運動会の撮影とか、読書とか、メガネとか。

きょうはよく行く幼稚園の運動会の撮影でした。雨で心配だったけど、午前中の短縮バージョンで、なんとか実施できてよかったです。ふだんのギャラよりちょっと多い(この写真屋さんとしては、だいぶ多い)ギャラもいただけてマンモスらっぴー。笑

まだ確認できたわけじゃないけど、明日、予備日として押さえられてる千葉市の幼稚園でも運動会、たぶん今日やれたと思うので、そして明日は台風の襲来で会合その他もろもろがすべて吹っ飛んだので、あしたは一日ゆっくりカラダを休めるとしましょう。あ、沖縄知事選の大勝利でも祈るかな。笑

ちなみに昨日、写真屋さんから電話とメールがあって、明後日の月曜日も予備日の予備日ということで押さえられたので、こっちは平日のギャラの、だけど、半額を撮影なしでゲットできそうなので、ありがたい限り。こっちも今日、運動会がやれてれば、という前提だけど。まあ、月曜日はガテン系を入れてもいいかな。

そうそう、きょうは撮影から帰ってきたあとで、あんまり使わないレンズを3本ドナドナしに西新宿まで行こうと思ってたんだけど、つけててもつけてなくても査定にはほとんど関わらないフードを外してたら、手放すのが惜しくなって、もうちょっと頑張ってみることにした。ちなみに、3本ともニコンのAi-Sレンズ。50/1.4と35/2と24/2.4の3本。こいつらをドナドナして、津田沼の土蔵に幽閉されてるAF-S 50mm F1.8Gを戦線復帰させようかと。

こないだ某幼稚園の日常風景の撮影で、ひさしぶりに若手のエースKカメラマンといっしょになり。いつのまにか彼はキヤノンからソニーに華麗に転身を遂げており。α9を2台、広角ズームと単焦点2本、だったかな。

で、フタを開けてみたら、僕の撮った写真はぜんぜん売れてなくて、彼がソニーα+単焦点とかで撮った写真がバカ売れしてる。あまりのショックに数日間、寝込んだほど。うそだけど。でもそれくらいのショックを受けた。機材が大幅に小型軽量化してて、それだけでフットワークが軽くなるし、時間方向のベクトルで考えると、カメラマンの寿命が5年は延びると考えていいと思う。ファインダーを覗かせてもらったけど、なんつーか、光学ファインダーともう遜色ないレベルですね。言い方を選ばずにいうと、光学ファインダーよりも美しいかも。うわ、ここまで来てるのか、と愕然とした。ボディは35万とかで買えるんだって。すごい時代だ。

そんなこともあって、単焦点の50mmを戦線復帰させようかな、と思ったわけ。今月の下旬には望遠~超望遠を必要とする陸上系の撮影もいくつか入ってて、レンズをどうするか、胃を痛めてる。200-400/4か70-200/2.8のいずれか、というよりも、どっちも持っていく必要があるような気がして。

うー、馬車馬のように働かなくては。10月の空いてる日は漏れなくガテン系を入れるとして、でもやっぱり一日のギャラで考えると、ガテン系は働いてすぐにギャラが手に入るメリットはあるけど、一日のギャラで考えると、撮影系の仕事で埋めたほうが幸せになれるわけで。

なんかだらだら書いてますね。台風で明日の夜の読書系の会合も流れてしまったので、大河小説を読むモチベーションもすっかりしぼんでしまった。そんなことじゃいけないんだけどね。あ、メガネを作りに行こうかなあ。読書用およびパソコン作業用の、近めがハッキリ見えるヤツ。めがねのせいにしちゃダメだけど、この何年か、近くが見えづらいせいで、ぜんぜん本を読めてない。ものすごく読書したい欲がたまってるかも。ふだんネットとかで断片情報を大量に取り込んでるけど、本を一冊読むという満足感っていうのは、まったく違う行為だよね。人間として、とても深いところに位置する。

そうだね、西新宿まで行く代わりに、近所のメガネスーパーに行こう。光学系つながりということで。笑

だれかに、あ、そうだ、ゴルフ系の写真屋さんの面接に行ったときに、そこの代表の方にいわれた。文章、ものすごく速いスピードで書いているようでいながら、すごく読みやすいですね、って。ああ、わかるんだ、と思った。そう、たぶんしゃべるのとそう違わないスピードでキーボードを打ってる。むかしはムダにキーボードの品質とかも気にしてたけど、最近はDELLのついてたヤツで満足してる。マウスもそうだね。まあ、もちろんよくできてるんだけどさ。DELLのデスクトップも、そろそろ新調したいなあ。

おなかがすいたので、そろそろ閉じますね。
メガネを作ったあとで、マルエツでも行くか。
サバが食べたい。フランス人なので。

近ごろ思うこと。もしくは、政治に参加するということ。あるいは人として何を大事にして生きるか。

ここに文章を記すのは、40日ぶり。前回は弘前で東北の中学生の剣道を撮ってたときだ。

いきなり話が飛ぶけど、僕はいまの日本の間接民主主義は、時代遅れだと思っている。何年かにいっぺん国会や地方議会の選挙があって、議員が選出され、その議員の方々がもっぱら政治を司る、という……。

なんでそう思うかっていうと、根本的には、直接民主主義のほうが優れているわけですよ。むかしのギリシャのアテネとかの。まあ、当時は奴隷制を前提にしてたとか聞くけど。そこに参加できるのは、成人男子とか、金持ちとか、よく知らないけど、ものすごく制限された人たちなんだろうなあ、というのは想像がつくけど。それでも、一般市民が、ひとりの候補者の名前、あるいはひとつの政治団体(政党)の名称だけを白い紙に記すだけ、という現代の間接民主主義に比べたら、数億倍、あるいは数兆倍、すぐれた制度なのだろうなあと思わずにはいられない。

なにがいいたいかって、察しのいい方々なら、とっくにお気づきだと思うが、ぼくはいま、というか、ずっと前から、自分の支持政党の行き方に納得がいかない、我慢がならない、誰かに聞いても説得力のある答えが返ってこない。

これって大問題だと思うんだよね。そのくせ、次の●●選では、●●の応援する●●に投票しろ、それだけじゃなく、奴隷のように(つまり何も考えずに)すべての友人知人に●●に投票してくれるように依頼しろ、なんだったら、選挙のある●●県まで行け、もちろん自腹でな。

なんなの、これ? いったい。

アタマおかしくね?

僕の支持する政党が発足してから、はや半世紀。申し訳ないけど、とっくに制度疲労を起こしていると思う。

そのひとつの証左が、去年だったか、現役の参議院議員と、次の選挙に出るはずの候補者が、あいついで、女性問題(異性問題)で、失脚した。
台所でゴキブリを見たら、30匹はいると思え、っていうけど、ほぼ同時に二人も、こんなハレンチなやつが炙り出されたってことは、ほかにもいっぱいいるんじゃね?

これとかも、なんでもっと婦人の支持者が怒らないのかね、と思わないでもない。
あたしも現役だった参議院議員のピンクのポスターを貼って回ったさー。おんぼろ我が家の裏の壁にも貼ったし。笑

いまふと思ったけど、僕の支持政党のやってることって、秋元康が某女性アイドルグループとかにやってるのと、ほぼ一緒なんじゃないかな。
簡単に言うと、自分(たち)に都合のいい人間を前に出して、それを厚化粧して、最高だよ! 応援してね! ってやってるという。

まあ、アホな若者とかアホな女子中高生くらいまでなら騙せると思うけど、まっとうな批判精神を持った大人を騙すのは難しいと思われ。

それでも純朴な信仰者の方々は、それでも「信心で受けとめる」んだと思うけど。

政党でも、その有力な支持団体でも、その中枢でがっつり何かを決めてる人たちに限って、信仰心なんてカケラもなかったりするからね。

覚悟したほうがいいよ。その前に、警戒したほうがいい。

だいたい書きたいこと、書いたかな。

続きは後ほど。