弘前にて

今日は予定を変更して、一日早く弘前の東北中学剣道を撮りにきた。この手のブロック大会は競合他社(ほかの写真屋さん)がいることが多く、集合写真の撮影で足並みを揃えないと、あとで面倒くさいことになる。今回も、きょう練習があって、そこで集合写真が撮れるかも、って情報が入り、昨日撮ってたバレーボールを先輩カメラマンにまかせて朝の電車で弘前に転戦してきたわけ。

朝の9時には現場に着いてたんだけど、来ると予想される?某社の姿が見えない。先輩カメラマンに確認すると、午後1時までは待て、ということで、ひたすらボーッとして待つ。電池切れが怖くてスマホの使用も遠慮がちで。

結局、きょうは某社は来ず、秋田の写真屋さんのカメラマンと2人で、練習中の選手たちに声をかけて集合写真を撮らせてもらう。

どうも武道系の集合写真だと、監督とコーチが一緒に写ってないとダメ、というのがルールらしく。

いま監督がいないから、とか、きょうは練習着なので、とか断られまくり、結局48チームのうち、7チームしか撮れなかった。

でも、ひとチームひとチームに苦労して声をかけて、いいですよ、っていって集合写真が撮れた喜びは、なかなか格別なものがあり。

東北大会だから、当然、宮城や岩手や福島の子たちも来てて。彼らがこの7年をどんなふうに過ごしてきたのかな、って、彼らの笑顔を見ながら、考えてた。

ここからは、ちょっとおこがましい言い方になるかもしれないけど、あたしは根本的に、自分が写真を撮る相手に、絶対に幸せになってほしい、と祈りながらシャッターを切ってる。英語だと、銃を撃つのも写真を撮るのもshootなんだよね。銃は人を不幸にするけど、写真は人を幸せにする力があると、あたしは固く信じてる。

僕は、写真は基本的に、

この世の不思議を写すモノ

だと思ってる。人が人を写す。当たり前のようだけど、よく考えたら、当たり前のことなんて、なにひとつ、ない。あなたが僕のカメラの前にいてくれて、僕の構えるカメラのほうをじっと見て、ふっと笑い、写真に写ってくれること。

このすべてが奇跡じゃないとしたら、

そうそう、さっきのshoot、僕は、絶対に幸せになれ、という思いを込めて、ニコンのカメラのシャッターを押してる。その思いは、すべての、写ってくれた人たちの心に、間違いなく届いてると、信じてる。

この東北遠征は、例の24-70の事実上のデビュー戦になったけど、予想以上の活躍。やっぱり開放F値が一絞り違うとファインダーの明るさは倍違うわけだからね。そりゃ、被写体の細かいところまで、よく見えるよ。24-120でずっと悩まされてた、集合写真撮影時の微妙なフレーミングの変更も難なく行えるし。

アイポンで長文を書いてると、全体が見渡しづらくていけない。

まあ、けど、たぶん、そんなにおかしなことにはなってないと思うので、このままとりあえずupしますねーw

モノブロックは楽しい

滅多にないことだが、きょうは企業系の撮影。某大手流通の表彰式。仕事が舞い込んできたルートも滅多にないところから。

で、ずっと悩んでた。バックが金屏風なので、クリップオンストロボ一灯だと、金屏風の一部がテカってしまってダメダメなんじゃないか、って。担当者に確認したら、クリップオンでも大丈夫ですよ、とのことで。

それでも心配なので、念のため、モノブロックをふたつ、クルマに積んできた。で、最初はクリップオンをスタンドに立てて試写してたんだけど、光が硬いし影も強い。うーん、これはモノブロックを試してみる価値がある、と思い。幸い、時間もあったので、会場を出て、隣の駐車場からモノブロックとケーブル類を持ってきて。電源コードも3本つないで、なんとか。

で、傘つきのモノブロック一灯で試してみたら、やっぱり全然いい。当たり前だよね。光源の面積が何倍も違うんだから。光も柔らかい気がするし、影もやんわり。

いままでライティングってホントに苦手意識が強くて、ずっと遠ざけてたんだけど、武器にすると強いよな。ここだけの話、今回の撮影のために例のGODOXの激安モノブロック、ひとつ買い足したので計3つになった。3つあれば2灯が必要なとき、ひとつ死んでもなんとかなるでしょ。笑

いやー、楽しいなあ。
14時には撮影を済ませて、帰宅して、たまってる画像整理の続きをシコシコやりますよ。
悪いお水を飲みたいのをじっと我慢して。エラいな、俺。笑

明日もお芋掘りだ。頑張ろ。
明日は気心の知れた地元の写真屋さんなので、すごく楽しみ。

ものすごくひさしぶりに超望遠ズームを稲毛の土蔵から出してきたので、試し撮り?を兼ねて、成田で飛行機を撮りたいんだけど、なかなか時間がない。月曜の夕方とかに行ってみようかなぁ。

バスケについて、スポーツについて、考えをまとめてみた。【留学生が暴行!?】高校バスケIH予選 九州ブロック準決勝 大濠高校VS延岡学園の試合は没収試合に。これを機にスポーツの価値について考える | bremen life

この人すごい。

僕は最近、仕事でバスケとかバレーとかサッカーとかを撮影することが多い。昨日も千葉の高校バスケを撮ってた。先週は東京の高校バレーを。
正直、僕は子どもの頃、スポーツ全般に劣等感というか、敵愾心というか、もっと率直に言うと、スポーツなんかやってるヤツはバカなんじゃないかと思ってた。まあそれは自分がスポーツが苦手なことの裏返しだったわけだけど。

で、今日、家を出て、成田から熊本へ移動してくる途中のどこかで、九州の高校バスケで、留学生の男子が審判をぶん殴った、というニュースが飛び込んできた。最初の感想は、ありえねーだろ、だった。

で、いま思うのは、アフリカからの留学生、反省を促す意味でも、退学→国外退去、とすべきだと思う。いったい何を勘違いしておるのだ。と自分で思い、書きながら、これって、でももしかしたら、人種差別なのかな、と思わないでもない。審判をぶん殴ったのが日本人の選手だったら、国外退去させろ、とは思わなかっただろうから。まあ、国外っていったって、行くところ(帰るところ)ないわけだけど。

twitterで人の意見を見てみた。寛大な措置を、みたいなのも多いね。ぶん殴られた審判、被害届は出さないんだってね。どんだけいい人なんだ。

あ、そうそう。最近ずっと思ってること、で、昨日もずっと思ってたこと。なんで人はスポーツをやるんだろう。あと、スポーツで勝つことに、いったいなんの意味があるんだろう。

で、気づいたのが、スポーツってだいたい敵がいる。ライバルとか。敵とかライバルとかっていうのは、仏法的にいうと、仮城なわけで。つまり、敵とかライバルとかに勝つことが真の目的ではなく、あくまでも自分に勝つことが目的なわけで。

こんにちは。Runです(@zambian_run) 先ほど試合終了した高校バスケIH予選九州ブロック準決勝が没収試合となりました。 【高校バスケ総体・九州大会速報】 準決勝 福大大濠vs延岡学園は 延岡学園の留学生が審判を殴り、流血したため没収試合になったとのこと。 決勝は 福岡第一vs大濠の福岡対決 10年以上バスケしてるけど審判殴って没収試合は初めて聞いた。 これはニュースなるな。 — Run@ザンビア無職教師 (@zambian_run) June 17, 2018 🍌速報🍌 延岡学園の留学生が審判を殴り没収試合に…😨💦 via : @HSOIHV0pe4hOvJv pic.twitter.com/lIfSXdGWsX — ゴリくんのバスケ情報発信局 (@Gorikun_BJH) June 17, 2018 詳細は、このツイートの通りです。 最終ピリオドまで競り合う好ゲーム。 そして両校共、全国屈指の名門校なだけに残念でした。 動画で拝見した流れですと ①試合は終盤まで、もつれ込むクロスゲーム ②残り数分の場面で延岡の黒人選手が審判からオフェンスファールを取られる ③黒人選手が判定に激情して審判を殴り倒す このような流れでした。 動画で見た限りですが、クロスゲームで集中力もピークに達している中で起こった事件です。 私はバスケを10年以上やっていますが、オフェンスファール判定の結果は妥当なものでした。 明らかに黒人選手の肩と肘が大濠の選手に故意的に接触するイリーガルスクリーンという反則です。 ルールの詳細については各自で調べてください。 さて、今回の一件は恐らく全国ネットで報道され、最低でも延岡学園さんのIH出場停止、今季の公式戦にも出られない可能性があります。 それくらい審判の方の状態が気になるほどの暴行でしたし、前代未聞の一件です。 ここで皆で束になり 留学生なんてずるい 黒人なんて出すな なんて非難や叩くことは簡単です。

情報源: 【留学生が暴行!?】高校バスケIH予選 九州ブロック準決勝 大濠高校VS延岡学園の試合は没収試合に。これを機にスポーツの価値について考える | bremen life

新しい写真屋さん♪

4月の下旬に研修撮影からスタートした新しい写真屋さん、まだ1か月なのに、5月、6月と、数日間の地方出張を入れてくださり。ありがたい限り。地方出張だと一日に複数の撮影が入るので、ギャラもそれなりに膨らむわけで。いや、本当にありがたい。

っていうか、オグラの人生、本当にギリギリのところで救いの手?が入るわけで。たぶんこれって、余裕があるととたんに怠ける僕の性癖を天が完璧にご存じなのであろう。でも、ホントに有り難い。だって、そのとおりだもん。この写真屋さんのお仕事で経済的に一息ついたら、次に向けていろいろ考えないとな。ソフトバンクの孫さんも、それから九大に何億円も寄付した発明家の方も言ってたけど、とにかく「よく考える」ことが大事だって。日蓮大聖人のいう、「一念に億劫の辛労を尽くせば…」というのとどこか共通点があるように思う。ただ祈るんじゃない。一念に億劫の辛労を尽くすのだ。1年や2年の辛労じゃなくて、って師匠がおっしゃっていた。できるかな。たぶん人間、余裕綽々だと一念に億劫の辛労なんか尽くせない。やっぱギリギリのところで背水の陣を敷かないとダメなんだと思う。僕なんかは、とくにそう。

もうひとつ、そろそろ真剣に結婚相手を探そうと思う。無理を承知に、40ちょっと前の可愛いおねえさんを。まあ、ギリギリ現実的なところというか。

僕が20代の最後に福岡で付き合ってて結婚寸前までいったおねえさんは13年上だったから、僕が10ちょっと下の女性を探すのは犯罪行為とまでは言えないよねえ。まあ、どう考えるかは人に依るだろうけど。

いずれにしても、頑張る!
もろもろ。
ええ。

あ、夏休みは写真の仕事がガクッと減ると思うし、村上もそれほど期待できないと思うんだけど、どうするかなあ。1か月でも収入が激減すると経済的にかなり厳しいのだが。ガテン系をがっつり行くか。うん、それしかないかも。1日8000円だとしても、ゼロよりはずっといいよね。

こちらも祈って考えよう。

写真は5月の出張の際の諏訪湖。

諏訪湖なう

yuicogさん(@yuicog)がシェアした投稿 –

撮影で青梅まで

きょうは4時に起きて、青梅のほうまで少年サッカーの撮影に行ってきた。いつものように東船橋の駅前にクルマを止めて、総武線をお茶の水で乗り換え、立川で青梅線に乗り換え、小作という駅まで。コサクじゃなくてオザクっていうんだよ。すごく早く着きそうだったので、駅の蕎麦屋で腹ごしらえ。ミニカツ丼セットにしたけど、食券を出したら、おそばでいいですか?って聞かれ。聞いたら、うどんもできます、って。なーんだ、それを先に言ってよ。あたしはうどん党なので、当然のように、うどんをたのみ。

エスカレーターを降りたら、目の前に上が塞がれた井戸があり。教育委員会の説明書きがあったので、読む。明治何年に青梅鉄道ができたときに、井戸も掘ったと。当時は台地で水を得ることがものすごく大変だったと。この井戸がどれだけたくさんの人のノドを潤したことだろう。ただ、説明文、「窺う」が「伺う」になってた。ありがちな間違いだけど、残念。

オザクの駅からバスに乗り、10分足らずで現場の小学校の最寄りバス停に着いた。いまって、googleマップで目的地を入れると、バスの時刻まで調べて教えてくれるのよね。なんか便利すぎて、知らない土地に行ったときのドキドキした感じが味わえないよね。いいんだか悪いんだか。

現場には予定の1時間以上も前に着き。責任者の方にあいさつして、あとはボーッとしてた。電池切れが怖いのでiPhoneもあんまりいじらず。

あ、そうだ、トイレに行こうとしたら、体育館でも校舎でもなく、裏にある公園のトイレを使用せよ、ということで矢印にしたがって歩いてたら、思い出した。あ、ここ、3年くらい前に、この写真屋さんの初めての撮影で来た現場じゃん!って。うわ、なんかすっごい懐かしい。あのときは必死で、遠いとか、いろいろ文句を言うこともなく。人も変われば変わるもんだなあ、なんつて。笑

この写真屋さんの撮影、ふだんは、各チームの方に、見本写真の送り先を書いてもらう用紙を朝、お配りして、撮影が終了するまでに回収する、という、とてもめんどくさい手順が必要なんだけど、きょうは、主催者の方がとってもいい方で、全チームの連絡先を1枚の用紙にズラッと書いてもらい、それを提供してもらえたので、めんどくさい手順がすっかり省けて、そのぶん撮影に集中することができた。

っていうか、どこの撮影でも、同じことをお願いすれば、わざわざ各チームに用紙を配って記入してもらい、回収する、という手順が要らないのではないか、ということをかなり前から思ってるんだけど、どうしてそうならないんだろう。個人情報なんちゃら法?の関係で、いろいろうるさくなってるのはわかるけど、1枚の用紙に全チームの連絡先の住所を書いてもらう方法をとったとしても、もし写真が要らない、というチームがあったら、その旨を伝えてもらって住所の記載をせずに済ませるってことにすればいいんじゃね、と思わないでもない。

そんなことも含めて、あと撮影現場がもう少し近いといいのに、ということもあり、なんか自分で営業して撮影を取ってきたほうが楽しいんじゃないか、と漠然と思ってるわけで。こないだ超ひさしぶりに、この写真屋さんの代表の方と現場でいっしょになったので、それとなく話してみたんだけど、あんまりおすすめしませんね、っていわれた。それはそうだよな。笑 まあ、もしやるとしても、稲毛の蔵に幽閉されてる超望遠ズームがお出まし?してからだな。塾も雇われて、決められた方法でやるよりも、自分で立ち上げて、いろんな創意工夫を凝らしながら自分でやるほうがずっと楽しいんだろうな、って最近すごく思う。ちかぢか地元の商店街の不動産屋さんに、安い物件がないか聞きに行こうかと思って。

そんなことで、夕方までガッツリ撮影して、18チームの集合写真を撮って、バスと電車を乗り継ぎ、東船橋まで帰ってきた。そのあとクルマを走らせ、映像系大型寄り合い?に参加。いやー、ものすごい元気出た。激しく頑張ろ。んでマルエツで買い物をして、メシ食ったら、もう眠くなり。きょうは飲まずに寝よう。

あしたは11時から地元の自治会の新年会。そのあと16時から読書系寄り合いの修了式があるから、新年会では一滴も飲めない、というね。でもいいの。

目覚ましなしで朝、起きるのって、いつ以来だろう。なんか若者の影響なのか、いつぶり、って書きそうになってしまう自分が嫌だな。笑

頑張ろう。とにかく頑張ろう。

最近、仏法とガイア理論の親近性にとても興味があり、新しいブログを立ち上げて、しこしこ書いてるところ。なかなか進まないんだけど。あるていどカタチになったら、みなさまにもお伝えできるんじゃないかと思う。

サッカー撮影は至極の楽しみ~♪

新年イベントから帰ってきて、酒も飲まずに年末の少年サッカー合宿の画像整理をやってるんだけど、いやー、めちゃめちゃ楽しいねえ。あと1000枚くらいで終わっちゃうのが切ないほど。 しかし、天気のいい日にお天道様に照らされて子どもたちがサッカーやってるのを撮る喜びって、なかなかに最高だよな。

ここだけの話、僕は野球を撮るのはあんまり楽しいと思ったことがない。むかし新聞社時代、仕事で死ぬほど撮らされてたというのもあるかもしれないけど、それ以上に、野球ってほら、基本、予定調和じゃない? 投手が投げて捕手が受けて打者が打って野手が守って走者が走って、みたいな。

前にも何度か書いたことがあるけど、野球好きとサッカー好きって、犬好きとネコ好きと被る気がするんだよね。もちろんサッカーがネコ。僕はイヌもキライじゃないけど、圧倒的にネコ派。あの気ままなところがサイコー。サッカーもフィールドのどこでドラマが生まれるかわからない、その緊張感がいいの。

野球はまあ、ダイヤモンドの上だもんな。攻守が交錯するのは。あれがなんとも性に合わない。笑

もちろん、そのストイックさがいい、という人も大勢いらっしゃることだろう。違ってていい。違ってて、いいんだよ。笑

画像整理、あと1000枚、頑張ります。20~30分かな。それ終わったら、敬虔なる夜の祈りを捧げて、正月なのでカラダを消毒します。笑

撮影が一本終わったので、事務所に戻って軽く腹ごしらえ。次は1時間後。撮影が終わったら帰宅して村上に向かい、大掃除。そのあと忘年会。勝田台の忘年会は2次会から合流予定。。 – from Instagram

撮影が一本終わったので、事務所に戻って軽く腹ごしらえ。次は1時間後。撮影が終わったら帰宅して村上に向かい、大掃除。そのあと忘年会。勝田台の忘年会は2次会から合流予定。。 - from Instagram

夕食まで撮影が終わったので、あとはミーティングを残すのみ。各学年のアタマを少しずつ撮らせてもらって、それで撮影終了としたい。今年の撮影はこれで終わりと思いきや、なんと12/30に七五三の撮影がある! 勘を取り戻せるか、やや心配…w – from Instagram

夕食まで撮影が終わったので、あとはミーティングを残すのみ。各学年のアタマを少しずつ撮らせてもらって、それで撮影終了としたい。今年の撮影はこれで終わりと思いきや、なんと12/30に七五三の撮影がある! 勘を取り戻せるか、やや心配…w - from Instagram