春の熊は好きですか

さっきまで、TSUTAYA TVで、「春の熊は好きですか」をみてた。
Amazonで、ペ・デュナが出てると知り、いつか絶対に見てやるぞと固く決意し、近所のビデオ屋をさがしたんだけど、どこにもなくて。唯一見つけたのが、大和田新田?の296沿いの激安ビデオ屋。けど僕はそのころ、そこの会員ではなく。新しくビデオ屋の会員になるには、日本では納税証明書とか国民健康保険証とか体重証明書とか血圧(上)証明書とか宗教証明書とか、そういうのがいっぱいいろいろいるから、チョー面倒で、会員になれなかった。それはいつも勝田台に向かう裏道沿いのジェーソンの向かいの巨大GEOもいっしょ。(笑)

なんの話だっけ。そうそう、めちゃめちゃよかった。春の熊は好きですか。
たぶんこの映画、韓国映画なんだけど、原作とかないと思う。この映画に原作があったら、ぜひ読んでみたいモノだなと思うけれども。

ペ・デュナ、やっぱいいわ。
ペ・デュナ。この映画、2003年なんだって。つうことはもう10年も前の映画。

まあ、最初のほうから、微妙にオチは予想されていたが。

あ、けど、韓国映画って、おしゃれだよね。あと、サービス精神が旺盛。
うーん、うまくいえないけど、最近勃興してきたから、韓国映画、ものすごく
ハリウッドとかに学んでるとか。これは親友のマキが言ってたことだけど。

けど、なんか、分かる気がする。映画って、サービス精神がないと
ダメだよね。いい意味での遊び心というか。

日本映画は、難解なのをよしとしてる部分が、なきにしもあらずで、そこが
どうにもなじめねえ。難解というか、分かる人にだけ、分かればいいというか。

ぜんぜん春の熊は好きですか、の話になってないね。

急に仕事を思いだしたので、続きは、あとで。(はあと

麻生の弁明を聞きたい。

麻生を擁護する言説が次から次へと流れてくるが、ではなぜ自民は国会で麻生に釈明、弁明の機会を与えないのだ。そもそも政治家の講演の内容をあとからいろんな人が解釈して、おれはこういう意味だと思う、なんていう話がどこにある。麻生は口数の少ない国王か?

自民党は憲法草案を作るのに党内で徹底的に議論した。だから国民は静かに改憲を認めろといってる。マスコミに乗せられずに?なんだそれ。たぶん彼は自分の頭が悪いのを忘れて国民なんて愚かでマスコミに乗せられるだけの存在だから、自民党が一生懸命に考えた憲法改正案を黙って認めなさいと言ってる。

マスコミがギャーギャー騒ぐから、中韓も騒ぎ、いつの日からか靖国参拝もできなくなった、みたいなことを言ってるが、A級戦犯合祀に一言も触れてないのは、やはり右翼の方々の間では、A級戦犯もお国のために我が身を捧げた立派な英霊なのであって、靖国に合祀されて当然の存在だと考えているのだろう。

おそらく東京裁判も否定的に考えているんだろうけど、戦勝国から押しつけられた裁判だって、じゃあ日本で戦争責任に対しての総括って、東京裁判がもしなかったら、できてるわけ。中韓やアジア諸国からしたら、A級戦犯は多くの何の罪もない民衆を死に追いやった、ナチスの戦争犯罪人と同じ存在だろう。

誰がどう考えてもおかしいから、すぐに反論され、反論し返せないような、自分たちに都合の悪いことはいわずに、なんか自分たちに都合のいい、聞こえのいいことばっかりいおうとするから、論旨も不明だし、結局は国際的に非難される内容になってしまうのだろう。言葉尻うんぬんよりも、問題は彼の姿勢。

ちょうど夏休みだし原爆の日や終戦記念日も近いんだから安倍と麻生のツートップに徹底して歴史認識を問うインタビュー番組を作ればいいんだよ。3時間でも5時間でもじっくりホンネを引き出して。それを避けるようじゃ一国のトップとしてふさわしいとはいえないし静かに改憲なんてちゃんちゃらおかしい。

少なくともA級戦犯の合祀について安倍や麻生がどう考えてるのか聞いてみたいもんだね。稲田や高市みたいな鉄砲玉に8/15に靖国参拝させて中韓の反応を見るみたいだけど。正直、日本人としても、いい加減にしてほしいと思っているのが多数派なんじゃないか。

先ほど知った、以下の文章。とてもすばらしい。読みやすくて論理的。
文句のつけようがない。ぜひご一読をお勧めします。

麻生太郎のナチス発言を国語の受験問題的に分析してみる: ナベテル業務日誌
http://nabeteru.seesaa.net/article/370956778.html

ホームシアター?

いま寝室にしてる自宅1階の和室をホームシアターにすべく、鋭意改装中w

まずは邪魔なソニーの40型テレビを近所のハードオフあたりに売り払う。(笑)

あ、その前に、Amazonじゃなくてe-trendでBenQの安いプロジェクタを購入。ずっと欲しかったのよ、プロジェクタ。

前にもEPSONのやつ買ったことがあるんだけど、根性がなくて、すぐに売り飛ばした。夏見のハードオフに。

こんどは大丈夫。なぜかというと、見たい映画が死ぬほど溜まってるから。
旅芸人の記録、かな。いまいちばん映画として見たいのは。

ホームシアターは冷房がないと死んじゃうけど、ベッドを移動して2階で寝れば死なない。どんなに暑くても窓を開けておけば風が入ってくるから。

とともに、第3の愛機?であるGF2のレンズ、20mm F1.7も売ることにした。このレンズ、めっちゃ評価が高くて、写りがよくて、ヤフオクとかでも高く売れる。

正直、GF2はここんとこ、まったく使ってなかったんだけど、20mm F1.7をずっと売れなかったのは、ほかにm43レンズを持ってないから。20mmを売っちゃったら、GF2が独りぼっちになっちゃうじゃん。それはあまりにも気の毒だと思われ。

で、エタノール水溶液1ℓを摂取して、気がついた。あ、そうだ、うちにはライカレンズが1本あったな、と。正確にはライカLマウントレンズ。

その名もJupiter 5cm F2。たぶん旧ソ連のキエフあたりで製造された、ライカレンズのデッドコピー(?)。あれ?ツアイスのコピーだっけ、忘れた。(笑)
ツアイスだった気がする。

このレンズをつけて、GF2は動画専用カメラとして、すえながく愛用していくことにした。

で、ずっと前にM2とかM4-2とかを使ってたときL-Mマウントアダプタをつけてたはずで。
たしか2階の大型タッパーに入れてたはずだ、そうエタノール水溶液漬けの頭で考えて
階段を上った。あった、あった。我が愛するジュピターちゃん。。

で、あとはライカMとm43の変換マウントアダプタがないといかん。ということで、
Amazonを物色。期待通り、各社からいろんなのが出てる、出てる。。純正は死ぬほど
高くて最初から眼中にないので、まあ怪しさ?と値段をハカリに掛けて、結局のところ
いちばん安かったヤツを購入。

あとから知ったんだけど、中国からの発送らしく、すんごい時間がかかるらしい。

うー、困る。再来週の合宿に間に合わないじゃん。涙
せっかく南房総でハジける女子大生の動画を撮ろうとおもったのに。。

まあいいや。果報は寝て待て。ちょっと違うけど。

そんな感じです。プロジェクタは明日くるかな。ソニーの40型のBRAVIAはどうしよう。
なんか私、以前も40型のBRAVIAを買って、1年ほどで売った記憶が…。(笑)
とことん合わないのかも。いや、単に金がないだけか。(爆)

テレビって、見ないんだよねえ。映画は大好きなんだけど。なんかテレビの画面の
枠に収まった感じが、どうにも好きになれない。っていってること
イミフメだよねえ。(笑)

どうでもいいと…

ある人のことを、あることで、ずっとアレしてたんだけど、1時間ばかし祈ったら、「あ、どうでもいいと思ってるんだ」と思い至った。僕が、これは大事だ、いますぐ変えたほうがいい、と思って責任者の方に丁寧に進言したのだが、なんかすごく迷惑そうな対応をされ。
で、どうしてわかんないんだろう、とイライラしてたのだが、まあ反省の弁を述べるとすると、自分を基準にして、またイライラしてたのかな、と。
僕がこれは大事だなあと気づいてることを、他の人がみんな気づいてるというわけではないし、それは人に依るし、強要することはできないなあと。

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、
ほめてやらねば、人は動かじ。

この言葉、有名ですよね。本当にそうだよなあ、と思う。と同時に、この山本五十六さん、この境地に達するまでには、どれだけイライラし、どれだけ部下を感情にまかせて怒鳴りつけたことだろう。

まあけど、この歳になると、年下の上司?みたいな存在と付き合わなきゃいけないことがあったりして、それはなかなか難しい、骨の折れる作業だなあ、と思わずにはいられないことですよ。

まあ、何事も人生経験だと思って、血圧を下げる薬でも大量に服用しながら、ボチボチがんばりますわ。