11月26日(水) ハノイ(ベトナム)

いま夕方の5時前です。
昨日は飲み過ぎました。今朝、死ぬほど吐きました。死ぬかと思いました。
写真も撮らんと昼間っから飲んだくれてる罰だと思いました。

旅の目的を、忘れかけていたように思います。
なじんだハノイにいる、ということも、甘えのもとだったように思います。
すみません。

明日、夕方、フエに向けて出発します。グェン朝の都が置かれていた、ベトナムの奈良とも
呼べる場所。どんな人たちが待っているんでしょうか。

ビールを飲まなくても、アルコールが入っていなくても、写真を撮れるように
しないといけないですね。自分で自分を鼓舞して。大丈夫、きっとできると思います。

あ、そうそう。今日ね、すごいことがあったんですよ。
ホアンキエム湖のほとりに、体重計屋さんがいたんです。
体重計屋さんって、体重をはかって、お金を取る商売。2000ドンでした。
どうしようかな、と思ったのですが、はかってもらうことにしたんですね。
サンダルを脱いで、体重計に乗って、針がぐぅ~ん、って動くのを、固唾を
飲んで、じっと見てました。そして針がピタリと止まり。なんと、5kgも体重が減っているでは、
あ~りませんか!! 驚きました。いや、もしかして、0kgの設定が、ズレて
いるに違いない、と思って、体重計を降りて、0kgに針が戻るのを見てましたが
きっかり0kgを指してました。まぁ、体重計が壊れている可能性も否定はできない
のですが、でも、5kg減ったのかも、と思うほうが、自然のような気がします。

それにしても、2週間で5kgですよ、奥さん! へたな病院ダイエットより
ずっと効率いいですよ。お金も全然かかってないし。旅に出ると、刺激が多いので
食欲を満たすことで本能を満足させたいという気持ちが、相対的に減るんですね。
あとちょうど1か月。この調子で行くと、あと10kg減らすことも、不可能では
ないのではないかと思います。それって、すごくな~い?(笑)

あと10kg減ったら、75kgだよ! あ、書いちゃった。(笑)
いいんだけども。

そうそう。体重を量る直前、前から行こうと思っていた、タマリンドカフェで
メシを食ったんですよ。メシを食ったすぐあとに体重計にのったにもかかわらず、
マイナス5kgって、かなりすごいよねぇ。

っつーか、痩せるの当然だよ。だって、食べてないもん。さっきも書いたけど
メシを食いたいという欲求が、それほど湧いてこないのですよ。いいことだね。
日本で、いかに大量にメシを喰らっているか、ということが分かりますね。
ストレス解消とばかりに、何か食ってる、っていう部分が大きいですからね。
いかんいかん。ここで75kgとかがもし実現したら、ぜったいに増やさないように
しようと思う。なにしろ、フットワークにモロに影響するとこだからねぇ。太ってると
とにかく歩きたくなくなる。体が重くて。路上写真家の方々って、皆さん細いです
もんねぇ。やっぱり、写真を撮るのって肉体労働なんだよね。うん、そうだ。

全然違う話、していいですか?
最近、水道の蛇口って、ワンハンドル式のが、増えてるじゃないですか。
左にひねるとお湯が出て、右にひねると水。上にあげるとたくさん水が出る、っていう
作りの。あれって、たぶん、誰かが発明して、特許とかも取ってると思うんだ。で、
みんな彼(or彼女)、もしくはその会社にお金を払って、使わせてもらってる。

むかしは、っていまもあるけど、お湯と水の蛇口が別になってて、その両方の
開き具合で、温度を調整してたじゃん。あの昔の方式に比べて、最近増えてる
このワンハンドル式って、すごくスマートだし、すごく機能的だと思うんだよね。

これってなんだろう、って考えてみたんだけど、きっとこういう言い方が
合ってるんじゃないか、って。

世の中の段差をなくすこと

そう。きっと僕らは、世の中の、さまざまな段差をなくすために、この世に
生まれてきたんだ。どこかの彼が、あのワンハンドルの、すごく使いやすい
水道の蛇口を発明したように、僕らもきっと、自分が生きてるあいだに、
なにか、世の中をずっと住みやすくする工夫を思いつけるんじゃないかって。
もちろんそれが発明とか特許とかっていうふうに、世の中から公に認められ
なくても、ほんの小さなコトかもしれないけど、家族とか、友人とか、会社の
人たちとか、あるいは地域のみんなとか、そういう一定の範囲の人たちのために、
役に立つような、ナニカをきっと見つけられる。そうやって人類は
進化していくんだと思う。

いまハノイは夕方の5時過ぎ。ベトナム歌謡?が大きな音で鳴り響いてる。
街のどこかの店で鳴らしてるんだろうか。それとも、防災千代田みたいなもんか?
あ、止まった。うーん、時間も5時だし、やはり防災ハノイだったか。(笑)

まぁ、それはそれとして。

こんな言い方は、いかにも、おこがましいかもしれないけど、
僕が写真を撮っているのだって、さっき書いた、世の中の段差をなくすこと、
に連なる作業だと思ってる。少なくとも自分では、そう信じてる。

有休消化でインドシナに1か月半も旅行に行って、いい身分だな、と
みんな思ってるかもしれないけど、写真は僕にとって趣味じゃないよ。
戦いだよ。誤解を恐れずにいうと。

さっきも書いたけど、酒、ビール、あんまり飲むの、やめようと思います。
それを昨日たっぷり飲んだ、ベトナムの焼酎が、教えてくれたんだと思います。
断酒っていうわけじゃないけど、まぁ、寝る前に缶ビール1本とか、それくらいに
しようと思ってます。っつーか、しばらくアルコールの匂いは、嗅ぎたくありません。

それほどキツかった。

そうそう。ウキウキ気分で行ったタマリンドカフェですが、玉子丼を頼んだのですが
あんまり僕の口には、合いませんでした。味がね、甘くないのよ。しょっぱいの。
変でしょ?(笑) たしかに日本には、美味いモノがなんでもありますね。
不思議な国ですよね。なんつーか、人々の欲望をとことん追求して、それでもって
自分たちの首を絞めてるというか、かえって住みづらくしてしまっているというか、
うーん、うまく言えません。ほどほど、っていうことが、忘れられてしまった、
そんな社会のように、僕の目からは見えますね。とくに東京圏に住んでいると。

昨日だか今日だか、北の国からの、純がガールフレンドを妊娠させてしまう
回のストーリーを、思い出してました。河口で会ったイケてるおねえさんの
影響でしょうか。(笑)

タマ子っていう名前だったと思います。ユウキナエ演じる、鹿児島出身の女の子。
妊娠して、中絶して、純と別れる最後の場面で、彼女、こんなことを言ってました。

あたし東京を卒業するの。

いまなんとなく彼女の気持ちが分かるような気がします。
そして、彼女にそう言わせた、脚本家・倉本さんの気持ちが。

明日はフエに向かって出発します。

フエではフエの風が吹く。どんな風でしょう、はたして。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください