『公明党に問う この国のゆくえ』

前から買って読もうかなと思っていたところ、近所の友人にホイッと貸してもらった。

で、さっそく読んでみた。前半。半分弱まで。後半は読まなくてもいいかな。

僕がいちばん関心があったのは、なぜ公明党は腐りきったアベスガ自民といつまでも連立を組んでいるのだろう、という一点だったのだが、いままで読んだどの書籍よりも、どの新聞記事よりも、少しだけ納得に近づいた気がしないでもないのだが、まだまだ全然ピンときてない。

最初に、自民党と連立を組んだときのことが出てくる。自民党が公明党のことをガンガン攻撃して、で、どちらからともなく、こんなことをしてても意味なくね?といって連立を組んだと。

なんじゃそりゃ、という気がした。与党と野党とに分かれていても、自民党が公明党をガンガン攻撃しなきゃいいわけじゃん。こんな言い方をしたらアレだけど、クラスのいじめっ子にさんざんいじめられたから、もういじめられたくない、と思っていじめっ子と仲良しになった、みたいな。

次に、民主党政権との間合いについても出てくる。なんとなく想像はついていたのだが、というのは、新進党政権は僕の若い頃、リアルタイムで経験してたわけで。んで弱小政党がゴチャゴチャ集まっても、船頭多くして船山に登るじゃないけど、まとまるものもまとまらないわけで。そりゃそうだよね。山口代表も書いてる。民主党の人たちはよーく知ってます。だって一緒に政権を組んでましたから。みなさん素晴らしい方々ですが、いまひとつまとまりに欠けており。笑 みたいな。

ここでもやっぱり、民主党の方々よりも、公明党が、自民党にシンパシーを感じてるというのが通奏低音としてあるのよね。そのことについては、一切語られないのだが。

アベの起こした不祥事についても、もちろん触れられてる。だけど山口代表は、いつものとおりに(笑)、説明責任はアベ自民にあります、以上終わり。

なんじゃそりゃ。

ぶっちゃけ、公明党が自民党と選挙協力してなければ、自民党の議席は数十は減ると言われている。公明党がアベの不祥事を本気で糾すつもりがあるのであれば、選挙協力を部分的にでも、止めてやればいいわけで。

今回、広島3区に斉藤さんを擁立したのと一緒よ。自民党の岸田派の議員に、次の選挙は応援しないよ、ってネチネチいたぶってるらしいじゃん。笑

同じことを、あちこちでやればいいんだよ。

山口代表以下、公明党の議員たちが自民党の不祥事に対して本気で怒ったら、連立離脱を叫べばいいんだよ。あんまりホイホイ叫んでると、オオカミ少年みたいになるけど。でも、一支援者として言わせていただくと、これだけアベが不祥事を重ねて、それでも連立を離脱しないとしたら、いったいいつするの?って感じ。笑

誰でもいいから公明党関係者の人に聞いてみたいんだけど、いったいどんなことがあったら、公明党は自民党との連立を解消するのですか?

僕はいろんな友人や同志のみなさまに伝えているのだが、都議会公明党は国会なんかよりもずーっと長く、自民党と連立を組んでおり。それが、数年前の小池ブームのときに、「信頼が失われました」みたいな短い三行半で、それまでの何十年の連立を解消。一瞬で小池与党に乗り換えました。どんだけ尻軽なんだよ、と思った人もいたと思う。

都議会でそれができるんだったら、国会でもできるんじゃね?と考えるのは自然なことなんじゃないかな、と思わないでもない。笑

同じく地元の友人に創価学会を大特集した週刊ダイヤモンドも借りたけど、こっちは読むとこ、ないな。はっきり言って日本の創価学会の次の会長が誰になるかとか、まったく興味がない。僕の興味ははるか先に行ってる。SGIを日本の創価学会の下部組織にした?とかって話も書いてあったけど、それもどうでもいい。権力闘争とかじゃあないのよ。創価学会の責任職は。現役の活動家である僕らは、そのことを身に染みて知ってるので、バカらしい騒ぎにはまったく興味がない。

それよか、御義口伝講義を読み始めるのが一日遅れたのがちょっとショックかも。

twitterで、御義口伝講義を読了したという方と知り合うことができたんだけど、その方は御義口伝講義をネットにアップしてくださっており。OCRとかだったらいいんだけど、もしかして写経するつもりで全部、手で打ったのだとしたら感涙モノ。というか、たぶん彼は、日蓮大聖人、日興上人ご在世当時に、筆記してた方なんじゃないか、って。

自分のことでいうと、僕は鳩摩羅什が法華経をサンスクリットから中国語に翻訳したとき、西安のその会場の端のほうで墨をすってた。なんとなく、うっすらと覚えてるんだよね。

なんの話だか忘れたけど、公明党が自民党との連立をなかなか解消できないのは、たぶん支持母体の事情とかも、あるんじゃないのかなぁ、というのはうすうす感じてる。

でも、時代は変わるから。

回る 回る 時代は回る
喜び 悲しみ 繰り返し
今日は別れた 恋人たちも
生まれ変わって 巡り会うよ

まあ、どこと連立を組んでも、そんなのどうでもいいんだよ。
分解能を高くすれば、党よりも人だよね。

そのうち、全国数百人の自民党議員の事務所に電話を突っ込んで、いろいろ詳しく、聞こうかと思って。公明党のことを、どう思ってますか、とか、憲法改正は賛成ですか、とか、ぶっちゃけ創価学会は好きですか、とか。笑

2021 本格スタート

三が日も終わり、2021年も本格スタートを切りましたね。

僕はといえば、まったく仕事のない1月をどう埋めるか、泣きながら求人サイトを漁っています。僕はふだんフリーのカメラマンをやっているので、できればカメラマンの仕事を優先したい。ということで、新しい仕事といっても、できる仕事は限られてくるわけで。

去年か一昨年までは、パッと入れるガテン系の仕事を好んでしてたのですが、ある夏のこと、2Lペットボトルが6本入った段ボール箱を何百個も、こっちからあっちを移し替える、という仕事をやらされて、さすがにもう無理だと気づきました。

1年前の年末年始は宅配寿司を配ってた。けっこう楽しかったんだけど自家用車で配達の仕事はクルマをどこに止めるかというのがけっこうキツくて、もういいやというのが正直なところ。バイクとかなら楽しいのかもしれないけどね。もれなく人に感謝される仕事だしね。

編集の仕事とかも考えるんだけど、編集の仕事って基本的に手離れが悪いのよね。基本的に、受け側だから。カメラマンの仕事とどれだけ上手に両立できるかが微妙に疑問で。あとはまあ、編集の仕事から離れてしばらくたつので、ちょっと自信がないというのも少しはあるかな。いや、あんまりないかな。笑

よく見かけるバイト、パート求人サイトで、テレアポの仕事も見つけた。なんと、なれたら在宅でできるんだって! しかも電話するだけで時給1000円ももらえる。アポイントの成功率とか関係なく。まあけど、最初の1〜2か月は出社して研修せよって。あーあ。ぶっちゃけ1月の冬枯れの時期だけ埋められればいいので、2か月も研修に(しかも東京の西のほうまで)通う元気はないなぁ。

といろいろ書きましたが、今日は某編プロ?に一通、応募メールをお送りしました。人物取材が中心ということなので、けっこう僕の得意とするところなんだよな。

これから先のことを書くと、ひとりの人物をあるていどじっくり取材して、写真も撮影して、一冊にまとめる、というのをやってみたいかな。成果物は書籍でも冊子でもミニアルバムでも動画でも、なんでもいいんだけど。おっさんもいい歳なので、或る特定の人と、じっくりと付き合ってみたい。あ、変な意味じゃないですよ。笑

変な意味ってどういう意味だよ、というつっこみはNGということにしつつ。

まだまだ日にちはあるので(?)、じっくりと仕事を探しましょうかねぇ。

たいへんな苦労をして購入したAF-S 14-24mm F2.8Gには、ちょっと養子に出てもらわないといけないかも。夏の、いや春の天の川のシーズンには間に合うように、迎えに行きますゆえ。

あけおめ2021

あけましておめでとうございます

昨晩は「北の国から ’89 帰郷」を途中まで見て、ちょうど半分、純がいろいろありながらも帰郷を果たすところ、で眠たくなって寝ました。笑

初夢というのは、1/1の朝か1/2か議論の続くところですが、できれば明日であってもらいたい。

というのが、今朝がた見た夢がかなり最悪だったから。

いま覚えてるのは、撮影の日の朝だと思うのですが、幼稚園(たぶん)のイヨーに横長のホールにズラッと関係者が(幼児も?)並んでる席のいちばん手前の出入り口に近いあたりに僕ら出入り業者が座らされて、副理事長?副園長?の女性のよく聞こえない、ひたすら長い話を聞いてたとき、よく撮影の仕事をいただいている地元の写真屋さんの二代目、若さん?がやってきて。しかもパトローネ入りのフィルム20本弱をビニール袋に詰めて。

彼のいうには、「オグラさん、これを●●と××と△△と■■と…」なにをいってるか、よくわからない。たぶん、現像に出せ?撮影現場に持っていけ?よくわからない。涙

こっちも撮影現場で、撮影中みたいなもんなので、その幼稚園の先生たちもあちこちで目を光らせてるし、ごめんなさい!と叫んで、もといた横長のホールに戻った。座る椅子がなかったので木の床に正座して。

で、トイレに行きたくて7時過ぎに起きて、なんて夢だったんだ、とアタマを振り払う意味で、鍋に火を入れ、イオンの切り餅を3つばかし放り込み、ぐつぐつ煮て、バーリアルと一緒に食った。
あ、もちろん、元朝なので、深い深い祈りを、日蓮大聖人がお認めの法華経の肝心たる南無妙法蓮華経の御本尊に深い深い祈りを捧げ、ひとつ前の段落に戻るわけ。

お題目をあげてたときに、ひらめいた。というか、悟った。

ああ、そうか。現代の歴劫修行って、創価学会員として幾度も生まれ、死に、生まれ、死に、そうしてだんだんと成仏の境涯へと、近づいていくことなんだな、と。

創価学会員じゃなくてもいい。人間として生まれてくることだけでも、ものすごいことだ。

僕は創価学会の末端の幹部として、この数十年、ずっと気に病んでいたことがあった。それは、せっかく創価学会員として生まれ、あるいは人生の途中で創価学会に出会い、創価学会員として一時は頑張っていたのに、修行の半ばで、幸か不幸か、この尊い人間としての一生を終えることになってしまう。そういう壮年を、数限りなく見てきたから。「この方のために、もっとしてあげられることはたくさんあったんじゃないか」と毎回のように思うわけで。

僕の珠玉の大論文、「仏法ってなんだっけ?」別ブログ参照)にもさんざん書いたように、祈りって戦うことだと思うんだよね。

中島みゆきの「時代」にあるじゃん。

回る 回るよ 時代は回る 喜び悲しみ繰り返し
今日は別れた恋人たちも 生まれ変わって巡り会うよ

ぼくの知ってる限り、師匠・池田先生が歴劫修行でいいよ、とおっしゃられたことはない。ただ、僕の知りうる限り、先生は二回ばかし、それに近いことをおっしゃっている。ひとつめは、未来部への指導集だったか。希望対話か青春対話か。

小学校でダメだったら中学校で頑張れ。中学校でダメだったら高校で頑張れ。高校でダメだったら大学で。それでもダメなら社会に出てから。もし今世でどうしてもダメだったら来世で頑張ればいいんです。仏法は現当二世だし、仏法は永遠です、と。

もうひとつは、法華経の智慧だったか。信心を頑張り抜いた人はみんな幸せになっています。どうかな?という人は、子どもが立派に成長しています、と。

そうか。なにがなんでも今世で一生成仏、即身成仏、しなくてもいいんだ。笑

しなくてもいいんだ、じゃなくて、もしできなかったとしてもクヨクヨ悔やむ必要はないんだ。僕が昨日「北の国から ’92 帰郷」を最後まで見れなくても、またこうやって翌朝はやく起きて続きを見ればいいんだ。

そう気づいた。さっきの中島みゆきの「時代」、そう考えると、そうとうヤバいよね。
ヤバい総統は、デスラーかヒトラーだけど。

なんの話だっけ。先生が言われてるのは、絶対に今世で成仏できなきゃ死んじゃう、ということではなくて(死んじゃうんだけどw、来世もあるけど早めに成仏したほうが自分にとってどこまでもプラスだよ、ということ。

ひとつみんなに聞きたいんだけど、成仏ってなんだと思う?

ダイエットするとか、しないとか、異性にモテるとかモテないとかよりも1億2000万倍重要な話よ。

ある意味、人間として生まれてきたのって、成仏するためじゃん?

あえていうけど、クズみたいな葬式仏教の金の亡者どもに金を吸い取られるのが成仏じゃないよ。笑々

いまふと思ったけど、日本の政治土壌を根本から転換するのと、日本にタカってる葬式仏教を撲滅するのって、完全に同じことだな。

なんか、新年そうそう暗く終わるのも嫌なので、2020年、いちばん感動した体験を最後に送る。

偉大なるSGI South Asiaの愛唱歌、Invincible Forever

僕の単なる個人的な感想だけど、2020年、人類が手にした学会歌で、この歌が最高峰だと思う。間違いなく。

さすが、法華経を生み出した国土世間だけある。

ちかぢか行くよ、インド。待っててね。

年末なので徒然に

年末なので、来年のことでも書いておこうかな。

今年はコロナの影響で4月、5月、6月の撮影がほとんど消えて死にそうになりましたが、祈って智慧を絞り、自分で「オンライン塾」を始めました。

あんまりちゃんと宣伝してないのですが、学校が休校中の期間は毎日のように授業をさせてもらえて、いまも小学生、中学生の男の子3人と楽しく勉強できてます。

ぶっちゃけ授業料の設定が難しいのですが、ひとり1時間1500円、ふたりだと2000円っていうのがいいかなと思ってます。

個人でやってるので、あんまり高くしすぎるとお客さんが来てくれないし、安すぎるとこっちがツラいし。

ホントは近所のスーパーとかに掲示してもらったり、各家庭にチラシをポスティングしたりしてもいいのかもしれないけど、余裕ぶっこいて、まだそこまでいってません。

撮影のほうは徐々に復活し、いちばんお仕事をいただいている写真屋さんでいえば、年間の売り上げは、今年は4〜6月は撮影案件がほとんどなかったのにもかかわらず、去年の売り上げと同等なんですよね。これ以上、コロナが拡大しなければ、来年もいっぱいお仕事いただけるかなと淡い期待を抱いています。

とはいえ、1月は絵に描いたような冬枯れの季節なので、撮影もポツポツ。このままだと死んでしまうので、なんかデスクワーク系のバイトを探し中。ホントは在宅でできるヤツがいいんだけど…。

こないだ久しぶりに密談した飲み友だちの石渡さんに、「オグラは能力があるんだから、探せば仕事はいくらでもあると思うよ」って牡蠣鍋をごちそうになりながら、おだててもらったので、頑張る。1月をなんとか凌げればいい、っていうんじゃなくて、しっかり祈って、撮影の仕事と両立させられるようなヤツを探すね。

YouTubeも、夏の暇な時期に政治がらみの歌から始めて、そのあとカメラ関連の動画をいくつもアップしたけど、そんなに甘いもんじゃないですねー。

チャンネル登録は20人から全然増えないし。カメラ関連も悪くないけどネタにも限りがあるから、もうちょっと別のジャンルに広げてみようと思ってる。僕はイオンが好きなので、マックスバリュのPB商品についてとか?まあいろいろ考えてはいます。

あ、そうそう、庭木があまりにも伸びて隣近所に迷惑をかけてるので、年明けに短く伐採することにしましたよ。昨日、Amazonで1万円ちょっとの電気ノコギリ、長く伸ばせるヤツを買ったので、そういうのが苦手なおっさんがAmazonで電気ノコギリを買って自分で庭木の伐採をしてみましたよ、という動画を作ってみようかと。たぶんこれはけっこう実用的な動画になると思うので、それなりに見てくれる人もいるかなと。

みなさんもこれを機に、woGwoチャンネルへの登録をお願いしますね。いまだけ無料なので。笑

http://youtube.com/oguray999

もちろん、創価学会員としての最重要な使命、創価の仏法を自分の身近な大切な人たちに丁寧に語って、少しずつ理解してもらい、創価の生命哲学に賛同してくれる人を増やす戦いも、一歩も引かずに推し進めますよ。

法律用語に「奇貨として」ってあるけど、コロナ禍を奇貨として、いままでできていなかった丁寧かつきめ細かい家庭訪問とか、大切な友人たちとの少人数の懇談とか、今年もいっぱいやったけど、来年も引き続き頑張ります。

twitter、fb、そしてInstagramという私がいま利用してるSNSを通じても仏法理解の輪を大きく広げたい。

これをお読みになってる創価学会のメンバーの方々には、つぶらな瞳で尋ねたいのだけど、なぜあなたはせっかくSNSを使っているのに、創価の仏法の素晴らしさを語らないのですか、と。

なにか対面、膝詰めだけが仏法対話だと思ってる向きがいたら、その考えはハッキリいって後れている。ブラジルに親友がいて、彼が人生で悩んでいたら、zoomで全力で励ますでしょう。それは自ずと仏法対話になるはずですよ。

なんかエラそうに押しつけがましいことを書いたけど、fbとかSNSで仏法の話をしない理由は、みなさんそれぞれお持ちなのはよく理解してるつもり。

でも、日蓮大聖人は、門下だったら日蓮と同じくしろよ、って何度も繰り返しおっしゃってます。池田先生も、弟子が師匠と相違したら仏法はないよ、とまで。

なので日蓮仏法を体した池田門下たる我々は、そんな遠慮とかしないほうがいいですよ。カラダに悪いですよ。笑

池田先生は、どんなときであっても、相手が誰であっても、常識豊かに対話を重ね、それは自然と仏法対話になってますよね。弟子である我々も師匠の生き様に学ぶべきかなと。心の底から、そう思います。

なんか後回しになっちゃったけど、今年いちばんの出来事?は、1月から毎週日曜日、聖教新聞の配達を始めたことですよ。ひそかに前からチャンスがあればやりたいと思っていたので、二つ返事でお引き受けしました。もちろん雨の日とかは大変なんだけど、でも配り終えたあとの爽快感は、最高!

あのですね、いまさらすぎるけど、仏法って釈迦が発明したモノではないの。もともとある宇宙の摂理を釈迦が発見したモノなの。それを釈迦のいちばん説きたかった法華経の文底に秘沈された「南無妙法蓮華経」のお題目としてエッセンスを抽出し、御本尊という祈りの対境とセットで人類に与えてくださったのが日蓮大聖人なのよ。

難しいことは何ひとつない。日蓮大聖人がお残しくださった御本尊に手を合わせて南無妙法蓮華経と唱えることで、僕らは自然に宇宙のリズムと合致していける。

不思議なことに創価学会の教学では、その「宇宙のリズム」の中身についてはあんまり教えてくれないんだけど、僕は『法華経の智慧』をはじめとした池田先生の著作を何度も何度も読み、宇宙のリズムというのは以下の3つだと気づくに至った。あちこちでさんざん書いてるけど。

・命を生み出したい
・命を育みたい
・生きとし生けるものを幸せにしたい

これが宇宙のリズム、宇宙の願い。

僕らは宇宙によって生を受け、宇宙のリズムに則って生きているわけだから、宇宙のリズムから逃れることはできない。
ごくごく簡単にいっちゃうと、僕ら人間が幸せを感じるときというのは、宇宙のリズムに合致したときで、それはさっき書いた3つ、大慈大悲、なんてよくいわれるけど、これに尽きる。日蓮大聖人のお題目を唱えると、不思議なことに、この宇宙のリズムに自然に合致していくのですね。

何ひとつ難しいことはない。

太陽と地球の絶妙なる距離とか、月の配置とか、単なる偶然と考えるか、宇宙が地球に生物を誕生させるためにあえてそういう設計をしたのか。

偶然と考えたら、それで終わっちゃうよね。

僕らが生まれてきたのも偶然。
友人と出会うのも偶然。
家族と一緒になるのも偶然。
死んだらそれで終わり。

僕は断じて、そうではないと思ってるよ。
それにはどうしても、この仏法を信じるしかないんだ。
そしてこの仏法の正しさを知ってしまったからには、周りの人たちに片っ端から仏法の話をするしかない。嫌われないように上手に智慧を絞って相手が興味を持って聴いてくれるようにね。
それも全部全部、功徳善根に変わるんだよ。

年末の朝っぱらから、いったいなにを書いてるんでしょ。
これ全部iPhoneで書いてるんだよ。
途中で消えたらどうするんだろ。笑

聖教新聞電子版の記事をtwitterでシェア

きょうも聖教新聞の代配、完了。もう12月だから、かなり暗いな。ぜんぜん朝焼けが見えないよ、と思ってたら、いつもより30分早く配ってることに気づいた。笑

それはそれとして。

僕は紙の聖教新聞の他に「電子版」をお金を払って購読してるんだけど、以前はいいなと思った記事を画面キャプチャ取って友人に送るためというのが主な目的だったんだけど、最近、記事をSNSでシェアできることを知り。

で、シェアしようとすると「あと10回」みたいな表示が出る。

ん?1か月で10記事しかシェアできないのか。けっこうセコいな、と思ったんだけど、いちおう営利事業だし仕方ないかなと諦めてた。で、なんかの拍子に、1か月10記事じゃなくて「1日10記事」であることを知り。わお! 1日10記事だったら、ほぼ無制限といってもよくね? と驚いた。いいなと思った記事を、片っ端から、1,700人近くのフォロワーがいる僕のtwitterアカウントでツイートすればあっという間に広宣流布が進むのではないかと。
(x x)☆\バキッ

ただ、これには落とし穴があり。1日10記事シェアできるとはいっても、記事を無料で読めるのはシェアした当日だけ、のようで。

いや、キチンと検証したわけではないし、そういう解説ページを確認したわけではないのですが、自分がシェアしたリンクをクリックしたら、次の日には「この記事は有料会員限定です」という無慈悲なメッセージが現れたから、まあそうなのかなと。

この仕組み、どうなんだろうなあ、と思わないではないが、聖教新聞もお金を払って購読している読者が世界中に何百万もいるわけで、それを考えたら、おいそれと記事を無料で公開するわけにはいかないのは、よくわかる。

たまに一般紙の記事を、世の中に伝えたいのならば無料で公開しろよ、って記者アカに絡んでる人がいるけど、それはどこまでいっても権利者たる新聞社が決めることで、一読者が「無料公開してくれたらうれしいなあ」というのはアリだとしても「無料公開しろよ」と迫るのは筋違いだと思われ。

そんなことで、もうちょっとどうにかならないのかな、と思いながらも、1日10記事シェアできる聖教新聞電子版のサービスを有効に活用していきたいと思ってる。

なんかこういう話って、僕の周りの人たちは、誰ひとりとして、してないわけで。

コロナ禍で、日本は諸外国に比べてIT化が極端に遅れてるということが如実に浮き彫りになったわけだけど、これってなんでなんだろうね。

ひとつには、戦後の高度成長期を過ぎて、国民全体に「いっちょ上がり感」が蔓延したからだろうね。日本はイケてる先進国で、いまのままでいいんだ、みたいな。

そして日本人の国民性、まあまあ過ごしよかったら、あんまり文句は言わない、みたいな。集団としての和を重んじる、みたいな。

仏法の哲理に、異体同心ってあるけど、これも勘違いしてる人が多い気がする。ただ機械的に団結せよ、ってことではないと思うんだ。たとえば創価学会は公明党の支持母体だけど、だからといって創価学会員であれば公明党を盲目的に支持しろ、ということでは絶対にない。

根本精神は共通であると信じ、全体的には応援しつつも、ひとつひとつの具体的な政策とか、連立相手の政権与党との関係とか、そういうことに意見をいうことがダメだというのであれば、自由闊達な議論も封じられ、一部の権力者(あえていうが)の思うがままになってしまう危険性もあると思う。そこは庶民の健全な批判精神がいい感じで機能してないと簡単に道を誤る。

さっきも書いたけど、なぜ日本がここまで衰退してしまったのか。やはり付和雷同みたいな、別の言い方をすると、フリーライダーみたいな人たちばっかりになっちゃったからじゃないのかな。誰か特定の人がフリーライダーで、一部の人が懸命に日本という列車を引っ張ってる、というよりは、大部分の人たちがフリーライダー的な部分を多分に有していて、それで結果的に日本という国が前に進まなくなってる、そんな気がする。

それだけ失政を重ねても、なかなか下がらない自民党の支持率とかを見てると、ものすごくそう思う。

こないだまで行ってた、船橋市がやってる学業支援の事業も、みんな頑張ってはいると思うんだけど、もうちょっと工夫すれば、もっといいモノになるのに、と心の底から思う。

自分でも多少は藻掻いてみたけど、役所と受注してる某企業のハイブリッドで話が通じなかったので、諦めて、姿を消した。

最近行ってる近所の塾でも、まあいろいろあるけど、なんとか我慢して行ってる。クールビズの期間は終了したのでネクタイをしろ、と言われ、仕方がないから八千代村上のイトーヨーカドーに行って処分価格700円のネットタイを2つ買ってきた。なんか言われるかな、と思ったけど、いまのところ何も言われないので大丈夫かなと。いまは黒い綿パンに襟のついたカジュアルなシャツで行ってるけど、そんなんじゃダメだ、本格的なちゃんとしたスーツで来い、っていわれたら、その瞬間に消えようと思ってるけど、なかなか言われない。残念。笑

なにがいいたいかというと、変革への意欲というか、このままではいけない、と思って自分なりに藻掻くことって大事だと思うんですよね。そしてそういう人をみんなで応援する。イチローも言ってたじゃん。「変わらなきゃ」って。

昨日だったか、イチローが高校生を相手にコーチになる、みたいな話を聞いて、この人は本当に野球が好きなんだなあ、とうれしくなった。まあイチロー、これ以上稼ぐ必要ないだろうし。なんか一時代を築いた一流のスポーツ選手で、引退すると文化人とかになっちゃう人がいるけど、なんだかなあ、と思うわ。日本酒のセレクトとか、どうでもいいし。ま、世間が求めてるから、そういうポジションにいるんだろうけどね。あたしのなかでは「有名人」イコール優れてるみたいな価値観って、まるでないから。

若い人たちがインスタとかで芸能人とかを山ほどフォローしてるのを見て、まあ若者が芸能人に憧れる気持ちはわからないでもないけどなあ、と思いつつ、自分の人生を生きろ、って心の底から思うね。

ワイドショーとかでも、芸能ネタって好きな人、多いみたいだけど、ワイドショーだけじゃなく、テレビ番組って、有名人が馬鹿騒ぎしてるだけの番組がほとんどのような気がするけど、そんなことにうつつを抜かして自分の人生を終えてしまったら、死んだあとで死ぬほど後悔するのは自分だと思うけどね。死んだあとで死ぬほど後悔するっていうのがどういうことか、自分でもよくわからないけど。まあけど、仏法は永遠の生命を説いてるわけで、今世ではたまたま人間に生まれてこれたわけだけど、来世がどうなるかは、今世までの収支で決まるわけで。

そんなことをつらつらと考えました。すこし寝ます。笑

FUJIのAFレンズとか

タイトルが上の通りなので、FUJIFILMのAFズームレンズをGetした話が中心になるかと思うんだけど、ホントのところはわからない。

なんでフジのAFズームをGetしようと思ったかというと、いまうちにはフジのX-E2とX-T2という2台のボディがあって、レンズはというとPergear 25mm F1.8と昔のライカ用レンズJupiter-8 5cm F2しかない。もちろんどちらもMFレンズで。

で、YouTube用のAFレンズがほしいと思った。

いままでYouTubeの撮影には、EIZO27型モニターの上に設置されたeMeetのWebカメラを使ってたけど、それだと机の上になんか置いて、それを見せながら動画を撮る、ということが物理的に不可能で。

なんとか解決策をずっと探ってたんだけど、結局はフジのX-T2を三脚に固定して、AFレンズでピントを合わせながら動画を撮るというのがいちばんいいかなと思い。この自宅2F北西の仕事部屋を第1スタジオとすると、南西の寝室に撮影用のテーブルを設置して、そちらを第2スタジオと呼ぶことにする。

で、twitterでさんざんかいたけど、メルカリで「新品に近い」「カビなど一切ありません」という宣伝文句の16-50mmをGetして、今日着払いで届いたんだけど、見たら前玉の表面、周辺にヒゲのようなカビがいくつも。2秒で返品を決意。

なんとなく発想連絡のときのコメントに、誠意を疑わせるモノを感じたので、むべなるかな、とは思うんだけど、CtoCの売買サービスなんてこんなもんだとは思うものの、さすがに残り短い人生の貴重な時間を浪費したと思うと、なかなかにゲンナリするわけで。

で、今日の夕方、「返品しますよ。住所はこちらでよろしいですか」ってメッセージを送ったけど、反応はなく。仕事が激務なのか、単に物ぐさなのかはわからんが。

で、凝りもせずに、YouTube動画の撮影レンズを入手するというコマンドは中断するわけにはいかないので、同じくメルカリで、15-45mmというのをGet。こっちは説明を信じるとすると正真正銘の新品同様。こないだ売れたマウントアダプターの売上金がプールされてたので、実質14,000円とかでGet。先のレンズの代金15,000円もそのうち返金されると思うし。

仕事の撮影でも忙しい日々を送ってるけど、フリーというのはまさに一寸先は闇なわけで。会社員とかだと、ちょっとくらい失敗しても、あるていどは会社が守ってくれるけど、フリーの場合は何の保証もないし、代わりはいくらでもいるわけで、来月からパタリと仕事がなくなるというのは、いくらでもある話で。ま、だからこそ僕はフリーを選んだわけだが。いや、別に気取るわけではないんだけど、自分の性格というか、人間性を考えるにつけ、会社に守られた生き方よりも、つねに緊張感を持つことを余儀なくされるフリーっていう生き方のほうが、自分を堕落させなくていいかなと。ま、このへんは後付けの理由ですけどね。

なんの話でしたっけ。そうそう、オンライン塾のほうも絶好調です。いま小6の男子と、中2、中3の兄弟を見させてもらってる。近所の塾も久しぶりに復活し、週2~3回入ってるけど、個人的にはオンライン塾のほうがずっと楽しいし、中間搾取がないので、オンライン塾をもっと増やしていきたい。時給じゃなかった、1時間あたりの授業料をいくらにするかは本当に悩ましい問題なんだけど、そうやって自分の値段を上げたり下げたりしながら市場の機嫌を取ってるのも、すごく楽しい。そう、僕は基本的にはプリミティブな動きが好きなのですよ。ソフィストケートされたのって、すべからく好きではない。だから京都に行ったらぶぶ漬けを勧められる前に一目散に退散すると思ふ。

なんの話だっけ。1年前の年末年始は、ウェブで見つけた近所の宅配寿司屋さんで宅配のバイトをしてた。愛車のプジョーくんを持ち込みで。悪くないし、けっこう楽しかったけど、今年はいいかなと思ってる。そんなこともあって、近所の塾と自分でやってるオンライン塾で埋められたらな、と思っている次第です。

そうだ。いまふとひらめいたけど、オンライン塾を小中学生を相手にした算数・数学と英語、って限定してるのがダメなんだ。いま世間ではおじさんの需要ってけっこうあるみたいじゃん。話を聞いたり、適度に相づちを打ったりとかっていう。

ちょっと真剣に祈って活路を見出そう。写真を撮るのももちろん大好きなんだけど、個人で営業するにはライバルが多すぎるし、いわゆるレッドオーシャンってやつですか、赤潮でまくりだし(意味違う?)、もっとアタマを使って、というと語弊があるかもしれないけど、もっと自分にしか出来ないことをやろうと。

話はガラッと変わるけど、こないだまで行ってた、船橋市がやってる学業支援のバイト、思うところがあって辞めたんだけど、なんで辞めたかっていうのを簡単にまとめて論文として発表しようかなと思ってる。これからを考える人たちの参考になればと思って。

もちろん地方自治体(地方公共団体)が貴重な税金を使ってやる事業なわけだから、それなりに制限というか規制というか決まり事というか、があって然るべきだと思うけど、僕からしたら、違和感だらけの数か月だったので、辞めずにやりつづけていたらGetできた(かもしれない)数十万円のギャラの代わりに、言いたいことを書こうと思わないでもない。

ま、たぶん書かないと思うけど。笑

あと、しばらくずっと通ってた場所に、そろそろ行かなくなるんじゃないか、っていう気がしてるんだけど、いやわからん、私の得意の取り越し苦労かもしれないし、いつもピタッと的中する野性の勘かもしれないけど、特に反省すべき点は、ないかな。

自分らしく振る舞って、自分らしく頑張って、自分らしく飽きられた、ってことじゃないかと。

オチを付ける言葉がなかなか思い浮かばないけど、ま、そうね、

捨てる神あれば拾う神あり

かな。

これ、「神」なのがミソなのよ、わかる?

神は平気で人を捨てる、売る、disる。

仏は違うよ。

仏は基本、守るし、讃えるし、けっして見捨てない。

以上。冬は寒いので、頭を洗う回数が減る。そのぶん、髪の毛がベトベトになって、それが目に入って、痛い。

明日はまず散髪に行こう。

ご報告。

ごく親しい方には、すこしお話ししたかもしれませんが、結局やめちゃいました。船橋市がやってる学業支援のアルバイト。

その理由をひとことでいうと、制約が多すぎて、つまんない。
これに尽きます。

具体的に書くと、いろいろ差し障りがあるので、ここには書きません。やっぱり僕は自分自身で塾を立ち上げるのがいちばん正しい道だということを、あらためて確信しました。この5か月の経験で。

顔なじみになった中学生のみなさんには、最後まで付き合ってあげることができず、本当に申し訳ない限りなのですが、自分の人生なので自分で決めるしかないと思いました。週4回、月に10回以上のアルバイトだったので、そのぶんのギャラが消えてなくなるのは微妙に痛いのですが、「なにかを喪うということは、なにかを得るということだ」という言葉を抱きしめて前進したいと思います。

いやー、けど、役所の仕事は疲れますね。ありとあらゆる意味で。きっとうまくやればボロい商売ができるんでしょうし、そうやってボロ儲けしてる人たち、有名な人たち、たくさんいますよね、けど僕はそうやって元はといえば税金をガブガブと自分の懐に入れるという発想がそもそもないので、一生、役所の仕事には縁がないと思われ。

というか、船橋市には教育系クーポンを収入が一定以下の家庭に配布してほしいと思う。それなりにまともにやってる塾とかで利用できるような。たしか大阪で維新がやってたよね。ほかの自治体でも、やってるとこあるのかなぁ。まあいいけど。

あしたも4時起きで聖教新聞を配ります。すっごい楽しみ。

そのあと9時に近所の婦人宅に書類の束を届けに行き、10時半から近所の個別指導塾で1コマやり、12時半からオンライン塾を1時間、そのあとバスと電車で柏に向かい、美女ふたりとしっぽりと飲み。あー楽しみ。

木曜の画像整理は先ほど終わらせサーバーにアップ完了。金曜の画像整理は締切が月曜いっぱいなので、月曜の撮影のあと、なんとか終わらせますわ。夕方からの教育系バイトは、もうないわけだし。笑

そんなとこかな。

さっき、生まれて2回目の麻婆豆腐を作って食べたんだけど、まだまだ辛さが足りない気がする。ベースは丸美屋の麻婆豆腐の素(辛口)、それに七味唐辛子とラー油をたっぷりかけたんだけど、まだ足りない。twitter仲間の方に教えていただいた花椒(ホアジャオ)はまだ入手できてないけど。

丸美屋の麻婆豆腐の素(辛口)のパッケージを見てみたら、豆板醤、甜麺醤のほかに、豆豉醤、辣醤っていうのも入ってるらしい。で、さっそく検索して、ATOKで単語登録した。豆豉醤はトウチジャン、辣醤はラージャン。気になる人はググってみてね。笑

おら、飛行機が再開して日中の往来が元通りになったら、四川の成都とか、あと西安とか、西のほうに行ってみたい。たぶん、むかしあのへんにずっと住んでたんだと思う。同じことを何度も言うけど、鳩摩羅什が法華経の漢訳をやってたとき、隅っこのほうで墨を擦ってたの、覚えてるもん。笑

もう夜も遅いので、寝る。

あ、そうそう、twitterで海外在住の方のツイートをみて、これはGetするしかない!と心の底から思ってAmazonで購入した久原醤油の「あごだしつゆ」、今日届いたんだけど、昨日、イオン東習志野のマックスバリュの棚に売ってることを確認した。笑

けど、4倍濃縮で500mlが450~500円って、バカ高じゃね?

ミツカンの白だしは10杯濃縮の1Lが300円とかよ。3倍の値段か。それだけの価値があればいいけど。貧乏人には、おいそれと買えないかな。あと、ここが千葉だからだろうけど、醤油ベース?のだしは売ってるけど、白だしは棚に並んでないのよね。Amazonでも白だしのほうだけムダにバカ高だし。

あたしは圧倒的にだしは醤油ベースよりも白だしが好きなの。
関東の人間なのに、ごめんね。

あ、そうそう、久原醤油ってどこなんだろう、福岡かな?熊本かな?大分かな?と思って住所を見たら、福岡県糟屋郡久山町猪野って書いてあって、倒れそうになった。

ここって、毎日新聞のとき死ぬほどお世話になった田鍋公也先輩のご自宅の近くじゃん。まだ在職されているのだろうか…。

お会いしたいなあ。死ぬまでに一度は。。

痩せなきゃ…

今週の月曜日、流山の保育園の撮影で一緒だったカメラマンさん、僕よりも6つ年上なんだけど、めちゃめちゃフットワークが軽い。フリーのカメラマンをお客さんとマッチングさせるサイトに登録して、個人で七五三の撮影なんかをバンバンこなしてる。お客さんが殺到して、けっこう断ってるんだって。すごいなあ。

空き時間に体重を聞いたら55kgですって。あたしと40kgも違う。笑

あたしは典型的なコロナ太りで、惰性に任せるまま、食欲の赴くままにメシをモリモリ食ってたら史上最重の体重を更新し続けており。このままだとまぢで0.1トン君って呼ばれちゃうよ。

カメラマンとして体重が重いのはフットワークにもろに反映するわけで、それだけじゃなく健康にも絶対によくない。そのカメラマンさんに、カラダ軽いでしょ、って聞いたら「軽いよ」って。あたしも55kgになったら、なんか人生変わる気がする。

あたしは典型的な自分に甘い人種なのよね。人に厳しいかどうかはわかんないけど。なんとなく、太く短く、と思ってるフシもあるし。けどまあ、100歳まで生きようとは思わないけど、そうねぇ、70くらいまでは生きて、いままで師匠や諸先輩方にいただいたご恩の何分の一かでも恩返ししないと、罰当たるよな。

と思って、夜の炭水化物をやめた。そしたら、今朝、体重計に乗ったら、49.1kg。わぉ!さっそく効果が現れた。毎日900g減らすのは難しいと思うけど、一日に500gずつでも着実に減らせれば、10日で5kg、1か月で15kg減らせる計算になる。まあ、そんなにうまくはいかないだろうけど、昼間とかもご飯の量を減らそうと思う。モリモリ食いすぎなんだよ、でかいお茶碗で。けどなんでごはんを入れるヤツをお茶碗っていうんだろう。まあそれはいいけど。お茶を飲むのは湯呑みだもんな。茶飲みじゃないし。

まあ、それはいいや。あしたは佐倉方面の高校2つ。明後日は品川まで電車で行って幼稚園の遠足かな。きょうの昼間、横浜の写真屋さんから電話がかかってきて、再来週はどうですか、って聞かれたので、空いてますよ~って答えておいた。遠いのと、そんなにギャラがよくないので、あんまり気が進まないんだけど、よく撮影を入れてもらってる2つの写真屋さんからお仕事が来なければ、横浜まで行ってくることにしよう。これもきっと、なにか意味があるに違いない。

まあそんな感じです。こんどの日曜日は柏で友人ふたりと飲み。美女ふたりって書いたほうがいいかな。

そうだ、昨日の夜は、オンライン塾の体験授業をやったんですよ。なんと、おなじ市内に住むお客さんで。やっぱり地元だと安心感がありますよね。オンラインなので日本全国どこでもいいっちゃあいいんですけど。こっちの都合で不定期になってしまうので、それさえOKしていただけたら、継続していただけそう。

そうだ、こないだの木曜日だったかな、夏休み以来、行ってなかった地元の個別指導塾からも連絡があり、2か月ぶりに1コマだけ入った。たまに連絡は来るモノの、なかなか実際に授業に入ることはなかったので、このまま自然消滅かな、と思ってたけど、よかった。今年の冬休みは、できればお寿司の宅配のバイトはやりたくないので…。いま行ってる船橋市の学業支援のバイトの関連で、年末年始、葛飾区の同様のバイトに行こうかなとも思ったんだけど、しっかりスーツ着用が謳われていて、泣く泣く辞退。1日に3万円くらいもらえるんだったら我慢するんだけどねぇ。まあいいや。うまいこと地元の個別指導塾とオンライン塾の掛け持ちで冬休みを埋められるといいな。

あ、あとはYouTuberですかね!!笑

今日も本当は1本撮りたい動画があったんだけど、ずっと前から温めてるヤツで、ただ電話取材を必要とするので、なかなかやる気が出ない。エンジンがかからない。やっぱ、しっかり早起きして、がっつり朝イチでお題目をあげて、それで仕事に臨まないとあかんね。来週も平日オフがあったと思うので、動画を撮るぞ。

それにしてもカネがないね。啄木かよって感じ。まあ、稼ぐ額よりも使う額が多ければ貯まるわけがないんだけどさ。たぶんどっかで自分はもっと稼げるはずだ、っていう思いがあるんだろうね。思いは思いとして、現実を理想に近づける努力をしないとね。スクールカメラマンの仕事もあと5年、10年続けられるか、わかんないし。いつ健康を害するかだって、わかんないしね。

そんなことで、めずらしくシラフでブログを認めてみました。

これからガッツリ1時間お題目を上げようかな。自分の人生が大きく拓けるようにね。もちろんそれは世界の平和と一切衆生の幸福のために尽くせる自分の人生であるためにね。

アンデルセン公園で感じたこと

今日は、よく行く幼稚園の遠足で、ふなばしアンデルセン公園に行って、とても幸せな時間を過ごした。

で、アンデルセン公園の運営に関して、すごく気になったことがあって。

いや、大したことじゃないのかもしれないけど。
最初は幼稚園に行って、そこから園バスに乗ってアンデルセン公園に、という話だったと思うんだけど、たぶん定員の関係で、あとから、自分のクルマでアンデルセン公園に向かえ、という指示がきて。

こちらとしては、撮影を遠足の中身に集中できるので、非常にありがたいわけで。写真屋さんとしては、どうかわからないけど。

で、南口に園バスが到着して、北口から幼稚園に帰る、ということだったので、北口の駐車場に愛車をパーキングしたわけさ。

よくある自販機タイプの料金支払機が、そこにあり。で、これまたよくある、係員のおじさんが料金支払機のところに立ってて、各クルマのドライバーから料金を(千円札を)受け取り、それを自動料金支払機の千円札を入れるところに入れて、お釣りをお釣り取り出し口から取り出して、それをドライバーに返してる!

……。ごめん、意味なくね?

いや、俺が十二分に大人だったら、何も考えずに係員のおじさんに千円札を渡して、数秒待って、500円玉を笑顔で受け取ってもいいんだけど、ハッキリ言って、この一連の操作は自分でできるので、ハッキリ言って、邪魔以外のナニモノでもない。

申し訳ないけど「自分でできますので」とハッキリといい、おじさんの手助けを拒否した。申し訳ないけど、ウザいこと、このうえない。与えていえば、必要としてる人にだけ、手を差し延べればいいのだよ。善意の押しつけって、おれ死ぬほど嫌なんだよね。

ま、それはそれとして。

で、チケット購入の自販機でチケットを購入し。写真屋さんに提出する必要があるので、窓口で領収書をくださいと申し上げた。この日の発注元の写真屋さんの会社名を言い。

そしたら窓口の女性が、ここに書いてください、と。

いやいや、JISコード第三水準の漢字を書けって言ってるわけじゃない。漢数字を一文字と、あとは「株式会社」の四文字を求めてるだけなんだけど。

「みなさんにお願いしてるんで」とか言われた気がするけど、そういう言い方が、オレはいちばんキライなのだ。知らねーよ。あんたらの内規を、客であるオレに押しつけるなよ。

なんか窓口がシラーッとした空気に包まれたけど、そんなのは知ったこっちゃない。十数秒後にその女性が僕に手渡したのは、A4のコピー用紙に印刷された「領収書」でした。笑

なんだ、漢字変換できるんじゃん。。涙

なんか、ふなばしアンデルセン公園、人気があるからって、だんだん対応が機械的になってる気がする。マニュアルばっかりというか。

園内のあちこちに咲いてる花は、美しかったけどなあ。花が美しいのは、お世話してる方々の努力ももちろんあるけど、花はみんなに見てもらおうと、必死できれいに咲いてるんだよ。

太陽の橋で、ポトリと落ちてた花を、先生が拾って植木鉢の上に戻してた。

それがすごい泣けた。泣いてないけどな。

あしたの、もうひとつの組の遠足は、雨で中止になっちゃったけど、きっとまた会えると信じてる。

きっとまた会えるんだよ。仏法を命の底から信じてたら。わかるかなぁ、わかんねーだろうなー。笑

いま話題の中華レンズ Pergear 25mm F1.8とFUJIFILM X-E2を買ってみた! ファーストインプレッション カメラレビュー レンズレビュー パーギア フジフイルム on YouTube

いま話題のPergear(パーギア)25mm F1.8をAmazonで新品で、そしてFUJIFILM フジフイルムのミラーレス機、X-E2を中古でヤフオクで購入したので、第一印象 ファーストインプレッションを動画にしてみました。本格的にカメラと写真を始めてから20年。いまはフリーカメラマンとしてニコンのデジタル一眼レフD4sとD810を駆使する毎日ですが、どうしていまFUJIFILM フジフイルムのXシリーズを手に入れようと思ったのか、などについても語っています。

ムダに長いですが、よかったら感想をお寄せいただけると幸いです。

そのうち実写レビューもやってみたいと思います。

チャンネル登録もぜひぜひ、よろしくお願いいたします!!!