断捨離とか、画像整理とか

いろいろ思うところがあって、去年からやってた、公務員を目指す大学生の小論文の添削の仕事を、辞退させていただいた。撮影の仕事が多忙なのに加え、僕みたいな人間が片手間で、公務員を目指す方々の小論文を添削なんかさせていただいてよいのか、という良心の呵責に堪えられなくなったため。

プレッシャーに弱いのかもしれないけど、そうじゃなく、無責任なことはしたくない、自分で責任を取れないことは、したくない、ということかな。

いよいよ真剣に、もう一本の収入の柱を考えないといけないなあ。季節に左右されない撮影系か、テキスト系か、はたまた全然違う系かw

それはそうと、「辞退します」ってメールを送ったら、「ほいなら」みたいなメールがすぐに届き、無罪放免。なんかあまりにもあっさりしすぎてて、脱力。ま、やる気のない人間を引き留めてもしょうがないもんな。

あんまり関係ないけど、今朝は数か月分溜まったペットボトルと缶をゴミに出したのだ。正確には有価物。あとたまってたゴミも3袋くらい出した。あと台所の床に敷き詰められてた段ボールもひもで縛った。こっちは明日の朝。

なんか掃除をするとスッキリするなあ。物理的に片付くということよりも、自分の気持ちの中がスッキリする効果のほうがずっと大きい気がする。断捨離っていう流行り言葉の正確な意味を僕はよく知らないのだが、でもなんかわかる。あとは溜まってる新聞を出すのと、要らないモノをどんどん捨てることかな。母親の衣類もまだいっぱい残ってるし。二階の押し入れも去って行った家族が残していったものでぎっしり。母親が元気だった頃は怒られたが、さすがにカブトとかも処分してもいいでしょ。これがあるからいつまでたってもおむこ?に行けないんじゃね?(爆)

そんなことはどうでもいい。

明日はプールの撮影。そんなに暗くないと思うから70-300mmで大丈夫だと思うけど、いちおう念のため、70-200mmも持っていく。なんか水辺の撮影って怖いんですよね。ずっと昔、個人的な女子高生撮影で養老渓谷に行って、ハッセルの500C/Mかなんか(たぶん503CXだったと思う)、ツァイスの80mm F2.8つきで水没させた忌まわしき記憶が脳裏から離れず。もちろん全損ですよ。\(^o^)/ 悪いことはしちゃいけないんだなあとしみじみ思いましたとさ。悪いことはしてないですけど。(笑)

明日の撮影は昼ごろに終わるはずなので、そっこー帰ってきて、昨日の画像整理の続きをやる。昼寝なんか絶対にしないぞ! そして明日の画像整理も明日中にやっちゃおうかなぁ。あ、明後日の撮影、データをそのまま写真屋さんにお渡しする感じなので、明日の画像整理は明後日にやってもいいなあ。うん、そうしよう。

祈るべ。

人のために火をともせば・我がまへあきらかなるがごとし

って、ものすごーく簡潔な言葉だけど、その意味するところはものすごく深い。
自分の幸せだけを祈っていてもダメなんだよな。人のために祈ることが全部、自分に返ってくる。

よく考えたら、僕らカメラマンは、これに似たことを日常的にやってる。
「天井バウンス」ってやつ。直接被写体にストロボを当てるんじゃなく、天井に向けて発光させて、天井を面光源として、間接照明の形で被写体を照らす。

なんか似てるかも、と思った。

やっぱ、文章を書いてお金が稼げる仕事がいいな。
それもなるべく自由に好きなことを書いて、お金が稼げたら最高。
ちょっといろいろもがいてみよう。モガディシオに行きたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください