書き物系の大仕事?

今日は5時半に起きて、千葉市の田舎のほうの小学校の卒業式に行ってきた。なんかものすごくアットホームな感じの小学校で、癒された。あたしもこういう田舎の学校に通いたかったな。。

そのあと写真事務所でデータの吸い出しをしてもらって、ギャラをもらって、お弁当をいつものイオンで買って、少し休憩して、勝田台へ。

授業は2コマだったんだけど、そのあと書き物系の大仕事(?)が控えており。
一気に書き上げた。授業の何倍もエネルギーを使った。。
当たり前のことだけど、生徒ひとりひとりと自分の関係って、どのひとりとして同じである生徒はいないわけで。みんな違う。とくにあたしがいってるのは個別指導なので、何度いっしょの時間を過ごしたのかも、みんなそれぞれ違う。

なんかそれを考えながら、何を書いたらいいのかなあと悩みながらも、結局はありきたりのことしか書けなかったような気がする。

でもいっぱい担当した生徒だから頑張ってほしいとか、あんまり当たらなかった子だから思い入れが少ないとか、そういうことはあんまりないかな。たぶんそれって、年をとって学んだというか自然に身についたことだと思われ。

少しだけ年齢を重ねることによって、点光源から面光源に近づけてるというか。太陽みたいな平行光線には程遠いけどな。

昨日、勝田台で、「オグラ●●なんて大っ嫌い」って小4の女子に言われたけど(●●は講師を指す尊称)、心の中で、君はまだ気がついてないかもしれないけど、僕らには大嫌いとかいう権利はないのだよ、と思いながらほくそ笑んでた。

まあ当たり前だよね、営利企業だもん。いや、それ以前に、学びの場で、生徒が好きとか嫌いとか言ってたら、場が成立しない。人間だから相性とか、好きとか苦手とか、あるのかもしれないというか、正直あるけど、それは可能な限り伏せる。表に出さない。そうじゃないと、なにもかもが成り立たなくなるからね。そんな気がする。

彼らのやる気が、唯一のバロメーターであるべきだ、なんてキレイゴトにすぎるだろうか。

明日は市川のほうの卒業式に行きます。
なにかを卒業されるすべての方々へ。

ご卒業、おめでとうございます。

 

マスコミを身近に感じた事件

ふだん鳴らない2つめの携帯が鳴ったので、あわてて出たら、だれでも知ってる某写真週刊誌の記者からで。

もしかして、撮影の仕事のご依頼かな(笑)、まさかなぁ、、と思って話を聞くと、いま大きな問題になっている、ある事件の当事者が、僕の高校の同級生だという。

その事件についてはもちろん知っていたが、当事者の名前は、いまのところ表のマスコミでは伏されているので、まさかその人が僕と同じ高校の出身だとは思わなかった。61年卒っていうから、たしかにそうだよな。

でも、名字を聞いたけど、そんな男は聞いたことがないぞ。たしかに10クラスもあって、そのうち2/3が男だから知らないヤツもいっぱいいるけど、ちょっと変わった名字だし、なんとなくピンとくる、くらいはあってもいいと思うんだけど。
だから、たぶん1学年上か下じゃないのかなあ。

卒業アルバムを貸してくれないか、といわれたけど、少し悩んで、やっぱり断った。事件が事件だけに、協力したい気持ちもないではないけど、彼はともかく、ほかの同級生の手前、仲間を売ったと思われたくないからね。

それはそうと、「小倉さんは新聞社にお勤めだったので、このあたりのご事情は詳しいかと…」っていってた。つまり、マスコミの周辺取材の大変さはよくご存じでしょう。協力してくれてもいいんじゃないか、っていう含みを言外に感じた。残念ながら僕は写真部だったので、そのへんの大変さはまったくと言っていいほど、経験してない。現役時代は、災害被害者の遺族の写真も撮れないくらい、ヘタレな写真記者だったのでね。

いやぁ、マスコミをひさびさに身近に感じた「事件」でした。
さ、仕事しなきゃ。。

p.s.
卒業アルバムを確認したら、いました、同級生に。たぶん喋ったことはないけど、顔はなんとなく覚えているような。

 

塾講師とか撮影とか。

あんまりいろいろ書くと、関係者の人に怒られちゃうけど、僕がバイトで行ってる個別指導塾で、教え子の小学生がこんなことをいう。

「ここで働き始めて、何年になるの?」
「え? どうして。うーん、6年とかかなあ」
「転勤とかないの? 辞めたりしない?」
「転勤はないよ。たぶんよっぽどおかしなことをしない限りはクビになることもない」
「そっか、よかった。楽しいから、ずっといてね」

なんか言葉を失った。
いつも若い同僚の人たちに話すんだけど、塾の先生って、学校の先生と違って、何十年後かに同窓会とかで恩師と讃えられることはないし、世間的な評価とかもほとんどないし、時間が経てば忘れられちゃう存在だけど、でも短い時間かもしれないけど彼らと一緒に勉強して彼らの脳味噌の中に増やした皺は彼らが生きてる限りずっと残る。そこに僕らの名前が書いてあるわけじゃないけど、もしかしたら一緒に刻んだ脳味噌の皺が、彼らの人生のとても大事なシーンで彼らを救うこともあるかもしれない。それを誇りにしようじゃないかって。

写真を撮ってても同じことを思うんだよねえ。
結婚式とかで、ふたりの生まれたときからの歴史をスライドショートかで振り返るじゃない?そこに出てくる1枚の写真、幼稚園の運動会とか遠足とか、もちろん撮影:●●●●なんてクレジットが華々しく出るわけじゃないけど、紛れもなく、その人の人生のかけがえのない一瞬だし、その一瞬をとらえた1枚なわけで。

なんかそういうことに、僕はとっても意義を感じるのね。
変な話だけど、僕は新聞社にいた頃から、「歴史の瞬間」みたいなのがあんまり好きじゃなかった。まあ、責任重大というのもあるんだけど。戦争終結50年とかで、いろんなところに行って写真を撮ったけど、あんまり自分の仕事って感じはしなかった。うまくいえないんですけども。オリンピックの取材とかも、当時のデスクが先輩よりも先に行かせてやろうか、みたいに思ってくれてたらしいんだけど、僕はそんなに行きたいとは思わなかったし。それよりも、市井の人たちの頑張ってる姿を撮るのが好きだったな。市井の、っていう言葉、最近はなんか上から目線ぽくて好きじゃないんだけど。まあ自分も含めたというところで。

そんなことを思いながら、淡々と過ごしております。
明日は晴れるといいな。そろそろイオンの激安甲類焼酎の紅茶割に行きます。ええ。

史上最高?

いいねを押してくださる方がいらっしゃるから、僕のホームグラウンドたるtwitterよりもfbに先に書こうと思うのだが、

昨日撮影したのの画像整理の後半を、さっき勝田台の個別指導塾から帰ってきてからやってたんだけど、いまようやく終わり、ftpでサーバーに投げてるとこ。

うーん、んまくいえないんだけど、過去数か月か数年かの最高の仕上がり、かもしれない。その成功事由はいくつかあるような気がするんだけど、そちらの園の規模が小さいということ、それから先月に続いて2か月連続で行って、向こうもこっちも勝手が分かってるということ。そのあたりかな。

昨日の撮影現場は駅から10分弱歩くところなので、リュックタイプのカメラバッグで行ったんだけど、歩くのもけっこう楽しい。使ったのはD4s+24-120mmだけだけど。フルサイズはボディもレンズも重たいからDXにしようかとか泣き言を言ってる昨今だけど、でもやっぱD4s+24-120mmの確かさは捨てがたいわけで。

なにが確かかって、全部。絵もそうだし、ピントもそうだし、もちろん連写も。
ニコンのユーザーでよかった、って、最近しみじみ思うよ。ほんとうに。

むかしは色がいいからってコニカミノルタのデジイチを好んで使ってただけど、ニコンもD3あたりから急速に絵作りが進歩した感じがする。D3でもまったく不満はないんだけど、D810やD4sだと、人肌がもうすりすりしたくなるくらい絶妙な色合いを出してきて、ほんとやばい。ま、そのぶんホワイトバランスはものすごーく繊細で、カットごとにバラツキがあったりするのがアレだけど。ま、表裏の関係ですね。WBブラケッティングを自動でやってくれると思えばいい。少なくとも僕の使用目的で困ることは、僕としてはあんまりない。

なんの話だっけ。
最近、某社からプツッと原稿書きの仕事がこなくなったから、たぶん干されたんだと思うんだけど、ここだけの話、単なる原稿書きよりも単なる写真撮りのほうが、数億倍たのしい。

前のクライアントに好評だったから、ということで引き続きお仕事を、ってことになったんだけど、前のクライアントの仕事は、インタビューものなのであり。
そりゃあ、小倉さん、インタビューものは得意よ。だって即興だし。写真を撮るのも、思えば即興だわね。僕はブツ撮りができないし。

で、インタビューものの原稿が褒められたからって、いわゆるWebライターとして一流(?)かっていわれたら、そりゃあまったく違うよね。グーグルを検索するのはキライじゃないけど、それは基本、原稿を書くためじゃなくて、なにかを確認するためだもん。

なんの話か、忘れた。あ、そうそう、今月か来月から、仕事のなかでの撮影の比率をアップさせようかと思って。
ギャラが多少(ずいぶん)安くても、パソコンに向かって原稿を書いてるより、お日さまの下で子どもたちの写真を撮ってるほうが、ずっと楽しいよ。

うん。

明日は茨城の守谷で少年バスケの撮影。しあいの合間にチームの集合写真を撮るのがしんどいんだけど、明日は昼休みもあるのでけっこう楽勝かも。

夜は夜で勝田台某所の所謂「けんしゅう」。
ひさびさに参加できそうなので、昇段昇級英単語テストのJEかEJかを議題として提出しようかと思っている。

それはそうと、僕もアジアに行きたいなあ。希望をいえば、1年の半分以上は日本以外のアジアで過ごしたい。アンコールワットも、しばらく行ってないなあ。。(笑)

ThinkPad X61の内蔵無線LANカード交換

ようやくIntelの無線LANカード6200が認識されて、x61で無事に動き始めた。ちょっと感動。苦節5日くらい?最終的にはWin10の32bit版を空いてるHDDにインストール、BIOSアップデートソフトを使ってBIOSをMOD BIOSに変えて。うちにあるWin7が64bit版だったもので、BIOSアップデートソフトが対応してなくて動かなかったのよ。昨日、あ、Win10の32bit版を使えばきっとOKだとひらめき、やってみた。案の定、うまくいった~。

MOD BIOS(改変されたBIOS)を使うのは、純正のBIOSだとホワイトリストの制限(対応する無線LANカード制限)がかかってるから。それを解除して。Win10だとなにもせずに認識したけどWin7だとインテルのサイトからドライバを落としてきて、それを当てて。

有線LANでルーターにつないで無線LANのpwd一覧を表示させて、で、いまようやく無事に無線LANでつながったところ。なんかしあわせ~。でも、これによって僕が得られるメリットって、限りなくゼロに近いわけで。USBの無線LAN子機のでっぱりがなくなることくらいか(笑)

人は時間のムダというだろうけど、喉に刺さった魚の骨みたいなもんで、これが取れない限りは仕事が手につかないのよ。ま、簡単に言うと、アホ、だね。アホとしか言いようがない。

あしたは東京で撮影。先月も行った場所なので、先月の仕事が評価されて、ということなのかな。そうだといいけど。会社員もそうだと思うけど、フリーだととくに、今日の仕事ぶりが明日につながるし、そのまま終わることも普通にあるので、毎日が戦い。僕はとかく撮り過ぎちゃうので送るときに厳選しなきゃ。

明日はニコンの85mmをカバンに忍ばせていって、銀座に点検清掃に出そうと思ってる。ドナドナに向けてね。気が向いたら、明日の撮影でも使おうと思って。(笑)ふつうにD4sやD810につけて使えるから。ま、バタバタした現場で単焦点を使うのって、けっこう冒険なのよね。でも使ってみる。

小さなサイズで画質がズームとどれだけ違うか分からないけど、でもきっと心構えは変わってくるはず。もちろん絞りも開けぎみに挑戦してみます。f2.0とかねw