1997年1月

 

日記

●平成九年

・1月3日(金)

さっき出張から帰ってきた。疲れた。

その感想を書こうと思う。

えっと、出張の内容を説明する。去年の6月に沖縄で女子中学生が
誘拐されて、そのまま行方不明になってた事件。

元旦に、遺体が発見された。容疑者の証言に基づいて。

で、1月1日の日に泊まり明けで会社でゴロゴロしていた私はあっと言う間に
那覇に飛びましたとさ。

何度か沖縄には仕事で行ったけど、だいたいが那覇周辺の取材が多くて。
北部には行ったことなかった。で、ぜひ行きたいとずっと思ってた。

こんな形ではあるが、今回、前からの希望を叶えることが出来た。
嫌というほど、「やんばる」を味わわせてもらった。(^^;(^^;(^^;

遺体や遺留品が発見されたのが、国頭村(沖縄本島北端)の「奥」という
ところで。それもすごい山の中。車一台がやっと通れる林道を延々いった
先で。

チャーターしたタクシーの運転手さんには、本当にお世話になった。
ありがとうございました。‥‥クルマ、傷だらけになりませんでした?
ちょっと心配。

いろいろ考えたんだけど、思うことは、‥‥「軌道」でいいのかな、犯人と
被害者の女の子の人生の「軌道」が最悪の形で交わったのだな、という
こと。よくじぶんでもいみがわからないのだが。

例えば、バレー部の練習が数十分早く、もしくは遅く終わってたら、
彼女が誘拐されることはなかっただろう。彼女と、犯人たちとの時間の
なかで、お互いのやりとりが、最悪の結果に向けてつきすすんでしまった、
こと。その結果として、彼女が殺されて捨てられてしまったこと。

どうやって、認識したらよいのだろう。理解?納得?説明?そんなことが
どういう意味を持つのだろう。極端な話、今日、彼女を失った家族は、どう
やってこの夜を過ごしているのだろう。考えれば考えるほど、わからなくなる。

どうして、人は人を殺すのだろう。人は人を、殺せるのだろう。
『複雑系』を読んでいて、カオスを目指すエントロピーの増大に対抗する
ベクトルは、「生命」であることを知った。ちと飛躍するかもしれないが、
地球が一つの大きな生命体であるとすると、たとえばペルーの
トゥパク・アマルとかいう人たちは、一体どのような存在になるのか。
そして、彼女を殺した2人の男たちは‥‥。

何となく、疲れだけが残った取材でした。帰りの途中で直属の上司と
携帯電話でしゃべったことも、大きいんですけどね。(笑)


それから。

ホームページの移動を考えてます。
条件としては、普通のftpソフトが使えること。(ジャストネットはこれで失格)
CGI、SSIが使えること。(軽いアクセスカウンタがほしい)
安いこと。速いこと。

候補としては、リムネットが最有力。そして、iij4u。So-netも、一応。
アサヒネットとか。あとどっか、ありますか? いいところがあったら、教えて下さい。
あ、そうそう、128k接続も、できたら、いいなぁ。せっかく新しい
TA買ったし。(NEC ATerm IT55)

つづきはまた明日。


・1月5日(日)

今夜中の4時前。この期に及んでイモ焼酎のお湯割りを飲み始めている。
ま、「この期に及ん」だから、飲み始めてるんだけど。

年賀状が、古い女友達から、きた。もう何年も会ってない。もしかしたら、
10年くらい? ‥‥ホントだ。おそろしい‥‥。ま、年賀状のやりとりだけは、
何とか続いてたんだけど、去年あたりから、それももう怪しくなり。
それで思ってた。そうだよね。彼女(たち)は彼女(たち)で、新しい生活を
突き進んでる。男と一緒になったり別れたり結婚しちゃったりしなかったり、
子ども産んだり、いろいろあるだろう。むかしずっとむかし仲がちょっとよかったり、
フォーク歌手(さぁだれでしょう)のコンサートに一緒に何度か行ったり
彼女が入院したときにお見舞いに行ったり、ずっとずっとむかし、そんなことが
あったというだけで、永久に年賀状のやりとりをしなければならないという
法はない。だから、どちらからともなく疎遠になっていくのも自然なことで
あるのだなぁ、などと考えていた。そんな古い女友達から、きのう年賀状が来た。

ま、率直に言って、嬉しかったんだけど。(笑)

なにを書こうとしたのか、忘れた。えーと、えーと、あ、そうそう、
そういう?今後あんまり発展性のない異性の過去の友人に関しては、こちらからは
年賀状は今年は書くまい、と誓ってたのね。変な期待を持つのもバカバカしいし。

そんな気持ちになってたら、そういう古い女友達たちから何通か年賀状が届いて、
単純に嬉しい。年賀状をもらったくらいで喜んでる私は、本当に脳天気で
だから三十前にもなって彼女の一人もいないのだ。ま、言っても仕方のないことだが。

だれでもいいが、彼女がほしいなぁ。
みんな誤解して、おまえは理想が高い、とか言われるんだけど、そうは思わない。
ただ、私がすごくわがままだから、それを認めてくれる女性じゃないと、無理みたい。
言い訳一つすると、わがままというのは善悪に通ずると思うのだが。だめ?

年賀状の話題をもう一つ書く。

生まれて初めて(多分、だと思う)、人からもらった年賀状を破り捨てた。
仕事関係の人からで。ま、その人になんの恨みも憎しみも持ち合わせていない
つもりだが。私の名前を間違えているのね。なんかよく間違えられるんだけど。
それだけならまだしも、敬称なし。「氏名」で終わり。様も殿も「ちゃん」も
君も「大兄」も、何もついてない。多分わざとじゃないんだろうけど、そういう
こと、何げなくやってしまう人に思えるけど、そのことと、実際にそういう宛名で
届いた年賀状を大事に手紙をしまう箱に入れておくこととは、全然に別のことで。
もちろん破り捨てるなんて大それたことが出来たのは、アルコールが入っていたから
だと思われ。けどそうじゃなくても、何日か持て余したあとで丸めてゴミ箱行き
だったかな、どっちにしても。なんというか、これって、大事なことだと思う。
(なにが?)

まあよい。みなさんなるべく捨てられるような年賀状は書かないように
しましょう。そうじゃないか。どうか。


察しのいい方はお気づきでしょうが、私、もうすぐ実家に帰ります。
1月27日に福岡を離れます。今の仕事は1月25日でおしまい。いまだに
「会社を辞める」という事実の重さに、いささかどんよりとしているのですが。
ま、それよりも新しい会社に行くことの期待の方が数百倍、大きいかな。
最初から、フルスロットルで行くよ。バリバリ働いて、バリバリ稼いで、
バリバリ彼女作って、バリバリ結婚するぞ。うーん、願望が強すぎる
ようですねぇ。うーん。無理しなきゃいいけど。しないか、どうせ。


今日、『ホリーガーデン』(江國香織著)2回目が終わった。1回目の
1.5倍くらいの速さで読んでしまった。あんまり細部にまでこだわって読めない。
こまかい情景描写とか。実はけっこう作者は重要に感じてるのかもしれないけど、
まどろっこしいのよね。いちいち読み込む?必要を感じない。
特に作者が女性の場合は、なにかしらおしゃれな(私に言わせれば、だけど)
小物なんかを使いたがって。女性読者に対するサービスなのかもしれないけど。

でもやっぱり不倫はダメだよ。「しちゃいけない」というんじゃない。ダメだよ。
なにがダメって、自分をダメにするよ。どうダメにするのかは分からない。でも、
人間の根元を音も立てずに腐らせていく、そんな気がする。常識がどうとか
じゃないんだよね、おそらく。なんだろう。なんだろう。でもすごく、いやだな。

「不倫なんて卑怯だわ」「最低よ。何も背負わずに甘いところだけ欲しいなんて」

と作者が登場人物(不倫の現・当事者)に言わせているとおりだよ。
本人たちが全然傷ついていないように思い、「オーライ」と幸福を満喫していると
感じるほどに、この世界のどこかに(もしくは本人たちの、いのちの奥の奥の方に)
歪みが皺寄せられ?ていく。


・1月6日(月)

今日休み。朝、母からの電話で起こされ、弟と1時間くらい話した。
彼は今、鈴鹿にあるホンダの工場で期間工として働いているのだ。正月で、
帰省していたらしい。しゃべったの、すごく久しぶりだ。夏以来、かな。
いやいや、自分の弟をほめるのも変な話なんだけど、いやいや、味わい深い、
いいやつだな。うん。5つ下だから、もう24になるのか。

今日買った本。『日本の名随筆別巻40青春』(椎名誠編)と、
『教科書に出てくる短歌の解釈』(宮柊二監修、中山礼治著)。
CDをね、買ったのよ。まっちゃんの、最新版。それと鈴木祥子さまの
ちょっと昔のアルバム。そのついでに、という感じで、2冊購入。
『教科書に‥‥』は、前から目を付けていたもの。ちょっと買うのに
まよったけど、短歌をね、一から手取り足取り教えてくれるような本が
欲しかったので、これはぴったりだと思われ。もう一冊の、『‥‥名随筆‥‥』
の方は、やや衝動買い。やや、じゃないか。全くの衝動買い。
何編か読んでみたけど、うーん、うーん、椎名誠編、だもんなぁ。うーん、うーん。
全部読まないうちは感想を言葉にしないことにしよう。ははは。

さつま白波の1升紙パックだけど、なんか味が以前と変わってる。はっきり
いって、すごく不味くなってる。南向きのリビングに長く置いておいたのが、
きっとよくなかったんだろう。いやいやストーブをたいたこの部屋も悪いか。
それと、紙パックって、どうなのかね。ホントは一升瓶の方が、
味がいいんだろうか。
紙パックの存在意義は、まず第一に軽いこと、だろう。工場からの輸送にも、
消費者が家に持ち帰るにも便利。その紙パックの優位性をしても、瓶の存在が
未だになくならないということは、やっぱり瓶の方の需要もあると思われ。
やっぱり瓶の方が味が悪くならないんだろうか。どうだろうか。
値段はどうなんだろう。あんまり今まで考えたこともなかった。でも、やっぱり
ちゃんとした地酒とかは紙パック入りってあんまり聞かないから、きっと、
伝統的な一升瓶の方が保存性に優れているのだろう。‥‥多分だけど。

明日も仕事だ。仕方がない。そろそろ寝ましょうかね。

告知することもないんですけど、私、こんど古湯温泉に行こうと思ってます。
たぶん、日帰りで。9日か10日くらいに。古湯温泉、知らない?
佐賀の福岡県境に近い山の中にある‥‥。だから、このページのファンの女の子は
みんな集合しましょう。混浴もあるみたいだから。何かいてるんだろ。
悪酔いしてるな。うー、何ヶ月か置いておいたさつま白波おそるべし。
今朝もおなかが痛かったし。‥‥違うか。でも痛かったのはホント。
うーん。多分冤罪でしょう。きっと疲れてるだけだよね。うーん。うーん。

今日も2回の認証を経て、ジャストネットのホームページにこのしょーもない
文章が書き込まれるわけです。ね、ホームページ移動させたくなる気分、分かる
でしょ。こんな夜中に、酔っぱらいが、そんな面倒くさい手順までふんで、こう
いう物を他人様の目に触れる状態へ持っていくということの自己嫌悪。せめて、
認証は1回にしろよ。それから、ファイル選択画面は、もっとスマートに。
頼むよ、ジャスト様。


・1月7日(火)

書こうと思っているたくさんのことがある。(直訳調)

今、私が好きな写真を撮れるカメラは1台もないということ。みんな壊れてて。

あと、今読みたい本、『疑惑』(佐伯省著、講談社刊)、『みすゞコスモス』
(矢崎節夫著、JULA出版局刊)。それと、丸善にインターネットで申し込んだ
本上まなみ様の写真集は品切れだそうだ。うー、このまま手に入らなかったら、
泣くに泣けない。うー。紀伊国屋のインターネット本屋にも入ろうかな。(^^;(^^;
あとなんだろ。あ、そうそう、前から読みたかった『なつのひかり』(江國香織著)
が、あった! 会社から一番近い本屋に。福岡の天神のアクロスの地下一階。
あんまり品揃えがよいとはいえない本屋だし、前に捜したときはなかった(多分)
から、あんまり期待しないで、地下二階のキャッシュディスペンサでお金をおろした
ついでにのぞいてみたら、なんと、あって。すごくうれしかった。あっという間に
買っていた。
まだ読み始めてから、数ページ。帯を見たらなんだかややこしそうな話だったんだけど、
作者を信じて、買ってしまいました。感想は、そうね、明日か明後日には
書けるでしょう。

カメラが壊れている話。うちにある現役のカメラは、CONTAXが3台、
167MTと159MMと137MD。167MTが最初のCONTAX。
新宿西口のヨドバシカメラで新品で買った。学生の頃かなぁ。あとの2台は
中古で。159MMは確か、博多駅前のカメラのドイで。137MDは、どこ
でだったかなぁ。思い出せない。中野のフジヤカメラか? ‥‥忘れた。

159MMは異常に安かったのよ。3万5千円くらいだったかな。モードラつきで。
委託販売だったけど。で、あわてて飛びついたら、なんのなんの、写した写真が
全部ピンぼけで。あわてて京セラのサービスセンターに持ち込んだら、案の定
ミラーがゆがんでて。きちんとピントを出せない状態だったのね。‥‥よかった。(^^;
137MDの方は、ほとんど現役機種であった(私にとって)ことがない。
最初から、なんか変だったもんね。裏ブタのスポンジがしぼんでて光線が入るし、
横走りのシャッターもムラがあって、なんだか露出が均等にならない。シャッターの
フィーリングとか、カクン、カクンというワインダー(モードラではない)の音とか
すごくいいんだけど。‥‥眠らせておくのは、もったいない。

私のCONTAXのメイン機種だった(いや、今もか?)167MTはだいたい
会社に行くときも常に持ち歩いてたんだけど(35mmF2.8もしくは
50mmF1.4をつけて)、こないだ、写真を撮ろうとしたら、突然に
不調を訴え、それからまともに動かなくなった。動かないというよりも、
なんかシャッターとワインダーが誤作動して止まらなくなる。‥‥超・ショックだった。
CONTAXのカメラによくありがちな(というと怒られるかな)電気系の
トラブルだろう、電池を入れ替えたらどうせ直るだろう、と高をくくってたら
‥‥直らない。なんど底ブタのRS(リセット?)ボタンを押したことか。

そういうわけで、僕の私物の写真機はどれも今、役に立たない状態で。
あ、そうそうライカのM2も外装にいろいろと差し支えがある状態で、
仕方なく乾燥剤入りのタッパにしまってあり。

かなしい。

早く修理に出したいんだけど、なんか、不安で。
何が不安なんだか、よく分からないのだが。ま、早く修理に出さなきゃ。

だから今は、会社のFM2(NEWではない)を借りて、35mmF2の
レンズをつけて持ち歩いてます。モノクロのフィルムを入れて。でも、
なんか写真を撮る気にならない。なんでか。


・1月12日(日)

今日は忙しかった。一日、バタバタしてた。それから、クルマの調子がおかしい。(^^;
私の愛車、ワンダーシビック Si 62年式。きのうからどうもエンジンの調子が
良くないと思ってたら、今日は最悪で。ついに夜、止まった。JAFを呼んで。
どうも燃料系が悪いとか。ガソリンの供給がうまくされてないらしい。‥‥はぁ。
一瞬、廃車にしてしまおうかという考えが頭をよぎったが、いやいや、もう少し
頑張ってもらわねば。

引っ越しの準備で、家の大掃除を最近ずっとしている。物を捨てることの快感を
おぼえつつある。部屋中を整理してると、いろんな物が出てくる。例えば昔の
ローンの明細書とか。3年前に買ったパソコン(FMVの初期型)の月賦が
今月で終わることが明らかになった!! ということは、大きなローンは現在
使用中のパソコンONLYということになる。ん? あ、FMVはもうとっくに他人に
あげてしまったの。ホントはローンが終わるまでは手元に置いておかなければ
いけないのでしょうが。ま、それはそれとして、一つのローンが終わるということは、
何か別の買い物をしなければならないのではないかという強迫観念が、私を誘うわけで。
なんだろう、いまほしいのは。フィルムスキャナ、LS-1000とかいうニコンの
フィルムスキャナがほしいなぁ。データ取り込みが12bitで、Coolscan2
より相当キレイらしい。ほしいなぁ。だれか寄付してくれないかなぁ。
「小倉さん、これで素敵な女の子の写真を取り込んで下さい」なんて。‥‥だめか。
PCIのSCSIボードも、ほしいし。あとほしいのは、やっぱりクルマですね。
4ドアのクルマがほしいのよねぇ。やっぱり人を乗せるときには2ドアはめんどくさい。
30前にもなって、いつまでも2ドアのクルマには乗れないよねぇ。(なんのこっちゃ)
いまねらってるのが、オペルのアストラ。私、ほら基本的にハッチバックのクルマが好き
なのよね。セダンてなんか仰々しいし、ワゴンは大きいしそんなに荷物運ぶことないし。
いま流行のRVも、ホンダのCR-Vとか、かっこいいなぁと思うけど、ちと勇気が
出ない。
(それにしてもCR-Vはいい。もともとホンダの車が好きなのもあるけど
なんといってもフロントグリルがいい。なにしろ、カンガルーバーをつけなくとも
マスクが精悍なのがいい。それに比べて某国産の最有力メーカーのRVの人気車種の
顔は、どうもフヌケている。この車種だけでなく、TOYO‥‥じゃなかった、某
国産の最有力メーカーのクルマの顔はどれも似たり寄ったりで、気合いが入ってない。
なんか好きになれない。ただ、新しいチェイサーはすごくいい。ちと心を動かされて
しまった。あれ? 某国産の有力メーカーの‥‥)
はなし、なんだっけ。そうそうほしいもの。オペルのアストラいいよね、って話。
いやいや、あのクルマが特にいいというわけではない。ああいうコンパクトな
ハッチバックで2000ccクラスのクルマって、国産にはほとんど、ない。いや、
全然ないよね。クルマに詳しい知人に話したら、「メーカーは売れないと思ってる
んじゃないか」って。どうしてなんだろう。日本人はやっぱりセダンが好きなのかな。
あのカタチがクルマだと思ってるのかな。うーん、分からん。
そうそう、アストラだけど、なんかいろいろと欠点もあるらしい。不確かなことを
あんまり書くと怒られるけど、国産じゃあ考えられないような故障もあるとか。
ちょっと心配。

ホームページのアクセスカウンタが去年の暮れに20万を突破した。記念になにか
しようかとも思ったんだけど、なんにも思い浮かばなくて、なにもしなかった。
今日、フロントページのJAVAスクリプトをハズした。色がくるくる変わるやつ。
そのかわりに青・黄・赤の小さな旗を、一番上の真ん中に持ってきた。これで、
白地に緑一色のフロントページの印象がガラリと変わるから、面白い。
青・黄・赤には、それぞれ勇気・希望・情熱との意味を、込めたいと思う。

もう一つ、どうしても書いておきたいこと。千葉に帰るのを前に、すごく
うれしいことがあった。新聞を読んでたら、「半島は文明の起点である」って
いう言葉に出会った。ものすごく、うれしかった。千葉ってほら、房総半島だから、
なんか行き詰まりというか、行き止まりというか、澱(よど)みがあるというか、
なんか変な劣等感があったんだよね、私の中で。そうじゃないんだ、って教えて
いただいた気がした。目が覚める思いがした。本当にうれしかった。それにもうすぐ、
ほら、東京湾横断道路が出来るでしょう。あれが千葉の新時代を象徴してるんじゃ
ないだろうか。そんな気がしてる。「行き止まり」じゃなくなる。きっと、神奈川からも
どんどん九十九里とかに来るだろうし、こっちからも湘南とかにすぐ行けるし。
すごいことだと思う。サーフィンボード、買わなきゃいけなくなったりするかも。

1月29日に千葉に帰り着いたら、その日からフルスロットルで
気合いを入れて走り出したいと思う。できると思う。それもみんな、
いま福岡の地でホントに素敵なたくさんの人たちに囲まれて
生活が送れてるからなんだよね。ホントに。‥‥ホントに。

私のまわりのみなさま、本当にいつもいつもお世話になっております。
ありがとうございます。この場をお借りして、感謝申し上げたいと存じます。


・1月15日(水)

書くべきことがたくさんある。
以下、箇条書き。Libretto50買った。長崎出張パート1。
‥‥それくらいか。

えっと。
Libretto50を買った。(バタリ)←倒れて死ぬ音
こないだ、新たなローン(のもと)が必要だなんて、書いたばかりなのに。
会社の先輩に(それも複数)、新しい職場に行ったらいろいろ状況も変わるだろうから、
そのあとで買っても遅くないと、説得を受けたばかりなのに。ジークス天神の2つの店に
在庫がなかったら買うのよそうと決めてたのに。モデムもCDも、フロッピーさえ
付いてないのに‥‥。(バタリ)←倒れて死ぬ音、2回目。

えーと、うちの近くの(といっても自転車じゃあ20分はかかる)
PCiNマツハヤ福岡小田部店というところで、買った。189、800円。
ま、今の時期ではこのくらいの値段で、妥当なところでしょう。うん。博多駅
そばのT-ZONEでは21万以上の値を付けてるらしい(今日、電話で聞いた)
から。

それにしても、アプリ付き、Win95のバックアップは面倒くさいぞ。
フロッピーディスク34枚、とか? うーん、非人道的とはこのことをいうのでは
ないのか。
ま、いいけど。明日ベスト電器あたりで外付けのフロッピー装置を買おう。
定価2万円。1.3万くらいかな。それと、TWOTOP博多店あたりで
モデムカードも買おう。14.4kでもいいかなぁ、と思ったんだけど(安いし)
将来性と世界性?を考えて33.6kにしておこうかな。長い目で見たら、
そんなに値段違わないし。(ホントか?)

ま、それはそれとして。

あ、そうそう。こういうことを特筆すべきこと、というのだろう。
お店の店員さんが(意味のダブり?)、カードでローンを組むよりも
お店のクレジットでローンの支払いをする方が金利で有利ですよ、と
教えてくれたので、そうした。日本信販の、お店のローンのカウンタがあって
(ちなみに私のカードも日本信販なんだけど)、そこに派遣されてきたと
おぼしき女性が座っており。例の3枚か4枚つづりのローンの申込書を
記入した。(いつもながら、ローンを申し込むときというのは、変な緊張を
強いられ。よく分かんないけど、断わられたらどうしよ、って考えてると
胃が痛くなりそうで)

RS232Cのクロスケーブルを一緒に買って、それを店員さんに
オマケとして、ただにしてね、って頼んだら、若い店員さんが、うーん、て
考えたあとで、はい分かりました、って言ってくれて。私、うれしくて
いすから腰を15cm浮かして。ありがとうございますぅ、って。

そしたらそのやりとりを見ていた日本信販の派遣の(多分)、女性が
くすっ、って笑って。すごく美人だし、すごく隙のないタイプの女性だったから
その笑顔がイイ意味で期待を裏切ってくれて、すごく、よかった。
うん、よかった。

どうしても彼女に会いたくなったらPCiNマツハヤ福岡小田部店に
行きましょう。私もそうします。‥‥半々かな。

Libretto50だけど、うん、予想してたより、キーボードが
打ちやすい。ま、あと、いまの私の愛機、TWOTOP製P5-133機の
速さというかスムースさが身に染みた。ありがとうね、いつもいつも‥‥。
P55C機に買い換えるなんて、もう言わないからね。許してね‥‥。(ウソ)

もう一つの特筆事項。今日の昼まで、長崎に出張に出てた。
漁船がサイシュウ島沖で沈没し。丸一日(ホントに24時間)、漁船の
母港である長崎の、会社の事務所にいた。県知事がきたり、市長がきたり、
捜索している僚船から送られてくるFAXや無線を受信したり、家族の
控え室に何度か足を運んだり、出航する別の僚船を見送ったり。

ああやって、命の危険を冒しながら、いつもいつも漁師の人たちは
魚をとってるんだ。いままでもそうだったけど、やっぱり魚をはじめとして
すべての食べ物を、残さずにきちんと食べよう、と決意した。さっき、
イワシのミソ味缶詰を食べた。ツユまで飲んだ。おいしかった。

それから、乗組員の家族のことを書こうと思ったんだけど、やめた。
とても私なんぞには、書けない。

‥‥また明日、長崎に行きます。こんどはいたって平和な取材。(^_^)


・1月19日(日)

えー、リブレット50を使って、会社で書いてます。
これぞ、夢に見たモバイルオフィス、だろうか?
まずは、『なつのひかり』の感想を書きます。何とか、苦労して
2、3日前に、読みました。一言で言うと、あんまり面白くなかった。
こんな感想じゃあ、だめ? だって面白くなかったんだもん。
私にとっての、この作者(江國香織)の作品の好きなところは、
細かい感情描写?かな。あと、言葉のこだわった使い方。なのに、
この『なつのひかり』では、奇想天外な?ストーリーが物語の中心にあり、
どうしても、そこにのめり込んでいけなかった。村上春樹みたいな路線を
ねらったのかな、とか思うけど、とても成功しているとは言えない、と思う。
兄貴の嫁さんが何かを探して行方不明になってしまう。そしてついに
見つけたものは、夫婦の本当の愛? ‥‥そんなバカな。

ストーリーそのものもなんだかごちゃごちゃしていて、登場人物も
あまり魅力的とはおもえず、とにかく、読み終わってほっとした。
あんまり私、こういうタイプの小説に慣れてないという所為も
あるかも。ついにマイ・ラスト・エクニになるか?
どうでしょ。

2回目の長崎出張の話も書こうと思ったんだけど、ちょっと日が
たってしまったので、よそうかな。思い出したり、どうしても
書きたいことが浮かんだら、それを書こう。


・1月20日(月)

明け。いったん家に帰り、夕方もう一度、会社へ行く。写真部の人たちが
送別会をしてくれるという。それと何人かの、会社での親しい人たちが。
近くのチャンコ屋へ向かう。ビールが運ばれてきた、そのとき。
先輩のカメラマンのポケベルが、鳴り始め。止めたら、もう一度、すごい勢いで
鳴り。うちのOBのフリーでやってるカメラマンの人のケイタイも鳴って。

「福岡空港でハイジャックだって」

ウソォ、と思った。この場で冗談を言うとすると、このセリフと寸分違わぬ
言葉になるだろう。それほど、なんというか、ドンピシャというか。なんというか。

すぐに店を出て会社に帰り、機材を用意して空港に向かった。

あああ。この日のことは、「幻の送別会」として、後世に語り継がれることになる
でしょう。

あはは。

ハイジャックは大したことにならなくて、よかった。けど。


・1月22日(水)

きのうは会社の送別会があった。‥‥楽しかった。

今日は最後の泊まり。宿直勤務。いま会社で書いてる。あと、バッテリの
のこりが、13%。最後まで書いて、Justnetへ登録できるでしょう
か。あ、12%に減ってる。

内容がない。

リンク集というのを、作らない。メールをもらって、お互いのホームページを
リンクし合いませんか、といわれたことも何度もある。ただ、インターネットで
リンクするということは、とてもとても重大なことだと思われ。

だから軽はずみにはリンクはしないようにしてる。

何が言いたいか、って、最近、すごく面白い?ページを見つけた。
中学生の女の子が作ってるもので。作者の子はすごく感受性が強くて、
すごくとがってて。なんか、いいなぁ。うん。昔の自分を見てるようだ
とは思わないけど。ホームページを紹介しちゃおう。

http://www.bnn-net.or.jp/~akikon/

イイよぉ。面白いよぉ。メール書いても返事くれないけど。(^^;(^^;
あえてタグを埋め込まないところがいいでしょ。行きたい人は
カットあんどペーストでお願いします。

今日は、それくらい。


・1月24日(金)

今日、休み。
部屋の片づけをほぼ終えた。燃えないゴミをまとめて捨てて、会社に
いって荷物を段ボール箱に詰めて、エレベータで1Fまで運んで、ひとりで
クルマに詰め込んで、もって帰ってきた。

そのあとで近くのスーパーで夜ご飯を買い込み。今日は何を食べよう、と
考えていたら、ガスコンロも捨ててしまったことに気づき。そうか、うちは
コンロでお湯も沸かせない状態になってしまったんだ。
そう考えると、ものすごく寂しい気がしてきた。あと三日で離れるこの
アパートはすでに、生活を営む場とは、もう呼べないんだ。

きのう、会社の「有志」の人たちが、送別会をもうけてくれた。すごく
うれしかった。会社の近くのお店の二階で時間を過ごしながら、来てくれた人たち
のことを思っていた。そして、どの人も一人として同じではない、自分との距離に
ついて考えた。そういう「人間関係」という空間の中の自分を思った。
自分という存在の有限性について。なんだか悲しい気もしたが、ま、悪い気は
しなかった。そう、仕方がない、というよりももう少しだけ、積極的な方に
寄ってるかな。ほんの少しだけかな。

人にもらったワインを飲んでる。ワインは、たまに飲むとおいしいと思うけど
なんだか変に癖のある酔い方をするので、どうも苦手だ。ビールとか、焼酎とか、
なんか素っ気ない酒の方が、どうも私は好きみたいだ。

この間、友達の女の子に「苦手だ」と言ったら怒られた。それは「キライだ」と
言ってるのと同じだ、と。一応否定したが、じゃあ同じだったらなんなのだ、という
思いはある。彼女はどうした訳か、自分が他人のことをよく理解できると思っている
らしく、僕のことをいろいろと分析してくれる。ま、別に大きく外れているわけではない
ので、しばらくは黙って聞いているが、僕の性格を分析して、どうするんだ。いつ
そう頼んだ? それを聞きたく思った。でも聞けなかった。それはきっと、「苦手」
だからだろう。僕は彼女の性格を(たとえ透けて見えていたとしても)分析して
解説したりしないし、そうする気もない。しても意味がない。第一、そんなことには
なんの興味もない。というのは僕が彼女になんの興味もない、という
ことなのだろうか。

どうでしょ。


 
・1月25日(土)

最後の出社を済ませてきましたっ。(拍手)

‥‥それはそれとして。

はぁ。2行書いたところで秀丸が「異常終了」。‥‥ためいき。

‥‥それはそれとして。(笑)

いろんな人に、きちんと挨拶できて、よかった。何人かの人とは、メールアドレスの
交換をし。うん、よかった。

それにしても、会社にいたこの5年間ずいぶんと好き勝手やらせてもらった、
そんな気がする。みなさま、どうも済みませんでした。m(_._)m

会社を辞める記念に、私が今までの人生で好きだった女の名前をここに列挙する。
‥‥と思ったけど、やめる。プライバシーの侵害になりそうだから。(?誰のだ)

‥‥それはそれとして。

本当に、福岡に、暮らせてよかった。本当によかった。うーん、どれくらい良かった
かというと、あのまま東京圏しか知らずに死んでゆくのと比べて、10の27乗倍くらい
よかった。那由佗阿僧祇劫(仏法用語)って感じかな。(相当イミフメ)

何を言ってんだか、よく分かりませんが。
お休みなさい。(っていま何時だ?)


・1月29日(水?)

というわけで。

東京へ、帰ってきた。千葉だけど。(^^;(^^;
実家はとりあえず、実家で。布団はベッドで、なんだか柔らかすぎるし。
6畳間を空けてもらって、荷物を積み込んだ。段ボール箱が数十個あって、
ほとんど、収拾がつかない状態。けど、ま、いちお、何とかなったかな。
これから整理が大変だけど。ははは。

あとなんだろ。明日はどうしようかな。秋葉原でも、行きましょうか。
お金はたんまりとたまってるし。(ってどこが、だ!!)

‥‥それはそれとして。(笑)

あとなんだろ。

福岡から、東京まで、フェリーで帰ってきたんだよぉ。すごい淋しかった。
でもなんか、楽しかった、かな。うん。

眠くなってきた。ジャストネットよろしく。

月500円というのは、なんといっても魅力だ。
ホームページ10Mになったし。

寝るぞっ。


・1月30日(木)

ええっ、きのうから一日しか経ってないの??ってなんのこっちゃ。
充実している、という訳ではないのだが、どうも一日が長い。密度が濃いというか。
やっぱり充実していたということなのだろうか。一日引っ越しの片づけをして。
‥‥疲れた。家から出たのは、夕方、買い物へ行ったのと、さっき近くの
コンビニまで酒を買いに行ったのと。2回だけ。そうそう、市役所の出張所に行って、
転入の手続きと、印鑑証明も作ってきた。

買い物は、別に何も。留守電用のマイクロカセットと、テレビの同軸ケーブルと。
ホントは28型のワイドテレビとか、携帯電話用のPCカードとか、パーフェクTV
のセットとか、ほしいんだけど、お金がないから買えず。あ、そうそう、
インターネットマガジンと、DOS/Vパワーレポートと、DOS/V ISSUEを
買ってきた。今日はそれくらい。いつまでも咳が止まらないので、早く寝ようと思う。
まだ10時だけど。うー、体調悪い。何とかしてくれぇ。。。死にそ。

‥‥明日の予定は、なしっ。一日寝てましょうかね。源泉徴収票もあったし。(^^;(^^;


・1月31日(金)

ホントに何もしなかった。(^^;(^^; 転勤の挨拶のはがきの文面を考えてた。
‥‥難しい。かたすぎるだけでは、全然、面白くないし。いやいや、面白くなくても
別にいいんでないの? というのは、確かにそうなのだが。うんうん。
何か自分の言葉を入れたいのよね。うんうん。‥‥‥‥。難しい‥‥。

風邪はだいぶ良くなってきました。明日は遠出できそう。さて、どこ行こう??

きのう、悲しかったこと。近くのセブンイレブンに行ってね、お酒を、お湯割り用の
焼酎を買おうと思って。当然、さつま白波を捜したのさ。そしたら、なかった。
あったのは、大分のいいちこ、と宮崎の雲海。麦とそば。思わず、
「イモはどーしたーーー」と叫びたくなってしまった。本当に、悲しかった。
結局、雲海を買った。口当たりは悪くないけど、どうも物足りないのよね。うーん。

自分が九州を離れてしまったことを実感した。定期的にさつま白波を送ってもらおう
かしらん。

買い物の話。
128k通信を果たすために、高速シリアルポートを買ってこなければならない。
アイオーデータが出してたな、確か。秋葉原まで、行ってみようかな。ドキドキ‥‥。

有名なお店をいろいろ回ってこよう。チチブデンキにも、行けるかな‥‥。


ベッコアメ、ずいぶん前に退会申請をしたはずなのに、まだホームページ
なくならない‥‥。アクセスカウンタも、生きてる‥‥。あかんな、あの会社、
インターネットプロバイダなのに、メールで退会申請の受諾のメールも来ないし。

あかん。