ストロボ撮影時のシャッター速度

ご存じの通り、ストロボ撮影時のシャッター速度って、制限されてる。D4sだと1/250秒。けど、「FP発光」っていうのを使うと、このシャッター速度の制限がなくなる。詳しくは省くけど。

で、D4sとか、ニコンのデジイチでは、この切り替えをメニューのなかで行うのね。たぶん他メーカーも一緒だと思うけど。これがけっこうめんどい。

スクールフォトの現場では、顔を明るく起こすために、ほぼすべてのカットでストロボを焚くけど、動きの速いシーンではFP発光を使いたい。それ以外のシーンでは、普通の発光でいい。ちなみに、FP発光って通常の発光よりも長時間ストロボを発光させることになるのでヘッドへの負荷が段違いに重く、ストロボの発光部の劣化が早くなるそうで。なので、動きモノじゃなければ、1/250秒の制限はそれほど気にならないので、通常発光を選ぶのが常で。よく考えたら、勝手に切り替わってくれたらいいのにね。シャッター速度が1/250秒以下なら通常発光、それを超えるというか、それより短いシャッター速度ならFP発光っていうふうに。

ちょっとマニュアルを確認してみよう。。

今日も画像なし。すみません。

すみません! すごいショック。いまD4sのマニュアルを確認したら、自動切り替えだそうです。
知らなかった。。よく考えたら、それはそうだよね。。

D4sのマニュアル。
http://www.nikon-image.com/support/manual/d_slr/D4SUM_%28Jp%2901.pdf

シャッター異音

昨日、つくばマラソンで20000枚ほどシャッターを切ったのだが、途中、D4sのシャッターが異音を発し。連写中、いつものパタパタパタという乾いた軽い音の合間に、うまく説明できないのだが、ややくぐもった音が混じり。

D3のときもそうだった。この音が聞こえてくると、そろそろシャッターがイカれる合図で。
でも、まだD4sのシャッター、10万回もいってないぞ。ここでイカれたら、ちと悲しい。

また報告します。

今日も写真あらへん。iPhoneで撮ってくればよかった。筑波研究学園都市。。

縦位置撮影時のストロボの位置について(笑)

最近、D4sを使って撮影してて、ずっと悩んでいることがあり。
まあ話はD4sに限ったことではないので、ややこじつけくさいのだが。(笑)

クリップオンストロボをカメラのアクセサリーシューにつけると、横位置の撮影だと光軸の真上に来て、まあ悪くないかなという感じ。でも縦位置だと、真横にくる。以前は縦位置でも通常のシャッターボタンを使っていたので、撮影者から見て、ストロボはカメラより右側にくる感じ。被写体から見ると、カメラの左側ね。

で、被写体にけっこう寄って撮ることが多いので、この発光部とレンズの光軸との間隔が、けっこう気になるのよね。影が出たり、部分的に顔が暗くなったりして。

ソニーのユーザーには、きちんとしたソリューションが用意されている。縦位置撮影時にはヘッドを90度回転できるストロボが、ちゃんと用意されてるもんな。さすが、ソニー。

けど、ニコンの純正ストロボには、そんなすごいやつはいない。っていうか、サードパーティ製ストロボでも、ヘッドが回転するなんて、ないよね。ちょっとさがしてみたけど。

で、いろいろ考えてみた。
以前、新聞社時代に使ってた、ストロボをカメラの横に配置する、ストロボブラケット。これを使うと、縦位置撮影だと、ストロボがカメラの(レンズの光軸の)上に来るから、いいかなと。

けど、D4sを使うようになって、縦位置シャッターの操作性が抜群なので、「右手側を上」にして撮影してるんですよ、ここんとこ、ずっと。いままではずっと縦位置シャッターを使わずに、右手側を下にした状態で、通常のシャッターボタンを使ってたんだけど。

通常のストロボブラケットは、撮影者側から見て、ストロボをカメラの左に(シャッターボタンと反対側に)置くようにできていて。そりゃあそうだよね、そうしないとカメラを右手で持てなくなっちゃう。(笑) でもそうなると、縦位置シャッターを使うと、ストロボが下に来ちゃう。いわゆるお化けライティング。

うーん、市販のストロボブラケットを使って、ストロボをシャッターボタン側に無理やり持ってきてる猛者もいるみたいだけど、そうすると縦位置撮影時は縦位置シャッターを使うからなんとかなるようなものの、横位置撮影時の操作性がサイアクで。(笑)

ということで、ストロボブラケットの可能性は、ちょっとないかなと。

で、次に考えたのが、レンズの前面に装着するマクロストロボを使ったらどうだろうかと。
たまにいるよね。ポートレートとか撮ってるカメラマンで、マクロストロボを使ってる人。
試してみないとわかんないけど、過酷な撮影現場で、ちょっと厳しいのかなと。天井バウンスとかも多用するし、一般のストロボと脱着を繰り返すというのも、現実的ではないよねえ。

あと、ちょっと似てるけど、最近出てるLEDタイプの定常光?を使うというのも考えた。少なくとも影の出方は確認できるかなと。Amazonでいろいろみてみたけど、評判が良いヤツも、装着部材がちゃっちくて、すぐにグラグラしちゃうとか。そういうのは過酷な撮影現場では、ちょっと無理かな。のんびりした趣味の撮影とかだったら、いいのかもしれないけど。

そういうことで、いままでどおり、ニコン純正のSB-910を使い続けることにします。(笑)
そういえば、いつのまにか、SB-910、ヘッドのロックがバカになっちゃってるんだよなあ。
気がついたら発光部がちょいと上を向いていたり。(笑)
いや、ぜんぜん笑い事じゃない。あした、東京に行くついでに、ニコンに出してこようかなあ。

前のSB-900よりもオーバーヒートしづらくなった現行ハイエンドモデル。絶対に手放せません。

あ、縦位置天井バウンス撮影時のお供、リフレクター(ディフューザー)を買おうと思って。
下のヤツです。SB-910の反射板は横位置撮影にしか対応してないから。。

高いか安いかわかんないけど、試しに買ってみようかと思ってます。

D4sのAWBに関する疑問

前にも書いたことがあるかもしれないけど、いま現在、D4sを使っていて最大の疑問というか不満は、AWB(オートホワイトバランス)について。

幼稚園や保育園の撮影だと、顔を明るく起こすために、ほぼ100%クリップオンストロボを使った撮影をしてる。D4sはストロボ撮影時のAWBがどうも不安定だという印象を受けている。これはD3にはなかったこと。

たとえば、曇天の日、屋外でクリップオンストロボを直炊きにして子どもを撮ったような場合。AWBで撮っているとコマ間のWBのバラツキが、尋常じゃないくらいに大きく。何枚かのうち、1枚だけものすごく暖色系に転んでしまっていたり。原因は分からないけど、D4sのAWBがものすごくセンシティブで画面内の色(たとえば青い帽子とか)に過敏に反応してるのかしら、とか考えてみたりもする。そう考えると、D3でストロボ撮影時にAWBの色味に疑問を抱いたことはまったくなかったので、D3のAWBすげえ、とあらためて思ったり。

まだ試してないんだけど、WBの設定をAWBじゃなくストロボ固定にしてみようかと思ったり。なかなか難しいですよね。室内もそうだし、屋外だともっとそうだけど、外光(自然光)とストロボのバランスというかミックスなわけで、絶妙な色味がほしいというのは撮影者の単なるワガママなんじゃないかという気さえする。(笑)

まあでも、一貫しててもらえるのがいちばんうれしいかな。バラツキがあるのが、いちばん困る。

たぶんこのへんのことってニコンの開発の人たちはとっくに気がついていて、たぶん次かその次くらいのファームアップできっちり直してくると思う。もしかしたら、修正箇所とかには記載なく。ニコンの人たちって基本的にはシャイなんですよね。無言実行というか。

ストロボ撮影時のAWBについては、そのうちサンプル画像をアップしますね。
僕は嫁も彼女も専属モデルも子どももいないので、人間の被写体にも事欠くありさまで。
ネコの猫肌をみてもしょうがないしなあ。うちのネコは白黒だし。(爆)

グループエリアAFはとっても便利

ニコンD4sにあって、D3にないAFモード、それがグループエリアAF。D3を使ったマラソン撮影では基本的にはダイナミックAF・51点で、フォーカスポイントは中央一点に設定していたが、D4sでグループエリアAFが使えるようになったので、積極的に使っている。設定はレンズマウント部の付け根にあるAFモードボタンを押しながら前面のサブコマンドダイヤルを回す。メニューに入らずに切り換えられるので、とっても便利。

標準ズームの広角域を使う場面が多いスクールフォトだと、従来通りダイナミックAF・51点でフォーカスポイントは中央、という設定が多いかな。動きの多いシーンだと、グループエリアAFを使ったほうが歩留まりがよくなるかもしれないですね。ちょっと試してみよう。

今日も写真なしですみません。(笑)

夢のなかで「これって夢じゃないか…」

いやー、さっきネコに起こされたんだけど、なんかひさしぶりにドエライ夢を見てしまった~。あたしはいま自治会の会長をやってるんだけど、ちょっと懸案事項があって、それを何人かの人に相談してたら、気がついたらすごい人数の飲み会になってて、そうだなあ、30人はいたと思う。

で、支払いどうすんだよ、とずっと思ってて。そしたら、最後になぜか、ひとりずつのそれぞれの支払金額の一覧ができてて、それを各自がドル建てで支払うという…。イミフなんだけど。で、画期的なのは、ウソだろ、これ夢じゃないよな、って何度も何度も思ってること。夢のなかで。これって人生初めての経験でw

これから仕事がなくて、どないしよ、と心配するあまり、オグラも次のステージにいってしまったんじゃないかと嬉しいような怖いようなww

知恵袋に、こんなQAが。。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12133905677
もちっとさがしてみよっとw

2chから。明晰夢っていうのね。たしかに、すごくよく覚えてる。もしかしたら、ものすごい眠りが浅い状態でみる夢なのかな。けど、夢の内容を操作したいとは思わないけどなあw
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1407908111/l50

Wikipedia 明晰夢
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%8E%E6%99%B0%E5%A4%A2
これ読むと、少し違うんだなあ。あたしの場合は、夢じゃないよなってずっと疑いながらも、でもやっぱり現実だよな、トホホ、って思ってたこと。

宴の後で、クレジットカードのサイトで支払いを確認して、2日前に23,000円ってあって、あ、やっぱり夢じゃなかったんだ、涙、って思ってたもん。とにかく自治会長として、みんながおのおの払ってくれて、残った金額をどうするか、自治会費から払うわけにもいかないしなあ、ってそればかり心配で。

いやー、人のために悩むって、尊いですよねw (x x)☆\バキッ

D4sのシャッター回数を調べるには。。

いままでずっと、デジイチのシャッター回数を調べるには、JPEG Analyzer plusのお世話になってきた。
D4sを購入してすぐに行ったのは、当然のように、いままでどのくらいシャッターを切ってるか。
残念ながら、JPEG Analyzer plusは、D4sのシャッター回数には対応しておらず。すごいショック。

で、いろいろ調べてみたら、XnViewっていうソフトが対応してることが分かり。
さくっとダウンロードして使ってみた。いい。
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/xnview/

あ、そうそう。中古で購入したニコンD4s、シャッター回数は2529回でした。

どんな人が前の所有者なんだろう。どんなものにレンズを向けて、どんな被写体を、撮像素子は焼き付けたんだろう。いまさら詮索しても始まらないけど。

D4sは、ものすごく状態のいいモノが中古で売ってたりするので、いまがお買い時かと存じます。

怒濤の8連荘、終了。

D4sを購入してすぐに、怒濤の8連荘がやってきた。撮影が8日連続であった、ということね。

10/24金 S社 中延
10/25土 S社 臼井
10/26日 P社 手賀沼のマラソン
10/27月 S社 稲毛
10/28火 S社 板橋
10/29水 P社 稲毛
10/30木 P社 南流山
10/31金 S社 千葉市中央区

という感じでした。いやぁ、きつかった。。
撮影から帰ってきて、夕方から勝田台の個別指導塾のバイトの日も多かったので、昼寝は必須。
すみません。

けど、この8日間で、D4sへの愛は確固たるモノになりました。
しかし、2年後とかにD5が出ちゃうわけだよねえ。ニコンやう゛ぁいよね。。

この2週間ほどで、D4sの特徴(特長)が、ずいぶんわかってきた。

けど、32GBのXQDカード、買って正解だった。撮影が連荘の場合、前の日の撮影データを消すのが怖くて、そのまま翌日の撮影に臨んだりもする。いま32GBくらいが、いちばんバランスがいいんじゃないかな。

スポーツ以外の撮影だと、購入したSシリーズ(180MB/s)は、オーバースペックかも知らんけど。
ま、高は低を兼ねる、ということで。

使えば使うほど、愛着が湧いてきます。重いなんて、ぜんぜん思わない。重いとかいう前にダイエットしろって>をいら