生きてます。

すみません、こちらの仕事ブログは更新がとんと絶えてしまい。
オグラは死んだわけではありません。なんとか、生きてます。

ようやく2011年の一発目のムックがスタートしました。
機種名は、まだ内緒ということにしておきましょう。

3月の中旬くらいの発売になるそうです。

それとともに、今年のオグラは撮影の仕事を大幅増量中です。(笑)

写真を撮るのは肉体労働ですが、ダイエットにもなりますし、
楽しいです。本当にこの男は、人の写真を撮るのが好きみたい。

次にベトナムに行けるのはいつかな、ということを見据えながら、
目の前にある仕事を、ひとつひとつ丁寧に仕上げていきたいと
思います。

2011年も、何卒よろしくお願い申し上げます。

アンヴィル

映画アンヴィル、みた。

心の底から感動できないのは、どこか他人のような
気がしないから、なのかもしれない。(笑)

リンダリンダリンダ

みた。

よかった。

僕のなかでの青春映画といえば、いうまでもなく、バタアシ金魚。

なんとなーく、バタアシ金魚を意識したんじゃないかな、というシーンが
あちこちに見受けられ。オマージュってやつですね。

この映画、もっと激しいのかと、勝手に思ってた。
そうじゃなく、けっこうしみじみしてた。

特別、事件みたいなもんは起こらないし。けっこう淡々と描かれてる。
それがいいかな、と思った。

たまに青春映画、それも恋愛映画を見ると、くぅ、若いヤツ、いいな!!と思うけど、
いきなり神様が目の前に現れて、おまえ、16の頃に戻してやるけど、どうだ?って
聞かれたら、けっこうしばらくずいぶん考えると思うけど、長考の末に、たぶん、
あ、いいや、って答えると思う。

これでも、けっこうがんばって、生きてきたから。
あっという間に43になっちゃったけど、いまの自分、
そんなにキライじゃないから。

すみません、私事(ワタクシゴト)に走ってしまいました。(笑)

夜中に見たので、音を抑えめにしなきゃいけなかったのが、ちと残念かな。
ヘッドホン端子からの延長コード、なんかどっか断線してるみたいで、
買い直さないといけないなー。あと、ちょっとよさめのヘッドフォンと。

たぶんこのDVDも、Getすると思う。ずっと手もとに置いておきたいもの。

ペ・ドゥナが見たくて見たけど、もちろん彼女はめちゃくちゃよかったけど、
ほかにも、いいモノをたくさん見つけたよ。

そういえば、ペ・ドゥナは、この映画の次の年に、グエムルに出たんだねぇ~。
ずいぶん大人っぽくなってた。

リンダリンダリンダ、よかった。また見ると思う。

映画「麦の穂をゆらす風」みた。

麦の穂をゆらす風 麦の穂をゆらす風 (2006)

【監督】ケン・ローチ
【出演】キリアン・マーフィー / ポードリック・ディレーニー / リーアム・カニンガム / オーラ・フィッツジェラルド / キリアン・マーフィ / メアリー・オリオーダン


★★★★★ [100点]「批判することは簡単だが。」

淡々としすぎていて、映画としての面白味に欠ける、と、アイルランドと英国の歴史を知らない日本人の我々が批判することは簡単だが、こういう表現を取らざるをえなかった、ということに思いをいたすことはできないのだろうか。

英国人であるケン・ローチ監督がアイルランド独立の物語をアイルランド側に立って描く、これがどのくらい勇気の要ることか、われわれ日本人は、自分の胸に手を当てて考えてみるといい。

極論かもしれないが、この映画がここにあるだけでいい。映画的なおもしろさなんていうのは二の次だ。そういう映画というのもこの世界にはあるのだ。

「麦の穂をゆらす風」という、映画の内容とはおよそ懸け離れた牧歌的、叙情的なタイトルを監督がつけた意味を、いまいちど噛み締めてみたい。

Posted by oguray on 2011/01/19 with ぴあ映画生活

「麦の穂をゆらす風」

ケン・ローチ監督の「麦の穂をゆらす風」を借りてきた。
いつものTSUTAYA東習志野店で。

僕は映画はヒューマンドラマしか、見ない。
基本的に。サスペンスとかSFとかアクションとか、
絶対に見ない。

え、そんなジャンルが映画にあるの、ってな具合に。

たまに、食わず嫌いじゃなく、幅広いジャンルの映画を
見たほうがいいですよ、っていわれるんだけど、見たくない
ものは、見たくないんだよなー。

ずっと昔、福岡でお見合いをした女の子と映画に行って
ハリーポッターを見たい、っていわれて仕方なく一緒に
見たんだけど、退屈でしょうがなかった。
なにがおもしろいんだろう、ってずっと思ってた。
こんな荒唐無稽な作り物が、って。

ハリーポッター好きな方、ごめんなさい。

ほぼ同じ理由で、ディズニーランドにも行ったことがない。
口の悪い友人は、彼女ができれば行くことになるよ、って
いうのだが、たしかにそうかもなあ、と思うのだが。

話が脱線した。
「麦の穂をゆらす風」、アイルランド独立を描いた名作。
いまから楽しみだ。。

スラムドッグ$ミリオネア

みた。

TSUTAYA東習志野店に返すギリギリのタイミングで。

いやあ、すばらしいねえ。文句のつけようがない映画というのは
こういう映画をいうんだろうね。

すばらしい。。

たぶんDVDを買ってしまいそうな気が。

いやあ、映画ってホントにいいモノですね。。

すばらしい。

インド、こわいけど行ってみたいなあ。。

今年の抱負

大したことはありませんが、今年の抱負なんぞを。

・ニコン本の早期出版

まずは電子書籍のカタチでもいいと思っているので、ずっとやっている
ニコン単行本を早期に出版したい。できれば春にも。

・デジカメムックの編集ガシガシ

昨年にも増して魅力的な新製品が目白押しとなりそうな本年、デジカメ関連ムックの
編集をガシガシやらせていただければ、と考えています。

・デジカメWatch開発者インタビューもガシガシ

年末にパナソニックのインタビューが掲載されましたが、本年もデジカメ開発者の
努力が伝わるような大型インタビュー取材を数多く手がけていきたい。

・撮影の仕事もガシガシ

スポーツ取材、教育現場取材ともに昨年の倍以上の数をやれればと決意。
撮影取材を通して、たくさんの笑顔に会えれば幸せです。

・個別指導塾もガシガシ

まずは今年の受験生全員の第一志望合格を勝ち取る。生徒の増加、生徒と保護者の
顧客満足度アップのために、自分ができることを何でもやっていきたい。

・ベトナム移住に向け、大きな一歩を

来年あたりのベトナム移住が現実的になってきたので、今年はそのための準備を
着々と進めていきたい。移住してからの仕事などを徐々に決めていけたらよいかと。

・映画をたくさん見る

せっかくテレビを買ったので、時間をこじ開けて、いろんな映画をいっぱい見る年にしたい。
新年一発目は「あの子を探して」。見たのは2回目だが、やっぱりよかった。アクトビラは
僕の好きなヒューマンドラマ系が充実しているようなので、すごく楽しみ。もしかしたら、
Apple TVの導入もありうるかも。次に見るのは「スラムドッグ ミリオネア」って決めてる。

・良書に数多く親しむ

映画もそうだけど、やはり良書を数多く読破したい。できれば長編の小説を。
いい本をたくさん読んで、心の肥やしにしたい。

・そろそろいいひとを

移住してからの課題、という考えもあるけど、そろそろ生涯の伴侶を見つけたい。
日本で見つけて連れて行くもよし、ベトナムで探すもよし。いまさらジタバタしても
仕方がないので、じっくりと自分にピッタリ合った素晴らしい女性をみつけようと
思う。

たいしたことはできませんが、ひとつひとつの課題に真摯に、丁寧に向かって
いければ、きちんとした結果を残せる一年にできると確信しております。
がんばります~w