K10D/K100D完全ガイド

表紙ができました。

k10d_k100d_kanzen.jpg

インプレスジャパンの物販サイトに掲載されたので、解禁、ということで。

以下は身内話。もしかしたら、自慢話と取られるかもしれませんが、嬉しくて仕方がないので、書かせてください。よかったら、お読みくださいな。

ペンタックスがK10Dを発表した瞬間に、スペックをだだだっと眺めて、これは相当にいいカメラだぞ、いいカメラになるぞ、と直感した。その前後、もしかしたら、K10Dのムックを作ることになるかもしれない、と思って、*ist DS2を中古でGetして。ああ、ペンタックスのカメラとレンズって、こんな感じなのね、っていうのを、ある程度つかんで。

で、K10Dのムックのコンペがあってね。某インプレスジャパンは、結果として、負けてしまったわけ。一発目にK10Dのムックを作る権利(?)を月刊カメラマンのモーターマガジン社に、取られてしまったわけですよ。

で、小倉は悔しくて、悔しくて、悔しくて。そのまた、悔しくて。

どれくらい素晴らしい本ができるか、お手並み拝見っていうと偉そうだけど、でも、先駆者としての月刊カメラマンのK10Dムックに、ものすごい期待を抱いており。もちろん、K10Dボディといっしょに、めちゃくちゃ売れてほしいとも思った。

同時に、自分でも、やっぱり、K10Dの本がどうしても作りたいと思ったさ。

もしかして、月刊カメラマンのK10Dムックで、K10Dの魅力を伝え切れてない部分がもしもあるとしたら、それはものすごく勿体ないことだし、ペンタックスにももっともっともっともっと頑張ってほしいと思ってるし、とにかく、自分がK10Dというカメラをすごく好きなので、それをなにか、カタチにしたいと思った。

で、編集長とか広告部のTさんとかに直談判して。なんべんもペンタックスと折衝していただいて。で、じゃあ、K10DとK100Dの両方を扱うムックということでしたら、出せるかもしれません、という結論になり。

そのゴーサインが出たのが、12月のアタマ。ちょうどK10Dが発売されて、モノが全然なくて、みんなさすらってた頃。小倉もさすらった。

K10D/K100D完全ガイドの前に、D40マスターガイドを出すことが決まっていたので、あるいみ同時並行でやることになり。小倉史上初の、ムック同時2冊。

まあでも、D40マスターガイドが2月7日に無事に発売できて、K10D/K100D完全ガイドが、たぶん3月2日に出せる。

すごいうれしいなぁ、と思って。

で、4月のアタマにデジカメ用語集も、たぶん、出せると思うので、3カ月連続でまるまる編集をやったムックを出す、ってある意味キ●ガイ沙汰。

この2~3カ月くらい、ほとんどプライベートもないまま突っ走ってた。そろそろ仕事の面では一息つけると思うので、そろそろ彼女でもGetしようかなぁ、と思う今日このごろ。(爆)

ベトナムがどんどん近づいてるよ。そういう実感がある。
日本列島がどんどん南シナ海を下って、ベトナムあたりと合体しちゃえばいいのに。そしたらマンモスも渡ってこれるじゃん。

ねぇ。

あ、今日は時間をこじ開けて、合唱団の入卒団式に参加してきました。
みんな可愛かった。みんな凛々しかった。心の底から、おめでとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

スポンサーリンク