D810日記。感動。。

今日は早朝7時から、ネット仕事の「番」で。ふだんの月曜日は泣きながら4時半過ぎに起きて、泣きながら京成実籾駅に向かい、京成船橋駅で空き席を泣きながら探し、座り、必死でiPhoneでその日の最新ニュースを仕入れ、品川に降りた途端、ダッシュで階段を駆け下り、改札を抜け、エスカレーターに揺られ、JR品川駅のヨーロピアンなコンコースを抜けて、港南口の右2番目くらい目にある高層オフィスビルに吸い込まれていく。

が。今日はなんだかしらんけど、祭日らしく。近所では盆踊りの音色はちーとも聞こえんが。

それはそれとして。

なんの話だっけ。(x x)☆\バキッ

あ、そうそう、お題は、D810日記でしたね。

僕は、ニコンのMFレンズが好きなんですよ。なんでかっていうと、レンズがいっぱいある!
それだけかい、という話もありますが、いっぱいあるって、すばらしいことですよ。だって、
選び放題なんだもん。値段も、こなれてるわけですよ。星が端っこまでちゃんと点で写る、
みたいな激高特殊レンズは除いて。

D810の初日にも、有楽町で降りたって、とことこ銀座のニコンまで歩いたわけですが、いつも
気になる不二家の角のニコンハウス。むかしのMFニッコールが、うなるように並んでて。
往路は、開店前だったようで、ブラインドがかかってて今日現在の在庫レンズが目視できず。
すげーかなしい。。

なんの話だっけ。MFニッコール。そうそう。

AFって、ホントに必要なの、って尋ねられたら、そうでもないような気がしている。

むしろ、手でピントを合わせたほうが、いろんな意味で、幸せになれるような気がしてるんだ。

こないだも某女史と飯田橋でお会いして、ホントは最新のAF-S 50mm F1.4Dをお持ちするはずだったのですが

にもかかわらず、にもかかわらず、にもかかわらず(以下このままずっと続く(c)西宮の野々ちゃん)

なんの話でしたっけ。そうそう、AF-S50mm F1.4Dは、悪いヤツに、一時的に誘拐されてて、オグラの手もとにはなかったわけで。

しょうがないから、往年の名選手、いや、いまもニコン的には現役のはずである、Ai Nikkor 35mm F1.4sをつけたD600をもっていった。まだD810は発売前。

いや、このまま書いてると、結論部分に達するのは4年後くらいになりそうなので、うんとワープして、今日のネット仕事の合間。

あれ、とふと気づいた。昨日もD810、市原の中学生の総合体育大会に持っていったんだけど、スポーツ系を撮るにはD3にかなうわけもなく、ずっとカメラバッグでお休みドーモ。

で、今日の仕事中、あれ、と思ったわけ。

ニコンって、さんざん書いてるように、むかしのMFレンズがつくのが大きな売りなわけだ。っていうか、AFにするときに、なんとなくマウントを変更せずにきちゃったもんだから、昔のレンズが着くのは当たり前。で、どうやって最新のデジイチで昔のMFレンズを最大限に活かすか、というのが一大テーマなわけですよ。ニコンっていえば、奥さん、日本を代表する世界企業なわけで、日本だけじゃなく、それこそ世界中で、カメラもレンズも、愛用されてるわけですよ。なので、MFレンズが使えない、なんてことになると、同時多発的に大暴動が起こるわけで。

なんの話だっけ。わすれた。

そうそう、結論を急ぐと、D800は、あれだけハイエンドなカメラでありながら、MFレンズを装着したときのAF測距点(ニコン的にはフォーカスポイント)を消す(消灯する)設定がない。設定がない、というか、ファームウェア担当の開発者が、入れるのを忘れたんだと思われ。

それを僕は、価格コムで糾弾した。

http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000339852/SortID=16951551/

自分でも、あまりにも丁寧で完璧な文面で感涙を禁じ得ない。笑

まあ、いいや。どうでも。で、今日、愛する東習志野のイオンに夕方、買い物に行ったとき、広大な駐車場の一角に愛車のPEUGEOTをとめて、車内で確認してみたわけ。

そしたら、ちゃんと「a5」にあってさー。うれしくてね。うれしくて、うれしくて、うれしくて、お酒を一杯買い過ぎちゃったよ。

BtDjdAPCIAAbFDT.jpg large

オチないですけど。いまは自宅の台所で、ACアダプターを刺してないThinkPad X1をパソパソしてます。
リンナイのガスコンロでは、ミネストローネが、コトコトいってます。

はやく8月がこないかなあ。。

D810、2日目。いきなりの実戦投入

D810を引き取った翌日、7・18金曜日。さっそくD810を仕事の現場に実戦投入してみた。

D810を購入した窓口の方に「もう仕事で使う予定はあるんですか」と聞かれ、
「ええ、明日(笑)」と答えたら、
「十分にテスト撮影を行ってくださいね」と言われた。

まあ、そらそーだよな。テスト撮影なら、銀座からの帰りにたっぷり行ったよ。70枚くらい。
まったく問題あらへん。ちなみにレンズはAi 35mm F2.8s。MFのむかしのニッコールですね。
木曜日にも書いたけど、D800よりもファインダーのヌケがいいような気が。
たんに新品だからかも。あるいは夏の日差しのせいか。

で、金曜日(昨日)の実戦投入。現場は県内の某教育機関。一緒に撮影に臨むのは、
僕が兄とも慕うKカメラマン。

最近、SB910とかで、FP発光による日中シンクロを再開したんです。
しばらく、「ストロボの発光部にものすごく負担がかかるからやめたほうがいい」といわれ、
FP発光を使うのは控えてたんですね。ご存じの方も多いと思いますが、一眼レフのストロボ発光って、
2枚のシャッター幕が開いて閉じる関係で、シャッター速度に制限があるんですよ。だいたいプロ用の
機種だと1/250秒とか。で、FP発光というのは、ストロボの発光時間を長くすることによって、
その制限を突破しちゃえ、というもの。もちろん、通常の発光よりも、うんと長くストロボを光らせ続けるので、ストロボの発光部には、うんと負担がかかると思われ。

でもね、たとえば日中の撮影で、1/250秒とかだと、遊んでる子どもとか、ブレるわけですよ、デフォルトで。ブレが効果的なことも、ないことはないけど、でも大部分は顔がピンぼけみたいになっちゃって、残念なことになる。というか、売れないボツ写真になる。ストロボを焚かないという選択肢もあるけど、そうすると暗めの写真になって、やっぱり商品としては微妙。

まあ、そんなこともあって、FP発光を、解禁したのです。自分のなかで。考えてみたら、たとえば10回の撮影で、ストロボの発光部がダメになったとしても、それで修理代が2万円かかったとしても、いいかなと。1枚でも多く、お客さまのもとに、いい写真をお届けできれば、本望かなと。

なんか俺ってもしかして、学校カメラマンの鏡?(x x)☆\バキッ

敬愛するKカメラマンに話したら、そうだよ、って。さすが、Kさん。心で泣いた。
KさんのEOS 1D Xの液晶表示を見たら、シャッター速度1/640とかになってて。おお、と。

すみません、どういう話の流れになるかというとですね、おろしたてのD810に、いつもの普段使いの標準ズームAF-S 24-120mm F4Gをつけて、SB910でFP発光して、あ、ホワイトバランスはAutoですよ、で、昨日はけっこうな曇天だったのですが、そうして撮った写真を自宅のパソコンで確認したら、なんか全体的に、色がややくすんでるというか、ホワイトバランスが微妙というか、茶色っぽいというか、まあ、ぶっちゃけ、ちょっとびっくりしたんですね。え、こんな色なの、って。

D810の素の色作りを疑ったんだけど、晴天だった昨日(木曜日)、銀座から有楽町、秋葉原までで撮った写真は、まったく変なところがなかった。だから、D810の素の色作りを疑う余地はない。

とすると、24-120mmか? いや、レンズがすごい汚れてるとか、そういうこともなさそう。
とすると、SB910のFP発光に原因がありそうな気が。曇天、SB910のFP発光、というシチュエーションに、D810のホワイトバランスのチューニングが、うまく合わせられてないんじゃないかという疑いが…。

僕は基本的には、いいか悪いかわかんないけど、デジイチのホワイトバランスにはまったく無頓着で。よくいえば、Autoを信じてる。撮影の99%以上はAutoで済ませる。

その方針が間違ってるのかもなあ、とちょっと反省。とともに、D810が発売されて、ものすごい数のユーザーが世界中で“テスト撮影”を繰り広げてくれるだろうから、そのフィードバックも、発売前の数千倍、数万倍のレベルでニコンに寄せられるだろう。そしたら、僕みたいに、FP発光時のWB変じゃね?って声も、きっと寄せられるだろう。僕みたいな末端のカメラマンじゃなく、ニコンが聞き耳を立ててくれるような一流のカメラマンによって。

そしたら、次か次のファームアップで、静かにチューニングされてくるんじゃないか。
そんな気がしてます。

まあ、それまでどう凌ぐか、というのもあるんだけどねー。
いまとなっては、D800が懐かしい。D800も最後のほうは、SB910でFP発光してたけど、まったく違和感を覚えたことはなかったなあ。本当にいいカメラだったなあ。不満はまったくなかった。じゃあ買い替えるなって。はい、すみません。って、だれに謝ってるんだか。いや、僕はね、ニコンのどのカメラを使っても、色は同じや、同じや、って思ってきたんですよ。でも、そうじゃないのかも、と思って。

デジイチのFP発光時のWBの問題は、D810のみならず、ニコン全体にかかわる問題じゃないですか。

だからといって、カラ出張はよくないですよね。

すみません。わかりづらすぎですね。

それはそうと、D810に、バッテリーグリップを装着して、昨日、2000枚くらい撮った感触、D800よりも、うんとD一桁に感触が近づきましたね。グリップの深さとか。それはなんでかなー、と撮影しながら考えていたのですが、理由は簡単、弟分のD600、610が誕生したからですね。フルサイズを使いたい幅広い層の方々にはD600/610を使っていただいて、それで満足できない、ハイアマチュアとか、プロに近い方々とかに、諸手を挙げて推薦したいカメラがD810なのかなと。だから、値段も微妙に強気。連写スピードも上げた。

あ、そうそう、連写スピードでいえば、画素数3600万画素から2400万画素に落として、カメラの機能的にはD810と同等のカメラって、必要だと思うのですが、というか、そっちのほうがヒキが強い気がするのですが、出ないでしょうねえ。あるいは、もっとD1桁に近づけたD900シリーズが出るのか、どうか。

これも撮影しながら考えていたこと、ニコンって、D1のあとがD100でしょ、そのあとD70とかにいくんだけど、D2桁を、3桁よりも下に位置づけちゃったのが、いま辛くなってるよな、と。ネーミング的に。

本当は、D1桁に肉薄するハイアマチュア向けのカメラを、たとえばD90とかのネーミングで出したいかもなあ、と思いつつ。でもD90はすでに出ちゃってるし。あとからD4桁をDXってことにして、多層的に展開してるけど。

まあ、そんなことをつらつらと思いました。
あ、あと感動なのが、ファインダー内表示のLED化! これは視認性がぐんと向上して、最高っすね。
たぶん、コストは余分にかかってるでしょうけど。なんかあの白い表示、いい意味で蛍光灯みたいな優しさを感じますわ。目に優しいっていうか。まあ、いまは蛍光灯ってあんまりプラスイメージでは捉えられないけどね。(^^;

2日目の感想は、そんなところです。
今日は渋谷で武蔵美の小林のりお先生のゼミの写真展にお邪魔する予定。
そのあと、福岡時代にお世話になった西村さんが仕事で東京にいらしているので、ひさびさに飲み。
西村さんに会うたびに、福岡に帰りたくなるんですよね。
新聞社を辞めずに、福岡で結婚してたら、どうなっただろうなあ、なんて詮なきことを、いまになって思う46歳の夏のこと。(笑)

あ、すみません、昨日撮った写真は肖像権の関係で1枚もアップできません。
ただ、色合いの話はおいておいて、昨日はひさびさの撮影だったので、小倉さんの撮影マインド大爆発。
いい写真、いっぱい撮れましたよ。たぶん、ものすごくいっぱい売れると思う。

楽しみにしててください。って誰に言ってるんだか。(x x)☆\バキッ

 

D810初日

D810を銀座のニコンに取りに行った、その帰りの足取り。

Chinese 3 pink girls
DSC_0014

Chinese photo taking lady
DSC_0020

Takarakuji booth
DSC_0034

ペコちゃんのほっぺ、僕も食べたい。(^^;
DSC_0050

こんど、買い占めに来るからね。はあと。
DSC_0051

ああ、夏も近いねえ。。
DSC_0058

宝くじガール。ブレててごめん。
DSC_0070

秋葉原駅にて。ファインダーのヌケ、D800よりよくなった? 新品だからか。笑
DSC_0073

ひさびさに、TranscendのSDHCをば。。

もうすぐニコンのD810が発売となり、そのサブとなるD600はデュアルSDということで、すごくひさしぶりにSDHCカードを購入しました。

こないだの依頼撮影のときにコンビニで買った東芝の16GBは、返ってこないから。(涙)

D600を使ってて、再生画面の表示が遅くてイラッとしてるので、少しでも速いやつを、と。
こいつを2枚。ちょっとした出費だけど、すぐに元を取ってくれるでしょう。笑

日東の水出し紅茶!!

未明にカレーをお腹いっぱいに食い、また寝て、そのあと母の見舞いに行き、帰りに習志野台のイオンに寄ってナンとbeerもどき(350だけど)を買って、さっき食べて飲んだ。しあわせ。

いま冷蔵庫には、ポカリスエットと水出しの緑茶が冷えてるんだけど、やっぱあたしは紅茶がないとダメな人で。

で、前にこれ↓大人買いしたんだけど、あっという間になくなってしまい。
しばらくぶりにまた購入。ケンコーコムは2000円以上は送料無料なのでありがたい。
楽天、コンビニで受け取れるようにしてくれたら、なお嬉しいけども。(笑)

もちろん、楽天の(ケンコーコムの?)アフィリエイトが仕込んであります。1%だけどね。
よろしければ、ご購入を~w

curry on Wednesday…

今日はカレー。オグラにとっての週末、水曜日。だから、作ることも含めて、楽しみだから、水曜日のカレー。curry on Wednesday…

今日も、いろんなことがあった。語り尽くせないくらい、いろんなことが。

労働基準法がどう定めているか、よく知らないのだが、ヲグラは朝7時から夕方の5時くらいまで仕事してる。ごくたまにのトイレ休憩を挟みながら。

常に、これが誰のためにどんくらい役に立っているんだろう、ということをつねにモニタリングしながら。だってそうじゃん。どんだけ死ぬほどいい給料をもらってたって、それがだれかの迷惑になってたら、一銭の価値もないじゃん。っていうか、害悪だよね。この地球上に、存在する価値だにない。ダニ以下だわな。まぢで。

それはそれとして。

なんの話だっけ。わすれた。(笑)

あ、そうそう、いつものように夕方の6時過ぎに愛する実籾駅に降り立ち、線路沿いを駐車場に向かって歩く。向こうの方から京成の回送電車。

回送電車って、悲しいくらい、どの車両にも人が乗ってないのね。

それはそれとして。

帰宅してすぐに開いた毎日新聞の夕刊。何面か覚えてないけど、ユダヤの作家の記事が、目に飛び込んできた。

四国在住の翻訳家の書かれた文章。小竹由美子。僕よりも10年ほど先にこの地球上に生を受け、たまたま僕と同じ大学、同じ学部に学んだ方らしい。そして何より感動的なのが、四国の高松在住ということ。

ユダヤの作家の名前は、ネイサン・イングランダー。記事で紹介されてた、彼の最新の短編集は、ちかくAmazonで購入し、必ず全編読破しよう。

あ、ご飯が炊けたようだ。

キリンジの「愛のcoda」を聴いてる。いい曲だなあ。。

これって、愛のコリーダと、どういう位置関係にあるんだろう。。

しかし、いい時代だよなあ。
戦争してる場合じゃないよ。まぢで。

KIRINが鳴り物入りで出した、8%のチューハイは、うめぇ。
さすがKIRIN、そつがない。さすがA型。(笑)

なんの話だっけ。やう゛ぁい、もうこの家にはアルコール類は消毒液以外は、もうなにもない。

途中ですが、このへんで。。。