カメラひかく。

昨日の補足。
ひとのカメラをけなさないと、自分のカメラの優位性を示せない、というのは、かなりレベルの低い所作であると思われ。高校生の時に、キャパとかの読者投稿を読んでて思ったことを、何十年も経って、ネットの掲示板を見て、同じことを思ってる。人類って、案外、進歩してないのかもね。

それはいいや。そういえば、年明け、思わぬところから写真の(撮影の)仕事が舞い込んできそうな予感。ベトナム行き、当初は友人に会うのと、移住に向けた現地調査と、あとは自分の写真を撮るために行こうと思ってたのだが、どうも仕事としての写真を、撮ることになりそう。なので、カメラはD200一台で行くことになる。α7Dには申し訳ないけど。まあ、今年の年賀状の写真は、2種類とも、α7Dの写真だから、許せ、7Dよ。あー、でも、そろそろ後継機の噂が漏れ聞こえてきても、おかしくない、そんな頃じゃないかな。とかって、微妙なポジションにいる人間が、いうことじゃないわな。
寝る。

打ち合わせ。

今日は早起きをして、午前中に某カメラメーカーで打ち合わせ。
レンズはやはり純正に限りますよ、といわれて、SIGMA 18-125mmレンズ付きの愛機を出しそびれた。(笑)

デジカメ業界は、フルサイズかAPS-Cか、あるいは、EOS 5DかD200か、という論争で喧しいが、僕に言わせれば、そんなのどっちでもいいじゃん、となる。(笑) すみません、デジカメ雑誌の特集を作っているわけではないので。

けど、今日の打ち合わせでもちらっと話が出たけど、もうすこし、カメラのスペックがどうの、という話はそろそろ卒業して、自分はこんな写真を撮りたい、それに必要な機材は、どれがいいのかな、というふうに、ならないもんかいな。ニコンのネットアルバムやヤフーフォトなんかの写真アルバムは、ノイズや解像度のテスト画像でいっぱいになってそうで、なんだかどんよりした気分になってしまう。

カメラというのは、どこまでいっても、いい写真を撮るための所詮は道具に過ぎないのにねぇ。イヤなら使わなきゃいいんだよ。他にもデジイチはいくらでもあるじゃん。好きなヤツを思う存分に、使えばいい。
いまの人たちって、どうも、権利意識ばっかりが先に立って、世の中が自分のためになんでもやってくれると思ってるんじゃなかろうか。ネット掲示板とか見てると、すごくそう思えてしまう。なんですぐに沸騰しちゃうかっていうと、自分の器が、すご~く小さいからだよ。そういうこと、早く気付かないとねー。あと、暇な人が多いよね。複数の掲示板で、同じハンドルネームの人が、いっぱいいっぱい書き込みをしてて。ネット中毒なのか知らん。仕事とか、どうしてるんだろう。あ、冬休み中の学生さんか。

たかがデジイチのノイズのことぐらいで、地球が破滅するみたいにぎゃーぎゃー騒ぐなっつーの。いやならMapcameraで下取りに出して、気に入ったのに買い替えれば済むことじゃん。

俺はそう思うけどなー。

めりくり。

今年は本当に、いい年でした。小倉雄一史上、最高にいい年でした。
それは間違いないっ!(笑)

来年はもっともっと、いい年になります。

今日も、近所の富士見の定点から、シルエットの富士が
見えました。しあわせ。

このごろ、この船橋という土地が、ものすごく好きになりつつある。
仲間が増えたせいかな。

fuji.jpg

来年。

来年は、どんな年になるのだろうと、最近はそればかり考えている。
そればかり考えている、とかいうと、頭悪そうだけど。暇そうだけど。でも。

たぶん、おそらく、きっと、今年の1.5倍から2倍くらいは、仕事をすることに
なりそう。あるいは、もっと。体はもつのでしょうか。たぶん、大丈夫だと思うんだけど。うんにゃ。

がんばりますよ~♪

来年は編集の仕事ばっかりじゃなく、写真をいっぱい撮りたいですね! 仕事と、プライベートと、その両方で。たぶん、そうなる、そうできると思います。たぶんね。(笑)

D200購入

小倉です。こんばんは。いま3時過ぎです。朝の。

昨日、なけなしのお金をはたいて、ニコンD200、購入いたしました。

今日、はじめて外で、撮影をして、画像をパソコンで確認してみましたが、
だいじょうぶ、この色、キライじゃないです。

昨日のうちに書こうと思っていたこと。シリアルナンバーを確認したら、

200x0x0、っていう、なかなかにイケてる番号で(xは同一の数字)。
ちょっとうれしかったなぁ。

買ったのは錦糸町のヨドバシなんだけど、もしかしたら、メンが割れてて
それで、このシリアルを僕にくれたのかなぁ、なんて深読みをしたりも
したんだけど、多分、そういうことは、きっとないと思われ。

このD200、たぶん、つきあい長くなりそう。

コニカミノルタの7D、あるいは7D後継機とツートップ、あるいは
スリートップで、がしがし、これから取材モノとか、やりますよ。

見ててね。

カメラの入替

12月16日発売のD200を購入するため、手持ちのデジタル一眼レフ1台を、昨日、売却した。西新宿のソフマップで。僕は一眼レフを3台以上持たない主義なので。コレクターじゃないし。カメラは使ってあげてナンボだと思っているので。

D200はさっそく1月のベトナム旅行に連れて行って、いろいろ撮ってこようと思う。α-7 DIGITALと、名コンビを組めるかな。

来年は、どうも撮影の仕事がポツポツ入ってきそうな予感があるので、D200はどうしても必要で。もしかしたら、あとからもう1台、買い足す必要があるかもしれない。α-7 DIGITALは、どっちかというと趣味の道具という位置づけにして。

先のことはわかりませんが。

α-7 DIGITALの改訂版?が近々登場する、ということも、まことしやかに囁かれているしなぁ。まあ、デジタル一眼レフというのはどこまでいっても写真を撮る道具なので、やはり使ってナンボ、ですよね。少しでも多く、撮像素子に光を当てて、画像を生成させてやることが、カメラにとっても、きっと喜びになるのだろうと思われ。

なので、使わないカメラは、すみやかに新しいご主人様のもとへ旅立たせてあげるというのが、正しいあり方であろうと。僕はそう信じる。一夫多妻制の国に、少なくとも僕は生きてないのだ。

そして、D200の何本目かのレンズで、MFの50mm F1.2を選ぼうと思う。それほど遠くない将来に、Getできるでしょう。新品か中古かは、わかんないけど。このレンズで撮る、一群の肖像が、来年発売される単行本を飾ることになると、たぶん、思われ。いまから楽しみですわ。やっとデジタル一眼レフを使って、新聞社時代の取材環境が、だんだんと整ってきた、かな。とてもうれしい。

次に向けて

次に向けて、いろいろ考える、日々。
今年は、編集と執筆と撮影の仕事の比率を考えると、
80:15:5、くらいだったんじゃないかと、思う。

来年は、5:3:2くらいには、したいね。あるいは、3:3:4でも
いいや。

撮影の仕事は、やっぱり楽しいですよ。
一発勝負なのが、たまらなく、いい。

編集の仕事と、たぶん、両極端だわな。

そういえば、僕が会社員であることを終わらせ、フリーになったころに
知り合いのカメラマンの方に、厳しく言われたことがある。

小倉君は、編集をやりたいの? それともライターなの? あるいは
カメラマンになるつもり?

と。

僕は言いました。全部やるつもりです。

そしたら、その方は、こんな言い方をした。

それって、僕らは困るんだよね~。はっきりしてもらわないと。

いや、そのころたぶん、オリンピックの放映の、
NHKのキャッチコピーだったと思う。

全部やる

やりますよ。おれ。だって、誰にも負けないくらい、
貪欲だもん。

って、書いてること、
なんか、仕事用のページとしては、微妙に
微妙ですが。(爆)