかけまくって写真を撮ってるから、なんか物足りない。そして70-300mmの70mm側で撮ってたんだけど、最短撮影距離が長くて、撮影ポジションに苦労した。まあけど、ものすごーくいい経験ができました。

また仕事がくるといいな。

断捨離とか、画像整理とか

いろいろ思うところがあって、去年からやってた、公務員を目指す大学生の小論文の添削の仕事を、辞退させていただいた。撮影の仕事が多忙なのに加え、僕みたいな人間が片手間で、公務員を目指す方々の小論文を添削なんかさせていただいてよいのか、という良心の呵責に堪えられなくなったため。

プレッシャーに弱いのかもしれないけど、そうじゃなく、無責任なことはしたくない、自分で責任を取れないことは、したくない、ということかな。

いよいよ真剣に、もう一本の収入の柱を考えないといけないなあ。季節に左右されない撮影系か、テキスト系か、はたまた全然違う系かw

それはそうと、「辞退します」ってメールを送ったら、「ほいなら」みたいなメールがすぐに届き、無罪放免。なんかあまりにもあっさりしすぎてて、脱力。ま、やる気のない人間を引き留めてもしょうがないもんな。

あんまり関係ないけど、今朝は数か月分溜まったペットボトルと缶をゴミに出したのだ。正確には有価物。あとたまってたゴミも3袋くらい出した。あと台所の床に敷き詰められてた段ボールもひもで縛った。こっちは明日の朝。

なんか掃除をするとスッキリするなあ。物理的に片付くということよりも、自分の気持ちの中がスッキリする効果のほうがずっと大きい気がする。断捨離っていう流行り言葉の正確な意味を僕はよく知らないのだが、でもなんかわかる。あとは溜まってる新聞を出すのと、要らないモノをどんどん捨てることかな。母親の衣類もまだいっぱい残ってるし。二階の押し入れも去って行った家族が残していったものでぎっしり。母親が元気だった頃は怒られたが、さすがにカブトとかも処分してもいいでしょ。これがあるからいつまでたってもおむこ?に行けないんじゃね?(爆)

そんなことはどうでもいい。

明日はプールの撮影。そんなに暗くないと思うから70-300mmで大丈夫だと思うけど、いちおう念のため、70-200mmも持っていく。なんか水辺の撮影って怖いんですよね。ずっと昔、個人的な女子高生撮影で養老渓谷に行って、ハッセルの500C/Mかなんか(たぶん503CXだったと思う)、ツァイスの80mm F2.8つきで水没させた忌まわしき記憶が脳裏から離れず。もちろん全損ですよ。\(^o^)/ 悪いことはしちゃいけないんだなあとしみじみ思いましたとさ。悪いことはしてないですけど。(笑)

明日の撮影は昼ごろに終わるはずなので、そっこー帰ってきて、昨日の画像整理の続きをやる。昼寝なんか絶対にしないぞ! そして明日の画像整理も明日中にやっちゃおうかなぁ。あ、明後日の撮影、データをそのまま写真屋さんにお渡しする感じなので、明日の画像整理は明後日にやってもいいなあ。うん、そうしよう。

祈るべ。

人のために火をともせば・我がまへあきらかなるがごとし

って、ものすごーく簡潔な言葉だけど、その意味するところはものすごく深い。
自分の幸せだけを祈っていてもダメなんだよな。人のために祈ることが全部、自分に返ってくる。

よく考えたら、僕らカメラマンは、これに似たことを日常的にやってる。
「天井バウンス」ってやつ。直接被写体にストロボを当てるんじゃなく、天井に向けて発光させて、天井を面光源として、間接照明の形で被写体を照らす。

なんか似てるかも、と思った。

やっぱ、文章を書いてお金が稼げる仕事がいいな。
それもなるべく自由に好きなことを書いて、お金が稼げたら最高。
ちょっといろいろもがいてみよう。モガディシオに行きたい。