画像整理など

昨日撮影した、幼稚園の卒園式の画像整理を進め、納品に向けて作業を続けている。画像整理はそれほど苦にせず終わらせることができた。問題は、その先。

フリーランスって必然的にいろんな会社と付き合うことになるわけで、会社ごとに微妙に異なるローカルルールが存在してて。お仕事をいただいている弱い立場のフリーカメラマンとしては、こっちの都合なんかおくびにも出さず、100%その会社の流儀に合わせるしかない。どんなに理不尽だと思っても。

僕のやってるスクールフォトの世界では9割方の会社で、納品はネットOKになってる。でもたまにDVDを焼いて送ってね、という会社(写真屋さん)もある。1割以上は、あるかな。まあ、向こうの言い分もよくわかる。ネットにアップした大量の画像を会社としては販売が終了するまで、どこかしらに保存しておかなきゃいけないわけで。まあ一往はHDDということになるんだろうけど、HDDというのは、どこで何が起きるか分からない。であるからこそ、DVDとかに保存してあれば、安心度が増すというわけで。

昨日の写真屋さんは、DVDを2セット納品せよ、という。それに加えて、納品した画像のサムネイルプリントも必要だと。こないだ中古で買ったbrotherのA3複合機は、なんか調子が悪い。Y(イエロー)のインクが切れた、ということみたいだけど、でソッコーAmazonで互換インクを購入したけど、インクを替えたらちゃんと動くといいけど。

だもんで、こないだまでメインで使ってたキヤノンの激安ローエンドA4プリンタを復役させて使ってる。なんとか文句も言わずにせっせとサムネイルプリントを吐き出してる。と思ったら、途中でなんか変な色になり。さてはどの色かのインクが切れたなと。互換インクだからインクが切れてもメッセージを発しないのよね。たまたま純正インクの予備があったので、交換してプリントを続行。

DVDを焼く合間にブログの更新でも、と思ったけど、作業はすべて終わってしまった。DVDを2枚×2、焼いて、サムネイルプリントを数十枚作って、クリックポストの手続きを行い、Yahoo!で支払ってラベルを印刷して、封筒を閉じて、おしまい。明日近所のポストに投函すればOK。うーん、最近脳味噌の梗塞が取れたかのように画像整理がさくさく進められるようになったなあ。なんでだろ?笑

明日は祭日なんだね。当然のように地域活動を優先するため、撮影の仕事は入れてない。3/22、23はどっちも卒業式、卒園式の撮影だけどね。金土撮って、あと来週の月曜日に撮影すれば、今年度の卒業式の撮影はおしまいだ。今年もよく頑張った。カメラもよく止まらずに頑張った。笑

4月は入学式の撮影があるけど、証書授与のシーンがないので、卒業式に比べたら気分的に10の3乗倍くらい気が楽。いや、ホントに。ギャラが同じなのが納得いかないよ。まあ、それはいいとして。

あいかわらずお金はないけど、仕事は充実してるので、よしとしましょう。2019年度も、みんなの素敵な笑顔を数限りなく撮るよ。人の幸せで自分の幸せを作るのが仏教徒の使命だからね。

やっぱ2台態勢かな

めずらしくブログを連続で更新。というのも、こないだの土曜日に柏の幼保園の卒園式で撮ったiPhoneの4k動画をWindowsに吸い出して見てみたんだけど、うーん、微妙かも。動画ならいいけど静止画として見ると、微妙すぎるかも。

ってことは、こないだ一緒になったカメラマンさんがいってたみたいに、プレートを三脚に据えて、その上にデジイチを2台置いて、代わりばんこにシャッターを切る、というのがいいのかもね。サブ機(あたしの場合はD810)のほうのレンズは24mmとか35mmとかの単焦点でいいのかも。ピントはそれなりに合わせておいて、f7.1とか少し絞って。一脚だから、2台ともレリーズケーブルってわけにはいかないよなあ。メインのD4sのほうはある程度しっかりホールドしながらシャッターボタンを押し、左のサブ機D810のほうはレリーズケーブルをつないでレリーズケーブルのボタンを押す、みたいな。あたしの気持ちとして、あの狭い、緊迫した舞台に三脚は立てたくないんだよなあ。少し離れた、後ろのほうだったらいいんじゃん?という考えもあると思うけど、何が起こるかわかんないから(介添えの先生が動いて子どもが隠れちゃうとか)、あんまり後ろのほうに離れるのは嫌なんだよ。やっぱ一脚かな。いきなり本番じゃなく、明日か明後日にでも、ちょっと試しにやってみよう。これだったら特殊な機材も要らないし、そのぶんラクだし、上がりは予想がつくし、いいことずくめだね。そうだなあ、サブ機と両方シャッターを切る必要があるから、メイン機のほうのズーミングまでは無理かもしれないね。足でシャッターが切れればいいのに。それか、2台のシャッターを同時に切れるような特殊なレリーズがあるといいかも。ストロボが2台同時に発光すると光量とかがちょっと心配になるけど。

すみません、完全にマニアックな話題ですね。でも、現場の人間にとっては、切実なんですよ。いや、ホントに。あの現場を経験するたびに、寿命が数か月縮まる気がするもん。いやー、きょうの現場もそうだったけど、授与のシーンはビデオonlyにしてほしいゎ。まぢで。

卒園式にて

今日は1年に一度くらい仕事がやってくる大阪の写真屋さんの撮影で、近隣市の幼稚園の卒園式。1週間前に電話で少し詳しめに打ち合わせをして。依頼書によると、卒園式の撮影のほかに、卒園アルバム用の個人写真を3人撮るようにと。

うーむ。卒園式だけでも大変なのに、同じ日に個人写真もか。うー。大型ストロボやバック紙やスタンド数本やレフ板や、ということでものすごい荷物になるんだよな。気分的にはどんより曇り空。笑

8時半に現地入り、という依頼だったのだが、ストロボのセットを組むのに時間がかかるので8時入りにしてもらった。6時半に起きて7時に家を出たら7時半前に着いた。笑

ちょうどビデオ屋さんが同じタイミングで到着してたので、一緒に入り。ごあいさつも。その後、担当の先生が一日の流れをとても丁寧に説明してくださり。ありがたい。

9時から個人写真を撮って、式の前のクラスの様子を撮って、入場のシーンを撮って。こないだからやってる、デジタル一眼レフの上にスマホ(iPhone)をつけて、ストロボはケーブルとプレートで左側につけて、修了証書授与のシーンにカメラが止まったら4K動画から切りだそう、というのを本日も実践。しようと思ったら、直前にiPhoneを操作して動画を録画開始しようと思ったら、固定器具のアームが邪魔して、顔認識が働かず! だもんで、片肺飛行というか、デジタル一眼レフD4sだけで授与のシーンを撮りましたよ。75人ぶん。右肩には28-300mmをつけたD810をさげ。うー、重い。光量の低下を恐れ、授与のシーンはストロボをモロ焚きで撮るのが常なのだが、3人くらいモロ焚きで撮ったら、なんかバックがものすごい落ちたので、こりゃいかん、と思ってソッコー、バウンスに切り換え。いつもの反射板をペロンと出して。それから残りの72人くらいはバウンスで。こっちのほうが全然自然でいいや。

証書授与のシーンが終わったら、もうあとは流すだけというか。卒園式をつつがなく終え、集合写真。3クラスの園児と先生方だけ。親は入らないのね。うまいこと教室に移動してもらってるので、静粛な状況で撮影に臨めて有り難い。

集合写真も先生方、慣れているようで、というか、すこし前に予行演習?をしてくれて、その画像も手にして。卒園児のひとりひとりの場所まで決まってる。すごい。1列目が園児の椅子に座り、2列目が床に立ち、3列目が園児の椅子に立ち、4列目が舞台の上に立つ。5列目が先生方で、4列目の園児の後ろに立つ。か、完璧やぁ~。卒園アルバムに見開きで大きく使うということで、真ん中にイスひとつの隙間を空け。

そのあと、各クラスで保護者(お母さん方)と卒園児たちが最後のホームルーム。先生方も涙ながらに。そのあと広い園庭に先生方がお花のアーチを作って、保護者(お母さん方)と卒園児たちがくぐり抜けていく。お父さん方は、それをビデオで激写、みたいな。

いつまでも名残惜しそうに園庭で遊ぶ子どもたちを撮ったあと、先生方の集合写真を玄関ホールで撮影。で、ジ・エンド。

終わってみたら、ほぼ完璧に撮影を終えることができたかな。第1の反省としては、授与のシーンのiPhone、少し早めに、余裕のあるうちに、動画記録を開始しておくべきだなと。動画記録を開始してから、デジタル一眼レフの上に固定してもいいかも。まあ、iPhoneがちゃんと動画を撮れてるという前提での話なんだけど、サブ機のD810を右肩にかけてる必要は果たしてあるのか、という形而上学的な問いが発生し。もし万が一、メインのD4sが止まったら、どうする!?ということ。そのままiPhoneの動画記録(だけ)を続けるか、それとも持ち替えてD810で撮影を再開、継続するか。なんかむかしのギリシャの哲学者たちも、この問題には頭を悩ませたらしいよ。そんなつぶやきが、アテネの競技場の壁に残されているとか。

まあそんなことはどうでもいいのだが。

なんだかんだで1時前になり。そのあとなぜか勝田台のケーキ屋に向かい、ヨークマートの駐車場にクルマを止めて、柄にもなくケーキを3つ購入。そのあとイオン東習志野で野菜とかチキンカツ弁当とかを買って、帰宅して食う。ケーキは冷蔵庫に冷やしつつ。ケーキは夕方に食った。すげー美味かった。

最高の一日、泣きそう。

結論から先に言うと、今日は史上最高の一日になったかも。
もっというと、明日はたぶんもっと最高の一日に、なる。
明後日は…w
もういいか。笑
なにがいいたいかというと、人間は、使命が見つかると、使命を見つけると、強い。世界最強になる。
母が強いのは、子どもを育てるのが、母の史上最高の使命になるからだ。なるほど、よくわかる。

昨日だか一昨日だか書いたのは、僕は子どもたちの笑顔を守るために生きたい、と。そしたらどっかのだれかも同じことを言っていて。だれだっけなあ。夜回り先生かな。違うかな。

えと、昨日の撮影の画像整理を始めてしまい、というのも1万枚もあるので、死ぬ~と思い、ヨナカ中やっても終わらないかな、と急に恐怖に駆られ。
というのはjokeなのだが、ちょっと見てみようかなと思って、見てみた。

最初は、サッカー合宿に参加する子どもたちがバスを降りるシーン。まあ、バスを降りるシーンなので、バックにバスが写ってるといいかなと思い。しかも、バスは2台で、同時に子どもたちがバスを降り始めると、バスの昇降口?で撮ってると大幅に撮り逃すわけで。笑

だもんで、2台のバスから降りた子どもたちがグラウンドに向かって歩く(であろう)場所、しかもバスがバックにしっかり写るポジションに位置し、しかもバスがバックに、なるべく面積を占めるようにしゃがんで、ローアングルから。

このまま書いてると、夜が更けて朝が明けて、って3回くらい繰り返しそうなので、寝ます、とりあえず。笑

死ぬほど疲れた。涙

少年サッカーの合宿の撮影から、さっき帰ってきた。午前11時に成田市内のグラウンドに集合して、お昼ごはんとランクアップテスト、練習試合を2時間くらい撮ったあと、小見川の少年自然の家に移動して、お部屋の様子、夕食、夜のレクレーション、そしてお部屋ごとの集合写真を撮り、夜の9時前に終了。

死ぬほど疲れた。
あたしが体力ないだけかもしれないけど、なかなかしんどい。後半の夕食のシーンとか、撮影を拒否されるとけっこうヘコむ。笑顔で上手くかわす余裕もなくなってるからね。部屋ごとの集合写真もマストではないのかもしれないけど、依頼されて一部屋撮ったら、ほかの部屋を撮らないわけにはいかない。それに写真の売り上げを考えたら、撮らないという選択肢はないかな。これも撮るのにめちゃめちゃ難儀したけど、引率の方々に協力をお願いすると、うんとスムースに進むのね。これからは、そうしよう。

200-400を売ってしまったので、練習試合のシーンは70-200に2倍テレコンで撮影。いやー、全然快適だわ。200-400がどれだけオーバースペックだったかというのが身に染みる。いや、スポーツの撮影がいっぱいあってお金の余ってる人はなんぼでも買えばいいと思いますけどね。あたしはいいや。分相応だと思う。

けど、こんなことをいったらアレだけど、午前中か午後イチに終わるのがほとんどの幼稚園の撮影と、そこまでギャラも違わないのに、仕事量は、軽く倍以上は違うよね。今日も張り切って撮影に臨んだら10,000枚近く撮ってしまったよ。マラソンと違って画像整理があるというね。もう泣きそう。時給換算したら、って考えたくもない。まあ、いいや。明日も地元で激闘なので寝ます。

これが売ってしまったニコンの200-400mm。正式名称は、AF-S NIKKOR 200-400mm f/4G ED VR II。いつか超大金持ちになったら、新品でGetしてやる~w

画像整理が嫌じゃないw

最近、画像整理が嫌じゃなくなってきた。あれほど苦手だった、画像整理が。

最近、自分の写真が好きになってきた。

売れ行きにも響いている、と思う。

「最近、写真いいですね」

「子どもたちに、教わったんです」

自分で撮る写真が、好きになってきた。

自分が撮る写真が、好きになってきた。

Lexar XQD 64死す…

きょう、気持ちよく撮影に行ってきたデータを吸い出そうと、Lexar XQD 64GBをカメラD4sから引き出し、ソニー製のカードリーダーに差し込んでルートディレクトリたるDCIMフォルダをデスクトップPCのデスクトップにコピーしようとしたら、エラー。

ん?と思い、フォルダを開いて最初のフォルダをデスクトップにコピーしたら、ちゃんとコピーでき。2つめのフォルダをコピーしたら、一瞬でコピーが終わり。開いたら、空っぽ。3つめのフォルダを開いたら、文字化けの嵐。

うー、ひさしぶりに登場。うー。

けど、2か月くらい前の合唱祭の画像が消えたときに購入した、超強力なリカバリソフトを使って、なんとか復活できそう。

というか、最近は↑の出来事以来、おそろしくてデュアルなスロットをフルスロットルwで活用してる。きょうも、予備たるCFがちゃんといい仕事をしてて。なんの問題もなく、3000枚弱の画像を高速でパソコンに移動できた。

ううっ。デジタルの場合、これがあるから怖いよね。とはいっても、いまさら銀塩には、戻れない。36枚撮りのフィルム100本使って今日の撮影を行える? ありえない。。

なので、最大限に気をつけつつ、デジタルで撮影を続けるしかない。人類が脳の血液疾患の地雷を抱えつつ人生100年時代とか言ってるのに、似てるかな、なんか。

まあ、いいや。デジタルのエラーの場合、その原因が、記録メディアなのかカメラ本体なのか、あるいはパソコンまわりなのか。そのあたりが釈然とせず。相性なんて便利な言葉もあるし。とはいいつつも、LexarのXQDは、こないだ別の32GBのヤツがエラーを発してたし、ちょっと自分的にはアレかな。高速スピード(ダブり?w)を狙うあまり、ちょっとアレなのかもな。ということで、日々の撮影が滞らないように、ヤフオクでソニーの64GBをGetしました。中古美品。ポチった直後にAmazonを見てみたら、新品がほとんど同じ値段で売ってた。嗚呼。

まあいいや。そうだ、あの子たちを撮るために、ひさしぶりに単焦点を津田沼の土蔵から出してこようと思ってたんだけど、忘れた。35mmとか、50mmとか、85mmとか。

まあ、いいや。またそういう機会もあるでしょう。

あの子たちに会えるのは、今世では、明日が最後かもしれないけど、また会えるよ。何十年後か、何百年後か。この地球か、別の星かで。縁って、そういうもの。

買ったのは、これ。64GBの大容量で、12000円の激安特価で買えれば、みんな幸せですね!(棒

はあ。よく見たら、ソニーの32GBもAmazonで売ってたYO!ふつうに8000円で安いじゃん。涙

ソニーはいい会社ですよ、たぶん。

泣きながら確定申告

最後の写真屋さんから源泉徴収票が届いたのは、もう2週間も前のこと。まあ撮影の仕事が毎日のように入ってたというのもあって、確定申告の作業になかなか取りかかれずにいた。毎年e-Taxなんだけど、確定申告の作業を行ってデータを送ってからピッタリ3週間で還付金が振り込まれる。as is often the case with me, 金欠なので一日でも早く還付金がほしいんだけど、でも面倒くさい作業はやりたくない、という思いのほうがずっと強く。

前にもどっかに書いたけど、まあフリーだから当たり前だけど、僕としての売り上げが減ってる写真屋さんと増えてる写真屋さんが如実にハッキリ分かれており。去年の夏に青森とか岡山とかに出張に行かせてもらった写真屋さん、それと去年の1学期に長野と熊本に出張に行かせてもらった写真屋さん、あとはメインで幼稚園とかの撮影をいっぱいくださる写真屋さん、この3つはグンと伸びてて。マラソンを中心に撮影をいただく写真屋さんは、どんどん減ってる。なんかまあ仕方がないかなと。いろいろ思いはあるけど、ここには書けない。

昨日もどっかに書いたけど、捨てる神あれば拾う神あり。昔の人はいいことを言った。ホントにそうだと思う。もちろん自分の仕事に向かう姿勢はつねに謙虚に自省しつつ、そのうえで、来る者は拒まず、去る者は追わず。自分が気持ちよく仕事ができる写真屋さんをひたすら大事に、丁寧に仕事を重ねていきたいと思ってる。

高校を中心にした撮影をたまにくれる近所の写真屋さんから昨日電話があって3月中旬に証明写真の撮影のお仕事を連日いただけることに。とってもうれしい。あたしはご存じの通り、こういう雑な性格なので、きちんとした撮影を数限りなくこなす、というのが大の苦手。でも写真を撮るしか能がない男なので、頑張る。

きょう確定申告をやってて、去年ニコンにカメラやレンズの修理でいくら払ったか確認できたんだけど、D4sのオーバーホール、部品代と作業料で4.4万円とかだった。これならなんとかなるかな。いま使ってるD4sを下取りに出して、中古の状態のいいヤツをGetするためには7万円くらいあればいい。微妙な金額だよね。ちなみにD5の中古は最近40万円を下回るヤツが出てきたので23万円くらい追い銭が必要。まだすこし先かな。笑

これからがっつり1時間ほど祈って、昨日の水族園の画像整理の続きをやります。昨日の撮影も楽しかった。なんつーか、幼稚園の先生方に気に入られようとして、いい人を演じて、とかじゃなく、本当に撮影が楽しくて、撮影の機会をいただくことが本当に有り難くて、目の前にいる子どもたちが可愛くて仕方なくて、この子たちが幸せになるためだったら、自分ができることはなんでもしてあげよう、って心の底から思ってて。なんか最近、そう思えるようになって、幸せだなって思う。

そうだ。あんまり関係ないけど、昨日、3週間ぶりに村上の個別指導塾に行って、中2の英語の教科書でマザーテレサの話を読んでたんだけど、貧しい方々に尽くし抜いた彼女の戦いは本当にすばらしいと思う。ただ、彼女が仏法を知ってたら、より一層深い次元から貧困とか病気とかに立ち向かうことができたんじゃないかな、と思った。余計なことかもしれないけど。

桃源郷にて

きょうは、いちばんよく行く千葉・稲毛区の幼稚園の撮影で。明日のお別れ会のためにカレーのクッキング。クッキングの撮影にありがちなんだけど、クッキングのシーンはほんの30分で終わってしまうのだけど、それ以外は、何を撮れ、とか詳細がほとんど書いてない。笑 去年の撮影データが確認できるんだけど、自分が撮った写真だとすぐにわかる。笑

ここんとこ雨が続いてたから、きょうはすごくキモチイイ青空が広がってたから、みんな園庭に出て、思い思いに遊んでる。最近わかったんだけど、子どもにとっては遊ぶってことがイコール、世の中を学ぶことなんだね。となりの保育園のほうのアスレチックにも子どもたちはいっぱい行ってて、グルグル回りながら、いっぱい写真を撮った。

年長の先生に聞いたら、近所の公園まで歩いて行って、そこでみんなでお弁当を食べる、というので、ついて行かせてもらうことにした。歩いて5分の公園。マラソン大会も行われた。

ブルーシートの上に3クラスの子どもたちがぎっしり。卒園前なので、なるべくいろんな組み合わせで撮ってあげたいと思って、5人で撮ったり3人で撮ったり2人で撮ったり先生と一緒に撮ったりした。この子たちは年少の頃からもう何十回って撮ってるから、みんな僕のことを覚えてくれてて、素敵な笑顔を返してくれる。

みんなあっという間にお弁当を食べ終わり、公園の遊具に出撃。僕も追いかけ、D4s+AF-S 24-120mm F4G ED VRで激写。さっきはAF-S 28-300mm F3.5-5.6G ED VRで撮ってたけど、ちょっと重いんだよね。28-300mmをD4sにつけるんだったら、ストロボSB-910は勘弁したい、という。昨日の葛西臨海公園水族園もそうだったんだけど、ストロボを一時的にカメラから外して、ズボンのポケットに入れて撮影することがけっこうある。首から下げた外部バッテリーのコードの先は右ポケットに入れて。ふだんはiPhoneも左ポケットに入れてるけど、それも右ポケットに入れ替えて。

幼稚園の撮影とかだと、お顔に影が出ないようにバッチリ明るく写ってる写真が好まれるのでストロボはほぼ発光なんだけど、やっぱりストロボを発光させてると、それなりに気を遣う。カメラだけでバシバシ連写するのとは、やっぱり少し違う。最近自分のなかではなるべくストロボを使わずに、絞りを開けぎみにして自然光で撮るのがマイブームかな。もちろんストロボを使ったパッキリしたのと、両方あっていいと思うんだけど。まあ気分で使い分ける。

お昼ごはんのあと、年長のみんなが公園で遊んでるのを30分くらい撮ったかな。いくら撮っても飽きない。撮ってて本当に楽しい。子どもたちの笑顔ほど、撮ってて楽しいものはない。だから僕は子どもたちの笑顔を守るために一生を懸けようと思ってる。

弥生三月。公園には桃の花?が咲いてて、子どもたちが笑いながら駆け回ってる。もしかしたらここは桃源郷? おれこんなに幸せでいいんだろうか。そんなことを思いながら、公園をあとにした。すぐ横の市民農園には水の入ったペットボトルが積み重ねられてて、キラキラ光ってた。

ひさびさのマラソン撮影

今日は富津岬で開催された千葉県民マラソンの撮影に行ってきた。Google Mapsに聞いたら1時間かかるってことだったので、余裕を見て2時間半。集合が8時だから5時半に出ることにした。つまり5時起き。

今日はご存じの通り、東京マラソンも開催されており。別の写真屋さんの仕事を入れてしまった2013年を除き、2012年から、曲がりなりにもずっと撮影に入ってたので、都落ち?感は否めず。でもいいの。使命を全うすることが重要。

ホントは最初、湘南・三浦のマラソンに行けと言われていたのだが、あとから電話が来て、こっちでもいいですか、ってことで富津岬になったわけ。まあマラソンが重なって発注するほうもいろいろ混乱してたんだろう。三浦ってホントに半島の最先端だからすごく遠いし、下手したら前泊したほうがよくね?という感じなので、現場が千葉に変わってよかった。笑

それに、東京マラソンはフルマラソンだし、参加者も3万人強?とかだから、撮影してると死ぬ。しかも今日はあいにくの雨だったし。千葉県民マラソンはハーフだし、制限時間も2時間半とカッチリ決まってるので、12時には終わる。3月4月は地元の地域活動に命を懸けると決めているので、好都合。ちなみにフルマラソンの場合は、制限時間は6時間とか7時間。まあ撮影ポジションによってはずっと早く終わるけどね。

千葉県民マラソンの撮影は2年ぶり3回目。過去2回に続いて今回もフィニッシュ地点。このマラソンのフィニッシュ地点は体育館の横の直線道路なので、めちゃめちゃ撮りづらい。役員やビデオ記録の人たちが画面の前を行き来してるし。もう泣きそう。

レンズはもちろん今日のために仮出所してきた70-200/2.8。さっき画像を見たけど、やっぱいいわ。ふだん使ってる高倍率ズームとは切れ味が一味も二味も違う。AFも爆速だし。最初はD4sを1.2倍クロップで使ってたけど、やっぱりもうちょっと長いほうが、ということでいつもの1.5倍クロップにして。うん、いい感じ。

あ、そうそう、雨が降ってたので70-200にはレンズカバーをかけてたんだけど、傘をつけるL型のブラケットのネジがひとつ取れてて、傘がうまく固定できない! 最初は雨に濡れながら撮ってたんだけど、途中で首から下げるボールペンのヒモをブラケットに結わいて、傘を固定。なんとか雨を凌ぐことができた。

この調子で書いてると夜が明けるので(笑)、結論を急ぐ。参加者が4000人くらい?で、撮影枚数は11,000枚くらい。いい感じですね。撮影環境としては最悪だし、ランナーの方々は大変だったと思うけど、写真はすごくドラマチックでいい感じですよ。12月の八千代に続いて、まためちゃくちゃ売れると思う。3月はこの写真屋さんのお仕事があと2回、どちらも少年サッカーの合宿、入ってるけど、マラソンのお仕事もまたくるといいなあ。むかしは毎月のように入ってたんだけど、どうも来た案件をこっちの都合で断ると、だんだんお仕事が来なくなるようだ。まあそりゃそうか。会社としては自分の会社に利益をもたらす外部スタッフが大事だもんな。

まあ、そのあたり、うまくバランスを取りながらやりましょ。

あ、そうそう、例の政治ブログですが、ドメインを取って、サーバーを借りて、準備万端なのですが、GoogleのAdSenseを使えるように、コンテンツをいくつか作り込まないといけない。けっこう忙しいので、少し時間がかかるかな。

まあtwitterとかで盛り上がってるネタを拾ってきつつ、地元船橋や千葉県の政治ネタも取り上げて行けたらと思ってる。国会のやりとりが、あんなにおもしろいんだから、地元の議会に着目しない理由はないでしょ。まあ99%は退屈かもしれないけど、インパクトのあるシーンだけ取り上げればいいわけだし。

明日は雨天決行の遠足撮影。葛西臨海公園。7時半には千葉市の幼稚園に行かなきゃいけないから、5時半起きとか。けっこう泣きそう。ということで、早く寝ます。

あ、そうだ。卒業式シーズンを前に、愛機D4sをニコンにメンテに出そうと思ってたんだけど、またオーバーホールでウン万円の出費を余儀なくされそうなので、まずはローパス清掃に持っていって、1年前のメンテのときからどれだけシャッターを切ってるか、調べてもらおう。

と思ったけど、1年前のデータ、残ってるゎ。某写真屋さんは撮影データを数年間、保存しておきなさいというけっこう無茶な要求をカメラマンに強いており。というわけでほぼ1年前に撮影した画像を見て、シャッター回数を確認しよう。

……しました。今日撮ったマラソンの画像も。うー、最近、マラソンの撮影が少ないから、そんなにシャッターを切ってないと思ったんだけどなあ。笑 1年で50万回近く、シャッターを切ってるよ。うわ。われながら、うーむ。

ニコンに持っていったら、間違いなくオーバーホールを勧められるな、こりゃ。だってD4sのシャッター耐久、公称で40万回じゃなかったっけ。うーん、悩む。だって、たとえばオーバーホールに7~8万円かかるとしたら、同じ金額を出せば、程度のいい中古のD4sをGetできるんだもん。うーん、悩む。とりあえず、いけるところまでいこう。早めに確定申告しておくんだった。還付金が入っていれば、サクッと次のD4sをGetするんだけどなあ。

まあ、いいや。祈って考えよう。われながら、いいオチだ。笑