中古MF Nikkor@キタムラ

中古レンズを買うのは西新宿のマップカメラに決めていたのですが、最近、
カカクコム経由で、カメラのキタムラが中古レンズを集めたホームページを
始めたことを知り。

全国のキタムラの店頭にある中古レンズを一覧できる。状態、価格。
いちおう現物の写真も載ってるので、気分的に安心感があるというか。

さすが、と思ったのが、近所のキタムラに、その中古レンズを取り寄せて、
状態を確認し、気に入らなければ、キャンセルしてもOK、という点。
全国チェーンの強みをフルに活用した、スグレモノのサービスだなぁ、と
思う。なんとなく、きもちマップカメラよりも値付けもリーズナブルに感じるし。

いまねらってるのがAi-S 35mm F2。もう現行から外れてしまっている
広角単焦点レンズ。1.5万~2万円くらいで、いっぱい出てる。多少高くても
いいから状態のいいモノを、と思うんだけど、さすがに全国から複数本
取り寄せて、いちばんいいのを、っていうわけにはいかないだろうなぁ。

いまの時代、かなり特異な人間だなぁと思うんだけど、やっぱり一眼レフは
自分の手でピント合わせをしてナンボ、という意識が、どうしても抜けない。
ファインダーを覗いて、すりガラスの上で、撮りたいものをクッキリと表示させ
その瞬間にシャッターを切る。AFだと、そのドキドキ感が半減してしまうんだよ
なあ。なんか自分で撮ってる感がなくなってしまうというか。

まあ僕が動きものをあんまり撮らないということもあると思うんだけど。

いまでは考えられないけど、MFのNikkor 35mmレンズって、明るさの違いによって
F1.4、F2、F2.8って3本もあったわけで。F1.4は現行製品だけど、高いし重いので
少なくとも今回の選択肢には、入ってない。ということで、F2とF2.8を迷うことに
なるんだけど、少なくとも中古になってしまったいまは、値段の差というのは
新品で買えた頃に比べてごく僅かなわけで、選択のポイントは明るさと重さの
兼ね合い、というか。重さは100gくらい違うのかなぁ。あとはレンズの長さ、
出っ張りぐあい、ですね。カバンに気軽に入れていくには、レンズの全長は
短いに越したことはない。明るい広角レンズにありがちなんだけど、ビヨーンって
望遠レンズみたいに長いと、なんか広角を使ってる雰囲気が薄れて、どうもダメ
なんだよなぁ。

って、この男、文句ばっかりですね。弘法筆を選ばずの逆をいってますね。(笑)

ということで、Ai-S Nikkor 35mmをGetしたら、また報告しますね。

35mmレンズ

予告どおり、小倉のもってるキヤノン資産ほぼ全部、ドナドナ界の聖地
西新宿へJRを使って運んでいきました。心の中で、ドナドナを奏でながら。

ドナドナ界の聖地の中心、mカメラでニコンの35mm F2レンズを購入。
なんとなく、中古ではなくして新品にしました。

ニコンの単焦点レンズを購入したのって、何年ぶりだろう。

しばらくは35mmレンズの画角を楽しみたいと思います。

望遠その後。

たぶんSIGMA135-400mmとか170-500mmとかを購入しても、飛行機を何回か撮って、あとはタンスの肥やし?になるのが見えてるから、やはりちょっと(だいぶ)躊躇してしまうわけで。で、もうすこし常用域の焦点距離をもった望遠ズームにテレコンを組み合わせる、というのはどうだ、と思い至った。候補としてはSIGMA70-200mmとSIGMA1.4Xテレコン、あるいはキヤノンEF70-200mm F4LとEF1.4Xとか。けど、テレコンってバカにできない値段するのね。純正のなんか、中古でも3.6万円とか。なんじゃあそりゃあ、って感じ。基本的に大口径超望遠レンズと組み合わせるのが前提だから、それなりの値段になってしまうのでしょうね。そう考えると、SIGMA70-200mm F2.8とSIGMA1.4Xテレコンという組み合わせが、けっこうリーズナブルだし、つぶしもきくし、という感じに思えてくる。まあ飛行機を撮るにはやや焦点距離が足らないというウラミはあるが。そんなときは2Xテレコンを買い足すというのはどうだ?テレコン装着時の画質というものが、135-400mmとか170-500mmとかに比べて、どのくらい劣るのか(あるいは優れているのか)は検証してないから、わかんないけどなー。

あと、だらだら書いてもしょうがないけど、SIGMA70-200mm F2.8って、世代によっていくつかバリエーションがある。DG化(デジタル対応)される前のヤツ、DG化された比MACROのやつ、最新の1mまで寄れるヤツ。順番に値段は高くなってるんだけど。最新の(現行の)レンズは中古でも10万円とかする。いっこ前のDG化されてるやつは6~7万円で買える。これでもいいかぁ。まあ重いのは重いので、ほいほい旅行とかに持っていこうという気には、まったくならないのがアレだけど。クルマ移動用と旅行用で70-200mmを使い分けるなんて、ちょっとブルジョアっぽくてイヤだなあ。けど40を前にしてギックリ腰とかにもなりたくないので、まあいいかという感じ。いずれにしても7月のお給料日?が過ぎてからだね。実際に行動に移すのは。ジャンボ機よ、待ってておくれ~♪

ひこーき写真

こないだ飛行機を撮りに行ったのだけれど、それから飛行機写真が気になってしょうがない。ネットでも”成田空港 撮影ポイント”なんて単語を入れて検索してる。いろんな有益な情報をアップしてくれてる方々がいて。

飛行機を撮るためには、当然のように望遠レンズが要る。いま僕はニコン用のSIGMA70-200mm F2.8はもってるけど、キヤノン用の望遠レンズって、なにひとつ持ってない。

いそいであちこち調べてみたら、シグマの75-300mm APO DGとか、同じくシグマの135-400mm APO DGとかが候補として引っかかり。もちろんEF300mm F2.8とか、EF100-400mmとかは、買えるわけもなく。135-400mmって、5万円以上するし、すごく重いし、飛行機を撮るためだけに、レンズを購入してもいいのだろうか。描写は値段相応だというし。75-300mmにしとくか。こっちだったら2万円で買えるし。うーん、けど、300mmと400mmではきっとだいぶ違うんだろうなぁ。単純計算で1.3倍も大きく写る。ほしいなぁ。400mmまでのズーム。うーん。うーん。

仕事しよっ。(笑)

AF-S DX Nikkor 18-70mm F3.5-4.5

D70と同時にリリースされた、デジタルニコンの標準レンズ。あんまり大きな声では言えないけど、僕はこのレンズ、あんまり好きじゃなかった。D70とセットで購入したんだけど、D70とはやや微妙にバランスが悪い気がして。レンズのほうが勝ってる気がしたのだ。大きさといい、重さといい、存在感といい。

で、ほしいっていう会社の後輩に譲ってしまった。このレンズの代わりに、シグマの18-50mm F3.5-5.6 DCをつけて。こっちのほうがセットレンズとして、よっぽどバランスいいよなぁ、なんて愚痴をいいながら。

そのあと、D200を購入したあとで、このレンズ、とりあえず純正だし、持ってても損はしないだろうと考えて、中古で購入して。

こないだD80を購入して、で、レンズ、何をつけようか、と考えたとき、頭に浮かんだのがこのレンズ。すごい不思議だと思うんだけど、D70やD70sよりもD80のほうがボディは小型だし、重さもすこし軽い、なのに、この18-70mmレンズとのバランスは、D80のほうが、いいと思えるんだよね。どういうことかっていうと、レンズとボディのバランスって、重さや大きさだけじゃあない、っていうことなんだよな。たぶん、たぶんだけど、そのうち発売されるであろう、D90? D200とD80の中間の性能を持ったデジイチ、そのカメラと、このレンズ、いちばんバランスがいいと思われ。

D80+AF-S DX Nikkor 18-70mm F3.5-4.5

毎日のようにウチにメシをもらいに来てる近所の猫。

70mm(105mm相当)/絞り優先AE(F4.5、1/400秒)/ISO400

たぶん、悪いレンズじゃあないと思うんだけど、どうも、なんか、好きになれない。MF(マニュアルフォーカス)をけっこう使う僕としては、SWM(超音波モーター)を搭載したAF-Sレンズはピントリングの操作性があんまりよくなくて、どうも評価が辛めになってしまう。まあ、でもたぶん、デジタルニコンにはぴったりの相棒なのだろうから、これからもつかず離れずの関係で、上手くやっていきたいものだと大人の対応でいこうかと思う。(笑)

シグマ70-200 DG_MACRO

ということで、シグマ APO 70-200mm F2.8 EX DG MACRO HSMの絵です。

たぶん、最短撮影距離の1mに限りなく近いと思う。

あ、絞りはF2.8開放。シャッター速度は1/1000秒。カメラはニコンD200。

ISO感度は、たぶん100だったかな。

どうでしょうか。

望遠側のマクロ域だと、めちゃくちゃ甘いという噂は聞いていましたが、ここまでとは……。

それと、僕のもってるD80、D200だと、開放、望遠側で、微妙に前ピンの気があり。

どうしよう。いっぺんメーカーに見てもらおうか。それとも、このまままたーりと使い続けるか。

あ、偶然にも同じ日にカメラマンの塙真一さんが同じレンズのことをブログで書かれていましたので、ついトラックバックしてしまいました。

はじまりはいつも雨

ということで、シグマ70-200mm DG MACRO HSMを購入。

なにが、ということで、かというと、このあいだ書いた、ある写真スタジオに面接に行って、その日のうちに仕事をいただけることが決まり。一発目の仕事は、9月末のある高校の体育祭の撮影。

ニコンマウントの望遠ズームって、いま僕は持っていなくて。それでカメラマンの仕事をやろうっていうんだから、なかなか大したもんだよね。(笑) で、すぐに購入しますって、約束してしまって、それでいろいろ悩んだ挙げ句に、シグマの最新70-200mmにしたというわけ。2代前の非DG(デジタル非対応)の70-200mmは、めちゃくちゃ安い値段でmapcameraに並んでるけど、逆光に弱かったりしたら、イヤだもんなぁ。というわけで、勇気を出して(謎)、シグマの最新70-200mmを購入することにした。え? なんで純正じゃないんだ、って? あはは。あんなに高いレンズをいまの僕が、買えるわけ、ないでしょう。撮影の仕事が軌道に乗って、撮影の仕事で月に数十万かせげるようになったら、晴れて買いましょうかね。純正のVR70-200mm。きっといいレンズなのでしょう(当たり前か)。カメラマンの落合さんが、愛用してたなぁ。

あ、シグマの新しい50-150mm F2.8を比較対象にしなかったことはないんだけど、でもけど、スポーツだと、やっぱりちょっとでも焦点距離が遠くまであったほうがいいと思われ。重さは倍近く違うけど、体を鍛える意味も込めて、フルサイズ対応の70-200mm DG MACRO HSMを選ばせていただきました。ほら、ニコンが近々、フルサイズのデジイチを発表しないとも、限らないでしょ。(笑)

で、タイトルの、なにが、はじまりは……、なのかっていうと、今日は僕んちのD80くんの、初めてのお散歩。僕の持ってる唯一の単焦点ニッコールである50mm F1.2Sを装着して、家を出てきたんだけど、雨がぽつぽつ降ってて。あ~あ、って思った。

さっきkakaku.comを見てたら、レンズを買った日って、どうしていつも雨なんでしょう、って嘆いている人がいて、あ、同んなじこと言ってる、っておかしくなった。

Kenkoの中間リングでもかまして、裏の畑の花でも、撮ってみようかな。

あ、どこぞにも書いたけど、この50mm F1.2、中古で買ったんだけど、開放で撮ると、どうも前ピンの傾向があり。D200でそうだったんだけど、D200が悪いのか、50mmレンズが悪いのか、わからなかった。今回、D80でテストしたら、やっぱりちょっと前ピンだったので、な~んだやっぱりレンズが悪いんだ、ということが自信をもって言えるようになったわけで。まあF4とかまで絞ると、ぜんぜん問題ないんだけどねー。けど、近いうちに修理に出そうかと思ってます。せっかくの大口径標準レンズなので、絞って使うのは彼に失礼だと思われ。そのうちMF35mm F1.2も、購入しようと思う。

ってやっぱりレンズを買う話になってしまうのだなぁ。お買い物ブログじゃないのに。(笑)

運動会の撮影については、また終わったら、書きます。10月にも、幼稚園の行事が目白押しで、ちょこっとだけ、カメラマンモードにひたります。このまま編集の仕事と半々とかになるといいんだけどな。

(ひとりごと)

30Dにつけるレンズ

EOS 30Dムックの制作が順調に進み、記事制作用に個人で購入したEOS 30Dの処遇を考える時期が近づいてきたように思う。僕は基本的に、使わないカメラは手もとに置かない主義なので、EOS 30Dを今後使わないと決めたら、さっさと手放すに限ると思われ。

いまEOS用のレンズで所有しているのは、シグマ30mm F1.4。それと、ずっと昔の銀塩EOSについていた最初期のEFレンズ、35-70mm F3.5-4.5Aっていうやつ。名称の最後のAは、たぶん、AF専用という意味だと思われ。このレンズ、ピントリングがついてない。省略されてる。この割り切り方も、すごいと思うが……。

EOS 30Dにぴったり似合うレンズって、なかなか見つけられない。前にインドシナを一周したときに持って行った24mm F1.4は好印象だけど、いかんせん高すぎ。いまの債務超過状況がずっと続く小倉には、どうしたって手が届くわけもなく。こんど新しく出るEF-S 17-55mm IS USMとかは、すごくよさげだなぁ。ボディとのバランスも、絶妙という気がする。USMだけあって、AFもすっと合う。50mmの単焦点を揃えれば、30mm、50mm、17-55mmで、あるていどまとまりが出てくるかな、という気がする。30D本のギャラが入ったら購入しますか。って、EOS 30D、手放すんじゃなかったの?(笑)
あー、まだわかりませんよ。まだどうもしっくり馴染んでないし。やっぱりどこまでいっても、AFというものが、小倉はキライなんだと思う。会社に入って5年間、ずっと手でピントを合わせて写真を撮ってたからね。体がそういうふうに、なっちゃったんだね。これも一種の職業病だよ。ピントを自分で合わせないと、写真を撮った気にならない、という……。いいんだかわるいんだか、わかんないけど。

さっきも書いたけど、EOS 30D完全ガイドの制作作業は、とりあえず順調に推移しています。昨日今日の連休の合間に、最大の懸案事項も片が付いたし。あとは、いくつか残った、小さなページを丁寧に作っていくだけだ。

それにしても、ひとりで機種本を作るのにも、もう飽きてきたなぁ。アーキテキタ。なんか、新しいフェーズというか、新機軸というか、そういうものが求められているんじゃなかろうか。機種本じゃなく、まったく別のタイプの本を作るとか、もしくは雑誌の編集という仕事を離れて、ぜんぜん違う種類の仕事に従事するとか、なんかそういうたぐいのこと。

2006年の夏は、微妙に忙しくなる、そんな予感がある。
去年の夏は、D70sの本を2冊連続で作って、まったくなかっただけに。