写真って。。

先ほどfbで小林紀晴さんのエッセイをシェアさせていただいて、急に思いだしたこと。
ある知り合いのおじさんと初めて飲んだとき、僕が写真をやってるというと、すぐに、オグラくん、せっかくやるんだったら有名にならなきゃ、時代に名前を残さなきゃダメだよ、と言い始めた。一流を目指さなきゃ、だったかもしれない。
そういうことは露ほども考えたことがなかったから、ちょっとびっくりした。びっくりしたというか、面食らったというほうが正しいか。まあ、そんな重大な?ことを酒の席で人にえらそうに言ってしまう人っているんだ、すごいなあ、というのが率直なところ。適当に合わせてたんだけど、なかなかその話を終わらせてくれなくて。
なんかそんなことを急に思いだした。じつはこのことは、さっきじゃなくて、昨日だか一昨日だかに、急に思いだしたのだ。きっかけは忘れた。

じゃあなんでお前は写真やってるのだ、といわれたら、あんまり立派な答えは用意してないんだけど。好きだから、楽しいから、としかいいようがない。
言葉もそうだけど、言葉って日常的に誰でも使うけど、言葉を操って詩を書く人もいるし、小説を書く人もいる。写真もそう。とくにいまはデジカメとかスマホとかで誰でも目の前の人や物が簡単に撮れて簡単に公開できちゃう。
そういう時代にあえて「写真やってる」ってどういうことなんだろう。
ひとつは、それでお金を稼いでる、という意味。
もうひとつは、個人的な表現手段?としてやってるという。
まあ、もう少し平べったくいうと、趣味ってことかな。
僕は自分で芸術としての写真をやってるともちろん思わないし、
たぶん永遠にそういう道には行かないと思う。
写真ていっても、いろいろあるのだ。だから話が通じてそうで通じてないことってけっこう頻繁にあって、それはそれで疲れる。
デジカメ雑誌の編集者なんかをやってたから、人によっては写真を見る眼があるんでしょうね、って勝手に思ってくれるけど、たぶんない。(笑)
好きな写真、そうでない写真はハッキリとあるし、いい写真かそうでもない写真かを見分けることもそれなりにできると思うけど、そこにどれだけの客観性とか同時代性があるかといえば、それはまったくナッシングで。(笑)
そこまで写真を見ることに興味がないのかもしれない。
雑誌の編集者をやってたときから、写真展のパーティとかはほとんど行かなかった。どうしても義理があるとか、その写真家さんが大好きで呼ばれなくても行くっていうんじゃない限りは。基本、人の多いとこ、好きじゃないし。なんかそういう業界みたいなサロンみたいなところで表向きニコニコしながら、っていうのは得意じゃないのだ。疲れる。

話はとっちらかったけど、新しく中古でGetしたAi Nikkor 35mm F2.8SをつけたD800で、今年もハノイの秋を短い間だけど、撮ってくる。
たぶんあと5年先か10年先か、わかんないけど、母ちゃんが死ぬか、あるいはトイレに自分で行けなくなって施設に入ることになったら、僕はベトナムに移住して、なんかしながらご飯を食べ、それとは別に、ベトナムを撮るよ。ベトナムの天地を、ベトナムの雑踏を、ベトナムのじじばばを、ベトナムの子どもたちを、そしてベトナムの女の子を。
そこからオグラの第二の人生が始まると思う。
これだけ写真が好きだったら、少しくらい下手でもいいでしょ。(笑)

「飽きる」って大事

これ、激しく同感です。
僕は優秀じゃないけど、飽きっぽさでは天下一品。
子どもの頃はひとつの趣味は3か月でしたし、雑誌編集者の頃は、連載企画を人気絶頂の頃に終わらせたことも一度や二度ではなく……。
自分から告白してお付き合いしたおねえさん、しばらくして嫌いになったり。(笑)

とにかくひたすら飽きっぽい。
そんな僕がずっとやって飽きないのが「写真」かな。
それは理由は簡単で、相手がどんどん変わるから。

最近、仕事もいろいろ飽きてきて、変えないかんかなあ、と思い始めてます。
理由は簡単で、自分が頑張っただけの手ごたえがないのが、死ぬほど耐えられないから。
昔、出版社で死ぬほど頑張ってて、めちゃめちゃ売れる本をいっぱい作って、それでも給料が上がらなかったので、バカらしくて辞めました。
最近も、同じようなことを考えてる。
具体的に書くとアレだけど、自分ならもっと上手に、もっと細かく、ユーザーやお客さんのニーズに応えられるのになあ、もっと満足度を高められるのになあ、という気持ちを抑えられずにいます。もちろんそれは、自分ならもっと儲けられるのに、という思いと直結してるのですが。

世の起業家の方々は、きっとみんな、同じようなことを思って、既存の組織を飛び出していくのでしょうか。

ま、それにしても、まずは祈らなあかんな。
金はあとからついてくるかもしらんけど、祈りはあとからついてこんし、人から借りることもでけんし。

なぜ人は本音を語るとき、慣れない関西弁を使うのでしょうか。母さん。(笑)

https://twitter.com/kentakeuchi2003/status/361235791134994433

カメラマンのKさん

今日の撮影でご一緒させていただいた、僕よりも一回りくらい年上のカメラマンさんの姿に、目を見開かされた思いがした。
その方は大手企業に長くお勤めになったあと、一念発起して写真の仕事に飛び込まれ。いまはガンガン営業して、写真でめちゃくちゃ稼いでいらっしゃる。
本当にすごいと思った。撮影の姿勢も、本当に丁寧だし。仕事が殺到するのも、分かる気がする。
僕は根本的に面倒くさがり屋で、自分のやりたくないことは一切やらない主義なんだけど、そんなことじゃあ経済的な成功はありえないし、結婚も夢のまた夢。
ちょっと性根を入れ直して、頑張ることにするよ。
とりあえずは、自分が得意な?写真で、いろいろ藻掻いてみよう。考えてみれば、フリーって自由だし、失うもんなんかないんだから、もっといい意味で好き勝手やっていいんだよな。私って変なところで真面目で冒険しないんだよな。
山登りと違って、別に落ちても死なないのに。
ということで、Kさん、本当にありがとうございます。こんど飲みましょう。

ミッドナイト・イン・パリ

ミッドナイト・イン・パリ ミッドナイト・イン・パリ (2011)

【監督】ウディ・アレン
【出演】キャシー・ベイツ / エイドリアン・ブロディ / カーラ・ブルーニ / マリオン・コティヤール / レイチェル・マクアダムス / マイケル・シーン / オーウェン・ウィルソン / ニーナ・アリアンダ / カート・フラー / トム・ヒドルストン / ミミ・ケネディ / アリソン・ピル / レア・セドゥー / コリー・ストール


★★☆ [50点]「微妙かなぁ。」

パリに憧れるアメリカ人向けのお話?

うーん、全体的に、だからなに、って感じ。

取り付く島もない言い方になってしまいますが。

ちょっと(かなり)退屈でした。メッセージとしては、昔に憧れてないで、いまの自分を生きよ、ってことでしょうか。メッセージ薄すぎ。(笑)

うーん、友だちに勧められて見たのですが、僕には合わなかったですね。残念ながら。

出てくる白人女性も、どの方もあまり魅力的に感じられず。

Posted by oguray on 2013/07/18 with ぴあ映画生活