テープ起こし再開

風邪あるいは旧型インフルエンザ、ほぼ完治しました。
ご迷惑をお掛けした皆さまには、謹んでお詫び申し上げます。

さっそく、この一カ月、別のムックの仕事で停滞していた単行本のテープ起こしを
再開させます。

先日、担当編集の方に電話をかけて最新状況を確認したのですが、
なんでもさらなる追加取材が発生することになりそうだ、と。

ここまできたら、最高のものに仕上げるべく、なんでもやらせていただきましょう。(笑)

ということで、やる気満々のオグラでございます。
はじけちゃわないといいけど。(爆)

千里の道も一歩から、ということで、腹ごしらえのあとに、テープ起こし作業を
がっつりと、再開させていただきます。今日中に終わるでしょう。

あ、いや、千里の道というのはオーバーか。それは去年の冬くらいの状況。
もうあと何キロかの道のりですよ。ここまできたら。
追加取材をいくつかさせていただき、その成果をまとめて本文に追加し、
あとは表紙まわり、タイトルと表紙の写真と、デザインと。それから中に
掲載する写真の取捨選択と。

前にも書いたと思うけど、去年に出した『写真がデジタルになる日』は、じつは
これから出す本のために、オグラがいっぺん単行本の編集というのをやって
みたかったというのが大きい。いっぺん経験しておけば、初めてやるよりも、
勝手が分かってて不安が減るじゃない。そういう意味では、基本的には連載を
まとめるだけだったので、単行本の制作の勉強には、すごくなった。そのうえで
前回の経験を活かして、次はもう少しここはこうしたい、というところを主張して
いけばいいのだと、いまからワクワクしてる。

先週の木曜日に担当編集の方にメールしておいたので、今日あたりお返事が
くることが予想されるのだが、とにかくマイペースな方なので、じっとそのへんは
こちらが相手に合わせるしかない。そんなこともフリーランスの仕事の一部分で
あったりする。(笑)

まあ、まずは淡々とテープ起こしと、その内容のまとめ作業をば。
その前に、腹ごしらえをば。(笑)