2560×1440の60Hzが出せない

あたしのメインの仕事はスクールフォトの撮影で、自宅に帰ってきて画像整理をする。要するにいっぱい撮った写真を取捨選択するわけですね。その作業を、いままではEIZOの24型のモニターと、台湾BenQの27型のデュアルでやってたんだけど、メインの24型のサイズの小ささに若干の不満、あと解像度。たしか1920×1200だっけ。フルHDだけど、いまはカメラの画素数もアップしてるから、もうちょっとモニターの解像度も高いほうが写真をクリアに見れるんじゃないかなとずっと前から思ってて。んで一念発起して、このタイミングでEIZOのFlexScan EV2736W-ZBKをGet。もちろん中古よ。

EIZOの27型を導入し、いままでの24型をサブに。いままでサブで使ってたBenQ27型は退役。いちおう寝室の映画観賞用ってことにしたけど使わないだろうな笑 BenQの27型は、サイズは大きいけど解像度はEIZOの24型より少し低いんだよな、確か。あと写真を大量に見るにはやや画質が微妙で。それであとからEIZOの24型をGetしてBenQの27型はサブに回してたわけ。サブとしては何の問題もない働きぶりで。

で、今日の午前中に注文してたEIZO27型が届いたので、さっそくセットアップしてみた。あ、2560×1440の解像度に対応するビデオカードは数日前に購入して導入済み。玄人志向のGT710を載せてるやつ。4000円くらいのローエンドの。こっちは何の問題もなく従来の環境に馴染んでおり。

で今日、いままでメインだったEIZO24型をサブにして、左側にずらし、BenQ27型につないでたD-Subを接続。いままでメインだったEIZO24型につないでたDVI-DケーブルをEIZO27型に接続。ちょっと手こずったけど、まあセットアップはうまくいった。

ただ、少々の問題が。すごいどうでもいい話なのだが、メインとして導入した2736、2560×1440で60Hzまで対応してるはずなんだけど、設定すると文字が潰れて使いもんにならない。30Hzにするとふつうに写る。たぶん安物のGT710のビデオカードの実力不足なんだろうけど。なんかモヤモヤする~。

たぶん、もう少し高いビデオカードにしたら、きっとちゃんと2560×1440で60Hzいけるんだろうな。けどあたしはゲームをやるわけじゃないし、ビデオカードに5千円も1万円もかけたくないのよ。あー、わじわじするー。

いまAmazonとメルカリとヤフオクを見たけど、ひとつ上のGT1030のビデオカードは7、8000円する。30Hzを60Hzにするためだけに、そんなにカネ出せないよ〜。

えっと、いろんなサイトをみたんだけど、どこをみてもnvidiaのGT710のビデオカードで2560×1440の60Hzは「表示できる」って書いてある。んで、もういっぺん2736のマニュアルを読み返してみたら、2560×1440の60Hzを利用するにはDVI接続だと付属の(dual linkの)ケーブルを使えって書いてある。DVI-Dにもふたとおりあるらしく、シングルとデュアル。端子の数が違うみたいなのよね。高い解像度に対応してるのはdualなんだって。で、指示どおりに付属のDVIケーブルでつないだんだけど、やっぱり60Hzにすると文字がつぶれて使い物にならない。おっかしいなあ、と思ってケーブルをよーく見てみた。そしたらsingle linkって丁寧に書いてある! なーんだ、純正の付属ケーブルじゃなく、どっかにあった新品の(singleの)ケーブルを同梱させてただけじゃん。そりゃ60Hzに堪えられるわけないよ~。というわけで、EIZO純正のdual linkケーブルは1万円近くするのでAmazonブランドのヤツを1000円で買った。笑 たぶんちゃんと60Hzで表示できると思う。

むかしパソコン雑誌の編集部で仕事をしてたので、こういうテクニカルな?文章ってたまに書きたくなるんだよね。だれがどうだというわけではないけど。でも僕も今回、ぐぐって見知らぬ人のブログとかをたくさん参照させてもらったから、せめてもの恩返しという感じでもあるのかな、と思ってる。お互い様、というか。

明日も明後日も小学校の入学式の撮影が中止になってしまい、頼みの綱は土曜日の茨城の幼稚園の入園式だなあ。とかいいつつも、来週からはまったく撮影の予定は入ってないわけで、このままいったら餓死するよな。餓死というか、なんていうのかな、破産?

貯金なんて立派なものはないので、1か月も遊んで暮らせる余裕はnothingなのだ。

すみません、なんのオチもありませんが。いま18:15。もう少ししたらガッツリ祈って遅めのお昼ごはんを食べて、買い物にでも行こうかな。