あと一息

あと一息で、『EOS 40D 実践使いこなし本』の編集作業が終わります。
今日は印刷所から戻ってきた色校をチェックして、順次戻す作業をしています。
最後に残っていた2pは、午前中、無事に書き上げ、編集部のチェックも済みました。
校正さんからは、まだ戻ってきていませんが。

かなりいろいろ難航したムックでしたが、最後は意外にスムーズといえるかもしれません。

で、小倉は3泊4日のハノイ行きを前にして、4月発売の2冊のムックの作業をフルスピードで
進めております。今週中に2冊の表紙を作ってしまいたかったのですが、さすがにそれは
ちょっと無理みたい。(笑)
そのかわりに、操作関係のページをガシガシ進めてしまおうと思っています。

あんまりおもしろくない日記ですね。いつもですが。(笑)

次に印刷所から大量に色校が届くのが夜9時便らしいので、ちょっとだけ小休止。

一昨日、昨日と京葉線の新習志野駅で通り過ぎる列車を望遠ズームで激写してたら
40Dってけっこういいヤツじゃん、って思えてきました。(笑)

なんか派手さはないけど、実直なヤツだな、と。

ムックを作るには、やっぱりそのカメラを愛してあげないとね。

ちょっと疲れました。はやく寝たいなぁ。

千秋楽

いよいよ40D本が千秋楽を迎え。言葉の使い方ちがうかな。別に客を呼んで華々しくショーを行っているわけではなく、編集の仕事なんて十中八九めちゃめちゃ地味な仕事なわけで。

昨日なんとか2ページ原稿を書いたのだが、残り2ページがどうしても書けず。転地療法?ということで、編集部に行って書く。

前の編集長がいった新天地向きのネタは3、4つ考えた。全部やれっていわれたら、人を雇うしかないけど。笑

たまに、版元に本の企画を提案したけど、気がついたら自分と関係なく進められてた、ネタを取られた、っていう話を聞くけど、まあフリーの編集者なんて、出版界のヒエラルキーからいったら最下層に位置すると思われ。なのである意味仕方がないかなとも思う。

大切なのは、こいつじゃないとこの企画は成功しないな、と思わせること。そうすれば自動的に仕事もくると思われ。

僕は4人兄弟の2番目。いちおう長男なんだけど、子どもの頃、兄弟のなかのそのポジションをある意味強いられ、ある意味演じるなかで、メインの人の考えるべきことと少しズレたことに目を向ける性癖がついてる。みんなはこういくけど、じゃあおれはこっちへ、というぐあいに。長の動きに対して、自然にカラダが補佐的に動いちゃう。もうそれはオグラの習い性ともいえ、変えるつもりもないんだけど、だからオグラは本当は副役職が合ってるのですよ。

まあそれはいいとして。
なんのはなしだっけ。総武線緩行電車のななめ向かいの席に超ミニスカートのモデルみたいな女性が座っているので思考がまとまらない。笑

鉄ちゃん

今日は天気がいいのでてっちゃんしてます。きもちいい。京葉線のほうまでやってきて、房総特急を激写。いやいや40にして急に鉄道写真に目覚めたわけではなく、ムックで使う写真を家内制手工業でつくってるだけ。

これから編集部に向かい、残りのページを仕上げて即印刷所に入れ。あんまり時間に余裕はないわけで。

明日は出社しないで済むといいなあ。

いずれにしても月火は修羅場になるだろうことが容易に想像できるわけで。

西船に着きました~。

終電

今日は終電ですね。
いま御茶ノ水を出るとこ。

めちゃめちゃ充実してたな、今日。明日は午前中から、作例を撮りながら会社に向かう。楽しいなあ。夜、地元で大事な用事があるから、仕事をさくっと、あるいは粛々と進めよう。

しかし今日、事情があって夕方、船橋まで戻ったんだけど、そういうことが全面的にプラスに働いてるんだよな。

それはめちゃめちゃ実感する。

明日、明後日って仕事すれば、あとは月曜日でだいたい一冊おわる。ああ終わっちゃうなあ。なんか悲しい。

ま、なにかが終わるっていうことは、なにかが始まるっていうことで。

当たり前か。笑

一週間後にはハノイですよ!いまの時間、ノイバイ空港からハイウェイをかっ飛ばしてる頃か、もしかしたら旧市街の宿にたどり着いてる頃かな。
ぼくの目の前でデジカメの画像を再生していっしょに楽しそうに見てたカップルがなんかケンカを始めた。女の友だち関係の写真に知らない男が写ってるのを見て、こんなの見たくないよ。おまえの肩に手を乗せてるの誰だよ、って。心霊写真じゃない?って彼女。ここに山田君がいないのが返す返すも惜しい。

終わりかけ

かけ、っていいですよね。
…かけの美学というか。めちゃめちゃ愛し合った男と女が別れていくさまとか。食べかけとかさ。写真的にも、壊しかけの建物とか、めちゃめちゃフォトジェニックだよね。あと、脱ぎかけとか。笑

そのテンポラリーな状態というのが人の目を惹くんだろうな。

で、40D実践使いこなし本の編集作業が終わりかけて。なんとなくのこの寂しさというのは、なんなんだろう。

いまふと思ったんだけど、今回のムックも本当にキツくて、いろいろ新しいことも試して、だから編集者としてのオグラもわずかながら成長できたと思われ。目に見えない、脱皮した過去の自分の姿に対して、寂しいという心持ちを覚えてしまうのかもしれない。

たとえば、中森明菜がセカンドラブで歌ったような、あのある意味めまいにも似た、けだるい感じ。

この日記を書き始めたとき、オチは卵かけご飯だ!と固く決めていたのだが、そんな自分が恥ずかしくなってしまうような方向へ流れてきてしまいましたね。

なんか新しい仕事がしたいなあ。いままでと少し脳みその違う部分を使うような。

ひとまず

デザイン入れ、終わりました。きつかった~。

けどこの40D本、いっこ前に作ったムックの1D3のよりもだいぶきついなあ、なんでだろって考えたんだけど、あの本はプリント関係、レタッチ関係の記事は編集部のそういうのが得意な人にまとめてお願いしたんだ、そういえば、と思い出した。あと自分で書くページもほとんどなかったし。そういう意味ではキツいに決まってるともいえるんだけど、スケジューリングの面とかで、反省すること多いなあ。けどまあ、カメラマンさんたちが、ムックの仕事、重なりまくって、それで全体的に遅れまくったというのが大きいかな。スタートがあと1か月早かったらねぇ。涙

とかっていまさら悔やんでも始まらないので、次で頑張ればいいや。

それにしても、楽しみだなあ。本できるの。いつになっても一冊作り上げる喜びは格別だよね。

来週がまた勝負だなあ。最近疲れたとかいってられなくなって、ずっとテンション高いままでいるなぁ。いいんだか、悪いんだか。まあまた暇になったら、もとのとおりの怠け者に逆戻りするんだろうけど。笑

ああ、しかし、終わりが見えたいまの瞬間がいちばん気持ちいいかもなあ。なんかしあわせ…。

おわらない

いつまでたっても仕事が終わらない。。

僕のもっとも苦手とするプリンター、レタッチ、RAW現像系のページ、あと8pも
デザイン入れをしなければならない。

固い岩盤にぶち当たったトンネル掘りマシンのように、1時間たっても数cmしか
進まない状態で。けっこう逃げたいかも。。

さっきなんか、ホントは4pの固まりなんだけど、2pの前半だけ、デザイン入れしちゃった。
そうしないと、つらくてつらくて……。

自分で書くページも、欲張りすぎたかにゃあ。けど身近に手軽に頼める人が
いないから、ついつい自分でやるべ~、ってなっちゃう。そのほうがラクだし。

とかってmixiに書いてるだけで、なごむなぁ。

トーキングスルーっていうんだってね。だれかに愚痴をこぼすだけで
すっとラクになるって。mixiの場合は、ライティングスルーになるのかな。(笑)

まだあと3時間は会社にいないといけないだろうな。明日は早起きしてまた会社に
トンボ返り。そして夕方からはケニア出張にいってる友人のフォローで、またも
地元に一瞬戻って……。そのあとまた会社に戻って、エンドレスな夜……。(笑)

まあいいや。優先順位を付けるとすると、今日絶対にマストなのが、デザイン入れ8p。
まあ、終電を逃すと悲惨なので、たとえば4pしか終わってなくても、帰るけど。(笑)

そしたら明日の会社に来る時間は、数時間はやまることになるもんなあ。
どっちにしてもつらいところだ。よく正気を保っていられるよなぁ、なんつて。

いまはつらくても、これが終わったら楽しいこと、いっぱいあるからね~。ふふふのふ。
味噌汁の具は●に限る。(笑)

一筋の光明

が見えてきた気がする。3/31発売の『40D実践使いこなし本』の編集作業。

長くつらい道のりだった。きつかった。ついでに体重も4kgほど減った。

内容には、自信ある。カメラが出てから半年余、最後発のムックになるけど、スタートダッシュで売り上げを伸ばしたい。明日は春分の日だけど、そんなの関係なく、仕事。なんか休みの日にまったりと人の少ない編集部で仕事をするのって、優雅でけっこう好きかな。

今月末のハノイ短期滞在の次の本格旅行をいつにするか、悩むところ。4月に出すムックのあと、どんな仕事が待っているか、まったくの白紙で。まあ傭兵部隊、野良猫状態だから、ギリギリまで仕事が決まらないのをむしろ楽しまないといけないんだけどね。

ふふふ。爪でも研いでおこう。今回はベトナムに持っていってあげられない愛機を、磨いておくとするか。

まだ錦糸町だよ。快速に乗り換える元気もない。

今日も、

がっつり仕事。

ロケから八時に帰ってきて、それからいままで編集作業を。まったく余裕ナシ。明日が勝負だなあ。なんで二十日は祭日なんだよ。ったく。祭日があってもまったくうれしくない今日この頃。

ロケの波がまだまだ続く。どうにか機材の都合をつけて、乗り切るしかないんだよな。

朝は超前向きだったのだが、帰りはヘロヘロ。救いは今日のモデルさんが死ぬほど可愛かったこと、かな。
この人、伸びていくんだろうな、って思った。福岡の春日出身なんだって。どうりで!って思った。あそこはエンターティナーを生み出す土地だからね。前に西鉄電車で声をかけて写真を何回か撮らせてもらった娘に、似てたな。あの土地はそれが許される土地なんだよな。時代が変わったというのもあるけど、あんまりこっちでそういうことをしたいという気が、最近は起こらない。老けたのかね。笑

しかし、本当に終わるか心配。途中、いろんなページに気を取られて、ちょっと後回しにしてしまったページがいくつかあり、いまそのページに逆襲されてるという感じ。
まあいいや。なるようになるでしょ。めちゃめちゃ開き直れば、新しい地平も見えてくるんじゃないかと思われ。

まずは寝ることだな。笑

今日、館山で食べた、アジづくし定食が死ぬほど美味かった。レストランに布良の大漁旗が飾ってあった。星を撮りに行ってないな~。行きたいな。

昨日、津田沼駅を降りたあと、中島みゆきの「時刻表」っていう歌を歌ってた。そういえば今日、海の近くをずっと走ってたのに、ちゃんと海を見なかったな、と思った。

おきはや

はれました。

ナナジハンの時点でこの光は、かなり今日はやばいすね。

僕は高気圧のくせに朝起きがけはメチャメチャ機嫌が悪かったのですが、以前は、という話をすると洩れなくヒかれるのですが、ここ何年か、まったくそういうことはなく。まさにツキものがとれたという感じで。まあ単に歳を取っただけという話もある。笑

今日は夕方までがっつりロケを行ってから、編集部にとんぼ返りして、40D本の作業をまたさらにガシガシ進める。
なんか楽しく、なってきた。
僕ら、本を作っていて、読者の方から直接に感想を聞くってこと、意外に少ないけど、けど数万という人たちが、僕らの作ったマスターガイドを買ってくれてるという事実を、噛みしめたいと思うんだよね。
想像力の翼を柄にもなく生やして。

あるマイミクの方が、たまたまKiss Xの本を買ってくださって、奥付にオグラの名前を見つけ、教えてくださった。

なんかめちゃめちゃうれしいんですけど。

僕らは、カメラの機種本なんて毎回おんなじことばっかりで、もう飽きちゃったよ、なんて簡単に思いがちだけど、なんて傲慢な思いこみだったんだろう、ってようやく気がついた。

僕らは日々、ページ作りに取り組むたびに、インクの匂いのする新しいページを繰りながら、おずおずと撮影モードダイヤルを回してみて、愛する家族の笑顔を傑作写真にしよう、って固く決意している男性ユーザー、女性ユーザーの姿を、心に思い浮かべるべきなんだ。

そう思ったら、そう思えたら、なんだか仕事がいままで以上に楽しくなってきた。やばいかもな。笑