ひさびさのスポーツ撮影

今日は久々の写真屋さんの仕事で市内の若松公園で高校生のソフトボール。2面を2人で撮影するので、ひとり1面、3試合、3試合目は1試合目の勝ちチームがまた試合なので集合写真は5チームでOK。9時半から1試合目が開始で、1試合の時間は2時間弱なので、さっき帰ってきた。それでも駐車場が25台しかなく、埋まると辛いので6時に起きて6時半に家を出て7時には現場に着いてたよ。8時前に機材を持って野球場に行くと、競合他社のカメラマンがすでに集合写真を撮り始めており。たまにこういう人がいるんだよね。

変な話だけど、競合他社が来るかどうかは、僕らは事前には知らされていない。当日現場にいって初めてわかること。なので不文律じゃないけど、現場入りは試合開始のだいたい1時間前、競合他社がそのときに来てても来てなくても、みんなで主催者側にあいさつに行って集合写真の撮影の段取りを整える。

それを破って勝手に一社だけで集合写真を撮り始めると、二度手間三度手間になって結局参加チームの皆さんにご迷惑をおかけすることになる。

少し考えれば分かりそうなもんなのに、自分のことしか考えてない人がたまにいて、無用な混乱を招くわけで。朝から温厚なオグラさんが多少毒を吐いてしまったよ。まあどうでもいいけど。

こういう前時代的なやりとりが生じるたびに、嫌になってしまうんだけど、まあ頑張ってる若い人たちの写真を撮るのは本当に喜びなので、アホなカメラマンのことなんかすっかり忘れて楽しく撮影して帰ってきた。

梅雨明けしたみたいですね。
湾岸の空には南国カンボジアみたいな雲が浮かんでましたよ。

近々、九十九里まで天の川を撮りに行こう。
なんか月の具合がよろしくないという噂もあるけど。あ、月の具合というのはそんなにおどろおどろしい話じゃなくて、いまは満月に向かうところで、天の川の撮影には不向きだって話。笑

奇跡の1枚(追加

そういえば、昨日3年にいっぺんしか撮れない写真が撮れた、って書いたけど、それに関連して。

数か月前に一念発起して?27型のWQHDだっけ?2560×1440の解像度のモニターを中古で買ったんだけど、これがドはまりで。

昨日初めて感じたことなんだけど、2日続けて行った鎌ヶ谷の幼稚園のプールの撮影、曇天だったし、シャッターチャンスを優先して、ほぼノンストロボで撮ったのね。

大正解だったんだけど、その27型のモニターで撮影した画像を見てると、子ども達の顔とかについた水滴とか肌の光と影のグラデーションが、もうなんというか、ゾクゾクするくらい美しくて。あ、変な意味じゃないですよ。シズル感ていえばいいのか。

いままではメインのモニターは同じEIZOのフルHDの24型だったんだけど、いつも使ってるD4sのMサイズで撮ってもモニターの画素数が撮影画像に比べて全然足りてなくて30%とかに間引いて表示してたわけで。

まあ、そう意識はしなくても、ギザギザの画像を見てたわけね。

なんか軽いショックを受けた。

となると次は4Kだなあ。
EIZOの中古で安いのがあれば買いたいし、EIZOにこだわらなければ3、4万で出てるよね。

いやー、D4sを侮ってたよ。まだまだ現役で全然いけるじゃん。こないだあるネットメディアで、昔よく仕事をしたカメラマンさんが、ニコンのD6を評して、進化の度合いが小さい、みたいなことをいってて、それはまあそうなんだろうけど、あたしみたいな写真を撮る人間からしたら、まだまだD4sで十分だよなあと思ってしまったよ。安くなってきてるから、もう1台買おうかな。笑

8月は撮影もほとんどないと思うので、近所の塾に雇ってもらうように面接に行ったんだけど、午前中はほとんど授業ないんだって。今年は夏休みも短いしね。お盆休み以外は夕方からの教育系バイトはあるし、なので夕方までのガテン系を入れるのもなかなか難しい。というか行きたくないんだけど。

ということで、例のオンライン個別補習塾をまたやろうかなと。前にやってもらってて中断しちゃったお客さんにLINEを送り、新しく問い合わせをいただいてたお客さんにメールを返信した。

うまくハマればいいなあ。
どこかに旅行に行くおカネもないので、空いた時間は新人間革命の30巻上下の読了と、あと前から地味に買いためてた五大部の御書講義をガッツリ読もう。それを全部読んだら、いよいよ御義口伝講義を読む。こっちは死ぬほど分厚くて手強そうなので50代のうちに読み終えられればいいかなと。

でも僕のやってる信仰の本当の意味とか、まだまだ勉強しなきゃいけないことはたくさんある。死ぬまで勉強だと本当に思うし、それがそのまま来世のスタートにつながってるんだよな。間違いなく。

twitterには書いたけど、初めて行く幼稚園でも、この子、ずっと昔にどっかで会ったことがあるな、と感じる子がひとりやふたりはいる。こないだの3年に一度の写真の被写体の子も、そうかな。次の日も、モデルさんみたいな自然な笑顔で写ってくれてた。単に写真に撮られるのが上手なだけかもしれないけど…

コイケに続いてアベの曲を作ってるけど、いま難儀ちう。いろいろ状況は変わるからなあ。でもサクッと仕上げてしまって、必要ならあとから作り替えるとか、新しいのをまた作るとか、いろいろやり方はあるよね。

むかし村上春樹さんも、短編を作り替えて長編にしたり、してたよね。

なんかそういう、あとから改変とかって全然ありだと思う。なにも固定化した状態に決めつける必要はひとつもない。

寝る。

奇跡の1枚

一昨日の画像整理、終了。3年にいっぺんくらいしか撮れない奇跡の1枚があった
もう泣きそう

本当にいい写真っていつまでも見ていたい1枚
言葉を拒絶するとも言えるし、いくらでも語り合っていたいとも言える

写真やっててよかった涙


こういう瞬間があるからやめられない

婚活サイト、退会

例の婚活サイト、マリッシュっていうんだけど、自分よりずっと年上のおねえさん方からしか足跡がつかないという切ない状況が続いたので発作的に退会しました。二度とこの類いのサービスを利用することはないでしょう。独りで生きて死んでいく覚悟ができました。日蓮大聖人もそうでしたからね。‬お前みたいなクズ野郎と大聖人を一緒にするなという批判は一切受け付けませんw

「ずっと年上のおねえさんたちからしか足跡がつかない切ない状況」って我ながらひどい書き方だと思うけど、交際相手、結婚相手を選ぶのくらいは個人的な趣味を優先してもいいよね。リアルで知り合った魅力的な年上女性と、というのは絶対にないとは思わないけどネットでアレするには吸引力が弱すぎるよね後妻業?でも始めてみようか、という情熱があれば話はまったく別だが。笑それほどの体力も精神力も、カネに対する執着もないのでね

前にも書いたけど、自分のプロフィールを見せられる(見ることができる)相手を条件で制限できればミスマッチも減ると思うんだけど、それだと商売が成り立たないんだろうなあww
モデル業界と似てる

モデル業界って、分厚いモデル年鑑?みたいなのに載せる掲載料で儲けてるって聞いたことがある。「あたし、モデルやってるの」「あたしモデルなの」の一言が言いたいがために。そう考えると人類って人間のそういうしょーもない欲望で回ってるんだよな、いいも悪いもなく

クラッシュ解決。。

そういえばこの話、書いてなかったね。

いまそんなに「書きたい欲」があるわけじゃないけど、忘れないうちに書いておこう。同じことで悩んでる人がひとりでもこれを読んで、そうだったのか!と気づくように。

1か月くらい前にWindowsマシンを購入して。あたしはauのひかり5Gbpsに加入してるんだけど、いままではマシンのオンボードLANで1Gpbsしか出てなかった。それが悔しくて。で、1年くらい前にASUSの10Gbps対応のLANカード「XG-C100C」ってヤツを買ったんだけど、それがPCI Express x4対応で。前のマシンはx16がビデオカードで埋まってて、あとは全部x1のスロットしかなくて。うー、新しいLANカード、挿せないじゃん、と思ってた。

新しいPCを購入したのは、半分くらいはそれが理由かも。ネットで慎重に調べて、DELLのちょい高めのxps 8930ってヤツだったら、ちゃんとPCI Express x4のスロットがついてることを確認して購入した。

で、ASUSの10Gpbs対応LANカード「XG-C100C」をさっそく挿したら、下りが3Gbspとか出てさ。わお、と思った。まあ、実際にどのくらい実利があるのかは別の話なんだけど。笑

で、新しいマシンを使い始めてから、ずっと悩み続けたことがあり。それは、なんと、マシンを使ってると、いきなりブルースクリーンが現れて、そのまま再起動しちゃうのよ。ひどいときなんかは、マシンが起動した直後にブルースクリーンが現れてそのまま再起動なんてことも。

買ったばかりのマシンでブルースクリーンが頻発するなんて、いままで経験がなかったから、マシンを疑ってみたりして。そういえばこれ、一日でも早く手に入れたいから即納マシンをGetしたんだけど、即納ってことは初期不良で返ってきたヤツをリファービッシュして販売してるんじゃないか、とか。マザーボードかメモリーあたりに不具合があるんじゃないか、とか。

で、ずっと悩んで、時間があれば、ブルースクリーンの原因をネットでいろいろ検索してて。まあ、周辺機器が怪しい、ということに思い至って、最初に疑ったのが、ASUSのLANカード。

で、ASUSのサイトに行って、最新のドライバに更新しようとしたら、すでに最新のモノが使われてます、みたいな。たしか当たってるドライバはWindowsが自動的に見つけてきたヤツで。うーん、そうなのかー、と思って、当該製品のAmazonのレビューを見てたら、なんかドライバはASUSじゃなくてチップの開発元のAquantia(現Marvell)のサイトからAQC107用の最新のドライバを落としてくるといい、なんていう有益そうな情報が。

さっそく行ってみた。ドライバ、落としてみたんだけど、やっぱりWindowsが見つけてきたヤツが最適だよ、と言われて、入れ替えはされなかったような気が。

で、もっといろいろ調べてたら、ASUSのLANカードのチップの開発元Aquantia(現Marvell)が出してる、チップをファームアップするツールがあることを知った。

そんなのASUSのサイトにはなかったよ!と思いながらも、ツールを落として、新しいファームウェアをアレしてみた。

そうそう、ここのページの記述が全面的に参考になった。というか、ここのページを見つけなければ、ファームアップなんかできなかったよ。

Aquantiaのファームアップのツールは、自社製カードしか対応してないのよ。ASUSのヤツは継子扱いで対象外。それをなんとかファームアップのツールを騙して?ファームアップをしちゃおう、という話ですね。

もちろん、ファームアップは一定の危険を伴いますので、自己責任でお願いします。メーカー(ASUS)が認めてないツールを使ってLANカードが壊れたとしたら、保証の対象外になる可能性が高いです。

いまの時代、コマンドラインから使うツールって珍しいけどねえ。でも、やってみたら、あっさり上手くいきました!

それからは便秘も解消。じゃなくて、ブルースクリーンとは無縁の夫婦生活が♪ じゃなくて快適なWindows生活が。笑

うーん、なんかすっきり。やっぱり祈ると違うな。DELLのxps8930くん、疑ってゴメンね。さすがにいま売られてるASUS XG-C100Cはすでにファームアップされて無問題だと思いますが。あと、僕の環境で不具合が発生したというだけで、この不具合が別の環境(マザーボードとか、OSとか)で発生するとは限りませんもんね。

同じことをキュッとまとめてAmazonのレビューに書いてきます。

何度でも書くけど、半分は自己満足だけど、もう半分は、同じことで悩んでる人を、ひとりでも救えたらいいな、という素朴な気持ちから。ネットはお互い様で成り立ってるからね。

追記★
GoogleのSPEEDTESTをfirefoxでやってみたら、下りは3000Mbpsとかふつうに出るんだけど、上りが200Mbpsとかお話にならない遅さで。ちと待て。iPhone XS Maxでも、上りは500Mbpsとか出てるぞ、おいコラ。と思って、またいろいろ調べてみたら、デバイスドライバのプロパティの「詳細設定」でジャンボパケットの項目をdisableから9014Bytesにしろという日経なんちゃら様のありがたいご託宣が。auのルーターBL1000HWにも同じ設定を見つけてONにした。んだけど、上りの遅さは変わらず。ブラウザをマイクロソフトのEdgeに替えてみたら、少しは速くなるんだけど、あんまり改善せず。

うーん、やっぱ安物のLANカードはダメってことなのかな。LANカードで13,000円くらいしたから、けっこういい値段だと思ったんだけどねぇ。かなすぃねぇ。。笑

たしかに他の10Gbps対応LANカードを見ると、ふつうに3万とかしてて。けどLANカードごときに3万も出さないよねぇ。企業ユーザーじゃあるまいし。撮影データのアップロードだって、せいぜいDVD何枚か分、数ギガバイトなわけで、上りがそんなに速くなくちゃいけないという必要性は、まったくないんだよな。単なるスペックオタク、数の話なので、まあ大人になりますかね。

まあけど、マシンがクラッシュしなくなったのは本当にありがたい。っていうか、そんなの当然とも言えるけど。でも、まあ、これだけ快適に仕事をさせてもらえてるんだから、感謝しなきゃね。自分の周りのすべてのモノに深く感謝しなきゃ。

Displayportって。。

奥さん! 知ってました!?

ディスプレイ(モニター)のDisplayportって、PC側(出力側)が同じくDisplayportじゃないと、うんともすんとも言わないって!

僕はそのことをまったく知らず、Mac miniのHDMI出力でもずーっと悩んでしまったし、Windows PCからサブディスプレイにつなぐケーブルを、ムダに使えないヤツを購入してしまったよ。とほほ。。

全部、事細かに書く元気は(シラフというのもあって)ないけど、結局は、いま使ってるDELL xps 8930のオンボードビデオ出力のDisplayportとサブディスプレイたるEIZO 2436のDisplayportをEIZO 2736に付属してたDisplayportケーブルで接続して、なんとかデュアルモニターを復活させましたよ。

ネットで調べたら、ビデオカードを挿してる場合はオンボードのビデオがBIOSでdisableになってるのがふつうだから、BIOSの設定を変更せよ、とあって。

起動時にF2を押してBIOSを起動するモノの、「Intel Multi-Display」みたいな設定は見当たらず。

で、ケーブルを接続して、Windowsを起動した状態でデバイスドライバの一覧画面を確認したら、オンボードのビデオが無効になってて。それを有効にしたら、ただちにサブモニターに光が灯り。なーんだ、こんなに簡単に解決するのか~と。ひざかっくん。

サブのモニターは1920×1200のFull HDなので、とくに解像度とかを意識することもなく。というか、前から思ってることだけど、あたしのやる作業って、オンボードビデオでも十分なんだよなあ。ビデオカード、要らなくね? メルカリに売りに出す? とかも思ってるんだけど、いまのところ入力と出力の難しい組み合わせが落ち着いてるので、またケーブルを買い足すのは勘弁してほしい、ということで、このままにしときます。ビデオカードをドナドナするのは経済的にもっと逼迫してからのほうがいいかなと。

今日は久しぶりに大雨の中を聖教新聞の代配。朝4時に起きて、4時半に家を出て、新聞が届いている小屋へ。そこで戸別に配る新聞をビニール袋に詰めて。聖教新聞1部のお宅と、ほかの新聞もいっしょに配るお宅と、などなどバリエーションが数種類あって。前にも書いたけど、聖教新聞1部のお宅の分は、友人の清水さんから譲っていただいたロープロの肩掛けカメラバッグに詰め。それ以外は、聖教新聞からいただいた完全防水のビニールバッグに詰め。中国製のポンチョで完全防備して、いざ出陣。足もとは短パン、サンダルだけど。笑

夢にまで見た。。

夢にまで見た、Macでのデュアルディスプレイが、先ほどようやく実現!

やっぱ、祈りの力は、すごいな。

先日メルカリで購入したのはMac mini(late 2012)ってヤツ。で、mini displayportからはメインのEIZO 27インチにつないんだんだけど、サブのほうにhdmiでつなごうと思い、Amazonのhdmi-displayportケーブルを購入してつないだのだが、うんともすんともいわない。で、ネットで検索すると、どうもmac miniのHDMIポートはMacOS10.15 Catalinaとイヨーに相性が悪いということで。すごいショック。

で、どうしよう、どうしよう、とずっと悩んでた。

さっき、Windowsのビデオカードにつながってるdviケーブルを、mac側にhdmi-dvi変換アダプタを介してつないだら、見事にサブたるeizo 24インチからも出力しましたよ。例の半島?の画面が出て。

んで、ソッコーamazonでdvi-displayportケーブルを購入。1,430円。まあ、こうやって貧しい労働者はますます貧しくなっていくんだろうけど。

ここ数日で、ずっと悩んでたことが、いくつも氷解。そう、氷解としか、言いようがない感じで、解決に向かい。すごい幸せ。と同時に、自分も幸せになろう、地域の方々にも、みなさん、幸せになっていただこう、と改めて決意を固めることができた。

例の「コイケユリコの唄」、ご覧になりましたか?
僕が初めて作ってYouTubeにアップした曲ですよ。

知り合いの方々は、いいね、っていってくれたんだけど、親友のMだけは、さすがに辛辣で。「全編、こわいよ」「おぐちぃらしさが出てないよ」って酷評を数秒ごとに投げつけてきて。さすがに僕も病む寸前まで行った。千葉北警察に電話しようかと思ったよ。

それはそれとして。

あと、部分的にはtwitterに書いたけど、これもずっと悩んでたこと。Windows PCを新調して、Cドライブ(起動ドライブ)がSSD 240GBとかで、僕はデスクトップに撮影してきた画像を置いておくクセがあるので、240gbじゃすぐにいっぱいになっちゃうな、だったらデスクトップフォルダをDドライブに置くか、と思って、そうした。そしたら、フォルダ(のウィンドウ)を開くたびに左に出てくる「ナビゲーションウィンドウ」(っていうらしい。要するにツリー構造とかの表示ね)で、いま自分が開いたフォルダのツリー構造が開かない! そのたびに「デスクトップ」(いくつかある)のいずれかを開いて、いま開いたフォルダを開いて、って二重作業を余儀なくされてた。なんじゃこりゃ、って思いながら。

で。こんなことが続くのであれば、デスクトップフォルダをCドライブに戻すか。だとしたら、SSDをより容量の大きいモノに換装するか、というところまで思い詰め。

で、さっき、いろいろ検索してみた。そしたら、フォルダのウィンドウを開いて、「表示」をクリックして、上の列のいちばん左にある「ペイン」の「ナビゲーションウィンドウ」をクリックして、出てくる「開いているフォルダまで展開」にチェックを入れる。これだけで、ちゃんとツリーも追随してくれる!

いままでずいぶん長くWindowsを使ってきたけど、こんなことで悩んだのは初めて。デスクトップフォルダをCドライブから移動させると、こういう仕打ちが待ってるわけですね。笑

それはそれとして。

あ、あと、ナビゲーションウィンドウのいちばん上にある「クイックアクセス」、うざいことこのうえないので、消したいと思い。検索したら、レジストリをいじればOK!とあったので、さっそくやってみた。なんとレジストリのパーミッションも変更しなきゃいけないって。あーめんど。で、レジストリエディタで当該か所を書き換えて、マシンを再起動してみたら、みごとにクイックアクセスが消えてる! 感動!

と思ったのもつかのま、なぜかフォルダのウィンドウのメインの場所からナビゲーションウィンドウにフォルダをコピーとか移動とかしようとしても「進入禁止」の標識が出て、作業ができず。なんじゃこりゃ。と思って調べてみたら、クイックアクセスを消すと、こうなるんだと。バカじゃん?笑 単なるバグだと思うけどマイクロソフトの嫌がらせという可能性も否定できない。笑

これだと作業にならないので、ソッコー元に戻した。あーあ。

なんの話だっけ。

これね。一発目としては、悪くないと思うんだけど、親友Mのいうことも、すごーくよくわかる。笑

ま、付き合いの長い、あたしのいいところを母親以上に知ってるであろう彼女としては、ぶっちゃけ「モノ足りない」と思ったんだろうね。

ふふふのふ。

ちかぢか作戦会議を開く予定で、2曲目の「アベシンゾーの唄」に可能な限り、反映させるつもり。

いやー、Mac mini、すぐに熱暴走を始めるから、次に儲かったら、もっとちゃんとしたMacを買うだね。中古で十分だよ。1発目はノートじゃなくて、ちゃんとしたタワー型やな。中古でいい。5、6万で、ないかなぁ。。

作曲の続き

参考にしてる「作りながら覚える3日で作曲入門」、後半のコード進行の話になると、いきなり駆け足になり、完全初心者はやや置いてけぼりな感じがするので、ネットでいろいろ調べてみた。知ってた!?いまの時代、インターネットっていうのがあって、知らないことはgoogleっていうので検索すると、誰かが何でも教えてくれるんだよ。笑

で、コード進行について書かれたページをいろいろ見てみた。まあコード進行にもいっぱいあって、何をアレしたらいいのか迷うばかりなんだけど、救いの神のようなページがあって、簡単なコード進行でできてる曲、っていうページ、そこを見ると、スピッツのいくつかの名曲とか、中島みゆきとか、ちょっと古いけどレベッカとか、桜坂とか、僕の好きな曲がいっぱいある。コード進行というのは背景みたいなもんだと書かれたページもあったので、まあ最初はありきたりの?コード進行を借りて?作曲にいそしんでみようかなと思ってる。

ここですね。すばらしい!

ちゃんとツイート埋め込めたかな。コードを選ぶだけで自動的にコードを演奏してくれるツール。あたしは最初は簡単なヤツしか使う気がしないので、フリーのこちらで十分かと。もっといろいろやりたくなってきたら、有料版を買えばいい。

あ、あと、「カノンコード」という気になるワードも発見! 何百年も前にパッヘルベルという作曲家がカノンていう曲で使ったコード、シンプルでいまもポップスとかに普通にいっぱい使われてるんだって! これでいいじゃん!!! まさに初心者向けにして普遍性のあるコード進行ですね。これを使い倒して、飽きてきたら、というか、もっと違うことがやりたくなってきたら、少しずつ冒険すればいいと思われ。

ネットはいろんな情報がいっぱい落ちててありがたいんだけど、自分から見たら、全部フラットに見えるので、いま自分にとって必要な情報はどれなのか、自分で取捨選択するセンスが必要だよね。読んでる本もそうだけど、コード進行にはこんなにいろいろあってね、という話は、教える側からしたら、したくてしょうがないのかもしれないけど、少なくともいまの僕には必要ない。僕はそんな気がしてる。

カノンコード。C→G→Am→Em→F→C→F→G

いまChordPulse Liteに入力して聴いてるけど安心して聴ける軽快なポップスという感じですね。さ、ここから作曲という山登りが始まるわけで。どうもイントロ、Aメロ、Bメロ、サビ、アウトロというのを作らなきゃいけないらしい。

これもずっと前からの疑問なんだけど、一曲の全体的な統合性?というのは、どうやって実現するもんなんだろう。なにが最初から最後までを「一曲」として統べるものなんだろう。さっぱりわからん。いくつかいいフレーズが思い浮かんだとして、それを適宜並べれば一曲が自然に誕生する、というもんでもないような気がするんだけど。

これもまた、ネットの密林に分け入らないといけないのかしらね。

なんか、このへんのことがじっくり詳しく書いてある(書いてありそうな)書籍を見つけてAmazonで購入しようと思ったんだけど絶版らしく18,800円とか中古でとんでもない値段がついてたから断念。図書館で探して借りて読むしかない。出版元は懐かしきリットーミュージック。絶版ならサクッと電子書籍で出せばいいのにね。得られるはずの利益を盛大に失ってるよ。もったいない。それはそれとして。

この投稿をInstagramで見る

カノンコード

ogurayuichi(@yuicog)がシェアした投稿 –

なんでいろいろ埋め込んでるのかというと、埋め込みにすると自分の借りてるサーバーの領域を減らさずに済むからですね。まあそんな大人の事情はどうでもいいのですが。

とりあえず、このへんでいっぺんアップします。

作曲2日目

昨日、酔っ払ってMacで作曲を始めた~なんてfbに書いたら、思いがけず「いいね」をいっぱいもらってしまったのだが、そんなたいそうなことではない。遠足に行くのに、集合場所の学校に向かうのに玄関を出た、という感じ。しかも読んでる本「作りながら覚える3日で作曲入門」がWindows版のフリーソフトを中心に解説してるので、どうしてもWindowsでの作業が中心になり。同じことをあとでMacのgaragebandでもやろうと思ってるけどね。

いま本の解説通りにベースとコードとメロディを16小節ぶん作って、2日目のコード進行の話に入ったところだけど、とたんにさっぱり。コードって和音だよね、コードのつながり、流れによって曲が出来ていくことはわかるのだが、具体的に何がどうなのかというのがピンとこない。まあこのへんは経験というか場数を踏まないとピンとこないところだよなあ。

あたしは編集者を長いことやってて、あと塾の講師のバイトもずっと続けてるけど、どっちも「わからない人にわからないことをわかるようにする」というのが一大テーマで。いや、人間が生きていると職業に関係なく、こういうことって付いて回るよね。人類の歴史そのものといってもいい。ちと大げさかもしれないけど。いま正午の鐘が鳴ったので、ここいらで原稿書きをMacに変更しますね。まったく意味はありませんが、なんとなく。笑

一旦保存します。笑

いま閉じてなかったgaragebandをちょいと触ってみたけど、まったく違うんだよね、Windowsのフリーソフトと。感触が。びっくりするくらい。僕はどっちかというと感性で生きてる弱い人間なので、同じことができるからといってソフトの雰囲気はなんでもいい、というわけではない。どんな人でもボールペンの書き味を選ぶでしょ。スマホのカバーだって気に入ったものを使うじゃない? で、あんまり言い訳にもならないけど、カネもないのにmacのキーボード、bluetoothのペコペコのヤツをメルカリで見つけて落としてしまいました。メルカリはオークションじゃないので「落とす」という言い方はそぐわないと思うけど、それでもヤフオクからの流れ?で使っちゃうよね。まあ、ずっとメルカリの店頭に並んでいた1点モノのヤツをクリックして購入するわけで、落とすといっても問題はなかろう。

不思議なもんで、Wordpressの真っ白い画面でブログの文章を認めるんだって、Windowsとmacだと気分が変わる。たとえていえば、ホテルの部屋にこもって作業するんだって、そこが茨城の水戸かベトナムのサイゴンかで気分が変わるのに似てるかな。ちょっと喩えが大げさな気がしますが。まあ自分は自分なんだけどね。その誤差の範囲で、という感じか。今日はご飯を食べるかうどんを食うか、というくらいの違いかも。

それはそれとして。明日は朝から水戸なので、常磐道を飛ばして、行ってこないと。さいわい撮影は昼過ぎには終わるので、夕方からの教育系バイトにはまったく差し支えず。今日もあるんだよ。18時過ぎから。週4日はたいへんだけど、生活にリズムが生じるという意味ではありがたい。

明日の水戸。撮影をいただけるのは本当にありがたいのだが、水戸は遠い。いつもgoogle mapで尋ねると外環道を通って常磐道へ、というルートを指示されるんだけど、それだと高速代がうんと高くなるんだよな。なので少し時間がかかっても16号を行って柏から常磐道に入るルートを選択してる。朝は空いてるからいいけど、帰りはけっこう混むんだよな。

いいや。最近なんとなく仕事でミスが頻発してる気がする。たぶん祈りがまったく足りてないんだと思う。今日はこれからがっつり祈って福運をチャージしなければ。いつまでもボーッとしてると8月のスケジュールもすっからかんのまま、8月を迎えそうで怖い。応募した市内の某個別指導塾からは連絡がない。ということはNGってことなんだよな、たぶん。けっこうそういうところ多いよな。まあ学生とかをイメージしてて、いきなり50過ぎのおっさんが募集してきてもピンとこないってことなんだろうけど。

このまま8月すっからかんだと自動的にガテン系でペットボトルの飲料水をひたすら運ぶ仕事が待ってるので、いや、世の中には絶対に必要な仕事だとは思うんだけど50過ぎに非力なおっさんがやると漏れなく腰に来て余命を縮めるので、ちょっと遠慮したい。

とはいえ、今年はアマチュアスポーツ中心の写真屋さんからも撮影以来は来ないだろうから、なんとか生きるすべを自分で見つけなきゃ。

いずれにしても、がっつり祈って知恵を湧かそう。それしかないもんな。

というか、それでいいのだ。

今日はmac miniちゃん、熱暴走しなくて偉いな。なんでWindowsだとちゃんと動いて当たり前なのにmacだといたわってもらえるんだろ。不思議不思議。笑

日常など。

尊敬している写真家の大先輩が、最近銀塩カメラにハマっていて。僕は銀塩カメラにはまったく興味がないのだが、その方は新しいカメラを買うとうれしそうに報告してくださる。僕は銀塩カメラにはまったく興味がないのだが。

「興味ない」とだけいうのは、あるいは問題かも。興味ないわけじゃない。家にあったOLYMPUSの小型カメラを持って小3の頃から上野駅に特急を撮りに行ってた。大学4年の夏に船橋駅前の長崎屋でEOS 650を購入してからは写真一筋で。と書いてるとあっという間に夜が明けて明日の聖教新聞の代配に差し支えるので、このへんにしとく。

なんつーか、ものすごく大好きで、一緒になろうと約束した相手と、どうしても別れなきゃいけない理由があって別々になった、その相手の話をされてる気分になるのよね。

なんつて。そんなにたいしたもんじゃないけど。銀塩カメラの佇まいは好きだけど、写真を撮るために、そのつどフィルムを詰めて、暗箱の中で感光させて、巻き戻して、現像に出して、という一連の動作が、どうも19世紀くさくて、たまらない。たとえていえば、ベトナムに行くのに、東海道を歩いて行って、長崎や福岡あたりからボートに乗って、台湾で乗り換え、という感じに思えるのだ。まったくもって、まどろっこしい。

もうすこしだけいうと、僕にとって「写真を撮る」という行為は、たぶん、被写体と良好な関係を結び、その成果物としての写真を手に入れる、ということがほとんどで。たぶん銀塩カメラに耽溺してる人たちはそうではない。写真を撮る、という行為は、カメラを操作して、から始まって…めんどくさいから書かないけど。

ここで一気に話は変わる。いままでさんざん銀塩カメラをdisってきたけど、デジイチを使うようになってから、ずっと変わらぬ不満がある。それはいうまでもないことだけど、ボディの厚み。ボテッとした。お前はボテジュウのお好み焼きか!と思わず突っ込みたくなる。僕も昔はプライベートで京セラCONTAXの167MTとか、159MMとか、137MDとかを好んで使ってたから。159MMとか、いま思い出してもしびれるよね。なにあの哲学的な佇まい。それはそれとして。

なんの話だっけ。あ、そうそう、デジイチがボテジューって話。カネのないオグラさんが、それでも卒業、入学の撮影を依頼されたとき、メインのカメラもサブのカメラも万が一にも止まったとしたら、どうしよう。式に参列されている保護者の皆様、ニコンマウントの一眼レフをお持ちの方はいらっしゃいませんか、と司会をしてる教頭先生のマイクを奪い取って体育館中に響き渡るくらい厳かな声でアナウンスしてもいいんだけど、それだとめんどい。D3000系とか渡されても、あたしのプアな目だと、ピントが合ってるかどうか、光学ファインダーで確認できないし。あ、そうか、別にニコンじゃなくてもいいのか!? キヤノンでも、なんでも。ストロボがつかないけどな。

無理矢理ストロボの延長ケーブルを装着して、マニュアル発光すればいいんだな。

なーんだ、3台目の予備カメラ、要らないじゃん。笑笑

ここでいきなりmac miniが熱暴走を始めたので20分くらい失われた。笑

それはいいとして。何が書きたかったのか、すっかり忘れた。あ、そうそう、サブのサブとして3台目のカメラを買ったのはいいけど、D600、まったく使ってあげられてなくて。ちょっと自分でも申し訳ないと思うほどで。んで、考えたのは、ずっと前にヤフオクで購入して防湿庫の肥やしになってるAi-S 35mm F2.8をつけてスナップカメラにしようかなと。いや、そんなの誰かに言わなくても、さっさとすりゃあいいんだけど、最近、仕事以外で写真を撮ることってホントに減ったわけで。しかもさっき書いたように最近のデジイチはボテッとしてどうも僕の美学にそぐわない。一眼レフ用って、レンズもでかいし。

で、思ったのですが、僕もいよいよミラーレスでびう、しようかなと。いや、ずっと昔パナソニックやオリンパスのミラーレスのムックを何冊か作ったことがあるから、何台かは所有したことがある。実はいまも防湿庫にPanasonic GF2が眠ってる。ちなみに純正レンズは1本も残ってない。なんでボディだけ残ってるのかというと、勝田台の忘年会の帰り道に、落っことしてけっこう派手なキズがついてるのよね。ジャンクまっしぐらという感じの。なのでヤフオクとかにも出さずに(出せずに)ずっと眠ってる。ごめんね。けどGF2はファインダーがなくて、背面液晶モニターだけなので、ちょっと。やっぱり僕は小さな小窓を覗くのが好きで。いままでずっとそうやってきたからね。

そう考えると、いまをときめくソニーかなぁ、やっぱりずっと使ってるニコンかなぁ、とか考えてはみるものの、いまさら今世ではソニーユーザーになるつもりは、さらさらなく。ニコンのZ系もまだまだけっこう高いしね。いや、ソニーでもニコンでもどっちでもいいんだけど、ボディとレンズと一式、広報の方が、オグラさん、どうぞお使いください、と持ってきてくれたら喜んで使うんだけど、そういうこともたぶんないと思われ。

フジはどうかなと思った。ずっと昔、X Pro1を所有してたことがあったけど、あの光学ファインダーとEVFの切り替えのギミックとか、とにかく僕に言わせれば操作系がまったく整理されておらず、これを写真機とは呼びたくない、と思ってソッコー叩き売った。けど、あれから早数十年、きっといろいろ揉まれて大人になっただろうと思われ。あと、ミラーレスの歴史が長いだけに、昔のボディとかがけっこう底値で出てたりするのよね。あと純正レンズは高いけど、中国とか?いろんなサードパーティがけっこう楽しげなスペックのレンズを出してたりして。

フジも、大先輩の写真家の方が愛用されていると聞いたので、ちょっと勉強させてもらおうかなぁと思って。フジはたしかAPS-Cだから、僕の好きな35mmは23mmだよね。なんか写りとかはそんなにこだわらない。どっちかというと軽量でスタイリッシュで気持ちよく使えるレンズがいいな。ボディももちろんだけど。X-E1とか激安なので、こんどギャラが入ったら、買っちゃおうかなぁ、なんて思ってる。いや、持続化給付金の第2弾が出たら、間違いなく最新のライカを買うんだけど、そんなことはたぶんないと思われ。笑

いいオチだね。あしたも気持ちよく新聞くばれそう。macも落ち着いたみたいだし。