早い話が:独りよがりのたたり=金子秀敏

毎日新聞のコラム。完全に同感なので、尊敬の念を込めて、かってに全文引用。

早い話が:独りよがりのたたり=金子秀敏

 戦前、上海に東亜同文書院という日本の学校があった。「日中共存共栄」を建学の理念とした。優秀な人材が集まった。硫黄島の栗林忠道司令官も、陸軍士官学校と同文書院を受験して両方合格している。

 大城立裕氏の小説「朝、上海に立ちつくす」(中公文庫)は、書院在学中の体験を描いているが、その中に日本軍の軍用米買い付けが出てくる。

 上海の日本軍司令部が商社に米の買い付けを命じた。商社は、「いまの季節は自家用米しか残っていない」と反対するが、軍は耳を貸さない。抗日ゲリラの出没する郊外までトラックで米の買い付けに出かけた。

 商社員1人、通訳兼帳付け役に動員された書院の学生3人は、民間人なのに2等兵の軍服を着せられ、実弾と小銃を渡された。本物の伍長、上等兵、1等兵計4人が同行し、日本軍の警備部隊のように見える。

 一軒一軒農家を回ると、農民が「売る米はない」と泣き叫ぶ。伍長の命令で着剣した銃を構えて家捜しをして、米袋を強引に運び出した。

 さて、この米は、農民から買ったものだ。日本軍は警備と輸送に協力しただけで、商売は業者がやったのである。軍は「広義」には関与したかもしれないが、「狭義」の直接関与ではない、と。そう言って通るだろうか。

 農民に渡した通貨は、南京の汪兆銘(おうちょうめい)政府の発行する「儲備(ちょび)銀行券」だった。激しいインフレで1万分の1の価値しかない。そんな紙幣で買われたら、奪われたのと同じことだ。しかも、全員が日本の軍服だった。中国人から見たら「広義」も「狭義」もない。日本軍による略奪である。

 慰安婦問題に対する米国の世論は、ますます日本に厳しくなってきた。それが韓国にも飛び火した。

 ワシントン・ポスト紙の社説は、慰安婦の募集は業者がやったことで、狭義の軍の強制性はないという安倍晋三首相の発言をとりあげて、「二枚舌」とまで酷評した。

 日本人の内輪の論理だけでは、国際的に通用しない。中国人の立場で考えれば、軍用米の買い付けが合法的なビジネスで通るはずはない。まして売買したのが生身の女性なのだ。河野談話でやっと政治決着させた問題を、わざわざ蒸し返してきたのは自民党の有志議員、その中心が安倍首相だった。独りよがりの主張は、孫子の代までたたる。(専門編集委員)

毎日新聞 2007年3月29日 東京夕刊

インタビュー

あるプロダクツのためのインタビューで、某社へ。

取材対象としてお会いした方に、ご無沙汰しております、と挨拶され、非常に恐縮した。

僕の不勉強もあり、とてもとても難しい話で、あとから、ああ、あれも聞けばよかった、これも聞けばよかった、ということが噴出し。うううっ。

あまりにも緊張していて、顔写真を撮らせていただくのを忘れ。

廊下を歩きながら思い出して、あわててお願いして、撮らせていただいた。

この方、めちゃくちゃいい男で。そういったら、おだてても何も出ませんよ、って。
いえ、100%ホンネです。

取材に応じてくださった方々のためにも、かならず今年中に、このプロダクツを
モノにするのだ、と今日、固く誓った。

人というのは人によって生かされているのだということを
あらためて噛みしめる日々。

生かされている 神にではない 人にだ

写真展

知り合いの写真家、元木みゆきさんの写真展に行ってきた。
今日が初日。オープニングパーティをやると案内のハガキをいただいたので、これはぜひ伺わないわけにはいかない、と。

打ちのめされた。圧倒的な、量と、質。

序文もめちゃくちゃよかった。ふだんアホみたいにしてるけど、頭のいい子なんだな、と初めて知った。

お祝い、何にしようかな、と悩んだんだけど、駅前で花を買っていくことにした。ちょうど、咲きかけの百合が並んでたから、それを中心にして。

渡したら、喜んでくれてた。ケチらないで、もっとデカイのあげればよかった。

いい写真を見ると、無性に写真を撮りたくなる。
そうやって考えると、読者が写真が撮りたくなるようなのが、きっといい写真雑誌なんだと思う。デジタルカメラマガジンは、どうかな。

次の一手

おかげさまで、『PENTAX K10D/K100D完全ガイド』は好評販売中のようで。本当に有り難い限りです。

次の一手を、どう打とうかと、ずっとそればかりを思案しており。

mixiでスレッドに書き込んでくださった方々からは、レンズをもっと取り上げてほしい、という要望がすごく強かったという印象があるので、K10Dをはじめとしたペンタックスデジタルと、M42タクマーから始まるペンタックスの新旧レンズをずらりとラインナップした、そんな本が見てみたい。僕自身も。M42は、べつに旭光学のタクマーだけじゃないもんな。

そうやって考えると、べつに、紙媒体のムックでなくても、全然いいんだよな、という思いがすぐに湧いてきて。全世界のペンタックスレンズを愛するユーザーが一堂に会せる、そういうサイトがあれば、いいんじゃん、って。

で、そのうえで、じゃあ本としてまとめる意味って、どのへんにあるんだろう、ってことを、考えるわけで。

まあいま現在は、言葉の壁というのは思いの外、高いわけで。日本で作られた書籍が国境を超えることは、なかなかに難しいと思われ。逆に、世界中の知見を集めて、日本語の書籍を作るというのも、なかなかに簡単なことではなく。

自分ができる、この世の中に対する恩返しってなんだろう、っていつも思う。

善き人のためのソナタ

重い映画でした。観たあとの気分はけっして軽やかなものでは、ありません。そしてこれは紛れもなく現代の物語である。

ドイツが統一したあとの旧東ドイツの方々の暮らしぶりなんて、ぜんぜん情報も伝わってこないし、とくべつ興味を持っていたわけではありませんが、国が統一されても、人びとの意識というのは、なかなか変わるものではないのかもしれませんね。何十年も、あの体制のもとで、生活を送っていたわけですから。

人間の良心ということをテーマにした映画だと思います。どんな政治体制のもとでも、人は人の心を、良心を持ち続けることはできるし、一方、欲望というものは権力を手にすると際限なく増殖していくのだ、という。

ひさしぶりに、映画というモノを見れて、よかったです。ひとつ前の映画は、たしか、バンコクで見た動物たちが人間に復讐するアニメ。あれつまんなかった。米国映画にありがちな、やたら暴力的な映画だったし。あれ? そういえば何か月か前に、幕張で映画を観た気がする。なんだっけ。

ああ、ユナイテッド93だった。去年の9月に。こういうドキュメンタリータッチの映画しか、観ないのでしょうか、この男。たまには娯楽大作とか観て、肩の凝りをほぐしたほうがいいと思うのですが、いかがでしょうか。(笑)

いやぁ、日常生活が笑いに包まれてるから、映画で娯楽を楽しみたいという気持ちってないんだよねー。あ、でも、きょう予告編が流れた、フランスの恋愛映画、夢がモチーフになってる、は楽しそうだったなぁ。たぶんきっと、アメリとかもおもしろいんだろうけど、悲しいかな、僕は映画というモノを、自宅の小さなテレビ画面で見ることができえず。悲しいかな。

D40x

きょう、ニコンからプレスリリースが届き。D40x発表。ぱちぱち。おぃおぃ、ニコンさん、デジイチの機種本を出してる雑誌社の立場も、考えてほしいなぁ。(笑)

D200の後継機もそろそろ近いと思われ。だって、D200の中古価格とか、下取り価格とかが、ずるずる下がってるもん。市場は正直だよな。

キヤノンの次の一手も、気になる。10D→20D→30D、ときたから、次は……と容易に想像できるんだけど、十の桁がひとつ増えて、画素がKiss X同等の1010万画素になってるだけだったら、どうしよう。

液晶モニターは3.0型だったらちょっとはえらいけど、ファインダーが以前のままプアだったら、一言も話題にせず黙殺することにする。たとえ連写が秒100コマだったとしても。(笑) 記録メディアはSDに3000票。

白いカイト

しばらくカラオケで歌ってないけど、20世紀の日本の名曲に数え上げられるであろう一曲。

ボーカルのAkkoのメランコリックな歌声が、どうにもこうにも魅力的で。

プロデューサーは小林武史。こないだ一青窈との不倫が発覚した……。

いまWikipedia日本語版で確認したんだけど、Akko(小林亜希子)とも、できちゃった結婚だったのですね。Wikipedia日本語版の記述を信じるとすると。

なにがいいたいのかというと、この白いカイトの歌の歌詞をそらんじてみると、なんだか最初から別れの匂いがする。

悲しみの言葉は全部捨てたい 愛はひとつの言葉では語れないから

宋文洲さん

宋文洲さんという人がいる。実はこの人のことを僕はよく知らないのだが、ソフトブレーンという会社の創業者で、いまは経営の第一線を退いていて。

日経のサイトの連載コラムで知った。いまの世の中で話題になってる、さまざまな複雑な事象をテーマに取り上げながら、ものすごくすっきりと分析を加え。読んでると、みるみる目の前が明るくなっていく感じがする。

この人の、なにがすごいかって、連載コラムをブログのようにしてて、コメントとトラックバックをフリーで受け付けてるところ。なので、1回のコラムに、何十、何百っていうコメントが付くことも珍しくはなく。

ただ、取り上げている話題が、やはり微妙な問題を含むモノが多いわけで、世の中にはいろんな考え方の人がいるから、感情的な反発とかも、ものすごく。匿名コメントなのをいいことに、差別用語を書き連ねてみたり、中国へ帰れ、だなんて言い放ってみたり。

宋さんは、日経の連載コラムとは別に、個人としてもブログ(http://bsou.seesaa.net/)をお持ちで。日経のサイトと関連づけをしつつ、日経のコラムではフォローしきれない続報や関連情報を綴っていたり。そこでも、フリーのコメントを受け入れている、いや、いた、といったほうがいいか。あまりにもひどいコメントが多いので、柵を設けることにした、と宋さんは言う。つまり、ひどすぎるコメントは掲載しないこともあるよ、と。

賢明かなと思う。もちろん完全に自由な状態で自由闊達で有意義な議論が交わせれば、こんなに素晴らしいことはない。ただ、そういう準備が出来ていない人も、世の中にはまだまだたくさんいると思われ。そこには、匿名で参加可能、という仕組みも一役買っているのだろうし、そもそも日本人って、議論が上手じゃないっていう話もある。

なにがいいたいのかわからなくなってきたが、僕は宋さんの、日本人とか中国人とかを超えた議論の軸足の持ち方に賛同する。まったく同じ理由で、毎日新聞記者の藤原章生さんのモノの考え方にも、賛同する。

http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/hassinbako/archive/news/2007/02/20070218ddm002070063000c.html
(藤原さんの最新のコラム「発信箱」)

ぜんぜん少し関係ないが、最近クルマのなかで聴いてる曲でいい曲だなぁと思う曲があり、さっき歌詞で検索したら「ブレッド&バター」の「あの頃のまま」という曲で。サビの部分にこうある。

人は自分を生きていくのだから

まったくそのとおりだ。そういう意味では、ブログでもmixiでもホームページでもいいのだが、自分個人を明らかにして、何かしている人と、そうでない人、というのは、これから徐々に分かれていくのかなぁと漠然と思わないでもない。

藤原章生記者の1月の「発信箱」もよかった。バックナンバーがサイトから消えてしまっているので、うろ覚えだが。近いうちに国会図書館で新聞をアサって、携帯のカメラで複写してこようと思う。

たしか、こんな内容だった。

僕が日本の現状を批判すると、「藤原さんは日本をキライなんですね」って、若い知り合いに言われて驚くことが多い。母国を好きになりたいからこそ、批判してるのに、って。

まったくうろ覚えなので、趣旨が違ってたらお詫びのしようもないのですが。でも、こんな感じ。

いい意味での批判精神はバランス感覚の裏付けがなくちゃダメだし、もちろんそこには、本質を見抜く目、というのが絶対に必要になってくる。どこがキモなのかという。そしてそれが人間の生きる力の根幹だし、教育というモノが人に何かを授けることができるとしたら、そのあたりの部分を磨いてやる、ということなのかなぁ、と思わないでもない。

長文失礼。

ITとかWeb2.0とかの時代、個人が個人として世界に発信できる可能性を手に入れつつある現在、ますます、“人は・自分を・生きていく” という点が、いっそう強く問われていくんだと思う。

ひゃあ

昨日発売日を迎えた『PENTAX K10D/K100D完全ガイド』ですけど、Amazonでいま現在、1902位! わお、ぱちぱち。

http://www.amazon.co.jp/dp/4844323768/

ほらね。って、時が経てば、順位は変わるけど。(笑)

それもですね、この誇るべき順位、本のタイトルが違ってて、ですよ!(ぷんぷん) たぶんしばらくしたら直ると思うけど、いま現在のタイトルは、いいですか、『PENTAXK10D/K100』だよ。大型本なのは合ってるけど。(笑) せめてPENTAXとK10Dの間に半角スペースくらい入れてよ! Amazonの担当の方!!!

で、トップページの検索語にK10Dって入れても、うちの本、出てこないんだよ!!! ありえないでしょ。相も変わらず、というのは失礼かもしれないけど、出てくるのは、モーターマガジン社のK10D本だけ。個別の記事の良し悪しはあると思いますが、トータルでは絶対に負けてるとは絶対に思わない。まあ発売日が3カ月もあとなのに、内容で負けてたら、その時点で終わってるよね。(笑) 値段も400円以上ちがうけど、価格差以上の価値が、あると思うな。僕たちが作った『K10D/K100D完全ガイド』には。

巻末のアクセサリー一覧で、3/1から価格改定となった一部のアクセサリーが旧価格のままになっている点は、本当に申し訳なく思っております。お詫びのしようもありません。ただちに担当者を叱りつけます、って僕なのですが。(涙)

すみません、口調がざっくばらんなのは、お許しください。
もともと気さくな性格なので。(ちなみに母ゆずり)

税務署

税務署に行ってきた。確定申告しに。

自動的に青色申告のコーナーに導かれ、青色申告のメリットを縷々、説明してもらった。

帳簿をちゃんとつけるだけで65万円も控除されるって、もしかして青色が標準で白色がテキトーモードということかしら。う~ん、よく考えてみよう。

それにしても疲れた。風邪はほぼ治りつつある。

このあと横中のタンタン麺を食えばばっちり治るだろう。