2000年6月

日記

●平成十二年

・6月4日(日)

今日は一日、忙しかった。

午前中は、近所の若い友人二人といっしょに、八千代に住んでる昔のバイト仲間、
Mさんに会いに行った。急な訪問だったのにもかかわらず、素敵な笑顔で迎えてくれた。

午後も町内をあちらこちらと忙しく動き回った。

午後8時過ぎにいったん帰宅し、クルマで都内へ向かった。

福岡時代のもっとも親しい友人(といえばいいのかな?)D女史が仕事で東京へ
来ていたので、ちょっとだけドライブ。いろんな話をした。2年ぶりに会ったのに、
あんまり変わってなかった。元気そうだった。先月の日記に書いたように、小倉が7月に
福岡を訪れる予定になってるので、まあ、またそのときに……ということで、
2時間ほどで別れた。私も東京に不案内なので、とりあえず、お台場の夜景を
見に行った。首都高じゃなくて、ふつうの道のベイブリッジへの入り口が分からずに
何回か、竹芝あたりをぐるぐる回った。

えらい忙しい一日だったが、ものすごく充実した一日だった。

うん、いい感じ。この調子で6月を駆け抜こう。

—–
今朝、ある方からメールをもらい“お前のホームページにある●●を削除しろ!”と
言われた。あまりにも高圧的なメールだったので、一言、拒絶の言葉を書いて、返事を
送った。そのあと、自分なりにいろいろ考えて、彼の言うことにも一理あるかな、と
思い直した。で、トップページの画像を、一部変更した。
見る人がそれぞれに色を当てはめてくれればいいと思う。

それと、メールをくださった方に、私からも1つだけお願いがあります。貴方の
おっしゃるとおりにいたしましたので、大変に恐れ入りますが、この私のホームページを
2度と訪れないでいただけませんでしょうか。この小倉、今後はなるべく人様にご迷惑を
掛けないように身をちぢこめて生きて参りますので、ご心配はご無用と存じます。
それと、私は私なりに32年間、筋を通して生きてきたつもりですので、これからも
自分の感性を大切に、自分の人生を楽しんで生きていこうと思います。そのうえで、
もし万が一、他人のために役に立つようなことができれば、これほどの喜びはないと思います。

なんだかダラダラ書いてしまいましたが、そういうわけで、心配ご無用でありますので、
このページに来られることは金輪際おひかえくださいませ、横浜の高橋様。

以上、何卒宜しくお願い申し上げます。
—–

・6月7日(水)

今日、日本信販にキャッシングで借りてた数十万円(推定)を返却した。
ホントは近所の支店に持っていこうと思ってたんだけど、どうも津田沼支店は
撤退してしまったようだし、船橋にもあることはあるんだけど、駅からうんと遠く
市役所の方まで行かないとならないようなので、支店での入金は断念して、
銀行から振り込むことにして。で、朝イチで、日本信販に電話して、その旨を
伝えて。そしたらおねえさんが、端数の計算に時間が掛かるので、折り返し
電話する、と。phsに掛けてもらった。第一勧銀の津田沼支店から、
振り込んだんだけど、小銭を数えるのが面倒だったので、全部お札で
入金したのね、手数料込みで。そしたら、お釣りがちょうど、888円。(^^)

なんだか、私の前途をだれかが祝福してくれてるような気がして、とても
嬉しい気持ちになった。仏教徒の私としては、777よりも888のほうが
ずっと好きだし。N社やO社の人は、999のほうが好きかも知れないけど。
(わかりにくいネタだ。)

明日は同んなじように、OMCに数十万円(推定)、返却しよう。

昨日の夜、ひさびさに自宅のデスクトップを立ち上げて、メールのチェックを
してたら、“maco”フォルダーに未読のマーク。もしや……、と思って
見てみたら、お友達のmacoちゃんが、帰国しており。わ~、帰ってきた
のね~、うれしいわぁ。

昨日は大切な友人(後輩)のU氏からもメールをもらった。また、
私の日記の荒れぶり(笑)を心配してくれた、M氏もレスのレスを
くれた。そういうわけで、私としては、すごく満ち足りた気持ちに
なってるところ。

そのいずれのメールにも返事を書かずに、ひとりで日記をしこしこ書いてる私って、
やはり、なるしすと??(笑) 明日からは小倉河村リ雄一とでも
呼んでくれ。(爆)

あ、ひとつ言い訳をすると、ほんとのナルシストって、自分がナルシストである
ってことに、心の底からは気が付いてないと思う。なんつーか、自分が人から
注目される存在であることに、これっぽっちも疑いをもっていないというか。

仕事のほうは、16号の色校が出て、粛々と確認作業をし、並行して
総集編の新規ページを組み立てているところ。なかなかのんびりする
時間って、とれないなぁ。

7月7日からの福岡行き、必ず実現させたいなぁ。
昨日はホームページでJR九州のビートル(博多-釜山のジェットフォイル)の
値段とかを確認してた。空席情報のページもあることはあるんだけど、どうも
ちゃんと動いてないみたい。(??)

そんな感じですかねぇ。(笑)

・6月8日(木)

今日、あさラジオをつけたら、いきなり彼女の声が飛び込んできた。

そう、彼女。彼女というのは、bayfmで、交通情報とか、成田空港の
発着便の情報とか、チケットぴあの前売り情報とか、そういう番組の中の
小さなコーナーを担当してる、女子アナウンサーの彼女のことで。

彼女の声に、いつ出会ったかは、もう覚えていない。けど、私が福岡から
千葉に帰ってきて、bayfmを聞くようになってすぐのころだったような
気がしている。忘れた頃に、またカーラジオから、聞き覚えのある彼女の声を聞き
あ、元気してるんだ、と思い出したことも、何度もある。

去年の年末に、私、MDラジカセを買ったのね。津田沼のエキゾチックタウン
(ダイエー系のディスカウントストア)で。AIWAのヤツ。2万円ちょっと
だったかな。どうして急に、MDラジカセを買ったかっつーと、そのころ、
毎週日曜日の朝から夕方過ぎまで、交通情報とか、空港情報とか、チケットぴあの
情報とかのMC(っていうのかな?)を担当してくれてる、彼女の声を録音して
おきたかったから。

ホアシさんとかキヤンさんとかの声にまじって、1時間のうちで、何分か、
彼女の登場するタイミングを見計らって、録音ボタンを押して。
そうやって作った、MDが、うちに数枚残ってる。(^^)

けど、私がMDラジカセを買って、彼女の声だけを録音し始めてから
数週間後、彼女は忽然と、bayfmから、姿を消した。

もともと姿は見えてなくて、声だけの関係だったから、どうすることもできないわけで。
思いあまって、bayfmに電話したこともある。けど、日曜日だったから、
電話帳に掲載された各部署の電話は、どれも虚しくテープの音声が流れるだけで。

うわぁ。もう彼女の声を聞くことは、永遠に、できないんだろうか……。

ずっとずっと心の奥のほうで、どんよりと静かに落ち込んでる私がいた。

平日にでもbayfmに電話して、彼女の名前だけでも、聞いておけばよかった……。

けど、なんて聞けばいいんだ? 日曜日の、えっと、番組の合間に、交通情報とか
成田空港の発着便の情報とか、チケットぴあの情報とかを伝えてくれてるbayfm側の
おねえさん、名前、なんていうんですか、って……?

なんかそれって、恥ずかしくない? おたくっぽいっていうか。

そんな自問自答を数限りなく繰り返し、今日まで、bayfmに電話せずに来た。

なんか、えらい前置きが長くなりましたが、ご想像どおり、今日、6月8日、
3か月ぶりくらいに、彼女の声がラジオから流れてくるのを聞くことができ。

うれしかったぁ~。(しみじみ)(蜆々)

で、もってたphsで、すぐさま104して、bayfmの電話番号を聞き、
かけたら、部署が違うよ、こっちに掛けてね、っていう番号に掛け直し、
バイトっぽいおねえさんに、聞いたんですね。いま、高頭さんが番組やってます
けど、番組の合間に交通情報とか伝えてくれてる、bayfm側の女性アナウンサー
の名前を、教えてほしいんですよ……、って。そしたら、あ、ちょっとお待ちください、
っていって、保留音が流れ。何かな、と期待したら、いまオンエアしてる、bayfmの
番組の高頭さんの声。そのもの。あはは、そうだよな、ラジオ局だもんなぁ。(笑)

で、30秒ほどでおねえさんは戻ってきて。「クラシマさんです。」

で、私。「どういう字ですか?」 おねえさん「倉庫の倉に、ふつうの島」。
「えっと、下の名前は分かりますか?」 「マリコです。」
「マリコの字は? シンリですか?」 「はい、そうです。」

これでようやっと、彼女のフルネームが分かった。苦節3年、なんでひとりの
おねえさんの氏名を知るために、3年も掛けなきゃなんないんだ???(笑)

そうだぁ。倉島さんかぁ。まえにベイエリアインフォメーションかなんかで、
○○がお伝えしましたぁ~。って彼女がいうのを聞いたことがあり。

たしか、「倉」の字がついてたよなぁ。それも、名字の最初に……。
う~ん、思い出せない……。ああ、頭が割れるように痛い……、なんて、
悩んだ日々もあった。(^^;

それはそれとして。

そう、彼女はbayfmの社員じゃなくて、どっかよその会社から派遣されてきてる
アナウンサー(っていうの?)なんだよね。それは前から感じてたこと。で、今日、
電話のおねえさんに確認したら、やっぱりそうだって。

だから、さっき、gooで検索してみたのよ。倉島真理子、で。

そしたら、……ぜんぜん引っかからないんですけど。なにげにショックかも。
そんなに、無名の人なの????? だって、私のフルネームで検索しても、
5件くらいは引っかかるぜ。そのうち数件は、私が以前に所属していた
インターネット系の雑誌の編集部のウェブサイトだけど。いいかげん更新しろよな。(^^;

何の話だっけ。あ、そうそう、倉島さん、名前が分かったので、とりあえず、
近いうちに、ファンレターを出すことにします。何を書くかは、ぜんぜん考えて
いないのですが……。あんまりおたくっぽいのは、向こうが引いちゃうだろうし
(彼女はアニメ系の声と言えないこともないので、そっち方面の人から、たぶん、
ものすごく人気があるような気がしてる……)。

なので、思ってることを素直に、率直に、書き記して、あなたの声が好きだ、
ということ、久しぶりにあなたの声に触れることができて、とてもうれしい、
っていう、その2点を書いて、さくっとbayfmに送ろうと思う。

返事が来る確率は数パーセントだと思うけど、でも、こっちの思いが
向こうへ届けばいいかな、と思ってる。

私が今日、どれだけ嬉しかったか、それがほんの少しでも
読者のみなさまにお伝えできれば、幸甚に存じます。(^^)

今日は、他にもいいことがいっぱいあったんだけど、
そろそろ寝ないとヤバイので明日以降にします。

macoちゃん、好きよ!!!

・6月14日(水)

いま、通勤の電車の中。
最近、毎日のように友人のmacoちゃんとメールのやり取りをしてて。
だれかにメールを書いていると、不思議なもんで、日記の更新をしなくなる。
誰にもなにも伝えずにずっといると、だんだんと鬱憤がたまってきて、それで
夜中に焼酎をかっくらったときとかに、まとめてどっぱーん、って文章を
乱れ打つわけで。う~ん、宇宙戦艦ヤマトの波動砲みたいなもんですかね。
(ぜんぜん違う?)

まぁ、それはいいんですけど。こないだの日曜日のことから、書きましょうか。

こないだの日曜日は、ふだんにもまして、一日中、あちこち動き回っており。
ちょっとだけ時間が空いたので、CONTAX ST用のグリップ?を
買ってこようと思い立ち。それは、こないだのIくんの結婚式で撮った写真、
どうもピントがシャープじゃなくて。手ブレかなぁ、被写体ぶれかなぁ、
それとも、レンズがイカれてきてるのか……、と考えたんだけど、やっぱり
手ブレなのかなぁ、と思ったわけで。前から感じてたことなんだけど、ST、
どうもシャッターを切ったときのミラーアップの衝撃?が大きいような気が
するんですよね。あと、本体、けっこう重たいから、どうしてもブレちゃうの
かなぁ、って。50mm F1.4のレンズも、相当疑ってたのよ。まぁ、
買ってからもう10年以上になるし、落下させたことも1度や2度ではないような
気がするので、そろそろガタがきてるのかなぁ、という気もする。

そ、そういうわけで、本体のホールディングをよくするために、縦位置グリップ?
のようなもの(電池ボックスを兼ねてる。)を買いに行ったわけですよ。うちの
近所にできた「カメラのキタムラ」に。まぁ、予想どおり、そんなマイナーなものは
置いているわけはなく、「取り寄せならできますけど~」という店員のお兄さんの
笑顔を無視して、そそくさと店を出てきたわけですけど。

そのカメラ屋に車で行く途中、印象深い出会いがあった。

近所の住宅地の細い道をぶーん、て走ってたら、中学1年生くらいの女の子が
走ってたのね。けっこうすごい勢いで。あ、元気だなぁ、と思ってみてたら、
彼女のカバン?から、ひらっ、って何かが道路に落ちたのね。彼女はそれに
ぜんぜん気づかず、すたすたっ、って向こうへ走っていってしまい。もしかしたら
何か大切なものじゃないか?と感じて、近くの公園の横に車を停めて、彼女の
落としたものを見に行ってみたのよ。そしたら、案の定、図書券の封筒で。
中には、500円の図書券が1枚はいっており。彼女が走っていった方角は
だいたい見当がついたから、クルマに戻って、そっちに向かっていった。
いちど、彼女を見つけたんだけど、対向車をやり過ごしているうちに、どこかの
路地に消えてしまった。しばらくそのあたりをぐるぐるまわって、姿を
さがしてたんだけど、みつからず。ありゃ、困ったなぁ、このままだと
俺が図書券を盗んだことになっちゃうなぁ。どうしよう、彼女が落とした場所に
戻しておくか……。でもそうしたら、きっとだれかに拾われちゃうだろうしなぁ。
そんなふうに途方に暮れながら、クルマをとろとろ走らせてた。

あ、そうだ。彼女が図書券を落とした場所で、しばらく待っていよう。
きっと落としたことに気が付いて、あとで探しに来るだろう。戻ってこなかったら、
そのときはそのときだ……。そう思って、もとの場所に帰りかけたときに、
路地から出てくる彼女とばったり会ったんですね。運転席側の窓をするするって
開けて、さっき図書券落とさなかった?って聞いたのね。封筒を示しながら。
そしたら、「あっ!」って、すごくびっくりした表情をして。
笑顔で、はい、って手渡すと、「ありがとうございますっ!」って。
じゃあね、ってそのままクルマを走らせた。

うおー、なんて俺って、いい人なんだろう。(^^;

そ。そういうわけで、ほしかった縦位置グリップはなくて、駐車場に戻った私は、
西の空が明るく光っていることに、気が付いたのね。
すぐに交差点をわたって、歩道橋を駆けのぼり。みたら、家々の屋根の向こうに
なかなかいい感じの夕焼けが横たわっており。

うおーーー。これは、撮るしかない。

そう思って、あわててカメラのキタムラに戻り。36枚撮りのフィルムを
1本買って、もういちど歩道橋をのぼった。何カットかシャッターを切ると、
だんだんもどかしくなってきたのね。歩道橋の上だと、どうしても高さが足りず。
あたりをきょろきょろ見渡すと、少し離れたところに、いい感じのマンションが
立っており。あそこの最上階からだったら、かなりよく見えるんじゃないんかなぁ、
新聞カメラマン4年7か月の勘で、そうピンときて、それでダッシュでその
マンションに向かう。エレベーターで5階まで行って、西側の階段、4階と5階の
間の踊り場から、カメラを夕焼けに向けて。うん、高さも方角もバッチリなんだけど
目の前に、すごく目障りな、電線がいっぱい張られており。う~ん、
3階と4階のあいだの踊り場だと、こんどは高さが足りないんだよなぁ。
仕方がないか。電線を入れて、撮るしかないもんな。そう諦めて、それでも
ぱしゃぱしゃ、10コマ以上、シャッターを切った。

だんだん夕焼けも消えていく風情だったし、まぁ、そこそこいいのが
撮れたので、そろそろ撤退しましょ、と思って、階段で下まで降りた。
クルマに戻って、自宅に向かっていると、田喜野井の生協あたりで、西の空が
再び、妙に明るくなり。ちょっと見通しの良いところで確認したら、さっきよりも
ずっと大きな夕焼けが西の空に広がっており。うおー、こりゃあ、いかんばい、と
またまた近所のひなびたコンビニ?に飛び込み、こんどは36枚撮りのフィルムを
2本買った。で、すぐに1丁目のマンションに向かった。エレベーターで7階まで
のぼって、西側の階段、7階と6階の間の踊り場付近から、西の空にカメラを向け。
たぶん、さっきみたいちばん大きな夕焼けからは4割がた、しぼんでしまった、
それでもかなり広い範囲を赤く染めた、大きな夕焼けがどーんと横たわっており。
手前には熱帯風のぽつん、ぽつん、という雲が、風に流されてかなりのスピードで
移動しており。

きれいでしたよ。うん。写真、ここでも数十コマ撮りました。

ここから見える景色は、私、けっこう好きで。というのも、これだけ高いマンションは
我が街・三山にはそういくつもなく。

あとで、できあがった写真を、アップしておきますね。

なんか尻すぼみでごめんなさい。少し上の行までは、通勤の電車の中で
書いたのですが、途中で中断したものだから、いまいち、ノリが中途半端なところで
終わってしまっていますね。あのノリをとぎれなく、復活させるには、いうまでもなく
アルコールの力を借りなければいけないわけで。が、しかし、今日の小倉宅には、
残されたアルコール飲料は、なにもないわけで。

ということで、こういう日もありますよね。早く寝ろっていうことですか?(笑)

じゃあ、寝ます。明日も忙しくなりそうだ。

あ、そうそう。昨日、6月13日は歴史的な南北朝鮮の首脳会談、それから、
20世紀最後の総選挙の公示日でしたね。

あと、宝石店に火を付けて、6人の女性従業員を焼き殺す、という事件が
宇都宮だかで、ありましたね。被害者の方々は、どれだけ恐怖の時間を
過ごしたことだろう。想像に余りある。どういう生き方をしたら、宝石強盗
放火殺人なんかを犯してしまえる人間に、なるのだろう。

あ、報告が遅れましたが、本日、倉島眞理子さん宛に、ファンレターを
出しました。昨日の夜、書いておいたものを。近くの郵便局から、速達で。

彼女がbayfmに再登場する、明日までに、彼女に届くといいな。

・6月17日(土)

こないだ、Iくんの結婚式に出席した話は、日記には書いてなかったよねー。
明日、早起きせねばならぬので、あまり長くは書けないのですが、すごくいい
結婚式だったよ。うん、ほんとに。

明日は朝は早いし、複数の友人と会って、いろいろ深い話をして、
ドライブまでしなきゃなんないから、そろそろ、寝させていただきます。

おやすみなさい。

・6月19日(月)

おはようございます!

あ、いまは暦の上では20日、火曜日の午前7時半です。

7月10日発売の総集編の編集作業が、まさに佳境を迎えているところで。
今日はひさびさの、お泊まりです。。。

つらいっすー。ねむいっすー。かえりたいっすー。。。(このあと繰り返す。)

・6月23日(金)

あ、今日は23日の金曜日ではないですか……。(絶句)

それはそれとして。(立ち直りの早い私。)

ついに、韓国行きが決まりました!

えっと、来週の金曜日から日曜日まで、韓国の亀尾(クミ)という
街へ、友人に会いに、行ってきます。彼女に会うのは、ちょうど1年半ぶりで。

ISIZE TRAVELを見てたら、2万円台からあるので、をを、これは安いばい
行くしかないったい。(なぜか九州弁。)
……と思い。いろんな旅行代理店に電話したら、あ、そのチケットは売り切れましたぁ~
と、軽やかに。じゃあ載しとくなよ、とキレそうになりましたが、ぐっとこらえて、
また電話をかける私でした。

ある代理店から、そっちはないけど、これならありまっせー、と提示されたのは
大韓航空の往復便で。でも、一番安いのから比べると、2万円も高いんだよね。
でも、背は腹に変えられない、ということで、Goサイン、出しましたよ。

だって、韓国行きたいもん。Kwonちゃんに会いたいもん。

この機会を逃したら、うちの雑誌、9月からは月刊化になるので、
たぶん、永久に韓国に行くチャンスは訪れないと思われ。私が会社を
辞めるまでは。(笑)

ということで、1年半ぶりの韓国行きを決めました。

その翌週には、福岡にも行くだけに……。(^^;

ボーナス、すでに大半が消えているんだけど、どーしまひょ。(笑)

わろーてるばあいかぁっっ。

……。ごほん。えー、明日も早いので、続きは後日ということで。

おやすみなさい。

・6月27日(火)

えー、どういう訳か、先週末は死ぬほど忙しく。ようやく人心地が
戻ってきたところです。まずはぐっすり眠って疲れを取っています。
(眠りすぎという噂も……。<証言者:小倉の母。)

そんなことはどうでもいいのですが。(よくないか?)

こないだ、今回の選挙について、同僚のT氏と、ICQでいろいろ
語らっていたのですが、どうしてアメリカって2大政党制なんだろう。
それは小選挙区だからだな。じゃあ、どーして、アメリカは小選挙区制
なんだろう。2大政党制で、広範な民意を反映させることができるんだろうか。

もしかしたら、2大政党制にでもしなけりゃ、あまりにもさまざまな
国民各層?の民意を反映することなんか、とてもできない、ってことも
あるんだろうか。そうしないと、国が空中分解しちゃうとか。

あ、州の権限が、日本の都道府県に比べて圧倒的に強い、というのも
あるよね。州の政治の内実までは、とても私の知るところではないけど、
連邦政府は、「国家」としての骨組み、外交とか防衛とか、あと経済政策の
もっとも国策的な部分とか、国としての基本のあり方だけを扱ってる、という
のもあるのかな。そのなかには、アメリカ人的には中絶の是非、みたいなものも
入ってくるのかも知れないけど。(わからんが。)

日本に、小選挙区制度が馴染むのかどうか、という論議も、まだまだ緒についた
ばかりだという気がしてならない。国の政治の2大政党制、というのも、やっぱり
都道府県と国との関係とか、国家と個人の関係とか、いろいろ複雑に絡んでくる
んだろう。

何をあーだこーだ、書いてるんだろう。

まえにも書いたように、今週の金曜日から2泊3日で韓国に行ってくるのだが、
みごとに何の準備もしてない。というか、準備って何か、することあったっけ?
航空券は買ったぞ。(爆) あと、パスポートは3年くらい前に10年ものを
作っておいたはずなので、たぶん、しまっておいた引き出しの時空が、我々の
ふだん過ごしている時空と異なったものでなければ、大丈夫なはず。

あとは、Kwonちゃんの住む、クミ市で、訪れたい施設があり、
日本にいる間に、ちょっとした手続きをしていったほうがいいかなぁ、という
気はしてる。でも、具体的にどうしたらいいのか、わかんないんだよなー。(^^;
まぁ、手続きをしなくても、直接訪問したら、それなりに歓迎してくれる
かなぁ、という甘い読みはあるのだが。なんだ!?甘い読みというのは。
巨人戦のチケットをちらつかせながら契約を迫る日本の大新聞のようだ。
(いみふめ。)

なんだか今日は、不思議な筆の滑り方をしていますねぇ。なんのこっちゃ。
またこのページを批判的に見ている各方面から誹謗中傷メールをもらったら
いけないので、少しは自制しましょうか。いいか、べつに。(笑)

けど、どういうわけか、日曜日の夜に近所の仲間たちをうちに招いて
テレビを見ながら、あーだこーだ喋って、1時過ぎにみんなを見送って、
自分の部屋でテレビの続きを見ながら、半分うつらうつらして、届いた
朝刊に目を通して……というあたりから、なんとなく、自分の中にどくどくと
エネルギーが充填されていっているのが分かるんだよね。今年の夏は、とくに
暑くなりそうだぜ、という感じ。いや、アツくなりそうだぜ、と思わず、
カタカナなんかを意味もなく使ったりしてしまう感じ。集英社文庫の夏の
キャンペーンみたいなもんかな。あるいは、講談社文庫か。ゲントウ社は違うと思う。

それはどうでもいいんだけど、小倉雄一、32歳の夏。今年は暑くなりまっせ。
幕張メッセ。

あ、そうそう。昨日、6月26日月曜日、私の妹、木村明子が第1子を
ぶじに出産しました。女の子です。私にとっては、2人目の姪。私の両親に
とっては、3人目の孫となります。おめでとう。

あとは何を書くべきでしょう。いまちょうど、中川、荒川の橋梁を渡っている
ところ。向かいのとっぽい兄ちゃん(推定年齢34歳)は、漫画サンデーを
読みふけっています。それはどうでもいいのですが。けど、どうして漫画を読んで
いるのに、あんなにしかめっ面をしているのでしょうか。あるいは、主人公が
大ピンチに陥っているのかも。

何の話でしたっけ。あ、向かいの兄ちゃん、こんどは、ヤングマガジンを取り出して
読み始めました。先ほどより、だいぶ、表情がやわらいでいます。表紙には、
末永遥ちゃんとかいう(書いてある。)グラビアアイドルが載ってますねぇ。
可愛いですねぇ。

そそ。またね、ホームページの移動を考えているのですよ。
理由はというと、デジカメやCONTAX STで撮った写真をアップしてたら
すぐに何メガバイトというプロバイダの容量を超えてしまうのではないか、という
気がしてきたこと。いまは日記だけSo-netにおいて、あとはniftyに
っていう感じなのですが、これもちょっとメンドイ気がしてならない。いまは
ジャンプページだけ残してあるASAHI-NETも、どうしようかと思ってるし。

それとね、事態を複雑化させているのは、私の住む千葉県船橋市でもNTTの
IP接続(ISDNつなぎっぱなしサービス)が8月から始まること。それと
もうひとつ、眠れる師子と言われていた(言われてない。)船橋ケーブルテレビ
でも、10月あたりから、CATVインターネットのサービスを開始するよ、という
アナウンスがされてること。もう予約も受け付けてる。早めに入っておくと、
ずいぶんと加入料とかがディスカウントされるみたいなんだよなー。

IP接続が月4,500円。CATVインターネットが月5,500円。回線の
早さは段違いにCATVのほうが早いと思うけど、でも、その速度による恩恵を
享受できるほど、うちでインターネットやらないという話もある。(笑)
そもそも、「IP接続」さえも、必要か?という良心のささやきがある。

どうしたら、よいのでしょうねぇ。CATVインターネットは、加入時に
30,000円も必要だし。みなさんもご存じのとおり、この小倉、近いうちに
(21世紀中に)結婚を予定しており、たぶん、実家の近所にでもアパートを
借りて、住むことになると思うんだよね。(完全なる推定。)
そうしたときに、CATVインターネットの加入料と工事料、30,000円は
再度払う必要があるんだろうか、とか。心配の種は尽きない。(^^;

それはそうと。6月が終われば、2000年も半分が終わったことに、なるんだねぇ。
すごいねぇ。あと半年たてば、もう21世紀ですよ。奥さん。どうします??

あ、いま御茶ノ水まで来た。隣に立ってるオヤジが週刊アスキーを読んでる。
裏表紙にはゲートウェイの広告。アップのELT持田さん。写真は良くないけど、
この人、可愛いなぁ。歌うまいもんなぁ。

こないだのコンサートのときのエピソード(?)をひとつだけ。
コンサートも最後のほうになって、あと何曲かでおしまい、というとき。
彼女、「次は、すっげぇいい曲歌うからさ、聴いてよね」、みたいなことを言い。
それで歌ったのが、まえのシングルの「Sure」で。
その「すっげぇいい曲歌うからさ」って言い方に、自分たちの曲に対する
ものすごい愛情を感じて、とってもじーんときたことを覚えてる。
その言い方、照れくさそうな、でも自信いっぱい、っていうのを見て、
また持田さんが好きになった。まえにも書いたけど、CDじゃなくて、
生の彼女の声のふるえを聴いてたら、ほんと、気持ちよくてたまんなかったよ。

またコンサート、行きたいなぁ。だれかまた、ただでチケットくれないかなぁ。

あ、うそうそ。こんどこそ、お金を払って、行きますよん。(^^)
だれか、一緒に行きましょう。(^^;

・6月29日(木)

明日から、2泊3日で韓国へ行って参ります。どうやら休みも取れたみたい。(^^;
早く寝なきゃ。

あ、ひとつだけ、今日、すごく良いことがあった。
仕事の話をお願いしておいた、某企業の広報のおねえさんから電話が来て。
ちょうど会議中だったので、9時過ぎに折り返し、電話を掛けて。
そしたら、すぐ彼女が出た。久しぶりに聞く声。あいかわらず、いい声してるなぁ。
ずっと音沙汰がなかったので、ダメなのかなぁ、と思ってたのだが、
どうしてどうして、気合いの入った、前向きなお話で。(^^)

うれしっ。仕事でも何でも、この人と接していたいなぁ。それくらい、
すごく、素敵な人。もう、ため息が出るほど。

・6月30日(金)

亀尾に来てます。韓国、亀尾市。昼過ぎにソウルの金浦国際空港に着いて。
地下鉄であちこちへ行き。4時半の特急「セマウル77号」で亀尾まで来ました。
友人のKwonちゃん、それと鄭さんが、迎えに来てくれてました。ありがとう。
そのあと、日本語研究会?の部屋へ行き。三々五々、仲間が集まってくるのを待って
ました。最終的には、男性4名、女性5名、集まってくれたのかな。
昌原(チャンウォン)でも感じましたが、Kwonちゃんの友だちって、
みんな、すごく素敵な人ばっかり。なんででしょう? 彼女の人柄が、
自然とすてきな人たちを、呼び集めてくるんでしょうね。

1次会?では、自己紹介とか、日本の若者の暴走とか、おのおのの夢とかについて
語り合いました。こないだまで日本に留学していた男性の鄭さんは、
いろいろと日本の若者について、考えるところがあるみたいです。

2時間くらいいろんな話をしてて、盛り上がってたときに、部屋のオーナーの
おじさまが颯爽と登場し。なにやら、いろいろ喋ってます。もちろん韓国語なので、
まるで分かりませんが。(^^;

そのあと、何人かの方々が帰られ、残ったメンバーで2次会に突入しました。
すんごいいい感じの居酒屋?に連れて行ってもらいました。メンバーは、えっと
誰だっけ? 女性陣だけはしっかりと覚えています。Kwonちゃんのほかには、
鄭さんと、あとは高校2年生の李さん。ニックネームは「ほしえちゃん」。
なんでほしえちゃんなの?って聞いたら、日本語の先生が付けてくれたとか。
彼女、ひらがながすごく、好きなんですって。やわらかくてやさしくて、って。
あ、そうそう。日本語研究会のメンバーですが、どうも、全員ひらがなカタカナを
すべてマスターしてるんですって。これってかなり、すごくない?
驚きました。そして、脱帽です。日本に帰ったら、もう少し本気になって、
ハングルの勉強を、始めようと思います。ハングルでKwonちゃんやほしえちゃんや
鄭さんに、メールが出せるといいな。

あ、そうそう。彼氏もね、来たのよ、Kwonちゃんの。
また彼がかっこいいんだ。現代(ヒュンダイ)の半導体を作る会社に
お勤めだとか。頭も切れそうだし、甘いマスクだし、もう、
ほんと、Kwonちゃんと、お似合いカップル、っていう感じです。
おめでとう。なんでも、来年あたり、結婚するんですって。

明日は、地元の有名な道立公園を案内してくれるんですって。
楽しみやわぁ。