近ごろ思うこと。もしくは、政治に参加するということ。あるいは人として何を大事にして生きるか。

ここに文章を記すのは、40日ぶり。前回は弘前で東北の中学生の剣道を撮ってたときだ。

いきなり話が飛ぶけど、僕はいまの日本の間接民主主義は、時代遅れだと思っている。何年かにいっぺん国会や地方議会の選挙があって、議員が選出され、その議員の方々がもっぱら政治を司る、という……。

なんでそう思うかっていうと、根本的には、直接民主主義のほうが優れているわけですよ。むかしのギリシャのアテネとかの。まあ、当時は奴隷制を前提にしてたとか聞くけど。そこに参加できるのは、成人男子とか、金持ちとか、よく知らないけど、ものすごく制限された人たちなんだろうなあ、というのは想像がつくけど。それでも、一般市民が、ひとりの候補者の名前、あるいはひとつの政治団体(政党)の名称だけを白い紙に記すだけ、という現代の間接民主主義に比べたら、数億倍、あるいは数兆倍、すぐれた制度なのだろうなあと思わずにはいられない。

なにがいいたいかって、察しのいい方々なら、とっくにお気づきだと思うが、ぼくはいま、というか、ずっと前から、自分の支持政党の行き方に納得がいかない、我慢がならない、誰かに聞いても説得力のある答えが返ってこない。

これって大問題だと思うんだよね。そのくせ、次の●●選では、●●の応援する●●に投票しろ、それだけじゃなく、奴隷のように(つまり何も考えずに)すべての友人知人に●●に投票してくれるように依頼しろ、なんだったら、選挙のある●●県まで行け、もちろん自腹でな。

なんなの、これ? いったい。

アタマおかしくね?

僕の支持する政党が発足してから、はや半世紀。申し訳ないけど、とっくに制度疲労を起こしていると思う。

そのひとつの証左が、去年だったか、現役の参議院議員と、次の選挙に出るはずの候補者が、あいついで、女性問題(異性問題)で、失脚した。
台所でゴキブリを見たら、30匹はいると思え、っていうけど、ほぼ同時に二人も、こんなハレンチなやつが炙り出されたってことは、ほかにもいっぱいいるんじゃね?

これとかも、なんでもっと婦人の支持者が怒らないのかね、と思わないでもない。
あたしも現役だった参議院議員のピンクのポスターを貼って回ったさー。おんぼろ我が家の裏の壁にも貼ったし。笑

いまふと思ったけど、僕の支持政党のやってることって、秋元康が某女性アイドルグループとかにやってるのと、ほぼ一緒なんじゃないかな。
簡単に言うと、自分(たち)に都合のいい人間を前に出して、それを厚化粧して、最高だよ! 応援してね! ってやってるという。

まあ、アホな若者とかアホな女子中高生くらいまでなら騙せると思うけど、まっとうな批判精神を持った大人を騙すのは難しいと思われ。

それでも純朴な信仰者の方々は、それでも「信心で受けとめる」んだと思うけど。

政党でも、その有力な支持団体でも、その中枢でがっつり何かを決めてる人たちに限って、信仰心なんてカケラもなかったりするからね。

覚悟したほうがいいよ。その前に、警戒したほうがいい。

だいたい書きたいこと、書いたかな。

続きは後ほど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

スポンサーリンク