Mac mini、きた

Macminiがきました。一昨日の夜中だったかに、いつもどおり酔っ払ってメルカリで購入したヤツ。8年落ち。i5。前に持ってたヤツと、たぶん同じ時期の、ひとつランクが下のヤツ。

購入して、発送連絡が届いてからわかったんだけど、このMac miniは、北海道の留萌から届くんだ。留萌だよ留萌。なんか嬉しくね?

イミフだけど。で、さっきちょこっとだけ火を入れて、セットアップを軽く済ませ。改めて思ったのは、最近のパソコンって、もう進化はとっくに止まってるよね、ということ。いや、進化は止まってないと思うんだけど、一個人が必要とする、いわゆるマシンパワーって、8年落ちでも全然OK。だんだんクルマに近づいてきたね。

いまあたしが使ってるのは、メインがEIZOの2736。27型。サブがこないだまでメインだった24xx。24型。メインのほうはHDMIとDisplayport(だっけ? DVIだったかも)の2系統。24xxのほうはD-SubとHDMIとDisplayportの3系統。

で、Mac miniはmini DisplayportとHDMIの2系統。EIZOの2736についてたDisplayportケーブルがやっと使える!と喜んだのも束の間、Mac miniのmini Displayportを通常のDisplayportに変換するアダプタは同梱されておらず。orz…

そんなことはどうでもいいのだが、Macを導入したとなると、真っ先に必要になるのが、ATOK Passportで。これはWindowsとMacと、あとアンドロ、10のアレまでインストール可能で月300円というATOKマニア垂涎のサービスなわけで。以前にMac miniを所有してたときも、当然のようにこのサービスに加入し、月々300円のお布施を徳島のジャストシステムにせっせと送っていたわけさ。創業者の社長がいまどこで何をしてるか、よー知らんけど。それはそれとして。

で、あたしはご存じの通り、クレジットカードを作れないカラダで。だもんで、ふだんはネットの買い物とかにデビットカードを使ってる。メインバンクである三菱UFJ銀行が発行してるVISAデビットをメインでね。前にATOK Passportを契約してたときも、当然このカードから毎月300円引かれてた。

今回も同様に、と思ってアレしたら、なんかうまくいかない。

おっかしいな、と思って、手もとにあるさまざまなデビットカードを片っ端から登録を試みるも、どれもこれもNGで。

で、ジャストシステムのサポートにメールしたさー。

そしたら、当方としては一律にデビットカードを排除しているわけではありません、みたいな、心を入れ替えた小池百合子みたいなことをいう。でも明らかに、デビットカード、どいつもこいつも弾かれるわけで。

まあ、クレジットカードとデビットカードの業界団体に出入りしてたわけじゃないから、よくわかんないけど、店側としたら、クレジットカードのほうが、使い勝手はいいよね。ユーザーの支払いのアレとかをカード会社にアレできるしね。

ジャストシステムのサポートからのメールに、三菱UFJ銀行が発行してるVISAデビットは、うちは加盟店じゃねーし、みたいなことが書いてあり。ありゃりゃ、前はこのカードでふつうに支払いしてたんだけどねぇ。もしかしたら、支払いをせずにトンズラした不心得者がいて、ジャストシステムがブチ切れたのかな。ほかのデビットも、あるいは…なんて思ったり。

ま、そんなところだろうと思ったよ、あばよ、と柳沢慎吾みたいなことをいうつもりはないのだが、だって、あたしは物心ついた頃からずっとATOKだし、なんかこないだたまたまスタパ齋藤がATOKを捨ててGoogle日本語入力に乗り換えたって話をたまたま読んだけど、基本的にあたしあの人あんまり好きじゃないし、業界の人だから、まあ基本ポジショントークばっかりだろうし、彼のポジションでいえば、ジャストシステムをヨイショするよりGoogle日本語入力を褒めたほうが、きっと数百万円のレベルで得するだろうし。あるいはもっとか。それは言い過ぎかも知らんけど。

何が言いたいかというと、ATOK、たいがいにせぇよ。

サブスクリプションの旨味を覚えたのか、ソフトウェア各社、サブスクに走ってるけど、ジャストシステムも例外に非ず。

何年か前まで、ATOK単体商品を販売してたんだけど、いまは一切やってなくて、MacでATOKを使いたければATOK Passportを契約してね、という感じで。そのあおりをくって、なんと過去に販売されてたATOK単体商品は超高騰してて。ATOK 2017 for Macだったっけ、3万円以上の値段を付けてる。

アホか。

もしかしたら、マイクロソフトやAdobeみたいにアコギじゃなくてジャストシステムは基本的にユーザーを信じてるから、ATOKのパッケージがひとつあれば、何十台でも何百台でもMacにATOKをインストールできるのかも。それにさすがに業を煮やして、パッケージ売りをやめたのかも。というか、きっとそうだな、きっと。

結論から言うと、ATOKが使えないと、あたしのなかではパソコンとして終わりなので、もしもATOKがデビットカード払いを拒否るのであれば、何年分前払いとか、あるいは携帯キャリア支払い(auなんちゃらみたいな。携帯料金といっしょに引き落とされる)を認めてほしいな。じゃないと死ぬ。ATOK単体商品を3万も出して買う気には、さすがになれん。かといって、Google日本語入力は使いたくないんだよな。Googleのモットーとして、Don’t be evil.(邪悪になるな)というのがあるらしいけど、もう変わったという話も聞いた気がするけど、あまりにも手を広げすぎるのって十分にevilだと思うのよね。日本語入力くらい、日本のメーカーに担当させてよ、Googleさん。と思わないでもない。もちろんシメジも使いません。笑

なんかうまく(?)まとまったような、まとまってないような。

brother の競合

なんか図らずもいまふうの見出しになったね。

人種差別の話とかでは、まったくなく。

1か月ほど前にDELLのデスクトップを購入して、ずっと悩まされてきたことを書こうと思い。

その矢先に、マシンがクラッシュ。

そのことはあとでおいおい書くこととして。

あたしはずっとbrotherのモノクロレーザー複合機を使ってきた。7820Nっていうやつ。ずっと昔から。もう10年以上は使ってると思う。レーザーなのでモノクロ印刷はバッチグー。ネットワークにつながるので、遠くにあってもいいし。FAXもついてるので、ずっと1階の仏間に固定電話と一緒に置いてた。プリントアウトするたびに、取りに階段を降りたり。

FAXも、パソコンで作成した書類をネットワーク経由でプリントする感じでFAXできるので、とても便利。月に一回の市内特殊任務の着任連絡とか、あとは某信濃町への報告とか。

スキャナ機能、コピー機能もついてて、ずっと重宝してた。

で。こっちは3年くらい前かなぁ。同じbrotherの6490CNっていう、A3インクジェット複合機をGetした。中古で、Amazonで。1.3万とかだったので、ものすごーくいい買い物をしたと思ってる。brotherの4色カラーインクって互換品が激安で売ってて、まあ色味とか気にしなきゃランニングコストを限りなく抑えられる。

で、なんでA3複合機を買ったかというと、A3スキャナが欲しかったのよ。理由は簡単で、聖教新聞の記事をスキャンして、それをメールとかに添付して友人に送りたかったから。A3プリントもできるんだけど、どうもA3用紙をセットしてもイマイチ給送の機構がイカれてて2枚に1枚は失敗する。まあそんなことはどうでもいいんだけど。

こっちもネットワークにつながるので、超便利。ピュッとジョブを投げるとプリンタが自動的に立ち上がって、よいしょよいしょと印刷してくれる。すごくイイコ。

ちなみにA4インクジェットはキヤノンのiP2700っていう、一時期は同梱のインクを買うよりも安く売られてて、みんなインク目当てで買って、インクを抜かれたプリンタがAmazonやヤフオクで叩き売られてたという。いまはどうも落ち着いたみたいだけど。

なんの話だっけ。そうそう、前のマシンでは、ずっと前に使い始めた7290と、あとから追加した6490がうまいこと同居してた。ドライバ、制御ソフトの話ね。7290を導入したころは、OSはWin7か8じゃなかったかなぁ。とにかく、なんかトラブルになることって、いままで一度もなかった。

けど、新しいDELLのxpsくんがきてからというものの、ふたりの間に険悪なムードが漂い。ってムダに擬人化するつもりはないんだけど。ほら、同じメーカーの、同じような複合機なので、二重にソフトをインストールすると、微妙にいろいろ競合とか、するんですよね。どっちか片一方だけだったら、ぜんぜんイイコなのよ。

あたしはいまのところ、あとからきた6490のほうを贔屓してるので、DELLのxpsにも、6490から先にドライバソフトをインストールした。で、そのあとに7290のドライバを。そうすると、なんかうまくいかないのよね。ちょっと前の話なので記憶が定かじゃないんだけど、どっちかのプリンタを認識しなかったり。認識しててもジョブを送ってもうんともすんとも言わなかったり。

どっちも古いプリンタなので、brotherのサイトでOSを勝手にWindows10 64bitを選んでくれても、適したドライバはこれですよ、って言われるのがやや微妙だったり。コンプリート版、とにかくなんでもかんでも入ってて、初心者の人にはピッタリ、とかいうヤツだと、むだに衝突する。そらそーだよ、田舎の狭い道を意味もなくバカでかいヤンキー向けワンボックスがすれ違おうとして、そっちが悪いだなんの、ってやってるんだもん。うまくいくはずがない。笑

で、どっちかのドライバをWin8対応のコンプリート版じゃないヤツにしてみたり、インストールする順番を逆にしたりと、いろいろ試してみた。そしたら、いまのところなんとか落ち着いてるみたい。

ネットワークプリンタも、けっこうめんどくさいよね。設定が。TCP/IPだとうまくいかなかったり。もうさっぱりわからん。

で、もうすっかりオチだけど、最近kdcom.dllとかいうのが原因でクラッシュすることがやたら多く。調べてみたけど、いまひとつ原因はわからない。このファイルが壊れてるのなら、ほかのマシンから拾ってきて移植するのがいいのかな、でもなんか違う気がする、と思って、悶々としてた。

で、さっきふと思い立って、Windowsのエラーログを見てみた。そしたらbrother関連と思しき名称のツール?のエラーがイヨーに多くて。あ、こりゃbrotherの2兄弟がケンカを続けてるのね、とようやく気づいた。

で、たぶんうまくいくとおもうけど、いまのところの解決方法は、6490のほうをネットワーク経由じゃなくUSB接続に替えた。笑

なんか微妙にカッコ悪いけど、紛争解決ってそんなもんよ。

iP2700に刺さったたUSBケーブルを強制徴用したので、iP2700には、またどっかからUSBケーブルを探してこなきゃ。

たぶん、数本はゴロゴロしてると思う。1階の仏間の押し入れあたりに。問題は長さなんだよなぁ。いざとなったらiP2700ごと、PCの近くに移動してもいいし。

あ、ちなみに最近のiP2700の活躍の場は、カラー用紙への印刷。

前にも書いたと思うけど、WorldSeikyoっていう創価学会の冊子を30冊買って、親しい友人に読んでもらおうと、送ってるんだけど、最初は手書きの手紙を入れてたんだけど、それだとすごいブレーキがかかるので、やむをえず、パソコンで文面を打ったモノをカラーの少し厚手の用紙にプリントして冊子WorldSeikyoに同封してる。iP2700は用紙のセットが手差しなので、こういう場合にはバッチグーなのよね。まあ7290の手前から差し込んでもいいんだけど、それはいま気づいたことなので。笑

求職の日々。。

7月の撮影の仕事も徐々に入りつつあるのですが、でも例年のようにびっしり埋まるということはきっとないと思われ。8月もそうだろうし、9月もどうかわかんないので、空いた時間を埋めるべく、求職の日々を開始しました。

人の目に触れるところに書くことで自分へのプレッシャーにもなるし、「文章を書く」ということ自体が知的作業の爪とぎにもなるので、ブログに書くことにしましたよ。

いま考えてるのは、大きく分けてふたつ。どっかの写真館にバイトで潜り込むこと。もうひとつは、できれば在宅で編集とか原稿書きとかの仕事が出来れば、と。あたしが大学を卒業してからやってきたことって、だいたいこの2つに集約されるし。

あ、そう、毎週月火木金は船橋市内2か所で教育系の仕事を18時過ぎからやることになったので、新しく見つける仕事は、場所にもよるんだけど、17時前には終わってないといけない。

それを考えると都内でオフィス系の日雇いとかは難しいかなと。

写真館も、いろいろみたところ、それなりに制約が大きく。制約とかいうと、怒られそうだけど。まあこっちの年齢から始まって、曜日とか(土日はなるべく出ろとか)、時間とか、仕事内容とか。家族向けの写真館とかだと、小さな子どもをあやすのも仕事のうちだから、キモいおっさんよりはやさしいおねえさんのほうがいいとか。

なのでいまは気持ちは在宅で編集・ライティングのほうに大きく傾いてます。在宅で、となると、二束三文の素人に毛が生えたような仕事しかないのかな、とも思っていたのですが、いまはそうでもないみたいですね。時給制のところもけっこうあるし。在宅で時給制というのが、まだいまひとつ理解できてないのですが。

主婦向けの在宅ワーク中心の求人サイトって、けっこういっぱいあるんですよね。見てみたら。主婦向けってことは、曜日とか時間とか融通を利かしてくれるということで。僕は主婦でもなければ女性でもないけど、時間に融通が利くとすごく嬉しい、というところでは共通の事情というか願いを持っているわけで、こういう世の中の流れはとてもありがたい。

とか書いてたら、メインの写真屋さんから撮影の依頼が舞い込んできた! しかも午前中で終わるヤツ! 最高やぁ~。この調子で7月もびっしり埋まれば、在宅ワークを探す必要もなくなるんだけどな。いや、けど、フリーってどこでなにがあるかわからないから、収入のチャンネルは複線化しておくに越したことはない。

別に、いくつかの在宅ワークを掛け持ちしたっていいわけだし。

スクールフォトの仕事を始めたばかりの頃は、まだひとつしか写真屋さんと契約してなかったりで。そうすると、そこの写真屋さんに頼り切りになるわけで、今月はなんで仕事をくれないんだよぉ、みたいに思いがち。けどそれは完全に誤り。だってフリーなんだもん(エースをねらえっぽく)。

なんの話かわかんなくなってきたところで、そろそろこのくらいにして、アップします。まだ朝ご飯もちゃんと食べてないの。

さっき3つくらいの在宅ワークとひとつの写真館に応募したので、午前中はこれで打ち止め。ご飯を食べて、またガッツリ祈って、午後も求職活動の続きをします。

攻撃は最大の防御、ですからね。

あー、早く梅雨あけないかな。こないだ買った17-35を持って九十九里に早く天の川を撮りに行きたい。

fixしつつある夏

予告どおり、西船まで、教育系?のバイトの面接に行ってきた。結果は明後日メールで届くということだが、ほぼ大丈夫、ということなので、来週から働くことになりそう。「オンライン個別補習塾じゃがばたオンライン」にも来てくれている生徒さんが何人かいらっしゃるので、うまいことスケジューリングしながら、同時並行で進めたいと思う。

そうそう、夏休み期間中は?って確認したら、通常時期と変わらず夕方からなんだそうだ。なるほど、そうか。ということは、それまでの時間、オフィスワーク系日雇いを入れるか、あるいは撮影が少しでも多く入ることを祈るしかない。

昨日、そういえば、センバツのチームを集めて甲子園で大会が開かれるってニュースを見た。野球以外の競技でも、地方大会とか、やらないかなあ。そしたら撮影の仕事がそこそこきそうな気もするんだけど。わかんないけどね。

ということで、土曜日に予定してた集団塾の説明会は電話でキャンセルした。ギャラで考えたら集団塾のほうがアレだろうけど、こっちのほうは、前もって予定があるときはお休みできるっていう点。兼業中年フリーターには、何よりありがたい。やっぱりあたしは集団塾には縁がないのかなぁと思うことでございますよ。

面接が終わってスマホを見たら、メインの写真屋さんから7月の撮影依頼が届いていた(しかも2泊3日の行事!)のだが、初日が別の写真屋さんの予備日?と重なっており、泣く泣くお断りする。幼稚園とかも、徐々に行事が再開されていく感じだなと実感。

本当は明日からオフィスワーク系の日雇いにガッツリ行くことにしてたんだけど、思い立ってニコンプロサービスに電話。D4sを点検修理に出すのにお借りできる代替機があるのかどうか尋ねてみた。そしたら、ありますよ、ってことだったので、キープしておいてもらって、明日の朝イチで銀座まで行くことにした。

電話で聞いたら再開初日の今週月曜はオープン前から並んでる方もいらっしゃったみたいだけど、もうそうでもないって。

ただ、整理券方式なんだよね。いつももそうだけど、たぶんもっとがっちりした方式なのだろう。

ちょっとおカネがなくなってきたので、いますぐD5とリプレースするのは難しそうだけど、すこし先を見据えて、いつでも下取りに出せるくらいの状態には、しておかなくては。

来週の月曜日は求人広告の取材があるので、火水は原稿書きに当てるとして、来週の木曜日あたりからオフィスワーク系日雇いを入れましょうかねぇ。例年なら6月といえば高校の卒業アルバムのスクールライフの撮影が花盛りな頃だけど、そういう依頼もそろそろこないかなぁ。祈って仕事を引き寄せよう。

水星金星火星にもきっと使命が…

仏法って、この宇宙を生成し、星々の運行を司っている宇宙のリズムなんだ、といわれて、へー、そうなんだー、と思う人はたくさんいるけど、本当にそのとおりだと命の底から本気で信じてる、あるいは理解してる人って、実はとても少ないんじゃないか、みたいなことをぼんやりと思ってる。

今週の初めあたりから、さすがにこのまま仕事がないのはまずいと思い、真剣に祈り始めたんだけど、

湿れる木より火を出し 乾ける土より水を儲けんが如く 強盛に申すなり

太陽が地球の生物にとって絶対に必要不可欠であることは論を待たないけど、調べてみたら、実は月もそうなんだよね。あと、木星も。

そうやって考えたら、たぶん、水星も金星も火星も、それぞれに必要な役割を果たしているに違いないと確信した。科学が進めば、そのあたりも明らかになってくることだろう。

水星や金星や火星の正確な位置関係や公転軌道、それらを規定しているモノと同じものが、我々の肉体と精神に宿っている。そのことを強く自覚すれば、仕事がないとかっていう嘆きが、いかにちっぽけなモノかということを痛感する。

大悪おこれば大善きたる

今回のコロナ禍を奇貨として、人生を大きく切り拓くのだ。

そう自分に言い聞かせてるところ。

きょうは10時から西船で教育系の面接。
決まるといいな。夏休みの運気も含めて波乱含みなんだけど…
でも必ず最高にいい結論に落ち着くように祈って勝ち取りますことよ。

明日は飲み友だちの石川とチョーひさしぶりの飲み。
もうすっごい楽しみ。
また仏法の話を2歩も3歩も進められることだろう

カメラも持っていこうかなあD600+50/1.4かな…
もちろんオズポケもね〜

映画「スポットライト」見た

映画「スポットライト」を見た。すごい映画だ。

比べるもんじゃないかもしれないけど、「ドリーム」「ペンタゴン・ペーパーズ」「グリーンブック」よりも、はるかに上を行く。「インビクタス」よりも。

映画の評価って、なにをもってするのか、いまだにわからない。

実話をもとにしていれば、そしてその「実話」が重ければ、映画も高い評価を得る、ということではないんだろうな、ということはわかる。

たぶん、みなさんはこの映画、まだ見てないですよね。わかんないけど。

映画のストーリーはだいたい知ってた。ボストンの教会でずっと昔から子どもへの性的虐待が続いてて、それを教会は組織的に隠蔽してたと。

だから、映画を見て感動するということは、その細部の描かれ方なのかな、評価の軸としては。

出てくる俳優が、いいよね。どの人も、みんな。

けど、前回の「インビクタス」から3週間以上も、映画を見れてなかったんだ。なんなんだ、いったい。

映画を見るのにもパワーが要るもんな。とくにこういう重たい映画を見るのは。

ただあたし、娯楽として映画を見ようとは思わないのね。なんか2時間おもしろおかしく過ごせればいい、というふうには、まったく思わない。そういうことは、少なくとも僕は、映画には求めていない。

そうだな、口はばったい言い方をすると、この世界が少しでもよくなるように、そのよすががほしいというか、糸口を探りたい。

しかし、このタイミングで、この「スポットライト」を見たって、なんか不思議な気がする。前にも書いたけど、宮本輝の珠玉の小説『優駿』に、馬は自分の体調に合わせて、食べたい草を食べる、ってあったけど、人間もまったく一緒だよね。いま必要な栄養素として、見たい映画を見る。僕の場合、今日はこの「スポットライト」だったわけで。

世界中の信仰を持っている人に見てほしい。絶対善とされる存在が、その言葉を隠れ蓑にして、おかしなことをしてないか。それは信じるということと同居すると、僕は思う。信じるということは、しっかりと監視する、ということと同義なのだと思う。

次は1984年…を見ようと思います。韓国映画。

Amazonは月500円。カラオケDAMは月1100円。あー、モトを取るには毎日3曲ずつくらい歌わないとなー。

ぜんぜんオチがおもしろくない。

あ、そうだ。なんか付け足しみたいになっちゃったけど、深く祈るコツを、今日知った。いままで気がつかなかった、そんな僕をdisらないでください。

簡単なコツ。合掌した左手と右手の手のひら、そして5本ずつの指を離さない、と決めること。そしたらどんどん集中は増すし、祈りは深まる。おそろしいほど。

夏の行方

4月から始めた「オンライン個別補習塾じゃがばたオンライン」もそれなりに順調なんだけど、8月をオンライン塾だけで埋めるのも、なかなか大変だよな、ということで、集団塾の講師のアルバイトを掛け持ちしようかなと考え。というのは以前にも書きましたよね。んで、Rセミナーの津田沼校は書類選考で落ち、先日、面接に伺った北習志野のHセミナーも昨日、今回は…というお電話をいただき。どうしようかな、と思案中。たとえばこれから営業を頑張って、生徒を10人集めたら、ひとり2万円として、20万円。まあなんとか生きていけるかも、という感じなのですけど、あ、それと、いまは完全にストップしてる中高生のスポーツ撮影、バスケとかバレーとかサッカーとか、夏の全国大会は中止で、地方大会も中止、って感じなのかもしれないけど、それぞれの地方で独自に開催する動きも見えてきてるので、意外に埋まるのかもな、という気もしてる。幼稚園とかの夏祭りの撮影もポチポチ入る気もするし。

そう考えると、無理に集団塾のバイトに応募して心が折れる経験を重ねなくてもいいんじゃね?という気もしないでもないけど、でもオンラインも楽しいんだけど、リアルな場での生徒さんたちとのやり取りも、やっぱり楽しいわけで。

さっき、fbで、むかし金八先生で加藤優役をやってた俳優の直江喜一の最近の記事をシェアしたけど、僕は金八先生の主題歌、シリーズ1の「贈る言葉」よりもシリーズ2の「人として」のほうがずっと好きで。というのも、シリーズ1は僕が小6のとき。ませてる同級生の女の子たちが見て、きゃーきゃー言ってたのを覚えてるけど、僕はリアルタイムではほとんど見てない。再放送では見たけど。で、シリーズ2は僕が中1のとき。こっちは最初から最後まで全部見た。同世代だから、毎回ものすごくビビッドに感じながら。いまの子たちにどう映るかわかんないけど、日本のテレビドラマ史上に残る「卒業式前の暴力」とか、本当に衝撃的というか感動的で。台詞とかほとんど覚えてるよ。加藤と松浦が護送車に乗せられて、加藤のお母さんがずっと追いかけてきて、最後は泣き崩れる姿とか。思い出すだけで号泣できる。なんつーか、世の中の恵まれた人たち(とくに男たち)は、ああいう貧しくて健気な(という言葉も差別的かもしれないけど)母親を守らないで誰を守るんだ、と心の底から思うわけで。

何を書こうとしたか、よく覚えてないけど、あ、そうそう、「オンライン個別補習塾じゃがばたオンライン」のページ、ずっとほとんど更新してないから、そろそろ全面的に更新しようかと思うわけで。いちばんのポイントは、一覧性をよくすること。たしか1か月くらい前の月曜日、やるぞ!と決意した直後にガンガン祈って、それで半日かけて、一気に書き上げた。内容自体はとくに問題ないと思うんだけど、見た目的に文字が多すぎるし、お客さん(生徒さんとその親、とくにお母さん)がほしい情報がパッと目に入ってこない、というのが大きな課題かなと。じっくり上から下まで全部を読んでくださる方にはバッチグーなのかもしれないけど、そういう方はなかなかいらっしゃらないと思われ。

んで、もうちょっとビジュアル重視にして、項目を四角くコンパクトにまとめて、見たい項目をクリックするとポップアップ?するみたいな感じにするとかね。最近よくありますよね。クリックするとダラダラダラと本文全体が開く、みたいなの。ああいうイメージ。

あとはいくつか関連する項目ごとにまとめるとか、あんまり重要じゃない情報は後ろのほうに小さくするとか、やらなきゃいけないことはいっぱいある。

あとは、声を大にして強調したいのは「安かろう悪かろうじゃないよ」ということかな。従来の個別指導塾は90分の授業でだいたい2500円から3000円の授業料が設定されてるわけで。もっと安いところもあるだろうけど、僕がずっと行ってた個別指導塾はそんな感じで。で、これって僕に言わせると、ぶっちゃけ、めちゃめちゃ高いと思うんですよね。

でもまあ、仕方ないとも思うわけで。だって、教室の場所の賃貸料とか、社員の方の給料とか、あとコピー機のレンタル代、独自の教材の開発費、本部に勤務する社員の給料も捻出しなきゃいけない。あと細かいところでいうと冷暖房費とか電話&FAX、ネット代とか。上げればキリがない。

でもオンラインだと、そういうのは、かなり圧縮できるわけで。「人が人に教える」ということに集中できる。注力できる。専念できる。傾注できる。これってかなり重要なことのように思うんですよね。

ただもちろん、オンラインならではの大変さもある。ウェブカメラでお互いの顔が見えると言っても、なかなか自由が効かず、リアル塾みたいに生徒の回答を目で見て確認するのも一苦労。いまは本人の自己申告を信じつつ、グラフとかはスマホやタブレットで写メを撮ってもらってLINEで送ってもらう、というふうにしてるけど。メールだと手順が煩雑だし、遅延が読めない。

あとは、教務的な話になるけど、教材を基本的には生徒さん側で用意していただくことになるので、なかなかこちらの意向が反映されづらい、すべての範囲を網羅的に進めるのが難しい、というのがありますね。リアル塾でバイト講師をやってたときはあまりにも当たり前のことだったけど、オンラインだと、なかなか難しいわけで。

いまの愛車、丸6年

いまの愛車を購入してから、今日で6年。すでに3回の車検(偶数年の12月)を経て、9万キロ以上、一緒に過ごしてる。そしていま市川のディーラーにエンジン回りのオイル漏れの修理で預けてる。あと2年は乗りたいなあ。2年でお金を貯めて次のクルマを現金で買うんだい! じつは次のクルマはもう決めてる。2年後には総額で70~80万円で買えるはず。

まあ、いま乗ってるプジョー308のマイナーバージョンアップ後のやつでもいいんだけど。2014年くらいまで売られてた…。いまの現行の前のヤツですね。デザインはいま乗ってる初代がいちばん素敵だと思うんだけど工業製品って経年劣化が避けられないから、仕方ないよね。乗るクルマ乗るクルマ、このクルマと死ぬまで一緒にいたい、と思うけどな。しばらく、BMWに乗りたいと思ってたけど、なんかもう熱は冷めた。金額的に現実的ではないというのがいちばん大きな理由で。10年落ちとかで200万とかするんだよ。ちょっと難しいですよね。よっぽど仕事で大ブレイクしない限りは。あ、もちろん稀少なMT車を狙ってるから、というのもあるかも。オートマだったら数が多いから、もっとずっと安いヤツもあるはず。BMWも例に漏れずMT車は一部のマニアのためのモノっていう扱いだからね。少なくとも日本では。プジョー308の現行もMT車は左ハンドルだけなんだよ。ちょっとありえないですよね。それだけ売る気がないというか、売れないと思ってるんだろうな。実際そうだし。

けど、そんなにMT車ってダメかね。僕は別に自分を変わり者だとはまったく思わないんだけど、MTじゃないとクルマの運転をしてて、まったく楽しいと思わないし、楽しいと思わなくてもよくね?という反論に対しては、オートマだと退屈で仕方がない。退屈すぎて集中力が切れてしまい、事故を起こしそうになる。

なんか、そのうち書こうと思ってたこととかぶってきたので、ここで書くけど、おカネもそうだなあって思った。僕はご存じの通り、ずっと稼ぎが悪くて、つねにかつかつ、アップアップの状態をずっと続けてきた。本当にいつもカネがなくて、津田沼駅前の質屋さんの常連で、撮影で必要になったら、そのつどレンズを質から出す、みたいなことをずっと続けてきて。

で、いまはすこしだけ余裕があって、預けてたレンズも質屋さんから出せたし、クルマのオイル漏れの修理も依頼できたし、デスクトップPCも7年ぶりに更新できたんだけど、なんかおカネにそれなりに余裕があると、つまんないね。笑

なんかモノを考えなくなる。おカネがなくてカツカツのときって、どうやって今月を過ごすか、とか、必死じゃないですか。生きるために。この年末年始も、ガテン系のバイトをするにしても、いったい何をやったらいいか。コストコの店頭販売はやめとこう。じゃあ宅配寿司のデリバリーでもやるか、と、いろいろアタマを使う。

おカネだけじゃないけど、そういうカツカツの状態が好きなんですよね。この男は。家族とかがいたら、たまらないだろうけど。ある種の飢餓状態に陥らないと生存本能のスイッチが入らないみたいな。おそらくは、あえて自分をそういう状況に追い込んでるんだろうなあと自分を冷静に分析すると、そう判断できるわけで。

僕の慣れ親しんでる仏法の解説だと、今世で仏法の流布に戦いきって成仏すると、永遠に何不自由ない生活を送れる、って説かれるんだけど、僕たぶんこれって嘘じゃないかと思うんだよね。いや、嘘ではない。本人が希望すれば漏れなくそういう境涯が得られる。だけど、多くの成仏した人たちは、そういう境涯が得られるのを知っていながら、あえてそれを捨て去る気がするのよ。

だってつまんないじゃん。蜘蛛の糸のお釈迦様みたいに、気まぐれに地獄に蜘蛛の糸をつーっと落としてみて、地獄から這い上がってくる罪深い男がどうせ本性を晒してまた地獄に突き落とされることとか、わかりきって楽しんでるわけじゃん。つまんないよね。そんなの。だったら地獄か天国かわからない娑婆世界でもがき苦しみながら短い人生を送ったほうが、数億倍よくね?

俺はそう思うけどね。いや、たまにはゴージャスな人生も悪くないと思うけどな。でもたまにだな。毎日超高級和牛ステーキと最高級フランスワインばっかりだと、飽きるだろ。

ベースはイオンPBの58円のカップラーメンとかで、たまに日清食品謹製の本物カップヌードルを食うから美味いわけで。

なんのこっちゃ。

—————————————
以下はちょうど6年前、2014年5月25日のfb投稿。

昨日は朝8時に起きて、9時前には飯山満?の友人の自動車屋さんに行ってた。そして友人に送ってもらって、東船橋へ。東船橋で品川から名古屋までの新幹線のチケットを購入。なのにいつもの感じで東京駅で降りてしまった。新幹線の自動改札を2度通るも、使えません、て言われて。すごいショック。

慌てて山手線に飛び乗って品川まで。なんておれはアホなのだろう。いま考えれば東京駅で差額を払って乗ってもよかったね。(笑) なんとか無事に品川でのぞみに乗れて、1.5時間まったり。ビールは飲めないしなあ。あと、寝ないように気をつけて。まあ、博多行きじゃなくて新大阪行きだから、もし寝過ごしちゃっても傷は浅い。(笑)

名古屋にはあっという間に着いて。地下鉄の東山線に乗るんだけど、駅が広い広い。なんか客層っていうのかな、集まってる人を見ると、東京駅と新宿駅を合わせた感じ? 遠くへ向かうターミナルと、繁華街のど真ん中と、その両方の。ただ駅の雰囲気は池袋に似てるかも。そう思った。

駅の反対側まで歩き、地下街に入り、東山線の改札をくぐる。スイカ、使えてよかった。9つめ?の岩塚って駅で降りて。目の前をセーラー服のおねえさんが歩いてる。白い線が1本だと、かなり印象違うのね。コンビニでお金を下ろして、自動車屋さんへ。

事務所に入って、声をかけたら、担当してくれてた社長さんで。遠くからよくいらっしゃいました、と。すぐに頭金を払って、帰りの道を教えてもらって。車に連れていってもらって、乗って、お店を出た。滞在時間15分。そんなにかかんなかったかも。

名古屋の高速をへて、東名に入り。じつは東名を名古屋~東京まで走るのは生まれて初めて。富士山のあたりまでは通ったことあるけど。で、できたら新しい新東名を、って思ってたんだけど、分岐の直前に、もうすぐ浜名湖SA、絶景!!!って横断幕があり。かなり迷った。けどハンドルを左へ。

買った車は最初はもちろん慣れなかったんだけど、けっこうあっという間に慣れた。メーカー同じというのもあるし。それよりかクルマの何年間かの進歩ってすげーなと心のそこから思った。MT車なんだけど、ギアチェンジがいよーに軽くスムーズで、これってAT車のマニュアルもどきなんじゃ、と思うほど。

新東名に入って、いくつめかのPAで休憩。いやー、新東名、PAもすごい。遠州森川、だっけ、全体的に木を使った落ち着いたデザインで、トイレもなんとウォシュレットつき。これだけでまた来たくなる。(笑)駐車場もこじんまりしてるけど、幅も広くて止めやすい。なんか感動。

で、そこからずーっと休憩なしで、ホントは海老名あたりで休んでもよかったんだけど、それほど疲れてなかったので、一気に帰ってきた。そう、不思議なんだけど、急いでたのもあるけど、ふだんあたしが高速を走るときは、いちばん外側の車線をとろとろ80km/h前後で走るのが常なんだけど、

なぜか昨日は、急いでたのもあって、追い越し車線をずっと走ってたかな。ずっとじゃないか。でも半分強はそうだったかも。急いでたのもあるけど、なんか運転しやすくて、スピード出してもあんまり怖いと思わなかった。不思議だね。車のパワーに余裕があるってことなのかな。高速安定性も。

考えてみたら、いままで乗ってたクルマも横浜の都筑区のクルマ屋さんで買った車で、やっぱり同じように東名に乗って帰ってきた。いまだから書けるけど、あれは悲惨だった。MT車に乗るのが久しぶりで、ぶっちゃけ半クラッチも忘れてたくらい。よく生きて帰ってきた。もうあんな無謀はしません。

箱崎の分岐で京葉道路に向かう真ん中の2車線に入れず、やむなく湾岸方面へ。新しい谷津船橋ICで降りてみた。おお、便利便利。すぐに津田沼の南側に出れるし。そこからいつもの道を通って、いつもの東習志野イオンに寄って、いつものイオン弁当を買って、帰りましたとさ。

自宅の裏の駐車場では、うちのネコがいつもの様子で迎えてくれました。なんかクルマをじっと見てた。あれ、なんか変わった?って思ったのかな。同じネコ科だから、気になるのかな。(笑)

Adobe CS3をめぐって

あしたも9時からオンライン塾なのに、なんでこんな時間に書いてるんだろ、という話はおいといて。笑

昨日届いた新しいデスクトップPCのセットアップ、昨日のうちにほとんど終わらせることができたんだけど、まあ急を要する話ではないんだけど、ちょっと気になってたソフトがあって。それがAdobe CS3。Creative Suite 3。これって、あたしが三番町の出版社でデジカメ雑誌の編集をやってたときに自腹で買ったソフトで。当時は、っていまもそうかもしれないけど、DTPの作業は基本Macでやることになってて。けどその作業用のMacは2人に1台くらいしか支給されてなくて。締切前になると、そのMacを取り合いになるわけだ。

ご存じの通り、あたしは協調性のカケラもない男で、誰かと何かを譲り合いながらやる、ということが大の苦手で。で、よく覚えてないんだけど、その頃はもうとっくに社員を辞めて、常駐のフリー編集者としてそのデジカメ雑誌の編集部にいたわけで。Windowsパソコンは社員時代に使ってたヤツを、そのまま使わせてもらってたんだよね。当時としてはけっこう性能のいいヤツ。

で、自分の使いたいときにDTP用のMacが使えないことに業を煮やしたオグラさんは決意したわけさ。買おうと。で、編集長とかデザイン事務所の方とか印刷所の方と相談して、なんとかWindowsでもいけるんじゃね、ということで、Windows用のAdobe CS2を買ったのかな。で、そのあとすぐにCS3が出て、すごく安く買えた気がする。あるいはCS3に無料アップデートつきでCS2を買ったのかも。よく覚えてないけど。

で、そのCS3のInDesignでムックを作りまくったわけさ。われわれのやってたDTPの作業って、文字数を大幅に減らしたり、校正さんから返ってきた赤字を修正したり、あとから写真を貼ったり、けっこうやることが多くて。とてもじゃないけどせっかちなあたしからすると、共用Macでシコシコなんてとても無理。

いやホント、僕の青春を共にしてくれた相棒、という感じかな。CS3。笠松のじいさまがずっと大事にしてきた馬を売った翌日、酔っ払って橋から川に落ちて死んだのを思い出すけど。たぶんほとんどの人は何を言ってるのかわからないと思うけど。

で、まあ、前のデスクトップPC、DELLのInspiron660くんにも入れて、たまに使ってたわけですよ。おもにPhotoshopかなぁ。win10は非対応OSということになってるので、Photoshopも微妙に使えない機能があったりするんだけど、まああたしが使う切り抜きとかトーンカーブとか、ちょっとしたモザイクとか、そのくらいのことはふつうにできてた。使い慣れてるというのもあるしね。InDesignとかIllustratorとかはほとんど使わないけどね。当たり前か。笑

いやー、今日もけっこう藻掻いたんだけどね。ネットでいろんな情報を仕入れながら。インストールまではなんとかうまくいくんだけど、起動して、立ち上がるんだけど、そのあとうんともすんとも言わない。最終的には、こりゃああかんわ、と断念した。まあ、まだまだ現役で使える旧デスクトップPCには入ってるので、どうしても必要になったらそっちを使えばいいんだけど。

悲しいねえ、って話。

そういえば、Microsoft Officeもずっと昔に買ったヤツをそのままずっと使ってて。けど、ちょいと調べてみたら、とっくにサポート期間は終わってて、サポート期間が終わったソフトをずっと使ってると、危険だ、というホームページを目にしてまあそういわれてみればそうかもなあ、という気持ちになり。たとえば、メール添付とかで送られてきたExcelファイルを開いたらウイルスつきで、自分のPC内のファイルが世界中にバラまかれちゃうとか? まあちょっと考えづらいけど、絶対にないとは言えないもんな。ということで、Officeのほうも、どうにかしなきゃと考え中。

あと、前からの懸案のニコンD5も、さっきtwitterには書いた気がするけど、けっこう状態のいい中古が266,000円とかでヤフオクで落札されてて。買えばよかったと思った。笑

けど、まだD6が発売されるまで10日もあるのに、これだけ下がってるということは、発売日の6/5を過ぎたら20万円台前半も夢じゃないですよね! 奥さん!!!

なんとかいま使ってるD4sをマップカメラに11万円で売り飛ばして、はやくD5がほしいなあ。そうしてガジュマルの下であの娘を撮るの。もちろんBGMは…

明日も9時からオンライン塾なので、そろそろ寝ます。

ほとんど内容がないですね。すみません。

内容が、ないよー

移行完了。

ようやくデスクトップPCの環境を新しいPCに移行完了。

たいしたことはしていない。firefoxをダウンロードし、秀丸をインストールして、Beckyのフォルダをコピー、一太郎とATOKを使えるようにして(とくにATOKの登録単語)、Office 2007を入れて。

そのくらいかな。あ、あとACDSee18をインストール。

なんか意外にあっさりしてるのね。笑

備忘録がわりに。あと、このあとヒマがあるときに入れるのは、Adobe CS3、Zoom、kindle、winshot、filezilla、某写真屋のアップローダー、Capture NX-D、View NX-i、LINE、XnView、Softperfect Network Scanner、カラオケ@DAM、brotherのネットワークプリンタ2つ、Canon iP2700、iTunes、Instagram、Winamp、EaseUS Recover Wizard、EaseUS Todo Backup Free 11.5。CyberLink PowerDirector18。

このくらい。意外にあっさりしてる。

今日は午前中だか昼過ぎだか、聞いたことのない女子プロレスラーの方が亡くなったというニュースが舞い込み。22歳。あ、これはご自分で命を絶ったに違いない、と思って調べてみたら、案の定。

なんかさ、有名人にとってのSNSってほぼ地獄だよね。いまや。

だって、無名の一般人からしたら、いい憂さ晴らしじゃん。なんかうまいことやってるヤツらをテキトーにバッシングするのって。これってつねに自分にも反省を強いてるわけだけど。自分はそいつらと同じようなことはしてないよな、って。

けど、そうやって、ある特定の芸能人とかを継続的にネチネチ匿名の安全地帯からいたぶってる連中って、いったい何が楽しいんだろう、というか、わかってる。自分たちの思い通りにいかない鬱憤を、誰でもいい、目についた気に入らないヤツに対してガンガンぶつけてるだけなのだ。きっかけなんて、なんでもいい。

今日は、昼過ぎからオンライン塾を2時間、そのあと市川に引っ越したプジョーのディーラーまで愛車を駆って向かった。疲れてたので何も考えずにGoogle Mapsに頼ったら、二宮神社からバス通りを行き、済生会病院の前から直進してマラソン通りに出て、習志野警察の手前を左に折れて京成線を越えて14号に出て、幕張ICから京葉道路に乗り、市川ICで降りて。というコースを指示し。そのとおりに行ったよ。目的は、けっこう前から指摘されてるエンジン回りのオイル漏れの修理。これがメイン。もう15万kmを越えてるのでタイミングチェーンの再度の交換も一緒に。そのふたつでなんと24万! もう泣きそう。

代車はホンダのフィット。もちろんオートマ。知り合いが乗ってるけど、自分で運転するのは初めて。熊本でトヨタのヴィッツをレンタカーで借りたときも思ったけど、これでいいじゃん。これで十分だよ。これ以上、何を望むことがある。と心の底から思うわけで。

赤信号で止まったときにダッシュボードから車検証を出して、みたら、登録初年度は平成11年。つまり2009年。あたしの愛車と同い年。そしてカーナビもEclipseの同じヤツ。ディーラーに行ったのが16時だったからフィットに乗って帰路についたのは16時半前だと思うんだけど、J-WAVEを聴いてたら、なんか違う。あれ、今日は土曜日だからフルーツマーケットの時間じゃね? ヨコヤマエリカさんの。なんか男女がふたりで話してる。微妙に噛み合わない感じで。で、そっこーググってみたら、フルーツマーケット、終わっちゃったみたいね。まあ、仕方ないよな。ずいぶん長くやってた気がするけど、とくにトークもおもしろいわけでもなく。モデルさんらしいけどね。とってもキレイな。けどそれとラジオで番組を持つことは、まったく別の話だもんな。番組のスタッフやJ-WAVEのおエラいさんたちはご満悦かもしらんけど。われわれ下々のリスナーには、何の関係もないことで。

けっこうtwitterとかでもフルーツマーケットつまんないって何度もdisってたけど終わったら終わったで寂しい。というか、新しい番組がとっても充実していればいいけど、そんな感じでもないし。笑

いま僕がやってることは、慣らし運転というか、試し書き。さっきはコントロールパネルからキーボードの項目を開いて、キーボードが反応してカーソルが動き出すまでの時間を最少に変更した。このあとATOKのプロパティを開いて英数字は半角、しかも変換途中も、というヤツを選ぶ。

なんの話だっけ。よく覚えてへん。

そういえば、さっきtwitterで、アベ内閣の支持率が27%まで下落したって盛り上がってたね。毎日新聞の調査だったかな。政権の支持率調査って各社とも独自のバイアスをかけてると思うんだけど、それにしても27%は衝撃だよねえ。っていうか27%もまだバカがいるのか、この日本、って感じだけど。

そうだ。今日つぶやいたあたしのつぶやきで、気に入ってるヤツを紹介するね。ちょっと待っててね。

疑問を持つことそして誰かと議論すること。それって民主主義の根幹、基本の基本だと思うけど仕切ってる人?が面倒くさくなるとそこを端折る方向に向かうよね。難しいことはわかんないけど議員さんに任せておけば大丈夫という行き方そういう誘導の仕方ははっきりいって間違いだし危険とさえ言えると思う

決して特定の誰かを批判しているわけではない。
ただ、僕が思うに、正しい宗教というのは人間を強くし、自立させるためのモノだと思うが、もしもそれがどういうわけか反対の方向に向かう強制力となっているとしたら、どこかにバグか何かがあるわけで、全力でそれを取り除く努力をしなきゃならない。

どうでしょ。オレそんなに間違ったこと言ってない気がするんだけど。

もう23時半だから寝るね。あしたも4時起きで聖教新聞を60部近く配るので。1週間でいちばん神聖な1時間半。

ちなみに婚活はまったくうまくいってまへん。っていうか50過ぎの貯金ゼロのおっさんに需要とかあるわけないと思われ。これから自己PRの文面を直してみようかと思われ。笑

次の週末は飲み友だちの石川さんと京澤さんと、亀戸かどっかで飲みたいものですね。

おなかすいたー