Apple F氏から再度電話

今日の午後にもApple F氏から再度電話があった。

Appleのエンジニアがいう、Qi不具合の回避方法?

設定のバッテリーで、バッテリーの状態から「バッテリー充電の最適化」を選び、再起動。それでどうなるか?

いまこの段階。

それがダメなら、電池が切れるまで使い切り、ケーブル経由で充電して、様子を見ろ?だっけな。

それを電話口で話すわけ。こっちとしてはメモするのも面倒くさいし、テキストでくれませんか?と正当な要求をつきつけたところ、テキストで伝えることはNGである、と。

は? バカなの?

その瞬間に、自分のなかでナニカが切れた。

あ、Appleって、そういう会社に成り果ててしまったのね。

一事が万事。

昨日、怒りに満ちてAmazonで購入したAnkerのQi充電器2つは届いたので、いままでずっと使ってたQi充電器と交換。USBのACアダプターも2Aの高出力のモノにひとつずつ交換していく。

で、たぶんそのうち、iOSもちょっとずつバグ出しに精を出して、前から何度も言ってるとおり、15.6あたりで僕が嘆き苦しんでる再起動から10日ちょっと過ぎるとすべてのQi充電器を拒否る症状、きっと解消される気がするので、あるいは永遠に解消されないとしたら明らかにiPhone12に欠陥があるということなので、残債をサクッと払って次のiPhone13にいくゎ。キリスト教圏なので13を飛ばして14にいくかもしれないけど。まあそんなのはどうでもいい。

僕の属する団体での今回のゴタゴタでも改めて学んだ。

「伝え方」というのは「伝える内容」と同じくらい大事なのだ、と。

ずっと昔から、映画の例を挙げて、数限りなく指摘してきたよね。まあ、自分のことは自分がいちばんわからないというのも真実であり。あと、映画と違って、特定の相手に伝える場合は、とくにその相手に特化して伝える(伝わってもらってほしい)努力をふだんの何千倍もして、そのうえでやっと言葉を発しなければいけないということを痛いほど学んだ。

ほら、あたしって独り身のいつポックリ逝ってもおかしくない初老の男だし、どういう言葉を使えば女性にうまく思いを伝えられるかって、まったくわからんのよね。

あ、愛の言葉とかじゃないよ。そんな楽しい話じゃない。笑

まあいいや。このへんは時間をかけてじっくりと熟成させていきましょうかねぇ。

どうでもいいけど飲み過ぎだろ。

肝硬変から肝臓ガンへの黄金コースまっしぐらだろ。

そろそろ遺言状を書こうかな。

とかいってて、万が一、長生きしすぎても嫌なんだよなぁ。

遺言状に書いた、全財産を●●に贈る、の●●から、まだ死なないの?とは言われてもイヤだし。笑

なんの話だっけ。

ひとことでいうと、「戦えや」ってことかな。

われわれは、戦うためにこの世に生まれてきたんだよ。

なんに向かって戦うかって?

そんなの自分で考えろや。わかんなかったら聞いておいで。10分5000円から受け付けますゎ。笑

あしたは市内の幼稚園で、卒園アルバムの個人撮影。超緊張する。相手がどんな子どもであっても、命と命のぶつかり合いなんだよ。ま、そんな大げさな話じゃないかもしれないけど。でも。

AppleサポートF氏から再度電話

今日さっき、イオン東習志野のQBカットで髪を切ろうと思って並んでたらAppleサポートのF氏から電話がかかってきた。

「え、とくに話すことないんですけど」と思ったけど、サポートのメッセージが届いたら電話する決まりになってるんだって。笑

なので、前回の電話でやるようにいわれた改善に向けての面倒くさい手順(ひとつ前のエントリー参照)をやってること、サブのiPhone8 plusで同じ症状が出ないか、Qi充電器のドサ回りをさせてることなどを話した。F氏からは、前にも言ってたこと、こんなことをいわれた。曰く、iPhone12対応を謳っていないQi充電器だと、問題が起こっても対応できない、みたいな。

これってすごい言い分だよな。Qiって世界標準規格だと思うんだけど、業界の盟主とも言うべきAppleが仮にもQi認証を受けているはずの充電器を、新しい自社製品が対応してない可能性を示唆するっていうね。まあ、この業界、「デファクトスタンダード」を作ったほうが勝ちなわけで、それでどこの会社も血みどろの戦いをしてる。テーブルの上では握手をしつつ、テーブルの下では足を蹴っ飛ばし合ってる。lightningとUSB-Cとかの争い?もそうだし、ディスプレイの接続方法も千々に乱れてるよね。ちょっとWikipediaをみるだけで、笑ってしまうレベル。お前らもうちょっと仲良くしろよ。苦しむのはディスプレイメーカーだし末端のユーザーだぜ。

とキレイゴトを言ったところで、どうしようもない。

アタマにきたので、さきほどAmazonでAnkerの「PowerWave 10 Pad」を2つ購入。ふだん2000円なのが1500円で売ってたから。とかいいつつも、原価は数百円の下のほうなんだろうな。ま、自分でコイルを巻いて充電器を作る技術は持ち合わせてないので、製品を購入するしかないんだけどさ。

いったいおれ、Qi充電器をいくつ持ってるんだろ。笑

どういうわけか、黄緑の分厚いSeneo、ひとつ余ってるんだよな。こないだAnkerのPowerWave 10 Pad」2個セットを、親元を離れていっしょに暮らすという若い友人達に贈ったばかりだし。ふたりで暮らすのかと思ったら、3人なんだって。悪いことした。まあいいや。笑

そんなところかな。

ひとつ前のエントリーでも書いたけど、最新のAnkerで統一すれば、もしかしたらQi充電の不具合は解消するかもしれない。でも、それじゃああたしは納得できないわけ。いま人類が全体で取り組んでるSDGsでも「だれも置き去りにしない」って掲げてるじゃん。なんでQi認証を受けてる充電器を、多少出来が悪いってだけで見捨てるんだよ。Apple、お前ホントにそれでいいのか?

と極東のいち貧乏ユーザーが叫んだところで、どうにもならん。あ、今日のApple Fさんとの電話で確認したところ、やっぱりiOSは機種によってバイナリーを替えてるみたいだな。QBカットの散髪を待つイスで話してたので、ちゃんと確認できたとはいいがたいけど、「機種によって違うんですよね?」って尋ねたら「ほとんどいっしょです」って言ってたもんな。ってことは、機種によって「違う」ってことじゃん。

そしてあんまり書きたくはないけど、今回の件はたぶんiPhone12のハードウェアにおもに起因してるんだろうな。前から何度も書いてるように、Appleの鳴り物入りの新機能MagSafeを導入するのに懸命で、従来のQiへの対応がややおざなりになってしまった。明らかにiPhone12pmはiPhone8 plusよりもQiへの反応がよくないもん。これも個人名を出して悪いけど、激安・無名の立て掛け型Qi充電器Hevantoに置いたときの、8plusと12pmの反応の違いを見れば一目瞭然。8plusはまったく迷うことなく充電を開始するのに12pmはけっこう悩むもんな。

要するにiPhone12シリーズはMagSafeで磁石で位置決めを厳密に行えるようになったわけで、それってつまり、磁石で位置決めを行えない従来のQiに関しては充電のポジショニングがより難しくなった、ということじゃん。

意味伝わるかな。MagSafeというのは磁石で充電のポジションを強制的にポジショニングできるわけで、ワイヤレス充電のポジションに余裕をもたせる必要がなくなったわけだ。MagSafeだけを考えるのであれば。磁石による位置決め機構を持たない従来のQi充電器からしたら逆に充電の位置決めがより困難になったと言えるわけだ。とくに立て掛けタイプは位置決めの自由度が左右方向のみで上下方向に関しては事実上、ナッシングなわけだから、そりゃあQi充電器もずっと悩むわけだよねぇ。なんか充電してほしそうなスマホ君はいるのに、なかなか位置がピタッと決まらずいつまでたっても電荷が送れない。すげーもどかしい。。

みたいな。

まあいつまでもだらだら書いてても仕方がないので、ソニーにしてもGoogleにしてもAppleにしても、業界の盟主と言われる企業はデファクトスタンダードの座を獲得するために、それこそ血まなこになって自社の最新技術の普及に勤しむわけで。ま、いっぺんデファクトスタンダード、業界標準の座を手に入れたら、長らくパテント料その他で儲かるからねぇ。業界の盟主たるもの、もっとみんなのことを考えてもいいんじゃね、となんの財産もない貧乏なフリーカメラマンとしては、思うことであるわけですけどね。なんの意味もないですね。

あ、Appleに送った、iPhone8 plusではQi充電ができて、iPhone12pmではうんともすんともいわない悲しい動画を、YouTubeに限定公開して、こちらに埋め込みましょうかねぇ。

こちらでございます。

iPhone12 Pro Max Qi不具合続報など

twitterでは断片的に報告したと思うんだけど、数日前に、iPhone Pro Max(iPhone12pm)で、Qi充電ができなくなる不具合が再発生した。これで何度目だろう。

まあ、ハードウェアもソフトウェアもQi充電器の環境も、なにひとつ変わっていないのだから、再発するのは至極当然。なにひとつ対応できない世界一の株価を誇るApple、大丈夫?という気がしないでもないのだが。

不具合の再発をAppleに報告したら、次の日かな、サポートのFさんからまた電話。17:50ごろだったか。たぶんサポートがヒマになる頃。

Appleジャパンの技術担当(テクニカル、と呼ぶらしい)とクレーマー消費者との間でなかなか精神的にもキツいと思うんだけど、よくやってくださってる。

この日は、「テクニカル」からの新しい改善提案?を紹介してくださった。電話での口頭だったので、よくは覚えていないのだが。

曰く。

[設定]-[バッテリー]−[バッテリー状態の最適化]をオフにして、バッテリーが完全にゼロになるまで使い切ってからlightningのケーブル経由で充電せよ、と。

アタマの3文字を聞いた瞬間に、うわっ、めんどくさっ、なんでこんなにめんどくさいことを1ユーザーに強いるのかな。Appleって株価の時価総額世界一の企業なんじゃないの? バカなの?

とクレーマーの側がプチ切れしてしまったので、この日の交渉は一切ナニも進まず。

先日、twitterに書いたのを、そのまま転載するね。

なんで製造元がやるべき検証を1ユーザーに強いるんだよ。ハードもソフトもAppleが作ってるんだから、自分のところで責任を持って対応しろよ。それで死ぬほど儲けてるんだろ!!!と語気を強めて伝えた。つくづくFさん、かわいそうだと思った。

Appleの無理難題をスルーして、自分で新たな検証を行うことにした。google maps専用のサブとして所有してるiPhone8 plusをドサ回りさせて、というか、うちにある6台のQi充電器をぐるぐる循環させて、10日ほどが過ぎたあと充電不可になるか、検証。

たぶん、Qi充電不可にはならないと思う。2年前に発売され、僕もこないだまで使ってたiPhone XS Maxでも、まったくそういう現象は起きなかったから。再起動なんかしなくても、ぐるぐる6台のQi充電器を循環させてても、いっぺんも愚痴なんか、こぼさなかった。ママ〜、ボク、こんなダメダメなちーじゅうでんき、イヤだぁ〜、とかっては。

これも今回、新たに発した疑問。iOS、いまは14.4だけど、同じiOSでも、機種によってインストールされるバイナリー(?)って、違うんだろうか。バイナリーって、ソフトウェアの中身そのものを指す言葉だと僕は理解してるんだけど。違ってたらごめんなさい。

いままでは、iOSは共通で、機種によって(異なる箇所を利用するなどして)挙動を変えてたのかな、って思ってた。顔認証とか指認証とか、機種によって機能もさまざまなので。

でも今回のことで、あ、たぶんiOSって、機種によってインストールされるバイナリー自体が初めから違うんだろうな、ってことに気づいた。こないだiOSからiPadOSが分離独立しましたよね。たぶんあれって、あまりにもiPhoneとiPad系のタブレットの機能が異なりすぎてきたから、分けたほうがいい!ってAppleの上のほうの会議で決められたんだと思う。開発チームもいままで以上にしっかりと分けて。

自分の中で、別の解決策も探ってはいる。たぶん、Qi充電器を、Apple純正のMagSafeに統一したら、6台でも10台でも100台でもQi充電不良は起こらないのだと思う。それはそうだよな。それで起こってたら笑える。ただし、念のため書くけど、いっぺんQi充電を拒否!の状態になったiPhone12pmは、Apple銀座のMagSafeも全力で拒否してたけどな。おれは3割か4割、充電成功するかもな、(自社製品を何よりも優先する)Appleだし、と思ってたけど、充電失敗して、かなり笑った。Apple銀座の兄ちゃんも苦笑いしてた。

Ankerの丸い置くタイプと立て掛けタイプの新型2つに限定したとしても、たぶんきっとQi充電不良は起こさないと思う。Ankerって、どうやらgoogleをスピンアウトした人たちが作った企業らしく、全体的にめちゃめちゃ性能がいいイメージがある。値段もそれなりにするけどね。

でも、Apple純正とかAnkerとかにQi充電器を統一して「解決」とは、したくないんだよね。個人的には。

なにがいいたいか、わかりますか。

さっきトイレで座って小用を足してたときに、気がついた。

あ、これってまさに、米中貿易摩擦の愁眉中の愁眉なんだなと。

要するに、米国とか中国とか欧州とか、そのほか世界各国の、その筋の人たちが集まって「世界標準」を決める。米国のその筋の企業の人たちは、お行儀がいいので、ちゃんとその基準に合わせて、キチンと製品を開発して、製造する。

だけど、中国のサードパーティたちは、同じことしてたって儲からないので、いろいろ知恵を絞る、いろいろ工夫する、ヘタしたら勝手に基準を拡張する。笑

そこが、落ちぶれつつある旧強大国と、勃興しつつある新強大国のせめぎ合いな訳で。

やや余談だけど、日本って、よくもわるくも、米中の間に位置してるわけで。いちばんいいポジションにいるよね。

なんの話だっけ。そう、話をQi充電器に戻すけど、6台のうち、どれかひとつかふたつが、悪さ(?)をしてて、繊細で脆弱なiPhone12pmに致命的なダメージ(?)を与えて、びぇ〜ん、ママぁ〜、中国製の凶悪でちょっと規格外れのQi充電器がボクをいじめる〜、って悲鳴を上げて、Qi充電を全力で拒否るんだろうな。

すげーよくわかる。

でもね、僕が言いたいのはここから先なんだけど、仮にもQiの組合でOKを出したんだから、AppleもQi充電を完璧に拒否するとかじゃなく、なんか充電してるふりだけするとか、いろいろ大人な対応があるでしょうや。笑

これもどっかに何度も書いた気がするんだけど、書いたかどうか自信がないので、ここにも書いておくね。

僕が日本のAppleのサポートFさんに伝えた、僕の考えるiOS14.4(iPhone12シリーズ用)のbugは、以下の通り。

iOS内部のQi充電を司る部分に、たぶんおそらくQi充電器の誰と交わり、どれだけのスピード、どれだけのパワーで電磁力を受け、それによって自分(iPhone)がどれだけスムースにバッテリーに電荷を蓄積していけたかを、事細かに記録してる。

で、それを定期的にAppleその他に報告してる。

たぶん、新しい純正の充電システムMagSafeに注力しすぎたあおりで、従来のQi充電器に対するフォローがおざなりになったんだと思う。具体的には、行ったQi充電に関する情報を格納するメモリーのスペースが小さすぎて、あっという間にあふれてしまう。

で、いったんその格納庫があふれると、もう一切、Qi充電を受け付けなくなる。

たぶんこんな筋書きで、間違いないと思うだけどな。

どこまでもオレ、性格悪いな、と思うんだけど、こんなことも言った気がする。

iPhoneって、再起動しづらいですよね。たぶんそれは、PCというか、Microsoftが作ったWindowsなんかと違って、AppleのiPhoneは超優秀だから、そんなにちょくちょく再起動しなくったって、永遠に正常に動き続けますよ、という自信の裏返しだと思うんですけど、でもQi充電の不具合に関しては、再起動すると明らかに正常に戻るわけで、10日かそこいらは持つわけで、だったら夜中のiPhoneを使ってない時間とかに自動的に、強制的に、勝手に再起動する機能をつけたらいいんじゃないですか?って。

そしたら、はぁ、そうですね、伝えておきます、みたいなこと言ってたけど。

app storeで検索したら、iPhoneでPCやMacを再起動するアプリはあるんだけど、iPhoneを自動的に再起動するアプリはないのよね。間違いなくAppleが、そういう機能をiPhoneに持たせてないんだと思う。思うというか、持たせてない。

ジョブズが生きてたら、なんてことを言っても詮無いだけだけど、ジョブズが生きてたらねぇ。もうちょっとApple、風通しのいい組織だっただろうけどねぇ。

けどまぁ、米国って、まだ人材の流動性は失われてないみたいだから、よどんだドブ川みたいな某国と比べたら、全然いいよね。だって昨日までAppleにいた人が今日からgoogleに移ったり、twitterにいた人がfbに転職したり、そうやっていい意味で混ぜっ返されてたら、人類にとってはよくなることばっかりじゃん。

このブログにはほとんどまったく書いてない、自分が所属する組織でのゴタゴタ、ここにはまったく書いてないのにもかかわらず、このブログを認めながら、自分の中で解決に向けての智慧がどんどん湧き上がってくるのが、わかる。

詳しくは、そのうち、話せるようになった頃にでも。

なんか違う話も書こうと思ってたんだけど、忘れちゃった。笑

あ、次回以降への予告として『豆で豆を煮る』。これって中国の故事成語? 漢詩? 僕が知ってるのは、中学校か高校の国語の副読本に、この話が載ってて。古代中国で、暴れん坊の兄貴と、文才に優れた弟がいて、兄貴が業を煮やして、てめぇ、こんな戦時に本ばっかり読んでるんじゃねぇよ! お前に本当に文才があるのかどうか、俺がいまここで試してやる。もしアレだったら、この場でお前をぶっ殺す、みたいな。

で、弟が嘆き悲しみながら、七歩歩くなかで、豆で豆を煮る、兄弟が殺し合う、悲しみを詠ったのだと。

さっきググったら、すごく詳しく解説されてるページがヒットした。

読んでみたら、これって三国志の中に出てくる話なのね。有名な曹操の息子たちの話だとか。

知らんかった。僕は実は三国志って最初のほうの何冊かしか読んだことがなく、それがトラウマというかコンプレックスであったりして。

なので勇気を出して(否、酔っ払った早朝のアタマで)、買いましたよ。

横山光輝の三国志、全30巻。

な〜んだ、マンガかよ、と申すなかれ。

たぶん一日で読み終えると思うので、そしたらそのうち、ちゃんとした(文字の)三国志を読みますよ。

けど、横山光輝の三国志って、潮出版社だよねぇ。

永遠不滅の金字塔じゃん! できたら、紙だとかさばるので、デジタルにしてほしいんだけどねぇ。ま、けど、デジタルにしちゃうと、違法な複製が簡単にできちゃうから、版元としては、積極的にはやりたくないんだろうな。

気持ちは、すごいわかる。

でもさ、たっぷり儲けたら、(本来の意味とは違うけど)減価償却を終えたら、フリーで公開してもよくね? 人類の財産じゃん。

ま、30巻を15,000円で買えたので、サクッと読んでまた売れば17,000円くらいで売れると思うので、悪くはないと思うんだけどさ。

えっと。なんで無料公開しろよ、って言ったかというと、鳩摩羅什が漢訳した法華経とか、日蓮大聖人の御書とか、基本的には「無料」じゃん。

僕も最近、毎週末にやってる「支部壮年サンデー懇談会」、無料で参加できますよ、って冗談で言ってるんだけど、誰も意味、わかってないみたいね。

THE虎舞龍の『ロード』でも、歌っちゃおうかなぁ。

この曲を思い出すたびに、福岡で、めちゃめちゃひどい捨て方をした女の子を思い出すんだよね。いまも元気にしててくれたらいいな、典子。元気かな。

って、なんつー終え方じゃぁ〜。

そのうち、会いに行くよ。キリシタンの島、平戸まで。

I am not your negro.

Amazon prime videoで見た。『I am not your negro.
死ぬほど感動した。というか、人生が変わった。

えっとですね、何が言いたいかというと、いままでは、ぶっちゃけ、アメリカの黒人の方々の人権闘争とか、どこか他人事だと思ってた。正直言うと。

でも、近年のBLACK LIVES MATTER. とかを見てても、この地球上に、彼らの人権闘争が、他人事である人間は、ひとりもいない。「人間」であるならば。

原作者は、1947年に欧州に移り住んだ黒人の作家。1957年に黒人の少女が、それまで白人専用とされてきた高校に入学するという話を聞いて、いてもたってもいられなくなり、彼にとっての「母国」、アメリカに帰国することにした、という……。

主人公は、おもに、暗殺された3人の黒人活動家。二人は知ってた。マルコムXとマーティン・ルーサー・キングJr。もうひとりの人は、知らなかった。メドガー・エヴァース。そして、勇気ある、黒人の方々。名前も残ってない、白人たちにボコボコにされ、木につるされた黒人の人たち。

繰り返しになるけど、いままで他人事だと思ってた。

この映画は、ものすごく、なんつーか、見やすい。というのは、ナレーターが一人称で最初から最後まで時代を追って解説をしてくれており。なんというか、博物館に来た気がする。あるいは、たとえはよくないかもしれないけど、浦安にあるディズニーランドの、イッツアスモールワールドで、ゴーカートに乗りながら、いろんな民族の文化を見せられてるように、黒人の方々の虐げられた歴史を、概観的に、ひとつひとつ紐解いていく。いろんな映画の映像が紹介されるのも好印象。日本で公開されてない映画も多いのかもしれないけど、でも気になった作品は、どんなことをしてでも見てやろうという気になってる。『パジャマ・パーティ』とかいう、白人しか出てこない脳天気?な映画、なんとなく数年前のラ・ラ・ランドと同じニオイを感じる。さすがにラ・ラ・ランドは、白人しか登場しないということは、ないだろうけど。

僕は仏法者として、ひとりのSGIメンバーとして、ひとりの創価学会員として、この地球上から、ありとあらゆる差別をなくしたいと思っている。そのために自分の人生はあると、心の底から決意してる。創価学会第2代会長の戸田城聖先生は、この世から悲惨の2字をなくしたい、と高らかに叫ばれた。

戸田先生、池田先生の末弟であるならば、この世の不条理とは、断じて戦うべきだと思う。戦うべきだと思う、ではなくて、戦うべきだ。

この映画、見たほうがいいよ。いまを生きる、すべての人たちに、おすすめ。
1時間半と、短いし。

あたしは次は、『マルコムX』を見るよ。書籍『マルコムX自伝』も購入した。メドガー・エヴァースを描いた、日本では未公開という『ゴースト・オブ・ミシシッピー』も、どっかで探して、見るよ。

だんだん、自分の進むべき道が、わかってきた。
だんだん、自分がなんのために生まれてきたか、わかってきた。

あんまり関係ないかもしれないけど、あえて言わせていただければ、

宗教者ってすべからく革命家でなくてはならない。

単なる家族思いの一般ピープルであってはならない。

と同時に、思った。よく考えたら、俺は、思想に殉じることに、まったく躊躇はないな。いつでもこの仏法のために、あるいは人類の究極の理想のために、我が身を捧げる覚悟はあるな。

今日は2/11。うっわ、創価学会第2代会長、戸田城聖先生の誕生日ではないか。

革命家たれ。

じゃなければ、意味がない。

生まれてきた、意味がない。

僕はなんのため 生まれてきたんだ
(2020年、小倉雄一作詞作曲『アベノマスクの唄』よりw)

この映画、この先、何度も何度も、見返すことになると思う。

だって、教科書として最高だし、アマプラだから無料だし、それにナレーターの男性のナレーションがすごく聞きやすくて、英語の勉強にもなるし。

原作のペーパーバックも購入してしまった。あと、映画『マルコムX』のDVDも。
リージョンコード1だけど、たぶん見れるよね。たぶん…。

Qi充電不具合、再発(続報

書き物をしたり、不動産屋にカメラマンの面接に行ったりして疲れたのでベッドで横になってたら0120の番号から電話。どこの借金取りだ!?と思って出ると不快な電子音声。

Appleのサポートだった。

その後、テクニカルな方々と話をされて、追加の情報がほしいと。とりあえず、
・使用中のQi充電器6台のメーカーと型番
・Qi充電の不具合が発生している証拠写真6ケ

まぢかよ。ふだんは充電できてるのに時間が経つとどの充電器でも充電できなくなるわけで、個別の充電器との相性とかじゃないでしょう、と心の底から思うのだが、サポートの方の「追加の必要な情報をいただかないとこれ以上のサポートは…」とあくまでも冷静な反応に負けて、送ることにした。というか、Qi充電器のメーカーと型番は、先ほど送った。届いたメールのリンクから。

そしてもちろん、Qi充電が失敗してる証拠写真は、そういう状態が発生しない限りは送れないので、しばし待たれよ、という感じで。iPhone12pmがいったんQi充電器に反応しなくなると、すべてのQi充電器で同じように反応ゼロになるわけで、充電器とiPhone12pmの位置関係とかまったく関係ないと思うのだが、それを伝えるとサポートの方は「私もそうだと思うのですが…」と曰う。いやいや、もしそう思うのであればユーザーに無用の手間を強いるのではなく、あなたがテクニカルの人を説得しなさいよ、と思うわけだけど(そう伝えたけど)、一方では単なる一サポートの人間がテクニカルの人に勝てるわけもなく、辛い立場なのはよくわかるので、証拠写真を6ヶ撮って送ることにした。

さっきも書いたけどムダなのは重々承知。その上で、もしかしたらAppleのテクニカルの人たちは充電失敗してる事態が発生してることを信じてない、でっち上げだと思ってるのかもな、とも思うわけで。自分の目で確かめないと気が済まない、というのは誰しもあるところですよね。Appleのテクニカルに限らず。

ひとつ前のブログのエントリーで書いた素人考えの原因と思しきモノも電話で伝えた。サポートの人が話してるテクニカルの人って日本法人の?と尋ねると、それはいえません、みたいな。でも誘導するとあっさり白状。ま、日本法人のテクニカルと話しててもラチが開かないよねぇ。だってローカライズを担当してるだけでしょ。直接、米国のApple本社と話さなきゃ。

それはそうと、twitterに日本語で「iPhone12 Qi 不具合」とか入れても、最近はあんまりヒットしないんだけど、英語で入れたら、ひとつヒットした。1/26、iOS14.3という方が。で、Apple Supportをmentionしてると、Apple Supportからコメントがつくのね。詳しい状況をDMしてね~みたいな。いいなあ、英語圏の方は。

まあいいや。今日もしつこく、AppleのiOSのバグ出しに協力してるのだから、何か報奨金をくださいね、というと、今日はハッキリ否定された。なんだそれ。貧乏人が貴重な時間と手間を費やしてバグ出しに協力してるのだから誠意を見せるのは当然だろ。

で、今後のことを聞かれた。回収して修理に回すのと、このまましばらくテクニカルとやり取りして解決を探るのと、どっちがいい?って。iPhoneを取り上げられちゃうのはやっぱりキツいし、なにより新品に交換してもらったのに症状が再発するということは、ハードウェアを修理?してもらっても同じことが起こる可能性が高いわけで、それをサポートの人に伝えると「私もそう思います」みたいな反応で。だったら、サポートの人と楽しく電話でおしゃべりしながら気長に解決の道を探るのがいいかな、と思ってる。こうやってブログのネタにもなるわけだし。

僕が思うに、このiOSの不具合(とハッキリ書くけど)、解消されるのはiOS15.6くらいじゃないかと睨んでる。なぜか。全世界的にそれほど発生は多くないようだし、セキュリティの穴とかと比べて緊急性は低いし。

それでも、自分の信じてる最新型のiPhone12がある日突然にQi充電を完全に拒否るとショックなもんよ。また動画を上げましょうかねぇ。Appleのテクニカルの人たちの疑いを晴らす意味でも。

あ、そうそう、僕の使ってるQi充電器のメーカーと型番を聞くってことは、相性問題に矮小化しようとしてるというのがすごく伝わってきた。けど、ふだんはふつうに使えてるわけだし、相性問題に落とし込むのは無理筋だよねぇ。サポートの人、こんなことも言ってた。お使いのQi充電器はiPhone12をサポートしてますか、と。

アホか、と思った。どれもこれもiPhone12が発売される前から使ってるわけで、将来発売されるiPhoneのサポートを謳うわけなかろーもん。あとから出たiPhone12がQi充電器に反応しないってことは、それはQi充電器じゃなくてiPhone12のほうに問題があるってことじゃん。Qiって世界規格でしょ?

あと、こないだApple銀座に行ったとき、Appleの担当してくれた方がMagSafe充電器も試してたけど、まったく反応してなかったですよ、というと、あ、そうですか、という感じで。

製品を交換した後、MagSafeを試してみましたか、って聞かれたけど、あんな高い製品、使うわけないじゃん。磁石がついただけで5千円とか、どんだけ金のムダなんだよ。笑

わざわざQi充電に反応しなくなった頃を見計らって、近所のヤマダかコジマに駆け込めっていうのかよ。お、それはいい案だな。どっちも自宅の目の前にある。笑

ただ、疑り深いAppleのテクニカルを納得させるためには動画を撮る必要があるかもな。店内でスマホ片手にMagSafeとiPhoneの組み合わせを録画してる男って、かなり怪しくないですか。笑

まあいいや。もうすこしだけ休憩する。

日本のAppleの対応がまどろっこしいので、twitterの⁦@AppleSupport⁩ アカにメッセージを送ってしまったよ。英語がひどいのはお許しを。ここだけの話、言葉っていうのは通じればいいのだ。翻訳家になるわけでもなし。笑

Qi充電不具合、再発。

発売されてすぐに買ったのiPhone12 Pro Max、Qi充電の不具合を解消すべく、2/25にApple銀座に行き、見てもらい、結局は新品と交換してもらって十日がたとうとする今日。Qi充電の不具合が、再発した。

寝室にある、いちばん最初の頃から使ってるSeneoの分厚い、まあるいヤツで、なんとなく感度が悪くなってきたかな、と数日前から感じていたのだが、今朝はキッチンのテーブルにある名門ANKERの丸いヤツで、うんともすんともいわないので、これは非常事態発生とすぐに気づき、1Fの仏間にあるGlitz-3でも反応しない。念のためカバー(ケース)を外しても反応せず。

で、どうしようかな、近所のAppleショップ?に修理に持って行くか、またApple銀座に行って派手にケンカするか、チャットで文字の記録を残すか、といろいろ考えたのだが、サポートに電話することにした。

で、電話した。話した。最初に話した素人みたいなおねえさんではダメで、すぐに変わってもらった。で、そのサポートの方と、延々しゃべった。1時間半とか?

びっくりしたんだけど、今回リモートでiPhoneの診断というのを受けた。[設定]→[プライバシー]→[解析および改善]

この画面の上1/3くらいのところに、なんか水色の文字列が現れ。それをクリックすると、解析の結果をAppleに送れるという。

なんかけど、おかしいところはない、とサポートの方は言ってて。

前にApple銀座に行ったときに機器をつないで解析してたときと同じ結果だ。要するにハードウェアにはまったく問題ない。そらそーだ。再起動した直後にはふつうにQi充電できるのだから。

どっかにも書いたけど、iPhone12シリーズのMagSafe導入に伴うiOSアップデートで、なんか新しい基軸を採用したのだろう。Qi充電、MagSafe充電を効率化させるために。

このあとは僕の完璧な想像なんだけど、いままで53年ほど生きてきて、たぶんこうだろうなという想像。たぶんQi充電を司るiOSのパートは、Qi充電器とのマッチングを従来以上に厳しく見るようになったんだと思う。出力とか、充電のタイプとか。Qiは業界標準の規格だからAppleの独断では決められない。Samsungとか中国勢とかの意向も厚めに聞かなきゃいけない。それがAppleのiOS開発チームのQi担当に過度なプレッシャーとなって覆い被さった。さらにはAppleがまた信者をけしかけてセコい金儲けに走り、MagSafeなんていう小手先の新技術を導入し。iOS開発のQi担当はパニクった。

で、もう少しだけ書くと、僕の環境の特異な点を挙げると、合計6つのQi充電器を日常的にとっかえひっかえ?使ってる。おそらくはQi充電が悲鳴を上げ、パニックを起こし、挙げ句の果てに充電作業をボイコットしてるのは、そのへんにも問題があるんじゃないかという気がしないでもない。

ま、下世話なたとえ話をすると、いろんな女性と同時に並行して付き合ってる男がいるとして、最終的にはどの女性がどうだったか、わかんなくなって気を病んでしまう。みたいな。

おそらくはそうだと思う。だって、いろいろ考えると、ほかに理由が思い当たらないもん。twitterで検索してもQi充電の不具合を訴える声はそれほど多くないし、もしもハードウェアの不具合であるならば、端末を交換してもまったく同じ症状が現れることを説明できないもんな。

で、僕もこの21世紀の強欲資本主義社会を生きるひとりの貧乏人として、すみません、貴重な自分の時間を使ってAppleさんの不具合の解消に協力してるわけですから、解決の暁にはAppleの商品券とか、いただけますよね?って半分冗談で言うと、YesともNoともいわなかったな。

考えてみたら、Appleだかgoogleだか忘れたけど、なんかOSのセキュリティのバグかなんかを見つけて報告した天才ハッカー少年に対して何百万ドルだか、報酬を渡してたよな。Qi充電の不具合は、それに比べたら緊急度は低いかもしれないけど、何十万ドルくらいはもらっても罰あたらないよな。だってApple、死ぬほど儲けてるじゃん。

美しいオチでまとまったところで。

あしたは近所の不動産屋さんに、カメラマンとして面接に行ってきますよ。

決まるといいな。何年か前に登録して、そのままになってた某家庭教師センターとも今日、電話がつながり、無事に再登録をさせていただくことができた。

ふたつとも、ずっと前からの懸案事項だったので、それが同時に解決できて、ものすごく気分がいい。

そろそろ寝るかな。げ、まだ22時前なのか。うーw

話を元に戻すけど、iPhoneの[設定]→[プライバシー]→[解析および改善]で、ハードウェアのリモート診断をしてもらったのだが、二度目はリモートコントロールで新しい診断ソフト?を仕込んでいただき、こちらからの操作で解析作業を行い、その結果を送信した。なんか、おおっ、という感じ。まあWi-Fiと光回線で開発元Appleのサポートと直結してるわけだから、当然ちゃあ当然なわけだが。

で、何時間も電話で話したサポートのおにいさん、解析データをテクニカルの部署に送って、その結果を1週間後くらいにフィードバックします、みたいなことをいってた。私、●●が担当します、って名前を聞いたけど、もちろん忘れた。笑

まあけど、こちらのデータをAppleのテクニカルの方々が真摯に解析してくれて、それがiOSのバグ(たぶん)の解消につながって、全世界の数千万のiPhoneユーザーの利益になって、僕も協力したってことで数十万ドルの報奨金がいただけると考えたら、悪い気はしない。笑

作曲と作詞

なんかいろいろ思いも溜まってるので、そろそろ新しい曲でも書こうかと思い。

今日は久々の撮影で、印西の保育園まで行ってたのだが、いつもの帰り道をクルマで走りながら、曲を書きたいなあと心の底から思ってた。

たぶんひとつには、いま読んでる『新・人間革命30巻 下』に出てくる四国研修道場での四国男子部幹部と池田先生とのセッション、紅の歌の誕生秘話をじっくり読ませていただいたから。

この話は、かつて池田先生が、ダイジェスト版を本部幹部会の指導で語ってくださったことがあり。すごくよく覚えてる。

それを改めて、新・人間革命で克明に記録してくださって、ありがたいことこの上ない。という言い方は、あまりにも軽いよね。学会歌って、かつて数百とかあったと思うけど、残ってる曲はそう多くなく。やっぱり歴史の、時代の審判って厳しいのだと思われ。

なんつーか、「この歌を歌いなさい!」と誰かが命ずることはできないわけで。

その歌ができた当初は、みんな頑張って歌おうと思うんだろうけども。

前から不思議でならないのだが、同じWordPress、同じテーマなのに、どうしてMacとWindowsで明朝体のフォントの太さが、違うんだろう。

たぶん、デフォルトになってる明朝体のフォントが、そもそも違うんだろうな。

で、何を書こうとしてたか忘れたんだけど。

そう。今日の撮影の帰り道に思ってたのは、作曲と作詞で言えば、僕は圧倒的に作曲が好き。だって、圧倒的にクリエイティブじゃん。8つしかない音の組み合わせで、宇宙のリズムの一部を奏でるという…。

作詞といえば、ふだん使ってる日本語を多少工夫して入れ替えて言葉を気取ってそれなりにまとめる作業なわけで。おい、お前! それはまったく違うぞ、と言われれば本望な訳なんだけどさ。笑

たまにあたしのYouTubeチャンネルを見るんだけど、再生回数の上部には、この夏に続けて作った「コイケユリコの歌」「アベノマスクの唄」「スガさんの唄」が上位に並んでるわけで。やっぱり僕は間違っていなかったんだ、という思いを強くするわけで。

なんの話だっけ。あたしはこんなコミックソングみたいなのばっかり作りたくないんだよ。ホントはもっと、たくさんの人の心を打つ名曲を作りたい。

この夏に書いた「天の川を見てると」、僕としてはいい曲だと思うんだけど、ムダにYouTubeに、よくないね!がつくわけで。

まあたいして落ち込みはしなかったけど、だんだんわかってきたことがあって。

YouTubeを「見てる人」とYouTubeに「載せてる人」との間には、天と地ほどの懸隔があって。要するに、「見てるだけの人」からすると、「なんか載せてる人」はとにかくおもしろくないんだな。とにかく存在自体がおもしろくない。なぜかというと、自分が宇宙の中心だから。自分の思惑がすべてだから。

YouTubeはそして匿名主義を貫いてる。いまだに。コメントに苦情を書くことすら、できない。これってダメじゃね? だれが「よくないね」を押してるかすらわからない。

このへんがgoogleの限界なのかもね。

こないだgoogleがしつこく広告を出せってメールをよこしてくるもんだから、しょうがなく11,750円のタダ券を使って初めてgoogleに広告を出したんだけど、あ、もちろん「オンライン個別補習塾 じゃがばたオンライン」のだけど、けっこう見られたみたいだけど、反応はひとつもなく。涙

ま、最近はオンライン塾とか、乱立してるからねぇ〜。

で、広告費が1万円を越えた頃に、「カネ払え」って連絡が届き始め。

は? 11,750円分のタダ券を使ってるのに、バカじゃね?と思ってたんだけど。

連絡がしつこいので、電話でgoogleに連絡した。そしたら、担当の者から連絡させます、と。

次の日あたり、ビジネスライクな感じの女性(たぶん、派遣社員なんだろうな。偏見ではない。googleのような社員の給料がイヨーに高い会社は、こういう“めんどくさい”ポジションには社員は配置しないだろうから)から電話がかかってきて。状況を説明するものの、クーポンコードの欄にクーポンコードを入力しなかったお前が悪い。とにかくカネ払え、の連続で。まぢで死んでほしいと思った。そして二度とgoogleには広告を出すまいと思った。

日本のマクドナルドの創始者が、同じことを言ってたよね。

どうしてもお金が必要なときに、銀行にアタマを下げて回ったが、どこの銀行もカネを貸してくれなかった。マクドナルドが成功したあとになって、お金を借りてくれませんか、いくらでも貸しますよ、って言ってきたって。

雨が降ってるときに傘を貸さず、晴れてから傘を貸してくる
バカかお前ら

って。後半はちょっとオグラが捏造したけど。

先日、YouTubeにハートウォーミングなコメントをもらい。心でちょっと泣いた。

いままでは狂人のような、disりのコメントしか届かなかったから。

ま、人間って匿名だと、自分よりも幸せそうな人をみると、引きずり下ろしたくなるんだろうね。

そうとしか、思えないんだけど。

ま、それならお望み通りにサンドバッグになって差し上げようかな。そんなことくらいで君たちの鬱憤を晴らせるんだったら、溜飲を下げられるんだったら、好きなだけぶっ叩いたらいいよ。君たちみたいな人にいくら叩かれようが、僕は痛くも痒くもないから。むしろますます元気になっちゃう、かな。笑

なんの話でしたっけ。そうそう、明日からポスター制作を開始します。なんのポスターかって? もちろん「オンライン個別補習塾 じゃがばたオンライン」のですよ。