書籍リリース間近。

ようやく、ずっと日記に書いてきた「技術連載本」が、発行元のインプレスジャパンの
サイトにて、予約開始となりました。

http://www.impressjapan.jp/books/2517

うううっ。この日をどれほど待ったことか。(涙)

上に載せたページ↑には、Amazon、セブンアンドワイ、楽天ブックスへの
リンクが記載されていますが、まだ、いずれのネットショップにも、この本の
ページは用意されておりません(1月13日現在)。

いままでの機種本もそうだったけど、だいたい発売日の1か月くらい前になると、
ウェブサイトにお目見えして。そうすると、もうあとにはひけない、って思って
制作作業に、それまで以上に真剣に取り組めるようになる。まだ見ぬ読者に
喜んでいただけるように。ひとりでも多くの方に、手に取っていただけるように、と。

この書籍は、デジタルカメラマガジンでの連載をまとめたもので。
連載のテーマは、デジカメや関連製品などの開発者の方々のところへ
出向いていって、いろいろざっくばらんに聞き出そう、というもので。

自分でいうのもなんだけど、読んでみていただけると、けっこう楽しめると
思います。

連載が始まったのが、2004年の5月号。っていうことは、たぶん3月くらいには
取材に出かけたわけで。小倉がインドシナ半島一周旅行から帰ってきたのが
2003年の年末で、そのあとすぐ、という感じですね。

だから、この丸4年間の小倉の年輪みたいなモノが読み取れたりするかも
しれませんね。(←とかって、テキトーなこと書いてますが。笑)

インタビューの連載なんてやったことないから、つねにめちゃめちゃ緊張の
し通しでした。これはあとがきには書けないと思うので、こっそりblogに書きますが
インタビューをさせていただいた、すべてのとき、始まってすぐに、ものすごく
止めたくなって、出されたコーヒーを技術者の方々に引っかけて、そのまま
逃げて帰ってきたくなったことがあった。毎回、そうだった。(笑)

毎回、毎回、編集者とは戦いで。もちろん、それで連載がよくなったわけで。

単行本化するのも、ずーっと前から、話はしていたのだが、そのつどの編集者は
まるっきり耳を傾けてくださらず。

で、連載もそろそろ終わりそうだなぁ、と思った頃、だんだん面倒くさくなってきて
しょうがね、じゃあ自分で単行本化の編集も全部やるかぁ、と思って。

ふつう、インタビュアーは編集はしない。(笑)
まあ、IT化も出版社は進んだことだし、ひとり何役でも、やってもいいんだよ(ね)。
才能ある役者は、自分でも映画監督やっちゃうし。
タケシとか、竹中直人とか、ロベルト・デニーニとか。

いやぁ、憎まれっ子、世に憚る、ってね。

小倉が好きな人は、この本買ってください。
小倉が嫌いな人は、この本を裏の山でぼんぼん燃してください。ちゃんと購入して。

東奔西走

この週末は、地元をあちこち駆けずり回っていた。
東奔西走といっても、せいぜい半径数km以内。いな、数百m以内かも。(笑)
めっちゃ疲れた。けど、充実感はたっぷりある。

技術連載本の初校をpdfにして自宅に送り、夜中に焼酎ロックをちびちび
やりながら、じっくり読む。けっこう楽しい。

なんとか年内に出せそう。

あんまり売れないんじゃないかという予想が大半だけど、
意外に化ける気も、しないでもない。

売れるといいな~。こんなに一所懸命にがんばってるのだから、
ちゃんと売れてくれることを信じよう。

自分の名前の付いた本を出したいという思いももちろんあったけど、それもそうだけど
連載で各社の技術者の方々が熱く語ってくださった内容を、連載だけで埋もれさせてしまう
のは、非常に惜しいと思った。3年分の連載をまとめることで、デジカメ業界のドッグイヤー
ぶりが、たちどころに見て取れる、という楽しみ方もあると思ったし。

連載をぜんぶ入れたら、350ページを越える分厚い本になってしまった。(笑)
値段はいくらになるんだろう。高すぎて、売れなくなってしまったら逆効果だし。
いくらくらいが適切なんでしょうね。1500円前後っていうところでしょうか。

あと1カ月くらいは、ゆったりとこの単行本を作ることにしましょうかねぇ。

ベトナムでロングステイ

すこしまえに、ベトナムでロングステイ(イカロス出版)という本を見つけた。

ふふふ。何年か前に、僕がカメラマンのFさんと一緒に、出したいですね、っていって
いろいろ画策してた、企画そのもので。

いくつかの出版社にも、企画を売り込みにいったけど、ぜんぜんダメで。

けど、僕は「移住」という文言をタイトルに謳いたかったけど、Fさんは移住だと重いから、
「ロングステイ」という単語のほうがいいのではないか、とおっしゃり。
よく考えると、そのとおりだと思われ。

まだ買っても読んでもないけど、だいたい書いてある内容の80~90%は、想像できる。(笑)

まあ、そのうち『ハノイ移住完全読本』というタイトルの本でも、出しましょうかねぇ。(爆)