ベトナムへの道(その1)

●平成十四年   ・11月26日(火) 「ベトナムへの道」、始まりました。 いままでも、始まっていたのですが(笑)、本格的に、かつ 静かに、始まりました。 これからここで過ごす僕の半年、あるいは1年は、 そのすべてを彼の地への移住に向けた年月になります。   ・11月28日(木) 今日、アマゾンで、ベトナム関連書籍を2冊購入。 『ヴェトナム歴史の旅』(小倉貞男著)、『戦場カメラマン』(石川文洋著)。 「たびそら」のホームページをちらっと拝見する。 写真うまいなぁ、としみじみ。 文章も、すごくいい。引き締まってて。 ユーラシア大陸を1周した若者の紀行サイト。 凄いな、とは思うけど、 僕にとって、ベトナムは、通過点じゃない。 昼、南青山のデザイン事務所に打ち合わせに行った帰りに、 おしゃれなフランス料理屋で食事。ボジョレヌーボーをいただいて、 ちと出費。やや反省。 バンコクの格安チケット屋のホームページで、バンコク-ホーチミンorハノイの エールフランスの料金が安いことを発見。往復で、24,000円なり。 いつか、この飛行機、利用できるかな。   ・12月12日(木) 二、三日まえに、1月のホーチミン旅行の代金(残金)を振り込んで、 「出発当日の集合場所のお知らせ」メールが届いた。そっか、行くんだ。ほんとに。 今日、会議のときに、横木安良夫さんの『サイゴンの昼下がり』をみてた。 いままで実は、文章って読んでなかったんだけど、パラパラ拾い読みしてみたら、 あ、これ、けっこういいかも、って感じで。そのうち、キチンと読んでみよう。 1月には那覇へ、2月には亀尾へ、行こうと思っている。 ってこれは、オモテのネタか。(笑) べつに重複しても、問題ないよね。 けど。あと1か月足らずで、またベトナムへ行けるんだ。 すごいすごい嬉しい。 なんか今回は、仕事関係の人に会ってきたり、向こうの状況に詳しい人の話を聞いてきたり、って なんとなくビジネス色?の強い旅行になりそうなんだけど、でも、写真ももちろん撮れるよ。 写真が撮れるということが、死ぬほど嬉しくて。写真が撮れるよ。写真が撮れるよ、写真が撮れるよ。 うれしい、うれしい、うれしい。 メコンデルタとか、うんと満喫してこよう。 今日、各社の借金返済計画をエクセルの表にまとめた。溜め息が出た。 けど、これをクリアしないことにゃあ、永遠にベトナムには住めない。 がんばるぞ。その第一歩?として、ぜんぜん使ってないA3プリンタを売りに出すことにした。 まぁ、2万5千円くらいの値段が付いたら、ラッキーというところかな。 あとあんまり売るモノないんだけど……。(涙) カラダは売れないし……。(涙)   ・12月17日(火) 今日、会社に行く前に、ベトナム大使館に行って、ビザを貰ってきた。 小田急の代々木上原の駅から、歩いて10分。閑静な住宅街のなかにあるマンションの1F。 パスポートの束を抱えた旅行代理店の人たちが、何人もいたりして。 向こうの人かな、っていう女性も見かけた。 もちろん、大使館だから厳粛な?雰囲気はもちろんあるんだけど、でも子ども連れでビザを取りに 来てるお母さんがいたり、代理店の担当者同士、顔見知りらしくて、待ち時間に言葉をかわしたり。 なんだか、なごやかな空気が流れてた。 あたりまえのことかもしれないけど、大使館って、その国の現在を、映し出すもんなんだろうな。 不思議なような、当たり前のような、なんだか可笑しいような。 ビザの申請書で、ベトナム国内の連絡先、っていう欄があって、そこを埋められずにいた。 まだどこのホテルに泊まるかとか、まったく決めてなかったから。 で、空欄をつっこまれるとイヤだなぁ、と思って、そのときのために、こないだの旅行で重宝した ベトナムのガイドブックをカバンに入れていった。ホーチミンは、ほとんどまったく初めてといっても よく。6月の取材旅行で一泊しただけだもん。だもんで、街のどのあたりに安宿が固まってて、 どこに庶民的な市場があるか、とかも分かんない。御茶ノ水で千代田線に乗り換えて、電車に揺られ ながら、ホーチミンの街の様子を、いろいろ確認してた。 メコンデルタ、だもんね。南へ行けば行くほど、もっとその色彩が濃くなるんだろうな。 早くベトナムに行きたいな。早く向こうに住みたい。仕事はきっと見つかるよ。うん、そんな気が すごくしてきた。1月に行ったときに、見えてくるものって、じつはものすごく大きいんじゃないか、 いまそんな気がしてるよ。 そのためにも、今週、がんばって仕事しなきゃ。(笑) って、そこへ戻るか。 金曜日は忘年会とかでバタバタしそうだから、実質的に、水曜、木曜の2日が大事。 うん、大事。すんごく大事。 今日、会議で2月売りの号の特集のプレゼンしちゃった。えらいでしょ。 某M氏に、いっしょに特集やろうか?って聞いたら、僕はPMAが……、ってのたまった。 あ、そう。僕とは一緒に特集やりたくないわけね。いいよ、いいよ。スギちゃんとふたりで やるから。あとで超人気を博す特集が仕上がってから、おれも一緒にやっとけばよかった、 なんて後悔してもしらないから。ふふ。 って、ぜんぜんベトナムネタじゃないじゃん。(笑) 明日は、電話代やら水道代やらをコンビニで払って、あと2月の韓国行きのチケットを 予約しちゃおっかなぁ、と思ってる。全日空、マイレージで取れるかなぁ。ムリかなぁ。。   ・1月25日(土) なんとかかんとか、こないだのベトナム旅行の写真、アップしました。 写真の見せ方を、いままでのパラパラ漫画式から、改めました。 内原恭彦さん式とでも、呼べばいいのか。(笑) 最初だったので、htmlを書くのがしんどかったですが、 軌道に乗れば、パラパラ漫画式よりも、ずっと更新が楽だと思われ。 そんなに、一枚一枚の写真を、じっくり見せたいっていう欲求も、ないしね。 いちばん枚数が多い、1/13の分だけは、後日アップします。 写真を取捨選択するのって、えらい時間がかかるのよ。 閑話休題。 昨日、運命的な、出会いが、ありました。 詳細は、いつか。 加速、します。   ・1月29日(水) 広州から南寧まで深夜バスがあるらしい。 それで行くか。南寧からは国際列車でハノイまで一直線。 帰りはどうしよう。 いずれにしても、次にハノイに行けるのは、7月以降だろうなぁ。 またタイアップをでっち上げられないかなぁ。そういうこと、いっちゃ ダメかなぁ?(笑) ハノイに今すぐ行きたいなぁ。   ・2月1日(土) 今日は旧暦のお正月。ベトナムでいうテトですね。 Googleもトップページでお祝いしてくれてる。うれしい。 ついでに、というわけじゃないけど、Googleで今年の 中秋がいつかを、調べてみた。そしたら、9月11日だって。 ふぇ~。締切前の、いちばん忙しい時期じゃん。行けるかなぁ。 ハノイ。お金をためよう。お金をためよう。無駄遣い禁止。(笑) 今日、駅前の旅行代理店で、ベトナム旅行のパンフレットをもらってきた。 意味もなく。(笑) やっぱり、ツアーも、うんと安い料金のは、台北経由かシンガポール経由。 チャイナ・エアラインかシンガポールエアライン。直行便が、早く、もっと 安くなればいいのに……。チャイナ・エアラインでも、ホーチミンなら、 その日のうちに着くんだよね。行きも帰りも。いいなぁ。 ホーチミンとハノイのオープンジョーも悪くないなぁ。 ホーチミンIN、ハノイOUTが最高だね。   ・2月6日(木) r.t.v.の一番下に、「残日計」つけた。今年の中秋まで、あと●●●日、ってヤツ。 どうだろう。今年の9月11日、あ、9・11から、まる2年、なんだね。今年の 9月11日、僕はどこにいられるだろうか。   ・2月12日(水) なんかねぇ、直行便が、安いんだよ。ほら。 7月の中旬だって、6万5千円! じつは、今から買っておけば、4月、5月はもっと安い。 ほら、ね。 6万円そこそこで、ベトナム往復できちゃうなんて、それも直行便で、なんかいい時代だなぁ。(笑) あと、ベトナム大使館へ行って、自分でビザを取ってくれば、7万円以下で、全部すんじゃう。 現地でかかるお金なんて、たかが知れてるし……。 けど、直行便がこれだけ下がってくると、乗り継ぎ便で頑張ってるチャイナ・エアラインとか シンガポール航空が、どう出るか、楽しみではあるな。どちらも、ハノイへ行くには、片道、 あるいは、往復とも、中継地で一泊しないといけないからね……。それはそれで楽しいんだけど。。   ・2月15日(土) どうしても、香港からハノイへ、一度陸路で行ってみたくて。 こんなプランを、いま、考えてる。 香港への往復は、マイレージでたまった分(全日空orユナイテッド)、そこから、 行きは、陸路で(バスor鉄道)、シンセンを通って、広州を通って、南寧を通って、 国境を越えて、ハノイへ至る。 帰りはねぇ、ハノイから国境を越えて、南寧まで行って、そこから香港行きの飛行機で ワープ。調べたら、2万円くらいで、なんとかなりそうで。 行きの鉄道だって、きっと1~2万円くらいじゃない? チケット代。だとすると、 あと中国とベトナムのビザに、やっぱり1~2万円くらいかかるけど、なんとか常識的な 予算で収まる、かな? 問題は、いつ決行するか。(笑) 7月の「海の日」前後に、いい感じで曜日が連なっているのだが、この時期に、 小倉は夏休みを取れるのだろうか? これはかなり政治的な話ですね。 ごめんなさい。わかりにくいですね。(笑) オモテにも書きましたが、すぐ下の残日計、いきなり数字が30くらい減ったの、 気がつかれましたか? あはは。JavaScriptのしきたりで、 2003年9月11日を示すのに、「2003,08,11」ってしないと ダメなんだって。 けど、一気に30もカウンタが進んで、いちばんビビッてるのは私かも。(笑)   ・3月1日(土) はやくベトナムに行きたい。ベトナムに、住みたい。 1月に訪れた、サイゴンの街を、思い出してる。 むちゃくちゃ暑くて、ゴミゴミしてて、人とバイクだらけの、街。 はやくベトナムに行きたい。ベトナムに、住みたい。 もしかして、このまま僕がベトナム移住を果たせずに、来年の正月を この日本で迎えたら、もしかしたら、発狂して、死んでしまうかもしれない。 まぁ、発狂して、死んでしまったら、きっと、僕は来世で ベトナムに生まれることだろう。サイゴンか、ハノイか、ちょっと迷うかもしれないけど。(笑)   ・3月2日(土) オモテに、ビデオ屋に行って、なにも借りずに帰ってきた、っていう話を書いたけど 邦画で目についたのが、もうひとつ、あって。「地雷を踏んだらサヨウナラ」。 インドシナの戦争に従軍して、アンコール・ワットで殺された一ノ瀬泰造を描いた 映画。渋谷の小さな映画館で、ひとりで見たのを、覚えてる。 アンコール・ワットも、いつか必ず、行きたいなぁ。 いつか必ず、なんて言わずに、今年か来年には、ぜひ。 仕事をこじつけることも、できないことも、ないかな。 なんだか最近すこし、あせってた気がする。 ベトナム行きのこと、あれこれ。まだ行く準備が整うまでには 半年くらい、かかるんだし、いまからジタバタしても、しょうがないじゃん。 時を待ち、時を作る。時を味方につける。自分が信じた道を進むのだから、 その道を心の底から信じてあげなきゃ。ねぇ。 あせるの、やめた。いまは毎日の戦いに全力で取り組もう。 うん、それがいいよね。しっかり、がんばるよ。 そろそろ、中秋は半年後に迫りましたね。うーん。 ハノイの月を、ながめられるかな。どうかな。   ・6月3日(火) うぎゃあ~。3か月も更新せずにきてしまいました。ごめんなさい。(笑) 次のハノイ行きの日程が、そろそろfixしそうな気配。 って、自分で勝手に言ってるだけなんだけど。(爆) 7月14日から、夏休みを、取ろうと思ってるんですね。 で、ハノイにまた、行こうかなぁ、と思っているのですが、いろいろ思い悩むことも多く。 まずは、飛行機会社をどこにするか。2択。中華航空か、シンガポール航空か。 あと、ホーチミン入りするか。それとも、ハノイ&北部の都市のみにするか。 ベトナムの湘南といわれる(笑)、ニャチャンにも、行ってみたい~。 こないだのC国ロケで、長ければいいってもんじゃない、っていうことを学びましたので(笑)、 今回のベトナム旅行は、6泊7日くらいになるのかな、という気がしています。ハノイには、 短くても2泊3日、いや3泊4日は、滞在していたいなぁ。だって、いろいろやること、 あるんだもん。 なんか、ひさびさのr。t。v。の更新が、だだっ子みたいで、ごめんなさい。 けど、このページの更新を期待して、開いてくれてる人って、相当奇特な人だよねぇ。 あ、いえ、感謝もうしあげてるんですよ。ホントですってばぁ~。(笑)   ・6月7日(土) やっぱりホーチミン入り、ハノイ出、という感じがいいかなと思ってる。 1週間ちょっと。チャイナエアラインだと、ホーチミンは当日のうちに着くんだよね。 1.成田-ホーチミン 2.ホーチミン-ニャチャン 3.ニャチャン-ホイアン 4.ホイアン-ハノイ 5.ハノイ 6.ハノイ 7.ハノイ-台北 8.台北-成田 って感じに、なりましょうか。 問題は続けて8日間旅に出れるか、出れるとしたら、いつからが、いちばんバランスがいいか。 それが問題だなあ。 ベトナム国内の移動は、当然のように陸路。バスか列車ですね。 ホイアンからハノイまでが、ちょっと遠いんだよね。キツイかもなあ。 飛行機に6時間も揺られてるだけで、ヘロヘロになっちゃう私なので……。 汗かきだからさぁ。痩せれば、いいんだよね。きっと。はい、そのとおりです。(号泣) それか、今回はホイアンは諦めて、ホーチミン、ニャチャン、ハノイ、だけにするとか。 どうだろうねぇ。ホイアンを諦めて、あとで後悔しないと、いいんだけど。けど、会社員を やってる以上、あんまりワガママばかり言ってると、ホントに席がなくなるからなぁ。(笑) それか、縦断は今回はきっぱり諦めて、ハノイと周辺都市だけにしようかなぁ。 ハノイの周辺だと、魅力的なのは北部の少数民族の街だけど……。 行けるかなぁ。サパとか。そっちのほうがいいかもなぁ。 どうしようかねぇ。もしかしたら、いまここで悩んでるのって、死地をさがしてるのかも しれないよね。あのとき、逆の選択を小倉がしてたら、あそこで刺されて死ぬことはなかった かもね、って。けど、けど、死地は探すもんじゃないから。生きていれば自動的に死地に向かって 歩いてるわけだから。生きていれば、じゃなくて、生きているっていうことは、かな。どうかな。 生きていれば、のままでもいいような気がする。 ベトナムの隅から隅まで、訪れてみたい。数限りない、ベトナムの人たちの笑顔に、会いたいよ。   ・6月9日(月) 秋にベトナム移住を果たすの、ちょっと無理かも。 もうすこし、かかりそうな予感がします。残念だけれども。 名誉ある撤退、じゃなくて、名誉ある延期? 1年や2年、ベトナム移住が 遅れたって、ベトナムがなくなる訳じゃないし、私が死ぬ訳じゃないし(たぶん)、 日本が滅びる訳じゃない(これはわかんないけど)。 もうすこし、しっかりお金を貯めて、英語をしっかりマスターして、 それから晴れて移住ということにしても、きっと罰は当たらないと思う。 いいのかなあ。それで。いいんだろうなあ。それで。 ふー。   ・6月13日(金) 38,800円だって。7月中旬、ハノイorホーチミン、乗り継ぎ便で! こら、買いだな。っつーか、いくらであっても、行く気でいるんだけど。(笑) けど、ウィーンとかパリとかロンドンとかも、7月中旬、5万円ちょっとで 行けちゃうんだよね~。どうしたことだろうか? SARSと戦争の影響が かくも大きいということかな。 安いときに海外に出かけない法はないわけで。 ハノイだけ、かなぁ。日程と予算を考えると。2週間以上休みが取れたら、 香港、南寧、ハノイ、の旅程を組みたいんだけど、1週間じゃあちょっとバタバタ って感じだろうから、今回は、むずかしいかな。 ホーチミンin、ハノイOutっていうのも、悪くないかもなぁ、と相変わらず思うんだけど 飛行機で間を埋めると、けっこう予算を食っちゃう。とろとろ列車で移動すると、こんどは スケジュールが、なかなかキツくなる。 むずかしいところだぁ~。   ・6月16日(月) えっとですね、7月20日あたりの週末、どうしても日本にいなければいけない予定が 入ってしまい、7月中旬のベトナム旅行は、どうも断念しなければいけないようです。 残念。っつーことは、おれは次に、いつベトナムへ行けるのだ、ハノイへ行けるのだ~ と魂で叫んだところで、誰も答えてはくれず。(涙) 希望は2つ。9月11日前後、そう、中秋のフェスティバルですね。しかし、どう考えても 本誌のスケジュール的に、×でしょう。ふつうに考えれば。 もうひとつは、9月の20日過ぎ。こちらは、本誌のスケジュールだけを考えると よさそうなのですが、それ以外の出版物の制作が、絶対にないとは言えないのが、 つらいところ。出す本がいっぱいあって、景気いいねぇ~、なんて思われるかも しれませんが、話は逆。本誌だけじゃあ、社員にご飯を食べさせられないから、 仕方なく、エクストラな出版物を、出さなきゃいけない、のね。 まあ、ネタがあるだけ、幸せなのかもしれないけど。 いま、ひさびさに、去年の9月に撮ったハノイの写真を見たんだけど、 いや、いい写真が多いねぇ。(笑) なんか、今年もういっぺん撮影に行って、去年の分と合わせて、写真展とか、できると いいなぁ。キ●ノンサロンとかに、審査に出してみようかしら。どうせ、まだしばらくは 日本にいることだし。(涙) しっかし、9月の8日あたりから、12日あたりまで、休みを取るっていうことの キビシサを考えると、うーん、ちょっとなぁ、って、ひるんでしまうのも事実で。 けど、ヤリタイコト、があれば、それを人に伝える、自己主張する、っていうのは 悪いことばかりじゃないよね。うんうん。←自分で自分を納得させてる。(笑)   ・6月23日(月) なんで俺、こんなにハノイに行きたいんだろうか。自分でも、わからん。 熱病に冒されたみたいだよね。 わかんないよ。ホントに。けど、どんなことをしても、向こうに住まないと 自分がダメになる。それだけは、絶対に間違いないことに思う。 ハノイ。。   ・6月25日(水) 中秋のハノイが、ぐっと近づいてきた。 9月8日(月)から9月13日(土)あたりまで、夏休みを取ってハノイへ 行けるかもしれない! っつーか、行く。(笑) その分、その前後で、死ぬほど仕事をしなければいけないかも、しれないけど。 でも、そんなことは、いいの。だって、仕事すればいいんでしょ。(笑) ↓ここに書いておいた、中秋へのカウントダウンのジャバスクリプト、無駄にならなくて よかったねぇ~。(涙) がんばってると、いいことあるねぇ。 どんな乞食になっても、9月11日、ハノイの満月を眺めるぞ~。(^^)v もうすこし書くと、9月8日発の、ソウル経由ハノイ行きのチケットが6.5万円。 コレアンエアー。その日のうちに、ハノイに着くのが、すご~くうれしいかも。 シンガポール航空でもいいんだけどねぇ。どうしてもシンガポールで一泊しないと いけないのが、ちょっと……。いや、別にいいんだけど、宿代もかかるしねぇ。 マイレージは貯まるけど……。どう捉えるかが、微妙なところですね。 いや、でも、ソウル経由で決まりじゃないかな。 いくらマイレージが貯まるっていったって、半日もシンガポールに足止めを食うのは あんまり精神衛生上、いいとは言えないしねぇ。いまのところ、わたし、シンガポールには 魅せられてないし。チェンギはすごいと思うけど、それは通過点としての魅力であって、 ディスティネーション(目的地)では、ない。 編集長の気が変わらないうちに、チケット予約しちゃおうかなぁ。(笑) ハノイぃ~!   ・6月28日(土) 03年の中秋・ハノイ、ムリかも。 会議で編集長が「仕事が全部おわってたら、行ってもいいんじゃないの」っていうから それを一昨日、昼飯を食ってるときに確認したら、9月10日前後に休みなんか取れるわけ ないだろ、って言われた。あ、そうなんだ。(笑) まぁ、でも、ムリを承知で頼んでる、っていうところもあるわけで。 どうにもこうにも調整がつかない、っていうんだったら、すっぱり諦めるわけですよ。 その見極めがしたいだけで。 まぁ、ダメモトで、いろいろシミュレーションをしてるところ。 飛行機会社はいっぱいあって、どれを選ぶかというのは、値段とスケジュールとの 兼ね合いになるわけで。 けっこうおもしろい。今回みたいに、スケジュールがパツパツだと、こちらの闘志も いやがうえにも盛り上がるわけで。 僕の好きなチャイナエアラインとシンガポール航空は、今回はちょっとダメみたい。 チャイナエアラインは行き帰りとも台北に1泊にしなくちゃならないから、今回みたい キツキツのスケジュールには向いてないよね。9月20日以降に夏休みを取ることに なったら、有力な候補になると思うけど……。あと、シンガポール航空もこれは一緒 だけど、飛行機のチケットが安かったとしても、中継地での宿泊にけっこうお金が かかっちゃうんだよね。 シンガポール航空は、シンガポール・ハノイ間、毎日飛んでるわけじゃないみたいだね。 なので、ちょっと厳しそう。 いきなり浮上してきたのが、コレアンエアー(大韓航空)。なんと、知らなかったんだけど 往路は、その日のうちにハノイに着くんだよ。ソウルでの連絡が、すんごいいい感じで 決まって。ただねぇ、やっぱりソウル・ハノイ間、毎日飛んでるわけじゃないから、今回みたいな 自分で日程を自由に決められない旅行には、ちょっとツライかも。。 ちなみに、9月9日にソウル経由でハノイに行くじゃん。問題は帰りで、飛行機は深夜23時以降に ハノイを出るんだけど、11日と13日にフライトがあって、12日にはフライトがない! これをどう捉えるか。11日、つまり中秋の当日、盛り上がる旧市街を離れて、ひとりタクシーに 揺られて、空港へ急ぐか……。うぅん、そんなの絶対にいやだよ。13日の深夜に飛び立つ飛行機 だと、日本に戻るのが14日の日曜日、早朝、ってことになる。それだと、仕事的にあんまり うまみがない、というか、顰蹙を買いそうな日程だよねぇ~。うそでも13日(土)の早朝とかに 帰国して、そのまま編集部へ向かい、みたいなのが、美しくない?(笑) じつは今回のいちばんの候補は、ベトナム航空。あたりまえの話だけど。 9日、行きは夕方に成田を出て、夜の8時くらいにハノイに着くのかな。毎日いっしょ。 帰りは、曜日によって時間が違うんだけど、12日は金曜日だから、深夜にハノイを出て 翌13日の早朝に成田に着くんだね。これなら、多少はよさげじゃない? そうでもない?(笑) まぁ、だらだら書きましたが、ひとついえることは、このへんのことって、わたしの7月、8月の 働き如何、だってこと。ま、モノには程度というか限度というものが、おのずとあるとは思うけど。 どうなんでしょうねぇ。 みんなに迷惑をかける中秋は、今年はあきらめて、20日過ぎに行く? そのほうがよくない? 2週間前に、ここがあの喧騒のなかにあったんだ、と思いながら、旧市街を歩くのって、よくない? ふふ。いいかも。どっちがいいかなぁ。20日前後だったら、休みの日数もきっちり確保できる だろうしね。来年だって、再来年だって、月は丸く光るよね? ふふっ。 そうしようかな。   ・7月11日(土) 大韓航空とシンガポール航空、どっちがいいかなぁ? 大韓は、9月9日、その日のうちにハノイに着く。 シンガポール航空は9日に日本を発っても、着くのは10日の午後。 帰りはどうか。大韓は、12日の●時にハノイを発って、ソウル経由で ●日の●時に、成田に着く。シンガポール航空は、12日の●時にハノイを 出て、シンガポール経由で、成田に●日の●時に、成田に着く。 帰りの時間は、あんまり神経質にならなくていい。 むしろ、問題なのは、行きの、出る時間と、ハノイに着く時間。かな。 大韓だと、9日中に着くので、10日は朝から動ける。 シンガポール航空だと、着くのは10日の午後なので、動けるのは夕方以降。 10日の夕方だと、もうハノイの旧市街は、きっとうんと、盛り上がってること だろうなぁ。 9日中にハノイに着いたとしても、動き出すのは10日の午後とか夕方とかに なるとは思うけど……。 あと、問題は、シンガポール航空はスターアライアンスだけど、大韓航空は そうじゃない、というのがある。 けど、やっぱり、今回は、一刻も早くハノイに着ける便を選ぶべきではないか、 というのが、やはり、最優先だと思われ。 っつーことは、大韓航空になるのかな。 いいね、ソウル経由でハノイに行くのも、なんか、うれしいかも。 あとは、やっぱり、持って行くレンズを精選することかな。 ・20mm F2.8 ・50mm F1.4 ・85mm F1.8 この3本は決まり。24-85mmは、すでに選外。(笑) ズーム嫌いだし。(爆) あと、24mm F2.8は、どうしようかねぇ。 こないだ言ってた、135mm F2は、買わないとなぁ。 ほしいなぁ。たぶん、このレンズとか、まったく売れない、 いう人がいえば、通好みの(笑)、レンズなんだろうなぁ。 鏡銅、白くないし。 まぁ、いいや。 あ、いままで書いてきた話って、9月の上旬に、ベトナム・ハノイに 行ければ、という大前提のもとでの話ね。(爆) いうことがコロコロ変わって申し訳ないけど、やっぱベトナム航空で 行くことにするわ。(笑) 飛行機代は7万円ちょっとと、いちばん高い 部類に入るんだけど、でも、9日の夕方に成田を出て、夜の8時とか9時とかに ハノイに着くっていうのは、すごくやっぱり、魅力的だわ。同日着の大韓航空に 比べても、値段は5千円しか違わないし。 ハノイよ、待っててくれぃ。 あ、いままで書いてきた話って、9月9日に、ベトナム・ハノイに向けて 成田を旅立てれば、という大前提のものでの話ね。(爆)   ・7月16日(水) 僕は悩んでいる。 9月11日、2003年の中秋のその日、僕はハノイの地に 立っていることができるのだろうか。 ただでさえ、忙しい月の上旬。そのうえ、なんと、9月には エクストラな出版物の発行も、控えているという……。 そ、そんなぁ~! 都の月を、眺められないんだったら、 生きてる意味、ないし。←いいすぎ。(笑) 100にひとつの可能性を信じて、上司と交渉を続ける私。 ダメモトで、ね。 今回は、玉砕戦法は、とらない。先にチケットを買っておくことは しない。お金もったいないし。 8月下旬とかに、自信を持って、9月11日前後に、夏休みを取れる! という確信が生じたら、そのときに、はじめて、チケットをGetする ことに、しよう。どのルートでも、ハノイ行きの飛行機が、全部満席 ということは、ありえないと思われ。最悪、バカ高い日本の飛行機会社の 飛行機でも、いいわけだし。 というわけで、これから1カ月半、真剣勝負の綱渡りが続く。 自分で自分を試してみるのって、そんなに悪い感じはしないな。 ふふふ。ふふふ。ふふふのふ。   ・7月22日(火) 9月9日(火)、あるいは9月8日(月)あたりのハノイ行きベトナム航空のチケット ジリジリ値段が下がってきたね。こないだまで、7万円以上の値をつけてたのが、すこし 前から、6.5万円ってなってきてる。ふふふ、いい感じだねぇ。 このまま、3.98万くらいまで、下がればいいのに……。(x x)☆\バキッ   ・7月30日(水) ああ、まただんだん月が大きくなってきたねぇ~。 いまの率直な気持ちだと、今年の中秋は、ハノイにいられなくても 泣いたりはしない、かな。 無理くり仕事の都合を付けて、中秋のハノイの地に立っていたとしても たぶんあんまり長居はできないと思うんだ。タイミング的に。 それよりは、15日以降、しっかりと「9日間」の夏休みを確保するほうが ハノイに長くいられると思うし。それが何よりだと思うし。 ずっと「中秋」ってことにこだわってきたけど、「子ども」っていう キーワードも、ありなんじゃないかなぁ。ハノイの子供たち、って。 そう考えると、中秋であるかなしかを問わず、なんか子供にばっかり カメラを向けてきた気がする。仕事で行った6月、遊びに行った9月 どちらも。 あ、キーワードって、写真をまとめるときの、ね。 中秋じゃないとすると、9月16日~24日、あるいは9月18日~26日 あたりになるかなぁ。まぁ、どっちでもいいんだろうけど、仕事の都合との 兼ね合いになりますね。いずれにしても。   ・8月10日(日) 台風一過。今日、満月をひかえた、そんな月。 皓々と照っているのが美しかった。ひたすら、ひたすら。 折しも、西原理恵子の、毎日新聞の、日曜日に載ってるマンガでも、 月の話。満月の。ぴったり一致してた。うれしかった。 ハノイ・中秋。今年の9月11日、ハノイの地に、僕がこの足で立っていられないのが 死にたくなるくらい、悲しい。地団駄踏みたくなる、そのくらい、つらいつらいこと。 おんみやづかいを法華経と思しめせ。っていう言葉を自分のこととして、自分のモノとして がんばるよ。 そして、来年こそは、必ず必ず必ず必ず、ハノイの中秋を、ビールを飲んだくれて、写真を 撮りまくって、その日のうちに、ADSLの自宅から、ガンガン写真、アップして差し上げますゆえ 楽しみにしててね。(はぁぁぁと) ワタシ知らなかったんだけど、miniPCIの、内蔵無線LAN、かってに他社のgのモジュールを 差すと、違法行為になるんだって? はぁ、って感じだよねぇ。どうしてPCカードタイプはよくて、 内蔵タイプはダメなの? 法律の理屈では、アンテナが一体か別か、っていうことらしいんだけど。 けっこうバカらしいよねぇ。っつーか、まぁ、ボクら、ThinkPadが大好きで、ノートを 買うなら、IBM、って決めてる者たちは、ま、IBMの純正オプションとして、gの内蔵モジュールが 出ないことには、まったく身動き取れないんだけどねぇ。(笑) それにしても、今回のセントリーノ騒動?も、イヤ~な感じだよねぇ。 Intelの囲い込み。どうしてみんな、一財産築くと、とたんに囲い込みを始めるんだろうねぇ。 ダメだねぇ。(笑) ま、いいや。おれにゃあ、いっさいかんけえねえや。 カタチにこだわるヤツ、キライだね。死ねって思うよ。いや、それは冗談だけど。 本質をつかむっていうことが、ある意味、人生の最大目標じゃないかねぇ。 人間、その人なりの人生経験によって、本質を瞬時につかめるものの範囲?って、おのずと 決まってくると思うけど、それを少しずつ広げていくのが、そのことだけが、人生長く生きる 意味だと思われ。そうじゃないかなぁ。 ああ、でも、オモテ(日記)には、泣き言を書いたけど、このThinkPad X31、 買ってよかったよ。胸を張って(?)、ハノイにも持って行ける! さっそく明日、新宿の ヨドバシで、ちょっと高めの、しっかりしたカバーを購入しようっていう気になってきた。 ホントは、カバンにボンッ、ってつっこんで、そのままOK、ってな感じにしたいんだけど けど、まだ買ったばっかりだしねぇ。さいわい、キーボードの上に敷く、ビニールのぺらは ついてなかったから、液晶を傷つける心配があるとかって中に敷いたりしなくていいけど。 なんの話か分かんないですね。僕も分かりません。(笑) そろそろ寝ます。だいたい、ぜんぜんベトナムに関係ないじゃないですか。(笑) 優子ちゃん元気かなぁ。そろそろメールほしいなぁ。ダメかなぁ。 完璧に愛想を尽かされてしまったかな。まあ、それならそれで、仕方がない。けど。 ハノイに僕が移住したら、いつか会いに来てよ。仕事を休んで、ハノイの街を案内するから。 お願いだよ。 そろそろ寝よっかな。もう2時半過ぎだぁ。明日、起きれるのかなぁ?(笑)   ・8月11日(月) 9月18日あたりから1週間ないし10日間ほど、夏休みを取ってハノイに行くのは ほぼ決まりということで、いいと思うけど、ハノイに行って、何をするかを、決めなきゃ いけない。(笑) いくつか候補を挙げてみる。 ・サパに行く ・ホーチミンin、ハノイoutで、縦断鉄道の旅を楽しむ ・ナムディンあたり、CAPAの最期の地を訪ねる ・広州、南寧経由で中国国境の旅 あたりでしょうか。 いちばん可能性が大きいのは、サパの旅かなぁ。 週末は、少数民族の人たちが市にたくさんやってくるとか。 可愛い女の子もたっくさんいるんだろうなぁ。(とほいめ) サパの旅を軸に、ちょっと考えてみましょうか。 (気が早いヤツ。でも、善は急げ。笑) ===== 18(木)成田-シンガポール 19(金)シンガポール-ハノイ(昼過ぎ) 20(土)ハノイ-サパ 21(日)サパ 22(月)サパ-ハノイ 23(火)ハノイ 24(水)ハノイ 25(木)ハノイ-シンガポール 26(金)シンガポール-成田 ===== こんなうまく、いくかなぁ。あと、ちょっとハノイでのスケジュールが窮屈に なるかな。そうでもないかな。どうだろ。わからん。(笑) まぁ、ずっとハノイにいて、ぼーっと過ごすというのも、悪くないかな、と 思うんだけどね。(^^)/ どうだろうねぇ。南北縦断は、やっぱり途中下車する余裕がないと、つまんないと 思うんだよね。なんか、アリバイ作りみたいで。2、3日もシャワー浴びないで、 ぶじに生きていられるか、自信ないし。ほら、ワタシったら、体重が●十kgも あるので。(笑) ま、それはそれとして。 ホーチミンとハノイと、両方楽しめるようなスケジューリングが、廉価でできれば いちばんGoodなんだろうけど、国内線も、飛行機、けっこう高いからねぇ。 まあいいや。まだ日にちはたくさんあるから、仕事の合間にでも、ゆっくり考えよう。 ===== 17(水)成田-シンガポール 18(木)シンガポール-ホーチミン 19(金)ホーチミン 20(土)ホーチミン~(夜・縦断鉄道) 21(日)(縦断鉄道) 22(月)(縦断鉄道)~ハノイ(早朝) 23(火)ハノイ 24(水)ハノイ 25(木)ハノイ-シンガポール 26(金)シンガポール-成田 ===== こんなんは、いかがでしょ? けっこういい感じかも~。(笑) ホーチミンとハノイと両方楽しめて、縦断鉄道も乗れて、いいかも~。(笑) ちょっと検討してみよう。おなかすいた。   ・8月12日(火) じつは昨日の段階から、ちょっとした異変が起こっており。 どんなにシンガポール航空のホームページをたたいても、18日に成田を発って 19日にシンガポールを経由してハノイに至る飛行機の便が、検索できなくなって おり。もしかしたら、SARSの影響の余波で、シンガポール航空、ハノイ便を減らして るのかな、と思ったりもした。 それを確認するために、ある旅行代理店に、航空券の問い合わせを、してみた。 そしたら、18日・成田発のハノイ便は、なんと満席だって。ちとびっくり。 やっぱりみんな、ハノイに行きたがってるんだー。 斯くなる上は……、と思って、ホーチミンとのオープンジョーとか、いろいろ 画策してみたけど、スケジュール的に余裕のある計画って、立てられそうにないや。 っつーわけで、マイレージがたまらないのもガマン、値段が高いのもガマン、 ベトナム航空の直行便で、なんとかやってみるかな、と。 あるいは、シェムリアップ経由便でもいいけど。 シェムリアップを経由すると、なんかお買い得のチケットを購入できるらしく。 ただ、途中でカンボジアに行く関係上、ベトナムのビザはマルチにしなきゃいけないし カンボジアのビザも取得しなきゃいけない。どうしたら、いいかねぇ。 あるいは素直に、ベトナム航空のハノイ直行便を、往復で予約すればいいのかねぇ。 18日あたりだと、いくらくらいに、なるかねぇ。どうしてあんなに高いんだろう。 まぁ、いいや。背に腹は、変えられない。惚れたものの、弱みだ。だって、1週間強の 夏休みを与えられて、ほかにどこに行くか、と聞かれたら、ハノイ以外、思いつかない もん。 あ、ちょっと奮発して、直行便のメリットを活かして、サパ小旅行を計画してみるかな。 サパにいくには、少数民族の人たちが市に出てくるという週末がオススメ、ということは なるべく出発は、早いほうがいいよね。っつーことで、9月17日に成田を発って、 その日のうちにハノイに着いて、次の日にはサパに向かって、旅立ってる、という感じが いいのかな。 ===== 17(水)成田-ハノイ 18(木)ハノイ-サパ 19(金)サパ 20(土)サパ 21(日)サパ-ハノイ 22(月)ハノイ 23(火)ハノイ 24(水)ハノイ-成田 ===== いい感じじゃな~い。(笑) これでいこう! 帰る日、もう1日くらい、伸ばせないかな。無理かな。(笑) 続き。大連に行こうかと、ふと思った。 ハノイは、なんか近いうちに、ゆっくり行ける気がするし。 中国ビザ、9月からなくなるっていうし。 うん、そうだ、中国東北部へ、いこう。 決まり。 と思ったけど、ハルピンまでちょっと遠そうだから、白紙に戻し。 23日(火)あたりから、ハノイに行くのはどうかと思ってる。 まんま平行移動した感じ。上のヤツを。 ===== 23(火)成田-ハノイ 24(水)ハノイ 25(木)ハノイ 26(金)ハノイ-サパ 27(土)サパ 28(日)サパ 29(月)サパ-ハノイ 30(火)ハノイ-成田 ===== ってな感じは、いかがかしら。 帰ってきたら、いきなり月はじめ、っていうのも ちょっとイヤ~な感じだけど、ま、仕方ない。 このあたりで、いくか。 ===== 21(日)成田-シンガポール 22(月)シンガポール-ハノイ 23(火)ハノイ 24(水)ハノイ 25(木)ハノイ 26(金)ハノイ 27(土)ハノイ-シンガポール 28(日)シンガポール-成田 ===== 結局、こんな感じにしてみました。 仕事の都合で、かなりキチキチのスケジュールに なりますが、それは仕方ない。仕方ない。 ハノイでのんびり過ごすことにしま~す。   ・8月15日(金) いろいろ書きましたが、けっきょく、上の上に書いた、9月23日~30日という 旅程になりました。っつーか、それしかチケットが取れなかった。(涙) 30日の日は、朝の7時半にハノイ発、なので、超早起きをして、気合いで空港まで 行かないといけない。ま、なんとか、あるでしょう。(笑) ===== 23(火)成田-ハノイ 24(水)ハノイ 25(木)ハノイ 26(金)ハノイ-サパ 27(土)サパ 28(日)サパ-ハノイ 29(月)ハノイ 30(火)ハノイ-成田 ===== もういっぺん、おさらい。やはり今回のキモは、週末のサパ小旅行ですね。 モノの本によると、週末は山間部に住む少数民族の人たちが、カラフルな衣装に身を包んで 街へ出てくる、って。なんか楽しそう。。いっぱい写真、撮れるといいな。 予定を決めたら、あとは、それに向かって着実に仕事を成し遂げていくしか、ないですね。 がんばろ。来週は大きな山場になるような気がしてる。 九思一言。その訓練を、これからありとあらゆるところで、していこうと思う。   ・8月16日(土) サパに、あるいはハノイに、こんどの旅で持って行くレンズについて、考えている。 ボディは、いまあるD60と、もう1台、キヤノンのデジタル一眼を。会社からD60を 借りていくか、あるいは10Dか、あるいは……。連写とかそれほど要らないし、ボディは 軽ければ軽いほどいいので、ふふっ、どれにしようかね。 レンズですけど、う~む、20mm、50mm、85mm。おわり。(笑) ほ、ほんとっすか? 24-85mmは?(←論外。笑) ぼくね、写りが良くない、重いレンズって、好きじゃない。(笑) あと加えるとしたら、うーん、望遠側、135mmか、70-200の4か。 どっちかだろうねぇ。買うのはちょっとチャレンジャなので、キヤノンから借りるか。(笑) ま、それはそれとして。 これは、r。t。v。ネタということで、いいんだよね? うん、いいよ。 オモテにも、なんか書くかねぇ。   ・8月18日(月) 今日、お盆休み明けで会社に行って、夏休み(9月23日~30日)の仮承認を 上司からもらった。うれしい。 ベトナムに住んでる方のホームページを、たまたま見つけて、サパに行ったときの話を 書かれていたのを見て、あああ、サパ、サパ、と早く行きたくなってしまったー。 1か月以上も、待ちきれないよー。 けど、10時間もバスor列車に揺られて、2泊のホテル代も入って、30ドルとかだよ、 信じられる? この安さ! びびるよねぇ。日本国内とかだったら、きっと5~6万円は いくね。これだけで。アホみたいに豪華な夕食が出て、それもバカ高くて。 とかいう言い方は、よくないのかな。日本で観光ビジネスに従事している人たちは、きっと 彼らなりに一所懸命、精一杯がんばっているのだろう。自分で考えて、それに合わなければ、 利用しないまでだ。 こんどベトナムへ持って行く、D60の相棒、もう1台、サブ機、なにがいいかなぁ、と 考えているんだけど、もう1台D60っていうんじゃあ、芸がなさ過ぎるので、もっと軽い デジタル一眼がほしいなぁ、みたいな。(笑) 連写とか、そんなにできなくてもいいし、 RAW撮影とか不要だし。あと、パラメータも、そんなにいじる趣味ないや。超簡単で、 それこそ押せば写るみたいなデジタル一眼が、ほしいなぁ、っと。軽いのがいちばんだね。   ・8月19日(火) 明日、同僚のCくんが、タイのリゾート地へ旅立つという。 こないだから、インターネットを検索して、東南アジアの地図を探しているんだけど、 どうもうまいのが見つからず。「東南アジア」っていうと、インドネシアやパプアニューギニア なんか、南の島々が含まれてしまうんだね。あたりまえだけど。 わたしが気になるのは、ベトナム、カンボジア、ラオス、中国南部、それとタイあたりかな。 あと、前から考えてたんだけど、どうもわたし、東南アジアっていう言葉、どうも好きじゃない。 東南アジアっていう言葉のイメージと、あの国々の実態が、どうもピッタリ合わない気がして。 単なるわたしの勝手なこだわりなのかもしれないけど。 そんなことを考えていたら、インドシナって言葉が浮かんできて。 僕の興味対象とぴったり一致するんだよね。どういうわけか。 このあたりをのんびり旅できたらなぁ。   ・8月27日(水) あれからいろいろ考えてる。 サパに行くんで、ほんとにいいのか、とか。 それよりも、9月は、1週間ハノイでぐ~たらしてるほうが、いいんじゃないか、とか。 サパはきっともっとゆっくり行けるときのほうが、いいような気がする。 そういう機会も、きっと近々あるんじゃないか。(笑) ないか。(爆) それはそれとして。あ、でも、編集部のY女史に、レタッチ記事用の 素材を撮ってくるって約束しちゃったんだ。だとしたら、行かないとまずいか。(笑) なんか、ある人のホームページを見て、なんか観光地っぽい印象が強かったので、 ちとひるんでいる。いや、観光地であることは、そのとおりで、その現実を僕がとやかく 言っても始まらないのだが……。ハノイ在住の方がアドバイスしてくれたように、やっぱり サパからさらに奥の村へ足を運ぶ必要があるんだろうね。それも含めて、もっと日にちが ほしいなぁ。ま、贅沢はいうまい。 9月の下旬、本誌とムックとムックの狭間に、1週間も夏休みが取れるなんて、わがまま 以外のナニモノでもないからね。ふふふ。←ふふふじゃない。(笑) 表にもなんか書こうっと。 そういえば、月が新月から、だんだん大きくなってきたね。 この月がまん丸になるころ、ハノイでは中秋を迎えるんだよ。ハノイ以外の 地球上のどの都市でも、たぶん、中秋をおんなじように、迎えるんだと思うんだけど。(笑)   ・8月31日(日) なんだかもう、9月のハノイ旅行を追い越して、僕の興味関心は、いつ行けるともしれない 華南&インドシナ旅行に、移ってしまっており。 期間は1か月半くらい。香港in、香港outで。 いま、行く都市のリストアップを進めているんだけど、今日、ラオスの首都ビエンチャンを追加。 だって、「地球の歩き方 国別情報 ラオス」のページに、ものすごくいいことが書いてあるんだもん。 なんでも、“アジア最後の桃源郷”、“実際に足を踏み入れた旅人からは一様にラオスに対する賛辞を聞くことができる”、 そして極めつけは、“ビエンチャンではメコン川に落ちる夕陽にビールのグラスを傾け……”。くぅ~、たまらん。。 やっぱりビールは、その土地とともにあるものでしょう。ビールだけじゃなく、ありとあらゆる酒類、いな、 ありとあらゆる料理、食事は、その土地ならでは、という要素がないと、どんどん人間の暮らしが侘びしいものに なっていく。つまりは、表面的には、うんと飾って、うんと豪華に見せても、その内実は、どんどん栄養カプセルに、 あるいは宇宙食に、近づいていく。 元同僚の女性が、ホームページで、ベトナム料理は日本で食べるのと、ベトナムで食べるのじゃあ全然違うらしい って書いてた。そらそうでしょ。いつかもし彼女がベトナムを訪れることがあったら、どんな感想を述べるのであろうか。 ちょっと楽しみでもある。 あれ? ここはr。t。v。だよねぇ~。オモテの日記と、ちょっと勘違いしてた? そんなことないか。(笑) というわけで、明日さっそく、地球の歩き方、ラオス版を買ってこようと思う。昭和堂あたりで。 あ、24mmのフードもほしいなぁ。錦糸町ヨドバシに在庫がなかった。ちょっとムッとした。ヨドバシなんだから パソコンなんか揃えるよりも、カメラの備品をキチンと揃えてほしいなぁ。ま、いいや。(笑) いまの希望としては、香港~広州~南寧~ハノイ~フエ~ダナン~ホイアン~ニャチャン~ファンティエット~ムイネー~ ホーチミン~ミトー~カントー~プノンペン~シェムリアップ~アランヤプラテート~バンコク~ハノイ~南寧~香港 こんなコースを考えてる。この最後のバンコクとハノイの間に、ビエンチャンを入れようかな、っと。 できれば、ビエンチャンからハノイへは陸路にして、ティエンビエンフーとかサパとかラオカイとかにも 寄れるといいかなぁ、って。 いつ行けるともしれない旅の予定を立ててるなんて、寂しいかも。(笑) そういえば小倉は、小学校5、6年生のころ、机上旅行クラブの部長だか副部長だかを やってた気がする。船橋市立三山小学校で。 あのころは、時刻表を片手に、国内旅行の計画を立てて、うしゃしゃ、とか悦に入る なかなか可愛い慰み事だったけどねー。25年もたてば、インドシナ半島くらいに規模を 拡大しないと、自我も満足させられないのかねー。ま、いいや。何いってるかわからんし。(笑)   ・9月5日(金) タイには行かなくてもいいかな、と思っている。 そのかわり、と言ってはなんだが、ラオスと、あと、雲南をしっかり見ておくべきかな、と。 やっぱり僕の興味関心は、華南、それとベトナム北部、ラオス、カンボジア、このあたりに集中してる そんな気がする。 うちの真ん中の部屋にあるカレンダー、たしかこれは、会社で余り物としてあった、某電機メーカーの カレンダーを、ちょっとゴージャスな感じだったので、うちの母ちゃん喜ぶかな、と思ってもらってきた もので。 9月は、雲南省麗江市の街並み。どこまでも続く瓦屋根。その向こうには険しい山々。 ああ、ここへ行きたい、と思った。片隅に書かれていた地名を読んだ。雲南省・麗江。 なんてキレイな名前なんだろう。 省都の昆明から、うんと遠くにあるとか。 そんなところまで、行けるんだろうか。 でも、行ってみたい。 日本のタレントや美少女やキレイなおねえさんには、もはや興味は残ってないや。 知らない街へ行きたい。知らない街を歩いてみたい。遠くへ。遠くへ。遠くへ。 明日、地球の歩き方の雲南省が載ってるヤツも、買ってこよう。   ・9月11日(木) 地球の歩き方の雲南版を、目を皿のようにして眺めている毎日。 広州から昆明まで列車で30時間。昆明から大理まで10時間、 大里から麗江まで、バスで3時間。嗚呼。 けど、ハノイでの最初の滞在日数をうんと減らせば、なんとかなるんじゃ ないでしょうか。 って、相変わらず、捕らぬ狸の皮算用、してるね。パンダの双子が産まれたって いうのに。関係ないか。(笑) 一番下の残日計、マイナスになってたので、癪だから(笑)、来年に向けて、にしたよ。 来年の中秋は、9月28日だって。あと380日以上もあるんだね。ずいぶん先だね。(笑) 少し休憩します。   ・9月20日(土) 予定は未定の「インドシナ45日旅行」(仮題。笑)だけど、バンコクin、バンコクoutだと どうなるかな、というシミュレーションを始めた。 時計回りにインドシナ半島&雲南省をまわるっていうのは、どうだろう。 バンコクからまっすぐ北へ。国境を越え、ラオスの首都・ビエンチャンへ。それから東へ向かって ベトナムに入るか、あるいはそのまま陸路or空路で北へ向かい、雲南省の省都、昆明に行くか。 ベトナムへいったん出た場合は北上して、ハノイから河口を通って、やっぱり雲南へ向かう。 そして麗江にしばらく滞在して、またハノイで過ごし、そのまま南下して、いくつかの街で ゆっくりしながら、ホーチミンへ。途中で外せないのは、ホイアン、ニャチャン、ダナン、ファンティエット あたりかな。できればカントーにも、また足を運びたい。 カンボジア入りして、プノンペンでしばらく過ごし、シェムリアップへ。ドラゴンスープでメシを食い、 アランヤプラテートを経て、バンコクへ戻る。 それでほぼ45日とか。ちょっと長いかな。(笑) 日にちが余ったら、プーケットとかでボーっとするのもいいかも。(笑) いつ出発できるかなぁ。(笑) なんか、ドキドキしてきた。(爆)   ・9月23日(火) 目下の私の関心事は、ビエンチャンから昆明まで、どうやって移動するか、ということ。 いまいちばん有力なのは、ビエンチャンから、国境近くの街までラオス航空の国内線で飛び、 そこから陸路、国境を越え、シーサンパンナへ至り、そこからバスで30時間くらいかけて 大理へ行く、というコース。大理で1泊して、麗江で3日くらい?過ごし、再び大理を経て 昆明へ。そこから国際列車でベトナムへ向かう、という感じはどうかな、と。 いいと思わん? ビエンチャン-昆明は、飛行機で1万7千円くらいかかっちゃうみたい。 ラオス航空のホームページによると。それが、国境近くの町まで、国内線だと、8千円弱で 行けちゃう。そのあとの道のりの大変さを考えても、手動で(笑)国境を越えたほうが、 いいと思われ。 あと、気になる旅程は、どのへんだろう。ベトナムからカンボジアに入るのも、ホーチミンから まっすぐ国境越えの直通バスでプノンペンに向かうんじゃあ、味けない。できれば、もういちど カントーにも行きたいし。だとすると、ホーチミンからカントーへ向かって、カントーでしばらく のんびりして、メコンを遡り、チャウドックから国境を越える、というのが、いいかな、と思われ。 あとなんだろ。プノンペン、シェムリアップ、アランヤプラテート、そしてバンコクへ。 そうだ。昆明からハノイへの列車だけど、直接ハノイ入りするんじゃなくて、ラオカイだっけ、 で途中下車して、サパやバックハーへも、行きたいな。少数民族のおねえさんたちを、いっぱい 撮るんだぁ~。(笑) あとはなんだろ。いま夕方の5時。日本時間だと7時。4時半に出発したんだから、2時間半。 ちょうど半分くらいまできたのかな。飛行機は、なかなか着かないのが、つらいよねぇ。列車とか だったら、ほら、立ち上がったり、動き回ったり、比較的自由にできるじゃん。飛行機だと、それが できないのが、つらいよねぇ。 ダメだ。書くことがない。あと2時間半も、どうやって過ごしたらいいんだ!!! 寝るしかないか。寝るのはもったいない。どうせハノイに着いたら、もう夜で、寝るしか ないんだからねー。(笑) あたまのなかで、矢井田瞳の「ひとりジェンカ」が鳴ってる。なんかいいよね。あのおねえさん。 ふっきれてて。そのくせ、ねちょねちょしてなくて。 あとなんだろ。   ・10月4日(土) ベトナム語の勉強を、始めることにした。写真者向けの、CD付きの参考書?を何冊か 買ってみよう。あと、辞書ね。ベトナム語の。私、子どものころから、辞書って大好き。   ・10月5日(日) 次に旅に出るとして、いまあるD60と、もう1台、何を持って行こうか、ずっと悩んでいる。 まぁ、選択肢としては、10DかKiss Digitalということに、なるのだろうけど。 中古でD60をもう1台買うというのも、ないことはない。 あんまりカメラを頻繁に買い替えるのって、好きじゃない。でも、しょうがないのかな。 このご時世。 まぁ、明日旅立つわけでもないから、じーっくり考えましょうかね。いますぐ結論を 出す必要もない訳だし。のんびり、考えよう。ま、カメラはなんでもいいんだけどね。 本音を言うと。でも、その微妙な違いにこだわるというのも、ま、必要かと。 それよりも、いま気になっているのが、外部ストレージ。たとえば、1か月半とか 撮影旅行に出るとして、毎日RAWで撮ってたら、そのデータをどこに保存するの? っていう話。こないだのハノイ行き、最終日だけ気合いを入れて写真を撮ったら、 1日で2.3GBとかになってしまって。午前と午後の、合計4時間くらいの撮影で。 2GB×45日=90GB! どこにそんなポータブルHDDがあるんだろう。(笑) ノートのHDDは全部で40GB。そのうちの半分くらいはすでに埋まっていて。 いま持ってる携帯HDDも40GB。こちらも半分はエロ動画ですでに埋まって。(笑) まぁ、撮影旅行に出るときは、泣く泣くエロ動画を削除するとして(ほら、税関とかで 捕まると恥ずかしいでしょ。笑)、それでも、フルに使ったとしても40GB。 撮影データというのはバックアップを必ず取りたいので、撮影データの総量の、 ちょうど2倍のスペースが要求されるわけですね。どうするかね?(笑) いま売ってる最大容量の80GBポータブルHDDを1つ買うのは、やむをえない。 それでも結構キツイかも。2.5inchのHDDをバルクで購入して(1つ2.2万円くらい)、 あと2.5inch用のHDDケースを別に買う、という手も、ないことはない。 80GBの携帯HDDを2個買うより、安上がりだし。でも、バルクのHDDを旅行カバンに いれて持ち歩くのも、なんだかなあ、という気分。 DVD-RAMとかRとかだって、4.7GBって、容量、いかにも少ないよね。 30GBくらいの、記録メディア、出ないとパツパツだよねぇ~。 焼いたDVDが10枚とかたまったところで、日本に向けて送り出す、というのも 悪くはないんだろうけど……。 それか、超高速回線をある一定時間、占有できれば、日本のサーバーに向けて 送るんだろうけど、でも、ネットストレージに頼るには、ちょっと容量の桁が でかすぎると思われ。 携帯HDDを複数持ち歩くしか、ないんだろうなぁ。 う~む。 80GBのヤツ、安いのが3万円くらいだから、思い切って2個買うかぁ。 でも、ある意味、新しいカメラよりも必要性高かったりするかも。 お金かかるなぁ。 高速CFも、1GBのヤツ、ほしいなぁ。こっちも3万円くらいするんだよなぁ。 RAWで撮ってたら、やっぱり1GBで2万円の安物CFじゃあ、遅くて使い物に ならない気がするもんなぁ。 お金かかるなぁ。(笑) まぁ、いいや。ゆっくり優先順位を考えよう。 1.携帯HDD 80GB 2.高速CF 1GB 3.サブ?のDSLR(Kiss Dか10D) 4.携帯HDD 80GB(2台目) とかっていう優先順位になるのかな。 あ、レンズも買わないとなぁ。いまのところ、次の撮影旅行は、 タムロンの28-200mmでしのごうという気になってる。 やっぱり移動が多い旅行に、70-200mmとか、ああいう重いレンズを増やして わざわざ機動力を減らす必要、全然ないもんな。 ま、いいや。 お金かかるねぇ。(笑) どうしたもんかなぁ。   ・10月29日(水) オモテに書いたとおり、『ハノイの純情、サイゴンの夢』(神田憲行著、講談社文庫)読了。 なんだか、闘志が湧いてきた。多くは語りませんが。(笑) ベトナムの人になりたい。ベトナムのいいところも、悪いところも、全部知りたい。 知った上で、ベトナムを愛したい。ベトナムの人たちを、ベトナムの歴史を、ベトナムの自然を。 買うかどうか迷っていた機材、ことごとく購入してしまった。2台目のノートPCも、 70-200mmも、シグマの24mmも。 準備万端。今日、ベトナム大使館に行って、ビザをもらってきた。 あと1週間とちょっと。ドキドキしてきた。 あ、このへんはJoiネタですね。(笑) 失礼いたしました。 けど、『ハノイの純情、サイゴンの夢』、神田憲行さん、いいね! 前半の日本語学校の先生のときの レポートが、むっちゃいいねぇ~。ノリノリで。困難もやってきて、ドラマチックだし。 ああいう文章を、僕も書こうと思った。僕がどうも好きになれないのは、一言でいうと、 “すかしてる”風の文章。キザだったり、かっこよく見せようとしてたりっていうの。 ダメなんだよねぇ~。カッコつけてる人って。生理的に、受け付けない。 その点、カンダさんはいいね。「抱きビール」に行っちゃう話とか、おねえちゃんを買っちゃう話とか 赤裸々に書いてて。 最近、この人って、どんな仕事をしてるんだろう。