1999年5月

日記

●平成十一年

・5月2日(日)

セロリが食べたくなってきた。

いいけど別に。

連休突入。昨日は撮影のため出社。……疲れた。

今日から、休みは休みなんだけど、いろいろあって、あんまり休みという実感がない。(;_;)
ホントは、福岡とかに行って、ゆっくりしたかったんだけどねー。

福岡、行きたいっすよ。立派になった中洲川端も見てみたいし。いろんな人に会いたいし。
会って、他愛もない話もしたいし。元気だった? そう、うん、こっちもなんとかやってる、とか。

少し部屋を片づけた。南東の角と、北西の角に、同じくらいの大きさのでかいタンスが、
でーん、と居座っており。何とかなんないの??これ?状態。うーむ。。。

実家に戻ってきて半月。居心地の悪さを、徐々に感じ始めている。一人暮らしでもすっか?
けど、先立つものがない。(;_;) 本当に私、これから、どうしたらよいのだろう。
住み込みで働けるような、写真家の弟子とかになる道は、ないだろうか。 ないか?(爆)

今日、夕方、時間が少しあったので、郊外型のただっぴろい本屋に行った。雑誌のコーナーを
少し探して、写真雑誌を何冊か見た。……相も変わらず、新しいカメラやレンズの紹介、
読者投稿のページ、新製品の広告、などなど、盛りだくさんの内容で。

そんな他愛もない雑誌をぱらぱら見てたら、写真がぐっと、撮りたくなってきたよ。
何かいい方法はないだろうか。南の島に定住して、その島を訪れる日本人観光客を、
パチパチと記念写真を撮ってあげる、とか。ない?そういう、脳天気でパッピーな、
写真の仕事は?

なかなかないよな。

・5月3日(月)

学生時代、塾の講師をやってた、その時の教え子の娘と、久々に会った。
もうすぐ結婚するんだと。彼氏と二人でダイエットして、12kgも体重を落とした、と。
うん、すっごいきれいになってた。女って、変わるねぇ。昭和49年生まれって言ってたから、
わたしより7つ下。つうことは、ことし25かぁ。若いなぁ。ううむ。。。

なんか居酒屋でいろんな話をあけすけに、してた。いいのか、そんなこと、ここで話して、
っていうようなこと。

ま、でも久々に古い友人?に会えて、楽しかったな。こんどは水戸で司法試験目指して頑張ってる
Kも呼びたいなぁ。そのうち会えるでしょう。ね。

・5月4日(火)

今日は、退院した親友のMと会う。久々に我が愛機、レッツノートと対面。
なんか、よそよそしかった。しょうゆのシミが付いてたせいもあるかもしれないけど。(^^;

ま、いいや。なんでも8日ごろ、帰ってくるらしい。
次のマシンの購入計画を着々と進めてた矢先なので(……一応、冗句ということで。)
なーんだ、帰ってくるんだー、状態。ははは。

明日は埼玉の友人宅を初訪問。一人だとなんだなーと思ってたら、一緒に行ってくれる人が
出てきたので、それで、思い切って、行くことにしたん。
東武線にとことこ揺られて、春日部まで、行ってきますわ。会うのは、1年ぶりくらいかなぁ。
ま、でも楽しみだなぁ。元気そうな顔が見られそうで、なによりだな。うむ。。。
知らない街に行くのは、むちゃくちゃ大好きだし、行き帰りの電車も、楽しみ、楽しみ。(^^)

・5月5日(水)

北春日部の友人宅を訪問。元気そうで何より。行き帰りの東武電車は、想像どおり、
トロトロ走り。柏と春日部の駅で乗り換えて。船橋から2時間弱かかるのかな。

けど、みんなを見てて思うけど、本当に、家を建てたり結婚をしたり、と、
着実に身を固めている、よね。いつまでも実家でぷらぷらしてる私はなんなんだろう
と考えることが、よくある。

けど、どうせ小倉はそうは言っても、自分の今に満足してるんじゃないのぉ、って
言われてしまって、それをきっぱりと否定できない自分もいる。
納得できないことは納得できないし、本当に好きな女ができなければ結婚したいとも
思わないし。当たり前すぎることだけど。

ま、あんまり難しく考えないで、淡々と、いきましょ。
なるようになる。なるようにしか、ならないのだから。
発想だけは、沖縄の人みたいに、楽天的に。(^^;

あー、明日から仕事だ。うー、いやだなぁ。。。
あと10日くらい、連休が続けばいいのに。。。(をいをい。。。)

・5月6日(木)

なんか知らんけど、朝の5時に目が覚めたので(^^; 書いてます。
蚊が悪いんだよ。人の顔の近くでぷ~ん、てうるさいから。あとは、
昨日K宅でフルーツワイン(?)をがぶ飲みしたせいか、おなかがちょっと……。(笑)
なので、日記を書くことにしました。今日は、新聞、休刊日みたいだな。
今ポストを確認してきたんだけど、新聞、来てなかった。(;_;)
連休中も、ずっと届いてたもんね。新聞業界?の人、お疲れさまだなぁ。

今、トイレから出て、台所に行き、そのへんにあった湯飲みで、作ってあった
お茶?を一杯飲んだ。眼鏡を掛けてないので、風景がぼんやりとしてるんだけど
東の窓から入る朝の光が、食卓の上のものを照らして、なんかきれいだった。

いろいろごたついてるけど、でも、ここからスタートするしかない。
この土地を逃げ出すことはできない。偶然とは言え、小学校2年生の冬に
この地に越してきて、ここから小、中、高、大学と通った。そんな訳で、
それなりの愛着もあるし。辛いことがあると、福岡に帰るっー、って
駄々こねることもあるけど。(^^;

けど、本当にここからスタートするしか、ないんだ。今の状態を全部、自分で
引き受けて。どういう人生を歩むのか、全部、自分で決めることができる。自分でしか、
決めることができない、のであり。あまりにも当たり前のことなんだけど。

今ふと思ったけど、この連休中も、毎日のように(……。「のように」じゃない!)
酒を飲んでたなぁ。それも、けっこう、量いってたかも。うー、そのツケが最後の最後に
廻ってきたか。。。うー。

ダイエットとかって、できるんでしょうかねぇ。10kgくらい痩せたら、私も
それなりに見られるようになるような気もするんですけどねぇ。どんなもんでしょ。(笑)

最近、ノートがなくなってから、ようやっと、デスクトップでWeb日記を更新することに
違和感を感じなくなってきた、というところ。けど、慣れてきたと思った頃に、ノートがね、
帰って来るんだよなー。やっぱり、うれしいっす。何が嬉しいかって、やっぱり布団の上で
文章が読み書きできる、この快感! 変な意味じゃなくてね。

今日の文章。まったく脈略がないですね。ほとんど、断片的なメモのよう。ま、いっか。
読者の存在を完全に無視したWeb日記というのも、乙なモンですよね。(そういう問題か?)
まったく、「乙なモン」なんて、どこで覚えたんだか。この子は。

福岡へ行きたいよ。福岡の空気を吸って、リフレッシュしたい。町田さんに、
小倉君、何してんの。ちゃんとしなきゃ、だめよ、
って、ハッパ掛けられたい。福岡のみんなに、会いたいよ。

そろそろ、燃料切れ。でも、飛べるとこまで行く。

・5月7日(金)

連休が終わって、仕事再開。夕方、会社でちょっと寝てたら、たちまち風邪を引いて
しまった。うー、バカぁ。。。

今日も午前中、精力的に秋葉原の街を歩き、いろいろと周辺機器を見て回った。
ふー。くたびれた。会社に戻ってからも、あちこちにもの借りの電話を突っ込み。
やることがたくさんあると、ちょっとの仕事が苦にならないね。当たり前か。

とにかく今日もくたびれた。鼻水も相変わらず止まらないし。

・5月18日(火)

ひさびさの日記。ご想像の通り、仕事にハマってました。……疲れた。

今日、ようやく全部のデータを入稿し。あさってが出張校正。
明日は後半のモノクロページの青焼きが上がってくるらしいので、
やっぱり休むわけにはいかない。

いやぁ。しかし、今月は楽させてもらえるかなぁ、と思ってたら、
どうしてどうして。全然、きつかった。土壇場で、ニュースページ、
新人さんに応援してもらったりして、すこし余裕が出来たりしたけど。

そうそ。こないだの土曜日(15日)、仕事の合間を縫って、渋谷まで、
あるMLのオフ会に参加してきましたよ。あるMLって、実は宮本輝ML
なんだけど。考えてみれば、オフ会って私、初めてじゃあ、ないだろうか。
あ、そう言えば、10年くらい前、某BBSの写真系フォーラム(?)の
撮影会があったなぁ。うーん、懐かしい。

あのときからすると、パソコン通信(~インターネット)をめぐる環境って
本当にがらっと変わったよね。あのころは、パソコンで通信してる=オタク、って
100人中95人までは言ってたと思われ。それが今では、わかいお姉ちゃんも
山ほどパソコン~インターネット、してる。
本質的にはあのころと何も変わっていない(パソコンを使った通信における、
人と人とのコミュニケーションという意味では)と思うんだけど、でもいま
メールをやってるとか言って、暗~い、という反応が返ってくることは
皆無で。

まぁ、参加する人が普通の人ばっかりになった。という点は、あるとは思うけど、
でも、なんつーか、人間の(モノを評価する)いい加減さ、というものの実例の
ような気がするなぁ。いや、真剣な話。

それはいいんだけど。

パソコンの普及の話って、100匹目の猿の話を思い出させるよね。
宮崎かどこかの島で、猿がある日、イモを海の水で洗い始めた。
海の水で洗うと、砂とか汚れが落ちるし、塩の味が付いていい感じ。
最初は若いオスとか、メスたち、子供たちに広まって、で、最後の最後に
年輩のオス猿とかも、真似するようになり。

そうして、海でイモを洗う猿の数が100匹を超えた頃、不思議なことが起こった。
どうやっても連絡を取り合えるはずのない、別の県の別の島の猿が、こぞって、
海でイモを洗いだしたのだ。

っていう話。

いろんなことを伝えようとしてる話だと思うんだけど、パソコン通信の話に
引きつけて考えると、あることが広まるには時間が必要(適した時期がある)。
どんなにイイもので、人の暮らしを変えることが予想できても、
最初はそれに反対する人のほうが、絶対多い、って。

いま私がやりたくて、でもできないこと、っていくつかあるんだけど、
それが世の中に受け入れられるかどうか、その参考になる話だよね。

実はさっきまで寝てた。今日は夕方さっさと帰ってきて、母親とビールを飲み、
すぐ寝た。そしたら12時頃、目が覚めちゃって、仕方がないから、映画を、
見てたのね。「バタアシ金魚」って。私の青春時代の、大切な大切な映画を。
ビデオで。何年ぶりだろう。ちゃんと見るのって。多分、こっち(千葉)に
帰ってきてからは初めてだと思うので、3年ぶりとか?
この映画、そうね、映画館で10回くらい見たんじゃないかなぁ。あまりにも
感動して。でも、最後のストーリー展開が、ちょっとよく分かんなかったんだ。
見た人は知ってると思うけど、勘違い男のカオル(主人公)が高校の同級生
水泳部のソノコに恋をして、ずっと押しの一手で迫り続ける。ソノコはカオルから
逃げ続け、挙げ句の果てに過食症になって、すんごい太っちゃう。

太ったソノコに、こんなになるほど、私はあんたのことが嫌いなのよ!って
言われて、カオルは落ち込み、結局ソノコをあきらめようとし、自分から
別れ(?)を言い出す。
その後、ソノコはもとのように痩せる。ソノコのことを心の底ではずっと
思い続けてたカオルは、やっとソノコと結ばれる。って話。

こうやって今書くと、すっきりしてるんだけど、後半、ソノコが太っちゃうあたり
からハッピーエンドで終わるまでが、いまいちよー分からず。なんでソノコは
カオルになびいてしまうんだか、どうしても、分からずに。あんな変なヤツに。
でもそうなのね。女って、自分をどこまでも、本当に思ってくれる相手を、
そして自分を愛することによって、彼本人が輝いてゆける、そういう相手を
ずっと待ってるんだな、と。
このあたりは、私の座右の書(?)、池澤夏樹さんの、「タマリンドの木」にも
似たようなことが書いてあったような気がする。人は、自分にしかできない方法で
自分にしかできない愛し方で、自分だけの人を愛する、って。
ちょっと違うかも知れないけど。でも、そんな感じ。

なんかいろいろ書いてるけど。

そうそ。昨日今日と、いいことがメジロ押し。昨日会社でぐったりしながら
メールチェックしたら、大田区に住んでるみゆきちゃんちのミミガが久々に来てくれてて。
あ、ポストペットの話ですね。それと、今日はなんと、数カ月ぶりに、韓国の
Kwonちゃんから、超・ひさびさのメール。うれしかったよー。前にメールを
もらったとき、そう、3月の頭だったと思うけど、その時もバタバタしてて、
なんか返事を書き損ねてた。そのまま時は過ぎてしまっており。
彼女は、また転勤したそうだ。最初にメールをもらったときは釜山にいて、
こないだ会いに行ったときは昌原(チャンウォン)、そして今はクミって
ところにいるらしい。クミ、ってきいたことあるけど、どのあたりだっけ?
Yahooとかで検索してみよう。

そう。そういう訳で、なんかこれから頑張ろう、という気が満ち満ちている。
ホントはこんどの土日に福岡へ行こうと思ってたんだけど、いろいろ仕事の面で、
ありそうなので、次の土日にしようと思う。今月末。金曜日か月曜日に休みを
もらって。2泊3日くらいで。

なんか、Kwonちゃんからメールをもらったら、彼女に無性に会いたくなってきた。
次々と新しい土地で、持ち前のファイトで仕事、頑張ってるんだろうなぁ。
たちどころに、友達をたくさん作って。あの、優秀で言うことをびしっと言ってくれる
彼女に、いろいろまた、諭されたいよ。(^^;

ホントを言えば、福岡で会いたいんだけどねぇ。お互い仕事をしてるので、
なかなか、予定を合わせるのは大変だろうな。けど、一緒に福岡の街を
歩きたいよ。福岡の知り合いみんなに会わせたいなぁ。

夢のまた夢、かな? どうだろね。

・5月20日(木)

今日は出張校正。今は電車の中。津田沼駅始発の、緩行電車が発車時刻を
待っているところ。発車時刻は、って? それは第1級の機密事項。(^^;

それはそれとして。今月号が終わり、そして私には大きな変革が訪れる。
って、そんなに大げさなことではないんだけれども。でも、私にとっては
すごく大切な、重要な、大騒ぎすべき、こと。

これについては、明日以降書く。

自分の中では、私の、この動きというのは、モノからコトへ、そしてココロへ。
という大きな社会の流れに沿ったものだという気がしてる。

何を言ってんだか、さっぱり分かりませんね。(^^;

実を言うと、今日はあまり書くことがない。昨日は寝る前に親友のMと
ずっと喋ってた。向こうが入院してたり、こっちが仕事にハマってたり
したので、ちゃんと喋ったのは、何週間ぶりだろ、って感じで。
あ、我々の「ちゃんと喋った」というのは、2時間以上を指すと思われ。

電話の中で、明日(今日)映画を見に行く、と言っていた。ただ、体調もよく
ないし、東京だと交通費もかかるので、できれば近場の千葉がいい、とも。
いつもぴあを読んでるヤツなので、??と思い、聞いたら、買い忘れたんだと。
なんでも、ぴあは発売日を過ぎるとけっこうあっという間に売り切れてしまうらしく。

なので、仕方がないから、電話で喋りながら、ISDNのもう一方の回線で
ぴあのHPにつないで、ロードショー情報を手動検索して、あげた。
「ライフ・イズ・ビューティフル」が見たいって言ってたんだけど、でもきっと
千葉じゃあやってないよ、って言うから確認したら、ちゃんとやってたよ。
シネマックス千葉?とかいうところで。京成千葉中央駅のそば。
私の青春の思い出が詰まった駅ですね。(^^;

あとかくことないなぁ。あ、そうだ。昨日も総武線、人身事故に遭遇して
しまった。……。うー。津田沼で電車に乗ろうと思ってたら(そして日記を
ぽそぽそ打とうと思ってたら)、平井駅の上り線ホームで先ほど人身事故が
ありました、って。あわてて、快速ホームに移動し、ちょうどやってきた快速に
飛び乗り。で、仕方ないなぁ、馬喰町で都営新宿線に乗り換えてくか、とか、
いろいろとシミュレーションをしながら、電車に乗ってた。平井駅では、
(人身事故に巻き込まれた)当該列車と思われる、各駅停車を追い越して。
で、錦糸町まで来たら、各駅停車は運転を再開しました、って言ってて。それを聞いて、
まわりの人たちと一緒に、ダッシュ、ダッシュ。。。
1番線で、各駅停車を待ってたら、でかい声で、アナウンス。まもなく、1番線に
上り電車が参ります。運転再開後、最初の上り電車ですので、大変混雑している
ことが予想されます。って。エライ張り切った声で。けど思った。待てよ?
運転再開後、最初の上り電車、というのは、実はさっき見た平井駅で人身事故に
巻き込まれた、まさにその列車な訳で。いくら数十分止まってたといっても、
平井と亀戸から、電車が超混雑するほど、人が乗ってくるとはとても思えず。
きた電車を見たら、案の定、ガラガラで。駅員さん、混雑するのは、これから
向かう駅で、でしょう。。。

ま、それはいいとして。

なんか、文章に張りがないですね。取り上げている話題が話題だけに、というのも
あるかもしれませんが、それより何より、最近、私の精神のボルテージが、下がって
いることが大きいのと思われ。この週末に、しっかりリハビリをして、また引き締まった
精神を取り戻すよ。部屋も少し片づけないとな。仕事に追われてるたび、ふにゃふにゃに
なってしまうっつうんじゃ、革命児(あ、私のコトね。)として恥ずかしい。

そうそ。昨日、Kwonちゃんが転勤したクミというのは、いったいどこにあるんだろう、
と思って、Webをいろいろ検索してた。そしたら、韓国全土の地図を載せてくれている
サイトを見つけ。みたら、釜山の北、大田と大邱との中間くらいにあり。亀尾って書くんだ。
ふむふむ。。。釜山や昌原は慶尚南道に属してたけど、亀尾は慶尚北道になるんですね。
しかし、山の中だよなぁ。ソウルとプサンとを2:1くらいに中分した位置、といえば
いいのか。けど、飛行機代はソウル往復のほうが、圧倒的に安いんだよねー。
こんど行くときは、ソウル経由で行きたいんだけど。亀尾までたどり着くのが
大変かな? ホントは、福岡から水路でプサンに上陸し、そっから電車で、というのが
理想なんですけど、休みがねぇ。。。今年の夏休みにでも、実現させるか?

・5月21日(金)

今日、会社で引っ越しをした。えっと、今日付けで編集部を移ることになり。
となりの「インターネット系の雑誌」の編集部へと。それに伴い、机も引っ越し。
直線距離にして10mくらいだろうか。3Fのハズレからハズレへ、荷物を運んだ。
うちの会社は小さな出版社なので、定期刊行誌は2種類しかない。DOS/V系の
雑誌(私が今までいたところ)とインターネット系の雑誌(これから行くところ)の
2つだ。扱っているジャンルが違うせいもあるが、この二つの雑誌は編集部がとなりに
あるにもかかわらず、何から何まで違うことばかりで。印刷所も大日本と凸版、
編集の工程もスケジュールも、まるで違う。実は出社時間も違ってたりする。(^^;
なので、最初は慣れるまで大変だと思うけど、でもずっと希望していた
インターネット系の雑誌、なので、全力で頑張るよ。うむ。

・5月22日(土)

今日は午前中から、弁護士さんのところへ行き、夜は別居中の父に会いに
小岩まで行ってきた。……。精力を使い果たした。それを受けて、明日は
妹と母を連れて、姉のところへ行くつもり。そろそろ結論を出さないと。

ひさびさに福岡の西村さんと電話で話した。こんどの週末、福岡へ帰る予定に
してたんだけど、それを延期したい、ということで。なんだか、延期ばかり
してるなぁ。いかんなぁ。けど、日曜日に、こちらの友人の、大切な大切な
イベント?が入ってしまったので、やっぱりそれに参加したいと思うわけで。
土曜日にサッカー大会があり、毎月のことなので一遍くらい抜けても罪は
重くないかな、と思ってたのだが、日曜日のその予定は、どうにもこうにも
すっぽかすことが出来ないほど重要で。

けど、やっぱりメールと声を聞いて喋るのは、だいぶ違うね。
電話で話したのって、すごい久しぶり。半年ぶり、とかじゃあなかろうか?
(あるいは、もっとか?)
1時間以上しゃべってたと思うんだけど、しゃべってたら、会いたくなってくるから
不思議だよね。来週は無理だけど、近いうちに、必ず福岡行きを実現させるぞ!

あ、そうそう。メールを最近、やりとりしてるSさんとも、今日
電話で話したね。はじめて。公衆電話から、彼女んちに掛けて。
夜の9時過ぎだったかなぁ。
なにを話したか、覚えてない。緊張してたのかな。

セブンイレブンでテレホンカードを買おうと思ったら、売り切れ、
とか言われて、仕方がないので、持ってた100円玉1枚と、10円玉4枚で、勝負した。
声は、想像していたのとだいぶ違う感じ。すごく落ち着いた、大人のように
聞こえた。イメージでは、もっと早口で、なんつーか、子供っぽい?
高めの声を想像してたのね。なので、ちょっと驚いた。声を聞いたら、
だいたい顔もこんな感じ、というのも浮かんできたよ。実物とどれだけ
近いかは別にして。

今日、福岡時代の先輩からハガキが届き。10年以上勤めた会社を辞め、
代議士の秘書になる、という……。そうなんだよ、という話は以前(別の人から)
聞いていたのだが、3/31付けで今の会社を退社して、いよいよ本格的に秘書として
仕事を始めたようだ。その印刷されたハガキに、ペンで、人生って不思議なもん
ですね、って書いてあり。本当にそうだなぁ。と思った。

私は福岡時代の知り合い(後輩)として唯一、彼のお父様の葬儀に参列できたことが
ひそかな誇りなのだが、生きざま、という点でさまざまなことを教えていただいて
いる。今までも。そして、これからも。仕事、という面で言えば、自分が今、目の前に
ある仕事に全力で、懸命に取り組んでいれば、天職、と呼べるものが、むこうから、
転がり込んでくるんだ、という……。ジタバタする必要はない。いろいろあがいたって
時が来なければ、事態は前に進まない、と。

私にとって、これから取り組むインターネット雑誌の仕事が、もしかしたら天職
なのかもしれないし、あるいは、もっと別のところに、我が一生を懸けても惜しくないと
言い切れる、そういう仕事が落ちているかもしれない。それは自分にも分からないけど、
あまり目先の動きに左右されず、じっと遠くを見て、そのとき与えられた、もしくは
めぐりあった仕事に誠実に取り組んでいれば、必ず必ず、自分が望む仕事、自分を
最大限に活かせる仕事、に就けるときが、来るって。それを強く信じている。

いつぞやも書いたと思うけど、私のもっとも好きな啄木の歌を、記しておこうと思う。

「こころよく 我にはたらく仕事あれ それを仕遂げて死なむと思ふ」

ふふふ。いま検索したら、前に引いたのは、97年の5月。今の会社に入って、
まもなくの頃ですね。あのときは何を思っていたのでしょう。

それを仕遂げて死なむと思ふ、だよね。男だったら、誰でもそう思うだろうな。
けど、本当に満足のいける仕事をして、死んでいく男というのも、それほど
多くないんだろうな、という気もしてる。

・5月24日(月)

今日、ある電話会社(?)が主催したカンファレンスに取材に行き、
Vint G. Cerfに会った。この人、私、名前を聞いてもピンとこなかった
んだけど、インターネット(のもと)を作った人、だそうだ。けど、
私の、インターネット系雑誌の編集部生活、その初日に、
インターネットを作った人と会えるなんて、なんかすごい。
きっと、この編集部での私の今後を祝福してくれているのだろう。(^^)

夜は、こないだまでいたDOS/V系雑誌(^^; 編集部の歓送迎会。
いつもの洋風居酒屋で。ほとんどの人が来てたなぁ。
そう言えば、こういう席、欠席常習犯の某デスクが来てなかった
ような気がするけど。……イイケドベツニ。

最近ちょっと、かーいーなーと思ってた女の子がたまたま(^^; 隣に座ってたので、
いろいろと話した。彼女いわく、(小倉が今いる)インターネット系雑誌の
○○さんがかっこいいんだけど、あんまりうちの会社の女の子たちには受けない、
とかって。彼女、続けて、普通の会社のOLとかには受けがいいのかも
しれないけど、うちの会社の子たちにはちょっと……、って。
普通の会社のOLと、「うちの会社の子たち」、どこがどれだけ、どういうふうに
違うのか、分からんけども。ま、それはそれとして。

よせばいいのに、私、はずみで、「じゃあ、俺は?」って聞いてしまった。
そしたら、その娘、吐き捨てるように、「論外っ。」って。
今は笑って書けるけど、その台詞を聞いたあと4、50分は、暗~い
気持ちでいた。隣にいるのに、その娘には、あと、いっさい話しかけずに。
ふふふ。なんか書いてて楽しくなってきた。

その、「論外っ。」って言われる前なんだけど、その娘との会話の中で、
小倉は話しやすい、ってことを言われ。で、いろいろ話してるうちに、

「小倉は話してても気を使わずに済む。そうだ、それは小倉が、女みたいだからだ。」

という内容のことを言われ。女みたい、って言われたこと、過去に何度もあるけど、
また今回は、今までとは違った感慨を持ったなぁ。あらためて、おまえは女みたいだ、
と言われると(別に女性を差別するわけでは勿論ないのだが)、なんか、あんまり
嬉しくはない。

それとともに、彼女と話してて感じたのは、やっぱりA型はあかん、ということ。
こういうことを言うと、血液型で人を判断できるはずないじゃないですかぁ、と
正論を述べる人が出てくるのだが、それは勿論、そのとおりなのだが、私の過去の
この統計学的な分析はどうしてくれるのだ? と言いたい。血液型の種別によって、
人間の価値というものが決まらないことには私も異論はないが、しかし、人と人との
相性というものが、ある程度、人間の「タイプ」みたいなものに左右されるというのは
あってもイイと思う。そして、血液型が、人間の「タイプ」みたいなモノとなんらかの
関係性を持っているのならば(私はそれをなんとなく信じているのだが)、やはり、
いま私が「A型の女は、あかん。」(=私はA型の女性は、どうも苦手である)と
叫んでしまうのも、あるいは、許されてもいいかもな、という気がしている。
なんだかエライ回りくどい言い方であるが。

・5月26日(水)

今日、IBMの発表会に出かけた。B5ノート、ThinkPad 240が
発表され。前の雑誌の編集部で、もちろん話は聞いてたんだけど、
実際に目にすると、うー、欲しい。。。

さきほど、従姉のS嬢からTEL。しばらく話して、向こうが一方的に電話を切った。

ふー。疲れたよ。なんかまた、嵐の訪れる気配。……どうでしょうかねぇ。
最悪の結末だけは、避けたいけれども、しかし、このあと、どんなことが起ころうとも
自分らしく誠意をもって、最後まで格闘するつもり。ま、ホントに辛くなったら、
まわりの誰かが、サポートしてくれるでしょう。しかし、私は逃げないよ。絶対。
だって、逃げてたって、なんにも始まらないもん。

学生時代に、ある仏教系サークル(^^; に入ってたことがあり。
ある男が、ある席でこんなことを言ってた。

「つらいから逃げるんじゃない。逃げるからつらいんだ。」

いまだに忘れないよ。これって、私の人生の指針といってもいいと思う。
ま、私って基本的に逃げるの好きだし、逃げ足も速いほうなんだけど、
いつの日から、逃げてばっかりいても、しょうがないじゃないか!って
心の底から思えるようになってきた。
さっきも書いたように、逃げてたって始まらないもんね。自分に火の粉が
降りかかるのを覚悟で、一歩前に出る。そこからしか、人生の醍醐味って
味わえないような気がするんだよね。

なんか、このWeb日記に似つかわしくないような、エライまじめな話を
書いてるような気がするんですけど。

ま。それはそれとして。明日は某インターネット系雑誌編集部に来てから、
初めての部会。うー、緊張する。早く起きなきゃ。(^^;

・5月29日(日)

何から書きまひょか。(笑)

けっこういろんなコトがあった、この週末であった。(^^;

さっきまで、友人のI氏がうちに来てて、インターネット初体験をしてた。

Webブラウザの操作とか、検索エンジン(gooとかね。)の使い方とかを
教えて、あとは、しばらく一人で楽しんでもらった。横でちらちら見てたら、
やっぱり○○系のページに好んでアクセスしてた模様。(笑)

ま、そのへんは見て見ぬ振りをするのが、大人かなぁ、と。(笑)

パソコン買いたいんだけどさぁ、みたいな相談をされ。最初に悩むのが、
デスクトップか、ノートか、という究極の選択。親友のマキちゃんの例もあるし、
私はやっぱり、ノートを勧めますわ。うん。ノートだよねぇ。時代は。
液晶も劇的に安くなってるし。つうことは、ホントに古くなって、とにもかくにも
我慢が出来なくなったら、さくっと買い換えてしまえばいいわけだし。ま、年末に、
夏のボーナス一括払いとかで買っておいて、まだ支払いが済んでないのに売っとばす、
というのは、あんまりなぁ~、と思いますけど。(爆)

そうね。あと4、5年は使えるよね。このLet’s note。MMX150とかだけど。
別に、日記書いたり、Web見てる分には、まったくストレスを感じない。
キーボードもそこそこ打ちやすいし。あとは、バッテリーの持ちと、起動時の
立ち上がりの早さかなぁ。あと、薄さと。(^^;

今日。ちょっと知り合いのところで、祝い事があり。昼から飲んでた。
そこに、昔からの知り合いのおばさんが来てて、いろんな話をしてた。
おばさんいわく、
「ゆーちゃん、彼女いるんでしょ?」
私「いませんよ……。」
おばさん「まじ?」
私「はいっ。」

……。これは、ちょっと期待してもいいのかな? 知り合いのかーいー娘とかを、
紹介して、くれるのかな?

それはそれとして。(笑)

私の福岡の母、町田さんからTEL。
町田さんには、
「小倉くん、今すぐ結婚する気、ないんでしょ?」
って言われた。

嬉々として、私、

「はいっ」

って答えてた。

……。ははは。だめだね、これじゃあ。。。(笑)

そうそ。親友のMから電話があり、彼女も今、親と子の問題、がテーマらしい。
なので、二人でいろいろ、語り合ってしまった。うむむ、やはり、親と子、という
のは、普遍的なテーマなのかもしらんなぁ。いくつもの、優れた文学作品が、
この問題を扱っているのは事実だし。

けど。きょう私は明確に一つ、賢くなったよ。あのね、愚痴っぽい57歳の母親と
対等に張り合っていてはダメだ、ということ。

自分が大人にならなくてはいけないのだな。それに、ようやく気がついた。
なんか悲しいけど。けど、これってきっと、順ぐり、なんだろうね。そう。順ぐり。

それでいいのだろう。老いては子に従え、って江戸時代かなんかの、儒教の教え、
とかだと思うんだけど、親を自分に従わせようとは思わないけど、でも、
自分がそろそろしっかりしないといけないんだなぁ、って思った。今日。決定的に。

なので、明日からは、母親と口喧嘩をすることはないだろう。これはこれで、
悲しいことではあるが。

大事なこと。今日、ようやく、このせまい6畳間から、大きなタンスを一つ、
放逐した。ほっとした。実際以上に広くなった気がするよ。一大勢力?である、
パソパソとその周辺機器(プリンタ、Zip、スキャナなどなど)を移動させ。
……疲れたよ。まったく。

あと、残るタンスは一つ。これは2階の部屋に上げないといけないので、ちょっと
辛いんだけどねぇ。2階を片づけなきゃいけないという問題も、あるし。(^^;

このタンスを追い出したら、おっきな本棚を買うよ。天井まで届くくらい。
壁いっぱいに本を並べられるような。しっかりと壁に固定して、どんな地震が
あっても、倒れてこないような。(←これ、重要)

本棚もいいヤツは高いので、きっと3、4万円はすると思うけど、こればっかりは
仕方ない。いま、階段とか居間に積んである本たちを自分の部屋に呼び戻すには、
これしか方法がないもんね。本ってやっぱり、なんか特別だよねぇ。1年に1度しか
手に取らない本だとしても、でも、背表紙は常に確認しておきたいというか。
微妙なところだけどね。

そうそ。今日、パスポートを探してた。出張が、いつあってもいいように。
こんどの編集部は、特定の人が1年に何回も海外出張に出かける、というのではなく、
ランダムに、みんなそれぞれ機会が与えられる職場だということを知らされ。

で、探しましたよ。この部屋のどっかにある、ということを固く信じて。
17インチディスプレイの下敷きになってる段ボール箱をひっくり返したり、
押入の奥にあるヤツを確認したり。

そしたら、最後の最後に出てきた。やはり、去年の年末に行った韓国への
航空券の封筒とかと一緒に。ついでに、ハングルの書かれた封筒から、
1000ウォン札が、1枚、出てきたよ。

韓国、また行きたいなぁ。香港も行きたい。台湾も。上海も。成都とか。
あとはベトナム。マレーシア。シンガポール。フィリピン。インドネシア。
タイ、ラオス、ミャンマー。インド、バングラデシュ、ネパール、パキスタン、
中央アジアの国々。モンゴル。……。

行きたいよ。あちらこちらに。

1999年4月

日記

●平成十一年

・4月2日(金)

今日、すごい美少女を見た。総武線快速で。(*1)

普通は津田沼から、ちんたら普通電車で座っていくのに、今日はなんとなく、
快速で行くかぁ、と思い。

乗ってからしばらくして彼女に気が付いた。

誰に似てる、という話をするとイメージが固定されてイヤなんだけど、
そうだなぁ、最初思ったのが、SPEEDの上原多香子ちゃん。彼女にすごく
似てる。あとは、加藤あいさん。最近、ポケベルのCMとかやってる。。。
あとは、菅野美穂さんの若い頃にも……。

ほんの少しだけ面長で、黒目がち、伏し目がち。すごく印象的な瞳で。
髪の毛はショート。ウォークマンとかのイヤホンを付けてるんだけど、
それすらも、彼女の美しさを際だたせる装飾品になっている。
マスタード色のコードがとても美しい。
彼女、春っぽい白のブラウスを身にまとい。小さなデイバッグを
膝の上に載せ。
彼女一人だったら、たちまち声を掛けて、写真を撮らせてもらうんだけど。
お姉ちゃんぽいおねえさん(?)や、年上の知り合い何人かと一緒に
いたので、声を掛けることが出来なかった。
よく「彼女の美しさは犯罪的だ」なんて言い方をするけど、あんまりこの
言い方、好きじゃない。でも、そういいたくなる気持ちは、分かる。
犯罪的と言うよりは、破壊的、というか。
同世代の女の子を1,000人集めたとしても、そのうちで5本の指には入る
そんな美しさだ。あ、歳は、14、5というところだろうか。。。

錦糸町が近づき、電車を降りるころ、彼女のくちびるを見ていた。
ピンク、なんて生やさしい色ではない。固く引き締まった、血の色を
していた。人間の持つ、その中でも、少女の持つ、とりわけ、とても
美しい少女だけが持つ破壊的な破壊力。それをただ感じた。

人間そのものを超える芸術なんてない。人間が人間を捉える写真という
メディアにたずさわる者として、改めてそのことに感じ入った。

また会えないかな。

そういえば今日は4月1日。99年度のお正月だ。この日に、この娘(むすめ)に
会えたということが、99年度の私の生活の快調さを象徴しているようだ。

(*1)美少女という言い方は好きではないのだけれど、
これを「美しい少女」と言い換えるとすると、「今日、すごい美しい
少女を見た」となって、リズムが損なわれる。「今日、すごく美しい
少女を見た」としたとすると、すごく、が美しい、だけにかかる
連用修飾語になってしまい、「すごい美少女」というタームの持つ
インパクトには全然、届かない。なので、ここではやむを得ず、
「美少女」という言葉を使うことにした。
やや近い言い方だと、「今日、とても美しい少女を見た」かな。
もとのに比べ、こちらのほうがやや(だいぶ)上品か。

・4月12日(月)

ほんとうは昨日の夜、会社に行こうと思ってたのだが、いろいろあって(^^;
さぼった。

それもあって、今日は朝7時過ぎから起き出し、10時過ぎには会社に着いてた。
(我が社の定時は11時なのですよ。)

で、いつものように、休む間もなくパソコンに向かってたら、けっこう仕事が進み。
絶対お泊まりだ~、って思っていたら、帰れるような状況で。で、帰ってきました。
今日は、一日、良い日でしたよ。うんうん。終わりよければすべてよし。いろいろと
思い悩むこともあるのですけどもね。

そうそ。miyukiちゃんからも、メールが来た。ミミガが遊びに来てくれた。
あ、なんだか分からん? PostPetの話です。私はネコのシラナミを飼ってて、
で、miyukiちゃんちのネコは、ミミガ、っていうんです。
ふたりは仲良しで。

何を書いているのでしょう。

ま。それはそれとして。今月の下旬。GWの始まらないうちに、福岡へ帰るぞ。
西村さんに会いに。会って、たまってる愚痴を、どっぱーーーーーーーーん、って
こぼすんだー。だって西村さんは、私の唯一の、兄貴だし。いや、ほんとに。

もしも私に、兄と呼べる人がいたら、西村さん、それはきっと、あなたのほかには、
いないでしょう。

何を書いているのでしょう。(笑)

言っておくけど、わたし別に、男が好き!とかじゃあ、ないからね。女のほうが、
2億5千万倍好きだから、さ。(^^;

・4月17日(土)

今、深夜の1時過ぎ。明日早いんだからさぁ、寝ないとね。(^^;

昨日、会社の子(同僚)のクルマで運んでもらったマザーボードとケース、
古いマシンから部品を引っぱり出して、組み立てたんだけど、どうしても
うごかない。BIOSをあれこれいじってみても、どうしても、だめ。
変だなぁ、と思って、寝る前にもういっぺん確認したら、CPUに与える
電圧が、K6-200の場合、2.9Vなんだけど、それが2.5Vに
なってしまっており。うむむ。やはり0.4Vでも電圧が違うと、
立ち上がらないのね。ふむふむ。勉強になった。

で、今日。時間をこじ開け、もう一度チャレンジ。小倉はこんなに忙しいときに
いったい何をやってるんだ、と言われるかもしれないけど。
そしたらあっさり、うまくいきました。チップセットも同じMVP3なので、
ほとんどWin98も拒否反応を示さず。デバイスドライバも、ほとんどすんなり
移行できました。

キーボードの差し込む穴がPS/2になってしまったので、買ってきてキータッチが
気に入らなくてお蔵入りになってた、PS/2のキーボードを引っぱり出してきて、
使ってます。ううむ。どうしても気に入らない。この、なんか打ちにくいキーボード。
おかしいなぁ。どこかに切り替えコードがあったと思うんだけどなぁ。うーむ。

まあいいや。

某マキちゃんのところへ修業に行っている(^^; Let’s noteは、なかなか帰ってこない。
なんでも、彼女んとこのThinkPad iシリーズの修理がなかなか終わらないらしく。
けど、継子扱いされてないか、ちょっと心配。キーボードに醤油こぼされたりとか。

……大丈夫だよね。きっと。たぶん。それを信じよう。(^^;

・4月29日(木)

今日は午前中、サッカー大会。
午後からは、ここんところの疲れがどっと出て、ずっと寝てた。
明日はまた仕事。あさっても。(;_;)

連休はうんとのんびりできるなぁ、と思ってたら、来月号、第2特集の担当で
あることが、判明し。(^^;

で、慌ててモノを借りたり、ライターさんに手配をしたりと、忙しいモードに
入ってて。うーむ、やはり楽はさせてもらえないなぁ。(;_;)

それと。

新しいPCを組み立てたのに伴って、HDDのデータの移行をしてたのよ。
そしたら、HDDが急に立ち上がらなくなって。古いデータが全部入ってた
ものだったので、茫然自失、状態。

1週間くらい、その状態が続き。最終的には、奇跡的にデータを復活させる
ことができて。ちょっとほっとしてる。

バックアップの重要性を感じたこともあり、ATAPIのCD-Rドライブも
買ってしまった。ツクモ9号店?で、2万円ちょっと。MITSUMIのやつ。
SCSIじゃないとオンザフライができないとか、いろいろ言われてるけど、
別にいいのよ。音楽CDのコピーに使う訳じゃないから。大事なデータの
バックアップとか、あと、友だちに新しいプログラムを持っていくときなんかに
気軽に焼ければ、それでいいんだ。

・4月30日(金)

連休の合間の金曜日。……の割には、みんな会社に出てきてたなぁ。
やっぱり月刊誌の編集部の場合、連休があれば、その分だけ前後が忙しく
なる訳で。ほら、週刊誌みたいに、○○合併号!とかっていって、ごまかせない
でしょ。つらいとこだよねー。ま、仕方ないんだけど。

新しいパソコンだけど、どうしてもSCSIカードとネットワークカードを
共存させることができない。SCSIカードはTekramのDC390、だっけ?
ネットワークカードはメルコのLGY-PCI-TR(PCI対応の安いヤツ)。
なぜかなぁ。なーんか、共存できない、その理由に、マザボも一枚、かんでるような
気がしてならないんだけど。(^^;

ま、いいんだけどね。明日でもアキバに行って、カニのマークのカードでも
買ってきましょかね。

そういえば、というか、なんというか、去年の夏頃(?)、朝日新聞のテレビCMの
醜悪なさまについて書いたと思うんだけど、私が予想したとおり、あっさり松本恵を
捨てて、今が旬の田中麗奈に乗り換えたね。確かに松本恵、引退騒ぎとかいろいろあって、
印象を悪くしてたし、最近あんまりパッとしないというのもあるかもしれない。
けど、なんかあんまりだよな。松本恵~田中麗奈という、身代わりの早さがとてもとても
相変わらず、うまく立ち回っているね、って言いたい気分。

いいけど別に。

もし田中麗奈が落ち目になったら、次は誰に乗り換えるのかな?(^^;

【注】
↑この日の日記の、朝日新聞のCMに関する部分ですが、松本恵さんのホームページに
“彼女が芸能活動を中断しており、いまだ再開のメドが立っていない”という掲載があった
ため、「朝日新聞が松本恵を捨てた」という記述は、おそらく誤りだと考えられます。
このため、この部分に関しまして、訂正するとともに、ご迷惑をお掛けしたみなさまに対し、
お詫びをさせていただきます。(しばらくしたら当該の記述を削除します)

1999年3月

日記

●平成十一年

・3月3日(水)

弥生三月。春ですねっ!

今日はちょっと体調がすぐれなかったので、会社をお休みしてしまった。
一日中、寝てた。

昨日、夜中に映画「秋桜」がやってた。
これって虫の知らせっていうのかもしれないけど、夜の11時頃、意味もなく、
新聞のテレビ欄をしげしげと、眺めてたのね。わたし、家にいるときでも
テレビを見てる時間ってほとんどなくて。習慣として、テレビを付けておく、
ということをしないのですよ。
だって、うるさくない? 見たいときに、見たい番組やってないし。

けど昨日、テレビ欄の片隅の映画情報で、私の目は釘付けになり。
夜中の2時過ぎから、「秋桜」が放映されることが記されており。

絶対に見ようと思った。

もうすでに、ちょっと調子が悪かったんだけどね。そのときは。
で、早めに寝ようと思ってた。けど、ビデオに撮ってみるとか、そういう
まどろっこしいことはしたくなかったので(ちゃんと録画はしたけど)、
どうしても、リアルタイムで見たかった。それで、なんとかその時間まで
起きてました。辛かったけど。

で。見ました。去年の6月に2回、劇場で見たので、ストーリーは全部
覚えてた。笑えるところも、ちゃんと。しっかりと、笑わせてもらったよ。
学校を辞めさせたい、っていう母親との面談のあとの、女子生徒のセリフとか。

あと、彼氏を演じる男の子の情けなさとか。親友の父親の、大人のいやらしさとか。
校長と教頭の描かれ方とか。故郷の自然とか。

それにしても、松下恵は、いい。すごく美少女なんだけど、周りに緊張を強いない
ところが、とても好感を持てる。自分を相対化できているというか。この子、
絶対に大成すると思うな。松下恵の株というものが、もしあったとしたら、
何百万株でも買いたいですね。……お金があれば、だけど。(爆)

もう少ししたら、ビデオも出るみたい。どうしてこんなに遅れたのだろう。
レンタルビデオ屋さんに行くたびに、ずっと私、探してたんだよ。早くみたいと
思って。

値段は破格の3800円。きっと、大勢の人に買って見てもらいたいという
関係者の気持ちの表われなのでしょう。私も買うよ。必ず、必ず。

以下。メモから。

宇多田ヒカルを見た。CDTVで。
親友Mが言うとおり、キュートな子だった。
歌に似合わず、純日本人って顔してるんだね。

で、ひとつ。

彼女、かわいそうだよ。
親の奴隷だったんじゃないかな。いままでずっと。これから、しばらく。

なんか痛々しかった。見ていて、切なかった。

あみーごも、初々しさが消えてたね。みごとに。
ありゃあ、(以下、自主規制)

野猿っていうグループを見た。新曲を歌ってた。
作詞・秋本 康、作曲・後藤次利。

すげぇあざとい、って思った。聞くに堪えないほど。
なんだか、いまの時代を嘆いているようなふりをして、
それらしい単語を並べてみて、それで金儲けをしてる。

(この項、続く。たぶんね)

それから。今日の朝刊。プレステの新機種とペンティアムIIIの発売の
記事が載ってた。ペンティアムIIIの記事のほう、最後に、

「ペンティアムIII搭載パソコンは、NEC製が二機種とも六十万円以上、
富士通製も四十二万円-百十三万円と現段階ではまだ高価で、当面は
コンピューターを使った設計や製図などが用途になりそうだ。」

って結んでる。これって、恐るべき誤報だと思うぞ。
ま、「誤報」とかって叫ぶよりも、ひそひそ声で「やばくなーい」って
感じなんだけど。(笑)

だってさぁ。泣けるというか、笑えるというか、同じ今日付けの朝刊の
中で、安さを売り物にしているメーカーのペンティアムIII搭載マシンの
広告が2つ載ってて。片方は、198,000円。もう片方は149,900円だよ。(笑)

富士通とNECの新機種の価格情報だけを取り上げて、「設計や製図などが
用途になる」って決めつけてる。パソコンのことをまったく分かってない
記者が書いたとしか、思えないよね。この記事。どう考えても。

ホワイトボックス、という言葉を最近、聞くようになったけど、
そう、パソコンって、いまや大企業が大きな工場で何千人も人を使って
作る、そういうものではなくなってきているのだな。ホワイトボックスって
いうのは、ちいさな事務所とか、問屋とか、それこそ、ガレージみたいな
ところで、部品を組み立てて作る、格安のパソコンのことをいうらしく。
ホワイトボックスって、いいネーミングだよね。

そういう、あまり規模の大きくないメーカー(?)が、いまの日本の
パソコンのトレンドを引っ張っているというのに、そのへんの理解が、
まるでない。あまりにも、みっともないよね。

もういっぺん、引用するけど、
「当面はコンピューターを使った設計や製図などが用途になりそうだ。」
って、当面っていつなんだよー、とか、コンピューターを使った設計や
製図って、誰がそんなこと、してるんだよーって、突っ込みたくなるのは
私だけでしょうか。(^^;

よっぽど朝日新聞に電話してやろうと思ったけど、そんな暇人でもないので
やめた。(笑)

んなとこかな。(^^)

・3月10日(水)

はやいねぇ。もう10日ですか。5月号の作業も、そろそろ、ヤバめに
なってきた。今月は特集や小冊子はないものの、まだ原稿を打たないといけない
ページがずいぶんと残ってる……。うー。

あ、いま、電車の中です。会社へ向かう……。津田沼始発だから、ずいぶんと
空いてる。

最近、何人かの人と(もちろん女性)、メールのやりとりを始めています。
って前に書いたっけ。ポストペットで、ネコ同士でひとり。それから、親友の
Mの紹介で、もうひとり。最近、この紹介された娘もふくめ、Mのまわりで
パソコン&メールをやる人が、増えてるんだって。思えば、一昨年の年の瀬、
秋葉原のソフマップ5号店(だっけ?)の4階の中古ノートPCコーナーで、
COMPAQのARMADAを衝動買いしたことから、ずっと続いている
のだなぁ、と思って、なんとなく感慨に浸ってしまった。考えてみれば、
いま男、女、関係なくダントツの親友であるMとの出会いも、ひょんなことから
だったもんなぁ。多くは語らないが。(^^;
私が小説家になったら(ならないと思うけど)、短編小説のモチーフにでも
しましょかね。

そう。新しく始めた2人とのメールの交換が、とてもとても楽しい。付き合いが
長くない分、発想の仕方も新鮮だし。期待してたのと違ったレスが返ってきて、
独りでにやけてたり。なにげなく書いたメールの言葉で、思いがけなくも
相手を励ますことができたり。そう、楽しい。とてもとても。

人はなぜモノを書くのか、という問いに対する答えは、もちろん一つには語れない
んだろうけど、楽しいから書く、というのは絶対あるよね。その楽しさというのは、
自分の心の中にあるモノを相手に伝える楽しさ。相手が受け止めてくれて、それを
自分の言葉で投げ返してくれる嬉しさ。そういう、目に見えない絆みたいなものが
できてるという感じ。相手が、顔の見える特定の人か、もしくは全然知らない
不特定多数の人か、という違いはあるけど、それでも、人の心の中って見えない
から、人は自分の心の中にあるモノを、ときには声に乗せて、ときには文字として
だれかに伝えずにはいられないのだろう。

それでは、逆に書きたくないときというのはどうだろう。書きたい理由、伝えたい
その訳というのは、すぐに思い浮かぶのだが、書きたくない理由を説明するのは
むずかしい。書きたくないっていったら書きたくないんだから、しょうがない、と
いうのが、一番近いところかもしれない。ま、書きたい理由を敷衍して考えると
書きたくない理由(とやら)も自ずと浮かんでくる。その相手に、何かを伝えたいと
思わない。自分の伝えたいことが(不幸なことに)相手に正確に伝わらない。
その伝わらない理由にはいくつかあるのだろうが、自分自身に問題があるのかも
しれないし、あるいは、相手の心がねじ曲がっていて、私の伝えたい事柄を歪めて
受け取ってしまうのかもしれない。どこまで行っても、お互いの人間性だし、
関係性のなせるワザだし、そう、私は、どんな人とも簡単に分かり合えるというのは
幻想に過ぎないと思っているし(それでも、人は分かり合えるはずだという思いもある)、
その人の人生というのは、人それぞれ別々で、生きていくうちに大切に思うものが
それぞれに生まれてきて、大人になると、こどもの頃のように無邪気に、なんでも
まっすぐに受け止められなくなっているというのも、あるのだろう。
こんな原稿をデスクに出したら、だらだらと長い、と赤字が入って、すぐに
つっかえされるんだろうけど。でも。
まあでも、書かないことには理由があるのですよ。本人が自覚しているかしていないかは
別にして。そう、書かないことには理由がある。それも、ある意味においては、書く理由
よりも、根が深い、解決の遠い、始末に負えないことなのかもしれない。私は人間として
ずっと奥のほうにすごく冷たい部分を持っているらしいから。何人もの人に何度も繰り返し
言われたことがあるし、自分でも自覚していないこともないし。けど単なる言い訳に聞こえる
かも知れないけど、ものすごく冷たいものを持っているからこそ、沸騰するような熱いものも
持ち合わせることができるのだと思うのですよ。
ちょっと逸れたかな。
ま、とにかく今現在の状況は故無きことでは絶対にないし、私の今の身の処し方は自分で
考え尽くしてのこと。単に意地を張っているとか、戻るタイミングを失っているとか、
そういうことでは丸でないのですよ。もしも私が友人たちに対し再びメールで何か書き始める
ことがあるとしたら、それは私がこの人たちに対して、何か言いたい、何か伝えたい、と
心の底から感じたときだろう。年も年だし、そうなんども同じ失敗を繰り返したくないしね。
そんなに私、ヒマじゃないし。
ここまで読み返してみて、あんまりすっきりはしてないけど、まあ各方面の怒りを買うほど
めちゃくちゃな論旨でもないと思うので、このままにしておきます。

今、帰りの電車の中。行きの電車の中で書いた上の文章を読み返したところ。
うん、ちょっとリズムの上で気になるところはあるけど、まあいいや、このままで
アップしてしまいましょう。気になる部分を直すと、全体との整合性が、とりにくく
なることが多いから。もういっぺん読んで、それでよければ、このままいきましょ。

今日は家まで帰り、クルマで会社まで行って、パソコンを1台、家に持ってかえって
来ないといけない。うーん、強行軍だ……。明日も休めるわけではないし。(あたりまえ)
締め切りが近いのに、何となく終わりが見えてこない、けっこうつらいよねぇ。
このあたりの状況って。今頃から来月の話をライターさんたちと進めておけば、
来月は少し状況が楽になるのだろうに。なかなか出来ないよね。一つの進行を
抱えていながら、次回のことに考えを巡らすというのは。いやいや、本当は
できる編集者は、否、普通の編集者はそれくらいのことを、ぺろんとやって
しまうのだろうが。要するに交通整理係であることを求められる編集者という
稼業は、なかなか私の性格的には、ずぼらな私にはとても困難な作業が多い訳で。
うむ、しかし生きていくということは辛いことばかりなのであり。どれもこれも
修業だと割り切ることが出来れば、もう少し気持ちも楽になるのかしらね。
どうなんでしょ。なんかだらだら書いてるな。あ、いま平井に着いたとこ。

・3月14日(日)

またも電車の中。いまは月曜日の午前0時16分。これから仕事。(^^;

をい!Internet Explorer 5、おまえよぉ、なんのことわりもなく、HTMLファイルの
関連づけ、変えるなよなぁ。俺はおまえの、そういう独りよがりなところが、いちばん、
嫌いなんだよ。。。

まったく。HTMLファイルといえば、この日記を更新するのに使うことが
一番多いので、普通のテキストと同じように秀丸に関連付けてたのに。IE5を
インストールしただけで、勝手にIE5が立ち上がるようになってしまった。はぁ。
せめて、一言くらい、断りを入れたらどうなんだよ? ったく。

ハッキリ言って、怒ってます。関連づけの変更も、win95あたりから、
なんか面倒なんだよな。。。

(この間、数時間。。。)

あ、関連づけは直しました。1番目が秀丸。2番目がNetscape。

締め切り前なので、今日も夜中、会社で仕事をしている。(いまは午前4時15分)

家を11時過ぎに出てきたんだけど、なぜか母が玄関を出て、隣の駐車場のほうまで
来て、一言。
「安住の地なんて、ないんだからね」

ったく、息子が疲れ果てて夜中に仕事に向かおうというのに、なんつー母親だ。
……でも、言いたいことは分かる。痛いほど。

あ、そうだ。今日の夕方、弟から携帯に電話があり。「パパがでていったよ」と。

そうすか。了解しました。また引っ越しだ。大変だ。何度も行ったり来たり
するって分かってたら、軽トラックにでも乗ってたのに。(笑)
大分から安藤健二を呼ぼうか。無理か。(爆)

ということで、こんどの連休あたりが、引っ越しデイズになるのかな。
いやいや、母親はいま無職だし、弟も夜の仕事だから、昼間は彼のジープを
使って、ちょこちょこ荷物を運べるでしょう。私も、本や、あれやこれや、
とりあえず、段ボール箱をうんと買ってきて、バンバン詰めるだけは
しようかね。たぶん、ずっとあとで、自分で運ぶことになると思うんだけど。(;_;)

こういう言い方はまだ早いか、どうか、よく分からないのだが、この7ヶ月余の
「ファミリーハイツK」での生活は、私の人生の大きなターニングポイントに
なったような気がする。一言で言えば、ちょっと格好良すぎるかも知れないけど、
正義は必ず勝つ、ということ、かな。誰が悪とか、そういうことを言うつもりは
ないのだけれども。なんて書き方をすると、父親を悪者にしてるのではないか。
言い逃れをするな! なんてまた怒りの投書が来てしまうかも知れないけど、
そうじゃなくてね。
実家を出て、高い家賃を払って、食費を切りつめてアパートで暮らした、この
経験は、ぜったいに価値のあるものだったっていう気が、うんとするのよね。

そう。

ふつうだったら、「そう思わなきゃ、やってられないしね」って自分で
おちゃらけて、中和させるところだけど、今日はしない。なぜかしない。

それはそれとして。そうそう。去年の春に買ったバッグが、ヒモのところが
ボロボロになってきて、そろそろ限界かなぁ、という気がしてる。
これ買ったの、いつだかちゃんと覚えてる。4月22日。どうしてかっていうと、
アキヨちゃんとの2回目のデートの日だったから。前に使ってたバッグが、
けっこう古くなってて。う~む、新しいのが欲しいなぁ、なんて思いながら、
待ち合わせをした新宿の街を、あちらこちら歩いてた。丸井とか、けっこう
かすってたんだけどね。うーん、でも、「ぜったい、これ!」っていうものが
ないと、なかなかバッグは買えないよね。洋服とかクツとかみたいに、
日替わりで、って訳にはいかないでしょ。(ん?日替わりでもいいの?)
いやいや、私、損な性格なのか、単に面倒くさがりやなだけかも知れないけど、
カバンとかって、すごく気に入ったのを一つ持つと、ほかのモノには、もう、
全然、目がいかないのね。

話を元に戻すと、その日、新宿の街を歩いてて、ある小さな鞄屋のショーウインドウで
私の目は釘付けになった。あ、これだ……。
そのお店は、私のようなムサイおっさんが入るような雰囲気の店ではなくて、
ちょっと分かってるわよ風のおねえさんが好んで利用しそうな、おしゃれな
鞄屋さんで。でもそんなことはお構いなく、店のおばちゃんをつかまえて、
あの鞄が欲しい、って言ってた。ちょっと高かったんだよね。13,800円
とかじゃあ、なかったかな?(よくおぼえてるなぁ<をいら)

で、さっそくゲットして。それまで使ってた鞄の中身を移して、古いのは
速攻捨てて。で、いざ待ち合わせ場所へ、と向かったのでした。

あの日、新宿駅の地下道を歩きながら、電話番号聞いていい?って言うと、
どうしてもっと早く聞いてくれなかったのだ、という意味のことを彼女は言い。

……。何を書いてるんでしょうね。ま、一言で言うと、人間の運命の不思議さ、
とでも言いましょうか。(^^;

私って、自分に自信がないのよ。とてもとても。なんか、テンポとか、リズムとか、
タイミングとか、ノリとか、自分では、自分の持っているモノ、すごく好きなんだけど、
なかなか、合いそうな人がいないんだよね。うん、そう。いない。だから、気に入った
人がいても、そういう人に、自分の良さをアピールする、もしくは、自分のほうを振り向いて
もらう、ということに対して、とてもとても消極的になってしまう訳で。
仕方がないよね、と思う。で、私がこの人!と思う人に限って、だいたい、
大きくハズしてることが多くて。(^^;
なので、私、自分で人を見る目はあるなあ、と思うんだけど、ことが色恋沙汰に
なると、その人間を見る鑑識眼、おもいっきり精度が落ちまくる訳で。
うーん。どうしたもんでしょ。

あ、そうそう。その最も有効な解決策?としては、私の福岡の母、町田さんが
言ってた、

小倉君は、自分が好きになる人じゃなくて、あなたのことを
好いてくれる人と一緒になったほうがいいんじゃない?

この言葉を、深く深く心に刻んで、日々精進しているわけですよ。

たしかに、自分から、いいな、と思って声を掛けて、最初うまくいっても、
あとからだんだんだんだん、なんか違うな、と思うことが、私の場合は、
むちゃくちゃ多かったわけで。31年のつたない人生経験の中で。
だから、いまはまな板の上の愛染恭子のような気分で(古い?)
淡々と、向こうから誰かがやってくるのを、じっと待ってます。(あり地獄?)(^^;

何を延々、書いてるんでしょ。あ、いま、市川まで来ましたよ。

家に帰って、少しは寝れるかな。昼過ぎには会社に戻らないとな。
うーん、やっぱり仕事は大変ですね。どんな仕事でも、楽な仕事はないですね。

今月の進行が終わったら、思いっきり好きなことがしたい。最近会ってない
友だちにも、いっぱい会いたい。ふだん話せないようなこと、人生について、
政治について、21世紀について、恋愛について、結婚について、etc…
その他いろいろ。

そのためにも、今日いったん帰って、すこしぐっすり寝て、さくっと起きて、
明日(今日)あと数ページ、原稿をバキバキ打って。あと2、3日(だよね?)
頑張れば、楽になれる。。。

は、何を書いてるんでしょう。眠くなってきた。いま、西船橋。
眠くなってきたけど、ここで寝たら、千葉駅直行になってしまうので、
我慢、我慢。

・3月18日(木)

あぁ。おなか空いた。。。いま、会社へ行く電車の中。船橋駅を出たトコ。

こないだ、父が家を出たことは書いたと思うけど、その次の日から、手動の(?)
引っ越し作業は始まっており。自転車歴×十年の母は、果敢にも自分の身の回りの
荷物だとか、台所用品だとかを、ママチャリに積み、片道3分のアパートと
実家との道のりを、何十往復も始めた。

で、何日か前、私が朝方帰宅したとき(会社からね、もちろん(^^; )
母親に宣言された。これからはウチ(実家のことね)でご飯を作る
からね。食べたかったらうちに来なさい。みたいな。

なので、今朝起きても、当然ご飯はない。すごいショックで。
で、会社に行く準備を一通り済ませてから、実家に電話したら、
……誰も出ない。あらら。。。仕方ない。市ヶ谷まで我慢して、
どっか、マックかモスかで、なんか買っていこう。

あ、書くの忘れたけど、きょうは月一恒例の出張校正、なのですね。
一ヶ月のウチ、一番、開放感に浸れる日。無事に終われば、だけど……。

そうだ。昨日の午後、作業が一通り終わったので、Linuxでも
インストールするか、と思って、HDDに入れてたのね。
でもうまくいかない。仕方がないので、こないだ買ってきて、私の
メインHDDに納まっているIBMの10GBのHDDのパーティションを
切り直すことにして。ほら、徹夜続きのアタマでふらふらだったのよ。
だから、あんまり複雑なことは考えずに、湿地帯って分かってても
直線を選んでしまう、みたいな。

で、見事にドツボりました。パーティションリサイズの途中で、
急にマシンがリセットされて、で、すべておじゃん。おじゃん、って
ひらがなでいいのかなぁ。カタカナ? オジャン? こっちかな。
それはそれとして、そう、おじゃんになってしまったので、今日は
出張校正が終わってから、環境構築を一から始めないといけない。
2~3時間は、掛かるだろうなぁ。はぁ。

仕事に必要な最低限のデータだけは、バックアップを取ってある
のだけれど。当然のことながら。それにしても、いくつかいくつかの
アプリケーションをちんたらちんたらインストールするのは、エライ
面倒だ。CD-Rでも付けて、フルバックアップを取るように
しようかなぁ。。。

あんまり書くこともないなぁ。けど、電車のなかの暇つぶしに、パソパソに
向かう私でした。いま、荒川を渡るとこ。

今日はむちゃくちゃ、暖かい。暖かいなぁ。

・3月20日(土)

今日は寒いねぇ。めちゃくちゃ。
髪の毛を切りました。べつに失恋したわけではなく、決意の表われ、ということで。
失恋をするような相手なんていないということは、ここを見てれば分かりますよね。(;_;)

ちょっと短くしすぎたかなぁ、と思い始めていますが、どうでしょ。ま、
春だし。いいかな、と。

あ、そうだ。昨日、やっとLinuxでのダイヤルアップに成功し、
このページを見ることができました! ……感動。けど、フォントの設定が
間違ってるのか(?)なんかバランスがむっちゃ悪くて。文字を大きくしても
なんかギザギザで。あれがフリーの限界なのか? ……分からん。

会社でね、半日かけてインストールをしてたのですよ。TurboLinux 3.0の。
けど、どうしてもうまくいかない。最初の、フォーマットとかファイルシステムの
作成というところで引っかかる。使ってるHDDが、こないだクラッシュしたばかりの
曰く付きのヤツだからかなぁ、とも思うのですが。4.3GBのHDDで、
3GBすぎのところがイカれちゃったようなので、3GB以降は使わないように
パーティションを切って。Windowsで何度もフォーマット、スキャンディスクを
繰り返し。それでもダメ。
あと、ネットワークカードが対応していないとかで、古いISAのカードを
持ってきて、いろいろやってたんですけど、これがまた、えらく面倒で。
もう、投げ出したくなった。
結局11時半までやってたけどうまくいかず、週明けにはHDDを交換して
再挑戦しよう。ネットワークカードは、やっぱりISAに戻すのは癪なので、
PCIの製品で、動くものを探して、買ってきましょう。(^^;
MELCOのLCI-TXIとLGY-PCI-TRっつうのが、動くらしいので。

ここから夜中に書いてます。いま2時35分頃、かな。
もしもし、親友のMさん、見てますか? 聞こえる?
いただいた神の河、ほぼ飲み終わりました。ありがとうございます。
とてもおいしゅうございました。なので、次もよろしく。

……。うそうそ。気を使わなくても、いいんだよ。私はあなたが
いまよりもっと、元気に、そして幸せになってくれたら、それで
いいんだから。うん、そう。

これも、前から言ってることだけど、あなたは、あなたのまわりの
とても辛い思いをしているたくさんの友だちを励ます、元気づける、
幸せにしてあげる(幸せになることに対して、手を貸す)、そういう
役割を担って、生まれてきた人なんだからね。ホントに、そうなんだよ。
だから、体を大切にね。お金なくても、病院にはちゃんと、行くように。(^^;

さっきまで、部屋の片づけをしてました。B型の例に漏れず、私も、
追いつめられて、やむを得ず行なう、徹底的な片づけは、実は
大好きで。しばらく未整理だった、サービスサイズの写真を山ほど
入れてある紙袋が出てきて。一枚いちまい、見てた。やばい写真も
結構あったけど。結婚するまでには、どっかに処分しないとね。(^^;

けど、写真をずっと見てたら、その写真たちが一つのことを訴えかけて
くる。「写真、撮れよ」って。

どんな乞食になってもいいから、写真を撮りたい。撮り続けたい。死ぬまで。
結婚なんか出来なくてもいい。可愛い娘なんか作らなくてもいい。
でかい家なんか住まなくてもいい。早死にしてもいいから、いい写真を
撮りたい。世界中の人をじーんとさせるような、いい写真を撮りたい。
生きてて良かった、人間っていいよね、って思えるような、あったかい
写真を撮りたい。そう、じゃがバタみたいな、写真。

・3月22日(月)

振替休日。今日も、いろいろ忙しかった。
すっごい寒いねぇ。まさに、冬に逆戻り。お気に入りの(一張羅という
話もある。)厚手のセーターを着込んでた。すっごい好きなんだよね。
色は黒と濃い黄色の横縞。ダボッとした感じで。首はVネックなんだけど。
多分、すごくいい毛糸を使ってるんでしょう、全然、毛玉ができない。

これって福岡で、付き合ってた某年上の彼女にもらったもので。
いろんなモノを、もらったよなー。彼女、バーゲンがとても好きらしく、
シャツとかセーターとか、いろいろもらった。掃除機とか。
一昨日、3月20日というのは、いうまでもなく、地下鉄サリン事件の
起こった日だけど、4年前のこの日、すごく記憶に残っている。
彼女と一緒にいたので。

あれから、もう4ねんもたつんだ。。。
というか、あれからまだ、4年しかたってないんだね。

年月の過ぎゆく早さというのは、よく分からないものがありますね。。。

昨日、テレビとビデオを布団を敷いている和室に移動してきて。
めずらしく、レンタルビデオ屋さんに行って、ビデオを2本借りてきた。
1本は言うまでもなく、こどもは見ちゃいけないビデオ。もう1本は、
(ハル)っていう映画。知ってるかな? パソコン通信を通して
知り合う男女の話。(って書くと、身もふたもないのだが)

友人から、すっごくひさしぶりにメールをもらい、それに触発されて
見ようと思ったのね。

実は、私、この映画、映画館で見てるんだよね。多分、福岡のどっかで
だと思うんだけど。場所は思い出せない。ソラリアか、どっかかな?

でも、そのときは、ちょっとピンとこなかった。映画としての出来は
今ひとつかな、と。

昨日見た感想は……、うーん、そうだなぁ、画面いっぱいに表示される
メールの文章の校正を、一所懸命に、してた。これはいわゆる職業病と
いうやつでしょうか。……。いいけど、べつに。

うんでも、前に映画館で見たときよりは、楽しめたかなぁ。
前に見たときは、何がイヤかって、男が出張で、女の故郷を新幹線で
通過する。そのとき、一瞬の邂逅、お互いがビデオカメラを手にして、
お互いの姿を記録しようとするんだよね。
いかにも、バーチャル、っていう象徴?として。
最後のほうで、そのシーンが、プレイバックされ。

うーん、って唸ってしまった。

なんか違うんじゃないかなぁ。と。

うまく説明できないんですけど。でも、なんかいや。あるでしょ、そういうこと。

今回ビデオを見て感じたのは、ローズ役のヒロインの妹、あの子可愛いね。
名前を思い出せず。誰だっけなぁ。よく見かけるんだよなぁ。うーん、
和久井映美(こんな字?)に、むっちゃ、似てるけど、違うんだよなー。
って。

最後の何とかロール(っていうんですよね。)を見てて、分かった。
ああ、そうだ。戸田菜穂。名前もいいよね。リズムも字面も。

けど、最近はあんまり、見ないかな? 彼女の姿。
よいのですが。別に。

今日の日記、あんまり書いてて楽しそうじゃないですね。>私
なんでだろ。さっき、電話で親友のMとちょっとやりあったから
かな。

今日もBGA(バックグラウンドアルコール)は、協和発酵謹製「アジアン」
けっこう、イケるんだよねぇ。なにより安いし。

音楽は、めずらしくマイラバのアルバム「Evergreen」。
ちょうど「Hello, Again」がかかってるとこ。

この曲って、私の中で、指折り数える中にはいるほど、名曲、大好きな曲
なんだけど、この曲を聴くたびに、いい曲っていいよなぁ、でも、いい曲って
少ないよなぁ、っていう思いを新たにする。

もっと本音を言うと、女性ボーカリストのイノチって、実はすごく、短いん
じゃあないだろうか、ということを思うのですが。

イノチというか、最盛期ということかな。盛り、ノッてる時。

そしてそれは、過ぎてみないと本当は分からないようなものかもしれないのですが。

だからなんだ、といわれると一言もないのですが、ほかのどのマイラバの曲も
この「Hello, Again ~昔からある場所~」ほど、良くない。成功していない。
あくまでも、私の中で、だけど。

それを思うと、なぜか、粛然とした気分になる。とても大切なことを
知らされるというか。

よく分かんないけど。

今を一所懸命に生きないと、ダメだよ、ということに、きっとつながっていくと
思うんだけど。……え? 月並み? ふふふ。大切なことっていうのは、とっくに
みんな知ってることばっかりなんだよ。たとえば、人の命は地球より重い、って
前から言ってても、ひと殺してばっかりじゃない。どいつもこいつも。

何を書いてるんだ。いつまでも、ぐだぐだと。

寝ましょかね。

・3月24日(水)

今日は暖かい。すごく、すごく。

久しぶりに、夢を見た。内容はほとんど覚えてないのだが、私の愛車の
アスコット・イノーバが出てくる。銀色の。
で、なんかいろいろやってるんだけど、いつも鍵を探してるんだよね。
クルマの鍵を。どこへ行ったんだろう……って、いくら探しても絶対に
見つからない。うーん、うーん、うーん、と探し続けている、夢。

仕事でも動きがあったのだが、まだ書けない。なんていうと、思わせぶりだけど
そうではなくて。社内の細々したことを書いても、仕方ないしね。

けど、週の初め、やる気に満ちて出社した私だったのですが、
夜の12時過ぎに会社を出たときは、けっこう、疲れ切ってた。
先週末に続いて、TurboLinux 3.0のインストールを(こんどはノートで)
やってたんだけど、またもや、ハマりまくり。
こんどは、起動部分(LILOっていう……)の書き込みが、どうしても
うまくいかないのと、あとは、X Windowが自動設定だとまったく表示されない。
うぬぬ。。。さすがに、ノートだとハマりますなぁ。。。時間が山ほど
あればよいのですが、なにぶん、ほかの仕事を合間にやってるもんだから、
さくさく進まないと、すごくイライラする。。。私って元来、すごく短気
なんですよね。知ってるひとは知ってると思うけど。。。

あとは、昨日、行きの電車で読んでた、宮本輝さんの小説「夢見通りの……」が
ちょっと影響してたかな。夢見通り商店街に住んでいる人たちの、さまざまな
生と性を描いた小説。前半、なぜか読んでて、気分が悪くなってきた。
私は人間のドロドロした部分に目を向けた小説が、あまり得意ではないのですよ。
だから、さわやかな青春小説が好きで。しつこいラブシーンとかも、読んでても
ぜんぜん嬉しくないし。

それはそれとして。けど、この小説、数年ぶりに読み返して、感じたこと。
主人公の男が思いを寄せる、美容室に勤めている光子という女性が出てくる
んだけど、私、前に読んだときからの記憶として、彼女は肉屋のとんでもない
男と関係を持ってしまう淫乱な女、みたいなふうに思ってた。
けど今回読み直してみたら、そんなこと、とんでも……。
なんでそんなふうに思ってたんでしょ。分からん……。

小説を読む力が、あまりにも足りなかったのでしょう。その当時の私には。

1999年2月

日記

●平成十一年

・2月7日(日)

うーん、咳が切れないなぁ。金曜日に近所の医者に行って、
見てもらったんだけど。薬を5種類×4日分、もらった。
血液検査もしてもらったよ。X線は撮らなかったけど。

どうもねぇ。しばらく前から、のどの方からしょっぱい咳が
こみ上げてくるのね。なので、分からないなりに考えてみるのだが、
きっと気管支炎とか?じゃあないのかなぁ、と思うのだが。
このまま咳が止まらなかったら、また同じ医者に行こう。
お医者さんにとっても詳しい某Mは、
大きいところに行って、ちゃんとレントゲンを撮ってもらった
ほうがいい、っていうんだけど、なかなかなぁ。医者にとんと
縁がない私は、「医者を選ぶ」ということがピンとこない。
近くて空いてるお医者さんがいちばんいいと思っているので。(^^;

冗談はさておき、病状が悪化して入院とかいうことになったら
会社のみんなにも迷惑を掛けるし、なによりお給料が減っちゃうし
そうなると、ただでさえ経済苦の小倉家の経済に多大な打撃を
与えることになるので、それだけは避けなければいけない。
つうことで、もう少し様子を見て、本当に変だったら、
ちゃんとヘルプ信号を出そう。医者に対して。

特別変わったことはないのだが、そう、昨日、輝さんの紀行文
「ひとたびはポプラに臥す」2巻を買った。さくっと読んだ。
中国の奥地で、カメラマンの人がコンタクトを落とす描写があって。
私も前に職業カメラマンをしていた関係上、なってないなあ、と
思った。だいたい、海外に行くのにコンタクトで出かける。それも
替えを1セットしか持ってきてないというのだから、恐れ入る。
眼鏡にしろよ、眼鏡に、とか叫んでしまった。もちろん、彼には
彼のいろんな事情があるだろうし(コンタクトじゃないと視力が
出ないとか、体質的に眼鏡はダメ、とか)、眼鏡だってもちろん
落として壊れることはある。けどさぁ、それにしても、中国の
奥地で強風に吹かれてコンタクトを道に落とす。それをみんなで
さがす、という図は、かなり間抜けだよなぁ。

さらに少し、勝手な感想を書くと、彼の写真、旅を続けるに
つれて、少しずつ、よくなってきた。被写体への近づき方とか。
うーん、やっぱり旅は、過酷な旅は、男を成長させるんだなぁ、
とか思った。けど、夕日に浮かぶハンググライダーの写真は
なかったんだけど。(^^;

ま、それはそれとして。読んでない人にはちんぷんかんぷんの
文ですね。ははは。

あ、そうそう。文春文庫(?だったと思う)で、「タマリンドの木」が
出ていた。池澤夏樹さんの珠玉の恋愛小説。なかなか文庫化されなかった
ので、???と思ってたのですよ。もしかしたら、大幅に加筆されて
別の作品として生まれ変わるのかな、なんて期待もちょっとしてたり
して。

文庫化記念に、うちにあるハードカバーを引っぱり出してきて、
明日あたりから読み返そう。たぶん、もう10回以上読んだと思うんだけど。
短い小説なので、本当にあっという間に読み返せてしまうんだけど。

それにしても、よくできた小説だよね。いい意味で言っているのだが。
読んでいて、むちゃくちゃ心地いいというか。主人公たちのセリフが
ばんばん自分の中に入ってくるというか。いや、なかなかないよね。
こういう小説は。毎日新聞に私が勤めてたとき、学芸部の記者と、
那覇に行って、池澤夏樹さんにインタビューしたいよね、って、
ずっと話してたんだけど、結局実現せず。かれ(記者)は今、
東京でずいぶんと活躍しているみたいだけど。

そうそ。きのうひさしぶりに167MT(コンタックスのカメラ)
を引っぱり出してきて、津田沼の駅の写真屋さんでPRESTOを
買って詰めた。……。やっぱり、モノクロのフィルムを詰めてると、
なんか違うね。うん、ハッキリと自分の中で、違うよ。カラーフィルムを
入れてるカメラを持ってるときは、記念写真を撮るよー、って感じ
なんだけど、モノクロだと、作品をモノにしてやろう、という
ちょっとだけギラギラした気持ちが、自分の中にある。フィルムなんて
カラーもモノクロも一緒じゃん、とかって言われちゃうと思うけど、
それが全然そうではないのだよ。

が、自宅に暗室があるとかっていう恵まれた環境の人をのぞいて、
モノクロの写真ってカラーより圧倒的にコストがかかるんだよね。
ほら、最近、0円写真とかっていって、カラー写真の現像、プリント
全部ひっくるめて、1本あたり6、700円くらいで出来ちゃうでしょ。
モノクロだと、現像に4、500円かかって、あとプリントは1枚
35円とか。それも機械焼きの黒も白も全然階調が出てない、
どうしようもない、コマの確認くらいにしか使えないような代物が。

手ごろな価格で手に入るフイルムスキャナの性能が、もっとよく
なればなぁ。今の会社に入った直後に買った、ミノルタのフイルム
スキャナは、開発の人が認めるくらい、メタメタで。とくに、
Windows環境ではどうしようもないくらい、ダメダメで。
まったく「使えない」ので、数ヶ月でソフマップ行きとなって
しまいましたが。あのトラウマがあるので、よっぽどいいものが出て
こないと、フイルムスキャナを買おうという気はしないだろうなぁ。
このあとしばらくは。

そう。そういうわけで、モノクロ大好きの私ですが、プリントもせずに
現像だけして自宅の物置で眠っているモノクロのネガが、やまほどある
のね。だから、最近はモノクロで撮影するのにちょっと臆病になっている
ところがあるかもしれない。けどダメだよね。そんなことを言っていては。
少しずつでも、自分の作品を増やしていかないとね。Webの写真も
最近、全然増えてないしね。

すいません。もし写真が増えるのを期待してちょくちょく見に来てくれて
いる方がいらっしゃったら、深く深く、お詫びいたします。
気長にお待ち下さい。愛想を尽かして下さってもいっこうに構いませんが。
だって、仕方ないよね。私も気が短い方だから、いつまでたっても更新
されない写真のサイトなんて、来なくなっちゃうよね。それはそれで、
しょうがない。

・2月18日(木)

今、出張校正中。「しゅっちょうこうせい」というのは、印刷所に行って
印刷前のデータを最終チェックするのですね。昼過ぎから始めて、
夜までかかる。

最近、特別な話題もないです。あ、ないことはないのですが、
今のところ日記に書くべきことはないという感じでしょうか。
いつもながら、回りくどい言い方ですが。

あ、風邪のほうは、おかげさまで全快しました。
なんかあんなに咳が出ていたのがウソのよう。
やっぱり、健康がいちばんですね。うんうん。。。

そうだ。ポスペで大田区に住んでるおねえさんと、
メールの交換を始めた。まだ数往復だけど。けど、
長続きするといいなあ。

この世の中での人間関係が煩わしいと言っても、
別の世界で、人以外の生物(?)ばっかりと
付き合わなければいけないとしたら、それはそれとして
今以上に煩わしいことだろう、って夏目漱石が
小説の中で書いていたような。(あるいはエッセイか)

これって、ホントにそうだな、と思う。

わたしもそれほど人間が出来ている訳ではないので、
職場とか、ふだん周りにいる人たち全員と、等しく
上手に付き合いが出来ているかというと、かなり
疑問。私って、だれにも負けないくらい気分屋だし。
(おでんが食べたい)
でも、それでも、周りに(たまたま)いる人たちと
上手に賢く付き合っていく、ということは、実は
人間としてかなり重要な能力なんだろうな、と
思う。自分が苦手なことだけに、強いてそう言い聞かせて
いるんだけど。

あ、そうだ。昨日、メールの文章の中でなにげなく
発した言葉が、友人をひどく傷つけてしまったようだ。
……反省、反省。

<私信モード>
ごめんなさい。私は深く反省しております。
お詫びのメールでもちょっとふざけてしまってごめんなさい。
本当に済まないと思っています。どうぞお許しを。
</私信モード>

ということで、そういうことです。

そう。しばらく前からノートPCでホームページの全データを管理するように
して、それに伴ってHP日記(これ。)もノートで書くようにしたのね。
ううん、話が逆か。ノートで日記を書くようにしたのにあわせて、全データを
ノートに移したのですよ。
えー、とにかく、ノートで日記を書くようになってから、1行の桁数が、少し短く
なったような気がする。ノートのディスプレイって800×600ドットなので、
どうしても、80桁以下で、折り返すようになってしまう。。。

いやいや、もし気になっている人がいたら、あれかなぁ、と。
あれっていっても、どうしようもないんですけど。。。
和室で、布団にはいって、その上にテーブルを置いて、ISDNカードに
ケーブルをつなげば、むっちゃ快適な、完璧に近い通信環境が構築できる。。。
デスクトップは隣の部屋にあるんだけど、隣の部屋、フローリングでむちゃくちゃ
寒いんだよなあ。。。 なので、めったに近づかなくなってしまった。。。
メールのバックアップ?用くらいにしか、立ち上げないっす。。。

そう、ノートに対して不満はないんだけど、強いて挙げればHDDが
もう少し大きいといいなあ。T-ZONEの通信販売で、3.2GBが
19,800円とかで出てた。うーん、欲しいなあ。。。
だれか買ってくれないかなぁ?

・2月20日(土)

今日、幕張メッセでやってるMac World Expoに行ってきた。
すごい人だった、土曜日だったので、けど、幕張メッセの
中心部、4~6ホールしか、使ってないのね。両端のホールが
空いているのが、ちょっと寒々しかったなぁ。

私が興味を持っている、インターネット系のブースは、あまり多く
なかったかな。もう少し狭い意味での、Mac周辺のハード、ソフトが
やっぱり多かったような。

人が多いところはとても苦手なので、そうそうに逃げ帰ってきた。

今日はかなり落ち込んでいた。昨日、親友のMに対して非道なことを
してしまい、ものすごく彼を怒らせ&悲しませてしまった。
詫びるのは簡単だけど、本当に心から反省することというのは
自分がよく変わることでしか相手に伝えることはできないと思う。
なので、しばらく連絡を取らずに自分を作ることに専念していようと
思っている。

そのことがあって元気がなかった今朝、あなたのホームページは
最低ですね、っていうメールが「後輩」とかいう人から舞い込み。
読んでみると、私が前に勤めていた新聞社の名前は書いているのに、
いま勤めている出版社の名前を書いていないのはおかしい!って。
新聞社に勤めていたことを自慢してて、いまの会社を差別している
に違いない、って。すごい勢いで。あんまりびっくりしたので、
寝ぼけ眼で、そうではなく、いまの会社の名前を出すと、日記に
いろいろ書きにくくなるから……、って返事を出した。それから、
人に意見するメールを出すときは、最低限、自分の名前くらい
名乗ろうね、それがエチケットだよ、って書き添えて。

そうしたら、さっき返事が来たよ。分かってくれたみたい。
なんか、妙にすっきりしてた。けど、自分が私に対してどれだけ
いきなりぶん殴ったか、ってことには無自覚みたいだ。

そうねえ。私も、他人の痛みには鈍感なので、あまり彼女のことは
責められないのかな。

Mac Expoに行く途中、Mを傷つけてしまったことをずっと考えてた。
たまたま、ELTのTime Goes Byが掛かってて。何度も何度も
繰り返し、聞いたよ。こんなに歌詞が染み込んできたことって
なかった。イイ曲だね。いつか、彼らのコンサートに行きたい。

ぜんぜん関係ないけど、DOSの時代からパソコンやってる人間に
言わせると、PostPetのコマンド、「ctrl+H」で「おやつ」という
のには、納得がいかない。メールを書いてる途中、なんどおやつ画面が
立ち上がったことか。ctrl+Hっていえば、ふつうはBackSpaceだろうに。。。
Macが先行しているソフトのように感じるので、Macのしきたりに
合わせたのだろうか。。。分かんないけど。。。

そんなところですかね。そう、最近、着メロ作りに凝ってます。
と言っても、どっかで聞いたような歌謡曲とかじゃあなく、オリジナルの
単調な繰り返しで。電話の呼び出し音って、やっぱり、曲じゃなくて、
分かりやすいフレーズの繰り返しがよいと思うのですよね。なんとなく
絶対そうだよね、って自分で思う。なので、ドミソドミソドミソレー、
とか、なんとか、いろいろ、試行錯誤して、やってます。
会社では3日ごとに変わる小倉の着メロ、って言われてますけど。
電話が鳴ってても、あ、私だ、って気づくまで時間が掛かるのが
難点と言えば、難点。
これぞ、っていう決定版が出来れば、1ヶ月はもたせられると思うんだけど。(^^;

・2月24日(水)

我が母子家庭、どうやら実家に戻ることになりそうだ。詳しくは、後日。

それはそれとして。前にも書いたことがあるかも知れないけど、さいきん、
桜の木が気になる。ほら、もう少ししたら、咲くじゃない? それで。
なんとなく、桜の木が、そういう雰囲気を漂わせ始めているような気がして
ならないのだな。昨日も、会社の帰り、いつも見る津田沼の車道の端にある
立派な桜の木を、しばらく眺めてた。いちばんいい角度を見つけて。
上の方に、電線が何本も走ってたり、電柱の派手な看板があったり、と、
とても絵葉書には登場しそうもない、フォトジェニックにはほど遠い、
そんな平凡な桜の木なんだけど、それでも、花を咲かせている姿は、
ものすごく見事で。車道にゴザを敷いて、何時間でも眺めていたいほど。
本当に立派なんだよね。
もう1本、私、気になっている桜の木があって。飯田橋の駅のそば、ラムラって
いう駅ビルがあり、その隅の額ほどの地面に植えてある、一本の桜の木。
外堀と駅ビルとに挟まれて、本当に窮屈なところに咲いてるんだよね。
あんまり顧みる人もいなさそう。けど、私はいつも見てる。だれが見ていようが
見ていまいが、桜は花を咲かせるのが仕事で。

見るもよし 見ざるもよし されど我は咲くなり

っていう言葉があったと思うけど。

そうだ。昨日からパール・バックの「大地」を、ついに読み返し始めた。
2回目。1年ぶりになるのかな。書かなかったと思うけど、こないだ行った
近所の病院の本棚に、なぜか「大地」の2巻が置いてあり。だれがこんな
ところで、「大地」の、それも2巻を読むんだよー、と思ったが、もしかして
そろそろ私に「大地」を読み返す頃なんじゃなーい、と教えてくれて
いるのかもしれない、と思って。
で、読み返すことにしました。で、昨日の通勤のときから、読んでます。

あ!そうだ。昨日の通勤のとき、人身事故に遭遇したのよ。私の乗っていた
総武線の上り各駅停車が、船橋駅のホームで人を轢いた。飛び込み自殺って
いうやつ。今日、新聞見たら、地方版に小さく載ってたよ。35歳から
50歳くらいの男性、って。

私は2両目に乗ってた。「大地」に夢中になってた。船橋駅に到着する
直前、すごく長いクラクション(って電車の場合、言わないよね。ホーン?)
あ、警笛か。そう、警笛が長い間、鳴り渡り。こりゃあ、普通じゃないよな、
なんかあったな、と思ってたら、ホームの途中で停車し。乗務員がバタバタしてる
雰囲気が伝わってきて。けっこうすぐに、「人身事故が起きました」みたいな
車内放送が流れて。ホームにいた人たちが車両の下をのぞき込んだりしてる。
しばらく座席に座ったまま、まわりの様子を見てたんだけど、埒があかないと思い、
1両目に移動して、運転席あたりがバタつく様子をうかがってた。
駅員や運転士が出たり入ったりして。無線で連絡を取ってる。何度となく車内放送が
繰り返される。人身事故に遭遇した。処理にかなり時間が掛かると思われる、って。
退屈になってきたので、運転席のドアをたたき、運転席経由でホームに出して
もらった。ホームを歩いてたら、どこですか? 5両目の下です。ってやりとりするのが
聞こえたので、絶対に見てやろうと思い、ホームをずんずん歩いた。5両目は、ほとんど
ホームの端で。
電車の下をのぞいたら、カーキ色の洋服と、真っ赤な何かが見えた。
ああ、おじさんなんだ。不況で、仕事がなくなったのか。借金で、
首が廻らなくなったのか。それとも……。けど、死人に鞭を打つようだけど、
彼は負けたのだ。人生に。その敗北の人生の最後に、悪あがきとして、
JRの電車を1時間ばかし止めてみせて、何万人かの人たちを、自分の死に
立ち会わせた。

けど、そんなことで、自分の人生の証を立てようとするっていうのが、
どうも納得いかない。って、友達に話したら、自殺する人って、人に迷惑を掛けるとか
そんなことにきっと気が回らないと思う。衝動的に、なんだよ、っていう。
そういうものなのか。

彼の死を、反面教師として、自分が関わっている人たち、自分の家族、後輩、
友人、そう、大事な人たちを、こんな風に死なせては、絶対になるまい、と
彼のちぎれた体の一部分を思い出しながら、そう考えていた。

そのためには、まず決意すること。そして、祈ること。行動すること。

1999年1月

日記

●平成十一年

・1月1日(金)

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

個人的な話をすれば、去年は、けっこう辛いことが多い年でした。
それだけに、今年こそは、という思いが、強いです。

あんまり詳しく書くことはしませんが、今年は、彼女もほしいなぁ。(笑)

そんなことはどうでもいいんだけど。(^^;

けど、今年はがんばろう。
去年に倍する闘いをするよ。必ず。必ず。必ず。

・1月2日(土)

今日も早起きが出来た。今日も、じゃないか。昨日は
昼過ぎだったもんなー。(笑)

そうそ。初夢の話。なんか、ずーっといろんな夢を見ていたような気がするんだけど、
起きる間際に見てた(ような気がする。)、ひとつだけ覚えている夢。
たぶん、アメリカだと思うんだけど、白人の主人と宿に泊まる交渉をしてたり、
みんなが野球をしてるのをみてたり。11月のラスベガス出張の記憶が
やはり強いんだろうね。

今年、去年以上に(というか、去年はあんまり旅行できなかったんだけど)
そう、去年以上にあちこち、旅をしたいなぁ。日本国内はもとより、世界中を。
アメリカ、中国、フランス、ブラジル、モンゴル、アフリカ、オーストラリア、
カナダ、メキシコ、ロシア、イタリア、スペイン、ギリシア、インド、タイ、
その他、いろいろ。。。

一カ所にとどまる生活もいいけど、つねに旅を続ける人生も、捨てがたい。
けど、それにはいきなり旅行写真家とかに、なるしかないよねー。急に、
そんなの、なれるの? いったい???

どうなんでしょ。けど、就きたい仕事に就く。やりたい仕事をやる、というのも
きっと、その人がもともと持っている、「福運」とでもいうものに、きっと、
依るのでしょう。ね。

・1月3日(日)

親友のマキと電話で喋ってたら、長電話してると親がうるさい、という話に
なって。結論としては、うちらの親の世代とかって、電話があとから来た
クチだから、どうしても、電話は必要なことだけ短く喋って、すぐ切る、という
教育?しつけ?を受けているというか、そういう固定観念が染みついてしまっている
から、いくら言っても仕方がない、という結論に達した。……なるほど。

昨日?いや、1日だと思うけど、ひさびさにCDを買った。
浜崎あゆみさんの。いいね。なかなか完成度、高いと思うぞ。
エキゾチックタウン(ダイエー系のディスカウント店)にはなくて、
仕方がないので近所のファミリーマートで買ったよ。(わお!)
うえの「わお!」を解説すると、CDはコンビニで買うものではないという
意識があるので。ははは、わたしも、古い人間なのかなぁ。(笑)

それはそれとして。

浜崎あゆみのCD、買っちゃった、って友達に話したら、
浜崎あゆみって、中途半端ですよね。って。人がCD買ったって話を
した直後に、そのアーティストを「中途半端」と評するセンスも
すごいと思うが、私が動じないでいると、彼は言葉を継いで。こんどは
「いまの時代に合ってないですよ」って。ふーん。時代ねぇ。
べつに私、曲を聴いたり、CDを買ったりするときに、時代に合っているか
どうかなんて、全然まるで、気にしない。だって、文字にするのが
はばかられるくらい当たり前の話だけど、イイ曲はいつになっても
よくない? いやいや、彼女の曲が時代を超えるかどうかということに
関して何かを今言う準備はないのだけれど、それでも、
「時代に合ってない」っていう物言いが、とても不思議に響いたなぁ。
私のなかで。

なんか、時代に合ってない、という言い方が、常識から外れている、
という言葉に似ていて、物差しでピシピシしているようで、すごく
イヤだな。すごくイヤだな。すごく。

いいけどねー、べつに。自分が聴いてて心地よいものをただ、
聴けばよいのだからねー。ははは。当たり前すぎるー。

あとなんだっけ。今日はたまってた新聞の切り抜きをしてました。
半分も終わらなかったんだけどねー。あとなんだろ。そう、
アドレス帳ソフトをインストールして、友人のアドレス一覧を
また作り直そうと思って。何ヶ月か前にHDDのデータをまとめて
消してしまってから、それっきりになってしまっているから。

今年の年賀状は、過去の年賀状を引っぱり出して、あとは、
一昨年の2月、職を変えたときに出した挨拶状の宛先一覧を
プリントアウトしたものが、本当に偶然に、年末にひょっこり
出てきて。それを参考に。

アドレスデータの入力は、明日に持ち越し。bayfmを
聴きながら、昼寝をしてしまったよ。ぐっすり。。。

休みはいよいよ明日まで。明日はうちのオババ(母親)の
57回目の誕生日でもある。あー、めでたい、めでたい。

あとなんだろう。

そう。今日も年賀状が何枚か届いたんだけど、みんな凝ってるねー。
カラープリンタの印刷、すっごいきれいだし。写真を使ってあるのも
すごく多いしねー。私は、といえば、ローソンの住所入り手抜き印刷を
脱出した(申し込むのを忘れたという説もある。)と思ったら、
年末に手に入れたモノクロレーザープリンタで、一太郎のレイアウトを
使って、モノクロ印刷。印刷自体はすっごいきれいなんだけど、
時間がなくてバタバタしてたのと、その他諸々の理由で、相変わらず
手抜きには変わりはなく。いかんねー。

津田沼駅前の○○屋で買った、キティちゃんのハンコも、押すの忘れたし。

来年こそは、みなさまに応えられるように、しっかりといいものを作ろう。
(いつも手抜きで、ごめんなさい>みなさま)

では。今日はこのへんで。

・1月5日(火)

今日からお仕事。あー、眠い。

何となく、このあと何日か、バタバタしそうな気配。。。
ま、なるようにしかならないからねー。相手があることだしねー。

そう。今年の年賀状、やっぱりこどもが出来た、妊娠したって
いう話が、多かったなぁ。気が付いたら、写真にひとり増えてたり。
みんな、着実に、なんというか、世間に根を張っているなぁ。
世間じゃないか。なんだろう。この世? この社会? まぁ
そんなところ。

私はといえば、うだうだ言いながら実母とふたりで侘びしい
母子家庭。なんだかなー。

ま、それはそれとして。

なんか、楽しい話題はないだろうか。今、本八幡。あと20分は
日記を書いて時間つぶしをしなくてはならないのである。(笑)

そう。携帯電話を買い換えようと思って。D206がいいかなぁ、って
思ってたら、会社の同僚が、207の方が、通話性能がいいんですよ、って。
彼の話によると、余ってるほかのキャリアの回線?帯域?をドコモが
使えることになるそうだ。けど、その機能に対応しているのは207から
ということで。……そうなんだぁ。だとしたら、あと数ヶ月、いまの
SO201(!)を使って、207がうんと安くなったころに買い換えるというのが
いいかもなぁ。いまのSO201は実は関西契約なので、機種変更とかが
エライ面倒くさい。何とかしてちょ、という感じなのであるよ。いっそのこと
新規で購入して、とも考えるのだが、そうすると、ケイタイの番号が
変わってしまうでしょ。やっぱり2年も使ってた端末だから、みんなに
番号も知れ渡っているし、それをまた全員に知らせ直すという作業も、
けっこう大変だと思うし。たぶん、番号を変えたらトーキーとかで
知らせてくれると思うけどね。何ヶ月か。けど、電話をかけ直してもらう手間とか
いろいろ考えると、やっぱり気が重いよなー。

207はまだ、けっこう高いしねー。

ひとつ、秘策がある。私の手元には九州で使ってたSONYの
古い端末が眠っており。これを復活させる。これってなんでも、
回線をいっぱい使うのでドコモは回収したいらしい。うまく
いけば、最新の機種と無料で交換とかっていうことにも、
なるかもしれない。けど、なんか、やり口が私好みじゃあ
ないんだよね。合法的、というか、正当な手段だとしても、ね。

・1月14日(木)

なぜか寝つかれないので、親友のMから借りたオザキのCDを
聴きながら、書いてます。ははは、ひさしぶりっ!

小倉は10日の夜あたりから風邪を引いてしまい、けっこう辛い
日々を送っていました。締め切り前なので、休むわけにはいかなかった
しねえ。。。

あ、そうそう。結局、携帯電話、買ってしまいました。D207です。
一昨日かな、買ったのは。水道橋のお店で。全部込みで、13,600円
くらいだったでしょうか。安いでしょ?

けどねぇ。機種変更ではないので、番号が変わってしまったのですね。
私のケイタイの番号を認知している人たちに、連絡して回るのは
すごく大変。みなさま、急に小倉のケイタイにつながらなくなって、
ごめんなさい。べつに、料金が払えなくなって高飛びしたわけでは
ありません。(料金が払えないヤツが高飛びするか、っつうの)
ま、それはいいとして。(^^;

そう。ケイタイを買った日。登録に1時間くらいかかります、って
担当のおねえさんに言われて、うーん、どうしようかなぁ、って
思ったんだけど、けっきょくお店の近所で待つことにして。とはいっても、
マックで時間をつぶすにしても、読む本もないしなぁ、ということで
近くの本屋で、読みたい本を探した。最初は新書とかで韓国の歴史、
みたいなのを探してたんだけど、ちょっと見あたらず。かといって、
読みたくもない、内容の薄い、ぺらぺらめくっていったらもういい、
っていう雑誌とかは買いたくもなかったので、(時間もあることだし)
ゆっくりといろいろ、見て回ってたのね。そのお店はなかなか品揃えが
良かったこともあって。(そんなに広くないのにね。知ってる? 旭屋書店)

んで、結局買ったのは、宮本輝さんの紀行記(っていうのかな?)
「ひとたびはポプラに臥す」第1巻。ずっと前から気にはなって
いたのだが、なんとなく、いままで買わずに(読まずに)きてた。
本屋でぱらぱら見て、ああ、いつか読みたいなぁ、とは思って
たんだけど。あるでしょ。こういう感じ。まだいいかな、みたいな。
この感じの源がどういうコトなのか、分かんないんだけど。

ま、それはそれとして。

あ、そうだ。いまぱらぱら見て思い出したことなんだけど、そうねぇ、
写真がね、載ってる写真が、あんまり良くないんじゃないかなぁ、って
思ったのが、前に本屋で手にとって、そのときに買わなかった理由の
ひとつとして、あったかな。いま見返してみると、うーん、それほど
悪い写真ばかりでもないというか、きっと外国で写真を撮るには、
私らには窺い知れないような大変な困難があるんだろうとか、いろんな
ことを考えるんだけど、でも、私が好きな写真は一枚もない。

なんというか。写真の話を私にさせると止まらなくなるので、気をつけた
方がいいと思うんだけど。(笑) 写真てねぇ、ほんっとに、写した人の
人柄がねぇ、写るんだよ。写るのはそれだけだと言っても過言では
ないくらい。いや、ホントに。怖いくらいだよね。うん、これはもう、
なんつーか、言葉を失なうくらいで。

この本に載っている写真から判断するに、撮影した方は、意外に淡泊な
方なのではないだろうか。毎日新聞時代のすぐ上の先輩を、思わず
思い出してしまった。(元気かなぁ? I先輩!)

写真の話ばかりして、肝心の本の内容に話が行かないんだけど(笑)
いや、いいっすよ。うむ。できれば私もこの旅行に同行したかった。
妙法蓮華経などを漢訳した鳩摩羅什が歩いた道を辿る旅だったんだ。
あの阪神大震災で家がぐしゃぐしゃになり、死んでいたかもしれない
(輝さんは震災当日、富山にいたので無事だった)ということも、
旅に出る決意を固めることにつながった、と冒頭に記している。
そっか。それならば、心して読まなければ……。きっと2巻、3巻も
すぐに読むことになるんだろうな。

旅をしたいな。そして、旅の途中で立ち止まって、ゆっくりと
いろいろなことを考えたい。その場所の空気を、肺の奥までいっぱいに
吸い込んで。

旅をしたいな。こないだ、行きたい国を列挙したけど、今年中に
全部は無理だと思うので(爆)、現実味のありそうなものをいくつか
書く。

1.韓国あちこちの旅
2.フランス パリ~マルセイユの旅
3.モンゴルから中央アジアの旅
4.台湾、上海、香港の旅(沖縄を入れても、いい)
5.ベトナム縦断の旅
6.インドあちこちの旅
7.……

というところでしょうか。どこが現実味……なんじゃい!という
おしかりの声が聞こえてきそうですが、ま、行きたい行きたいと
言っていれば、このページを見た某国の大富豪が(なぜか彼は
日本語ページが読めるのだ。)をを! ここに旅に出たがっている
前途有望な若者がおるじゃないか。よしっ、わしがうんと援助をして
かれを旅に出してやろう。。。ということになって、めでたく私は
いろいろ好きなところに行ける、というわけ。

何が、というわけ、だか分かりませんが、そういうことですわ。

んじゃ、4時を過ぎてしまいましたので、このへんで寝ます。

おやすみなさ~い。

・1月15日(金)

今日、成人の日。満31歳の私には、何の関係もない。(^^;

そうそ。年賀状雑感の続き。

写真の話にまたなるけど、やっぱり写真入りの年賀状は、個人的に
とても興味深い。何年かぶりに連絡を取り、住所を教えてくれた彼はきっと
この可愛い嫁さんを私に見せたかったんだろう、とか、こないだ結婚した
この娘のダンナは、いいトコのぼっちゃんだけあって、やっぱり
甘えん坊さんって顔してるなぁ、大丈夫かなぁ、とか、いろいろなことを
考える。それにしても、人間の顔が持つ情報量って、莫大、だよね。
いくらカラープリンタの印刷技術が向上したからって、たかだか
数十ピクセル四方の顔写真で、その人がだいたい見えてくるんだから。
ほら、フラクタル、ってあるでしょ。どんなに拡大しても、同じような
模様が次から次へと出てくる、っていう。。。私は数学とかちっとも
専門ではないので、あんまりよく分からないのだが、人間の顔とかも
いくら小さくしても、その輪郭とか、まあイメージとかで、多くのものを
伝えようとしているのだろう。すごいよね。すごいとしかいいようがない。

風邪が治りかけてきたので調子に乗って夜更かししてたら、なんかまた
咳が出てきた。うーん。辛いっす。今日も夜から会社に行かなくちゃ、と
思っている(というか、行かないと死んでしまう)のだが。うーん。

なんとかせねば。

・1月22日(金)

風邪を治すために、昨日、今日と会社を休んだ。だいぶよくなったみたい。

さっき、福岡時代の女友達から電話がかかってきた。Yちゃん。(^^;
何でも、結婚してスリランカに行くことになった、と。。。(^^;
年賀状には(大分の田舎に帰ることをせずに)しばらくは東京にいて、
仕事を続ける、って書いてあったので、いつ決まったの?って聞くと、
先週の土曜日、って。何でも、相手はメールで知り合った人らしい。
わお! もうすぐ始まる映画、「You’ve Got Mail.」(綴り自信ない)
みたいじゃん!って言ったら、AOLだしねぇ、って。
おめーが、メグライアンかよ、って。

けど、なんかさぁ、ユーガッタメール、って、よくできたハリウッド映画
なんだろうなぁ、って気がすごくするんだけど、でも、なんかこの映画の
ことを心に思うと、何となく、じわーっとするんだよね。意味もなく
ウルウルしてしまうというか。なんなんだろう、これは。

本当によく分かんないんだけど、縁というもの、その形のないしかし確かな
ものが、形を求めて、もがいている? 様子が感じられ、どうにも泣ける。
自分とは無関係に。一般論として。けどまぁ、自分のいまの立場?が
まったく無関係ということはないんだろうけども。
どっちなんだよいったい。(ナンシー関 調で)

あとなんだろう書こうと思ったのは。

あ、そうそう。昌原で会った、権さんの日本語学校の友達、安さんに
手紙を書き終えた。パソコンで打ち込んで、それを手書きに写しかえて。
手書きは疲れる。けど、どんなに高性能レーザープリンタが今うちに
あるからって、やっぱり、印刷は味気ない。小倉の字の汚さも含めて、
安さんに送ってあげようと思って。

けどねぇ、たかだか一緒にいた時間は2時間くらいなのに、そういう相手に
手紙を書くのは、すごくエネルギーを使う。ぶっちゃけて言えば、
なにを書いていいのか分からん。こっちの住所を伝えればよかった。
手紙がほしいっていうので、手帳にね、彼女の住所を書いてもらったのよ。
ハングルで書いてもらって。それを写しかえる自信がなかったので、
漢字で書いてよ、っていうと、彼女、困惑の表情。自分の住所を
漢字で書くことができないらしい。ふーん、そうなんだ。
(結局、日本語学校の仲間の人に、漢字にしてもらったのね)
私の昔からの疑問として、韓国では、ハングルと漢字の使い分けは
どうなっているのだろう、ということがあった。新聞なんかを見ると、
ところどころ漢字で、あとはほとんどハングル。日本人の考えだと、
ハングルというのは仮名みたいなもので、日本語で考えるとすると、
文章が全部カナだったら読みにくくってしょうがない、でしょう。
韓国ではどうなのかな、って、ずっと思ってた。

ハングルは日本のカナとはだいぶ、様子が違うみたいね。たぶんこれは、
日本語と韓国語の発音?の違いが大きいようだ。というのも、日本語は
世界に稀にみるほど、母音の数が少なく。そのため、同音異義語というのが
どうしても多くなってしまう。けど韓国語は、母音の数が日本語よりずっと
おおいらしく。なので、同音異義語がずっと少ない。つまり、全部ハングルで
表記しても、意味を取り違えることが少ない、ということで。

韓国では、漢字をなるべく使わず、ハングルで書きましょう、という
国家的なキャンペーン?のようなものも、あるらしい。

それで、若者を中心に、漢字を書けない人が増えている。。。

ふむふむ。。。

名前とかでも、漢字を当てずに、ハングルの響きだけで付けてある名前
というのが、結構あるらしい。日本でカタカナの名前に漢字を当てたりしてる
のと、状況的には似てるかな。異国の文化のことを勉強するのは、本当に
おもしろいなぁ。。。

また韓国へ行きたい。ソウルにも行きたいし。東海岸。西海岸。内陸部。
国境沿い。。。あちこちを、のんびりと訪ねてみたい。近いうちにね。

・1月23日(土)

親友Mの古いパソコンから新しいパソコンにポストペットだとか、
家計簿だとかのデータを移し。古いほうのパソコンのキーボードが
なぜかバカになっていて(なぜだ?)私が自宅で使ってる106キーボードを
持参。作業は(ちとてまどったが)無事終了。カメオがひさびさに
活動を開始した。

家に帰ってきて、スクラップを整理してたら、どうしても2日分の
記事(連載小説)がない。どこをさがしても、ない。それが、見たら、
けっこう前の日付のもので。うー、実家で捨ててきてしまったか。
無念じゃあああ。性格ズボラなくせに、こういうところは妙に細かい
わたし。

ある人に出した、あることを期待するメールに、そのある人から返事が、
きた! 自分の身近な人に、その件に関しては引き継ぐ、というだけの
内容のメールだったんだけど。それでも。
むっちゃ、うれしかったよー。そうそう、返事なんて、返ってくるもんじゃあ
ないと思ってたから。その人、きっとすごく忙しいだろうし、面識が
ある訳じゃないし。……なので。

あー、もう少し具体的に書けるといいんだけどねぇ。あと2ヶ月くらいしたら
全貌が明らかになるでしょう。もし、全然ダメだったら、10日後に、
明らかにしてもいいけど。。。(^^;

ま、とても楽しいこと。うん。生活に、というか、人生にこういう類の
ドキドキは、ま、たまにはあってもいいよなー。
なんて書くと、また小倉、惚れっぽいので、好きな女でもできたんだろ、
どーせ、なんて穿った見方をする人が、もしかしたらいるかもしれない。
(きっといないと思うけど)
そういう人に対してだけ言うとすると、チガウヨ。
好きな女ができたくらいのことだったら、もっとハッキリ書くでしょー。
もっと楽しいことだよ。もっともっと、ずっと。

んなとこかな。今日は、以上。。。

なかったスクラップを嘆くより、明日という日に希望をつなごう!

・1月27日(水)

「コリアン世界の旅」(野村 進著)を読み終わった。買ったのは昨日。
すばらしい作品ですね。作者に感謝申し上げたい。

実は、ソフトバンクの孫社長のエピソードに惹かれて買ったんだけど、
あんまり孫社長のことは、書いてないのね。直接インタビューとか。
その点だけ、残念だけど。
いままで漠然と描いてた、日本人=加害者、在日韓国・朝鮮人=被害者
という図式だけでは、計れない、いろいろとややこしい状況。

・1月28日(木)

今日、妹から祖母が亡くなったと連絡をもらった。
入院していたのは知っていたが、そんなに悪かったのか。
誰も教えてくれなかったぞ。結局、1年近く(もっと?)会ってない。
うー、なんて不孝な孫なんだ。……。
明日がお通夜、土曜日が葬式。

帰りの電車の中で、「援助交際」(文春文庫)を読んでた。昨日、
津田沼の昭和堂で「存在の耐えられない軽さ」(ミラン・クンデラ著、集英社文庫)
といっしょに買ったもの。

うーん、途中まで読んだ感想だけど、なんつーか、ああ、こういうことをやってる
娘もいるのね、という……。

前に、ビートたけしが、女子高生の援助交際とか言って騒いでるけど、ありゃあ、
売春婦がたまたま女子高生をやってるに過ぎないんだ、って言ってて、ああ、
いいこと言うじゃん、と思った。

ウリをする(できる)娘たちというのは、不幸にして、そういう
(ウリを出来てしまうという)精神構造になってしまっているのだから、
なんというか、うーん、うまく言えないけど、救いがたいところがあらーな。
よく売買春の話って、買う大人がいるからいけないんだ、という言い方をするけど、
まあ、もちろん、そういう側面が大きいことは否定しないけど、けど、
たとえば、私が女子中高生だったら、どんなにブランド品が欲しくっても、
好きでもない気持ち悪いオヤジとHはしないぞ。それは自信を持って言える。

遊ぶ金ほしさに体を売る中高生たちは、しょせん、その程度の精神構造しか
もっていないということで……。

と書いていて、何が言いたいのか分からなくなってきた。

うーん、つまりね、自業自得だから、やめた方がいいんじゃないのかな、という
ことを、おじさんは思うのだね。がしかし、やめた方がいいよ、と言って、
止めるくらいだったら、初めからやってないだろうしなぁ。彼女たちを
説得して「ウリ」を止めさせるのは、それこそ、全人格的な努力を必要と
するだろうなぁ、という気がしてる。もう、処置なし!って、叫んでしまいたい
一歩手前のところ、というのも、ホンネなんだけど。

来世というものがもしあるとしたら、見たことも聞いたこともないので、
あるともないとも言えない、だから絶対ないと言い切ることはできないので、
もしかしたらあるかもしれないという感じなのだが、そう、来世というものが
万が一あるとしたら、彼女たち、ウリをして、金を手に入れて、アッタマ悪い
ブランド品なんかをぶら下げてる連中は、決して人間には、生まれてこない
だろうなぁ。それだけは、自信を持って、言える。

じゃあ何に? うーん、なんだろう。あまりすすんで選びたくないような
人に疎ましがられるような、じめじめした醜い生き物として、いくども
いくども、生を受けるのだろう。

そのことは、間違いない。

1998年12月

日記

●平成十年

・12月19日(土)

韓国に行ってきた。今日の2時過ぎに、帰ってきた。

◆一日目。
なんだか、ものすごく歓迎された。

Kwonさんは、すごく可愛らしい人です。
日本語学校の友達の安さんも、Chinese系で、また違った魅力のある
Cuteな女の子。あとは、ふたりの(性格が対照的な)金さんと、班長の
高さん。どの人たちも、すてきな、すばらしい人たちです。
どうしよう、っていうほど。

Kwonさんは、サムゲタンの店に連れていってくれました。彼女の会社が
入っているビルの。すごく美味しかった。いろんなキムチも、食べましたよ。

そのあと、ウインドウショッピングをして、9時にみんなと待ち合わせをして。

安さんは、本当に可愛らしい娘です。大学で、会計学を学んでいるとか。
みんなで行ったジャズパブでは、おとなしーくしてて。すごくシャイな
感じの娘です。

あと、金さん(福ちゃん)は、キリッとしたいい男系。2年後に結婚を控えた
フィアンセがいます。もうひとりの金さんは、自分ではハンサムって思ってる
みたいですけど、そうでもありません。思いっきり3枚目タイプです。(笑)
けど、いろいろ面白いことを言って、みんなを笑わせてくれます。

2時間ほど、ジャズパブでいろんな話をしたあと、安さん以外の5人で、
カラオケに行きました。みんなは韓国で最近はやってる歌を歌ってました。
私はというと、日本の歌がないので(当たり前だ)、Beatlesとか
カーペンターズとか、あとは、ジョン・デンバーのカントリーロードとかを
歌ってました。みんな知ってましたよ。全部。Imagineとかは、けっこう
上手に歌えた気がします。自分でいうのもなんですが。

本当にKwonさんは美人です。驚くほど。Chang-Wonまで行くバスのなかで、
写真の話をしたら、写真を撮られるの、大嫌い、って。

がーん、て感じ。

でもね、なんかカッコをつけて撮られるのが嫌いということで、自然に
撮ってもらうんだったら良い、ということみたいで。

明日は、どんな一日になるでしょうか。
すっごい楽しみ。

◆二日目
Kwonさんは、ものすごい素敵な娘です。日本でも珍しいくらい。
考え方、しっかりしてるし、自分の夢をちゃんと持ってるし。本当に、
すばらしい女の子です。私の信仰を教えてあげたいくらい。

自分の意見をハッキリという。これは、日本人が(というか、私が)
真っ先に改めないといけないよね。うん、そう思う。

あー、今日も写真を撮らせてもらえなかった。ざんねん。
きのう、パブ喫茶の前で、撮ったのが唯一。うーん、残念。
本当に本当に本当に可愛かったなぁ。むちゃくちゃ。
いやになるくらい。

好きだった(いまも好きな)彼氏の話をするときに、目を潤ませるのが、
なんつーか、悔しかったけど、すてきだった。もう、ホントに。

いつまでも絶えることなく
友達でいよう
明日の日を夢見て
希望の道を

空を飛ぶ鳥のように
自由に生きる
今日の日はさようなら
また会う日まで

信じあう喜びを
大切にしよう
今日の日はさようなら
また会う日まで
また会う日まで

明日、言おう。Kwonさん、ありがとう、って。
来てよかった。本当に、良かった、って。
こんどは、ぜひ、日本に来て。必ず、必ず、大歓迎するから。
いつ来てくれるかな?

という感じで、す。

1998年11月

日記

●平成十年

・11月2日(月)

今日、新宿で「がんばりまっしょい」を見てきた。
うん、いい映画だったよ。。。

詳しくは明日にでも。。。

と思ったけど。やっぱり書く。

えっと、自分のなかで点数をつけるとすると、★★★★くらいかなぁ。
(★5個が満点で)

ちなみに、いままで見た映画の場合だと、
カンゾー先生:★★★★
バタアシ金魚:★★★★☆
芙蓉鎮:★★★★★
カヤ子のために:★★★★★
レオン:★★★★★
シコふんじゃった:★★★★☆
Shall We Dance?:★★★★

でも、すっごくすてきな映画だったよなぁ。減点の理由は……、う~ん、なんだろ、
脚本、かな。

わたしはどちらかというと、書き込まれている、濃いい脚本が好きなようです。
だから、ちょっとストーリーとかに、物足りなさを感じた。
原作をなぞり過ぎなのかもしれない。原作をまだ読んでないので、何ともいえないんだけど。

以下、思いつくままに書いてみる。

わたしが行ったのは6:40pmに始まる最終回で。300人くらいの劇場だと思うんだけど
どのくらい入ってたんだろ。半分もいなかったよね。目に付くのが20代後半から30代の、
オジサンたち。どうみても、ヒロインの娘が目当て、というのがすぐ分かる。
(わたしもそうなんだけど)

女の子好きにはたまらない映画かもしれない。若い女の子のブルマ姿や太股のアップの
映像は見放題だし。そんなことはどうでもよいが。

あとなんだろ。

こないだ見た「カンゾー先生」に続いて、「瀬戸内海もの」でしたね。偶然といえば、
偶然だけど。あっちは瀬戸内海の上、こっちは下。でも、島がぽこぽこ浮かんでる、
内海の美しさの描かれ方は共通してました。海がものすごく重要なファクタとして
登場するのも一緒だし。

中嶋朋子の描かれ方は、なんだか消化不良。中途半端じゃないかなぁ。
どうでしょ。
彼女って、螢だから。いっつも走ってるし、いっつも泣いてるし、いつも
激してるから、なんだか最初から最後まで(最後まで。)けだるそうに
淡々としてる彼女って、なんだか、なんだか、だなぁ、とか、思う。
単なる感想にすぎないけど。

(ここから2杯目の「しらなみ」お湯割り)

もちろん、饒舌すぎない方がいい、という考え方もあるでしょうけど。彼女が主人公と
温泉場で偶然に会ったあと、かき氷を食べながらちょこっと口を開いた訳ありの過去も、結局
語られなかったし。

あとね。原作が20年以上前のことを描いていると言ったって、彼女たちの舞台が、
1976年である必然性って、まったくないと思うよ。どうして現代じゃあ、いけないんだろう。
ソ連のなんちゃらという飛行士の名前が出てくるくらいでしょ。その当時を思い起こさせる
ものといえば。

誰かが書いてた感想を読んでたら、もともとはあの洋館?が取り壊される場面も
あったんだってね。冒頭のシーンのあと。でも、なぜか結局カットされた。
そのためか、最初の、廃墟と化したヨットハウスのシーンが、浮いちゃうと
思うのですよね。あんまり効果的ではないというか。彼女たちの、一枚だけの
古ぼけたカラー写真を見せるためだけに、あのシーンがある?

竹中直人の「無能の人」を見てても感じたんだけど、悪い意味で原作を感じさせる
映画って、ダメだと思うな。やっぱり、映画は映画で、屹立してなきゃ。根っこを
しっかり張って、自分一人でどっしりと立つ、巨木のように。

そういう意味では、ちょっとつらいかなぁ。

でもね、去年見た「秋桜」でも感じたけど、私って、ある地方がしっかりと描かれている
映画に弱いみたい。この映画も、いろいろ文句いってるけど、彼らがいっつも練習してた
あの海岸にも行ってみたいとすごく思うし、あの電車にも乗ってみたいと思う。
知らない町に行くのがむちゃくちゃ好きなのですよ。生まれつき。私って。

なんか、瀬戸内海沿岸を描いた映画を2つ続けて見て、ああ、あのあたりに
住んでみたいなぁ、なんて思った。けど、香川とか岡山とかに住むのはちょっと
難しそうなので、せめて大阪とかで仕事ができれば、あのへんにもちょこちょこ
行けるんだろうなぁ。(遠い目)

それはそれとして。

あ、そうそ。主人公の悦ネエ、右より左の顔の方がいいね。だんぜん。
こないだ、朝日新聞の夕刊でインタビュー記事に出てたけど、すっごいひどい写真。
本人が見たらぷんぷん怒りそうな。それも右の顔でした。
人間の左と右の顔が全然違うって気がついたのって、かなり前だと思うんだけど、
この娘を見てて、あらためて、感じ入った。人間の顔だち、その美醜に、なんらかの
意味が込められているとしたら、右の顔と左の顔が違うことにも、きっと意味が、
あるのだろう。

なんかえらい書いてるな。

いやいや、でもイイ映画だよ。うん。箸にも棒にもかからないような
しょーもない映画だったら、私、日記にこんなに書かないよ。

けど、ヒロインの田中麗奈、いいね。
この映画がクランクアップしたあと、次々にCMに登場したのも
うなずける。

あ、そうそう。最後に書き忘れたこと。

彼女って、福岡の出身なんだ。どうりで、なんか、なつかしいと思った。

・11月5日(木)

きのう、急に思った。

世の中には、「勝つ」ことと「負ける」ことがあるんじゃなくて、
「負ける」ことと「負けない」ことの二つしか、ないんだって。

そして「負けない」ことが大事なんだって。

仕事の合間に、夕方、近所のホカ弁屋に行った帰りに、そう思った。

今日はそして、「レ・ミゼラブル」1巻のジャン・バルジャンの葛藤を見て(読んで)、
これこそが、「生きる力」なのではないかと感じた。いまの教育現場とかで、
「生きる力」って最近、盛んに言い出してるけど、これって、なんか、要するに
今の子がいじめとか受験戦争とか不登校とか、いろいろとつらいことが多くて、
で、バイタリティのある、サバイバルの能力に長けた子、という意味で、
「生きる力」という言葉が使われているような気がするんだけど、
どうもそれだけじゃあ、「生きる力」には物足りないんじゃないだろうか。

一歩進めて、一言で言ってしまうと、「利他」の精神。これこそが
本当の意味での人間の生きる力、なのではないか。なんだかそう感じた。
会社から帰るとき、麹町郵便局の角を曲がるあたりで。

んな感じ。

この週末も連休を確保するために、明日死にものぐるいで仕事をする。
そして、有無を言わさず、月曜日からは連泊スタート。そうでないと、
15日から出張に行けなくなってしまうよ。はは、は。。。

・11月6日(金)

今日、会社の人に、「うわべだけ」「薄情」って言われた。
たしかに私、うわべだけで薄情な人間かもしれないけど、
そんなこと、何の気なしに言えてしまう人が信じられない。
なんというか……。何も感想がないというか。いやはや。

・11月7日(土)

今日も一日、忙しかったよん。走り回ってた、あちこち。
ちと疲れた。明日はもっと忙しくなりそう。。。

そうそ。きのうの感想、付け足し。
たとえば私だったら、そばにうわべだけで薄情な人が
もしいたとして、「処置なし」と思えば完全無視するし、
そうでなくて、なんとかしてやろうと思えば、あらゆる手を
尽くして、彼を更正?させてやろうと思うだろう。。。
激励に次ぐ激励、激励、激励。激励に激励を重ねて。

いずれにしても、薄情でうわべだけの人間に、そのまま
「おまえは薄情でうわべだけだ!」なんて
伝えても、どうしようもないだろうに。

デハナイ?

夜中12時半ごろ、留守電のマイクロカセットが切れたので
買いに出た。セブンイレブンにもローソンにもアムプムにも、なかった。
そのとき、車中で流れてたのはCoccoのアルバム。。
この人、むっちゃくちゃイイね。
なんか、にせものくさくないよ。(というのは最大限の褒め言葉。)

最近、なんだか知らないけど、まとめてシングルを何枚いっしょに
リリースできるかとかって、一部の人々が競い合ってるみたいだけど、
これって、なんだかよく分からない。
CDの売り上げとかも、テレビやラジオの番組で盛んに放送してるけど、
この売り上げ枚数には、レンタルCD屋が一括購入する枚数も、もちろん
入ってるんでしょ。

それを考えると、なんだかなー、って思う。だって、レンタルCD屋さんって、
発売直後は人気歌手のCDとか何十枚も店頭に並べて、で、一斉にみんな
借りるでしょ。
で、ちょっとたつと、すごく安い値段で売っ払ったりするじゃない。

なので、昔みたいに、レンタル屋さんがなかった時代のシングルレコードの
発売枚数とかと比べても、詮無いことのような気がするんだよね。

最近のレコード業界の傾向として、売れるCDはむちゃくちゃ売れて、
ミリオンセラーとかバンバン出ちゃうけど、全体としてのCDの
売り上げは、落ちてる、って。

これって、超・由々しき状況だよねぇ。。。みんなを音楽に近づけるようで
実は、どんどん、本当にいい音楽からみんなを遠ざける結果になっているような、
気がする。

よくないよな。うん。よくないよ。

だから私がギターを買ったんだけれども。(^^;

2、3日前に聞いてたNHK・FMの夜のクラシック番組で流れてた
曲が死ぬほど良かった。あれってモーツァルトなのかなぁ???
演奏もすっごいよかったよ。うん、うん。。。 あれ、やっぱり
モーツァルトなのかなぁ。。。 うーん、また聞きたい。というか
クラシックを生で聴きたいよ、むちゃくちゃ。。。

モーツァルトがいいなぁ。。。(遠い目)

そんな感じですぅ。明日もむちゃくちゃ忙しくなりそうだ。(^^;

で、月曜日からは、きっとずっと会社に泊まることになるだろう。(笑・涙)

いい音楽って、なんなんでしょう。歌詞じゃなくて、純粋に音楽。
これもまた、不思議だよねぇ。美人が美人であるように、いい音楽は
ずっといい音楽。……理屈を超えてるよね。ありとあらゆる意味で。

うん。

・11月21日(土)

へへへ。怒濤の1月号の編集作業をばたばたと終え、6日間のアメリカ出張に
行ってきました。きのうの夕方、家に着いた。……くたびれた。

15日(日)の7時過ぎのUnited機でサンフランシスコに飛び、そこから
ローカルに乗り換えて、ラスベガスまで。COMDEXというパソコン関係の
展示会があったのですね。世界最大規模の。その取材に。

動き回れたのは実質3日。月曜、火曜、水曜。木曜日の朝にはもう出発で、
ロサンゼルス経由で日本に向かい、着いたのは金曜の夕方。……。なんか
だまされたみたい。これが時差というものなのね、みたいな。

で、昨日夜中に会社に荷物を置きに行き、帰ってきてグダグダしてたら朝の5時。
あわてて布団に入って、起きたら、5時。???外は真っ暗。ありり???
と思って、117番に電話したら、午後5時だという。。。うーん、12時間近くも
熟睡してたのかぁ。やっぱりけっこう疲れてたのね。。。うーん。

あ、そうそう。どうでもいいことだけど、初めて訪れたアメリカの地で、私は
31歳の誕生日を迎えましたよん。メールをくださった方々、どうもありがとう
ございます。

あとなんだろ。

そうだなぁ。いろいろと感じたこともあったのだが、忘れてしまったなぁ。
眠いなぁ。明日から、いろいろ動き出すことにして、今日はもう寝ようかな。。。
ワインでも飲みながら。。。

あ、そうそう。長距離の飛行機は、やっぱりしんどいなぁ。死ぬかと思った。
行きは両側に人がいたので、動きが取れなくて、本当にしんどかった。帰りは
通路の隣だったのだが、やはり通路に足を投げ出すわけにもいかず、しんどかった。
行きよりもうんと長かったし。飛行機に乗ってた時間が。

けどもね。初めて英語圏の国に行ったにしては、
(ちなみに私が過去に行った海外は、タイのバンコク、インドネシアのバリ島、韓国のプサン)
英語、意外に通じるじゃーん、なんて、ちょっとテングになりかけ状態。ほら、
なんか英会話スクールのCMとかで、日本人の危機感をあおるつもりなのか、
バァーボン? ブァーブゥオンッ? バーブゥオン? ヴアーボン? ……なんて、
バーでの会話を再現したりしてたじゃない。だから、よっぽど発音がネイティブに
近いのじゃなければ、理解されないんじゃないかー、なんて思ってたけど、そんなことは
ないのね。ただ、向こうの人が喋る言葉はゆっくりじゃないと聞き取れないことが多かった
けどね。ヒヤリングは経験だもんなぁ。喋るのもそうだけど。まずは、向こうの話す内容が
理解できないと、コミュニケーションにもなんにも、ならんもんなぁ。

あとなんだろ。そうだねぇ。あんまり、私、アメリカ人女性に対して、興味がないみたい。
写真的興味で言うと。ラスベガスの空港で見かけた、フランス女性っぽい人が、むちゃくちゃ
美しかったなぁ。フランスへ行きたいなぁ。パリの街とかを、のんびりと歩いてみたいなぁ。
そうそ、今回のたびに持っていった文庫本は、「ラ・ミゼラブル3巻」でした。あんまり
関係ないけど。

あとは、会場の台湾メーカーのブースにいた女性。名刺が見あたらない、っていったら、
じゃあ、これ書いてね、って。私が書くところをそばで見てて、東京……、私のお姉さんは
いま東京に住んでるのよ、って。学生なの?って聞いたら、ビジネス、って。
なんかあんまり可愛らしかったなぁ。けど、アメリカまで行って、中国の女性の美しさに
目を見張るというのも、なんとなく、なんとなくだなぁ。
けど、日本人みたいに悪い意味でちまちましてなくて、でも繊細な部分をきちんと持ち合わせて
いて、という気がして、とても気になる。うん、気になる。

次に行く海外は、きっと、香港か上海か、台湾になるのだろうなぁ。(笑)

あ、そうそう。某CPUメーカーの方々と、ホテルのショーを見に行ったのだけれども。
うーん、よく分からなかったなぁ。私の趣味には、ちょっと合わないようだなぁ。(笑)
けっこう辛いものがあった。

それと、あんまり関係ないけど(って、全部そうなんだけど)、私、スーツケースって
持ってなかったので、うちの近所のレンタル屋さんで借りたのよ。そしたらさぁ、そのお店の
受付のお姉さんが、死ぬほどフォトジェニックで。。。 どうしよう、写真を撮らせてもらおう
かなぁ。でもいきなりそんなことをお願いしたら、変なヤツだと思われるだろうなぁ、なんて
逡巡しているうちに、過ぎてしまった。とても悲しい。
次に海外に行くときに、また借りに行こう。そのときこそ、写真を撮らせてもらうお願いを、
しよう。

なんか今回も、お姉さんネタばかりですが。(^^;
ま、三つ子の魂百まで、ということで。(「三つ子」からかい?)

・12月27日(金)

「レ・ミゼラブル」3巻から。
マリウスの貧困生活を通して。曰く、

しかし彼は借金だけはしなかった。奴隷は肉体の隷属だけだが、
借金は、精神の隷属を伴うから。

まったくもってそのとおり。

で、昨日は秋葉原のお店を、ずいぶんとThinkPad 235を物色して
歩いたんだけど。そう、私の希望としては、(この冬のボーナスの
使い道はとっくに決まっているので)、来年の夏と冬のボーナスの
2回払いが可能なところはないか、という……。

……なかなか、ないよねぇ。(笑)

あー、お金ないなぁ、でも、TP235は欲しいなぁ、なんて考えながら
帰りの電車の中で、「レ・ミゼラブル」を読んでいたら、たまたま
先ほど紹介したマリウスの場面がでてきた訳で。ちょっとびっくり。
そして、同じく帰りの電車の中、前に立ってた人が読んでた本を
なにげにのぞいたら、宮部みゆきの「火車」。びっくらしたぁ。
ついでにいうと、親友の某M女も、なぜか偶然に、「火車」を
読んでるのだと。うー。彼女は、淡々と、普通のまじめな人が
借金地獄に落ち込んで、カード破産をしていくさまを、語って
くれたよ。……ははは。

ということで、TP235は、しばらくはオアズケだなぁ。だって、なんとなく
(なんとなくだけど)、ここが私の人生の大きな分岐点のような
気がするから。このままズルズルとダメ人間になっていくか、
それとも、このあと、グッと、自分の良さを最大限に発揮して、
人生、大きく花開かせていくか。

分かんないけどねぇ。。。

ちょっと第三者的な感想を述べさせてもらうと、これがね、
もっとどうでもいい、超・無駄使いだったら、ここまで悩むことは
ないと思うんだ。けど、TP235のように、そこそこ、購入することに
大義名分がつけられそうな、そういう代物が目の前にあるだけに、
悩みも深いわけで。けど僕負けない。やっぱり、人並みに、幸せな
結婚とか、したいしねぇ。(爆)

あとなんだろ。今日はいろいろ忙しいなぁ。早く帰らなくてはいけない
ような、予感もするし。あー、この週末、休んでも大丈夫かなぁ。
なんとなく、来週が、地獄の日々になるような気が、するんだけど。(^^;

(引き続き……12月27日)

今日、仕事。(当たり前)
秋葉原を歩く。昨日と一転、今日は完全お仕事モード。
大好きなT・ZONEで、いろいろ物色。7階でCPUを
見たら、K6-300が17,000円。うー、安い。。。
欲しいなぁ。今月の進行が終わったら、マシンを大改造するぞ。
って、何カ月も前から言ってるような気がする……。(^^;(^^;

明日、休めるかなぁ。明後日も、休んで、大丈夫かなぁ。うーん。
……と悩み過ぎるのも体に悪いので、いいや、えいっ、っと休んで
しまおう!(笑)
なんか最近、朝起きれないなぁ。体、大丈夫かなぁ。心労が重なってる
のかなぁ。明日あたり、電車に飛び込まないといいなぁ。(^^;(^^;(^^;

レーザープリンタ、欲しいなぁ。A4対応でいいんだけど。
ちょっと型落ちでいいので、2万円くらいで、ないかなぁ。

自衛隊習志野駐屯地正門前の「すかいらーくガーデン」より
お届けしました。ちょっと打合せ。打合せの相手は携帯電話で
お話し中。

そうそ。江沢民が来てるね。中国の元首としては、史上初の
来日なのだそうだ。……だと言うのに、相変わらず外務省のバカな役人の
メンツを優先した結果、なのかなぁ。……分からんなぁ。
えっらいサムーイ首脳会談だったそうですね。

共同宣言にも、両首脳が署名しないとかいうし。署名しなくても効力は
一緒、とかって言われてるみたいだけど。ホントかよ?って感じ。
ま、その程度の内容しか含まれてない、ってことの表われ、以外の
なにものでもないと思うんだけど。

あとなんだろ。書くことないなぁ。

いいや、別に。

なんだかそっけない終わり方になってしまいましたが。
とりあえず、今日はこの辺で。

あ、日曜日はやっぱり出社しないといけないだろうなぁ。という
気が、だんだんしてきた。特集、終わんないよ、でないと。

はぁ。

・11月29日(日)

今日も休んだ。会社。昨日も。まーいいや。明日から頑張ろう。朝から。(^^;

あ、そうそう。ひとつ、特筆すべきこと! 昨日をもって、自宅のマシンの
壁紙が、Kittyちゃんに変わった。(分かる人しか分からないネタ)

今日は、ダンサーのかたの人生の来し方をうかがって、改めて夢を追うことの
重要さを教えられた。……忘れてたよ。すっかり。

あああ、写真を撮る仕事がしたいなぁ。どんな乞食になってもいいから、いろんな人の
いろんな表情を、ファインダー越しにずっと追っていたいなぁ。

なんか珍しくしんみりしてますが。けど、このしんみり感が、この私の根っこを成している
部分なんだよなぁ。シラナミの上品バージョン、うまいなぁ。ついつい薩摩焼きの湯飲みを
傾けてしまうことだなぁ。(なんのこっちゃ?)

話が飛んだようですが、いまBGA(Back Ground Alcohol)は、親友のMが横浜で
買ってきてくれた薩摩酒造のさつま白波「明治の正中」で。これがうまいんだ、
むちゃくちゃ。お湯割りにするのが申し訳ないほど。

さあて、明日からの2週間は、地獄の日々。ふっふふふ。それが終われば、楽しい楽しい
クリスマス。

……………。(^^;

というのは冗談にして、12月中に、釜山と福岡へ行ってこようと思っている。

1998年10月

日記

●平成十年

・10月3日(土)

はあああああぁぁああーーーーーーーぁあはぁっは。

疲れた。今日は一日、いろいろと動き回ってた。とにかく疲れた。

全面的に心地よい疲れ、というよりは、かなり(平板に発音)後味の悪い
疲れ方。勿論、自分が悪いのが圧倒的なんだけど、それでも、なんだかいろんな
ことが重なり合って、それでどうもすっきりしない部分があるなぁ。
仕方ないか。

前に進もう。とにかく。そぅ、とにかく少しずつでも前に進むしかない。
自分が今いるところが、自分に一番ふさわしいところだし、自分を一番成長させて
くれるところである、はずだから。(きっと)

いいこと、あるかなぁ。これから、もう少し先でもいいんだけど。
なんかいいこと、ないかなぁ。きっとあるよね。この調子で頑張ってたら。……だよね?

誰か、うん、っていってくれる人、いる? いないかなぁ、いるかなぁ。
どっちだろう。

あ、ひとつだけ、書きたいこと。文章のセンスって、所詮は生き方のセンス、だと思う。
チマチマした生き方をしている人は、所詮、チマチマした文章しか、書けないんだよ。
知ってる?
これは一往は、自分を戒めるために書いた。もしかしたら、思い当たる節がある人は
心しておくべきこと、かな。

そっれにしても、疲れたなぁ。仕事でこれほど疲れることって、ほとんど(絶対に?)ない。
何が疲れたかって、生命を削る作業をしたから、疲れたのかな。ちょっと通じないか。
意味が分かんないよぉ、という人はメールください。懇切丁寧に、解説します故。
そのかわり、その解説というのは多分、10回完結とかのシリーズになってると
思う。(^^;

いや、3回完結くらいにしておこうかな (^^;
体、弱いもんで。(^^;

汗っかきだし。

あ、そうそう。最近、すごく気になっている、というか、素敵だなぁ、と強く感じている言葉。
写真家ロバート・キャパが、お母さんから聞いたという言葉。

人を好きになりなさい。そして、それを相手に伝えなさい。

すごい言葉だよね。そして今、自分に引きつけてこの言葉をかみしめてみようと思っているんだけど、
私、人を好きになるのが好き。というか、人を好きになるの、得意だと思う。たいていの人だったら、
その人の長所、いいところを見つけることが出来ると思う。うん、これが私の自慢かな。
自慢すべきことがどうか、よく分かんないけども。

では。今日はこのへんで。(^^;

・10月4日(日)

今、午後6時。なんか、朝からTVは大騒ぎのようですが。

・10月5日(月)

(親友のMへのメールから)
そうそう。どうでもいいことだけど、今日某A嬢を見たよ。
ソフトの発表会の会場で。一瞬、視界の端でお互いを捉え合ったな。(^^;
うん、前のとおり可愛かった。それから数時間、ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ
精神の静謐に乱れが生じたかな。ホント若干ね。(^^)

かさぶたを剥ぐようなこと、だと理解している。かさぶたを剥ぐのって
じつは好きなんだけど、
なんにも進歩がないもんね。

自分に言い聞かせて、前を向いて歩くよ。きろろの「未来へ」かなんか
歌いながら、ね。(君は嫌いだろうけども)
(引用おわり)

・10月10日(土)

体育の日。昼過ぎに会社に出かけ、夕方過ぎに帰ってきた。
あした休むために、今日出勤。

と。いよいよ月曜日からは泊まり泊まり泊まりの毎日が待ってる。
うれしっ。(とても自分がm入ってる、と思う。)

・10月11日(日)

今日も一日、動き回った。疲れたー。
さっさと寝ましょかね。

ちょっとビール入ってます。また怒濤のような戦いが始まる。。。
仕事だけだったら、毎月のことなんだけどねぇ。。。

頑張ろう。自分の人生のすべてを懸けて。
ほんとうに。

・10月14日(水)

会社から更新。昨日夕方いったん家に戻り、終電に近い電車で
会社に舞い戻った。なんつー勤労青年。日本のワーカホリックの
鏡。

そんなことはどうでもよいのだが。

あ、そうそう。今日、また某A嬢を見た。都内某所で。
しばらくは、おなじ空間にいたなぁ。別に二人でトイレで
変なことをしていたわけではないよ。
(誰もそんなこと言ってないって)
なんだか、7月20日に成田空港で見かけたときも思ったんだけど、
なんかだんだん彼女、バサバサしてきてるなぁ、と。
バサバサ、というのは上手に言えないんだけど、なんとなく
うるおいがないというか、会ってたときみたいに、前みたいにしっとりと
していないというか。

それはきっと私を捨てた報いなのだろう。

なにをいっているのだ、とまたも読者の人たち(いれば、だけど)に思わせて
しまうのは忍びないのだが、おそらくはそうであることは間違いない。
勝手に言ってなさいモードであることを大前提に、言うのだが。

今月の作業もすこし先が見えてきた。編集部もいろいろと
大きな動きがあって、ちょっとだけ、気持ち的に落ち着かないところも
あるんだけど。

けど今日ある人の話を聞いてて(あまり話は聞かないで)、思ったんだけど、
話の内容と言うよりは、その話し方。その話し方に、その人の知性って
出るね。すべて。哀しいくらい。

そうだ。昨日はうちに何人かの友人が集まって、いろいろと楽しい話を
してたんだけど、来てくれた先輩の話し方が、とてもとても素敵だった。

人への気の配り方、言葉の選び方、相手の心の動かし方。
どれをとっても、学ぶべき点がたくさんあった。前から素敵な人だな、とは
思ってたけど、初めてちゃんと話をうかがって、やっぱり私の目はふし穴では
なかったのだな、と思った。

私は自分で言うのも何なんだけど、人のことが分かります。
その人がどんな人なのか、会って、ちょっと話しただけで、だいたい分かっちゃう。
またも、勝手に言ってなさいモードだけど。

でも、そうなんだからしかたがない。けど、そういう私も
(そういうわたしだからこそ?)、自分のことは人一倍、分からない。

それでバランスが取れてるのかなぁ、とも思うけど。

今月の作業が終わったら、またいろいろと忙しくなるなぁ。
いま借りてるノートPCも返さなきゃいけないし。

ふー。くちゃびれちゃなぁ。

南の島か、北の温泉にでも行って、のんびりしたいなぁ。

それか、もっともっともっと、人のためにいろいろ行動したいなぁ。
困っている人がいたら、話を聞いてあげたい。何か特別なことは
なにもできないけど。彼の幸福を真剣に祈れる自分に、
なりたい。もっともっと。

夜中の会社で、何書いてんだか。
まったくねぇ。。。

・10月15日(木)

久々に家に帰ってきた。火曜日の夕方、いったん家に戻ったのを除けば、
月曜日からずっと会社にいたことになる。うー。

今日は終電の一本前の千葉行きで帰ってきた。

相も変わらず、乗ってるのはひどいメンバーだったな。
自分だけが例外ではあり得ず、頭がベトベトでシャツが
汚れまくり、顔に生気がないおっさんなんだけど。私。

そういえば、私の記憶に間違いがなければ、2年前の10月15日
今の会社に入るための作文を、書き上げて、インターネットを通じて
送った日。あの日も夜中だったなぁ。締め切りの間際に、募集の告知を
みて、作文を送ったのは締め切りを過ぎてからだったんだよ。

なんとか拾ってもらって、今に至っているのだが。

あのときに、作文を書き上げることがなかったら、もしくは、
作文が人事担当の人の目に留まらなかったら、……どうなってたかな?
今でも某M新聞に勤めてたでしょうか? ……きっとそれはないんだろうな。
あのときはとにかく、あの会社を辞めたくて仕方がなかった。
男でも女でも、とにかく無性にHがしたくてたまらない時期、年齢、
期間があると思うし、みんな、身に覚えがあると思うけど、あのときの
私というのは本当にそういう風に会社を辞めたくて。福岡から去りたいと
いう思いはなかったと思うのだが、あのすごく居心地のよかった福岡から
出ていくということに関して、破壊願望のようなものが、あるいは、
なかったか、と言われると、ちょっと首をかしげてしまうかもしれない。

なんだか珍しく奥歯に物が挟まったような言い方をしていますが。

まぁ、昔のことですよね。(笑)

というわけで、明日からまた、戦線復帰。今週の週末は、私にとって
どのような週末に、なりえましょうか。はたして。あーあ。

・10月16日(金)

「十七歳の遺書」(神田理沙著、サンリオ文庫)を読み返した。
何年ぶりだろう。

ずっと昔、大学生時代?もしくは、高校生時代になるのかな、何遍も何遍も
読み返した記憶がある。

けど、今回はさーっと読み流してしまった。読み流して、しまえた。
いいことか悪いことか、分からないが。

ずっと以前は、こんなに素敵な、頭も良く、思いやりがある、女の子が
どうして自ら死を選ぶようなことに、なってしまったのだろう。なんと
勿体ないことではないだろうか、とずっと思ってた。

けど今回は、もう少し(だいぶ)違う感想を持ったんだ。

それは、言葉にすればズレてしまうのが怖いんだけど、死んでしまえば
元も子もない、とかっていうことかなぁ。うまく言えないけど。

もう少し書くと、生きてたときに、どんなに素敵でも可愛くても頭が良くても
死んじゃっちゃえば、一緒だ、ってこと。上に書いたことというのは、
「生きているうち」というのが大前提。死んでしまえば、みんな、立派な
死体にしか過ぎなくなってしまう。……でしょ?

だから。自ら死を選ぶ、なんて言い方はかっこいいけど、要するに今、私が
考える限りでは、

自殺なんてすべて犬死にだ、ということ。

命あってのモノダネ、っていうとおりだよね。

・10月19日(月)

今日、ついに我が愛車、アスコット・イノーバが走行距離55,555kmを
達成した!

その瞬間は、船橋市夏見?の交差点。焼き肉屋がある。。。
横に乗ってたのは残念ながら、男。Nくんとしておこう。

だいたい、こういうアニバーサリーって走行距離計を見逃してしまうことが
多いので、今日はたまたま交差点に止まって、なにげにメーターを見たら、
55555で止まってて。をを、らっきぃ。

説明が遅れたけど、私、この車を買ったときから決めてたのね。55,555km
に走行距離が達したとき、助手席に乗っていた女性と、僕は結ばれる運命に
あるんだ、と。

まぁ、勝手な妄想に過ぎないんだけど。

・10月27日(火)

あれ?1週間ぶりの更新ですか。別に忙しかったわけじゃあ、ないんだけどね。

早いねぇ。今年もあと2カ月じゃあ、ないですか。うーん、まだいろんなこと、
やり切れてないなぁ。彼女もできてないし。それは来年に持ち越し、確定という
声もあるが。(^^;

うーん。

けどあと2カ月。うん、かなり(平板に)充実した2カ月になりそうだなぁ。
うん。少なめに見積もっても、アレとアレとアレとアレと……。いろいろと
これからやるべきこと、指折り数えられるもんなぁ。そのどれも、上手に、
踊るよ。ダンス・ダンス・ダンスの主人公の真似事をする訳じゃないけど。

今日、さっき、近所のローソンに行って、「さつま白波」を買ってきた。
一升瓶を。やっぱり増税のおかげで、ちょっと高くなった? 前は1400円台
だったような気がするんだけど、今日は税込みで1600円余だった。
ま、いいけどね。ウイスキーの一升瓶なんてないし。いやいや、別に
一升瓶があるかどうか、というのは些細なことのような気もするけど、
でも、そのアルコール飲料が、その地で、どれだけ庶民に親しまれて
いるか、というバロメーターには、なるよね。
スコッチウイスキーの本場で、スコッチの一升瓶があるかどうかは
別にして、さ。

それはそうとして。白波、うれしいっす。本当は親友のMが横浜で
買ってきてくれた、「明治の正中」があるんだけど、あれはもう少し
置いておいて、そうだね、11・18が終わったら、みんなで飲みましょ。
なんか、なんでもないときに封を切って、夜中、ぐだぐだ言いながら
一人で飲むにはあまりに惜しい。きもちの問題だと思うんだけど。

あ、そうそう。今日は朝起きたらちょっと風邪気味だったので、
会社を休んでしまいました。でも、一日寝てたら、だいぶよくなった。

けど、夜中、寒い部屋でパソパソしてたら風邪も引くわな。フローリング
お尻が寒いしさ。

そんな感じかなぁ。最近は、あんまり本も読んでないなぁ。
実は何日か前から「レ・ミゼラブル」を読み始めているんだけど、2回目にも
かかわらず、やっぱり最初のほうは、眠いんだよねぇ。真面目な司教さんの
話とか、読んでると。うーん、我慢、我慢なんだよね。

つう感じですか。あまりトピックもなく、すみません。(^^;

では。

・10月28日(水)

連日の更新。。。

そうそ、昨日、日記を更新したあと、韓国のメール友、Kwonさんに
メールを書いた。久しぶりに。ほら、最近、韓国で日本映画や音楽が
一部解禁になった、というニュースが伝わり。
そのことを書いたんだ。3年くらい前、福岡から船でプサンに行ったとき、
映画館で「アポロ13号」を見た。アポロ13号の乗組員たちが無事地球に
生還したとき、どんな風な反応を見せるか、にとても興味があった。

果たして、大歓声。拍手喝采。日本の観客とは、全然違う反応。
アメリカに対する親愛の情も、日本以上に強いんだろう。あとは、
感情の表現の仕方の、国民性による違い、かな。

どうでしょ。

でもさあ、韓国でアメリカのこと、「美国」、「美」って表現するんだよね。
これってすごいよね。

それはそれとして。

そう。Kwonちゃん、岩井俊二の「ラブレター」、見たんだと。
韓国で流行ってるらしいって聞いてたから、ふーん、そうなのか、と
思ったんだけど。なんかすごいなぁ。

韓国の若者が、中山美穂とか酒井美紀とか榊原崇とかが函館の街を
行ったり来たりしてる映画を見てるなんて。なんか、不思議、不思議。

映画って、不思議だよね。なんだか文化とか国境を越えるんだか、
越えないんだか、分かんないところがあるよね。

1998年9月

日記

●平成十年

・9月4日(土)

ひさびさだ……。

最近、マイブームなのが、「…。」という終わり方。
今ふと思ったんだけど、「……。」とは違うんだよね。明らかに。
「…。」の方は、ちょっとだけ、トホホの意味を含んでる。
「……。」のほうは、そういう意味はない。幅広い意味で、
余韻を持たせているというか。

今月も仕事で大ハマリ。第2特集の進捗がはかばかしくないのに
加えて、ひとり連載を頼んでいるライターさんが、肺炎で倒れて
しまった。うー。どないすんねん、状態。

7日からの週は、一日も帰れないかもしれない。ま、仕方がないか。
明日ゆっくり休養しよう。(というわけにはいかないのだな。実は)

今日、珍しい友達から電話が掛かってきた。
去年の6月1日に千葉駅で再会した娘。(日記参照)
なんか、あんまり元気なかった。うーん。詳しくは書けないけど。

一緒にいる人を、この人で良いのだろうか?と迷ったときの指標として、
その人と一緒にいるとき、自分が自分らしくあるか、どうか、というのは
けっこうポイント高いと思うな。こないだまで私が少しだけそばにいた、
某A嬢は、そういう意味では全然失格。なんか、よってたつ地平に、
あまり共通点が見いだせなかった。
どうでもいいことを思い出しているのだが、彼女と行こうと思って友達から
チケットをもらった、上野の美術館の「ケルト展」の話をしたことがある。
こういうの、どう?って聞いたら、「そういう文化的なのも好きですよ」って
彼女は答えた。なんかこのことをずっと覚えてる。
「そういう文化的なのも好きですよ」っていう彼女の答え方が
表わしているものはあまりに多いと思う。私が勝手に思うだけなのかも
しれないけど。そう、私が欲しかったのは、素朴な感動かな。でも、
なんだかあの人は、そういう人ではなかった。常に自分で自分を
律してる、律し続けているという匂いが付いて廻っていた。

それが取れたのは、伝説の九十九里での撮影会のときだけだ。
あんなに嬉しそうな彼女の顔は、先にもあとにも、あのときだけの
ような気がする。僕が撮った写真を、彼女はとても喜んでくれた
けれども、果たしてそれはよかったのか、悪かったのか。分からない。
何度も書くように、彼女は自分の自然な表情が、許せなかったんだと思う。

いろいろ考えると、やっぱり別れるべき人たちが、すべからく別れるという
のは、やはり良いことだと思われ。その意味においては、自分が今いくつだとか
そういうことは関係ないよな。

何を書いているのか、全然分かんないね。

書くことが多すぎるのも困りものだね。

今日、不動産屋さんに新しい部屋のカギをもらった。
引っ越しは、どうしよう……。はぁ…。

一日、仕事を休めたらなぁ。軽トラでも借りて、ばりばり引っ越すんだけどなぁ。
とてもとても、休めそうな状況にないし。半休とかも、ワタシ的に、取ろうという
余裕がない。だって、まだまだ全然先が見えないんだもん。(^^;

困ったもんだ。

・9月7日(月)

なんかきょう一日で、ずいぶんと仕事が進んだ気がする。
よかった。本当は会社に泊まる気でいたんだけど、その必要も
なさそうなので、家に帰ってきました。

今、次の日の午前3時20分。コイケヤのポテトチップスのり塩
赤穂の天塩使用、を食べてます。これってマイブームなのね。
やっぱ、赤穂の天塩だけあって、おいしい。コクがある。
カルビーの、ガーリック味とかわさび味とか、九州しょうゆ味とか
にも惹かれるんだけど、やっぱり人間の根っこの部分では、おいしい
塩を求めてるのかなぁ。どうなんでしょ。

・9月24日(木)

あは、久しぶりだねぇ。。。
今日、田喜野井(隣町)の生協に行って、いろいろ買ってきた。
2Lのウーロン茶が2本で300円。むっちゃ安いじゃん、と思って
買って、今飲んでるんだけど、……薄い。。。そうねぇ、サントリー
とかのと換算すると、1.5L分にも満たないんじゃないかなぁ。
サントリーのはちょっと濃すぎるキライがあるけど。

そんなことはどうでもいいんだけど。

あ、そうそう。一人暮らしをね、始めたのよ。実家のすぐ近所で。
それに至る状況はいろいろともちろんあるんだけど、ここには
書きません。もし知りたかったら直接メールをください。
ML(メーリングリスト)とかで、個人的に直接メールを
出すことをDM(ダイレクトメール)っていうけど、この
言い方、好きじゃない。。。だって、ふつうダイレクトメール
っていったら、宣伝とか勧誘?のことでしょ。友達からもらう
手紙は直接相手から届くけど、DMとは言わないもんな。
どうでもいいこだわりだけど。。。

それはそれとして。

あ、オグラはいま、遅い夏休みを満喫?しています。
一応、今日と明日、そして来週の火曜、水曜を休みに
しました。本当は今週の月曜日から休みに入る予定
だったのですが、いろいろと先にやっておかなければいけない
ことがあったので。編集の仕事はけっこう辛いのよ。
相手があることだから。
とはいっても、結局なんの準備もできなかったんだけど。
というわけで、休み明けてからが辛いかも。ま、いっか。

あとなんだろ。そうそう、2、3日前に、ひょんなことから
PCが立ち上がらなくなり。Win98の上書きインストール
でもすれば、なんとかなるだろうと思ってたら、どんどんファイルが
破壊されていき。。。結局、Cドライブの内容をバックアップ取ってから
まっさらにして、新規インストールを掛けました。(掛ける、ってこれで
いいの?)

初めてだ。Win95環境のバックアップ、取っておいたつもりだった
んだけど、なくて。しゃーないから、一から環境を積み上げることにして。

でも、なんかスッキリした。いらないファイルがゴマンとたまってた
だろうし。

Becky!のメールフォルダの中身を移動させる作業が、またもや
スムースにいかなかったのが、ちょっと気がかりなんだけど。ま、
実用には問題ない(たぶん)ので、良しとしましょう。

あとなんだろう。。。

別に書くことない。というか、いろいろあったんだけど、やっぱり
タイミングを失してしまうと、こぼれていってしまうよね。そりゃね。

あ、そうそう。ひとつだけ。9月20日をもって、私の後半生が
始まりました。なんて、いきなりすぎるけど。でも、そうです。
それが私にはハッキリと分かりました。

(電話で30分、中断)

あ、なんのはなしだっけ? あ、そうそう。後半生が始まった
話ね。どうしてそう感じたかというと……、いろいろな理由が
あるんですけど、そう、複合された形で、私の後半生の始まりを
知らせてくれた、というか。

だれが? 分からん。

けども。これだけは言える。前半生のオグラと、後半生のオグラは
きっとちょっと違う。いままではいろんなものに、ことに、人に
遠慮しすぎて、自分の思い通りに動けないことが多々あったんだけど、
これからは、そういうことを極力減らしていくつもり。
私の周りを見ると、他人を押しのけて自己主張ばかりという人が
けっこういる。そういう人を見習うというわけじゃないけど、
少しは、彼らの真似事をしてみようかな、という気がしてるのね。
もちろん、オグラはオグラだけどね。あ、そういう歌、あったよね。
オグラでオグラだ。なんか、弾むようなメロディで、踊りだしたく
なるよね。自然に体が動き出す……。

相変わらず意味不明ですね。

あ、そうそ。シネスイッチ銀座、さんからメールをもらった。
どうもです。私が悪口を書いた、江國香織さん原作の「落下する夕方」の
映画が上映されるので、見に来てね、という内容で。
うーん、たぶん、行かないと思うなぁ。タダ券くれたら、ちょっとは
行く気になるかもしれないけど。私って、むちゃくちゃ映画好きなんだけど、
でも、1年に多くて2、3本しか、映画を見ないのね。
「愛を乞うひと」だって、見に行けるかどうか、わかんないのに。
(でも行くつもり。本八幡にでも)

あ、あと、恵比寿の写真美術館で、アジェ展やってるんだよねぇ。
11月くらいまで。見に行きたいなぁ。というか、絶対行こうと思ってる。
こんなに分厚いアジェの作品集、持ってるけど、彼の写真て、おおきな
フォーマットじゃないと魅力が伝わってこない、ってだれかが書いてた
気がする。実際そうだと思うので、必ず行く。それも近いうちに。

あとなんだろ。そうそ、こないだ銀座のニコンサロンでやってた
斉藤亮一さんの写真展、キューバ、だっけ?は行けなかった。
すごく残念。斉藤亮一さん、知らないひとが居たら、いますぐ
注目してね。この人、これからの日本の写真界を背負って立つ
ひとだから。私の自慢は、この人のデビュー写真集、非売品の
ニッコールクラブで配布された、を持ってること。タイトルは……
忘れた。3冊譲ってもらって、2冊は人にあげた。手元には
だから、1冊しか残ってない。……さすがに、もう在庫は
ないよなぁ。お金があれば、100冊でも買っておきたいのに。。。

ホームページで日記を公開することに関して、考えるチャンスが
与えられるかもしれない機会(?なんのこっちゃ)があったんだけど、
流れた。

ま、もともと頭強い方じゃないし、理論武装している訳では
(もちろん)全然ないので、あんまり深く考えずに、このまま
ガンガン行きましょ。後半生も始まったことだし。

あー、ひさびさの更新は、内容がないようなあるような、
要するに、いつもどおりの展開に終始したというわけ
ですね。(^^)

あ、友達に教えてもらった、性格判断。むちゃくちゃ当たる。

http://www.taisei-e.co.jp/seikaku/index.shtmlです。

ちなみに、私の診断結果。

> ————————————————————–
>
> 1.性格
>
> 性格に柔軟性が大きく、ストレスや環境の変化に対して、強い耐性を持つ
> タイプです。激しいショックに遭遇しても、それを素早く吸収して仕舞う、
> 柔構造建築物のようなものを、心の何処かに持っているタイプなのです。
> その替り、目標に対する志向力とか集中力に、多少の弱さがある事は否定
> 出来ません。貴方は物事や人生を、総花式的な考え方で処理して行こうと
> するタイプなのでして、そこが貴方の長所でもあり、限界でもあるような
> 気がします。
>
> 2.恋愛・結婚
>
> 多情多感なタイプなのですが、確かな判断力に裏打ちされた、冷静な計算を
> 忘れてしまうような事は、殆ど無いタイプでも有ります。色事には非常に関心の
> 高い方で有りながら、骨の髄から溺れたり、熱中したりはしないタイプです。
> 相手さえ間違わなければ、かなり円満な家庭を築ける可能性が高いでしょう。
>
> 3.職業適性
>
> 性格面から見た職業の適応力は、かなり巾の広いタイプですが、最も向いている
> と思える職種は、芸能や芸術関係の様です。教師、文筆家、秘書、美容師、保母(夫)
> などにも適性が高いでしょう。不向きな職業は、治安関係や国防関係の公務員。
> 科学者、エンジニア、キーパンチャー、コンピュータ技術者、各種の検査技師などが
> 上げられます。
>
> 4.対人関係
>
> 人付き合いの面では、是れと云って大きな欠陥が殆ど有りません。強いて上げれば、
> もう少し自分を控え目にした方が、尚一層良いと思える点だけです。
>
> ——————–

だそうだ。

うーん。けど、自分の自己分析と、ほぼ一致してるなぁ。ちょっとオドロキ。
「2.恋愛・結婚」の最後なんか、笑わせるね。泣かせるね。(^^;

気がついたら26日(土)になってました。そして、さらに暦が
変わって、27日(日)です。ははは……。

あしたは日曜日。忙しくなりそうだなぁ。

・9月27日(日)

9月最後の日曜日。ずっと雨が降ってた。いろいろ事情があって、けっこう早起きした。
4時半までマキちゃんと電話で喋ってたので、眠い眠い…。いいんだけど。

今は11時半。夜の。とりあえずは、「今日のわざをなし終えて……」という感じかな。
うん、それなりに充実した一日だったよ。いろんな人に会えたし。

コジマ電気(電器?)で、洗濯機も買ったし。おかじま電器では、雑誌を2冊と単4電池と
汎用のACアダプターを買った。ラジオを聞くのに。電池はロウソク用。(^^;

本当はおかじまで洗濯機も買いたかったんだけど、一番安いの2万3千円くらいの、が
富士通のだったのね。全自動の。富士通ゼネラルなのかな。たぶん、きっと。で、どうしよう
かなぁ、と考えて、とりあえず、コジマも見てみよう、と思って、行ったら、一番安いのが
韓国の大宇電子?だっけ、のがあって。けど、まぁ、よっぽどのことがなければ韓国製の
電器製品を買う必要性を感じることって、ないよねぇ。工業大国日本に住んでいれば。
分かんないけどね。日本製の製品にはない、テイストとか、特長とかがあれば、
喜んで購入するんだと思うけど。ほら、mpmanみたいな。

で、結局その隣にあった東芝製の2万3千円のヤツを買った。なんか、いかにも安っちい
やつだったんだけど、まぁ、いいよね。母一人、子一人の赤貧家庭だから、さ。(^^;

そういえば最近、韓国のメールフレンドKwonちゃんに、メール書いてないなぁ。
ごめんね。見てたら、詫びちゃおう。だったらメール書けって。

でもさ、メールってやっぱり、相手があるものだから、緊張するんだよ。一定。
けど、web日記は、対告衆(話す相手)が特定されてないから、そうねぇ、
洞穴に向かって叫んでるようなもんだから、気が楽なのね。万が一、もしくは
億が一、興味を持って見てくれる人がいたりしたら、めっけもん、みたいな。
そうだねぇ、Web日記をたとえて言えば、岬の灯台みたいなもんだよね。
よく分かんないけど。けど、いっつも海峡を行き来する船に灯りを提供してる
というか。手前味噌かもしれないけど。自分で言っててよく分かんないけど。

あんまりつっこまれると困るんだよ。ほら、私って直感で生きてる人だから。
論理的な思考って、あんまり得意じゃないし。

あ、いいんだけどね。人それぞれ、長所と欠点があって、だからこそ、人間を
やってられるんだから…。ね、そうだよね。>ALL

もちろん、私もいろいろ(あらゆる点で(^^; )至らない部分もあると思うし、
じぶんで気がつかないうちに、いろんな人を傷付けることって多いと思うけど、
ま、大目に見てよ。ブラックユーモアと下ネタを私から奪ったら、なんにも
残んないでしょ? ……と思わない?(爆)

ま、それはそれとして。(^^;

ああ、もうすぐ10月だねぇ。一年は、早いねぇ。11月になれば、私も
アイスクリームの歳だわね。(いみふめ)

なーんて。好き勝手なこと、書いてますが。いいんだよ、このページは
このページのファンの人だけ、たまに思い出したときに、見てくれたら
いいんだから。なんか小難しいことをいう人には、別にわざわざ来てもらおうとは
まったく思わないし。というか、来てもらって文句とか言われたら、こっちが
迷惑するよ。たとえばさぁ、君はこんなに無意味なことをしていて、サイバースペースの
無駄使いだと思わないのかい? 有限なインターネット資源を、そんなくだらないことに
使うということに僕は絶対に反対だ、とか、いわれても、はぁ、っていうふうにしか、
感じられない。

あと、よく外国の人から英語のメールをもらうのは、どうして君は少女に興味が
あるんだい? 男は一人の女性だけを愛するべきだと思うよ、とかってね。
たぶんそういう彼って、クリスチャンなんだと思うけど。分かんないけど。
別にいいじゃん。いたいけな少女を手込めにしているわけでは決してなく
(この項、重要(^^; )ただ、写真を撮らせてもらってるだけなんだから。
写真家の、何が特権かって、人の写真が撮れること。人、というのは半分は
他人て書いて、ヒトってフリガナ振りたいところだけど。難しいよね。
漢字カナ交じり文の書き方って。これでいいってことは、絶対にないし。

このページが無駄の固まりだ、といわれれば、まったくもってその通り。だって、
本人がいちばん自覚してることだもん。誰に言われなくても、自分がいちばん分かって
ますよん。だから、ほっといてほしいなぁ、つう感じ。

無駄、ということを言い始めたら、世の中に無駄なモノって多すぎる、溢れ返ってると
思うし。けど、無駄っていえば元も子もないけど、でも人間って意外に、無駄とか遊び、とか、
そういうものがある程度ないと、息が詰まっちゃうんじゃないのかなぁ。
無駄とか遊びとかを持てるというのが、人間をやってて感じられる醍醐味の大きな部分を
占めてると、俺は思うけどなぁ。……あはは、「俺」だって。いいんだけどぉ、別に。

というわけです。
あしたは仕事です。(;_;) うぇーん、一生夏休みがいいなぁ。(^^;

1998年8月

日記

●平成十年

・8月10日(月)

ひさびさに今日、うちで寝れる。うれしい。。。

・8月11日(火)

今日もうちで寝れる。すごく嬉しい。。。

・8月12日(水)

10月号の作業がそろそろ大詰め……。で、休む間もなく来月の打ち合わせ等々が
目白押し……。うーん、私に夏休みというものは、訪れるのでしょうか???
なになに、9月に取れって? うーん、どうやら、それがよいようですねぇ。
夏に夏休みを取っても、別に一緒に海に行ってくれる彼女がいる訳じゃ、ないし。(笑)

ねぇ。

でもね、最近、いいな、って想う娘がいるのね。ほら、星野村の山奥の小学校の
保健の先生が言ってたじゃん。原のレストランで一緒にご飯を食べたとき。
「別れたら次の人、ですよね」って。あんとき彼女がしてたヒマワリのイヤリング
えらい似合ってたなぁ。うーん。(遠い目)

いくつも「縁」のようなものをぶっちぎって突き進む私。一体どこへ行って
なにをしようというのでしょう。(笑)

そうそ、好きな娘ができた話。いいよね。生活に張りが出てくる。会社に行くにも
どこへ行くにも。ふふふ。。。

・8月14日(金)

今日、うちで久しぶりに(本当に久しぶりに)テレビをつけ。
ニュースステーションを見てた。

と、CMになり。

高校生が出てくるCM。あ、メグちゃん(松本恵)だぁ。これって、
なんのコマーシャルだろう……。教室で新聞を広げてる……。
ナレーションで、大学入試で云々……。ああ、なーんだ、朝日新聞の
CMか。。。

途中で、朝日のCMだと気づいたときの脱力感ってったら、ない。
100%確信して、それでもそうあっては欲しくないと自分の中で
葛藤を続ける感じ。

一言で言えば、ねらいすぎ。

私が見た短い時間で2つのバージョンが流されてたんだけど、
その2つ目に見たもの。最後にメグちゃんが草むらに寝てる。

その横たわり方も、痛々しかった。
(といっても、通じる人は日本に数千人もいないだろう)

要するに、
朝日新聞と松本恵の組み合わせが、とても醜悪なものに写る。

誰が撮ったんだろう。映像的にはしっかりしてるので、ちゃんとした人が
撮ったのだろうが。(当たり前だ)

最近のCMでは、(昨日見た)こてっちゃんのCM、山田まりあが出てる。
アレはGoodだねぇ。いいねぇ。まりあちゃん。芸能会をなめてるね。
というか、芸能界という荒れ野を、自分の足で(楽しんで)歩いている
感じ。こうでなくっちゃあ。松本恵に少しでも学ばせたいところだ。
(註:最初のほうの芸能「会」、わざとですからね。(^^) )

それと、最近流れてるポカリスエットのCMも、すんごく、いい。アメリカ西部?で
撮った。。。女ん娘が、むちゃいい。あの娘、なんていう名前なんだろう。。。

ポカリスエットのキャスティングは、ずっと
成功してるよなぁ。宮沢りえ、一色彩英、中山えみり……。まだまだ
売り出しはじめの、活きのいい女の子を、ぽーんと登用して。
彼女たちの、いちばんいい笑顔を、遺憾なく引き出して。

そうか、こうやって書いてみると、朝日新聞の松本恵CMがどうして
ダメなのか、分かる気がする。あのCMは、メグちゃんの使い方を
間違ってるのだ。「メグちゃんの使い方を間違ってる」との書き方は
あるいは正確さを欠くかもしれない。もしかしたら、あれが松本恵の
限界なのかも。「朝日新聞」と「松本恵」という壮大な結婚が、結婚式が
予定調和の中でなんの面白みもなく粛々と進んでいってる。延々と、
双方の親戚の、くそつまんない祝辞だけが続き。なんの変哲もない
女友達6人のテントウムシのサンバが歌われ……。雇われた司会が
一日何回も吐く飾り立て方だけは少しの隙もない同じ台詞も。

きっと、いいCMというのは、
製作者側(そしてクライアント側)が期待/要求する、彼女(彼)の
CMでの存在、あり方、演技、表情、そしてそれを超える役者としての
彼女の意気。その緊張感を持ったコラボレーションがCMの訴求力と
なって、視聴者に短い時間でインパクトを与えるのだろう。

そう、だんだんと昨日考えたことを思いだしてきたんだけど、マスコミが、
少女から女性にかわりつつあるタレント(女優、歌手)を使い捨てていく、
リアルタイムの実例を、まざまざと見せつけられた、そんな思いがしたよ。
こういう言い方はあるいは語弊があるかも知れないけど、いましか
できないから、といってウリに走る女子高生、それを買うオジサンとかと
構造的には一緒だよな。今が旬の少女タレントと、その魔力?を頼みに
CMに(安易に)使う、CM関係者(クライアント含む)の関係性って。

・8月15日(土)

今日、敗戦記念日。

12日の日記、誤解を招くものだった?かな。
私が今、好きな娘は、福岡の山奥の小学校の保健の先生じゃあ
ないよ。彼女のことは、過去のこと。スピッツのテープを
もらったりとか。彼女のギターのコンサート?に誘われたり
とか。あーあ、ずいぶんと、惜しいことをした。
いいけど別に。(;_;)

それはそれとして。

今日、姉と会う。いろんな話をしたのだが。

こないだから言われてる、「お見合い」の話。
相手は、姉の昔からの友人の義理の妹だという。
大神宮下(船橋市)に住んでる。今年30になるとか。
全然結婚する気とか、男っ気とかなくて、周りが心配してる、と。

今日、その気がないことを伝えた。いまは経済的にも安定
してないし、あんまりそういう気持ちにもならないし、と。
すると、姉は昔からの押しの強さで、そういうつもりじゃあない、
別にだれも、うまくいくとか思ってない。ただ、友だちがひとり
増えればイイじゃない、と言う。

私は偏屈な人間だし、そんな、ちょっと知り合った人に理解されるほど
わかりやすくもないし、愛想もないし、って必死に抵抗したら、
そういうことは全部向こうに伝えてる、と。表情一つ変えずに。
はぁ。

それはそうと。今日は週末で。10月号の作業になんとかケリを付け、
久しぶりにゆったりした週末。……と、Aちゃんの声が、聞きたくなる。
映画も一緒に見に行きたい。いっしょに、ごはんも、たべたい。もちろん、
写真も撮りたい。あの頑なさを味わいたい。もしも、万が一、この日記を
読んでくれることがあったら、電話くれ。いつでも、君だけWelcomeだから。
以上、私信でした。(^^;

あとなんだろ。それくらいかなぁ。
そうそ、親友のマキちゃんから昼間に珍しく電話が掛かってきて、
起きたばかりで気乗りがしなかったんだけど、1時間くらい喋った
のかなぁ。ダンナの夏休みで沖縄に行くとか。いいなぁ。いいなぁ。
いいなぁ。沖縄でいただく泡盛のおいしいこと。ソーキそばとか、
ゴーヤチャンプルとか、らふてぃとか、とうふようとか。うーん。
誰か私に、那覇空港行きの定期券をくれ!

はぁ。

・8月16日(日)

今日は16日。私の誕生日の3カ月前。そんなことはどうでもいいのだが。

そうそう。ポスターの話をしようと思ったのね。
えっと、最初は、恒例の甲子園のビクターのポスター。
毎年、この時期になると秋葉原駅のホームにズラリと張り出される……。

去年は松本恵で、張り出されるそばから、何者かによって剥がされて、
いつも何枚か欠けてた。。。今年は、私が見た限りでは、そういうこと
一度もなく。

なぜだろう。いやいや、別に今年のモデルの女の子が可愛くないとかじゃあ
ないと思うのね。けどちょっと、写真がよくなかったかなぁ。いや大分か。
広角のね、たぶん35mmだと思うんだけど、ちょっと寄った感じの写真。
それがね、2枚ともそうなのよ。着てる服も一緒だし。表情もあまり
代わり映えがしない。これって、カメラマンの手抜きだと思うんだけど。
モデルの娘、だれだろう。宮内知美さん?かなぁ。小さく隅に名前が
書いてあったと思うんだけど、近くまで寄っていって確認する必要性を
感じなかったもので。……すいません。(ってだれに謝ってんだか)
ビクターのホームページを見れば、モデルのこの名前も、戦犯である(^^;
カメラマンの名前もすぐに分かるけど。

うーん、それにしても、手抜きだよなぁ。制作費がこの不況の折、
80%ダウン(前年度比)とかになっちゃったのかなぁ。去年は
野村誠一さんで、きっとずっと彼が手掛けてるんだと思うんだけど。

うーん、分からん。

ま、いいや。

あと、前から書こうと思ってた、よくないポスター。いま店頭に貼られてる
松たか子の三和銀行の。なんか落ち着きすました?表情なんだけど、よくない。
よくないよ。目のあたりが特にダメ。ダメですね。。。 ひとりの女優のシリーズで
見せていくというのは、やっぱり限界があるよね。これって、カメラマンずっと
同んなじ人なんだろうか。1回ごとに違う人に撮らせるという方が、新鮮味が続いて
うまくいくような気がするんだけど。(実際、そうしているのかも知れないけど)

同じマツタカを使ってる山崎パンとかと比べると、やっぱり業種が違うせいか、
使う側に気負いが見られますね。すべからく、こういう風に使わなくてはいけない!
ただ笑顔にっこりじゃあ、銀行の顔として物足りない! もう少し、こう、知性や
人間の多面性や奥深さや、そういったものをそこはかとなく感じさせるものにして
いかんといかん! なんて月曜日朝の会議でつばを飛ばしながら喋ってる広告担当の
重役がいそう。もちろん、個人的にもマツタカのファンの。

いやいや、それほど熱く語ることもないのだけれども。

同じ銀行、同じタレントで言えば、さくら銀行の広末のほうが、数十倍成功してる
と思う。CMが流れてるのも何度か見たけど、彼女の演技(の自然さ)、すごいね。私が見た
CMの最後の方、坂(階段)をのぼりながら、アイスを食べながら、父親の言葉に
それとなく相づちを打つ、あの間。あの表情。天才性を感じますな。

ただ、さくら銀行に口座を新設すると「広末グッズ」がもらえる、とかっていう
キャンペーンは、どうなんだろう。行員、嫌になってない?

いま、ビクターのホームページを確認しました。
ここです。
今年のモデルの娘は、清水千賀さん、ていうんですね。ははは、ポスターに
採用された(1種類の)衣装以外にも、ほかにもいろんなお洋服、着てたのね。
(そりゃあそうだ)

カメラマンの名前はなかったので、やっぱり緊縮財政で制作費がカットされ、
無名のカメラマンが撮影に当たった、という私の読みは、当たりかな?
(いや、分かんないけど)

つう感じです。
明日からまた仕事。ははは。

(上からちょっと時間があいてます)

近所のセブンイレブンに行って、メシを買ってきた。向かいのampmで
ビールを。

夜にクルマで走るのって、気持ちがいい。けど、ひとりだとつまんない。
ので、すぐにうちに帰ってきちゃう。ドライブが好きな人って独りでも
延々、走り続けることができるんだろうけど、私はそれほど、ドライブそのものが
好きなわけではないので、独りで走ってると、すぐ飽きる。横に誰かが
乗っててくれたらなぁ。えっと、彼女とか、そういう人でなくても良いのね。
福岡時代は、アンケンという男がいたからなぁ。(彼がハンドルを握ってる
ことが9割以上だったけど)

こっち帰ってきて、走る道&街に魅力がないというのも確かにあるんだけど、
横に乗ってくれる人がいないのも、全然ドライブしてない大きな理由として
ある。横に乗せて楽しい人、というのは頭がいい人。話してて、刺激的な人。
会話が弾む人。そう考えると、福岡時代の毎度まいどのドライブって、なんて
ぜいたくだったんだろう。福岡じゅう、走り回ったもんなぁ。志賀島へ行ったり。
気がついたら、呼子にいたり。門司のめかり公園に来てたり。鳥栖の街を
走ってたり。……楽しかったなぁ。

閑話休題。

なんとなく、自分の中で、今ひとつの季節が終わろうとしている、そんな気がする。
季節が終わるというのは、新しい季節が始まるということで。そうだなぁ、
夏の終わりは「終わり」を強く意識するでしょ。で、春だったら、やっぱり
「来る」ことが表に立つじゃない。そうやって考えると、いまの私の中での
季節の変わり目は、始まるのか、終わるのか。どっちだろう。

どちらも、としかいいようがない。終わる季節もずいぶん長かったような
気がする。決して楽しくはなかった。むしろ、辛いことが多すぎたような。
これから始まる季節は? じゃあ、楽しいことだらけなの? もちろん、
そんなことはありえない。ただ、今まで以上に自分らしさを活かして、
ひとつひとつのことをちゃんと、しっかり、実りある日々にしていかないと
だめ、だと思う。きっと、あと2年以内に、嫁さんをもらうことになるでしょう。
その人は、私がまだ知らない人。広い意味で、だけど。もしかしたら、昨日書いた
姉の紹介で会う娘かも知れないし、A嬢に似ている、ショートカットのギリシャ人
みたいな風貌の、彼女かも知れない(最近好きな娘、その1)。もしくは小柄で、
独りボケを常にかましているという噂のあの娘かも(最近好きな娘、その2)。
または、名前も顔もまだ全然知らない人かもしれない。

まぁそれはどうでもいいことなんでしょうけども。

あ、そうそう。最近、昔からの友達でやってるMLへの書き込みをしてない。
理由は別にこれといってないんだけど、なんとなく、書く気がしない。彼らに
私が書いた何かを読んでもらいたいとは、思わなくなってる。何かを別に伝えようとか
私の中にあるものを見てもらいたいとかって、彼らに対しては思わない。今のところ。

別に友達をやめるとか一人になりたいとか、あんまりそういうふうに思っている
訳ではないんだけど、たぶん、あとしばらくは、あのMLには何かを書いて送ろうとは
思わないんじゃないかな。あとしばらく、なんて思わせぶりな書き方かもしれないけど、
ま、一言でいうと、このあとずっと、かもしれないし。それは私にも分からない。

ちょっとだけ読み返してみたら、めためたですね。けどもまぁ、私のなかの
葛藤の様子がリアルに表われていると言えないこともないので、このままに
しとく。あまりにも読みにくくて不快だったらメールをください。メールを書くだけ
面倒だと思うけどもね。

・8月17日(月)

今日、会社に行く前に、津田沼の不動産屋に行った。一人暮らしをしようと思うのね。
「エイブル」っていう不動産屋。駅前のマクドナルドの並び、なんちゃら信託銀行が
入ってるビルの3F。客が結構いて、カウンターは埋まってた。店員もみんな対応に
追われてる。一番手前のカウンターに、アパートかマンションの持ち主らしいジジイ。
二人も店員が付いて、あーだこーだいうのをハイハイと神妙に聞いてる。
部屋の隅に並べてあったイスに腰掛けてぼーっと待ってたんだけど、誰も何も
言ってこない。10分くらいしたらやっと女性の店員がやってきて、
「お部屋をお探しですか」と聞く。うなずくと、しばらくお待ちください、とか言って、
また客の対応に戻っていく。

それから5分くらいして、こんどは男の店員がやってきて、
お部屋をお探しではないんですか?とか、不思議な尋ね方をする。
そうですけど……、と答えると、いまは店員で対応できるものが居ないので
時間をあらためて出直してきてくれ、と言われた。……唖然。不動産屋に行って、
追い返されたのって初めて。びっくりした。

二度とあの不動産屋には行かないだろうな。親戚縁者にも、行かないことを勧めるだろう。
この世の中に、横柄な不動産屋って、それこそ星の数ほどあると思うけど、あそこまでという
のは、めずらしいんじゃないのかな。

いいの?あのままで。

・8月24日(月)

今日、8・24。

会社に行った。疲れた。早めに帰ってきて、ららぽーとで
行なわれていた絵画展の片づけ作業に従事。若者が4、50人は
集まってたかな。ボランティアで。

さわやかな汗を流した。9時前に始まって、12時前に
終わったのかな。

あ、そうそう。なんか事務的な連絡事項みたいで
恐縮なのですが(^^; デジカメ画像へのリンクを
つけました。

ギターを弾く少年

猫の兄弟喧嘩

ネコゆったり

ですよん。

これで見えるかな?>原様

なんかややこしい某プロバイダ専用ソフトは使うのやめたほうがいいのでは?
……インターネットの世界は、オープンが基本だよ。世界中のOSを牛耳ってる
ソフト会社であろうと、アメリカ一のBBSの会社でも、例外ではない。
オープンであることと、使いやすいことが万が一、対立したら……。
そのときは状況に応じてどちらを優先させるか適宜決まると思うけど、
でも時間が解決すると思う。使いやすくて、なおかつずっとクローズドな
環境というのは、ちょっと考えにくい。いいものというのは、どういう変遷を
たどるにせよ、かならず世に広まっていくもんだよ。少し時間がかかるかも
しれないけど。

話がだいぶ、それてしまったけど。

そんな感じです。

あ、家探しの方はそこそこ順調。いくつか不動産屋を廻って、何部屋か
実際に見せてもらって、自分の希望と、このへんの相場と、だんだん
見えてきた。

最初は一人暮らしで2DKもあればOKかなぁ、と思ってたけど、
なんだか知らないけど、うちの母が一緒に住むことになって(^^;
3DKに路線変更。だいたいねぇ、角部屋だと、このあたりでは
8万円前後なんだよねぇ。コーポタイプの新しめのアパートで。

8万円とかいうと、ちょっと辛いものがあるけど、ま、しゃーない。
一所懸命働いて、なるべく、遅刻とかしないようにして(^^;
がんばろー。これで婚期が5年遅れようが、ま、しゃーない。

という訳で、明日も午前中、めぼしい物件を持ってる不動産屋に
電話して、そろそろ決めちゃおうかと思ってる。とりあえず、
ワタシ的には、本棚が3つくらい置けて、押し入れがあって、
布団を敷くだけのスペースが残れば、全然OK。あ、パソコンデスクの
置き場所もないとまずいか。うーむ…。

きっと明日はイイ部屋が見つかるでしょう。うん。きっと。

・8月29日(土)

週末ですねぇ。終末じゃなくてよかった。(^^;

ひさびさの更新です。といっても、書くことないんだけど。(^^;

今朝の地震、すごかった。地球の終わりかと思った。
すっごい縦揺れだった、よね。思いっきり目が覚めたよ。うん。

大雨は降るし、株は世界中で暴落してるらしいし、毒をまく奴らは
あちこちに出没するし、はぁ、世紀末やね。いや、ホントに。
しっかり頑張ろう。うむ。

・8月31日(月)

夏の終わり。

実は私、発明を思いついたのよ。数日前。で、今日、特許庁のサーバーにつないで
検索してみた。……けど、専門用語の意味がちーとも分からん。だいたい私は、
特許と実用新案の違いがまるで分からない。法学部なのになぁ。特許法は
選択しなかったもんなぁ(そういう問題ではない)。

ちょうどグッドタイミング?なことに、会社のイントラネットにも
発明を奨励する文言が……。「職務発明規定」とかって。発明を思いついたら
とりあえず、法務部に相談しなさい、って書いてある。……でもね、
よく読むと、報奨金が安すぎるんだよなぁ。
具体的な金額を書くと社長に怒られちゃうので、書かないけど。
私の思いついた発明は、うまくいくと10億円くらいの価値があるんでは
ないかいな。分かんないけど。でも、けっこうたくさんの人に関係する
発明?だと思うので、少なく見積もって、そのくらいにはなるのでは。
あくまでも、「うまくいけば」の話だけど。

俺、発明を思いついたよ、って親友のMに言ったら、
おぐちぃ、一発逆転だね、って。
をいをい、俺の人生は負け越してんのかよ、こら。
と思った。(^^)

職場にね、でっかい声でいつもくだらない話をしてる女がいるんだけど。
悲しいくらいに、声が悪い。ほんと、悲しいくらい。
自分があんなひどい声だったら、人生を悲観して、どうにかなっちゃうかも
しれない。

けど、前にも書いたけど、自分の声には自分で責任を持たなくてはいけない。
たぶん、ね。

あと、なんだろ。
お金を振り込んだ話。
今日、不動産屋にアパートのお金を振り込んだ。42万円余。ふわぁ。
これで後に引けなくなった。(^^;

そうそう、昨日電話で親友のMとしゃべってたら、千葉銀行って
300万円も貸してくれるんだって。千葉銀行。ふわぁ、すごいなぁ。
私なんか、東京三菱銀行に30万円→50万円に融資枠を広げて
もらおうと思ったら、あっさり断わられた。
……けど、あたり前だよねぇ。私の通帳残高の毎月の推移を見てりゃあ、
これ以上金を貸してやろうとは、誰も思わないよね。ふふっ。

あとなんだろ。あー、いますごく好きな娘に、昨日、会った。昨日も、
友だちと一緒だった。弾むように歩く姿。いっつもはじけるような笑顔で。

今ふと思ったんだけど、私がお見合いをする相手の人がこのページ見てたら、
いい気持ちはしないだろうなぁ。

きっと、見てないよね。(^^)

正直をモットーとする私。正直をモットーとするこのページだもんね。
ウソは書けない。うむ…。