1997年10月

 

日記

●平成九年

・10月2日(木)

「カラマーゾフの兄弟」、淡々と読んでる。今、上巻の半分超えたとこ。
だんだんと、面白くなってきた。この小説って、兄弟3人と父親を対比させる
かたちで、人間の(男の)宿業(性的なもの)を描いている作品なのかな?
まだ分からないけど。

この小説、実は私、高校生のとき、読破した?はずなのね。けど、ほとんど
なんの感想も持ち得なかった。そのときの私にとっては、すごく難しすぎた
んだろうな。あのころは、若くていきがってたし。何でも自分の範疇で価値判断を
済ませてしまって。自己完結して。しょうがないヤツだったよな、いま思うと。
上巻の最初の方の、キリスト教をめぐる論議?のあたりでも、思いっきり
拒否反応を示してしまって、なんか大嫌いな食べ物を無理矢理食べさせられてる
ときみたいな気分だった。なぜかそれは覚えてる、ような気がする。

今月いっぱいくらいで、全部読み終わるかなぁ。無理かなぁ。来月はじめくらいまでには、
ぜひ読み終えたい。そして、また、あんまり頭を使わない、現代小説(日本の)を
読みたいなぁ。(^^; ハルキさんの「うずまき鳥‥‥」も文庫化されたことだし。


・10月4日(土)

今日は会社休んだ。クルマはまだ来ない。。。 今乗ってるシビックの左のウインカーの
電球が切れたらしく、カチカチ点滅が早い。ま、もうすぐ手放すクルマだけど、なんとなく
気分的に‥‥と思い、修理をしてもらおうと思って、近くのカー用品専門店に行った。
「色の付いた頭にかぶるもの」というような意味の外来語の名前の。たしか、スペイン語か
ロシア語か、そんな名前の店。うまく行けば自分で交換できるから、電球が切れてるか
どうか確認してもらおうと思ってカウンターに行くと、お姉さんが、調べてもらいますから
少々お待ち下さい、かなんか言って。しばらく待ってたら戻ってきて、使えるみたいですよ、
って言う。確かに素人目に見て、線が切れてなさそうだから、やっぱりそうなのか、と思って
クルマに戻る。お姉さんは、たぶんヒューズが切れてるか、途中で断線してるんじゃないかと
思うんですけど‥‥、って言ってたので、どうしたもんかな、状態。なんか、ヒューズ
ボックスを開けてみても、どれがウインカーのヒューズか分かんないし、断線もしてない
みたいだしなぁ、と手詰まり状態。うーん、どうしようと思ったんだけど、やっぱり
専門店で見てもらおう、自分じゃ分かんないんだし、と思い、ちょっと遠いけど、幕張の
オートバックスに行ってみた。すごい込んでて。レジで説明すると、40分くらい待って
頂きますけど、お時間大丈夫ですか?って訊かれ。はい、ってこたえると、書類に必要
事項を書き込んでくれて、待合室でコーラを飲みながら、待ってた。店内を見て回ったりも
した。しゃれで、こんど乗るクルマ(アスコットイノーバ)に「R」の文字の
ステッカー貼ろうと思ってるんで、ないかなぁ、って捜したんだけど、
やっぱりない。‥‥ちょっと残念。(^^;(^^;
店内放送で名前を呼ばれ、ピットにクルマを運び。10分くらいで再び名前を呼ばれ。
あっさり玉切れだと。はは。はは。はは。工賃込みで600円余。うーん、安い。。。

私、オートバックスって好きなのよ。なんか、メカニック?の人がキビキビしてて、
すごく好感もてる。今日も帰るとき、どちらから出られますか?って訊かれて、裏の方に
出ようとしたら、お兄さんダッシュして走っていって、誘導してくれて。なんか気持ち
いいよね。とても。接してて。

福岡に住んでたころにも、オートバックス(原店)が近くにあり、ずいぶんと通った。
2F建てで、階段の隅にエスカレーターみたいな電動車椅子?みたいな施設があり。
お体の悪い方はご利用下さい、とか書いてあって、なんか気が利いてるなぁ、って
感心してた。今使ってるソニーのカーステレオも、そこで買ったんだよ。いまだに
十分現役でバリバリ動いてるけど。別れるのが惜しいくらい。。。

そういうわけで、オートバックスはいい!というお話でした。

そのあとで、おかじま電器・作新台店に行き、岡本真夜さんのCDを物色したあと、
FAX用紙を2ロール買う。花王の、セットのやつ。今使ってるのと同んなじヤツ。
それから家に帰ってきて、ちょっと休んだ。

なんでこんな、なんの代わり映えもしない一日を事細かに記載してるのだろう。
うーん、なんか、日記の醍醐味を味わいまくってる、そんな気がする。ははは。


・10月5日(日)

今日、すごく久しぶりにある人に出会った。偶然、ばったりと。
私が大学5年のとき、家庭教師をしてた、その子のお母様に。6年ぶり。
「失礼ですけど、小倉さんですか‥‥」って、声を掛けられた。突然に。
「私、○○ですけど、家庭教師をしていただいてた‥‥」って。
すぐに分かったよ。お母さんのお顔、よく覚えてたし。

でも、ずいぶんと変わられてしまわれてた。ずいぶんと、ご苦労をされたのだろうと
いうことが容易に察せられるくらい。ほんとうに。

家庭教師をしてた娘さんの近況を伺うと、希望の音大に行って、ものすごく
頑張っておられるとのこと。うれしくてうれしくて、うれしかった。
時折、私のことも話題にしていただいているらしい。これもうれしかった。

書いていいか悪いか分かんないけど、彼女、第一希望の県立高校に受かんなかった。
私はすごく責任を感じて、とても申し訳ない思いで、お宅を訪問した。
そしたら、彼女が言ってくれた。
「第一希望の公立には落ちちゃったけど、私立の方が自分に合ってるかも
しれないし。友達をいっぱい作って、しっかり頑張ります」ってね。
涙が出る思いがしたよ。ホントに。なんてすてきな子なんだろうって。

それから、私は仕事で福岡に行き。それ以来、音沙汰もまったくなくて。

で、今日のお母さんとの再会とあいなった訳。すごく嬉しかった。
近いうちに、娘さんとも会えると思う。すごく楽しみ。。。
どれだけ大きく、立派になってるかと思うと。


・10月26日(日)

のど自慢で、吉幾三さんの歌を聴きながら、書いてます。今日はたまたま、船橋からの
放送で。

「カラマーゾフの兄弟」、いま中巻がほぼ終わりかけ。ずいぶんと難航しているように
思えるかも知れないけど、今月は中旬に、一週間、会社に泊まってたので、全然
進まなかった。仕方ないよね。

ドミートリーが、ついに事件を起こし、捕まってしまった。グルーシェニカとの愛を
やっと見つけることが出来たのに。。。

一気に下巻へと読み進めよう。


・10月27日(月)

今日会社休んだ。免許の住所変更、更新を行なうために。
近くの警察署に行ったら、住所変更&更新の手続きができてしまい。
しかし、今日、新しい免許証をもらえるんじゃないのね。なんか、また、
えらい日数がかかるのね。。。 うーん。

はじめから、幕張の免許センターに行けばよかった。。。 うーん。

それにしても、今月は日記の更新がぜんぜんできなかった。というのも、ご想像のとおり、
仕事が死ぬほどハードだった。‥‥もう。会社に1週間も泊まり込んでしまったよ。
何とかしてほしい。うー。いやだなぁ、自分の時間がとれずに、月日が過ぎていくのは。
ったくなぁ。

そうそう。昨日は友達と会って、東京をドライブしたのよ。ちょっと。
夜中に台場のフジテレビの建物を見たけど、あれって愚劣だね。近くで見ると、
一層。前は、バカげてる、と思ったけど。

だいたい、テレビ局を街から離れたベイサイドに持ってきてどーすんの?って感じ。
なんかあったら(まさしく「なんかあったら」)、都心に向かう何本かの道路を
遮断されたら、どうするつもりなんだろう。まぁ、フジテレビはバラエティとかドラマで
もってるから、あんまり関係ないのかな(^^;(^^;


・10月30日(木)

ホームページの拡充を考えてる。ニフティで予告したのに未だに約束を果たせていない、
愛車アスコット・イノーバのページ。それから、「ほしいもの」。
ほしいもののページは、その名の通り、私が、いますごくほしいと思っているものを
表形式で列挙するの。だからどうした、とお思いでしょうが、あれほしい、これほしいと
思っている品物を、人目に触れるところで公表することで、自分の欲求を客観化すると
いうか。頭を冷やすというか。‥‥だって、ほしいものを片っ端から買い求めることは
できないし。お金もないし。

‥‥といいながら、今日、K6-200買った。‥‥ごめんなさい。って、いったいだれに
謝ってんだか。


・10月31日(金)

カラマーゾフの兄弟。ついに下巻、もう真ん中くらい。ついにミーチャの裁判が始まって
しまった。スメルジャコフは自殺した。

少し前の、イワンと悪魔との対話は、ずいぶんと難解だった。難しくて、ちっとも分かんなかった。
いつか、もういっぺん、読み返さなきゃいけないんだろうな。でも、いっぺん読んだ本を
読み返せるということは、本を読む喜びの大きなひとつであると思われ。

?なんか矛盾してるかな? いやいや、そんなことはないよ、ね。

最近、ちょっと外国からのメールが多くなってる。?どうしたのかしらん。だれか、
外国でリンク付けてくれたのかな。こないだは、イギリスの「Perception and Imaging
(認識と想像?)」とかいう本の作者さんから、メールをもらった。昨日は、
ニューヨークで20年間、フォトジャーナリストをしてるという人から。

なんか嬉しいよな。写真ほめてもらうのって。うん、うまれてこのかた(?)、一番嬉しい。
人生の最大の喜びだよなぁ、自分の写真をほめてもらうことは。なんでだろ。
やっぱり、写真が好きなのかなぁ。好きなんだろうなぁ‥‥。

写真の何が好きかって、やっぱり、ぜんぶ写ってしまうところかな。うん、そうだな。

写真て何かって、ずっと考えてたんだけど、やっぱり、「この世の不思議」を写すもの
だよね。これが私の公式見解。この世の不思議を写すものなんだよ、写真て。
この言葉にすべて含まれてる。足すことも減らすことも、入れ替えることもできない。
写真ていうのは、この世の不思議を写すもの。実は、かなり前から、ずっとそう思ってる。


感想でも文句でもらぶれたーでもなんでもいいのでメール下さい。