ブログであるということ。

昨日は『DP1 マニアック・マニュアル』の打ち上げ、第二弾。

新宿に向かうタクシーのなかで編集長に、せっかくブログがあるのだから、
もっと丁寧にムックの宣伝とか、したほうがいいですよ、って進言したからか
さっき編集部のブログを見たら、ムック班の方々が登場され、最新ムックの
告知を、されてた。

こんなことを書くと、また嫌われてしまうけど、ちょっと違うんだよな、と思った。

本が発売された、ということや、どんな内容だ、ということは、別にブログで
伝える必要はないわけで。だって、ほかにそういうことを載せてあるページは
いくらでもあるわけで。

『ブログスフィア』っていう本を、以前に読んで、それが役に立ってるなぁ、と思うんだけど、

どうすればブログが活かせるか、ということを、実例をまじえて紹介してくれてる本で。

隠さなければならないギリギリのところまで、情報を提供する、
情報の発信側の個人としての、率直な思いをきちんと言葉にする、
必要以上にカッコはつけない、ウソはつかない、本音で勝負する、

とかっていうことだったかな。たしか。

たとえば、ムックのロケに行って、こういう撮影をしましたよ、とか、こんなちょっとした
失敗をしてしまったけど、なんとかフォローできましたよ、とか、このページはデザインで
ずいぶん悩んでデザイナーさんといろいろあったけど、最終的にはすごくいい仕上がりに
なりましたよ、とか。そういうこと。ホントのこと。素直なこと。未来の読者に伝えたほうが
いいこと。伝えたいこと。自分にしか、書けないこと。

そういう、なにをどのくらいブログに書くべきか、というのは、あるいみ訓練の成果というか
訓練する必要があるのかもしれないね。
山の上で、編集部の別の人に、ブログつまんないね、って言ったら、じゃあ小倉さんが
書いてくださいよ、っていわれた。彼女にしてみたら、本誌の仕事でこんなに忙しいのに
そのうえ、ブログをおもしろくしろなんて、無茶言わないでくださいよ、っていうところだろう。

気持ちは分かるけど、いまの編集者は、それでは務まらないんだよ、というのは
いいすぎだろうか。しょうがない。いまの時代、インターネットはあるし、ブログも
すでに発明されてしまったのだ。世の中にある伝達手段、使わなければ競争に
負ける。それだけのことだ。

社員としての編集者の皆様が編集部のブログを充実させるためには、そこに
彼らとしてのモチベーションがないと、ダメなんだろうね。目に見えるカタチで
本の売り上げが上がる、とか、ブログを1本投稿したら、手当が付く、とか。

いや、でも、ブログの効果なんて、そんなにすぐに目に見えるカタチで表れる
わけではないんだよ。じわじわと効いてくる、漢方薬みたいなもんだから。
そのことに彼らが気づいて、それでも俺たちはやる、と思えれば雑誌は長生き
していくと思うんだけど、なかなかそう思えないかもしれないなぁ、というのも
おれのホンネとしてはあるかな。黙っていい本さえ作ってれば、ちゃんと売れるんだ
という、悪い意味で昔気質の勘違いをしてたら、きっと静かにフェイドアウトして
いくんだろうな。なんていうことをぼんやりと考える、カロリーオフ発泡酒とともにある
夜。

民放テレビの終焉

とても得心がいく記事を見つけた。

http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=MMIT12000025082008&landing=Next

僕はずっと以前から、民放テレビは終わってる、近い将来にいままでのような繁栄ぶりは
崩壊する、とずっと言い続けてきた。

そして最近、僕と同じことをいう人が、少しずつ増えており。

なぜ民放は崩壊、没落のときを迎えているのか。

インターネットの普及とか、いろいろ理由はあると思うけど、端的にいえば

金儲けばっかり考えてる

ということに尽きると思う。

上で引用した記事も、民放が少しでも生き長らえるためには、という提案をされていて。
ひとことでいうと、金儲けばっかり考えるんじゃなく、使命を果たせ、ということで。
そのとおりだと思う。
というふうに、的確な民放延命策?はあるのだが、それでも僕は民放の今後については
非常に悲観的であり。

おごれるものは久しからず

という言葉のとおりに、きっと彼らは没落していくことだろう。笑えるほどに。

↓YouTubeで見つけた、民放没落の象徴的な映像

http://jp.youtube.com/watch?v=iDP–BENYzw&NR=1

http://jp.youtube.com/watch?v=1GHJXqU7bmE&feature=related

DP1本、Amazonで88位!

http://www.amazon.co.jp/dp/484432604X/

今日(昨日)発売になったDP1本、『シグマDP1マニアック・マニュアル』、
なんと午前1時23分現在、Amazonの総合順位で88位です!!
(たぶん、この日記をどなたかが読まれるときは、もうすこし順位が下がってると
思いますが……)

オグラはずいぶん長くデジカメ関連ムックの編集に携わって参りましたが、いままで
デジカメマガジン編集部で作ったムックが、Amazonの総合ランキングで二桁を記録した
ことは、いままでなかったと思われ。なので、これはものすごい快挙!です。

うれしい。。(号泣)

別にこの本がたくさん売れたからってオグラが儲かるわけではないのですが、
でも、自分が関わって世に出すことができた本が、広く世の中の人たちの支持を
得られる、というのは、とてもとても素敵なことで。

そう、ほんとに、とてもとても素敵なことだなぁ。しみじみ、泣けてくるよ。。

くせもののカメラを、
くせものの写真家と
くせものの編集長と
くせものの編集者と
くせものの進行担当と
くせもののデザイナーと
くせもののイラストレーターと
くせものの音声反訳者と
……

みんなで寄ってたかって、一所懸命に大事に作った本だから、
いっぱい売れると素直にうれしいんです。

まあ本の発売日があと1週間か10日あとだったら、
もうすこしきちんと校正もできたと思うのですが……。

それはそれとして。

くせもの、万歳!!(笑)

いま、ページをリロードしてみたら、77位になってました。(笑)
目の錯覚ではなかろうか。。くわばらくわばら、桑原市長。。

フルサイズ考

なんでオグラがキヤノンのフルサイズに萌え~~っとこないのかというと、自分の銀塩
時代の思い出と、微妙にリンクしないからだと思われ。

僕の銀塩時代の思い出というのは、ほぼ福岡時代とかぶっており。

仕事ではニコンF4とかFM2とかF90とかF3とかを持たされ、仕事で使う写真を
撮らされてた。いえ、撮らせていただいてた。もちろんピントはマニュアルフォーカス。
当時は24-50mmと35-70mmと80-200mmだったかな。ぜんぶいちおうAFレンズだけど
AFはほぼ厳禁というか。AFを使ってピント合ってなかったら、お前のせいだからな、
という教育を、受けた。

で、仕事の呪縛を離れるべく、ふだん持ち歩くカメラはCONTAX。風邪にも効くし。
こないだも書いたけど、メインは167MTで、そのあと159MMとかも買った。レンズは
なんつっても50mmと35mm。この2本だね。ほとんど。85mmもあとから買い求めた
けど、どのへんで使ったのかなぁ。よく覚えてないや。なんかあんまり望遠は好きじゃ
なく、まあ好きとか嫌いとかじゃなく、あんまり欲しいとも思わず。また、広角24mmとかは
仕事でいっつも使ってて、けっこうゲンナリしてたので、あんまりプライベートでは
使いたいとも思わず。で、かたくなに、35mmと50mmばっかりを、使ってた。あ、
頑なに、というのはまったく正確ではない。べつにほかの焦点距離をほしいとは
これっぽっちも、思わなかったな。

で、いきなり話は2008年に飛ぶけど、フルサイズのいいところは、単焦点レンズを
規格通りの画角で使えること。あとは、ファインダーが必要十分なだけ大きいこと。
この2つに尽きると思うんだけど。画質、ということでいえば、もはやAPS-Cで十分な
わけで。べつに僕らは五輪のプロデューサーをやっているわけではないし。
そんな、夜ばっかり狙って写真を撮る訳じゃない。ISO 6400とか、どこの世界の話だよ
と思う。

だからD700のムックを作ろうとか思っても、微妙に躊躇してしまう自分がいる。この
重くて高いカメラを、多くの写真愛好家に勧めることが、はたしていいのか、どうか。
悩みながらも、台割をいじって溜息をつく毎日。

とか書きながらも、溜息なんかつきませんからね。台割をいじりながら。Excelだし。
コピペだし。

なんの話だっけ。そう、近い将来、僕の手もとに可愛いD700という花嫁さんがくると
いいなぁ、と思わないではないけど、もしこなかったら、まあ嫌われてるんだろうな、
と静かに落ち込んで、そのあとの対応をひとり考えることにしよう。

僕の言いたいのは、フルサイズ機を売りたいのであれば、もっと軽く小さくしてくださいよ
ということに尽きる。フルサイズ機なんだから、でかくて当たり前、重くて当たり前、
レンズもでかくて高くて当然、という姿勢は、どうなのかな、と思う。そんなんだったら
フルサイズ、必要ないよ、って喉のこのへんまで、出かかってるわけで。

まあ撮像素子のサイズが35mm判フィルムと同じだか、その半分よりちょっと小さいか、
なんてことは、人類の歴史のうえでは、ほんのささいなことで。

けど僕らはそんなささいな事実をさも非常に重要事であるかのように喧伝して
それでメシを食ってる部分も、否定できないわけで。

中島みゆきの「蕎麦屋」とかを歌いながら、自分を省みるしか、ないよね。

明日は週末で、土曜日の朝は早起きせねばならないので、とりあえず、バス通勤を
してみようと思う。

明日の愛機はD300。レンズは20mmかなぁ。

乱筆乱文、失礼。

DP1本、完成。

『DP1 マニアック・マニュアル』が、ついに完成した。

今日はデザイナーさんとの次のムックの打ち合わせがあり、編集部には
行けなかったんだけど、編集部の副編が持ってきてくれてた。パラパラ見た。

本を作ってて楽しいことのひとつ、ゲラとか色校とかで何遍も見てるのに、
綴じられた本になってやってくると、またガラッとイメージが変わるというのが
楽しい。とても。

たぶんそれは、どんなにウェブとかが発達しても、本、という漢字一文字で、
かな二文字で表現できるずっと昔からある紙媒体の魅力というのはけっして
消え去るモノではない、ということを端的に象徴してるんだろう。

って、そんな大げさなことをいうつもりはなく、できてよかった。(笑)

僕のmixiの日記を隅々まで読んでくださっている方は、オグラがこの本の完成間際
かなり精神的に追い込まれてたことを、手に取るように理解されていたと思うけど、
ホントにそうで。(笑) 本当に追い込まれた精神状態であったことは言い訳には
ならないことは百も承知だけど、ふだんは見逃さない間違いをどうしても直すことが
できずにいたり。

それでも、出せてよかった。本当に、完成してよかった。(涙)

できあがると、それまでの苦労が全部吹っ飛ぶっていうけど、まだ忘れちゃあいない
けど、でも、まあそうだね。なんか、サイズもコンパクトで、DP1っていうカメラに
うまくフィットしてる気がするし。ひとりの写真家の方に撮り下ろしでやっていただく
半分は写真集、みたいな体裁も、うまくいったといえると思うし。
次へのチャレンジという意味でも。

オグラのチャレンジは続く。(笑)

このあと10月くらいに某出版社から予定されてるデジイチ初心者本?みたいなのの
デジイチの基礎みたいなページ、自分で原稿を書いて、写真も撮ってしまおうかと
画策してる。編集も自分でやるんだけど。いちおう、依頼主からはそれでもいいよ、と
お許しをいただいてるので、まあやっちゃおうかなぁ、と。さいわい、まだ締切まで
間があるので、たとえば写真とかがあまりにもヘボかったら、ちゃんとしたプロの方に
撮っていただける時間はあるかな、と。まあそのためにも、なるべく早めにページの内容を
fixして、文字原稿のほうをガシガシ書き始めないといけない。作例写真もどんどん
撮り始めないといけない。うー、夜更かししてmixi書いてる場合じゃないか。(笑)

ぼちぼちがんばろっ。。

不思議なモノで

次なる単行本の作業を、地味に続ける今日この頃。

取材したテープを文字にしたテキストファイルがあるんだけど、それを昨日今日で
いくつかInDesignに流し込んでみた。前に作った技術連載本のフォーマットを利用して。

不思議なモノで、秀丸上でふつうのMSゴシックとかで読んでてもピンとこないんだけど
InDesign上でそれなりのフォントで、本になるくらいのサイズの文字の大きさで印刷して
読んでみると、ひとつひとつの取材の全体像が見渡せて、すごく作業が進めやすい。

むかしパワレポ時代、Kさんっていうデスクがいて。その人は社員なのにひとりで
特集とかの執筆をやってしまう強者というか、変な人だったんだけど、締切ギリギリの
編集部でMacに向かって、Quark Expressで、白紙のページに文字原稿を入力してて。

こんなに落ちやすいソフトで、それも使いづらいMacで、よく文章を打ち込めるな、
この人、って尊敬と軽蔑?の混ざり合った視線を送っていたことを思い出した。
DTPがWindowsになったとはいえ、なんか当時のKさんと同じようなことをしてるなぁ
と苦笑いする自分がいる。

それはそうと。

まだテープ起こしは半分以上残ってるし、追加取材もいくつか行わないといけない
んだけど、すこしだけ、先が見えてきたかな。

なんだか楽しくなってきた。
今年中は無理だろうけど、来年の春くらいまでには出したいなぁ。この本。
タイトルはもう決まってる。まだ発表できないけど。ものすご~くストレートな
タイトル。これしかない、というくらいの。(笑)

9月のラオス、ベトナム行き、もしかしたらスケジュールを確保できるかも、と
思いはじめた。微妙に、今日あたりから関係各所に根回しも始めた。
あとは某社が変なタイミングで新しいデジイチを発表しないでいてくれることを
祈るのみ。(x x)☆\バキッ

写真、生活。

このあと、8月下旬から9月にかけて、比較的、仕事もヒマそうなので、
写真生活に、入ろうかと思う。

写真生活というのは、僕の言葉でいうと、写真を撮ることを生活の一番の
目的というか、趣旨というか、そういうことに据える、そういう生活。

不思議なモノで、意識すると、人間の体って、そういうふうに向かっていくわけで。

今週末から北アルプスの厳しい山のなかへ行くわけだが、いまのままではたぶん
上高地から2時間くらい歩いたあたりで、たぶん、リタイヤしてしまうと思われ。

で、それではあまりにもまずいので、今日あたりから、歩き方にも気を配り。
サンダル履きだけど。(笑)

もし遭難せずに帰ってこれたら、ひとつ大人に、なれるかな、と。(笑)

明日も、成田まで飛行機でも撮りに行こうかなぁと思わないでもないんだけど、
まあ早起きできたらね。(x x)☆\バキッ

9月の中旬、マイレージで予約が取れたら、シンガポール航空でも使って
ビエンチャンin、ハノイoutの旅でも、してみようかと思って。

もちろん、ビエンチャンからハノイへは、陸路の旅っすよ。

はじめてのラオス-ベトナム国境越えに、なるわけですね。

主目的は、これからやるムックの作例撮りと、あとはハノイの中秋節取材。
なので、バンビエンとかルアンパバンとかで楽しく遊んでる暇は、ないと思われ。

残念ではあるが。

って、ここにオグラが書いてることは、まったく予定は未定のコトガラなので
真に受けないでくださいませ。(ぺこり)

微妙に落ち込み

なんだか最近、ずっと年下の友人から、結婚します♪っていうアナウンスをいただくことが
多く。微妙に落ち込む今日このごろ。

なかなか、いつまでたっても日本を脱出できないし。

ふー。この秋冬の頑張りが、おぐらの後半生を決定づけると、決めて、
めちゃくちゃフルスロットルで頑張ろ。

まずは明日早起きして、いま眼前にある仕事をすごい勢いでやっつけよう。

進むしかない。一歩でも前へ。進むしかない。

印刷立ち会い

朝6時半に目覚ましをかけたのに、5時半とかに目が覚めてしまった。

秋葉原で地下鉄日比谷線に乗り換えて、三ノ輪まで
『DP1 マニアック・マニュアル』の印刷立ち会いに行ってきました。

印刷所にお邪魔するのはすごく久しぶり。
目の前で、白い紙にページの内容が刷られている様子を見ることができ
むちゃくちゃ興奮しました。

印刷所に足を運んだおかげで、というのは変ですが、微妙に校正が済んでなかった
箇所を、若干直していただくこともでき。有り難い限りで。(涙)

いい本になったと思う。

これだけオグラが痩せる思いをして編集作業に取り組んだし。

売れるといいな。DP1って国内で何万台売れてるか知らないけど、その半分か1/3の人が
買ってくれたら、とてもうれしい。欲をいえば、DP1を買った人、DP1に少しでも興味がある人、
そういう人たちが、みんな買ってくれたら、うれしい。

http://www.amazon.co.jp/dp/484432604X/

dp1hyosi.jpg

Amazonでも発売前だというのに、予約だけで2000番台をキープしており。
本当にありがたいことだと思う。

読んだら(見たら)すぐに写真が撮りたくなる、そういう本が、いいデジカメ本だと思うので
そういう意味では、自信作。横木さんもものすごくたくさんいい写真を撮ってくださったし。

本というのは、作り手の気持ちが、その出来映えに反映するもんなんだ、ということを
ひさびさに、再認識した。もちろん、カメラもそうなんだろうけども。

谷本歩実、すべて一本勝ち

一本で勝つ柔道を教わってきました、

っていう谷本歩実の台詞が、めちゃめちゃいいと思う。

僕もずっと一本で勝つことだけを考えてきた。

今日、親友のHくんと、地元で飲んでた。

いろいろ、最近の情報交換とかをしながら。

僕は勝てないケンカは売らない。けど、売られたケンカは、買う。

で、いっぺん始めたケンカは、絶対負けない。と決めてる。(笑)

なので、オグラにケンカを売るときは、それなりの覚悟をしておいてください。(^^;