ひさびさの茨城

昨日はひさしぶりに茨城方面でバスケの撮影だった。夕方から勝田台が入っていたので、時間を確認して、間に合う時間までで大丈夫ですよ、ということだったので、撮影をお受けした。Googleマップで確認したら、東関道を使って、1時間半くらいでかかるようなので、1時間前に到着、ということで、5時半に起きて6時に家を出た。

予定通り1時間前の7時半に現場に到着して、セブンイレブンで買ったお弁当を食べ、もってきた新聞を隅々まで読みながら開場の時間を待つ。が、いつまでたっても人が現れない。おかしいなあ、と思って開場のすこし前に、事務所にいたオジサンに聞いてみたら、今日はないですよ、ということ。

あわてて責任者の方に電話をすると、どうも会場が違っていたらしい。
電話で正しい会場をきいて、Googleマップで確認して、そちらへ急ぐ。30分弱かかるみたい。

今日の撮影は16チーム。写真を送る連絡先を書いてもらう用紙を全16チームの関係者の方にお渡しし、その用紙を回収し、試合の写真を撮って、その前後に集合写真も撮る。これをひとりでやるのは、けっこうハード。で、正しい会場にギリギリで到着して、関係者の方にあいさつして。せっかく1時間前に現場に着いたのに、なんでこんなにバタバタしなきゃならないのだ、と思ってたんだけど、だんだんと、でも撮影対象の選手たちには、なんの関係もないもんな。すこしでも多く、いい写真を記念に残してあげることが、きょうのあたしの使命だ、と思い出し、気持ちはスッキリ。

チーム名と対戦表の書かれたパンフレットを確認すると、きょうは3会場に分かれてるらしい。いまいる現場が8チーム、残り2会場で4チームずつ。以前も行ったことがある、その2会場は、隣り合っていて、駐車場は共通で、歩いて移動できる。まあ、なんとかなりそうだ。

あたしは見た目以上に悲観的なハートを持つ男なので、なんか落ち込む材料があると、けっこう延々落ち込む。若い頃はひどかった。俺はブサイクだから、おねえさんに声なんかかけられない、って20代、30代の頃は本気で思ってたもん。いまはキムタクに似てるけど。笑

そんなことはどうでもいい。昨日も、3会場で、早めに帰らなきゃいけないのに、16チームの集合写真と試合の写真を全部もれなく撮ることってできるんだろうか。いや、絶対に無理に決まってるよ、と弱気なオグラさんと強気なオグラさんが葛藤を繰り広げてたんだけど、トイレで壁に向かいながら、いや、けど、やってみないとわからないじゃん。結果的にダメかもしれないけど、でも、できるかぎり知恵を絞って、精一杯やってみれば、それでいいんじゃん。結果はあとからついてくるよ、きっと。と思って、やってみることにした。

ひとつめの会場は2つコート?があって、同時に2試合が行われてる。朝イチで中心者の方にお渡しした8枚のアドレス記載用紙は、早い段階で回収が進み。本当に有り難い。で、2つのコートで試合が進む4チームの監督には、ハーフタイムの5分の休憩の時を見計らって、

「写真屋ですけど、できればこの試合のあとに集合写真を撮らせていただきたいのですが」

と話す。低姿勢でお願いすると、たいていは、わかりました、といってくださる。

あとはD4sと70-200mmで試合のスナップをひたすら撮るのみ。バスケはハーフタイムで攻撃する方向が入れ替わるから、1試合まるごと撮れると両チームの攻撃の写真が撮れるんだけど、きのうは2つのコートの試合を半分ずつ撮らなきゃならなかったので、申し訳ないけど、一方向から、なるべく両チームの選手が写るように、あえてシャッターを多めに切る。

試合開始は同時でも、タイムがあったり、まあいろいろで、試合終了の時刻はすこしズレることが多い。そうだととてもありがたい。先に試合の終わったコートにいって、両チームの監督さんに声をかけ、集合写真を撮影する場所に選手たちを誘導し。「きょう、選手の方は何人いらっしゃいますか」と聞いて、その人数によって、2列に並んでもらう。たとえば、15人だったら、15÷2=7…1 なので、前列が7人で後列が8人。バスケは前列中央にエースナンバーの4番の人に来てもらって、その両脇に、5番、6番と並んでもらう。細かいことだけど、1列に並ぶのが奇数だと、4番の人はど真ん中でいいんだけど、偶数の場合は、4番の人の向かって右隣に5番の人に来てもらい、4番の人の向かって左隣に6番、5番の人の向かって右隣に7番、となる。なんかこれって、中学の数学とかの知識をフル活用だよなあ、とひとり悦に入ったり。

2試合を終わった時点で全8チームの試合スナップと集合写真を無事に撮り終えたので、次なる会場に向かう。最後に責任者の方々にごあいさつするとき「すみません、これから他会場へ向かいます」といいつつ、「時間があったら戻ってきます」といいそうになり、飲み込んだ。そういって、戻って来れないことのほうが、よくないもんな、と思いつつ。

で、20分ほどで、2会場の並ぶ場所へ辿り着き。どっちを先にするか、深く考えずに左の現場へ。あ、違う。先に右の体育館に撮影機材を持たずに入って、例の用紙を4チームの関係者の方にお渡しし。その場で2チームから回収できたので、非常にラッキー。

そのあと、左の会場に撮影機材を持って入り、住所の用紙を4チームの方に配り、撮影開始。
D4s+70-200mmは試合スナップ用。1/500秒、絞りはf2.8。ISOは2500~6400くらいで固定。WBはオート。基本縦位置で、ピントは中央5点にグループ。もちろんシャッターとAFは分離する、いわゆる親指AF。

ちなみに集合写真のほうは、D810+24-120mm、SB-910。1/125秒、f8、ISO800くらい。こないだのドッジボールの撮影でボールが直撃し、24-120mmのフードが割れて吹っ飛んだんだけど、100均ローソンで瞬間接着剤を買って、修復してみた。のだが、くっつけ方が甘かったのか、直撃で歪んだのか、とてもユルユルになってしまい、いつでも外れそうなくらい。なのでやむなく新品をAmazonで購入しようかと。

けど、昨日、試合のスナップを撮っていて、本当にしみじみと感じたんだけど、いまおもにスポーツ撮影で使ってるAF-S NIKKOR 70-200mm F2.8 VRII、もう5年くらい使ってるけど、本当にタフだよね。ずっと使ってても、まったくガタがきたりしないし、絞りやAF機構も、まったく壊れそうな感じがしない。本当にすごい。こないだニコンに借りた24-70mmも同じニオイがした。短期間しか使ってないからアレだけど、もし24-70mmがずっと使っても壊れないタフネス仕様だったら、本体の価格は高いけど、でも修理費とかを考えたら、逆に安い買い物なんじゃね、と思った。いま常用してる24-120は、ずっと使ってるとズームにガタが来て、1年にいっぺんとか、修理に出してる気がする。そのたびに1万円とか、修理費かかるもんな。あと、24-70を使ってしまうと、24-120のズームの重さに辟易する。ほんと、24-70のズームは、まさにフェザータッチ(?)。24-120のほうは、これからズームを回すぞ、と固く決意しないと焦点距離の変更がままならない、という。ちょっと大げさかもしれないけど。でも非力な私には、そう感じてしまう。まあ、24-120は120mmまでの5倍ズームなので、その使い勝手の良さは手放せない。一方で、運動会とかでは28-300mm一本で済ませられる潔さもステキだし。ということで、ほんとはお金があったら3本全部もって、その日の気分で使い分けられればいちばんいいんだろうけど。笑

まあ、いいや。生まれて初めて(かな?)WordPressで日記を書いてみました。自動で定期的に書きかけの文章を保存してくれるのがいいね。どこでいつクラッシュするか分かんないもんな。ほとんどない、とはいっても、万が一、書きかけの文章が消えてしまったときのショックというのは、経験した人でないと分からない。

まあ、いいや。おなかも空いてきたことなので、イオンのトムヤムクンヌードルでも食おうかな。
一昨日の夜、勝田台のヨークマートで半額で買ってきた刺身もある。危険なのでお酢にたっぷり浸して食おう。
ごはんはないけど、たくのはめんどいので、我慢。真空パックのご飯を買ってこようと、いつも思うんだけど、忘れちゃう。まあ、人生に大きな影響は与えないけどな。ちなみに、炊いたご飯を冷凍保存するのは、好きじゃないの。

あ、茨城での撮影をほぼ終え、帰路につく。下の道を30分ほど走って、潮来ICから東関道に。捕まらないていどのスピードで飛ばして、四街道ICで降り、勝田台に。いつもの駐車場にクルマを止め、少し早く着いたので窓を開けて小休止。

ホントは2コマのはずだったんだけど、GWのあいまの土曜日ということもあってか、欠席が相次ぎ、1コマになってしまい。でもそのぶん、しっかり英語を丁寧に勉強できたので、よかった。

帰宅して、あまりにも疲れていたので、豆腐と激安トンコツラーメンを食って、少し寝ようと思ったら、そのまま寝てしまった。で、4時に起きて、今に至る。だれか、D4s買ってくれないかな。笑

安定の愛機、ニコンD4s。これがないと仕事が始まらない。

スポーツ撮影の“標準ズーム”、このレンズは必須です。

文句ばっかり言ってるけど、大好きなレンズ。クロップで使えば180mm相当まで。

このヒトも、いないと撮影が始まりません。いつもありがとう。笑

出たぁ!ニコンD7000

昨日、デジカメ噂サイトで、とてもフェイクとは思えない画像が流出してたと
思ったら、さっそく発表されましたね。ニコンD7000。

いやぁ、コレは売れそうだなぁ。触ってないから、まだなんともいえないけど。

ニコンっていう会社は、社内での技術者たちの発言力が強い会社だから、
平気で先に出てる格上のカメラの性能を凌駕しちゃうような格下機を
作っちゃう。

その筋では、ニコンの下剋上って、すごく有名で。
その点、ライバルの某C社とは大違いなのであり。

ユーザーは、新しい機種が出るたびに、まったく新しい感動を
得ることが出来る。そのつど、え、今度の機種は手に入れないと
ニコンユーザーとして俺、ダメかも、と考えてしまう。ニコンの
開発陣のチャレンジに、ユーザーひとりひとりが応戦しなくては
いけないのであり。

そういう意味では、今回のD7000は、いいところにくさい球を
投げてきたなぁ。ニコン開発陣。値段も絶妙なところじゃない
ですか。初っ端は、ご祝儀相場もあって、D300sよりも高めの
設定に、なるんだろうね。

ファインダーは約100%になったし、カードスロットもSDデュアルに
なったし、連写も早くなったし、なにより軽いし。最高だなぁ。
きたるべきD700後継のフルサイズ機も、このD7000を見てると
自然とイメージが浮んでくるね。

いやぁ、昨日も同じことを言ったけど、ニコンを信じてついて来て
ホントによかったなぁ。

どっかの版元でD7000のムックを作るのに、声かからないかなぁ。笑

これがいちばん言いたいこと。笑

D3病

やばい。

ニコン初のフルサイズデジタル一眼レフたるD3が、

ほすぃ。

やばい。これは病気としか、いいようがなく。

なんでお金ないのに、D3ほしいとか、思うかなぁ。>じぶん

(x x)☆\バキッ

まだ手もとにある1D MarkIII、それとEOS 40D、あとは70-200mm F4 IS、EF24mm F1.4L
これら全部ドナドナしたら、D3げっと、できるかなぁ。

まあ、最終的には、ニコンとキヤノンと、どっちが好きなの~、っていうことに
尽きると思うのですが。

僕はどちらの会社にも、ものすごくお世話になっていますし、
どちらも同じくらい好きなのですが、

デジタルカメラマガジンのブツ撮影をずーっとやってくださっている
写真家のKさんの言葉が忘れられない。たしか、3年か4年くらい前の
ことば。

おぐらさんは、キヤノンより、ニコンのほうが向いてますよ

それはきっとKさんがずっとニコンユーザーだということもあるんだろうけど、
それ以上のメッセージを、いただいた。

ことばって、そういうもの。いのちをつたえるもの。

α200発表

2008年の怒濤のデジイチ発表ラッシュの第一号はソニーでした。

α100のマイナーバージョンアップ機、α200。

スペック的なサプライズ感は弱いけど、画質を向上させるとともに
価格競争力を強化したモデル、ということになるのかな。

微妙かなあ。売れるといいな、とは思いますが。

いきなり僕がこの機種のムックを作ることには、
……ならないでしょうね。ははは、まさかね。

編集部のそばにマンスリーマンションでも
借りてくれたら考えるけど……。(笑)

K100D

K100Dを購入した。幾日か前に。持ってみると、どういうわけか、*ist DS2よりもずしりと重い印象。いま、メーカーのサイトで確認したら、+55gしか、変わらないのに。

こないだ買ったD80と、どうしても比べてしまう。いま確認したら、D80は585g。K100Dは560g。けど、この重さは、電池と記録メディアを抜いた重さであり。K100Dは単3×4本なので、専用リチウムイオンのD80に比べて、少々不利かと思われ。記録メディアはD80がCFで、K100DがSD。これはコンマ何グラムの勝負か。

積んでる撮像素子は*ist DS2と一緒だし、カメラとしてもほとんど変わってないんだろうと思ってた。手ぶれ補正機構SRを載せてること以外は。そしたら、どうしてどうして、微妙にテイストが違ってて。*ist DS2は2005年9月15日発売で、K100Dは2006年7月14日発売。10カ月も発売日が違うと、さすがに、いろんなところが改良されてて。改良というか、なんというか……。

K100Dをしばらく触ってみて、感想。このカメラって、変な色気がある。ポートレートを撮るなら、D80よりも、K100Dで撮りたいかも。っていうのが、いま現在の、感想。

僕の、ひとつのテーマは、マニュアルフォーカス。まにゅあるふぉーかす、Manual Focus。
要するに、ピントを合わせる場所くらい、自分で選ばせて、クレヨン。

ということ。

その点、PENTAXの18-55mm F3.5-5.6は、ちゃんとしてる。けっこう、驚くほど。それに、これは別に驚くことでもなんでもないのかもしれないけど、PENTAXのデジイチって、AFでピント合わせが完了すると、カップリングを解放し、ピントリングをフリーの(稼働できる)状態にして。けっこう感動。ミノルタのデジイチでも同んなじような機能?が搭載されてたけど、これってミノルタかペンタックスの特許なのかなぁ。

ニコンのAFレンズで同じことをしようとすると、できない。(笑)
AF-S18-55mmは、僕は所有してないけど、できそうだけど、たぶんできないと思う。
たぶん、キヤノンでいうところの、マイクロUSMみたいなモーターを載せてて、AF後のMFには、対応してないんだと思う。一方で、廉価なAF-Sレンズのピントリングは、レンズの根本に位置し、動かしづらいことったら、ない。そう考えると、ペンタックスが近い将来に出してくるであろう超音波モーター内蔵レンズは、MFの操作性をどう確保しているか、すごく楽しみでもある。

どこかに書いたけど、ニコンのデジイチって、なんだかどこか、仕事用カメラの匂いがする。あくまでも、よそと比較すると、ということだけど。なんつーか、信頼性は抜群だけど、遊びゴコロがないというか。言葉を選ばずにいうと、ちゃんとしすぎてて、息が詰まりそう、というか。

そう考えると、PENTAXは、ニコンの対極だなぁ。銀塩時代は、けっこう近いところに居た気がするんだけど。ニコンとペンタって。そうでもないかな。(笑) ともに、男っぽい印象があるよね。ニコンとペンタックスの銀塩一眼レフって。ミノルタは、どちらかというと女性的なイメージがあるじゃない?

まあいいや。
なんの話だったか、よく覚えてないけど、K100Dはいい。ファインダーも、けっして大きいほうじゃないと思うけど、でも、どういうわけか、マニュアルフォーカスでのピント合わせが、そんなに苦じゃない! キヤノンの30DとかKiss Xとかに比べても、ぜんぜん上だと思う。なんでなんだろう……。そりゃあ、D80とかD200とかに比べたら、さすがに劣るけど。どこかでペンタックスのムックを作りたいなぁ。めちゃくちゃいいムックを作れる自信がある。K100Dがこれだけいいカメラなんだもん。K10Dは、K100Dに輪をかけて、いいカメラに仕上がってるに違いない! これは、自分の娘の成人式用の晴れ着をヤフオクで売っぱらってでも、K10D、Getする価値があるのではなかろうか。

(満場の拍手、しばし鳴りやまず)

K10D

K10Dが気になって、仕方がない。

なんでも10月の下旬に発売されるらしい。どうも、いま*ist DS2につけて使ってる18-55mm F3.5-5.6だと、1000万画素のK10Dに対しては、ちょっと弱い(負けてる)らしく、別の交換レンズの購入も検討中。たぶん、たぶんだけど、広角の単焦点レンズが、たぶん似合うと思う。

写真は、通勤途中にクルマから撮った、花。

D80+sigma 18-125mm

1000万画素の解像度って、あらためて、すんごい、と思う。

D80その2:軽さと信頼性の恐るべき高次元での融合

D80をちょっとさわった。雨上がりの公園に出て、目に付いたものにレンズを向けてみた。
15分くらい、いろいろ撮って、これはすごい、と感じた。人によっては、mini D200と呼ぶ人もいるのでは。あるいはD200ジュニア。すごい。このカメラ、すごすぎ。D200で培われた最新技術を、下位機種に惜しげもなく投入して。
表題にも書いたけど、D80を一言で評するとすると、“軽さと信頼性の恐るべき高次元での融合”ということになる。すごい、すごすぎ。。

いろんなことをいう人がいるけど、軽さは力、だよ。
持って歩いてて、写真を撮ろう、っていう気持ちがだんだん弱くなってきちゃうくらい、肩にずっしりとストラップが食い込むような、そんな重いカメラじゃあ、スナップなんか、撮れないし。
多くのプロカメラマンはどれだけ重くても性能の超優秀なカメラを使うのだろうけど、そうじゃない、僕ら、通勤途中カメラマン?にとっては、軽さと性能、信頼性のバランスということが、いちばん大事なポイントになってくる、と思われ。

けど、ニコンのカメラって、新しいのがひとつ出るたびに、新鮮な驚きがある。
すごい会社だよな。ニコンって。

あ、追記しておくけど、画素数が1000万になったことよりも、ファインダーがプリズムになったことのほうが、僕にとっては、大きいかな。D200のファインダーの開発者インタビューでもニコンの開発者の方に申し上げたけど、僕にとっては、D200のファインダーはほぼ完璧です。もう何も言うことはありません。それが、600g以下のデジイチにふつうに搭載されちゃうんだもん。たとえば、D80よりも3万円安くて、ほかの機能はまったくいっしょで、ペンタミラー搭載の1000万画素デジイチがあったとしたら、なんの躊躇もなく、D80を選ぶね。

って、いろいろ書いたけど、とくに問題のあることは、書いてないですよね。(笑)

ニコン D80

予約した。西新宿の、mapcameraで。

このカメラ、僕の使い方からすると、過去最高のデジイチっていえるような気がする。軽さとファインダーのよさ、カメラの全体の質感のバランスが、ものすごくいい感じ。SDなのがひっかかるけど、4GB以上にも対応してるらしいから、ま、いいかと。バッテリーはD200と共用できるし。やっぱりニコンを信じててよかった。

ヨドバシで12万円(ポイント10%)みたいな値付けだから、たぶんmapcameraだと、11万円前後でGetできると思う。はやく9月1日が、こないかな。待ち遠しくって仕方がない。

しかし、やはり500g台という軽さが、最大の特徴だと思うなぁ。軽さとファインダーのよさの両立。デジイチの製品性?も、ようやくここまできたか、という感じ。むかし使ってたCONTAXの167MTとか159MMとかの雰囲気に、少し近づいてきたかな。まあ大きさはこの際、目をつぶることにしよう。秒3コマというスペックは、スポーツを撮るのには向いてないけど、そのときはD200にフルに活躍してもらうとして、毎日のお散歩カメラとしたら、ほぼ最強に近いんでない? 20mmとか、24mmとかの単焦点をつけて、街歩きしたら、きっと楽しいと思う。

けど、となると、先日GetしたばかりのPENTAX *ist DS2の立場が、微妙に危うくなってくる。買ったばかりなのに、もうドナドナかぁ~? 洒落になってないのが笑えないだけに……。レンズセットで5万円くらいになるかなぁ。そんなにならないか。

今日が明けて9月10日だから、あと3週間でMy D80と会えるのかな。早く会いたいなぁ。いまごろはまだタイ・アユタヤの工場でまたーりと出荷を待ってる頃かな。それとも女工さんにネジどめされてる頃か。(笑)

インドシナンカメラ

6月5日からのラオス旅行に持っていくカメラを、毎日、毎日、ずっと考えてる。いまの僕の愛機は、ニコンD200、キヤノンEOS 30D、そしてコニカミノルタのα7D。旅行にデジタル一眼レフを3台も担いでいくほど体力を持ち合わせていないので、必要十分な台数ということで、このうちの2台を持って行くことになると思う。このあと、別のデジタル一眼レフがエントリーしてくる可能性も、ないとはいえないけど、まあその可能性は限りなくゼロに、近いかな。あ、わかんない。フリーランスなのに、そんな欲のないことを言っていては、いけませんね。(笑)

ボディを選ぶということは、当然、それにまつわるレンズも自動的に選ぶということに、なるわけで。自動的に、というのは、違うか。ボディを選んだあとで、こんどはそのマウントのレンズを手動で選ぶという作業が、また待ってる。

コニカミノルタのα7Dは、なんか今回は持って行くべきではないか、という思いが強いのね。やっぱりコニミノの色がむちゃくちゃ好きだし、旅行に持って行ってあげたことって、まだ一度もないし。まあレンズもそれなりにいっぱいあるし。

で、もう一台をD200と30Dと、どっちにするか、というのを、ずっと悩んでる。順当に考えれば、D200なんだけど、なんか今回は30Dと戯れたいな、という気持ちがないこともないわけで。理由は自分でもよく分からないんだけど、なんとなく。ムックを作るという理由で購入し、編集部でデスクワークをしながら、操作をなぞったり、背面液晶モニターのキャプチャーを取ったり、あるいは撮影ロケの時に、予備ボディとして、カメラマンさんに使っていただいたり。そういう、なんか日陰者みたいな扱いを、ずっとしてきたから、たまには日の目をみさせてあげたいな、という気持ちからかな。たぶん、自分なりに分析すると。

で、前から書いてるように、問題はレンズで。いま30Dに着くレンズって、シグマの30mmしか、持ってない。さすがに、1ボディ1レンズじゃあ、旅行に持って行く醍醐味に欠けると思われ。もう1本を、何にするか。そのことで、ずっとアタマを悩ませている。

たまにマップカメラのサイトを見てみたり。

いま思ってるのは、85mm F1.8とか、sigma 10-20mmとか、あとはなんだろう。ふつうのズームとか? それこそ、sigma18-50mm F2.8とか、sigma17-70mm F2.8-4.5とか、あとはtamron17-50mm F2.8とか、かな。

いまtamronとヨドバシのサイトを見たんだけど、17-50mm F2.8、激安。4万円で買えるの??? 超ビックリ。これに決まりかな。キヤノンのEF-S17-55mm F2.8 IS USMの、なんと1/3の値段だよ~。なになに~、発売日は5/18。キヤノンマウントがニコンに先行するのね。ふむふむ。これだな、きっと。買うべ。

それにしても、鬼のような安さだなぁ。うーん、技術革新、恐るべし。
このレンズを買って、ラオスの人びとを、山ほど写真に撮ろう。

なんか、イメージ湧いてきた。それにしても破壊的な価格だ。sigma18-50mm F2.8が、たしか6万円くらいしてたから、ほんと、価格破壊としか、言いようがないですね。あんまりいいたくないけど、光学性能とか、きっとまったく違うんでしょうけど、ニコンの17-55mmは、ふつうに買うと14万円とか、するんだよ。

うーん。いいのか、こんなに安くて。それにしてもびっくりだなぁ。
発売されたら、すぐ買おう。うーん。うーん。
もしかして、kakaku.comとかに載ってる安売り屋だと、もっと安く買えるのかな。
ちょっと見てみよう。

って、なんか、tamronの宣伝みたいに、なっちゃいましたね。(笑)